映画『カノジョは嘘を愛しすぎてる』★ラストの「理子」は真実の愛でしょ(^_-)-☆


T0013561q.jpg


作品について http://cinema.pia.co.jp/title/162042/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。

大原さんの歌唱力の高評価と、佐藤さん目当てで鑑賞しました。(^^♪
・秋: 佐藤健☆ ←目当て(^^♪  バンドの作曲者
・理子: 大原櫻子   高校生シンガー

バンドの作曲者として、黒子に徹している秋は
たまたま聴かれた作曲中の鼻歌を、気に入ったという女子高生に
作曲者:秋でなく、偽名を名乗った――

秋が、ウソを、何度もつくのですが
ウソをつく佐藤健が(敬称略)
気だるそうで、やるせなさそうで、虚無な脱力チックが
なんとも言えないムードで、良い・(^^)/

▼~▼ネタバレして雑談です。
▼▼▼

秋と理子は、付き合うのですが、始まりは、ウソから出た真のよう。
“一目惚れ”なんて言葉を使って、乙女:理子を惑わせるも
秋の本音は、恋に落ちていなかった…などと
何て奴だ、秋…( 一一)

秋には、売れっ子歌手の恋人がいたけれど
彼女が、プロディーサーと関係してることを感じ取り
秋は、失意にあった。

心のスキマを埋めるため?秋は、ちょっと悪戯をしたのかもしれない。
そこに、無垢な女の子(理子)がいた。

イケメンさんに、一目惚れって信じる?なんてナンパされたら
ドキドキしてしまうよ。(^^♪
しかし、音楽少女:理子は、ただのイイ玉ではなかった。
彼女が惹かれたのは、イケメンの顔でなく、彼が口ずさんだ歌だった!

なんだ歌のほうかーと、がっかりしてはいけない。
自分が生み出した歌を気に掛けるーということは
自分の内面に、惹かれていることだし。 (私はソレがいい!)

しかし、秋は、歌手の恋人を奪われたトラウマからか
理子が歌うことを、嫌がった。
けれど、歌唱力ある理子は、恋人を寝取った(汗)プロデューサーに見出され
バンド歌手として、デビューすることになる。

そのデビューに当たり、当初は、秋が、プロデュースするはずだったが
理子とは知らずに、断ってしまい、代わりに
秋のバンドのベーシスト;シンヤが、プロデュースすることになった。

そもそも、秋が、バンドのベースをやめて、作曲のみの黒子になったのは
プロのシンヤの音で、ベースの録音されたことを、知ったから。

仲良しバンドのノリでは、プロを乗り切れない事実に、打ちのめされつつ
仕事とは割り切っていない、作曲の情熱が、
秋を秋たらしめていたようなのは良い。

しかし、物事は(仕事は)
割り切ったら割り切ったで、殺伐とした、割り切れなさもあるし
割り切らないと、やりきれない部分もあるし……
好きなことを仕事にしちゃだめーというのも、わかる……

そんな秋が、“一目惚れ”でもないのに、つきあうことにした理子。
これも、ウソですね。(^^♪
秋は、無意識に、一瞬で理子に惹かれたのは、バレバレです。(^^♪

秋の、そんな頑な姿勢は、なかなか本心が見えないようで
私は、淋しくなってしまう……
微笑んでくれたり、優しく話したりしてくれたとしても
彼から感じる“孤独感“には、線を引かれている気がするのです……

けれど、理子はいい子なんだ。(^^♪
彼女は、秋を「守る」と言って抱きしめた。
年上の男性に、そう言うのは、勇気がいる……
彼のプライドを傷つけるのではないかと、私は、要らぬ気遣いをしてしまう…

けれど、頑なに見えた秋は、理子の胸で泣いた。
彼の心は、それだけ参っていたということだろう……

そして、別なときに、理子にキスしたときも。
ウソも言うし、なかなか本心がつかめない人であったとしても
キスの心は、信じていいよね?(^^♪

そうして、心底つきあうことになった二人なのに
芸能人の彼らは、マスコミに騒がれては、商売あがったりーということで
秋は、元カノと交際中ということにされて
理子とは、別れさせられる。
その真相を、秋は、理子に言わないんですよ……

自分がひとり、ひっかぶればいいんだーと、思い込んで
真実を、言わないままにしてしまうことは、ありませんでしたか?
そのほうが、愛する人のためだとか
いつかわかってくれるときが来るとか、思い込んで……

けれど、大抵は、後悔でありました。
あのとき、(みっともなかったとしても)
真実や本心を、言葉にして伝えればよかったと。
愛する人にも自分にも、ウソをついて、いいことなんかなかったんです!

秋も理子も、このまま、別れてしまってはダメだよ!
ウソから出た真は、ないんか!(T_T)

理子は、秋を失いたくなくて、秋のベースを、持ち逃げした。
ベースを返す段に、再会した二人。
理子が、秋が作る音楽は秋そのものか?と聞いたとき
すごく間をあけて、秋が答えたのは 「違うよ」

ウソですね。(^^♪
どこまでウソつくんだ、秋は。

そして、理子が歌ったのは、秋の歌。「ちっぽけな愛のうた」
♪失くしちゃうのが怖くて、ウソばっかついてしまう僕だけど― (まんまだ)

下手なウソをつく僕を、理子は“正直な人“だというんだ、と語る秋。
これは、ノロケですな。
理子の歌に、ベースで合わせる、秋。
これは、ちっっぽけでない、大きな愛ですな。

なのに、「じゃ行くヮ」と言うと、去っていく秋。泣きじゃくる理子。
もしもウソなら、秋は、行かないはず……?

と、いきなり、理子の後ろから、秋が現れ
キスして、抱きしめた!(そのキス、信じていいよね……)

ああ、秋、なんて男だ、あなたは……………………..

その後、また行ってしまう?なんてありえない。
理子も私も、秋を、どこにも行かせませんから!(^_-)-☆

▼▼▼

漂うような佐藤健の風情が、真実がすり抜けるようで、イイ。
ラストの「理子」は、お聞き逃しなく。
そこには、真実と情熱と優しさが、激しく詰まってマス。(^^)/


Yahooブログ→コチラ


にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




blogramで人気ブログを分析





スポンサーサイト

テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

映画『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』★ソフィア流キャラメリゼ『白い肌の異常な夜』



T0022567q.jpg


作品について http://cinema.pia.co.jp/title/173299/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。

・監督: ソフィア・コッポラ
・マーサ園長: ニコール・キッドマン
・エドウィナ: キルスティン・ダンスト
・アリシア: エル・ファニング
・敵軍の負傷兵(伍長): コリン・ファレル


白い肌の異常な夜』のリメイクでした。

女優たちの配置(上3人)が、絶妙に良くて
悪く言えば、それだけで、押していった感もある……(^^♪
女の園に、男子が投入されて起こる、恋心の発揚・嫉妬などが
前作のほうが、生生しかった印象あり

よく言えば、ソフィア監督は、女の子いっぱいの作品は
花園のように、甘く見せたいのかな……(^^♪


▼~▼ネタバレして雑談です。(グチもゴメン(^^)/)
▼▼▼

男を前にした、女の欲望の前に(汗)
まずは、人道的な隣人愛☆
敵兵とはいえ、負傷兵を発見した女学生は、
彼を、女子学園に運び込む。

看病と言う“お世話“は、
生身の”プライバシー“にも踏み込むものですが
そこは、“人類愛“のみのはず――なんですが、何やら
マーサ園長が、動揺を見せて、お世話する……

↑コレのみだと、熟女の彼女も、男性の前では乙女の恥じらいか?
と思ってしまいます。ソレはソレでよさそうですが
もし彼女に。前作にあった、近親相姦ギワクあれば
男性に対する複雑な感情の、見せどころなんです……

ま、何はともあれ、“男性“がいたら、女性は気になる…と。(^^)/
何気に、おしゃれして、彼の前に行く女の子たち。(*^-^*)
なんとなく興味があって、なんとなく気に入ってほしいーと思うのは
本能デス。恥じることは、ありません。(^^♪
彼女たちも、湧き上がるトキメキの不思議に、高揚あり、戸惑いありー
と思われマス。(^^♪

個人的には、彼が、お礼の挨拶をするときに
手を胸にあてて挨拶するの、好き☆(照)
誠意を感じ、アレで、ドキュンになった女子もいるか!?(^^♪

とはいえ、ターゲット♂は一人。
その彼の本命は、エドウィナ☆  ←キルスティンに合ってる
立場上、抑え気味ですが、彼女も実は、彼に前向き。
(ココで、前作では、ほかの女の子の“強烈な嫉妬“がかまされ
イケメン=C・イーストウッドを、翻弄させる見せ場があった。)
この流れで、彼が、エドウィナに夜這い(汗)しようとした夜に
事件が起こる――

その前に、マーサのこと。
マーサも、彼の体を拭いたときに、見せた雰囲気から
“感じるもの“があったようで、何かにつけ
彼に、アルコールを勧めるのは、大人の好意か?

一方、彼女は
“味方の兵に引き渡す”ことを、優先していた。
“人道上“看病したけれど、それ以上のコトはないーという
大人の判断か……
(ココは、前作では、味方の兵と言えど、荒くれ男への危機感があり
彼を置いておこう、と思うなりゆきがあったかと)

そして、歩けるようになった彼が、エドウィナに夜這うはずが
アリシアの部屋にいたのを、エドウィナが発見して逆上し
階段から、彼を突き落とした。そして、負傷した足を
マーサが切断したことから、彼は、獣のように荒れ狂う……

ちなみに、アリシアの小悪魔ちゃんぶりは、絶妙☆
華のある可愛さで、アピールもバッチリ☆
エドウィナに夜這う途中で、彼が寄り道するの、わかる……(汗)

そんなこんなで、彼がこれ以上、ココに居られても困るので
彼の好物のキノコ料理に、毒キノコを入れて、殺害する。

そのときの、女子生徒の提案の仕方!
「彼はキノコが好物だから、“特別なキノコ“をご馳走したら?」
毒キノコを採ってきて――とは、一言も言わないけれど、皆、わかる。
そーゆーことは、言葉に出してはいけないの。
“忖度“。

▼▼▼

欲望―というほどのアレはなく
スリル&ミステリーというのでもなく
“ソフィア流キャラメリゼ”した作品かなと、思います。


Yahooブログ→コチラ



にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




blogramで人気ブログを分析




テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

映画『パシフィック・リム:アップライジング』★巨大ロボットの闘いを楽しむwithビル破壊(^^♪

T0022500q.jpg


作品について http://cinema.pia.co.jp/title/172416/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。

前作の続編です。
大きなロボットのぶつかり合いを、
ウオーッ!(^^)/と、楽しみたくて鑑賞♪

前作から10年ほど、平和が続いていましたが
突然出現した、巨大ロボットが暴れまわる。
前回は、“怪獣“だったのに、怪獣を倒すロボット:イエーガーっぽいのが
暴れだしだのは、なぜ??

とにかく、巨大ロボットに応戦するために
善玉ロボット:イエーガ―各種に、パイロットが乗り込み
動きを同期させながら、戦う。

▼~▼内容にふれて雑談です。
▼▼▼

1.若きパイロットたち

ヒロインの女の子は、部品から、
イエーガーを作ってしまうという、スゴ者☆
ひょんなことから、パイロットの訓練生になって活躍する。
ロボット=男の子だけじゃないゾ(^^)/ ~的な、女の子の見せ場もミソ☆
(オバサンもいるゾ(^^)/)

個人的には、若いパイロットの真剣佑さんの出番が、もっと欲しかった!


2.ニュートンとハーマンのこと(ネタバレ御免)

悪玉ロボットは、イエーガーとは違って、
パイロットは、乗り込んでいなかった。

イエーガーも、中華系の会社によって
パイロット不要の遠隔操作型が、開発されていて
前作もいた科学者ニュートンも、その会社に関与していた。


▽ネタバレ▽要反転
悪玉ロボットは、ニュートンが、世界を破滅させようと
仕組んだもの。
なんでそんなコトするかね~。( 一一)
能力のある人の中には、、能力誇示したいのか
自分が、世界を動かせる、神にでもなった気がするのか
破壊的なことを、したがることがあるのは、困ったもんです。(>_<)
ニュートンの場合、(個人の趣味を、とやかく言うのもなんですが)
異生物を、“彼女“にしていたことが発覚したときから
普通じゃないと……(汗)



一方、個人的によかったのは、ハーマン♪

わりと裏方で、地味で地道な見せ方になる科学者ですが
この危機的状況の中、デキパキと対応しているハーマンの姿は
段々、なんだかとッても光って見えた!
ニュートンと好対照で、とても良かった!(^_-)-☆


3.「いくつビルを壊す気だ?」 (含む:東京っぽくない東京)

巨大ロボットを、直接攻撃しないほうがよいーと判断したとき
周りのビルを壊して、その衝撃で、叩きのめそうということに…(>_<)

ビルを壊しまくって、まくって、まくって…….( 一一)
巨大ロボットが暴れても、ビルは、壊れるのかもしれないけれど
被害は、同等かも……orz

とはいえ、ビルがバッシバッシ壊されたときに
あたかも
ボーリングで、ピンが倒れるときの快感を感じたのは
私だけ?(汗)

▼▼▼

ストーリーもありますが(^^)/
巨大ロボットが、カッコよく立ちまわり(壊しまくり(^^♪)
闘うのを見るだけでも、けっこう楽しい♪
あ、“怪獣“も、パワーアップしたの出マス(^^)/



Yahooブログ→コチラ


にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




blogramで人気ブログを分析



テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

映画『ヴァージン・スーサイズ』★少年が語る永遠に謎めいた乙女らの死の記憶

134492_1.jpg


作品について http://cinema.pia.co.jp/title/1526/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。
・監督: ソフィア・コッポラ
・四女ラックス: キルスティン・ダンスト
・トリップ: ジョシュ・ハートネット
  ラックスの“にわか”彼氏

五人姉妹(13~17歳)の自殺ーという、明るい話ではないのに
名作の呼び声高く、気になっていました。

彼女たちの自殺の原因は、不明なのがモヤモヤしますが
だからこそイイーとも言える……
真相が解明されると、底がついてしまうけれど
彼女たちに憧れた(元)少年の回想で、語られていることで
“死と乙女“が、永遠に謎めいた甘美な記憶へと、深まるようです。

▼~▼内容にふれてノーガキ雑談です。(違うときスミマセン)
▼▼▼

1.セシリア(五女)の自殺

始まりは、セシリアのリストカット。(未遂)
聖母マリアのカードを、手にしていた。
「学生時代」で歌われる、“清い死”を夢見たかのような……

大人には、“世間知らずの子供”の自殺は、甘え?かもしれないけれど
「13歳の少女ではない人にはわからないでしょ」byセシリア
少なくとも、13歳の心は、子供ではない。
もし、精神科医が「この先きっといいことがあるー」的な、
通り一遍な“ご挨拶”で
再発が防げると思っているなら、甘いナ……

そんな医師の勧めもあって、まもなく母は、パーティを開く。
(回想は、呼ばれた少年のひとり。)
気分転換すれば、気が晴れて、自殺から遠のく?
――ということも、あるのでしょうが…(違うナ…)
セシリアには退屈そうで、一人、退席すると
彼女は投身し、フェンスに刺さり、今度は確実に、命を落としてしまった…

一人になるのは危険だけれど、ワイワイするのも、居場所ではない…
彼女には少なくとも、マリア様が必要だったのなら、どうすれば……orz

2.ラックスとトリップの“事件“

末娘の死の悲しみの中でも、日常は流れ
ラックスに目をつけたモテ男:トリップの膳立てで
姉妹たちは、ダンスパーティに参加するが……

その後がヒドイ!(>_<)
トリップは、ラックスを誘い出し、野外で結ばれたあと
どうでもよくなっちゃって、彼女を置き去りにしたので(>_<)
ラックスは、朝、ひとりで帰ってきた。

3.蝶になれなかった芋虫たち

2の事件で、母は、娘たちを学校にも行かせず
家に閉じ込めた。 ←この母も尋常ではない(汗)
同じ学校の教師である父も、そのせいでか、解雇に…orz
それでも、閉じ込め続ける母…  ←1番問題かと( 一一)

昼間でも、ネグリジェ姿の彼女たちは、まるで芋虫に見えた。
世の(男含む)汚れから隔絶され、大人(蝶)になることを止められた?
しかし、娘を守りたい、母の気持ちとは裏腹に
時の変化は、止められない。

つぼみは硬いままでなく、花開く運命だ。
そして、咲いた花は、散っていく運命も背負う……

端的に言えば、全員同時期に、自殺した彼女たちは、
止められた時間を自ら進めて、花を散らしたーと言えるかも?
(もっと端的には、母の束縛からの解放?かもしれないが)

4. Virgin Suicide  意訳ゴメン

Virgin=未婚の乙女、とは相反し
ラックスは、トリップと関係しただけでなく
軟禁状態でも、夜、屋根の上で、男と逢っているのを
少年たちに、目撃されていた。

喫煙し、男と関係し(汗)、退廃ムードなラックスには
“Virgin Suicide”が、処女性の抹殺にも見えます…
それは、単純に、アバズレになったという意味でなく
混沌からの出口捜し、芋虫からの脱皮…etc.


▼▼▼

庭の楡の木が、切り倒されるシーンがあり
それも、命の切断に暗示的です。
が、それも、なぜ残りの姉妹までも、一斉に自殺したのかー
を。暗示するに過ぎません…

衝撃的で、暗く悲しい出来事ですが
人の死の詳細を、他人が知る必要はないのでしょう。
ただ悼み、祈ることしかできないのだから。

物語を語る少年には、記憶の中で
美しい姉妹の、“神秘的な出来事”として
命と同じくらい、深いものになっていたのかもー
そんな余韻が、残りました。

Yahooブログ→コチラ



にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




blogramで人気ブログを分析




テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

映画『レディ・プレイヤー1』★“鍵”は物欲的バトルだけじゃないのがイイ!

T0022265p.jpg

作品について http://cinema.pia.co.jp/title/169545/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。
監督: スティーヴン・スピルバーグ

メインは、ゲーム内での“鍵さがし”と、不随するバトルの体感♪
設定は、2045年。
その頃、リアル社会は荒廃し、人々は、仮想世界「オアシス」に癒しを求める。
その「オアシス」製作者の一人(故人)が、
「オアシス」内で、3つの鍵を見つけた者(=エッグを得る者)に、
「オアシス」を継承させるとの
メッセージを残していたことが、わかる。
鍵さがしは、個人だけでなく、今の「オアシス」運営会社も参戦し
バトルは、リアル社会にも及ぶ……(>_<)!?

とりあえず、体感メインで気分転換を。
映画『シャイニング』を観ていなくても、大丈夫。(^_-)-☆

▼~▼ 内容より“雑談”です。(要スルー)
▼▼▼

“荒廃した世界”に絶望し、仮想社会へ現実逃避する―
劇中、プレイ眼鏡をかけた人々が、各自の世界に入り
手足をバタつかせているのは、楽しそうでもあり、滑稽でもある。(^^♪

どんなに楽しい世界を、“仮想“しても
本当に美味しいものは、食べられない…orz

“荒廃した世界”を見て感じるのは、植物・農作物の乏しさ…orz
“モノがない”という世界は、作り出す手間は省かれ
あるところから奪おうとする原理が、優先されているように思う…

ゲームに勝って、敗者からコインを横取りしたら
リッチな勝者になったとしても
食料を供給する人がいなければ、なんの意味もない…
ネット注文で届くピザとて、原料は、誰かが作っているんだし…

遺産を得るため、ゲームを勝つのも、夢のあることだと思うけれど
お金を使う価値のあるものが、ソコになければ、どーなんだろ…
“仮想社会“(ゲーム)に課金して、”つもり“に酔うのか…?

生モノはどうする?たとえば恋も??(^^♪
そう、ゲーム内の物欲的争奪戦にだけ、熱くなってはいられない!

真っ先に鍵を見つけ、注目の♂ウェイドは、
ゲーム内で知り合った♀アルテミスに、恋をする。
しかし、ゲーム内のアバター同士の関係を
アルテミスは警戒し、冷めている。  ←現実的!
所詮、ゲーム内のことは、夢と割り切る?
(これは、SNSの関係にも言えそう……)

けれど、いくらゲーム内のヒーローでも
現実に生きている彼は、彼女に本名を明かし
ためらう彼女に、押していく! ←不用心だがイイぞ!(^_-)-☆

そして、そんな“恋心“は、
鍵さがしの大きな”鍵”にもなっているのが、すごくイイ☆

ゲームの中で、ドン.パチビュンビュンするのも楽しいが
生身の人間は、それだけじゃつまらないから…(^^♪
それこそが、生きるエネルギーだから!(^_-)-☆
失恋を恐れずに、清水の舞台から飛び降りよう!\(^o^)/
このドキドキも、イイ☆(*^-^*)

やがて、リアル社会で、ウェイドもアルテミスも
“仲間”と一緒に、“テキ”に抗う、友情物語になっていく。
絶対絶命!? 最後まで、ドキドキ☆(^^)/

▼▼▼

ゲーム三昧は、憂き世を忘れるにはいいですが
“週2日“は、ゲームお休みデーにして
リアル社会で、幸せの畑を耕しましょってか…(^_-)-☆


Yahooブログ→コチラ


にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




blogramで人気ブログを分析





テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

映画『愛の監獄』★愛の極致~恋に堕ちたら地獄まで…(^^)/

index.jpg


作品について アマゾンさんの
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。

・少女囚アンナ: アデル・エグザルホプロス☆  罪状不明
・刑務所長ジャン: ギヨーム・ガリエンヌ

“愛“に惹かれただけで、鑑賞しました。(^^♪
一言で言えば、女囚と刑務所長(妻子+)が、デキたと。( 一一)
刑務所内で、“密会“&ラブシーンがあったと。(汗)
それが、噂になったと。(バレたと……(>_<))

“常識”で考えたら、呆れるだけなんですが
ソレを愛と呼ぶならば、
常識から外れ、愚かにも、性愛にのめりこんでしまうのは
愛の極致とも、言えそうですが……

▼~▼ 内容にふれて雑談です。
▼▼▼

1.恋に堕ちた  と言っとく…

妻子がいて、それなりに幸せなのに
魔性的に、魅力的な少女と、恋人関係になったのは
刑務所という閉鎖空間と、所長という立場が
そこに咲く花を、簡単に手折れた、と言う感じか。

ムショに囲った愛人を、いつでも自由にできるような所長が
はしゃぐように、嬉しそうなのは
ムリヤリでなく、彼女も、自分を恋しく思っているから♪

彼女は、妻子のいる所長の家庭を壊そうとは思っていない。
彼女には、母親がいるけれど、“家族“が欲しかったらしい。
愛人関係にはなったが、所長には、父への思慕が形を変えたのかも……

二人の愛は、露骨なラブシーンには、なっているけれど
本来、彼女の求めていた“愛“は、もっと深いものだと思う。
けれど、因果な男女の性(サガ)なのか
愛だの恋だのと言うと、
あーゆーのーこーなラブシーンへ、成し崩されてしまうのよ…orz

分別盛りの男性には、女性の若さに引きずられて
年甲斐もない、若気の至り?にハマらず
毅然と、一線を守って頂きたかった!(キッパリ☆)

しかも、この所長は、彼女を妊娠までせさせるのよ!(>_<)
あとさき考えてほしい…
でも、彼女は、彼には言わない。迷惑をかけたくないと。
(注:その頃は、彼女は別ムショに移送されている)
外出日に、ほかの男性と“デート“し、中絶する。

ほかの男と出かける様子を見た“元所長”は、
彼女の心変わりかと、うろたえるが
ナニも知らないことが、じれったくなるョ……
(その頃、所長は、彼女にSIMカードを渡した罪で、逮捕された)

2. 1年後の裁判

そして、ラストシーンは、1年後。
アンナvsジャンの裁判。
ジャンは、女囚にそそのかされたーと言えば勝てる、と
助言されていた。

着席したジャンは、アンナと目を合わせ
二人が微笑んで、作品は終わるーのだが……

ジャンは、アンナに罪をかぶせて、裁判に勝とうとはしないと思う。
彼は、家庭も職も地位も、彼女のために失ったーとしても
それは、彼の責任。それが、彼の“愛の結果”なのだから。

恋に堕ちたーと言ったけれど
ここまで来たら、自分だけの保身はありえない。

恋に堕ちたのなら、地獄に堕ちるまで。
彼女だけ、地獄に堕とすなんて、ない。
ゲス不倫と言うけれど
堕ちるなら、一緒に堕ちなければ、
もっともっと、最低の下の下のゲス野郎ですョ…

▼▼▼

ジュリーの『LOVE 抱きしめたい』では
https://blogs.yahoo.co.jp/yutake2415/43618177.html
賢い男の正しさが、辛かった…orz

本作の男の愛?は、愚かしくて、呆れてしまうけれど
当事者には、破滅的でも、幸せは残るのかもー
と思える二人の微笑みには、
他人が、とやかく言うスキマ、ないです…(*^^)v


Yahooブログ→コチラ


にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




blogramで人気ブログを分析




テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

映画『悪と仮面のルール』★違和感ある設定でも玉木さんの愛はGOOD!


T0022005q.jpg


作品について http://cinema.pia.co.jp/title/173046/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。

・久喜文宏(新谷): 玉木宏☆ ←目当て☆

冒頭から、突拍子もない設定ですが(汗)
最後は、感動的な愛の物語で終わります。(*^^)v

富豪の道楽なのか、父は、息子:文宏を
この世の“邪“にすべく、創ったーなどと言い、
“邪“を高めるために、文宏が恋する義姉妹:香織を
“損なう“ことを企む。

↑何を言っているのでしょうか??(汗)
父は、息子を最悪な人間にしたいと。 (←そもそも、アウトな親 )
そのため、息子が好意を抱く養女に (←この設定もアウトっぽい)
よからぬことをして 恨んだ息子に、自分を殺させ
サイアクな輩にしよう――ということらしい。 (←マトモでない……orz)

悪なる文宏と、善なる文宏とのせめぎ合いを期待しましたが、
途中、もっとサイアクなのも、乱入するので(汗)
玉木さんは、もはや、“邪“ではなく
毒をもって毒を制した正義漢に見える。(^^)/
(ソレはソレでよし)

▼~▼ 内容にふれて雑談です。
▼▼▼

1. 父を成敗!

息子を、邪悪な存在にするために創ったなどと
わけわからない父なんですが(汗)
父も、“邪”として扱われた過去が、あるらしく
この富豪の伝統か?

文宏が14歳の頃、香織を“損なった”父を
文宏は、部屋に閉じ込めて死なせる。
それは、香織を守るためだったが
段々、父に似ていくからか、香織は、文宏と距離を置いた。


2.別人として生きる文宏

奇妙だが、富豪の家のおかげか
お金の心配はなさそうで
文宏は、その後整形し、新谷という実在した男として生きていた。

けれど、そのせいで、本当の新谷の恋人の死について
執拗に追っている刑事に、つきまとわれることに…orz
(それは揺さぶりで、終わるけれど)

新谷として生きても、香織を守りたい彼は、
離れていた香織を捜し当てる。
しかし、遺産がらみで
再び、誰かに“損なわれそう“になっている香織を守るため
文宏は、殺しを重ねていくことになる。


3.テロリストのこと

その頃、世間を騒がしていたテロリストは、
実は、文宏の遠縁だった。

この男も、虐待された過去をもち
それが元で、世間を恨み、自分を呪っていて
テロ行動も、不幸な自分の当然の権利らしく
悪びれていない。

過去を忘れて出直そう――と、人は言うけれど
過去の烙印が強すぎて、そこから出られず、
無関係な人に、怒りの矛先を向け、暴れもがき
ますます、幸福から遠ざかっていく人は、残念だ…

どんなに、無関係な人を傷つけても
自分の傷は、癒えるはずはないのにね……
――そんな彼に、文宏が、転機が与え……


4.イカレタ幹彦 ( 一一)  文宏の義兄 戦争ビジネス

テロリスト以上に、イカレタ男です。(>_<)
彼を象徴する一語は、“憂鬱”。
――と言っても、本当の“憂鬱”とは違う。“暴力”の言い訳。

劇中、慰み者にされ、暴力のえじきになる人がいるのは
見ていられない…orz
幹彦は、憂鬱の解消に、次は
義姉妹:香織を、シャブ漬けにして、なぶりたいらしい…滝汗
なんだコイツは!(>_<)
文宏は、この男を“ナントカ“しなくては!と思う。(私も…)

↑この家のイカレ具合を、象徴する男で
理性の通じない怖さあり……
こんな邪悪な輩を“排除”するのは、むしろ、正義に思えてくる。
この男も、父から、ゆがめられたのかもしれないけれど…orz

5.香織とのこと  ↓要反転▽
▽▽▽

ラストには
文宏は、文宏の友人として、香織に近づく。
香織には、自分を隠し
友人として、文宏の胸中を語る姿が、痛いほど切ない。

・悪=愛する人を守るためとはいえ、殺人を重ねたこと
・仮面=別人として生きていること

もう、元に戻せない。
子供の頃、仲良くしていた思い出シーンも、
還らない切なさを、あおる。
玉木さんの優しい雰囲気が、彼の愛の深さを物語るので
目頭が熱くなってしまう……

▽▽▽
▼▼▼

“邪“の存在などと、突拍子もない設定が、一人の少年の人生を
メチャクチャにして、奇妙やら、腹立つやら、悲しいやら…orz

設定に、違和感を感じつつも(^^♪
愛する女のため、そこまでデキる男性は、ステキです!
玉木さんの温かく切ない涙で、チャラ☆(^_-)-☆


Yahooブログ→コチラ


にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




blogramで人気ブログを分析



テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

映画『ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります』★熟年夫婦の家と人生を“内覧“する♪

T0020505q.jpg


作品について http://cinema.pia.co.jp/title/168659/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。
原題 : 5 FLIGHTS UP
・夫: モーガン・フリーマン 画家
・妻: ダイアン・キートン  10年前に退職

熟年夫婦が、数十年、住んだのは、
エレベーターのない、集合住宅の5階。
そろそろ、エレベーターのある家に住み替えようと
“自宅“を売りに出す。
内覧会の前日、近所の橋で、テロ騒動が勃発!
買い手が、見つかるのか?
さらに、愛犬が急病で、手術することに!(>_<)
新しい物件を買う予算は、残るのか?

――結局は、なんだかんだ言いながら、“我が家“がいいよね……
と落ち着きそうですが、チッチッチ
人生の”描画“を、一言で、すましてはつまらない。
観てこその納得。“内覧“するつもりで、鑑賞を!(^_-)-☆

▼~▼ 内容より雑談です。(*^^)v
▼▼▼

1.親のこと (雑談です(^^)/)

既出ですが、両親は、“一度”、自宅マンションから
高齢者施設に入居しました。
マンションへの転居前は、一戸建てに居住していましたが
スーパーが遠のき、買い物がままならないので
10年位前、町中のマンションに、住み替えました。

父は、住み慣れた“自宅“を転居することには、しぶしぶで、
マンションに住んでからも、不満タラタラでありました。
(父には、買い物の利便性は関係ナシ( 一一))

やがて、母は、家事労働と父の“世話“が、重荷になり
高齢者施設の入居を、希望するようになりました。
しかし、父は、“住み慣れた“マンションを、離れることに反対。
(不満タラタラだったのに?いつの間に、住み慣れた?(^^♪)
母が、自分だけ、施設入所の申し込みをし始めるや
父は、(一人では生きていられない)急遽、“いやいや“
高齢者施設への入居を、決めました。

施設に入居したとき、私は、ホッとしていました。
ここなら、看てくれる誰かがいるし、
両親も、淋しくなく、暮らしてくれると思ったから。

けれど――ダメでした…orz
他の人たちと“合わない“ことで、ストレスと不満がたまり
施設を出て、まだ売っていなかった元のマンションに戻り
現在に、至っています。

やはり、住み慣れた家が1番だね~と
言いたいところですが、ちょっと違う……( 一一)
話を聞く限りでは、他の人との協調性や歩み寄りが
欠けているようなんです……(>_<)
加齢で、忍容性が落ちたのか?
元々、何様キャラだったのか…….?orz
この頃は、認知症もあるようなので、
感情を刺激しないように、全面的に、肯定・応援する感じで
接していますが…….

熟年夫婦だけの暮らしだと、将来の心配はあります。
弟が、昨年、親の近所に転居してくれて、ホッとしています。
そんな、親の“住み替え“を思い出しながらの鑑賞です――

2.劇中の夫婦のこと

我が家を売るにあたり、
事件(近所のテロ?事件や愛犬の急病)が、同時に起こるのもよい。
家の売買は、それだけで、命や生活を振り返らせるほどの
大きな“事件”なのだと感じさせる。

この夫婦の始まりを見せるのも、すごくイイ☆
画家とモデルの関係。
それは、内覧会に来た少女との話で、明らかになるのもニクイ♪

そして恋に落ち、結婚しようとしたら
人種の違いから、困難もあったと知る。
それを乗り越えて、今があるんだね……と、しみじみ。

3.愛犬:ワンちゃんのこと

そして、病気になったワンちゃんへの愛情は
かわいいペットだから、だけじゃない!
子供のいない二人には、わが子と同じ。
夫は、ワンちゃんの“性格“を「君(妻)に似た」と表現した。

それに
そのワンちゃんは、夫からのプレゼントだった。(妻の退職祝い)
退職後の妻の生活の幸せを、思ってくれてたようで
夫の愛情そのものなんです。大切なんです。

4.“カラ騒ぎ”のあと

結局、不動産価格にも影響した“テロ騒動”は、テロではなく
イスラム系青年が、タンクローリーを乗り捨てただけだとわかる。
(ひどい渋滞はあった)
そのニュースを見た夫は、我が家を売るのを、やめる決意をする。
大騒ぎをしても、どうってことなかった――
この“カラ騒ぎ”のあとの気持ちが、なんとも言えないゾ!(^_-)-☆

危機感があると、気がせいて、高揚して
イケイケワッショイで、コトを運ぶのが、最善に思えることはある。
確かに、エレベーターがない5階は、しんどい…orz
でも、今日明日、急ぐ決断でもない………

↑個人的には、親のコトもあるので(汗)
動けるうちに、“転ばぬ先の杖“で、用意周到なほうが安心ですが…(^^♪
その人自身の“今日の人生“を、他者がとやかく言うのは
大きなお世話なことなのも、わかる…(^^♪

▼▼▼

住み慣れた家で、“便利”に暮らせるのが、理想です。(*^_^*)
なにより
どこに住むか、というより、誰と住むかが大事。
“住み心地のいい”パートナーとなら、どこに住んでも
幸せな老後になるような気がする――って
この熟年夫婦を見ていると、そう思う♪


Yahooブログ→コチラ



にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




blogramで人気ブログを分析



テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

映画『レッド・スパロー』★してやったり!ジェニファーの武器力最高!


T0022513p.jpg


作品について http://cinema.pia.co.jp/title/174088/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。

・ドミニカ: ジェニファー・ローレンス☆ ←目当て☆
・雀の学校の先生: シャーロット・ランプリング☆
・ロシア情報庁の幹部: ジェレミー・アイアンズ☆

ケガで、プリマを断念したドミニカは
情報庁の叔父の“勧め“で、スパイになる。
使命は、CIAに近づいて、ロシアのモグラを特定すること。
―――なんですが、“モグラ捜し“は、経過にすぎなかった!
ドミニカの、“してやったりの鮮やかな仕上げ”には、胸がスッとする思い!
ジェニファーのパンチが効いて、グッジョブ!

▼~▼ 内容にふれて雑談です。(R15)
▼▼▼

1.ケガのこと

バレエの相手役の男性が、ドミニカに“ケリ”を入れて
彼女を転ばせたのが、わざとらしかったんですよ。(汗)
案の定、彼が、恋人をプリマにするために、仕組んだことだった。
それを知って、二人に報復するドミニカ。 ←恨み骨髄な感じ(>_<)

やられたら、やられっぱなしではないゾ!
借りはキッチリ返す、ドミニカの“けじめ“―伏線でしたね。(^^)/


2.レ〇プのあとの…orz

救いの手のふりをして、叔父が、ドミニカに依頼したのは
政府が暗殺したい男の、誘い込み。
その男が暗殺される寸前、ドミニクはレ〇プされてしまう…orz
それだけでも、傷つくのに
暗殺目撃者として、始末されそうにも…orz
なので、叔父が、スパイとして生き延びることを“勧める”。(ほかに道なし)

そのスパイ学校が、“色仕掛け”養成所。
女のスパイーと言えば、そうなの?
レ〇プで傷ついているのに、傷を広げるように
“色仕掛け”を、仕込まれるとは……orz

そんなスパイは、“雀“と呼ばれ
シャーロット・ランプリングは、“雀”の学校の先生。
彼女が、“色事“の仕掛け方を、チーパッパするのは
驚きなのでありますが
シャーロットの、淡々と、かつ権威的な雰囲気には
ムリだろー( 一一)と思うことさえ、
身に付く“神授業“に思えたり…(~_~メ)


3.“欲望”を埋めれば操れる  byシャーロット先生

“色仕掛け“は、(主に)♂の欲望のスキを突く一撃。
ソコに入り込めば、操れるーというのも、簡単な話ですが…(^^♪

よほどのことでなければ、♂は♀の誘いを断らない――とは
ある♂から聞いた話。
んんん~そーなんだ~~
すぐにはじけそうなのは、“手玉”というより、まさに、シャンボン玉!?(^^♪

逆に、“欲望“のない人は、スキがないということか…….
そういえば、私は、スキがないと言われたことが…….
ちなみに、出先で次々、お子様を成す“源氏の君“とも
“プラトニック”で、お願いしとうございますよ。(*^^)v


4.嘘と裏切りの国   byジェレミー・アイアンズ

ジェレミーも、魅力的な俳優さんで、鑑賞意欲を高めたお方☆

ロシア情報庁の幹部で、ドミニカの叔父の上司。
ドミニカの処遇は、この人次第―と言う“怖さ”の象徴のようなんですが…

仕える国:ロシアについて、彼がドミニカに話すことが、意外!
自由のない国にあっては、“嘘と裏切り”にまみれるーと言う。

それは、まさに、スパイ活動の大元のようで
ドミニカのしていることも、そう。

近づいたCIAの男を、たらし込んだのか、情が移ったのか
信じているのか、ふりをしているのか
そして、騙していたのか――と思わせておいて
やはり、愛していたのか――???

ドミニカに、うまく騙されているなら、それでもいい!と思いながら
ラストまでの真相が、楽しみになってくる!(^_-)-☆

5.グッジョブ!   ▽要反転↓ 
▽▽

ロシアのモグラは、ジェレミー・アイアンズでした。
彼は、自分からドミニカに告げて、“そのとき“を待つのだが…
ドミニカは、叔父を、モグラとして、当局に差し出した!

バレエのケガ以降のことは、ドミニカは、ケリを入れて、いや
ケリをつけていなかったもん!
そもそも、レ〇プの件も、叔父のせいですもんね。
さらに、雀の学校(色仕掛け学校)に入れて
途中、拷問にも関与したし!(憤!)
母親を人質に、人の体も人生も、好きなようにしてからに
自分の出世道具に、するつもりだったんだろー!(>_<)
いい加減にしろー!(-_-)/~~~ピシー!ピシー!   
  ▽▽

女は、“欲望”を埋めるだけの存在ではないのだ!
したたかで、強くて、情が深くて、コワい存在なのだ!
なめたらいかんぜよ!(^^)/

▼▼▼

ジェニファーは、貧乏くじを引いたとしても
きっと、しぶとく這いあがるだろう!との期待が持てるから好き☆

ラストは、ひとまずのハッピーエンドで終わらせないのがイイ☆
かかってきた電話が、“欲望”を埋めるようでニクイ♪


Yahooブログ→コチラ



にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




blogramで人気ブログを分析


テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

映画『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』★ワシントン・ポストが“真実”を公開す(^^)/

T0022613q.jpg


作品について http://cinema.pia.co.jp/title/174614/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。
原題 THE POST (ワシントン・ポスト)
・発行人キャサリン: メリル・ストリープ
・編集主幹ベン: トム・ハンクス


ベトナム戦争が、アメリカには不利な状況なのを隠していた、
政府の機密文書を掲載した、ワシントン・ポスト紙の話です。
(ネタバレ御免)

政府が隠した真実を、白日の下にさらすことが正義―
という使命感で、“その新聞”を発行させていく過程が
せわしいです。(^^♪
真実は、時間との戦いか。

地味な作業に映りそうですが、メリルとトムの、華と重みで
せわしさに煽られながらも、
緊張感と高揚感アップの見ごたえです!

▼~▼ 内容にふれて雑談です。
▼▼▼

1.“地方紙”ワシントン・ポスト → 参考

キャサリンは、父から夫、夫の自殺後は自分へ、と引き継いだようです。
自営業の感覚は、社員も会社も、家族のような愛着かと。
新聞の使命を果たそうとして、政府から潰されても困る。
自分だけの意識だけでは済まないのが、むずかしい…
↑その辺は、メリルならきっといいようにやってくれる!との頼もしさあり!

2.同業者のこと

最初の、機密文書関連の報道は、ニューヨーク・タイムズ紙。
圧力が、タイムズ紙にかかりそうなとき
ライバル社の不幸を、ラッキーと思わないのが良い☆

もし、タイムズ紙が、圧力で潰されたら
ほかの新聞社にも、それは及ぶから。
同業者が抗議するのは、人情的同情というより
火の粉を一緒に防ぐ、ということなんですね。

同業者は、ライバルでもあるけれど、味方でもあるー
よくあることです。(*^^)v


3.お友達にはなれない関係

情報を得るーということからも、
政治家とは“親しく“付き合うーということも、大事だったらしい。
けれど
“客観的”であるには、仲良しのお友達になってはいけないの…

人間だもの。
仕事人としてだけでなく、日常生活の友人ということもあると思う。
けれど、
大人になると、仕事人=社会人としての自分の立場が
“友人“との関係を、厳しくしてしまうことがあります。
友人なら対等なのに、仕事上は、上下関係になったり……

客観的・中立・公平……であるためには
親しい人を作れないーというのも、辛いところ……orz

4.嘘も方便!?( 一一)

“真実“を伝えるーとは、難しいことです。
本当のことを“垂れ流す”ことは、簡単なことと思いますが(汗)
物事には、重みづけがあって
言わなくていいことも、確かにある。

伝え方によって、あるいは、受け止める人によって
“真実“が、正確に伝わらないこともあるし
誤解や混乱を起こせば、その後、“事実”となるはずのことが
消滅する恐れもなくはないのでしょう……

政府をかばうわけではありませんが(汗)
だからこそ、機密文書を残したのは
後世への資料としたーみたいな扱いになっていましたが
“真実“を記録したのはよかったですよ。
隠したけど……

そして、政府要人が、政府担当者に
「ベトナムでの実情とは違う!」ことを詰め寄りつつも
マスコミ報道には、政府寄りの発言をするのも、意味あるシーン。
本当のことを知っても、それを伝えるには
勇気と責任が、いりますから……
よくないコトを報じた場合、その原因が誰にあるのか
誰が責められてしまうのか(自分か?)
立場上、コワくて言えなそう…….

▼▼▼

そんなこんなで、政府の機密文書を入手し、掲載したワシントン・ポスト☆
ラストシーンには、“ウォーターゲート事件
の始まりを告げました。
『大統領の陰謀』ですよ!
これも、ワシントン・ポストの記者だった!☆
懐かしいような、胸騒ぎを残してくれる終わり方も良い!(^_-)-☆

Yahooブログ→コチラ

にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




blogramで人気ブログを分析





テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

映画『トレイン・ミッション』★通勤列車内の人探しがスゴイことに!(>_<)



T0022819q.jpg


作品について http://cinema.pia.co.jp/title/173090/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。
原題: THE COMMUTER
主演: リーアム・ニーソン
☆ ←楽しみ☆

リーアムは、家族のために奮闘する、アクション・パパがバッチリです!(^^)/
ハラハラさせるサスペンスアクションですが
絶対、リーアム・パパが最後に勝つ!と信じているので
安心しながら、ドキドキできて、楽しむには絶好です!

いつもの日常が続いたある日、突然の解雇通告。(保険会社)
パパには、帰りの列車も、いつもと違って見えたでしょう…
家のローンや子供の学費…etc, これからどーする!?
身につまされますね…orz

そんな折、人間行動学を云々言う女性が
有無を言わせぬ、お金になる話を、もちかけてきた。
(チラシ参照)

1つの列車内だけで、これだけの盛り上がり!(^^)/
これだけの破壊力!(>_<)
絶賛です!

▼~▼ 内容にふれて雑談です。(*^^)v
▼▼▼

1.職を失くす…orz

転職が決まって、退職するのではなく
次の仕事が決まっていない状態に、
なったことは、ありますか?

(既出のことですが)昔、夫にそんなことが……
私は、2か月後に、娘を出産する頃だったので
働くこともできず…….
正直、来月からどうしようと不安だった。出産費用もあるし…(汗)

リーアム・パパが、お金になる“仕事“なら、請け負うのはわかる。
仕事を選んじゃいられないのは、自分でなくて、家族のため☆
けれど、家族が、人質に取られていることがわかり、必死に!(>_<)

2.プリンを捜す

仕事は、列車内の人探し。
“プリンさん“を見つけろ、と言う。
いちいち、名前を聞くわけにはいかず、どうします?
イメージで探す?
私のイメージは、『スーサイド・スクワッド』のハーレイ・クイン♪
(注:プリン=ジョーカーのほうではない)
――当たらずと言えども遠からず……!?(^^♪

3.スリリングでよいテンポ♪

終点に付くまでに、プリンさんを捜さないといけない。
コイツだ!と思って、“マーク“したら
車内で、その方の遺体を発見したり(汗)
車外に出た人へ伸びた、“魔の手“も目の当たりにしたり
いちいち、用意周到!
人知れない、出来すぎプレイの数々!
そんだけ、”関係者“がいるなら、リーアム・パパ任せにしないで
“皆で“、プリンさがしをしたほうが早いのでは?と思ったり…(^^♪

4、最後の〆 
▽要反転▽

プリンは、事件の目撃者。
犯人は、黒幕の犬: 警官。
だから、警察は信じられないの…orz

実は、リーアム・パパは、元警官。
友と信じた元同僚の援助も、頼りにしていたが
元同僚が、犯人だとわかる!(彼も脅されていたらしいが…)

プリンが特定できず、業を煮やした黒幕は
列車ごと葬ろうとし、てんやわんやの大騒ぎ!の
緊迫アクションシーンを展開します!

で、そのあとが良い。
たった一両残った車両で、リーアム・パパは、
乗客たちに、“籠城“を指示する。
救出で、車内から出たら、乗客の中のプリンは
どさくさで、殺されてしまうかもしれない…
最後まで、いい詰めだ!リーアム・パパ!

▼▼▼

事件は収まって、安心するだけでなく
リーアム・パパの再就職も決まる♪

人生に、保険をかけるのも大切ですが
カバーしきれないリスクもある…
リーアム・パパには、守り的な“保険“よりも
攻めの“ 警官”のほうが、ピッタリかと(^_-)-☆


Yahooブログ→コチラ

にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




blogramで人気ブログを分析



テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

映画『砂の器』★父と子の旅~「宿命」の意味するものは重い


115775_3.jpg

作品について http://cinema.pia.co.jp/title/3033/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。→あらすじ

・原作: 松本清張
・今西刑事: 丹波哲郎
・和賀: 加藤剛☆
・三木巡査: 緒形拳


加藤剛さん目当てに、いつか鑑賞したいと思いつつ
やっと鑑賞できました!
“砂の器”とは、満たされる前に、サーッと崩れ去りそうなイメージですが
劇中、少年が、水でこねた砂を器に見立て、並べていた姿は
家族での団らんを、思い描いていたのでしょうか…….

始まりは、東京:蒲田で発見された、男性の遺体。
殺人事件の捜査を、今西刑事らが進めていく。
犯人さがしミステリーの面白さと、
あちこちと旅することになる
今西=丹波さんが、刑事然としていて
引き込まれていきます♪

やがて、善人と慕われた三木元巡査が、被害者だとわかる。
彼は、昔、旅の父子の面倒もよく見た、とも聞いた今西は
その父子のことを調べる――

丹波さんが、かた結びの糸を、ず――っと、
優しく、ときほどいていったようでした。
終盤の、今西の“捜査説明“と、”その当時”の描写、
そして今、同時進行の演奏会―
3つのシーンには、説得されながら、動揺し、情動の波に
打たれながら、涙があふれました……

▼~▼ ネタバレして雑談です。
▼▼▼

1.旅の父子のこと

その父子が、放浪の旅人になってしまったのは
父が、ハンセン氏病に罹ったからでした。
病気の偏見は強く、母は家を出、父子は村を追われました。
・参考→コチラ

うつされたくないという自己保身は、(誰にでもあるとして)
罪のない人を、心身ともに傷つけ、
優しさの手も、差し出せないとは…orz

そんなときに出逢った三木巡査は、二人に、よくしてくれました。

2.三木巡査のこと

三木は、子供に病気をうつさないように、と父を諭し
父を、療養所に入所させたあと
子供(ヒデオ)の面倒も、看てくれた。(奥さんもイイ人!(^^)/)
三木=緒形拳さんの、まっすぐで実直な人間味が、心に響く。

ヒデオが、家出したとき
「ヒデオ~ヒデオ~」と探し回った三木の姿にも、深い愛情を感じる。
ヒデオも、蔭で聞きながら、熱いものを感じたはずだと思うけれど……

3.『宿命』  ←和賀作曲の交響曲(ピアノ協奏曲?) ▽要反転▽


ヒデオは、そんなこんなで、人気の作曲家:和賀になっていた。
彼は、戦後のドサクサで、別人になり
今は、政治家の令嬢と婚約中で、順風満帆。
(剛さんの出番が少なく、うさん臭さ漂う前半…)

そんなある日、隠居し、悠々自適の三木が
和賀=ヒデオの消息を知り、ヒデオに、逢いに来たことがわかる。
療養所の父と長く文通していた三木は、父が息子に逢いたがっていることを
ヒデオに伝えたらしい。
しかし、過去の自分を捨て、和賀として生きてきたヒデオは
“昔”を知る三木を、殺してしまったらしい…………
イイ人だったのに…….orz

ヒデオが名付けた曲:『宿命』の意味するものは、重い。

人は誰もが、“運命”から逃れられない“呪縛”を、背尾っていることを
彼自身は、痛いほどわかっている。
それが彼を苦しめ、抗えないものなら、“業“と言ってもいい。

一方、“しがらみ“は、悪いことばかりでなく
彼は、ずっと別れたままの父のことを
忘れようはずは、なかったと思う。いや
逢えるなら、逢いたいに決まっている。
自分が立派になればこそ、この姿に喜んで、安心させたいはずだ……

だが、どんなにイイ人でも、三木は他人。関与してくれなくていい。
二人の間にある“コト“を、知られたくない…..

だからと言って、殺人という非情な手段は、あんまりですが
それだけ深すぎる闇を抱えていた、ということか……
前半、和賀から感じた“うさん臭さ”が、“闇の匂い”だったのか…

さて、今西刑事が、父に逢い、成人した“息子“の写真を見せたときも、いい。
父は、驚きと喜びの表情を、一瞬、見せながらも
「知らない」と言うのだ。
ここでも、父は、子供との間にあるコトに、第三者を入れなかった。
父が、どんな気持ちで、そう言ったのか――胸が、張り裂けそうになる……

誰にも知られまいとする『宿命』をも、背負ってしまった父子の哀しみが
和賀の音楽の響きとなって、私の心を、揺らしていった。
和賀は、その『宿命』の曲の中で、父と逢っているー
との今西刑事の言葉には、救われる想いもするが……..

▽▽▽
▼▼▼

東北~山陰~など、広く移動する、今西刑事の旅にも
哀しい父子の過去の旅にも、引き込まれつつ
最後は、真実と感情がぶつかり、すべてを包み、高まった演奏に
涙が、溢れました…….

見ごたえのある必見の作品でした!


Yahooブログ→コチラ


にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




blogramで人気ブログを分析



テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

映画『曇天に笑う』★リセ〇シュ級の爽やかな笑顔には笑うしか(^^)/


T0021182p.jpg


作品について http://cinema.pia.co.jp/title/170831/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。

・雲天火(くもうてんか): 福士蒼汰☆ ←目当て

疲れ眼のせいか、せっかくのアクションシーンがぶれて…orz
イケメンさんたちを堪能したーという作品になりました。(*^^)v

“曇天”続きは、おろち復活の兆し。
“おろち“は、人の体を借りて、復活するという。(おろちの”器”)
誰の体が、おろちに乗っ取られるのか!

① おろちを利用せんとする: 風魔一族
② それを阻止せんとする明治政府の犬: ヤマ犬
③ おろち封じの剣を、雲神社で守ってきた: 雲(くもう)三兄弟
↑三つ巴のてんやわんやが、見どころ。

親を風魔に殺された三兄弟は、
傷ついた風魔の一人:シラス(白子)を助け
ともに生活していた。そのなりゆきも気になる…


▼~▼ 内容よりほぼ雑談です。スルーを。(^^)/
▼▼▼

観ようと思ったのは、福士さん演じる“天火”像への期待。
(イケメンだけの理由でない(^^)/)

冒頭、盛り上がって、つかみOKの祭りシーンでの乱闘さわぎは
天火さんが、他を寄せ付けない強さで
悪人を吹っ飛ばして、解決。(^^)/
天火さんの 人望で、町が治まってる感が良い。
天火さんは、いわば、その町の親分☆俺がルール。
“俺の町”で、好き勝手やるなよと。
↑私、そのような守り系:親分は、嫌いじゃありません。(^^)/

そんな天火さんは、ヤクザさんでなく、神社の子。
なので、刀を振り回すチャンバラではなく
鉄扇を駆使した“妙技“で魅せるのが、
良くもあるし、ちょっと残念…

いや、扇はOK☆なんですよ。
長身に、羽織に着流し姿。そこに、扇を広げてみ!
粋で艶っぽく、絶妙なスタイル!

――なんですが、彼は、神社の子。
神職ですよ……俗っぽいとまずそう…
で、そこに、福士さんの爽やかな“笑顔“が、効いてくる。(^^)/
この爽やかさは、リセ〇シュ級!
色気やドロドロしたものも、除菌スッキリ!

おかげで、イケメン勢ぞろいの今作にあって
女っ気ほぼナシ。恋ナシ。ラブシーンなし。(^^)/
清潔であります。
(個人的にはいつか、艶気あるお兄さんのラブなの希望(^^)/)

ネタバレになりますが、予想を裏切らなかったのが(以下要反転)
▽▽

白子さん。(=桐山漣さん)
桐山さんは、きっと、何かしでかしてくれると思ったとおり!
雲三兄弟を、裏切りました…orz
それで、盛り上がるんですけどね。

▽▽
▼▼▼

肝心のアクションが、ブレてしまったので
スロー再生で見てみます、いつか。(^^♪

苦しいことがあっても、笑って過ごそう!という心意気は
福士さんのはじける笑顔が、破壊的に伝えてるので
もう、笑うしかないです…(*^-^*)


Yahooブログ→コチラ
 


にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




blogramで人気ブログを分析


テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

映画『トゥームレイダー ファースト・ミッション』★次回作が気になる新ララ始動!


T0021976p.jpg


作品について http://cinema.pia.co.jp/title/172949/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。

・ララ・クロフト: アリシア・ヴィキャンデル
アンジェリーナ・ジョリー版とは別物で
ブロ友さんが、“次が早くみたい“ほど面白かったそうなので
鑑賞しました☆

アリシアは、パンチのあるタイプではないので
儚げなイメージだったのですが……
どうも、ゲームも含めたリブートも、その辺を狙っていたよう。
普通の女の子のようで、普通じゃない!のも魅力☆

基本形は
・資産家の令嬢
・体を鍛えている
・お墓の探検    

▼~▼ ネタバレして雑談です。
▼▼▼

資産家のはずですが、オープニングは
バイク便で日銭を稼ぐ、貧乏娘ララ♪
自転車を駆使した、“キツネ狩りゲーム”のキツネになって
ビュンビュン飛ばす!(逃げ切ればお金ゲットのため)
イイぞ!イイぞ!冒頭から、儚げなイメージ払しょく!
ウオーミングアップ!

日本の“卑弥呼”がらみの探検に出たまま、
7年間、行方不明の父の死を認められず
遺産相続を先延ばしにしていたララ。(だから貧乏暮らし)
ついに、相続手続きをしようというとき
あることに気づき、卑弥呼の島:ヤマタイに行こうと決意する。

注:卑弥呼が、死の女神?とか、邪馬台国が島?とか
気になるところですが……これは、フィクションです!!
ちなみに、“死の女神“なんて魅力だーと、
ララの”相棒“のフォローもある。(^^♪

日本に行くにあたり、父が、香港で、船を調達した人を捜すときに
その人の子孫と言う人に、逢う。
彼も身内の消息が絶たれていることもあり、
ララと一緒にいく“相棒“になってくれる。

そんなこんなで、たどりついたヤマタイの島は
卑弥呼を邪悪の神として、復活させようとする者の手先が
発掘作業していて、ララと相棒は、捕まってしまう。
そこの“現場監督”は、別のボスの指示に、従っているらしい…←ミソ☆

そんなこんなで(そればっかり(^^♪)
卑弥呼のお墓にたどり着く、ララや現場監督、そして…….
▽要反転▽↓

ララは、現地で父と再会し、父も卑弥呼の墓にたどり着く。
卑弥呼は、邪悪は存在ではなく(名誉回復!)
感染症で、犠牲になったとわかる。
感染症と言えば、パンデミック!(>_<)
テロリストの狙いは、その病原体。
病原体を運ばせまいとするララと、現場監督との戦いが炸裂!

――で、ブロ友さんが、続きが見たくなる理由わかった!(*^^)v
現場監督は滅びますが、彼の“雇い主”が気になるところ。

一件落着して、相続の書類にサインするとき
ララは、“自分の会社“のグループ会社を知って、愕然とする。
“現場“で見た社名は、グループ会社だった!
父は、社員に抹殺されかけた!?

ララの父は、会社経営を人任せにして、冒険していたので
ララも、そのつもりのようでしたが
会社を人任せにするのは、危険です。
イイ人なんて、いないのだ!(汗)

クリスティン・スコット・トーマス女史は
ただのヤリ手部下では、なさそうで…オット!(^^♪


▽▽▽
▼▼▼

次回作へのナゾを残し、気になる~☆
神の子:ワンダーウーマンと違って
“人間だもの”な、ララのアクションや踏ん張りは
自分の手にも汗べっとりで、応援したくなります!

自分の資産を、把握しているようじゃ小者だーとも聞きますが(^^♪
グループ会社を把握しとこうネ、ララ社長。
次回作も、かなり楽しみ☆


Yahooブログ→コチラ

にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




blogramで人気ブログを分析




テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

映画『PARKER パーカー』★“善玉のワル”をステイサムがキメる!


161545_1.jpg


作品について http://cinema.pia.co.jp/title/161545/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。
「悪党パーカー」シリーズのこと→参考

・パーカー: ジェイソン・ステイサム☆
・レスリー: ジェニファー・ロペス


ステイサムの作品は、どれも、痛快なので見逃せません!
悪党と言っていますが、ステイサムが、極悪人のはずは無く
マイルールを持った、“善玉ワル“とでも、言いましょうか…(^^)/
カッコ良さ(勇姿)は、この一枚が物語る(^^♪。
2161545_1.jpg


一緒に、大金を強奪した仲間に裏切られ、殺されかけたパーカーは
分け前の奪還とリベンジに、彼らの隠れ家を、パームビーチで捜す。
別荘捜しを装って、不動産業のレスリーから、物件情報をもらううち
彼女に真意を、知られてしまう。
大金で、人生を変えようとしていたレスリーは、
自分も一枚かませろ、と言い、巻き込まれてしまう….(>_<)


▼~▼ ネタバレして雑談です。(ほぼ備忘録で~す(^^)/)
▼▼▼

始めの大金強奪は、一般人が多数いたところ。
仲間が“ザツ”に放火したので、被害者が出てしまう。
パーカーは、そのことを、あとまで気にしていた。

↑まず、ソコですね。
“善玉のワル“と言いたいところ☆
どーしょーもないワルは、残忍で、ザツ。
(ザツだから、残忍になる?)
悪いことはダメだけど、するなら、被害は最小限にして欲しー。

ましてや、契約違反は、ダメ!
(約束とか義理とか、仁義に反することはダメよ)
パーカーには、言わずにいたが
彼らは、盗んだ金を等分するのでなく、次は、宝石強奪を狙っていた。
初めから、ダマすつもりなら、ホント、最低の下だな、この悪者たちは!
(銃で撃たれ、瀕死のパーカーを、通りがかった家族が助ける。)

そして、そんな輩を、パーカーに紹介したのは
“彼女“の父親。 お父さんもそのスジ?
お父さん、調査不足で、ツメが甘いョ…orz
彼女さんは、父と“同業“の男と付き合うのね……(~_~メ)

そんな彼女が、いるとは知らないレスリーは
危ういところを、カッコよく助けてくれたパーカーに
将来を預けたくなった感じもして、切ないのですが
後くされないのが、アクション映画のイイ所!(^^)/

敵が仕組んだ、オークション会場でのどさくさも見せ場としながら
そんなこんなで、パーカーは大金を手にして、ハッピーエンド☆
なんですが、彼は、恩義を忘れない!
死にそうなときに助けてくれた、例の家族にも
影ながらお礼をする。 ←ソコ大事☆ナイス!


▼▼▼

ステイサム作品は、アクションも筋書きも、外れないのがイイ☆
どんなにムチャクチャしても、人情味を忘れないのは
後味が、ホント、イイ☆\(^o^)/


Yahooブログ→コチラ


にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




blogramで人気ブログを分析





テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

映画『ちはやふる -結び-』★からくれないに恋にかるたに魂を燃やす!


T0022392q.jpg


作品について http://cinema.pia.co.jp/title/173064/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。

・上の句→コチラ 
・下の句→コチラ 
そんなこんなで、瑞沢高校3年になった千早と太一。
福井の新も、競技かるた部を作り、
瑞沢と対戦すべく、勝ち進んでいく……

かるた取りのシーンは、相変わらず、素晴らしくて萌える!
ただ、取ることを、繰り返しているだけでも
全方向に、研ぎ澄まされた感覚が
その一枚に集中して、炸裂する!!!!!
そのシーンを見ているだけで、最高に気持ちイイ!!(^_-)-☆

もちろん、勝負をかけている彼らですが
千早~太一~新の危うく微妙な関係も、目が離せない。
話したくてウズウズ……


▼~▼ 内容にふれて雑談です。
▼▼▼

1. チャンスのドア

顧問の先生のお話から。
「チャンスのドアに、ドアノブはついていない」
チャンスや運に、恵まれない…orzと、
落ち込むことは多い、と思うけれど……
ドアノブなし。確かに!
簡単に、中に入れると思うほうが、間違いだったョ…(^^♪


2.新の参戦♪

新田真剣佑さん演じる新さん、好き☆(*^^)v
福井弁が、新の、芯の強さと優しさを、よく表してくれています♪
千早への想いは、ただ“好き”なんじゃなくて
“かるたで対戦したい”というのも、建設的で良い☆(*^^)v

けれど、いつまでも、“かるた幼ななじみ”ではいられない。
離れていれば、想いもつのるし、引き寄せたい気持ちも強まろう。
彼は、競技会場で、さらりと千早に「好き」と告った!\(^o^)/
いいよ、新の、さりげなさ。(^^)/
気絶(汗)しかけた千早のリアクションも、ウブで良い☆


3.“今まで一番強い”太一☆

大学受験をきにかけながらの、かるた部生活。
もう、退部する頃でもあるが……
そんな中、新が、千早に告ったことを知った太一は
成績が落ちたこともあって、退部した。

太一の“気持ち“をわかりかねる千早は、戸惑う。
(できれば、忖度した上で、悩んで頂きたい気も…)

“かるた名人“(賀来賢人のクールさ!)と手合わせし
「君には迷いがあっていいね」と見透かされるのも、ニクイ。

この賀来名人は、世捨て人のような厭世観がありつつ
枯れているわけでなく、切れそうな冷たさが、ギラっと光るのが怖い…
そんな賀来名人との出逢いは、太一の“ドアノブ“を開けたようで
競技に戻る決意をした太一は、恋敵:新と対戦することになる。
太一は、今まで一番強い自分を、炸裂する!!


4.「しのぶれど」vs「恋すてふ」

団体戦は、個人戦の倍がけではなくて
チームの作戦も必要となるのが、面白い。
(自分が犠牲フライを打って、チームが勝つみたいな(^^)/)

そして、勝負を賭けるのが、この2枚。
「しのぶれど 色に出でにけり わが恋は ものや思ふと 人の問ふまで」
「恋すてふ わが名はまだき 立ちにけり 人知れずこそ 思ひそめしか」
天徳内裏歌合で競われた二首。


秘めた恋を抱いていた、二人のオノコ(太一&新)も、この歌を前にして戦う。
(厳密には、新は告ったけれど)
平安朝の雅なイラストが、雰囲気を盛り上げつつ
かるたにも、千早にも、
火花を散らす二人が、たまらない!!\(^o^)/

▼▼▼

青春時代、からくれないに、魂を燃やすものがあるのは、良いこと♪
部活よし。
競技かるたよし。そして
密やかな恋のバトルよし。(^_-)-☆

新=真剣佑さんの、千早を見つめる瞳が
ステキすぎて、尋常でないのが、特に好きかな。(^^♪

Yahooブログ→コチラ




にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




blogramで人気ブログを分析



テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

映画『ローズの秘密の頁(ページ)』★理不尽を払いのけきっと愛は遣わされる!\(^o^)/


T0022684p.jpg



作品について http://cinema.pia.co.jp/title/174595/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。
・北アイルランド関係の参考→コチラ

・ローズ:プロテスタント
・マイケル:プロテスタント  ローズの夫 英軍に参加
・ゴーント神父:カトリック 

第二次大戦中~以降の北アイルランド。
色情狂と嬰児殺しの冤罪で、
40年も精神科病院に収容されていた、ローズの物語。
(アイルランドの“事情”が招いた悲劇でもあるよう)
ローズの魅惑的なまなざしに、罪を求めてはいけません…orz

そんなこんなの理不尽には、怒りと悲しさを覚えますが
最後に愛は勝つ!という結末には、救われます。
ローズは、真実と本心を、聖書のページに綴っていた――

▼~▼ 内容にふれて雑談です。(違うときスミマセン)
▼▼▼(説明的なのご容赦(^^)/)

悲劇は、ローズが、マイケルに恋したときに始まったよう。
ローズは、叔母を頼って、北アイルランドのベルファストに来た。
第二次大戦中、苦戦していたイギリス軍は
アイルランドからも、兵士を公募する。
アイルランド人が、英軍を支援することに、快く思わない人が少なくない中
マイケルは、英軍に入隊し、裏切り者扱いされることになる。

あるとき、ローズは、若い神父と出逢う。
神父は、立場を守りながらも、ローズに好意的に接する。
が、あるとき、ローズを訪ねたとき
負傷したマイケルを匿いながら、“同棲“するのを目撃してから
ローズの運命は、転落していった。

二人は、”密か“に。プロテスタントの結婚式を挙げ
結ばれ、子供も授かったが
密かな結婚は、認められず、ローズは未婚の母とみなされた。

男たちにモテ、マイケルと“同棲“(結婚)していたローズを
“色情狂“と判断し、精神病院に収容するようしむけた神父は
はた目には、やっかみと思われますが(汗)
彼の“立場“では、”カトリックの神父“として
プロテスタントの彼女を“正し“、救うべきだと、思ったのかもしれませんが…

未婚の母を収容し、生まれた子を養子にするーというのが
制度化されていたようなので、不幸な親子は、ほかにも多数いたようです。
ローズも、悪あがきからか、“神父の子“だと言ったらしい…(汗)。
もう、メチャクチャです…

マイケルは、裏切り者扱いで、リンチ死したと聞いたローズ。
妊娠してから、教会に移されたローズは
すきを見て、脱走した。
このままでは、子供とも引き離されてしまう!

追ったのは、神父と警官。
水辺を泳いだあと、ローズは産気づいて出産しました。
へその緒を石でたたき切った様子が、警官には、嬰児殺しに見え
ローズは、子殺しの犯罪者にされてしまった!
産後、ローズは気を失い
生まれた子供は、神父が、どこかへ連れ去っていった――

子供をめぐるローズの記憶は、ここで終わる「。
(だから、聖書に綴った記憶も、そこまで)
ローズは、子殺しを40年、否定し続けてきたのに
精神を病んだとされた女の言うことを、聞く者はいなかった。

老朽化した施設から移動するため、と称し
このたび改めて、精神科医の診察を受けることになったローズの
聖書に綴った事実を、目にした精神科医は
重大な事実を、知ることになった――

▽ネタバレ要反転▽

ローズが子供を殺していないのは、神父が知っているはずなのに
彼は、どんな気持ちで、沈黙していたのかー

“教会ぐるみ“の陰謀があったと、あとでわかるので
わが子とされた、ローズの子が生きていることを
若い神父が訴えたところで、潰されてしまったのかもしれません…

けれどそのために、嬰児殺しの冤罪で、何十年も収容されているローズに
神父は、罪悪感を、抱かなかったのでしょうか?

だからなのか、この期に及んで
“精神科医“に、ローズを診察するよう手配したのは、神父だった。
そして、その精神科医こそが、神父が連れ去って
養子に出した、ローズの息子だった!!!!
(精神科医は知らない)

ローズは、息子は、どこかで生きていて
いつか逢える、迎えに来てくれる日が来るーと
それだけを支えに、生きてきたようなもの。
それを信じればこそ、正気を保っていられたようなもんです。

ローズが出産したときの記憶を
念入りに聞き出した精神科医は、
自宅で、養父の遺品を持ち出し、ローズに見せた。
そこには、ローズが失くした(奪われた)マイケルの勲章があった!

神父が、証拠になるものを持ち出して、息子を、養子に出したのは
彼なりの善意、なのかもしれないけれど
呪縛を解くの、遅いよ!
息子をローズに逢わせるきっかけを、捜していたのかもしれないけれど
お膳立てするの、遅いよ!

ローズが、精神科医を、息子として抱きしめ
彼が、一緒に家に帰ろうーと言ったとき
ローズの心には、夫マイケルも、映っていた。
若い二人の姿には、待ち続けた長さを感じ、胸にグッとくる。

誰も認めようとしなくとも、永遠の愛で結ばれた人との愛を
誰も、引き裂くことはできない!
悪しき力が、わが子を引き離しても
見えないへその緒で、つながっている母子の絆を
誰も、引き裂くことはできない!

▽▽▽
▼▼▼

失われた40年の歳月の果てに
ローズの言った言葉が、心に刺さる。
「あなたは遣わされた」

これでもかと言わんばかりの、
理不尽で覆われたローズの人生ですが
どんなにどんなに、ひどい目に遭ったとしても
愛は、決して屈しない!と私は信ずる。

もろもろの理不尽を、はねのけて
愛は、強く、あなたの前にも遣わされる!と私は信ずる。(*^-^*)


Yahooブログ→コチラ

にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




blogramで人気ブログを分析








テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

映画『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』★女子の妄想的願望を満たすハーブティー的な(^^)/

T0020268p1.jpg


作品について http://cinema.pia.co.jp/title/168155/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。


予告編の岩田剛典さんの「僕を拾って!」が気になって鑑賞。

助けた男がイケメンで、ハートをつかまれ
しかも料理が上手なら、女子の胃袋も、つかまれる?(^^♪
女の子の妄想的願望を満たす、ラブロマンスを楽しみつつ
雑談したくて、ウズウズ……(^^♪

▼~▼内容にふれて雑感です。
▼▼▼

1.「僕を拾って」

↑こんなことを言って、女に拾ってもらうなんて!(^^♪
ジゴロか?(←オバサン的発想か?(^^♪)
いやいや、
自分を“良い子“だと言っちゃう、イヤラシサのないこの青年は
きっと、犬か猫チャンの化身じゃないか?

すると彼は、何やら、雑草もとい、野草に親しむ青年とわかる。
雑草もとい、植物王子か!\(^o^)/
彼は、苗字は隠し、イツキと名乗った。(横浜たそがれるほうでなくて、“樹“)


2.“狩り”をする

樹は、彼女(さやか)と一緒に、食用の草を採集した。
(“狩り“と呼ぶ樹)
フキやノビルを採って食べれば、家計も助かる♪

ふと、思い出すのは、昔、転入した“小川“のほとり。
菜の花がたくさん咲いて、キレイだな~と思っていたら
よそのおばさんが自転車で来て、何本か摘み始めた。
あの摘み方は、花瓶に飾るんだナ~と思いましたが
待てよ……
もっと早い時期に摘めば、菜の花のお浸しができそう!
来年は、私も摘みに来よーと思っていたら、引っ越すことに…

“狩り“と言えば、義母のこと。
「今日は、これしか捕れなかった」と
私に見せた小さなポリ袋の中には、イナゴ?が数匹。
ポリ袋1枚片手に、畑周辺で、素手で捕まえたのだと。
スゴイ!お義母さん!
数日かけて何十匹か集まったら、佃煮になりました。(*^^)v


3.おいしい関係

彼女のお弁当まで、作ってくれる彼は
夜はバイトで、日勤の彼女とは、丁度良くすれ違い
“同居人“の関係を、うまく保つ二人。

けれど、嫌いなら一緒にいられるはずもなく
若い二人は、お互いに、想いをセーブしているのがイイ☆
そしてあるとき、その想いが、はじけるのもイイ!

相思相愛を確かめ合い、甘く美味しい関係が、ずっと続けばいいのにー
と思いつつ、彼氏が“バイト&居候”なのは、ナンだな…と思っていると
彼は、予告通り、半年後に消えてしまう。
生けた花より、生えている植物が好きだと言った、樹。
ああ、私も野に咲く花のまま、彼に摘んでもらえなかったか….的な…


4.消えたこととその後

愛する人の“蒸発”は、ある意味、普遍的かもしれません。
終わりは必ず、あるもの…
けれど、黙っていなくなるのは、どうなのよ!
書き記したノートだけ置いても、ダメなのよ…orz

一方、樹にしてみたら、どうだろう。
彼は、与えられた半年間で、自分の“道”を求めていたとわかる。
彼女に事情を話して、“男になって戻ります”と言うより
男は黙って、結果を出したいものでしょう。

でも、もし、樹が、“男”になって戻ってきたとき
彼女に、新しい彼氏がいたら、どーすんの……
女に、もう逢えないと覚悟させ
植物の名前だけを思い出にさせるなら、切なすぎますよ…

そもそも、彼女に、苗字すら名乗らなかった彼は
蒸発後の成果:「植物図鑑」の出版パーティも知らせず
ただ本を送ってきたかと思えば、フラッと戻ってきた。
根なし草か?(^^♪
好きだというなら、なんで全部教えてくれないのか、この男は!
フキのさばき方と同じくらい、
細かく丁寧に、伝えてほしかったよね、さやか……

と言いつつ、その後、2人の左手の薬指には、指輪があった☆
良かった良かった!それでイイ☆(^^)/
「夫が作ってくれる」お弁当を持っていく、さやか。
↑それだけで、私、幸せ卒倒死しそうです。(^^♪

▼▼▼

そんな、植物系王子様みたいな彼氏が、いるわけないかどうかは
交遊関係によるので、ナンとも言えませんが(^^♪
ハーブティーを飲みたくなるような
爽やかな夢心地になれるのは、イイ☆

Yahooブログ→コチラ



にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




blogramで人気ブログを分析



テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

映画『去年の冬、きみと別れ』★岩田さんが魅せる破滅的な執念の愛!(^^)/


T0022278p.jpg


作品について http://cinema.pia.co.jp/title/173752/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。

・耶雲(ライター): 岩田剛典
・木原坂(写真家): 斎藤工


自宅の火事で、モデル女性の焼死事件を起こした写真家に
“事件“の臭いを感じたライターは、写真家に取材を申し込んだ―

写真家が放火して、焼け悶える女性を激写したんだろー
と言うことを、暴くのかと思いましたが
ソレは、“疑念“だけのことではなかった!というのが、面白い。

▼~▼内容にふれて雑談です。(▽はネタバレ!)
▼▼▼

1.斎藤工さんのエグみ!

女性に人気の斎藤さんの魅力が、未開拓な私なのですが…(汗)
今回、クセのある写真家での斎藤さんは、思っていた以上に、
濃くてエグくて、存在感を実感しました☆

彼の“本性“を暴こうとするライターに
「君にその覚悟はあるのか?」というくだりの“迫り“は、絶品☆
女性なら、アレで、ハートをからめとられるんだろーナ~☆


2.「君は自分の魅力に気づいていない」

写真家:斎藤さんが、ライターの婚約者に近づいて、言う。
この言葉の魔力には、ゾクゾクする。
自分も知らない自分自身を、ひとかわ剥いて、蝶にしようとする男―
ソレを、斎藤さんの熱い唇で、言わしめるとは!(^^)/
そりゃ、そー言われたら、彼のモデルになるでしょ!


3.岩田さんも、ひとかわ!(^_-)-☆

ひとかわ剥かれるのは、婚約者だけでない。
彼氏の耶雲も!というか、岩田さんも!♪
前半は、コツコツと、地味でまじめなタイプのライターで
刺激的な斎藤さんのムンムンに、押され気味?(汗)でしたが
後半、岩田さんの本性が、剥かれていくのが、面白い!
しかもそれは、
狂おしい愛に裏打ちされた、野獣のような執念で!(^_-)-☆


4.彼の愛☆    ネタバレ要反転!

▽▽▽
耶雲は、写真家の家で焼死した女性の元彼だった。
彼は、盲目の彼女を心配するあまり、ストーカーと化し
彼女に、振られていた。
それでも、彼女の死の真相を突き止め、復讐せんと、
写真家と関係する人々を、調べ上げた。
作り上げた婚約者を、写真家の元へ送り込み
ヒネリを効かせ、残忍な方法で、“復讐“を遂げる。
やさ男の岩田さんが、ワイルドな男になっていくのも、一興デス。

しかし、彼は、残酷な“化け物“ではなく
失った彼女への愛が、あまりにも、大きすぎたから……と言うのがミソ。
一方、愛する彼女の彼氏が、“化け物“では忍びないから
彼女に、心底別れを告げてから、“化け物“になる決意をするーというのも
私にはツボでした。

愛が憎しみに変わるーというのは、切なくて
それが本当に愛なのかーという疑問も、感じつつも、
そこまでの執念で愛されるのは、羨ましくもあります。


▽▽▽
▼▼▼

この愛憎の物語には、
写真家が子供の頃の“事件“も絡んでいたのが興味深い。
過去のことは、それで終わらない。
そこから、泥沼が始まったというのも、人間ドラマ臭くてよい。

去年の冬、君と別れー
その後に続く言葉に、切ない意味を、含ませながら
実は、破滅的な執念の愛を、隠していたとは!
ここまで、愛されてみたいゾ!(^^)/


Yahooブログ→コチラ


にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




blogramで人気ブログを分析




テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

映画 『北の桜守』★記憶のかさぶたを癒した満開の桜


T0021805p.jpg


作品について http://cinema.pia.co.jp/title/172576/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。

・てつ(母): 吉永小百合
・次男(次男): 堺雅人


終戦後、樺太から北海道へ逃げてきた親子の物語です。
見終わったあと、人に話しているうちに
涙が、込み上げてしまいました…

その当時、多くが味わったご苦労もですが(←一言で片づけられない!)
年老いた母親が、夫や子供を想いながら、生きてきた生きざまには
涙が、あふれてしまう……
それは、時代を選ばない普遍的な、愛の姿だからもう……


▼~▼ネタバレで、雑談です。
▼▼▼

1.“演劇”の効果☆

樺太から北海道へ逃げる描写など
“実写”以外に、“演劇”で見せているのが
面白い!(エンタメ度アップ!)

たとえば、悲惨さなどは、
演劇による“誇張“で、より、インパクト大になりますもんね!


2.戦後(1970年頃)のこと

命からがら逃げたきたあとのシーンは、
成人した次男が、札幌で、成功(社長☆)していることに、ホッとする。
(ブラックな社訓ですが、それくらいでないと、這いあがれなかったでしょう…)

状況が落ち着いたところで、
網走で一人暮らす母を、呼び寄せることになる次男。、
それまで何があったかのを、じわじわ、見せていき
目が離せない。(母の記憶のかさぶたを、剥がすようでもある…)


3.「思い出しちゃいけない!」 by次男
 
母には、認知症があるようで、次男夫婦は、大変になります。
が、この母には、“認知症老人さんを温かく見守ろう”という以上の気持ちで
見入るものを、感じさせられます。

母は、次男の成功の蔭で、女手一つで、必―ッ死に生き伸びてきた。
悲しみも、心の奥底にグッと押し込んで、強く生き残ってきた。
“忘れ“なければ、生きていかれなかっただろう……
けれど、「私は幸せになってはいけない」と思い続けてきたのには
わけがあった。

思い出をたどるように、次男は、母と旅をするのは良い☆
“懐かしい”と言う気持ちは、曖昧だった気持ちに、どこか、納得を産む。
けれど、思い出したくない事実もある。

母が、海を見たときに、引き揚げの途中、
海で、長男が死んだことを、思い出す。
取り乱す母に、次男が、思い出すな!と制止する姿にも、胸が痛い…

さらに母は、夫の顔が思い出せず、
樺太の家に、写真を取りにいきたいーと言いだすが
樺太に行かれないわけを、母は知らない…orz  参考→コチラ


4.母が逢いたかった人たち☆ ←ココは、涙なくして見られません…

波乱に富んだ展開の末、行方不明になった母が
再び、次男と再会しました。

そのとき、母は、次男を、夫だと思いました。(よく聞く話ですが)
けれどそこで、私は、涙だだもれです……
もう2度と逢えないと思った人に、逢えた!
母の喜びは、いかばかりか……
さらに、母は、幼い長男の幻も見ていて、
離れ離れになった家族が、やっと逢えた幸せに包まれました。
再婚も拒んだ母が求めていた、コレ以上の幸せがあります?

(現実には、それは違うよーなどと、訂正する人もいましょうが
そんなことを言うほうが、間違いかと)

満月の夜、満開の桜の下
母の悲しい記憶の傷を、桜の花びらが、パッとふさいでくれたよう。
かつて、桜の木の傷を、母が癒そうとしてくれたように……

▼▼▼

激動の時代の、苛酷な生きざまを
吉永さんが代表して、魅せてくれたと思います。
見ごたえがあって、心にグッとくる作品でした☆

Yahooブログ→コチラ



にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




blogramで人気ブログを分析




テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

映画 『坂道のアポロン』★初恋とJAZZと友情with千太郎の救い(^^)/



T0022075p.jpg


作品について http://cinema.pia.co.jp/title/173085/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。

・薫: 知念侑李
・千太郎: 中川大志
・淳一: ディーン・フジオカ☆
  ←目当て☆(^^♪

一言で言えば、高校時代の友情とJAZZと初恋の物語でした♪
JAZZセッションが、友情の魂の触れ合い♪を、感じさせてたのが
良かったと思います。

JAZZがらみで、ディーンさんが、トランペットの練習をされたーと聞いて
気になって鑑賞しましたが (ソレはソレでよい(^^♪)
中川さん演じた千太郎が、とても印象的でした☆

▼~▼内容にふれても、ほぼ雑談です。(^^)/
▼▼▼

1.初恋がフクザツなのが切なくて良い(^^)/

親戚の家で、暮らすことになった薫は
転校先(長崎)で、幼ななじみだという律子と千太郎と親しくなる。

律子の実家(レコード店)の演奏室で、JAZZに触れてから
彼らに、自分の居場所を感じていく薫。
男:女=2:1~三角関係の予感ですが、初めは
ハリー・ポッターのような仲良し3人組で、友情が育まれていく。

やがて、薫は、律子が千太郎に好意を抱いているのを感じつつ
自分も、律子に惹かれていくのを、自覚する。
↑この辺の描写が、甘酸っぱい。

けれど、粗野な感じの千太郎は、律子の想いに気づかないまま
男たちから助けた女性:百合香に、一目ぼれしてしまう。
↑コレが、わかりやすすぎるから、律子がかわいソ…

あるとき、千太郎が兄貴と慕う、ディーンさん♪が東京から戻り、
演奏室でセッションし、見せ場となります。(^^)/
が、千太郎が、百合香を演奏室に招待し
鉢合わせしたディーンさんと、険悪なムードに……( 一一)

↑ココで、ディーン兄貴と百合香が、ワケありな関係だと
気づきそうなもんですが、千太郎は気づかないの…(~_~メ)

そんなこんなで、元サヤに戻った二人を見て、愕然とする千太郎は
気づいていたのに黙っていたと、、薫を、責めた。

さて、薫が知っていたのは、
ディーン兄貴&百合香ペアのことだけではない、というのがミソ☆
それは
律子が、千太郎を好きなこと。
そして、薫は、律子が好きなこと。
(千太郎は百合香が好きで、百合香はディーン兄貴が好き…とフクザツ)

薫は、律子の想いに気づかない千太郎を、もどかしく思いつつ
自分も、律子への想いが止まらない…… ←この切なさ好き☆
糸電話を使うシーンは、胸キュンシーンで好き☆


2.学園祭でのセッション♪

距離を置いてしまった、薫と千太郎の仲を取り持ったのは、音楽♪
学園祭で、停電の中。通電していなくても演奏できる
ドラム&ピアノによる二人のセッション♪

音楽は、心をつなぐーとは言いますが
この、あうんの呼吸で合ったときの、ノリに乘った高揚感は、
チョー気持ちイイ~\(^o^)/ものですョ!
演奏未経験の方も、二人の“ライブ“には、グッとくると思います!(^^)/


3.何のために生まれてきたのか?

ケンカが強くて、“ガサツ“な千太郎は、
ただの、突っ張りヤンキーではなかった。
捨て子で髪色が違うことで、子供の頃は、イジメに合っていた。

里親に、よくはしてもらっていても
生まれてきた意味について、悩み、自問していた。
バイクに同乗していた律子が、事故のあと、生還したのを確認した直後
千太郎は、姿を消した。
自分の命と引き換えに、律子の無事を祈っていたから
もしや、命を絶ってしまったのでは…と案じてしまう…

何年かして、薫と律子は、千太郎の消息を知った。
彼は、神父になっていた!ああ、生きていてよかった!
(クリスチャンの千太郎が、自殺するはずはなかったね)

何のために、生まれてきたのか?
何のために、生かされているのか?
苦しい時、悲しい時、そう思い悩むことはあるでしょう。
千太郎には、心の中に、神様(信仰)がおられたのが良かった。

一人では、心がつぶれてしまいそうなときも
信ずることで、救われることがある。
神父となって、自分だけでなく、
ほかの人をも、救う手伝いをするのはいいね!

▼▼▼

アポロンは、千太郎が、百合香の絵のモデルになったときのイメージです。
音楽の神様よーと言われますが、
多芸多才で、魅力的な男性像でもあります。(^^♪

坂道は、高校の前だけでなく、
しんどい上り坂人生にもなぞらえているよう。
ですが、上り坂も、考えようでは、上り調子♪
下り坂は、転落ではなく(汗)、気持ちよく
爽快の風を感じながら、駆け下りれば良い!(^_-)-☆


Yahooブログ→コチラ

にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




blogramで人気ブログを分析




テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

映画『普通の人々』★母の悲しみも大きいのはわかるけどでも―


141586_2.jpg



作品について http://cinema.pia.co.jp/title/4214/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。 あらすじ参考→コチラ

監督: ロバート・レッドフォード

コレを、“普通の“と題したことが、印象に残るも
詳細を忘れてしまったので、再見しました。

何もなければ、“普通”に幸せと思われた4人家族でしたが。
長男が、ヨットで事故死したのち(次男は生還)
自殺を図った次男は、入院後、退院。
復学し、友達づきあいはあるが、兄亡き後の生活は、
元通りであるはずがない…
あらすじ(ネタバレ)では、この家族の崩壊を描く(汗)―と言っています。

母は、すでに、“Bitter Mother”と、どこかで紹介されているように
母親のピりっとした存在が、大きい印象です。

▼~▼ ネタバレして雑談です。(ほぼ備忘録)
▼▼▼

一緒に居て、自分だけが助かった弟の自殺企図は、
兄の喪失と哀しみ以上に、“罪悪感”を感じたから。
(サバイバーズ・ギルト)

もちろん、弟が助かったことは、両親には、幸いなはずですが
敢えて、死に向かおうとしたのは
母は、兄のほうを愛していたと、感じていたからでしょう。

母と息子(弟)のすれ違いに、業を煮やした夫(父)が
妻(母)に、問いただしてしまいますが  (~_~メ)
妻は、「子供を愛さない親はいない!」と
わが子(弟)を愛していないことを、(言葉では)否定しました。

微妙なシーンが、序盤に。
退院後の弟が、食欲がないと言ったとき
母は、彼の好きなフレンチトーストを、焼いてあげた。
けれど、彼がいらない、と言うと、母は、腐りやすいからと
即座に、それを捨てた。
父は、残してあげて!と制止したのですが……orz

目の前で、兄を亡くした弟の心の傷は
手首の傷の比では、ないだろう…….
母を拒絶したわけでなく、喉を通らなかったのだと思う。

しかし、同じく、息子の喪失で、心がボロボロの母にも
子供の食事という“愛情”を、“拒否”されたことが
チクチクと、心の傷を広げたのかも……
以後、二人の間には、お互いの“拒絶“を回避する?かのような
距離感が広がっていくのが、見て取れる…

家族写真もそう。
父は、妻と息子(弟)を和まそうと、二人だけの写真を撮ろうとする。
そのとき、すぐに、シャッターが押されていれば、よかったのに
カメラトラブルで、父は、シャッターチャンスを逃す。
妻は、自分が写真を撮ると言い張り、そのことで、イヤなムードに…(>_<)

クリスマスもそう。
家族で過ごせばいいのに、妻は、息子を実家に預け
夫と二人で、過ごしたいと言う。(^^♪
妻は、母でなく、妻(女)として、まず、立ち直りたかったのか…
愛する対象であるけれど、息子(弟)を見ていると、
もう一人の息子を、母として、思い出してしまうのが、辛すぎるのか…
夫は、自分も辛いはずなのに
妻と息子(弟)に気を配って、ホント、お疲れ様で、イイ人☆

息子(弟)は彼なりに、日常を“生きる“様子が描かれますが
病院トモダチの女子の自殺を知ったのは、傷口を広げたよう…orz
彼も、今、生きにくそうな状況だもの…orz

母親が、最愛の長男を失った悲しみの大きさは、私も理解する。
それが、“普通の人間”だもの――というのも、理解しよう。
けれどけれど       (お母さんだから、じゃないけれど 汗)
その家で一番、辛い立場だとしても、
愛すべき光(弟)があるのだから、その子も、十分、苦しんでいるのだから
ギュ―ッと抱きしめてあげて、ド~ンと構えた肝っ玉母さんでいてほしかった…
お母さんなんだから……

ほかの人の前では、元気で、しっかり者に見せていた母ですが
家庭では、いやでも、長男の不在を思い知るもの。
カウンセリングを拒んだのも、事実の直視が、できなかったからか…
お母さんなんだから―とは、言ってみたものの
母親だからこそ、耐えられず、心乱れてしまうのもありだろう……

そんな彼女を、支える夫が頼みーと思っていたけれど
さすがに、彼にも、限界が来ていた!(>_<)
彼も、“普通の人間”だもの――

妻と息子の“板挟み”で、彼の愛は、息子を選んだ。
息子を抱擁する父。

家族の誰かを失うという、大きすぎる心の穴は
どんなに時間が経っても、塞がることはないのだと思う。

けれど、家族の愛は、失われてはいないはずだ!
大きな悲しみが、家族を崩壊させてしまうのは、悲しすぎる…
作品は、妻(母)が家を出て、終わるけれど
これが、“普通“だとは思いたくない。

いつかきっと、家族が一堂に会せるときが、来てほしい。
長男の真心が、行くべきところへ、家族を導いてくれると
信じたい☆

▼▼▼

苦しくったって悲しくったって、母親は、気丈に
子供を包んで、ほしかったナ~と。
母(妻)も、色々、大変なのは、よ~くわかるョ。(^^)/
でも、母(妻)がbitterだと、家が、まとまらなさソ……orz
“普通”の幸せは、妻(母)しだいーなところ、あると思うから。(^^)/


Yahooブログ→コチラ



にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




blogramで人気ブログを分析



テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

映画『ベロニカとの記憶』★記憶の逆流した初恋の辛酸をなめる

T0022548q.jpg


作品について http://cinema.pia.co.jp/title/174338/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。
原題 (原作) THE SENSE OF AN ENDING

・ベロニカ: シャーロット・ランプリング☆
・トニー : ジム・ブロードベント


バツイチ初老のトニーは、40年前の初恋の女ベロニカの母親の遺品を
受け取ることになった。しかし
遺品の1つ“親友エイドリアンの日記“の進呈を、娘のベロニカは拒否すると言う―

↑ナニを言っているのか、と思いません?
トニーの初恋の相手は、ベロニカです。
初恋は、甘酸っぱい思い出を、残すものかもしれませんが
この件で、トニーは、記憶の“逆流”した初恋の、
甘酸っぱいどころでない“呑酸“や”辛酸”を、味わうことになります。

シャーロット・ランプリングの、人生の悲しみを感じさせる眼差しも
相当、魅力的ですが
ジム・ブロードベントは、それなりに、人生の山や谷を生きつつも
“知らぬが仏”の生活をしてきたオジサンっぽさが、絶妙☆

薄れ、曖昧になっていく記憶・思い出は、誰にでもあること。
(思い出したくないこともある……)
けれど、期せずして、突き付けられた“過去“が
その後の“現実“を、暴いていく。

シーンのところどころで、フラッシュのように、過去のシーンが光る。
トニーは、記憶をこじ開けながら、“現実“の”真実”に
自らも、たどりつこうとする。(←ストーカー行為注意!(>_<))

▼~▼ ネタバレして雑談です。(▽要反転)違うときスミマセン
▼▼▼

トニーが受け取るはずだった日記の書き手:エイドリアンは
学生の頃、自殺していました。
(エイドリアンは、トニーの元カノ:ベロニカと交際中だった)

自殺の真相は、友人たちにも不明なので
彼の哲学的思考による苦悩かも……と、解釈・納得していました。

エイドリアンは、ベロニカとの交際にあたり、
元彼のトニーに気遣うように、“挨拶状“を送っていました。
トニーも、祝福するような返信を書いた――

――と、ずっと思っていましたが、実際は
祝福の返信は破り捨て、悪口雑言まみれの手紙を送っていた!
別れたとはいえ、未練やら、煮え切らない想いはあるもので
彼らを祝福できない彼は、自殺の名所の橋から、
身代わりのように、思い出の写真を“投身”させた覚えもあった。

エイドリアンに送った手紙の内容は、ヒドいもので
彼らの子を引き合いに出してまで、不愉快極まりないものだった…orz

そのひどい手紙は、遺品のことで、
やっとの思いで再会したベロニカから、トニーに渡される。
自分には、消えた過去であっても、
送られた手紙は、ずっと存在していたなんて、ゾッとする…

しかし、手紙に、何が書かれようと、
建設的に生きていくのは、彼ら次第ではないか、と思う…….
子供ができたことで、自殺した他の学生のように
ベロニカが妊娠したとしても、エイドリアンが死ぬことはないし
あるいは、
むずかしい所のあるベロニカのことを
彼女の母に相談することを、トニーが、エイドリアンに提案したとしても
エイドリアンが、死ななければならないことは、なかったはず……

けれど、ベロニカが、トニーの手紙が
諸悪の根源だと思っているとしたら、ソレは、“子供“のくだり。
彼は、まるで、呪いをかけるような書き込みをしていた。

▽▽要反転

トニーが、ベロニカといい関係をつなげず、別れたように
エイドリアンも、問題を抱えたのかもしれなくて
そんなこんなで
ベロニカの母と、関係してしまったらしいことがわかる。
(エイドリアンには母がいなかったことも、関係してたかもしれないが)
ベロニカの母は、妊娠し、障がいのある子を産んだらしく
“姉”のベロニカが、施設の援助も受けながら、面倒を看ていたことを
トニーは、知ることとなった。

彼女の母と関係し、妊娠し、それが原因で、エイドリアンは自殺したー
としても、出産まで決意したのは
ベロニカの母の選択であり、トニーの手紙の範囲は越えている、と思うのですが…
しかし、手紙の中で、トニーは、ベロニカを淫乱な女に貶めていた。

彼氏と母の因果を背負いつつ、“弟“の面倒を看てきたベロニカは
今更、トニーに、“真実”を知って欲しくもない、としても
トニーには、“過ち“を知ってほしい想いは、あったかもしれない。

ベロニカが、トニーと再会したとき、彼女の瞳の“深さ”は
何も知らずに、“その先“を生きてきたトニーに
彼の人生が、(それなりの苦労はあっても) それなりに幸せで、
(知らぬが仏で) それなりにノー天気なものだったことを
痛感させるものだったように思う……

そもそも、今回の“騒動“を、呆れられつつ、別れた妻に相談したトニーは
シングルマザーである娘の妊婦教室に、付き添ってもくれる、良きパパ。
「あなたは何もわかってない」と、言われてしまっても、
根は、悪い人じゃないョ。
(むしろ、子供を残して自殺するより善い、と思うョ(^^)/)

▽▽
▼▼▼

いい思い出だけが残るーとも、言われますが
いい思い出に、変えているのかもしれません。
思い出の中は、(自分も含め)みんなイイ人…

でも、過去に一瞬でも、不幸を願ってしまった人が
本当に、不運な人生を歩んでいると知ったとき
変えられない現実の残酷さを、どう受け止めたらいいのか……orz

その不運から比べたら、どうってことない、今日の不満を捨て
少しでも、明日を“いい日“にしていこう!(^^)/
それが、思い出したくない“過去“たちに対して
せめて、私が、思ったこと☆(^_-)-☆

Yahooブログ→コチラ



にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




blogramで人気ブログを分析



テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

映画 『シェイプ・オブ・ウォーター』★ヒタヒタに満たされる愛のファンタジー(^_-)-☆


T0022612p1.jpg


作品について http://cinema.pia.co.jp/title/172277/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。

・イライザ: サリー・ホーキンス  40歳位?
・同僚 ゼルダ: オクタヴィア・スペンサー ←安心のおっ母さん♪
・敵 ストリックランド: マイケル・シャノン
・半魚人さん; ダグ・ジョーンズ☆

冷戦下(1962年)のアメリカの某研究所。
清掃員のイライザは、アマゾンで捕獲された半魚人と心通うようになり
“彼”を、逃がそうとする――

↑ふ~ん、そんなもんかなあーと思いそうですが
作品は、アダルト仕様です。 
恋する乙女は、40歳くらいの“大人”の女性。
露骨な性描写はいかがなものかーとも思いましたが(汗)
ソレがあればこそ、愛についての感傷が、浮き彫りになった気もする……

▼~▼内容にふれて、ほぼ雑談です。
▼▼▼

まずは、半魚人さん♪
始め見たときは、ビックリしますが
“彼”のウルウルの瞳や赤い唇が、段々、可愛く思えてきて
ヒレがピラピラするのも、微笑ましく
途中からはすっかり、ステキな人に見えます!\(^o^)/
(でも、ネコちゃんは食べないで…orz)

冒頭、性描写云々と言いましたが
イライザの“浴槽での行為”に、まずは、たじたじ…(汗)
体が、ということでなく、イイ人が欲しいのだと思いマスが。(照)
(画家の友人(♂)がいますが、彼はゲイの方のようで……)
声の出ないことが、コミュニケーションのハンディになっていたのかも…

そんなときに出逢った、半魚人さん♪
見た目と声のインパクト大ですが
彼は動物ではなく、理解力があり
コミュニケーションがとれることがわかる。
(いざとなれば、ダグさんのパントマイムもあるよ~♪)

さて、ここで、男女の仲について。
あなたは、異性に何を求めます?

ストレートだったのは、ストリックランド夫妻。
(ストリックランド氏は、半魚人さんの解剖計画の責任者)
子供にも恵まれ、性生活も充実し(←ソコまで見せなくても( 一一))
フツウに、幸せな家庭なのだろう、とは思う。

けれど、ストリックランド氏の雰囲気から
妻とは、本当に、心がつながった関係なのだろうかーと
大きなお世話なことを、感じてしまったのも、事実デス…

夫婦仲の別の例は、ゼルダ夫妻。
イライザの同僚:ゼルダも、夜、清掃の仕事をしている。
夫の夕食の支度して出かけ、帰宅後、朝食の準備をするという。
↑共働きの妻は、ほぼこんな感じでしょう…orz

妻の夫(家族)への愛で、家事は、支えられているとも思えますが
ゼルダの夫を見ると、妻は、家政婦かほぼ奴隷!?…(汗)
↑大抵のご家庭も、ほぼこんなですか?…orz

そんなこんなでも、愛があると信じ、男女関係は成立するものだー
としても、私が求めるのは、心の結びつき☆(キッパリ☆)
心の深いところで、結ばれたい。
激しい情熱でなくていい。思い遣りや優しさでいい。

半魚人さんとイライザの関係の始まりは、興味?と好意から?
ともあれ
イライザの“優しい“近づきから始まった☆
それに応えた半魚人さん♪

ストリックランドに虐待される半魚人さんを、
ゼルダらの協力で、イライザは救出し
自宅の浴槽に連れてきたのが、イイ☆
(この浴槽で、あんなことしてたなんて…汗)
何食わぬ顔で、出勤するイライザ。
自宅には、彼がいるんだーと思うと、ニマニマしそ…(*^-^*)

同じ人間どうしでも、話も心も通じない人はいて(涙)
孤独感を強めてしまうことは、ままあります。
もし、心が通じる、あるいは、心を預けたくなる相手は
“同じ人間”でなくてもいい………

半魚人さんは、アマゾンでは、神のような存在だったそうで
奇跡的な再生力を、持っていました。(傷・発毛)
彼に触れられることに、衛生上の心配ご無用。(^^)/
スゴイ力を知って、ますます、彼がステキに見える~♪

でも、半魚人さんを、海に送ったら
人間のイライザとは、お別れなの?
彼のためとはいえ、切なすぎる~。(T_T)
半魚人も、それでいいのか?     ←呼び捨て
浴槽で結ばれた彼女ですよ!(~_~メ)

と思ったら、彼はココゾの“男”だった、否、神?だった!\(^o^)/
想い合った女を、置いてけぼりにはしなかった。
二人、海へと沈んでいく……
ああ、彼女はもう死んでもいい…という展開か…DEEP END?
と思ったら、イライザの首の傷跡が、エラになった!(半魚人サマの奇蹟?)

めぐり逢えた愛する人と、ずっと、水中にいられる。
ずっとずっと、一緒……
そう思うだけで、私は、嬉しい!!!(*^-^*)

▼▼▼

冷戦下のアメリカの研究所に、ソ連のスパイが入るー
という設定も、展開を面白くしてくれました。
(結末は、散々ですが…orz)

姿かたちはどうであれ、心が通じ合い
そこに、確かな愛があるのが大事☆
心満たされる、愛の物語は良い☆\(^o^)/

PS: 音楽(サントラ)も良かった!

Yahooブログ→コチラ




にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




blogramで人気ブログを分析


テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

映画 『15時17分、パリ行き』★テロ列車に乗るまでの描写あればこそ!

T0022723p.jpg


作品について http://cinema.pia.co.jp/title/174934/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。

監督: クリント・イーストウッド

実際にあった、列車テロ事件だそうです。→参考
果敢に、犯人に挑んだ青年3人が出演!とのことで
迫真の“テロ抑え込み”作品―かと思いきや
(それもありますが)
それだけのはずがなかった!

たまたま乗り合わせる列車には、それぞれ人生いろいろ。
3人の青年も――

▼~▼内容にふれて、ほぼ雑談です。
▼▼▼

アムステルダム発パリ行きの列車に乗る人たちが
持ち込む大きなボストンバッグや、キャリーバッグが
映し出される。
飛行機と違って、厳重なチェックもなく、乗り込むのに
危険を感じさせます。

そして、トイレの長い男が、銃を携えて出てくるや否や
車内は、パニックになる――

まず、果敢に立ち向かったのは、
軍人のスペンサー。
――と、場面は、彼らの幼少期に変わり
スペンサーを中心に、“それまでのこと“が語られます。

幼少期の3人は、悪ガキ3人組という感じですが
今となっては、ご愛敬でしょう。(^^♪
スペンサーは、人の役に立ちたいと思い
海兵隊のレスキューを志願するも、不適格で
別の部署で、軍務に就く。
~中略~   ←案外、目が離せない(^^)/
大人になって、離れ離れになるも
任務が一段落した友人に合わせ
3人で、ヨーロッパ旅行を計画する。

アノ列車に乗り込む前、イタリア(ローマ、ベネチア)の風景は
旅行気分で楽しい♪
パリ行きは、迷いもしますが
“運命”を感じながら、アノ列車で行くことにします。

さて、テロリストは、殺傷効率から
列車を狙ったと思われますが (逃げられないし)
大量殺人で思うのは、人数と言う数字。

けれど、テロリストに立ち向かった、彼らと同じように
乗客ひとりひとりに、歩んできた人生があり
これからも続く未来があるのだーと
彼らの幼少期のドラマが、説得する。

つまり、当然ではありますが
今、命を奪うということは、
人の生命活動が終わるーというだけでなく(それも重要ですが)
過去と未来に及ぶ、長く貴重な時間とその人が歩み築いてきた価値を、
根こそぎ奪うことなのだーということを、痛感するのです。
(人の“命“の重さは、頭数だけじゃないゾと)

体を張って、テロリストに立ち向かった彼らは(他の人も)
フランス大統領から表彰され
“故郷の英雄”としても、称えられるのが、良い☆
(子供の頃は、悪ガキと呼ばれても、挽回するのだ!)
(憎まれっ子世にはばかるー?とも言うし (^^♪)

スペンサーは、レスキュー志望だった軍人。
軍人経験あればこそ、テロリストを封じこめたのだと思います。
民間人では、気持ちはあっても、銃を持った人に挑めないかと……
人を助けたいーという願いが、このような形で叶ったのも
神様のご縁でしょうか?(*^-^*)

▼▼▼

実際の列車内テロ事件を (乗務員は隠れたらしい?)
そのときの事件モノだけにせず
助かった人々それぞれの命の重み、人生の深みを
助けた青年の生い立ちになぞらえて
感じさせてくれたことに、強い説得力を感じました!
良かった!


Yahooブログ→コチラ

にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




blogramで人気ブログを分析



テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

映画 『早春』★初恋は浮かれず一途に深いところへ…

901723_1.jpg



作品について http://cinema.pia.co.jp/title/174479/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。

原題:DEEP END
ブロ友さんが、打ちのめされた作品ということで、気になっていました。(^^)/

15歳の少年の初恋は、バイト先の年上の美女――
↑コレだけで、ザワザワしそう……
男性には、ナニかと身に覚えがあって、懐かしくも痛い感覚が
鮮やかに蘇るのでしょう。

私が、ウブな乙女の頃に鑑賞していたら、今とは違った印象かも…
恋の入り口に、初めて立った少年ではなく、今の私は
恋の出口から、放り出されてて……orz(汗)

早春でなく、冬枯れな私ではありますが(^^♪
恋心を思い出しつつ
▼~▼内容にふれて、ほぼ雑談です。(違うときスミマセン)
▼▼▼

学校をやめて、バイト先に来た彼の世界は、狭い。
彼女に気持ちが向くのは、運命的に当然。
けれど、彼女は、すでに婚約者のいる身。(経験値が違う)

婚約者がいても、彼と仲良くするくらいは、どうということもない。
彼女には、不倫相手すらいる。( 一一)  経験値上げないでほしー(>_<)

多分、婚約者の存在は、仕方ないとしても、
好きな人には、少しでも、こっちを向いてほしいもの。
婚約者とのデート中であっても、無邪気に邪魔をする彼は
子供のノリだ。(~_~メ)

結婚は、彼女を独占する手段として、想像したとしても
今の彼には、現実味は薄く、婚約者から奪うのはムリ。
一方、不倫相手には、けしからんと思うでしょう。

好きな彼女には、こっちを向いてほしい、と思いつつも
清純でいてほしい、と思うものでもないですか?
(矛盾しますが、恋は、そんなもの(^^♪)

だから、いかがわしい店先に、
彼女の等身大パネル(セクシー系(~_~メ))があったら
そんなところに、さらしてなるものかと思う。
(彼女は、ソレを知っていたから、バイトモデルだったのかも)
彼女の等身大パネルを持って、移動する少年は、
まるで、彼女自身を連れて、逃げているよう…

そう、等身大パネルというのは、その大きさとリアルな写真で
彼女の身代わりにもなれる。
少年は、バイト先のプールで
パネルを抱きながら、泳ぐように、漂うように、戯れる……

水の中の自由な感覚は、誰にも、邪魔されない。
自分だけの想像の恋の中で、溺れられる……
↑ココは、“DEEP END“の前振れとしても、
象徴的にも、観念的にも、印象的なシーンです。

そうこうして、やはり、初めての恋は、戻ることを知らない。
相手のことよりも、自分の想い。
いや、誰もが、まず、身を引くことを、始めに考えはすまい。
できるなら、自分のものにしたい。奪いたい。

少年が、彼女の婚約指輪を奪い、彼女をじらしたのは
水のないプール。
これも、”悪ふざけ“ではあるけれど、子供のノリのお遊びではない。
彼の本心。
婚約者とお幸せに――なんて、思えようか?

そうして、徐々に、水が満たされていったプールは
彼を、急かせたようだ。
彼女に、事故のような(暴)力を加えてしまい
彼女が、このプールから出ていくことを、阻んだ。
流血した彼女は、プールの中で
少年の手の中に、堕ちていった…….

今度は、パネルのようなペラペラでなく
少年は、生身の彼女を、その手に抱いた。
彼は、きっと、彼女を愛する気持ちを、
全身に感じていたはずだと思うけれど
それは、恋であっても、相愛ではない。
それは、情熱であっても、欲望でしかない…

それは、ひとりよがりの若気の至りーではあるけれど
死ぬほどの恋心に囚われた…そのことに、心が熱くなる。
この世の善悪を、水底に沈めてでも、自分の想いをぶつけたい!
息苦しさが、恋の苦しさになってくる……

▼▼▼

あなたがこれほど好きなんです!という
迷惑なほどの、青き恋心は
ウキウキと、浮かれない。
ただ、好きの一途で、沈めばいい……
若い日の恋に、正当性はいらないーと言わんばかりの衝撃!

Yahooブログ→コチラ


にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




blogramで人気ブログを分析



テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

映画 『真夜中のサバナ』★殺人事件の真相は?withそれがサバナ!?(^^♪

116347_3.jpg



作品について http://cinema.pia.co.jp/title/4600/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。

原題 MIDNIGHT IN THE GARDEN OF GOOD AND EVIL
・監督: クリント・イーストウッド
・記者: ジョン・キューザック
・富豪: ケビン・スペイシー
・美青年: ジュード・ロウ


サバナの街で起こった殺人事件に、基いたそうです。

富豪の取材で訪れた記者は
富豪が容疑者となった殺人事件に、遭遇します。
容疑を否認する富豪。
真実を追いたい記者。
法廷劇の面白さと、サバナの個性的な住民がみどころのようです。
で、結末はソレ!?という……(^^♪

▼~▼内容にふれて雑感です。
▼▼▼

1.殺されるのはジュード・ロウ☆

出番は短いですが、ジュードの、ナイフのようなギラギラした
輝きと美しさと危険な香りが、生きています!
富豪:ケビン・スぺイシ―との関係も
ただの主従でないな、と思わせる。
(あとで両刀使いのゲイとわかる)
死してなお、余韻を残すには、絶好の美青年ぶり☆


2.さらにインパクトあるシャブリ―女史♪

サバナの住人、特に“女性“にインパクトあり。
ブードュー教のまじない師の女性も、パンチあります。
が、個人的に、釘付けになったのは、アノ彼女☆!
ミス・シャブリ―♪  (実際に、サバナ在住と)
色気といい、ボンッキュッボンッのスタイルといい、
毒気に当てられそうなほど、素敵☆
―――で、実は、“彼“だったらしい……(‘_’)


3.真実は?(▽ネタバレ要反転)

富豪が、記者に見せた絵画は、シンプルな風景画。
記者は、その絵の下に、“別の絵”が隠れていることを見つけるが
富豪は、隠れた絵は、知らなくていいと言う。

富豪は、青年殺しを否認し
先に銃を撃ってきた青年を、正当防衛で撃ったのだという。
しかし、銃を握った青年からは、硝煙反応がなく
そのことが、裁判の焦点になる。

裁判でのやりとりは、ヒートアップして、面白いですが
記憶の曖昧さや、捜査上のいい加減さ(汗)もあって
真実が、追究できるんだろか……と思う…( 一一)

記者は、青年が荒れているのを見ていたので
富豪の味方をしていました。
が、あるとき富豪は、記者にだけ
自分が青年を先に撃って射殺したと、言い出した!
(だから、青年の硝煙反応がない)


▽▽(要反転)

直後にやってきた弁護士に、そのことを言うのかと思ったら
弁護士は、青年に硝煙反応がないことの証明ができた!と
勇んでやってきたもんだから
そのまま、その線で行ってしまい、富豪は無罪となる。
狐につままれたような記者。
なんか、ラッキーな富豪…

富豪の言ったことが真実、と思うけれど
あたかも、あの絵のように、違う風景画で
覆われてしまった感じ……( 一一)


▽▽
▼▼▼

イーストウッド監督の娘が、劇中
「それがサバナよ」と言うシーンがある。
魅力的な街のようです。

裁判の真実が、うやむや?になるのも
“それがサバナよ”―ではないと思うけれど(汗)
悪いことは、サバナでもどこでも
野放しにはならない終わり方は、良い。


Yahooブログ→コチラ


にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




blogramで人気ブログを分析



テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

映画『空海-KU-KAI- 美しき王妃の謎』★ビジュアル系“空海の事件簿in長安”with黒ネコ

T0021474q.jpg



作品について http://cinema.pia.co.jp/title/171621/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。

・空海: 染谷将太☆ ←目当て

空海の宗教的精神世界とは、関係なく(^^♪
“化け猫騒動”のナゾ解きでした。
(中国題:妖猫伝  ←そのまま!(^^♪))
染谷将太さんの空海が、もったいない気もしつつ(汗)
ビジュアル重視の、めくるめく幻惑の世界を楽しむ作品でした。
カギは、楊貴妃の死の真相です。

▼~▼ 内容にふれて雑談です。(思い込みご容赦(^^)/)
▼▼▼

序盤は、妖術を使う黒猫に、引っ掻き回されます。(>_<)
どうも、楊貴妃の死に関して、恨みある人たちを祟ってたらしい。
黒猫は、楊貴妃(と玄宗皇帝)に飼われていたという。

これが、猫による“ご主人の恨み返し”ではなかった……(あとでね)

楊貴妃は、その美貌にうつつを抜かした玄宗皇帝が
安禄山に謀反を起こされ、殺したーと言われています。

この件に関し
非常事態を収めるために、楊貴妃の死もやむなしーのようですが
皇帝の身勝手さを、感じてしまう…( 一一)
そもそも、息子の嫁だったのに、美女だからって取っちゃって…(汗)
寵愛と言いますが、自分本位の欲望満たし?

劇中、皇帝は、仮死状態にしてあとで蘇生させるーと
楊貴妃に思わせて、結局、殺そうとしたフシあり。
楊貴妃を、ダマすんですよ。
最後まで、悪い男になりたくないのか…ズルいね…( 一一)

安禄山も!
あたかも、まつりごとを正したいかのような反乱に思いそうですが
楊貴妃の親族と、権力争いの立場にいたようなので
楊貴妃を殺すのは、やりすぎかと…

劇中の皇帝主催の『極楽の宴』でも  ←絢爛豪華!酒池肉林!
安禄山は、酒呑んでご機嫌だったのに
(楊貴妃から、贈り物を頂いたこともあるそう)
恩も仇になるとは…orz

それじゃ、楊貴妃も浮かばれない!とばかりに登場するのが
幻術使いの2人の青年♪
楊貴妃に可愛がられた二人は、
“死んだあと”の楊貴妃を、守ることになりました。

が、そんなこんなあって
一人は、飼われていた黒猫の体を借りて、命をつなぐことに。

権力闘争や自己保身にまみれた男たちの影で、
不運な運命を背負った楊貴妃を、見捨てない青年がいたのは
救われた想いがします。

でも、空海の出番がもっとあって
もっとインパクトある役どころだと、もっとよかった!
結界とか。(^^♪

▼▼▼

一言でいえば、“空海の事件簿in長安”。

豪華できらびやかなビジュアル絵巻で
幻術もあり、夢かうつつかわからない(^^♪
細かいこと抜きなら、気分転換によいです。


Yahooブログ→コチラ



にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




blogramで人気ブログを分析


テーマ : 映画
ジャンル : 映画

映画 『ひつじのショーン~バック・トゥ・ザ・ホーム~』★シュールな小ネタがかわいいしオカシ―し(^_-)-☆


T0019373q.jpg


作品について http://cinema.pia.co.jp/title/165721/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。

『ウォレスとグルミット』の可笑しいノリを、今度は、ひつじさんで(^_-)-☆

声は発すれども、セリフはなく
パントマイムを見ているよう♪
ほぼ動きと表情だけで、ストーリーを動かす中で
かわいくて健気で、可笑しい小ネタが満載なのが魅力!
こんな小ネタ大好き!
そんなことないだろーと、突っ込んでこその面白さ☆
そのくせ、スッとぼけたショーンたちに、なんか元気もらえる。(^^)/

ストーリーは、
ひょんなことから、都会に行ってしまった牧場主(以下:オジサン)を、
ショーンたちが捜しにいく、ドタバタです。
そもそも、なぜ、オジサンが都会に行ったのか?
その原因も、オカシ―(^^)/

▼~▼ 以下、内容にふれて雑談で~す。(^^)/
▼▼▼

ひつじさんたちは、柵の中に入っていないといけませんが
オジサンの家の中で、あれこれやってみたいのです。

柵内に誘導されて
どんどん、柵内に入るひつじたち。(グルグル旋回して何十匹にも!)
羊が一匹、羊が二匹…と数えたオジサンは、数えてるうちに
睡魔に襲われて、その場で眠ってしまう…(スゴイ効き目はあとにも!)

眠ったオジサンを、車に寝かせ、オジサンの家で
ごちそうを楽しむひつじたち。(フォークごと電子レンジに入れる!(>_<))
やっかむ豚さんたち。(^^♪

赤ちゃん羊をあやそうと始めた、影絵の上映会では
ひつじたちが携帯を取り出し、電源をオフにする。
(↑ケータイ持ってるの!?と突っ込む(^^♪)

そうこうして
お目付け役の牧羊犬ビッツァーは、車内のオジサンを起こそうとしますが
車が動き出してしまい、どんどん転がって、都会に行ってしまいます。
↑ココは、まんがだ。(^^♪
車は、衝突事故に遭い、オジサンは、記憶喪失になってしまう…

ひつじとビッツァーは、都会で、オジサンを捜します。
遺失物係にも行ってみますが、オジサンは、落とし物じゃないゾ(^^♪

ショーンはスリムですが、ほかのひつじさんは、
コロコロ&フワフワして、カワイイ♪
集団で移動してると、カワイさ倍増!\(^o^)/

けれど、都会には、動物舗確人:トランパーーがいました!(>_<)
思わぬ伏兵がいると、盛り上がるもので
ひつじさんは、人間に化けて、切り抜けようとします。
でも、バレそうで、ハラハラする……
レストランで、紙のメニューを食べてしまったり……(^^♪

一方、オジサンは、記憶がないけれど
床屋さんで、うまい“刈り込み“を披露して、人気となります。
羊の刈り込みを、体が覚えていて
人間を、羊のように抑え込んで、刈り込むという……(^^♪

ショーンたちは、噂の床屋さんで、オジサンを見つけますが
オジサンは、彼らを覚えていなかった……orz
ショーンの目には、涙が……
オジサンを眠らせて、好き勝手してしまったけれど
オジサンが、嫌いなわけじゃないんですよ。
オジサンは、ショーンたちが、小っちゃかった頃から
面倒を、看てくれた家族なんですよ。

都会で、一度は、トランパーに捕まってしまった
ショーンとビッツァ―は、リベンジに
トランパーを檻に入れて、脱出したのですが
トランパーに逆恨みされて、追いかけられることに!

それでも、とにかく、オジサンを牧場に返そうとしたショーンは
再び、オジサンを眠らせて、移動させることにする。
で、また、羊が一匹、二匹…と、羊を数えさせます。
すると、それを見た、都会のほかの人も
一人、二人…と、催眠状態に…… ←ウソだろー(^^♪

オジサンを乗せた車を、牧場行きのバスにつなげて
ソレーッ!!と、牧場に帰ってきたのはいいけれど
例のトランパーも、追いかけてきた!(>_<)
ココは、牧場なんだから、動物捕獲しちゃダメでしょ?

でもでも、トランパーは、捕獲でなく殺し(汗)に来たようで
彼らを崖から落とそうとする!やりすぎでしょ!(>_<)
でも、大丈夫☆
牧場のみんなの力が結集して、ナントカするから(^_-)-☆

▼▼▼

“ひつじのショーン“は、映画以外にも
小ネタ満載の作品が、多々あります!!
ウソだろー(汗)のシュールな世界観は
日常の憂さの捨てどころに、最適☆
やみつき☆(^_-)-☆

Yahooブログ→コチラ



にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




blogramで人気ブログを分析



テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

映画『グレイテスト・ショーマン』★エネルギッシュなショー!最高の“サーカス“!


T0022197p.jpg


作品について http://cinema.pia.co.jp/title/173587/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。

主演:ヒュー・ジャックマン☆ ←超期待!

予告編から、ヒューのグレイトなミュージカル・ショーが
とてもとても、楽しみでした!
ショーを楽しむだけでもワクワクですが、
実在の興行主:バーナムの話だと知れば
彼の生きざまを、より身近に、熱く、体感したい気分にかられます!

オープニングから、ショーの爆発的エネルギーのシャワー♪に
心つかまれた!と思ったら――
バーナムの生活苦の少年期へと、場面は変わり…….


▼~▼ 観て感じてほしいですが、雑談です。(^^)/
▼▼▼

まず、バーナムの“サーカス興業”は、サクセスストーリーですが
それだけでないのが、イイ☆

貧しく、クズみたいに扱われた少年期から
這い上がるように生きてきた彼が
富豪の娘と結婚し、娘2人の良きパパになるが
会社を解雇されたことを機に、“事業“を始める。

それが、興行(“サーカス”)。
団員には、“ユニークな人”を求む。
↑コレは、ショーとして、見せ物な感じになるので
難しい面もありそうですが
今まで、ユニークなために、見られることを避けていた人には
自分を“見せる“ということが、新しい生き方になっていきます。

そして、彼らが、お互いを家族だと思える集団になるのが、イイ☆

評論家のイヤミ?な評論にも負けず、興行は成功していきますが
ヨーロッパの歌姫の興行も手掛けることにする、バーナム。
妻は、そこまでしなくても、と思いますが
事業は、自転車みたいなもので、走り出したら
オセオセで、行かざる得ない面が…….

歌姫とのコンサートツアーで、“いいムード”を拒否したバーナムは
歌姫から契約を切られ、醜聞も起こされる……orz
(枕営業などと世に言われますが、そーゆーのも無くはないのね…)

そんな歌姫ですが、
彼女の歌う『Never Enough』(by Loren Allred)は素晴らしい!
涙出そうです。
バーナムと、“いい関係”になれなかったのを、悲しんで歌ったのも
切なかったりもするが……契約破棄はヒドイぞ……(~_~メ)

ツアー中止で、資金回収不能なところに
ユニークな人たちを、否定する人たちの嫌がらせから
サーカス劇場が、放火されてしまう!(~_~メ)

世の中には、自分と異なる人を
排除したり、蔑んだりする人たちもいて、住みにくい……
上にいる人は、引きずり降ろし
下にいる人は、バカにする…….
心の狭さは、いい加減にしてほしいよ……( 一一)

しかし
建物がなくなっても、家族の強い絆を持つ、ユニークな団員は居る!
テントを張ればいい!  (サーカスとテントはここから?)

人生いろいろ。
上り調子で、人生が終わるわけでなく
誰もが、山あり谷ありで生きているわけで
バーナムも、家族も、団員も…….
それぞれが、必死で生きている姿に、心打たれます。

▼▼▼

歌や踊りは、説明できませんが、スゴイ!!!
これが人のエネルギー!人の為せる技!!!!!
この熱さは、ぜひ感じてほしい!

ヒューの存在感は、やはり、圧倒的な輝き!!!!!
チラシの表情どうです?(^_-)-☆
(ザックもラストに、同様の立場になって演じてくれますが、
ヒューで見たかったな……ゴメンネ)

―崇高な芸術は人を幸せにするものー(by バーナム)
隅から隅まで、歌と踊りがエネルギッシュに詰まって
(ちょっとしょっぱさも)
最高のエンタメを堪能しました!(^_-)-☆


Yahooブログ→コチラ


にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




blogramで人気ブログを分析



テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

プロフィール

yutake☆イヴ

Author:yutake☆イヴ
こんにちは☆
使い方がよくわかりませんがヨロシクお願いします。^^;

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
PVアクセスランキング にほんブログ村
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア