FC2ブログ

映画『映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ』★ カワイイ~だけじゃない!涙出た~

180034_1.jpg


作品について http://cinema.pia.co.jp/title/180034/
↑あらすじ・クレジットはこちらを参照してください。

コロコロしたキャラクターが、カワイイ~だけでも十分ですが
ブロ友さんが絶賛されていたので、やっと鑑賞☆(*^^)v

すみっコたちが、入り込んでしまった絵本の中で
出逢ったのが、“ひよこちゃん“♪
(チラシ画では真ん中に☆)
絵本の中の物語を(桃太郎・人魚姫・マッチ売りの少女etc.)
いくつも見せてくれて、ドタバタしますが
“ひよこちゃん“のお話が、なかなか見つからない……

灰色のひよこ?と言うと
ああ、アノお話かな……と、わかった気になってしまいそうなんですが
チッチッチ、そんな王道ありきたりな、真ん中をいく話ではない!(^^)/
“ひよこちゃん“は、すみっこの極意のようなところにいたのが
そもそものミソ☆

▼~▼内容にふれて.雑談です。(ネタバレ!)
▼▼▼

イラストで見ていただけの、すみっコちゃんたちが
画面で、ちまちま動いているのが
カワイイ~!!!!!
コロコロした、ちっちゃいのが
すみっこに固まってるのが、カワイすぎるゥ~!!
ムギュムギュしたいィィィ!!!!!
カワイイョォォォ~~~~!!!!!

そんなすみっコたちは、ひょんなことから
コーヒーショップの物置にあった絵本に、入り込んでしまった。
(入れるサイズ(^^♪)

そこで、「桃太郎」が始まったと思ったら、途中で
「マッチ売りの少女」「人魚姫」などが、次々、始まって
終わったのか途中なのか、わけわからないけど
カワイイから許しながら、見ておりますと
迷子?らしき“ひよこちゃん“に気づく。
(ひよこちゃんも、すみっコサイズ☆)

そんなこんなで、ひよこちゃんは、白鳥の子かもー
と、安心しそうになったら、違った…orz
ひよこちゃんは、どの物語の子???

▽要反転(ネタバレ)


実は、ひよこちゃんは、
絵本の表紙裏に書かれた“落描き”だったので
物語はなかったの……orz

すみっコたちは、仲間に入れてあげるのですが
彼らが、帰るべく、絵本から出ようとしたとき
絵本の中の物事は、出られないことに気づきます。
↑ココ、とてもショッキングで哀しい……orz

のみならず
出口へと、積み上げた“足場“が崩れそうになったとき
ひよこちゃんは、率先して、崩れるのを防いでいたの…

すみっコたちが、元の世界に帰れずに
絵本の中にいれば、一緒に居られる……?
でも、ひよこちゃんは、“友情”を曲げることはしなかった。

下から、出口を見上げるひよこちゃん……
切なすぎるし、可愛すぎるョ……
お別れなんて、悲しいョ……orz

そしてそして
帰ってきたすみっコたちのしたことが、イイ!!!
ひよこちゃんが描かれた余白に
たくさんたくさんたくさんたくさん、お絵かきしてあげた!
ああ、これで、仲間がいっぱいになったね!!!!
↑私、ココで、涙だだもれです……


▽▽▽
▼▼▼

いい話だと聞いていましたが
涙だだもれするとは、思わなかったです!(^^)/
ますます愛おしくなっちゃう!
すみっこちゃん♪

PS:なんか格言あったナ~
「神は“すみっコ“に宿る」(*^^)v


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

映画『記憶屋 あなたを忘れない』★“消してはいけない記憶“がミソかも

177948_1.jpg


作品について http://cinema.pia.co.jp/title/177948/
↑あらすじ・クレジットはこちらを参照してください。

・遼一: 山田涼介

“記憶“というのに興味が惹かれ、鑑賞☆

プロポーズした翌日に、恋人に逢ったら
知らない人だと言われ、ショックを受けた遼一。
彼は、記憶を消すという噂の“記憶屋”の関与を疑った。
記憶を戻してもらおうと、記憶屋さがしをする――

記憶屋をさがして、記憶を戻してハッピー!?
そんなシンプルな展開のはずはありません……(^^♪
事実は変えられなくても、記憶がなければ
自分にとっては、無かったことになる……
それくらい、失くしたい記憶があることもあるでしょう…

人生は、事実と記憶の積み重ねですもんね……
けれど、良くも悪くも
人生は、“人の気持ち“が、ソコにあるーというのもミソかも…

▼~▼内容にふれて.雑談です。
▼▼▼

プロポーズした翌日に、忘れられてしまうとは…orz
(ちなみに、指輪も知らないと言う…( 一一))
一日のうちに、ナニカ、忘れたいことがあって
記憶屋に記憶を消してもらったんだね……
ということになりますが
いやなナニカだけ消して、恋人のことは消さなくても…orz
と、遼一も私も思う……

遼一の大学のOB弁護士(佐々木蔵之介さん)と知り合い
記憶屋さがしをするが、実は
弁護士自身が、記憶屋に依頼したいことがあった――

面白いのは
・記憶を消してもらった人
・記憶を消してもらいたい人
・記憶を消してしまった人
・記憶を消してくれた人
・記憶を消されてしまった人  etc.
↑さまざまあるところでしょうか。(*^^)v

▽要反転(ネタバレ!)


強姦事件のある被害者は、記憶屋に、記憶を消してもらって
前向きに生活しているようだったが
心の奥底に、恐怖は残っているようだったのが、辛い…

経過中、罪を赦して前に進もうーというのもありますが
(確かにそれも大事ですが)
強姦魔は、私は、赦しません!!(キッパリ!)
ソイツのせいで、乙女の人生が、ジメつくことはないので
忘れて忘れて、前向きに人生を歩んでほしい!と思っています。
それでも
関係者全員の記憶を消せるものなら、消したいかもナ…

記憶屋の一人:田中泯さん♪
記憶屋は、人の(辛い)“記憶”を、背負ってもいて
田中さんが、人々の記憶や人生を語るとき
ずっしりくる説得力があります。

一方、辛くても、消してはいけない記憶もある。

弁護士は、幼い娘を残して、余命わずかでした。
娘を悲しませたくなくて、娘から、自分の記憶を失くしてほしいと
思っていました。
(親心はさまざまなので、ナンとも言えませんが…)

私も、母の急逝の悲しみを、引きずっていますが
母の記憶を消したいとは、思いませんよね……
なぜなら、悲しみ以上に
いい思い出があるからでしょ☆(*^^)v

弁護士の葬儀で、娘は、悲しみで泣いていましたが
記憶屋も、さすがに、父の記憶を消すという“暴挙“はしなかった。
(遼一も私も、ホッとしましたョ)

その頃には、記憶屋が(田中泯さん以外)誰か、わかってきます。

それは、遼一の幼なじみ:真希☆

彼女は、子供の頃、連れ去り事件に遭っていて
その時の記憶を、祖父(記憶屋)が消していた。
自分のような、辛い記憶を消すことを天命として
密かに、善行として、活動してきた真希だったが
遼一に関しては、違ってしまった。

いくら、遼一と仲良しでも、遼一は、別の女に求婚した…
コレは、消したい記憶より、辛い事実…orz

そんなカノジョが、プロポーズされた夜
自宅で暴漢に襲われてしまい、記憶屋を頼ってきた。
記憶屋として、訪問した真希は
事件の記憶だけ、消せばよかった。
しかし
恋敵としての自分に、魔が差したんだね………
カノジョの記憶から、遼一をも、消してしまった!!(>_<)

↑コレは、とんだ“越権行為“!!(>_<)
ヒドイ女だ!と、人は思うでしょう…….
けれど、かばうわけではないですが(汗)
好きな人を、どうしても手に入れたいとき
使えるどんな手を使いたいのも、“事実”だと思います…(滝汗)

真実を告白した真希を、遼一は、責めずに
それでも、“ずっと守る“と、優しく接してあげた。
遼一は、優しいね……
ですが、真希が欲しいのは、そのような
包容力たっぷりの人道愛的な愛では、ないんですよね……
「(女として)好きになってほしい」
泣きじゃくりが、切なくもあるのですが、恋の道は、なんとも……

さて、カノジョの記憶から、存在は消されても
遼一は、まだ生きている☆(^^)/
カノジョの勤める喫茶店に、何度もくる遼一に
カノジョも、好意的な微笑みを浮かべるのを見ると
運命は、遼一に味方してくれそうで、嬉しい。

▽▽▽
▼▼▼

記憶屋―というより、記憶消去屋です。(^^♪
えげつない記憶は消したいーというのは、よくわかります。

消すコトが、えげつない(汗)こともある……?


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
にほんブログ村

テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

映画『ガーンジー島の読書会の秘密』★“真実”からたどりつく胸キュン♪

181918_1.jpg



作品について  http://cinema.pia.co.jp/title/181918/
↑あらすじ・クレジットはこちらを参照してください。

イギリス王室領:ガーンジー島は
第二次大戦中、ナチスドイツ占領下にあった。
外出禁止令を破った島民らが、ドイツ兵に見つかった際
“読書会”の帰りだと、方便を使い
それから、読書会は続いていた。

戦後、読書会のメンバー:ドーシー(♂)から
本のことで手紙をもらった、作家のジュリエットは
読書会に興味をもち、島を訪れた――

読書会の“経緯“(or”真実”)を知る話ですが
「この島にいないと(本当のことは)わからない」(by メンバーの老婦人)
“真実“とは、ただ、事実の羅列ではないから
ソレを知るには、一日二日の“取材“ではムリ…

島の人の心に触れて、心が通って
価値観を共有しないと、“事実“を、知ることができても
心から理解するのは、むずかしいですもんね。

長く滞在することになった、ジュリエットとともに
島の人たちの心の奥底に、親しみを込めて
入り込んでいくようですが
心の底には、大抵、悲しみがあるのです…orz
一方
温かいものも、必ずきっと、あるはず……(*^^)v

“知っていく“ジュリエットが
”覚醒”していくような表情も
美しくて、初々しくて、好き☆

▼~▼ネタバレして雑談です。
▼▼▼

占領下では、豚農家は、豚を“接収”され
ジャガイモを育てさせられる。(例:ドーシー)

豚を隠し持っていた島民が、知人を集めて
食事会をした帰りに、ドイツに見つかってしまい
とっさに、“読書会“をでっちあげたと
ドーシーは、ジュリエットに手紙で書いていた。

“食事会“の満足は、豚のごちそうで、食欲を満たしただけでなく
友人たちとの語らいで、心のごちそうにもなったようなことを
ドーシーは、述べていた。
そして、その満足は、読書会へと引き継がれ
抑圧の中でも、本を通して、心の自由を感じる喜びをも
述べているのが、とても良い♪  (伏線的でもある)

――当初は、ソレ以上のことはない感じなのですが
ドーシーの“娘”の母親のことを、なぜか、ぼかす皆さん……
ジュリエットは、切り込んでいきます。

▽要反転(ネタバレ)

ドーシーの“娘”(キット)は、実は、実子ではなく
エリザベスから預かった子で
恋に落ちたドイツ兵との子供だった。

このドイツ兵は、ドーシーにも、恩があって
好意を感じていたが、敵兵であることは否めず
エリザベスは、島民から悪く思われたフシがあったのが辛い。

戦争で、たまたま敵対しただけで
個人レベルでは、悪い人ではないのにーというのは、ままあり。

しかし、他国民を奴隷にして、労働を強いていたのもドイツ兵で
正義感の強いエリザベスは、ドイツ兵に挑む姿勢で
弱者救済していたが、逮捕・連行されてしまい
消息不明だと言う。

ジュリエットは、出版社や恋人(富裕層)のつてで
エリザベスの消息をたどり、銃殺されたと知る。

エリザベスのことは、一応の決着をみたので
落胆はありつつも、キットも含め
前に進むきっかけには、なりそう……?
――なんですが……

エリザベスの果敢な行動が、描写されますが
彼女の、強い信念に従った生き方に
ジュリエットも影響され、生き方が変わる……?
いや
一緒に、過ごしていくうちに
ドーシーの人柄に、惹かれてしまった……?

(富裕な恋人も、婚約を喜ぶほど愛していたけれど
土地に根差して生きている彼に、魅力を感じてしまうのもわかる…
理屈じゃないの。
「この島にいないとわからない」  ←ソレソレ (^^♪)

ジュリエットは、恋人を捨て、ドーシーと生きていくことに決める!
↑ヒドイな~と思いそうですが(汗)
ココは、1つの愛の成就を見る
胸キュン・ドキドキなシーンになっています!(^^)/

▽▽
▼▼▼

読書会の“真相”を直撃した女流作家が
新たな“満足”に覚醒し
胸キュンな高まりを見せるのは、好き☆


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
にほんブログ村


テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

映画『おみおくりの作法』★寂しくて悲しすぎて温かくて切なくて


166225_1.jpg


作品について http://cinema.pia.co.jp/title/166225/
↑あらすじ・クレジットはこちらを参照してください。

担当地区で、孤独死者の葬儀を、執り行っていたジョンは
丁寧な仕事が非効率とされてしまい、解雇が決まった。
最後の案件は、向いに住んでいたビリー。
ジョンは、事務的に済ませることはできず
ビリーの遺品から、遺族や知人を捜すことにした――

で、孤独死のビリーの遺族が見つかってよかったねー
という(だけの)話ではなく (^^)/
深い味わいがありました。
人生の味は、甘くもあり、苦くもあり……


▼~▼内容にふれて雑談です。
▼▼▼

ジョンが、身よりのない方の“おくりびと“として
葬儀に、ひとり参列する様子は、寂しい……

しかし、死者には、死後のことはわからないので(汗)
ジョンが、遺族捜しをするのは、死者のためでもあり
葬儀は、生き残った者たちのためでもあるような……

親子でも確執があると、ケンもホロロで
葬儀すら、関わりたくない人も……orz


(↓私ごとです)
母の葬儀の前まで、息子と娘とは、祖父を避けていました。
(幼少期に怖い想いをしたようで、
私自身も、子供の頃、何度もブン殴られたことは、赦し難し…(汗))
しかし、母の葬儀で、子供たちは
すっかり、弱弱しいお爺さんになった祖父の姿に驚きつつ
私の弟の嫁が、優しく接しているのを見て
身内の自分が、いつまでも、過去を引きずってはいけないのだと
反省したそうです。
それからは、自然に、優しく接してくれています。
亡くなった母が、家族をつなげてくれたと、感慨深い想いがしています。


ジョンは、遺族や知人をたずね歩くうちに、気づかされます。
生前、寄り添える人のいることが、最高の幸せではないかと。
そんなジョンも、一人暮らし。(下手したら、孤独死予備軍?)
質素で、実直。真面目でイイ人ですが
解雇されたあとの人生には、どんな仕事・どんな出逢いがあるのか…?

そうこうして、最後の案件:ビリーの実娘:ケリーを見つけ出します。
そんなこんなで、ケリーは、ビリーの葬儀に、出てくれることに。
そうして、葬儀のあと、お茶する約束まで!(*^^)v
ああ、亡きビリーが、ジョンに、いい出会いをくれたのかも!
ジョンには、その後も、幸せに生きていってほしい!

▽ネタバレ(要反転)


――と思った矢先、ジョンは、事故死してしまった!(>_<)
なんて残酷な展開!orz

ジョンの葬儀には、誰一人来ず、寂しい…orz
一方、同日のビリーの葬儀には
ジョンの尽力で、多くの参列者が。
参列したケリーが、キョロキョロしていたのは
ジョンを探していたのだと思うのが、切なすぎる…
(代わりに、参列者と知り合うことはできたようだが)

死んだ人には、何もわからない――などと
事務的なことを、先ほど言ってしまいましたが
人の気持ちとして、不適切でありました。

誰も参列しなかった、ジョンの葬儀でしたが
お墓の周りに、次々と集まってきた“人たち”がいました。
彼らは、ジョンが、葬儀・埋葬を取り計らってあげた人たち。
死者である彼らが、ジョンに感謝し、ジョンを悼んでくれた姿には
死しても滅ぶことのない、人の“心”の尊さを、ひしひしと感じ
目頭が、熱くなりました………

▽▽
▼▼▼

母の死後、心の整理は、まだつきませんが
死は、誰にも、必ず訪れるものなので
私自身、少しずつ、身辺整理を始めることにしました。

“おみおくり”ではありませんが
“さきおくり”しないで☆(^^♪


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
にほんブログ村


テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

映画『カイジ ファイナルゲーム』★悪魔的だあ!絶好調な力み具合はクセになる



y_5cf1053d07fe6.jpg


作品について http://cinema.pia.co.jp/title/182095/
↑あらすじ・クレジットはこちらを参照してください。

命がけのゲームに、ハラハラしたのと
力の入った藤原さんが、魅力で
面白かった「カイジ」!

(最近、続編には、あまり鑑賞意欲がわかない傾向にありましたが
コレは観たい!と思っていました!(^^)/)

生ビールを「悪魔的だ~!」と呑むカイジ。
予告編から、そそられます。(^^♪

ゲームは
【バベルの塔】【最後の審判】【ドリームジャンプ】【ゴールドジャンケン】
慣れたのか、私が鈍いのか、以前ほどドキドキしなかったけれど
カイジが、首相秘書官:福士蒼汰☆に
“国“のあり方について、ブチかますのは、説得力あった!☆

カイジに藤原竜也あり。
藤原さんだからこそのカイジ☆と思いましたョ。(*^^)v

▼~▼内容にふれて雑談です。(敬称略↑↓)
▼▼▼

労働面・福祉面など、実社会では
各自、思うところ(グチ?)はあると思います。
本作は娯楽作なので、その辺を背景にしつつも
深く掘ることはないので、ナンですが……(^^♪

1. バベルの塔

“バベルの塔“は
お金持ちから、”お金がもらえる“カードを
高いところから取る。
“塔”に群がる若者たち……(汗)
カイジは、細い“橋“を渡って、たどり着こうとする。
(慣れたのか、ハラハラはせず(^^)/)
結局は
カイジが、カードを取るが、大金をもらっては、終わってしまうので
カイジは、人生を変える?次のステージを希望する。


2.最後の審判 ~人間秤~

そこで、クセある目玉:吉田剛太郎と敵対した、“人間秤”。
ただし、カイジは、伊武雅刀のサポートとして。
(伊武雅刀は、得た大金を政治家へのワイロにして
悪法を阻止しようとしていた)

秤の対決は、1か0の勝負。
大金持ちも、丸裸になってしまうリスク……
(ギャンブルとしては、恐怖で、震えるヮ…)

秤に乗せる金塊に換算するため
提供物品の資産価値を測るのだが
そこで、伊武富豪の過去も、測られるような展開に……
資産価値はゼロでも、個人には、宝物のことはある……

1円を笑うものは1円に泣くーのような……

ココは、セットも大掛かりで、見どころ☆


3.ドリームジャンプ   ←最悪…

バンジージャンプで
10人のうち、生き残った1人だけが、大金ゲット。
(10人で分けようョ と思う…)

こんなの、落ちないヒモを選ばない限り、ムリ…(汗)
ということで、カイジは、どう選ぶかが、ミソ☆


4.ゴールドジャンケン

福士蒼汰とのジャンケンです♪

ジャンケンは、シンプルですが
アレコレ、考えようもあるゲームなんだナ……と。(^^♪

金の卵を握って、ジャンケンする云々――ですが
マジシャンなら、卵をどこかにイリュージョンするのか…?

そんなこんなで、カイジたちは、大金をゲットできます。(オット!)

“クズが似合う”と言われたカイジに
大金が、ついてきてくれるのか……?( 一一)

▼▼▼

それほど、ドキドキしなかったーと言ってしまいましたが
見終わったら、あっと言うまで、面白かった☆

カイジ=藤原さんの「悪魔的だあ~!」の
絶好調な力み具合は、クセになるヮ……


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
にほんブログ村


テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

映画『マーニー』★美女マーニーの罪な秘密を暴け!(^_-)-☆

1711.jpg

作品について http://cinema.pia.co.jp/title/3738/
↑あらすじ・クレジットはこちらを参照してください。

・監督: アルフレッド・ヒッチコック☆
・マーニー: ティッピー・ヘドレン
・マーク: ショーン・コネリー


(観たのを忘れていましたが
ティッピーが洗髪して、黒髪から金髪になったところで
思い出しました。(^^♪)

マーニーは、名を変え変装しては、秘書を転々とし
事務所から、大金を盗んでいました。
序盤で、マークに、バレてしまいます……(^^♪

見どころは、マーニーの窃盗癖の理由と
雷と赤色に、異常に、脅える理由……
心の闇に、迫っていきます。(*^^)v

印象は、マーニーが“美女“なればこそ
サスペンス感が、高まるのかと……(^^♪

▼~▼内容にふれて.雑談です。(ネタバレ!)
▼▼▼

始まりが、まず、印象的!(^^)/
黒髪の“バックシャン“の女性が
黄色のバッグを抱えて
ゆったりゆったり、歩いていきます。
(あのカバンに、盗んだ大金が入っている!)

そうして、洗面所で、黒髪を洗って
色を落として、金髪になったところで
マーニーの美顔のアップ!
(コレで、別人として、またひと稼ぎョ)

美女だと、油断するらしいです……
経理関係の仕事も、推薦状ナシで、即・採用☆
美しいと、イイ人に見えるのか?
美しいと、そばに置きたいからなのか?( 一一)

でも、美しいと、印象に残るのか
マークの会社に入り込んだところ
以前の会社の顧客だったマークには
気づかれてしまいます。
(序盤で、バレてどーする???(>_<))

マークは、悪い女:マーニーを問い詰めるも
やはり、、美しさには負けるのか
惚れてましたっけ……(*^^)v
で、彼女を、“守る“つもりで
結婚に、こぎつけます。
(警察か結婚か、と言うの、ズルい……)

しかし、美女:マーニーは、身持ちが堅い。
鉄壁の守り☆
イケメン:マーク(ショーン・コネリー)をもってしても
清らかさを崩さないマーニー。

守りの堅さと、雷への異常な恐怖、赤色への脅え方―
ナニかあるなと……
ナニがあったのかと……

マークは、マーニーの母親を捜し当て
過去に、ナニがあったかを知ります。

(マーニーの窃盗癖は
恐怖で置き換わってしまった、本当の記憶と
それに関係した
母からの愛の不安定さを、補うものだったらしいー的な…)

▼▼▼

美女マーニーの罪な秘密を暴け!
というムードで、
ドンドン見入ってしまう。(^^)/


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
にほんブログ村

テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

映画『ニュースの真相』★“誤報“にされても”真実“への意地があるから

169511_1.jpg


作品について http://cinema.pia.co.jp/title/169511/
↑あらすじ・クレジットはこちらを参照してください。

・メアリー: ケイト・ブランシェット☆  CBSプロデューサー
・ダン: ロバート・レッドフォード☆   アンカーマン

メアリーの自伝の映画化です。
ブッシュ大統領の軍歴詐称を、スクープしますが
誤報扱いになってしまった件です。

報道に対して、グイグイ攻め込むケイトの強い姿勢が
魅力でした。
適当な取材ではないのですが
取材相手が、実は、適当なことを言っていたことがわかる…
(ウソではなくても、説得力が弱いことに…)

▼~▼内容にふれて雑談です。
▼▼▼

若い日のブッシュ大統領の軍歴が
優遇されていたーというスクープです。

人間、誰もが、正直であることが求められ
真実を追う報道屋には、真実が何よりも大切でしょう。

かと言って、100%絶対の証拠がそろうとは限らず
しかし、グレーが、限りなく黒に近そうなら
黒とみなせることも、あるのかもしれない……
ケイトは、ケイトなりに裏を取って
“黒“と発表する。

けれど、疑わしきは、“グレー”なので
ケイトのスクープの“不備“をつつく人も、現れて
ケイトは、会社(CBS)に“説明“することになる。

キモは、ある“メモ“。
記入当時の一般的な“体裁“で、印字されていないーという指摘あるも
可能性としてはあり得ることは、反証できた。
しかし、肝心のメモが、コピーなの……orz
さらに、情報提供者が、情報源を守るために
本当のことを伝えなかったことが、
“嘘“と扱われしてしまったのが痛い!

“嘘“というのは、、強い言葉で
“真実を言わなかった=嘘”という烙印で
ほかの物事をも、消し去ってしまった……orz

メアリー(=ケイト)の印象は
いわゆる思い込みで、いいように解釈するというわけでなく
“真実を導くゾ!”という姿勢が、画面から、溢れみなぎっていて
仕事への姿勢として、、勇気づけられるものがあります。

(“誤報“に関して、ひどい誹謗中傷にあい
傷つく様子もありますが、それでもそれでも
心の芯は折れないゾ!という姿勢にも)

ところで、軍歴詐称に、どんな意味があるのか…?

どうも、仕組まれた軍歴により、
ベトナム戦争への動員を免れた可能性を
指摘しているようだった。   (ズルいんじゃないかと)

すると、“関係者“の話の中で
上級国民?は、守られるのは当然?で
ほかにも、“優遇“された人たちは、いたらしい……

そんなこんなで
ブッシュ大統領の軍歴詐称の“真偽“は
証拠メモの“信ぴょう性”へと
視点が、すり替わっていってしまう。

(ちなみに
某大学の某官僚のお子様の裏口入学疑惑の件は
入学試験における差別の問題へと
問題がすり替わっていったような……滝汗)

問題が、すり替わってしまったことについて
精一杯、反論したメアリーだったが
結局、CBSを解雇されて、作品は終わる…orz

その後、メアリーの挽回はなく、
自伝を執筆し、映画化されたことで、
“真相“を残したことが
せめてもの意地のように、思えます。

▼▼▼

たとえ、それが真実であっても
“誤報“とされ、幕引きされたとしても
執筆・映画化etc.など
再び、世に問うチャンスがあるならば
こうやって
出しといたほうが、いいのかもしれません。


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
にほんブログ村

テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

映画『HiGH&LOW THE MOVIE』★琥珀の殴り合いは男同士の熱いナニか?(^^♪

168562_1.jpg


作品について http://cinema.pia.co.jp/title/168562/
↑あらすじ・クレジットはこちらを参照してください。

・コブラ: 岩田剛典☆  ←目当て(^^)/
・琥珀: AKIRA

岩田さんが、どんなんだか気になって鑑賞。
『クローズ』のように、集団で、殴り合ってるイメージです。

スジは――(違ってたらゴメンナサイ)
S・W・O・R・Dの5団体が、割拠しているSWORD地区に
再開発の話があり。
狙っているのが、ヤクザ:家村会vs.韓国の組織。
5分割する前に仕切っていた?琥珀(=AKIRA)は
相棒のタツヤを死なせたのが、家村会と知り
SWORD地区を潰して?
韓国組織を家村会に仕掛けて、家村会を潰す算段???
(↑ココ、よくわからず……orz)

そんなこんなで、騒動&殴り合い三昧。
アクション=殴り合い が、BGMとともに
見せ場になっているのかと。

▼~▼内容にふれて雑談&ツッコミです。
▼▼▼

王子様系の岩田さんが
チンピラ系お兄さんになるのを
見届けるのも、なんだかうれしい。(*^^)v
悪い目ェ、してるナ~☆

ソレと、個人的に、好きなキャラは
達磨一家の頭:日向☆=林遣都さん!(^^)/

彼も、可愛いイメージとは真逆で
悪いツラ構えしてるナ~☆
ボンネットに
ふんぞり返ってるの(張り付いて?)サイコー!(^^)/
「祭りのことは、達磨(一家)、通せ~」
コレも好き☆
(通すべきところに話を通せーというのが、好き☆)
あまり出番がないのが、残念……

今回は、AKIRAさんが、よく出張っていますが
よくわからないの……orz
やたら、殴るんですが
理由が、わからないの……

琥珀を思えばこそ、コブラらが止めようとして
殴り合いになるーような場面もありますが
そうなる前に、先に
琥珀が殴るのよ……
その後も、殴り合いが続く、続く……( 一一)

本音と親愛のぶつかり合い?
男同士の熱いナニか???
涙は、感激の証???

ソレにしても、琥珀:AKIRA、殴りかかりすぎだと思う…
男同士の熱くも痛い?コミュニ―ケーション??
(女にはわからないよ、すっこんでろ!と言われソ…
すっこみマス…)

▼▼▼

ボコボコの殴り合いは
ストレス解消になるのでしょうか……(汗)
でも、痛そうな腫れ具合いですよ…(痛汗)

そんな“大勢さんの殴りこみ“のほか
豪華俳優陣が、どんな役どころで
どんなセリフを言うのかも、気になるのが、ニクイ☆


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
にほんブログ村

テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

映画『東京暮色』★このドラマチック家族の問題の深さがミソ


キャプチャ1226


作品について http://cinema.pia.co.jp/title/11091/
↑あらすじ・クレジットはこちらを参照してください。

・監督:小津安二郎☆
・姉(孝子): 原節子  娘を連れて実家に戻る
・妹(明子): 有馬稲子  専門学校生?
・父: 笠智衆  監査役

あらすじを読まないで、なりゆきに従うほうが
たぶんそうなのかも!と予感して見られるので
興味をもてます。(*^^)v

実家に戻った姉と父=原&笠の父娘の話と思ったら
帰宅した独身の妹:明子がメインでした。
父の身の回りは、家政婦さんがやっていて
この家のお母さんは、いないようなんですが……

父は、出戻った姉:孝子のことが心配で
孝子の夫の家に行って、話もしますが
独身の明子のほうも、気がかり……

父の妹に、お金を借りに行ったらしいが
なぜ、お金が必要なのか、
明子は、話そうとしない……
(もしかして、アレか??? との予感的中す)

そんなトラブルも、深刻ですが
問題の根本は、ものすごく深いところにありそう!
というのが、ミソでした!
コレは、雑談の“し甲斐”があります。(*^^)v

▼~▼ネタバレして雑談です。
▼▼▼

明子は、付き合うというほどの
仲でもなさそうな男の子供を、身ごもってしまい
中絶費用を、借りようとしていました。

男のほうは、妊娠がわかると
俺の子か?と疑い、逃げるタイプの男で
明子は、落胆する。

そして、運の悪さが重なって、明子は
列車に轢かれて、亡くなってしまう…orz

なぜ、こんなことになったのか?

それより前、明子が出入りした、雀荘の女将が
親し気に、声をかけてきた。
それを聞いた姉は、状況から
子供の頃に、男と家出!した実母だとにらんだ。
(この家に、母親が不在だったのは、そんなわけが!)

夫の単身赴任中、他の男と親しくなって家を出るなんて
なんて母親だ!(と思うのが、ふつうでしょう)
父は、母の不在を埋めるべく
娘たちに接してきたーと言うのが、
笠さんの優しい雰囲気で、しみじみわかる……

けれど、“誰かの代わり“を埋めるのは
埋め切れるとは限らず、無意識に感じた“足りなさ”を
求めてしまうことが、あるようなんです…

明子には、それが、男性との“関係“であったかもしれないけれど
ソレで、満たされるものでもなくて……
さらに
母の“駆け落ち”を知って、母にも自分にも嫌悪?を感じ
絶望が、加速してしまった……

姉が逢いに行った“母”(雀荘の女将)は、
子供のことを忘れたことはなかったーなどと言いますが
(確かに、ソレは当然のこと!)
だからと言って、愛情を、直接注いだわけではない“罪“は
免れないと思う。(敢えて、“罪“と言わせて…)

けれど、母をかばうわけではないけれど
結婚した姉は、母が、男と駆け落ちしたくなる気持ちも
わかったかもしれない…
あくまでも、同意や共感ではなく
そのような気持ちが、生じてしまう状況があると言うことについて。
(実際、姉は、夫から心が離れて、実家に帰った)

“お母さんなんだから”―-と言うと
怒られてしまいそうなんですが(汗)
女としての心のスキ間が生じ、何かで埋めたいと思ったとしても
母であることを捨てて、
ソレを叶えようとしては、いけないのでしょう……

もし、母が、この家族と一緒に居たなら
滑落死した長男を、見送ることができ
明子は、死なずに済んだかもしれない……

↑オッと!“明子の事故死“が、飛躍しすぎか!?

いやいや、喪服で、母の雀荘を訪ねた姉は
まっすぐカメラ目線で、言い放った。
「明(アキ)ちゃんが死んだのは、お母さんのせいよ!」
姉=原節子さんの、大きくて切ない目は
子供たちに愛情を注ぐことをやめた母への
もう取り戻せない、愛の懇願だったように思う……

その後、母は、今の男と旅立つことにした。
出発の時間を、姉に伝えたのは
見送りの一目だけでも、逢っておきたいーという
母の切なさだったのか……

けれど、姉は、見送りには行かなかった。
(この想いも、複雑なはず……)
代わりに、姉は、幼い娘のことを思いやっていた。

自分の感情を優先して、実家に帰ったけれど
このまま、娘が、父親と別れたまま暮らしたら
娘は、母がいなくなった自分と同じ“寂しさ“を、感じてしまうと。
夫のことは、許せないことでもなかったと
姉は、娘とともに、夫の許に帰っていった。

そんな嵐のような出来事が過ぎ去って
家には、父だけが残った。(家政婦さん+)

そして、前と同じように、出勤していくのだが
何事もなかったように、過ぎていく日常の
虚しさというか
逆に、強さというか
あるいは、辛さというか
言いようもない、人生の酷さのようなものを感じ
力が、抜けてしまいます………

▼▼▼

予想以上に、ドラマチックな展開でした。
が、そこから、
生き方を、見つめ直していけた点があったのは
救いだったのかもしれません。


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
にほんブログ村

テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

【閲覧ご注意】哀しめのグチ

(映画と無関係ですが....)

個人的な“吐き出し“となります。
哀しめのグチは閲覧ご注意でございます。(要反転)

先日、母が急逝しました。(82歳)

亡くなる1か月前は、入退院を繰り返しつつも
自分のことより、父のお世話を優先する人で
自宅で亡くなっていました。

この何年かは、母には毎日、電話したり
必要なものは、ネット配送したり
(おせち料理も予約していた)
離れているなりに、できるだけのことはしようと努めてきました。

入院するたびに、“覚悟“もしたし
この度も、受け止めたつもりでいました。
加えれば
母から教わったピアノや家事の方法など
母の“中の人”の部分は、受け継いでいたし
私の中に、母は生きているーとの自負で
死の知らせから葬儀までの数日は、過ごしました。

しかし、葬儀の“あと”のお坊さんの説教で
私は、心が、乱されてしまいました……
100歳まで生きる人もいるのに
82歳で亡くなるのは若いと。
死ぬのが早いと。

お坊さんは、もちろん、悪気はないはずですが
“早い死が悔やまれる“ことを、強調されたことで
母の死を受け入れようとしていた私の心は
やり場が、なくなってしまいました……

受け入れていたはずの私は、涙を流すこともなく
過ごしていましたが
やり場のなさは、やがて、無感情?のように……????

あるとき、どうにも、辛い気持ちがいっぱいになってしまい
ひとりごとを言っていました。(暴言注意!(>_<))

82歳で死ぬのが若いってナンだよ!
100歳の誰だか知らない人と比べてんじゃないよ!
お母さんだって、色々、いっぱいいっぱいだったの
知らないだろ?
お母さんは、生き切ったんだよ!!
お母さんの死に、悔いがないって思うようにしてたけど
私が迷えば、お母さんが安心できないからだよ!
悔いがないわけないじゃないか!!
哀しくないわけがないじゃないか!!
ずっと元気で生きててほしいって思うに、決まってるじゃないか!
お母さんなんだから!!!
若いとか、死ぬのが早いなんて、言われなくたって、そんなことはわかってるよ!!
人の死をいくつも見てきてるなら、そんな説教なんてするな!!!!!!

↑毒を吐いて、グチャグチャに涙が出たら
ちょっとスッキリしました。

死が若い・早いーと言われたとき、思いましたっけ。
昔から言うでしょ、美人薄命って。
(手前ミソですが、母は私と違って、エレガントだったし
見た目も80歳には見えなかった☆)


失礼いたしました。

(あとで非表示になるかと)

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

映画『うさぎドロップ』★愛菜ちゃんが娘なら親バカにもなりますネ。

155223_6.jpg


作品についてhttp://cinema.pia.co.jp/title/155223/
↑あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。

松山ケンイチさんと、芦田愛菜さんの出演ということに、惹かれました。

独身男のダイキチが、祖父の隠し子(6歳のりん)をひきとって
育てることになります。
りんは、ダイキチの叔母に当たるという…
ドタバタコメディを予想していましたが
どちらかと言うと、アタフタ・ラプソディのようだったかな……^^;


▼~▼ネタバレして雑談です。

▼▼▼

① 「(子育てに)どれだけ自分を犠牲にしたと思ってるの!」

と、母親に言われますが(犠牲かどうかは各人各様?)
子育てしてきた人は、
それなりに大変さを知ってますからね。
甘いぞよ、独身男くん、と。
「実の子だって、可愛いときばかりじゃないのに
よその子を育てるのは大変だ」とは義母の弁。
養子を育てている方に、敬意を表していましたよ。

子育ては、可愛い・可哀そうだけでは、むずかしいよと言うことです。
覚悟といいましょうか。


② 保育園の送り迎え

ダイキチが、初めて、りんを保育園に連れていくシーン
大変だな~って思いますよ。
で、ソレ、今日だけじゃないからね。
明日からず~っとですから^^;
お迎え時間が迫るプレッシャー!
経験した人には、よくわかると思いますが、
自分も、気がきでなかった(>_<)
出張先から急いで車飛ばして
でも、遅れて、先生に怒られたの思い出しました…(T_T)

~~

そんなこんなで
松山さんの、普通の日常会話を、素でしゃべってるアットホームな感じと
愛くるしく、感性ゆたかな愛菜ちゃんの、2人3脚で、話は進み
香里奈おや子も加わって、”事件”が起こります。

やがて、ダイキチのように実の親ではなくても
人は誰かの親たりうるのだ、というまとめムードが
誰かを慈しみ、いとおしむ温かさで、良かったと思います。

一方、じゃあ、りんの実母は、なんなんだ?と思いつつ
悪気はないにせよ、関係した祖父にも
後先のことは、よく考えたほうがいいのではないか、などと
思ったのでしたが……

(反転してください↓)

あとになって、祖父は、りんの実の父親ではないことがわかるらしいです。
そうなると、祖父も、ダイキチと同じことをしていたのですね。
そうすると、祖父とダイキチが、瓜二つという設定にも、納得☆


~~

さて、りんは6才で
今の世なら、大人が面倒をみなければ、ということになりますが
母が、よく私に言いました。

「私(母)が、6歳のときには、一人暮らしの祖父のところにやられたよ。
面倒を見てもらうどころじゃなくて、祖父のご飯の支度をするようにだよ」

当時は、物心がついた女児は
もう子どもではなくて、女としての働き手に、みなされていたんですね。
男性の祖父に、面倒を見てもらうなんていう、価値観もなかったと思います。

と言うことは
子どもは、子ども扱いしないで
きちんと仕込めば、しっかりするということでしょう。
(私はムリでしたが^^;)
今は、逆に、いくつになっても
大人になれていない人のほうが多いかも(>_<)。
~~

愛菜ちゃんが、ご飯を、塩むすびにして
ダイキチに差し出すシーンがありましたが
愛菜ちゃんは、しっかりもの、と言う感じでした☆

原作では、りんが高校生になったあとまで、続くそうですが
家族の成長物語は、1つのエピソードの顛末だけでなくて
いくつもいくつも、小さなことでも、積み重なっていくと、
人物に対する観る人の感情も、より醸成されていくと思うので、
続くのなら、続いたほうがいいかな~と思いました。

それはそうと、愛菜ちゃんは、カワイイですね~♪
愛菜ちゃんが娘なら、皆、親バカになるでしょうネ☆


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
にほんブログ村

テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

映画『無宿(やどなし)』★勝新&高倉の絶妙な既視感も良い(^^)/

115646_1.jpg


作品について http://cinema.pia.co.jp/title/10861/
↑あらすじ・クレジットはこちらを参照してください。

・錠吉: 高倉健☆
・駒形: 勝新太郎☆
(二人はムショ仲間)

↑この二人の共演なら、見ないわけいきません♪(^^)/
梶芽衣子さんも居て、海の宝探しするのは
『冒険者たち』みたいだナ~と思ったら
それをモチーフにしたそうです。
さらに
『津軽じょんがら節』のテイストも入れたとかで
追われる男と、幸せ薄い女の“悲愴感“の風情漂う……

健さんと勝新さんが、お女郎の足抜けを手伝って
最終的には、3人で、海の宝探しをします。
が、楽しい宝探しだけでもなく
お女郎を追うヤクザやら
健さんの“敵討ち”と、その余波やらあり
渋く苦く、つらい展開を含みます。   

遠目にスジ書きだけ追えば、そんなもんかな~という感じに
なってしまいそうですが(汗)
もし、自分が、足抜け女郎だったら――
もし、任侠の人で、追いつ追われつしていたらー
と思って、どっぷり“潜水“して観ると、いいかもしれません……

▼~▼ネタバレもですが雑談です。
▼▼▼

感想の第一は、スジがどうとかではなかった!(^_-)-☆
勝新さんの存在感のスゴさョ!!!!!!

型破り?と言う語があるけれど
枠に収まらない、存在のふり幅が大きいの。(*^^)v
熟成した、柔らかなムードが
人間の大きさを、感じさせる。
圧倒される!!!(^^)/
なのに、カワイイの……
チャーミングなんだヮ……

そして
健さんとのコンビが、絶妙にイイ☆(^^)/

健さんは、不器用ですからーのスタンスで
堅い男が、イイ感じなんですが
彼も、堅くても、青臭いわけでなく
重心さだまった、刃物のようなキレある男ですからね。

スジ書きがドラマを作ってるーというより
この二人が、ドラマを作ってる……

好きなシーンは
健さんが、出所後、敵討ちをしようとするのを
ムショ仲間の勝新が、止めようとするところ。
ムショに戻るようなことは、させないゾ!と……
それでも、ふり切って
“義理”を通して、敵討ちを果たすのも
健さんには、予定通り。

~中略~

3人での宝探し中、梶ねえさんが
ずっとこのまま(の生活)ならいいのにーと願うのも、切ない。

逃亡中のお女郎である彼女には、今が
夢見ていた、自由な生活。
宝が見つかって、3人がバラバラになるよりも
宝探しの“夢の途中“が、終わってほしくない…

なのに
終わりは、突然やってきた!
悲劇として。

イイ男二人は撃たれ、浜辺に倒れた!

それを見た、残された女は、絶望のまま
その場に崩れ落ちるほか、ないじゃない……

▼▼▼

『冒険者たち』『津軽じょんがら節』を見た方には
既視感があるかもしれませんが
逆に、それを見ておいてよかった!(^^)/
――とも、思えるかもしれません。

勝新&高倉健のコンビで、撮っておいてくれてよかったと
しみじみ思えてきます。(*^^)v




にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
にほんブログ村

テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

映画『カツベン!』★ワケアリ弁士を応援!with幸せのキャラメル

175302_1.jpg


作品について http://cinema.pia.co.jp/title/175302/
↑あらすじ・クレジットはこちらを参照してください。

・俊太郎(弁士:國定): 成田凌☆

“活動弁士“を夢見る青年が、
がんばって“弁士”になった話ーと言えば、そうなんですが…
“ワケアリ弁士“のなりゆきが、興味深くも、切なくて
しゃべりの“妙“には
ずっと聞いていたい、心地よさも♪

成田さんは
壊れそうな繊細さに、女性的な優しさも感じれば
粗野なムードで、男臭さをプンプンさせる――
同じ役者だと、思わなかったこともある
巾のある役者さん♪

今作は、“逃げ“る俊太郎と
“活弁“で攻める弁士:國定と
複雑な男の人生劇場を、堪能しました☆

▼~▼ネタバレして雑談です。
▼▼▼

弁士は、“先生“などと呼ばれた、中心的存在☆

映画は、作っただけでは、当然、ダメで
上映されて、観てもらわないと。
観てもらうには、無声映画の“声“となる”弁士”の存在が大きい。

ルックスの良さと、絶妙なシャベリで(=高良健吾さん)
大抵、女は、イチコロだと思う…(*^^)v
その“語り“のテンポが、気持ちよくて
その“語り“に酔いたくて、溺れたい… (*^^)v

弁士への憧れが高じて、
売れっ子:弁士に成りすますことになった俊太郎。
活弁中、留守のお宅で、仲間が泥棒を働いてた…( 一一)
彼は、ただ、活弁しただけだったのに
泥棒一味に、なってしまう…orz

追われつつ、仲間とはぐれて
たどり着いた映画小屋で
新進の弁士として、人気が高まっていく俊太郎。

なのに、泥棒一味のボスに、再会してしまった!
(裏切りを恨んで、殺す気マンマン…)
さらに、幼なじみの梅子ちゃんにも♪
(念願の女優になっていた!)

↑そんな“酸いも甘い“も、織り交ぜつつ
俊太郎の必死な毎日を、コミカルに魅せるのがイイ☆
成田さんの“弱さ”の魅力が、応援ムードを引き出しつつ
芸達者たちが、笑かす。(^^)/

~中略~

過去の泥棒の罪を、追い続ける警官(=竹野内豊)は
『レ・ミゼラブル』のジャベール警部のよう……(汗)

俊太郎は、梅子と、駅で待ち合わせて、逃避行せんとするが
追いかけっこのドタバタで、間に合わない!
(一方、梅子は、監督に、出演を口説かれている…)

泡すぎる恋は、実らないのか….
と、ヤキモキしていると、俊太郎は
線路のそばに、逃げてきた!
よし!ココで、列車に飛び乗るのか!?
――――と、ドラマチックな恋の展開を、期待していたのに
竹野内ジャベールに、捕まってしまった俊太郎……orz
ああ、無情な……orz

かくして、刑務所で、活弁する俊太郎。
聴いていたのは、囚人たちだけでなかった。
面会に来た、梅子も。
彼女は、“活弁”を聴くと、逢わずに帰ってしまうが
キャラメルを、看守に預けていくのが、ニクイ。

彼ら二人は、子供の頃から
何度となく、運命に引き裂かれてきた
切ない関係なのだけど
そんな二人は、この先も、きっと、つながっているだろうー
という甘い期待を、“幸せのキャラメル“が
残してくれるのが、キュンと、させてくれていい………

▼▼▼

活動大写真のレトロムードを、さらに
醸し出してくれたのが
♪パイのパイのパイ(東京節)  っぽい音楽♪
(舞台は関西)

総合芸術の映画~というより
大衆娯楽の活動写真☆というムードが、なんとも好き。(^^♪

お気に入りシーンは、“タンスの引き出し”!
開け閉めするだけなのに、オカシイ~!(^^)/




にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
にほんブログ村

テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

映画『屍人荘の殺人』★キャスティングが魅力の犯人さがし

177838_2.jpg


作品について http://cinema.pia.co.jp/title/177838/
↑あらすじ・クレジットはこちらを参照してください。

・葉村(学生): 神木隆之介☆  ←目当て
・比留子(探偵): 浜辺美波
・明智(ミステリー愛好会会長): 中村倫也


犯人捜しのミステリーを
ソコソコ楽しみながらも
キャスティングの妙☆で、見入った印象です。
(神木&浜辺のコンビが、好き☆
スジ書きよりも魅力的!おっとゴメン(^^)/)

つかみは、明智の一言。
「何が起こるかはわからないが、犯人はわかった!」
スゴイ!
さすが、明智を名乗るだけのことは、ある……

ロックフェスの会場近くのペンションに集まった
神木くん、浜辺さんら、若者たち。
脅迫状もあった中、犠牲者が…….

▼~▼以下、犯人は言いませんが、内容にふれています。
▼▼▼

ロックフェスで、誰かが、“感染“して回り
結果、ゾンビの大量発生!(>_<)

話は、ゾンビ被害の拡大と
ゾンビへの応戦となっていきます。(>_<)

ゾンビが、ペンションを襲ってくるところは
シンプルに、怖いィィィ!(T_T)

なんだ、殺人事件は、ゾンビか――
と思っては、早合点。(*^^)v

ゾンビではできない、殺人の痕跡を残す犯人……(汗)。
(特に、ドアロックの解除には、注意しましょう(^^)/)

か弱そうな浜辺さんが、武器を手に、
凜として立ち向かう姿には、なんか、勇気もらう。(^^)/

比留子(浜辺)に、キスで釣られて、
遺体を移動してあげる葉村(神木)。
コミカルで、微笑ましい神木くん、とても良い☆(*^^)v

~中略~  エレベーターのトリックも、なかなか☆

犯人は、復讐のために、殺人を行ったのだが
まずは、ゾンビにさせてから、突き殺した。
二度殺した――という、恨みの強さが
哀しくもある……

▼▼▼

犯人さがしは、すごく気になってましたので
とりあえず、観てよかったです。(*^^)v
キャスティングで、魅力度が、アップしていると思います。


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
にほんブログ村

テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

映画『マチェーテ・キルズ』★マチェーテ・死なない・殺りまくる!

160414_4.jpg


作品について http://cinema.pia.co.jp/title/160414/
↑あらすじ・クレジットはこちらを参照してください。

・監督: ロバート・ロドリゲス☆
・マチェーテ: ダニー・トレホ


『マチェーテ』の続編だそうです。
実は、マチェーテさんの“髭“が苦手で(ゴメンネ)
スルーしていました。
(ゲームのマリオも苦手……)
気分転換に、チョッと鑑賞☆(^^)/

マチェーテは、メキシコのイカレ男(マッドマン)が
心臓と連動させたミサイルを
アメリカにブッ飛ばさないように
アメリカ大統領から命令される。
ソイツの心臓が止まらないように(殺されないように)移動しつつ
連動装置の開発者を探して、解除しようとするが
開発者も、さらに、イカレ野郎だった…( 一一)

▼~▼以下、内容より雑談です。 (R15!閲覧注意)
▼▼▼

経過中は、殺し合いです。(滝汗)
首も、ポンポン飛ぶ。( 一一)
作り物っぽい首なので、
えげつなさを、コミカルにしているのかと思ったら
内臓(腸)は、スゴカッタ!!(>_<)

マチェーテが、テキ(男)の腹を切ってもなお
男が、攻めてくるもんだから
マチェーテは、男の腸を引っ張り出した!(汗)
――かと思ったら
ヘリのプロペラに、腸を投げて、巻き込んで
男を持ち上げさせて、自滅させた……
↑ココ、えげつないですが、絶妙なテンポがナイス。(^^♪

マチェーテは、武骨で無口で、不器用ですからー
というタイプのおじさんですが
ソレが、いいんでしょうね……

カタブツそうで、不調法なムードなのに
恋人(ジェシカ。アルバ☆)がいたーというのも
なんだか、魅力☆(*^^)v
でも、恋人は、序盤に殺されてしまい
哀愁が増す感じになる…
ソレもまた、いいんでしょうね……

~中略~   ←なんやかんや殺し合い(汗)

マチェーテを襲う者たちが、男女問わずやってきます。
(レディ・ガガ含む)
因果関係など、考える間はないです。
襲ってきたら、応戦あるのみ!!  

娼館のアマゾネスのような姉御は、ナンでしょう…
胸から、マシンガンを炸裂させますが
アレで、狙えます???(^^♪
お祭りの花火みたいなもんですよね。(*^^)v
(娼館の姐さんは、そんなもんで、男を殺しちゃいけませんって(^^♪)

ミサイル発射を止めさせようと、開発者(メル・ギブソン)に逢ったら
ソイツが、もっと、イカレ野郎で、どーしょーもなくなってくる…(^^♪
その展開は
終盤、解決に向かうと思わせておいて
そう簡単に、楽しいコトを終わらせてたまるか!
との意図を、感じるのが、良い。(*^^)v

そして、話を、“宇宙“に持っていこうとする。
このノリは、もはや、“昇天”というべきか……

いやいや、実は
ラストは、冒頭を“回収“??してたみたいに終わった。
オチは、あったのね。(*^^)v

▼▼▼

マチェーテは、不死身のようで
見ていて安心します。(^^)/
エゲツナさ満載ですが(汗)
手間ヒマかけてるのは、よくわかります。
予想以上のエンタメ作品でした♪


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
にほんブログ村

テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

映画『ブルーバレンタイン』 ★バレンタインの余熱は青い残骸に…

キャプチャ1210


作品についてhttp://cinema.pia.co.jp/title/155123/
↑あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。

夫婦の崩壊です(T_T)
これは、ネタバレして、ああでもない、こうでもないと話すための、
お題のような作品かもしれません。

(↓以下ヤフーレビューのネタバレ転記です)

看護師の妻・ペンキ職人の夫・一人娘の家族。
ある朝、飼い犬がいなくなったことに気づいた娘は
大好きなパパを起こして、それを知らせた……

何年かの結婚生活のあと
突如、妻が夫に別れを切り出すことがある。
いや、夫には突然でも、妻には伏線がある。
この夫婦にも、その突如が来たのなら
犬の事件が、その始まりだったのだろう。
その、たった2日間の濃厚な物語。

夫婦間のデリケートかつ破壊的な作品には
体に手を突っ込まれて、心を引きずりだされる想いがする。
悪いけど、独身者や、幸せなパートナー関係の方には
一体、何がそうさせるのか
共感も理解も、し難いのではないかと思う。

このような作品は、人物の誰かの立場に立って
作品の中に、ザブンと自分を放り込んで
自分勝手な言い分や解釈までもブチ込んで
ボロボロに傷ついて、グダグダに腹を立て
荒めた息が
ハア~~っと虚しいため息に変わるまでの経過を
なめ回すように見るのがお勧めだ……たぶん……

私自身の勝手なイラ立ちは、まず朝食のシーンにあった。
共働きで、家事をも背負う妻。
見ているだけで疲れる…
時間に追われた妻は、余裕がなくて
ギスギスした 嫌な女でしかない(自分含)。
男性は思うでしょうね。
夫が何をしてもしなくても
妻は、いつでも優しければいいのにと。
(彼女の母親は、父親に耐えていたのは、好対照(T_T))

そんな朝の何分かでさえ
ギリギリの限界に
妻を追い立てる毎日が、積み重なっているのに
彼女には、別のイラ立ちがあることがわかってくる。

やがて、この夫婦の出逢った頃と
現在の経過が、互い違いに現れる。

この手法で、ノスタルジーのように、愛情の原点をつつくように
あの頃の愛はどこに消えたのか?という
自虐的な“愛の酸化”だけではない
ある“エピソード”をも、見せる。

そのエピソードだけで、この、ちょっとうっとおしい(失礼!)夫が
なんていい人なんだ!
と思えてくるのだけれど、逆に、
その優しさが“恩”となり、妻に、重くのしかかっていったのか?
それを、暗黙のうちに“免罪符”にしている様な夫が、うざくなったのか?

あるいは
妻は遍歴とは真逆に、この夫には、あたかも聖女のような存在で
それが、根本的なことだったのか??と勘ぐってみた。
ラブホテルのシーンは、思案のしどころかも……

子はかすがいの娘はいる。
夫は娘を可愛がり、娘もパパが大好きだ。
けれど、そのエピソードから、“親子の絆”というより、
“重い鎖”でつながれている様に思えてくるのは、私の曲解か?

そういえば、二人の理解が曲解となり、やがて、理解不能に陥り、
ついには暴力沙汰になってしまうのだが
クライマックスというべき、夫の異常~~なしつこさと、
狂気の沙汰には
もう、とうてい修復は見出せない……どころか……逃げたい……

火事場で火を消したところで、そこには灰しか残らない……

私は、妻への都合よさだけで観ていたけれど
この夫は本当はどう思っていたのか…
ごめんなさい。
私は、彼をわかりきれなかった… いい人と頭ではわかってても……

そして、冒頭の犬のコトは、何だったのかを思いながら、最後まできて
彼らのすき間(特に夫の)を、あの犬が埋めていたんだなと思えてきた。

だから、短絡的に言えば、その犬がいなくなった二人には、
「もう限界なの」という、妻の心を埋めるものもないのかも……と
仕方なく思えてくる。

なのに、作品は、しつこくて(苦笑)
結婚指輪を放り投げた夫に、惨めなまでに捜させる。
あの指輪も、夫婦の絆というよりも、鎖であったように思うのは
私の曲解を超えた、理解不能なんだろうか……??

などと、ムズムズする気持ちを抑えて
消化不良のようなコトを述べましたが
単純には、こうとは言えないことを、奥に含ませながら
近接したカメラが、ペンキをベタベタ塗りたくる様に
夫婦の姿をむき出しに見せて
見ごたえが、ため息になった……>>

ブルーバレンタイン☆
バレンタインと言う響きには、切なさがある。
男と女の関係は、残骸であっても
どこかにバレンタインの余熱があるのかもしれません……

エンドロールの花火も、パッと消えて儚くて、いい………





にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
にほんブログ村


テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

映画『早春』★あなたと暮らすところに幸せがあると思える幸せ♪

キャプチャ125


作品について http://cinema.pia.co.jp/title/11966/
↑あらすじ・クレジットはこちらを参照してください。

・監督:小津安二郎☆
・夫:池辺良
・妻:淡島千景 
 共働き
・夫の恋人(金魚さん):岸恵子

戦後の、とあるサラリーマン夫婦に起こったコトは
夫の不倫と元サヤ。
――と言ってしまうと、簡単ですが
この夫婦の“スキマ”を、殊更に、お寒く見せていない
“日常感“が、ニクイ。
(それだけに、心の深いところに、効いてくる)

夫の戦友や、通勤仲間など、人間関係が賑やかな分
夫婦関係が、細い線のようにも見え
騒がしい人の渦が、これからの日本の波のようにも思え……

▼~▼内容より雑談です。(^^)/
▼▼▼

共働きの夫婦に、同じような朝が来ているようですが
実は、幼子を、数年前に亡くしていたことが、あとでわかります。
子供を失った悲しみと喪失感は、いつも無言で
彼らに、漂っていたのかもしれない……

命に“代わり“はないけれど
また、子宝を望む気持ちは
妻が、敷いた布団に感じたのは、気のせいではないと思う…
(淡島さんの眼差しは、美しくて哀しいのが絶品☆!)

夫は、交友関係広く
通勤仲間と、ハイキングなど行くことに♪
そこで、積極的な女性:金魚さんに気に入られたみたい…(汗)

金魚さんのあだ名のいわれが、スゴイ…
“煮ても焼いても食えない、ズべ公”だからと  ←劇中より
そんな“ズべ公“姐さんに、目をつけられた夫は
ヘビににらまれたカエル?
なすがままデス……(汗)
拒めよ!断れよ!と思いますが
ズべちゃんと、お泊り…….( 一一)

外泊の言い訳は
病気療養中(肺病)の同僚の“見舞い“に、行ったことにした。
が、妻は騙せない!わずかな口紅も見逃さない!
妻は、愛想をつかして、家を出ていった……orz

やはり、ウソはダメなので、
夫は、後日、病人を本当に見舞ったが
“ダシ“にしたのが申し訳ないほど、弱っていた……
独身の彼は、母に来てもらって、看てもらっていたが
その翌日に、亡くなってしまった……

独身で、仕事バリバリの人生もよいけれど
結婚して家庭をもって、家族をもつのも
“幸せの形”の1つなら   (諸問題もなくはないけれど…汗)
それを経験せずに亡くなってしまったのは、残念なこと……

自ら、夫婦関に亀裂を作るようなことを、してしまった夫は
これから先、生きる上での“幸せの形”について
考えを巡らせたと思う……

その前に、夫は戦友との、飲み会があった。(^^♪
酔っぱらい二人を、自宅に連れてきて
酒を出せと言うが、妻は、酒はないし
夜の1時(!)では店も閉まっていると、言ってきかせた。

↑コレ、実家でも、あった。(汗)
父が、アレ出せコレ出せ、と言うけれど
母は、急に来られたって、アルもんじゃないと…( 一一)

そのときの飲み会での歌が、懐かしい!
♪ツーツーレロレロ ツーレーロ~ (歌詞引用)

美ち奴姐さんの“ツーレロ節”(シャンラン節?)だと思う。
【歌詞引用】
♪一目惚れなら 山ほどあるが
 しみじみ惚れるは ただ一人 ただひとり

昔聞いた物事が、遠くなっていって
懐かしいナ~と思いながら
詳しく知っている人も、次々、亡くなってしまって…orz

デジタルリマスターで、若々しく蘇った銀幕スターたちを見ると
今の今に、“あの頃“の時代の空気までもが
蘇った錯覚をして
これから、高度経済成長の時代がやってくる
そんな勢いを感じるのが、なんとも言えない……

▼▼▼

転勤を機に、夫は、心機一転。
妻も、戻ってくれる。(ネタバレ御免!(>_<))

どこで暮らしても、支え合って生きていけるなら
幸せを感じられると思う。
慣れないうちは、事務的に大変でも、どうってことない。(^^)/
助け合って生きていくことが
愛情の育みだと、思うから☆

~あなたと暮らすところに幸せがある~
そう思えるのが、とても幸せ☆(*^^)v


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
にほんブログ村

テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

映画『決算!忠臣蔵』★忠臣蔵をゼニ勘定目線で見る面白さ!

177924_1.jpg


作品について http://cinema.pia.co.jp/title/177924/
↑あらすじ・クレジットはこちらを参照してください。

・大石蔵之介: 堤真一
・ソロバン係: 岡村隆史


浅野家家浪人が、主君の仇とする吉良上野介を
討ち入った、アノ“忠臣蔵”のフトコロ事情です!
楽しみにしていました!(^^)/

忠義だ!武士道だ!
という視点で観てきたモノを
ゼニ勘定の視点で観たのは、斬新!
(というか現実的(^^)/)

ソロバンずくの岡村さんが、適役☆
関西の武家の話だから、関西弁というのも
実際的なのかも♪

▼~▼内容より雑談です。
▼▼▼

私の忠臣蔵デビューは
大河ドラマ『元禄太平記』でした。

大石蔵之介は、江守徹さん♪
貫禄あって、家老の器あって
主君に仕える美学~と言うモノを知った衝撃ョ……

いよいよ、討ち入りシーンが放映されるというとき
東京の祖母が泊まりに来ていて
ワクワクする胸の内を話したところ、祖母いわく
「討ち入りなんて、昔から、この時期には
毎年、歌舞伎やらナンやらやってるヮ」
珍しくもないヮーと、一蹴されてしまった……orz

それでも、“忠臣蔵=大石蔵之介=男の美学“を求めて
忠臣蔵を求めてきた。(*^^)v

高倉健さんの大石蔵之介も、大好き☆!(映画)
健さんが、蔵之介というだけで
「武士道ですから」  ←“不器用ですから“のフシで
という風情プンプンです。(^^)/

死ぬことが前提の浪士たちの、命散らす美学☆

そこに、ゼニ勘定の話が、今までも、なくはなかった。
主君の命日3/14に、仇討ちを決行したいが
資金が底をついてきたーという、ヤンワリとしたもの。

それが、今回は、岡本さんのソロバンで
願いましては~♪と
パチパチはじかれて、リアルな赤字がまざまざと……

“使うほう“は、アレ用意して!コレ用意して!と
声高らかに、毅然と、要求しますが( by妻夫木さん♪)
無い袖は、振れないの……orz

そして、買い物が不慣れな人に、買い物させてはダメなの…orz
ありがね全部使って、“廃墟“を購入したの、誰ョ……(>_<)
あげく、焼失……orz

お金を考えなければ、称賛されそうな
“馳せ参じ“
江戸に行く!京都に行く!赤穂に戻る!
行き来すると、お金がかかるのに
“気持ち“で、動いてしまう人たち……
もう来ないで!移動しないで!(>_<)
自腹にして!出張費出ません!
(勝手に行き来するのは、出張ではない……( 一一))

フトコロ事情を知らない大衆は
討ち入りだ!敵討ちだ!と、煽るアオル……(汗)
浪士たちにも、武士の意地があり、プレッシャーにも…

貴重だったのは、奥方様の持参金☆
藩のお金として、勝手に使っていいのか??
退職金や、討ち入り代の前に
まずは、夫(藩主)の供養をしてほしい、奥方様……
仇討ちの前に、まず、ソレだろと……
確かに☆

そして、、段取りに段どって
予算ギリギリで、グッドタイミングの
12/14が、やってくる―――

▼▼▼

美学の影にあった、ゼニ勘定……
お金の苦労は、大変だ…(しみじみ)
と思いつつ、面白かった!(^^)/



にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
にほんブログ村

テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

映画『王様と私』★ユル・ブリンナーの存在感!腹筋!etc.


137513_1 (2)


作品について http://cinema.pia.co.jp/title/5702/
↑あらすじ・クレジットはこちらを参照してください。

・シャムの王様: ユル・ブリンナー☆
・アンナ(私): デボラ・カー


ラーマ4世の実話に基いているらしいです。
やっと鑑賞!
西洋を意識した王は、子供の家庭教師にイギリス女性を雇った――

ほぼ舞台は、王宮ですが
その華やかさに埋もれない
ユル・ブリンナーの力強い存在感が、ステキです!

▼~▼内容にふれてetc.etc.雑談です。(^^)/
▼▼▼

時代考証はわかりませんが
まずは、王様の衣装・いでたち!
シャム=暑い国ということでか
上半身“裸”に、きらびやかな上着を、直にお召しに。

昨今、イケメンさんの腹筋まわりの肉体美を
チラ見せする雑誌の表紙を、まま、目にしますが
ソレに近いものが……(^^)/

王様=富貴の象徴=ふっくらメタボ  ではなく
筋肉質の、たくましい王様の頼もしさよ!(^^)/
とはいえ
アンナにとって、王様も完璧ではない……  (by王妃さま)

宮殿の外に住むはずが、宮殿に住み込むことに!
契約とちがう!と詰め寄るが
王様は、約束を忘れるものだと言うし(by大臣)
王様の気分にひれ伏すのが、ならわし???

すると、アンナは、契約(や法)を無視して
王の気分で、物事が決まっていくなんて
近代国家のテイをなしてない!と非難した。

(条約や国際法を、無視する国もあるようですが(汗)
会社でもありますね……
法なんて無視。俺がルールだという社長さん……( 一一))

人の意識や価値観は、すぐには変わらないので
少しずつ、なだめなだめ、エトセトラ・エトセトラで……(^^♪

男尊女卑・女性蔑視は、根強い価値観でありますが(汗)
女は、男を楽しませるためのものと、王様は、ワル気なく思っていて
王妃たちも、女は卑しいものだからーと思っていた。

王様は、ビルマの乙女を貢物として、“快く“受け取ったが
彼女は、恋人が恋しくて、宮殿から脱走を図った。
(もし私が女王で、青年を貢がれても、困る……汗)

そうこうして、シャムが、征服されそうなムードになった折
アンナの知人のイギリス関係者(大使一行)をもてなすことで
イギリスへの好感度を高め、味方にしようということになった。

その際、西洋のダンスに触れ
王様とアンナが、ダンスを踊るきっかけが生まれる。
その前、アンナが、知人男性とダンスを踊るのを
王様は、嫉妬ぎみに見ていたのですが
ここの絶妙なムードが、イイ☆
あからさまな、軽い恋ではないのよ……
♪Shall We Dance?  を
息を弾ませながら踊るアンナが、
いわゆる、ガチガチの“模範的教育者“っぽくなくて
酸いも甘いも知っている、余裕ある大人の女を感じさせる……

そして、もてなしで上演されたのが『アンクルトムの小屋』シャム版!
↑コレ、アンクルトムでなく、脱走した女奴隷の話に置き換わっている。(^^♪
とはいえ、劇の仕上がりが、美しく楽しく、飽きさせず
よくデキているんです!!!
イギリスの客人も、大満足。(*^^)v

これは、脱走したビルマの乙女が、書き残していった劇なのですが
彼女は捕らえられ、相手の男は殺されてしまった…orz

王様は、彼女への愛ではなく、メンツをつぶされたから
罰しようとするのですが、アンナに止められます。
同感です。
むしろ、罰するほうが、恥ずかしいかと……
器が、小さそうで……
彼女の気持ちを、くんでやったほうが、立派かと。

で、アンナの価値観に晒されてきた王様は
悩み崩れるのですが……
心労が、エトセトラエトセトラ、たたったようで
アンナがシャムを去ろうとした日に、亡くなってしまいます。
アンナは、子供たちに説得されて、留まることを決意しました。

▼▼▼

鑑賞後は、ユル・ブリンナーの強烈なインパクトが残りました。
主役とは、スジ書きの主体―というだけでなく
いるだけで、その場の空気全体を包み込む人のことなんだなと
感じました。



にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
にほんブログ村

テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

映画『閉鎖病棟―それぞれの朝―』★これから生きていく力と希望を由紀から

179344_1.jpg


作品について http://cinema.pia.co.jp/title/179344/
↑あらすじ・クレジットはこちらを参照してください。

・秀丸: 笑福亭鶴瓶☆ ←死刑執行から生還
・由紀: 小松菜奈☆ ←義父の暴力
・チュウ: 綾野剛☆ ←幻聴+ やがて退院

秀丸が収容された精神科病院に
実母から捨てられた由紀が、やってきた――

「事情のない人はいない」 (byチュウ)
“病気“以外の”事情”が、気になるところですが
由紀に関する“事件”が、辛かった……
それに応じた秀丸は、鶴瓶さんの風情が、ピッタシ!(^^)/
痛みには、優しさで包むことも必要ですが
それだけでは、癒されないこともあるから。

▼~▼ネタバレして雑談です。
▼▼▼

状態の落ち着いたチュウは、外出許可できた。
外で買ったモノを、利益上乗せして
入院患者さんに売って、もうけていたら
職員に見つかって、注意された…( 一一)

↑チャッカリして、微笑ましくもあるのですが…
私の前の職場で、ソレ、してた人を思い出して…(^^♪
彼女は、スーパーで安くまとめ買いしたカップ麺を
自分の昼食用に、職場に置いていたのですが
新商品を、よく持ってくるので
欲しがった同僚に、定価で売っていました。(*^^)v

秀丸さんの印象は、手作り“花瓶“がらみ。

由紀との初対面(鉢合わせ)では、
車いすの膝の上にもっていた花瓶を、
取り乱した由紀に、取り上げられ、投げ割られた…
しかし
そのとき壊れた花瓶は、由紀そのものだったらしい…

由紀は、義父に乱暴され、妊娠していた。
母には言えなかったが、母は知っていた。
娘を守るどころか、このバ〇母は
二人の関係に嫉妬-というスジ違いな感情を抱き
恋路に邪魔な娘を、病院に捨てにきたとわかる。

投身自殺を図った由紀だが
流産するも、自分は、“生還”した。
(秀丸と似たような境遇か)

そもそも、乱暴=レイプが許せない!!!
アングラ化して、犯人が野放しになるのも!!(>_<)
被害女性には、絶望しないで、強く生きていってほしいと
常々、思っているところであります。
(なんでオマエのせいで、こっちが絶望しなきゃなんないだ!
ふざけんな!怒り心頭であります!)

閉鎖空間の、世間とは隔絶された世界で
少しずつ、上向きになっていった由紀だが
ここにも、ケダモノがいるんだナ…(汗)

というか、あの“ケダモノ”を、自由に歩かせていいのか??
監視の目が行き届かないのは
人手の問題?
入院患者さんは、犯罪を犯さない???

刃物が歩いているような、危険な臭気を放つ“ケダモノ“は
一人になった由紀を、秀丸の工房で、襲った!
また!(>_<)
守られるべき病院で、こんなことになるなんて!!!!!
その後、由紀は、失踪した。

あとで、真相を知った秀丸は
由紀の被害は伏せて、ケダモノを刺し殺した。
(コイツは、秀丸の花瓶を壊したことがあったが
良心の精神が、壊れたヤツ…)

死刑囚:秀丸は、殺人で、再び、裁かれるのだがー

彼は、人を殺すような極悪人では、なさそうなんですが…
妻と間男の“現場“を見たとき、逆上し、二人を殺し
介護中の実母も(介護する人がいなくなるからと)
殺してしまったという“事情“があった。

浮気されたから、殺したんだねーと言うことですが
浮気で殺しては、ダメですし(汗)
実母の殺害も、優しさとは違う……

罪の重さは、重々、分かったうえで
秀丸は、“贖罪“をしたのだと思う。
由紀を凌辱したケダモノへの成敗として。

由紀のために、事実を伏せていた秀丸だったが
事件を知った由紀は、証言台に立った。

由紀とて、辛い事件を、語ることになるのだけれど
秀丸を、ただの殺人者にするわけには、いかないから…
ケダモノが、あのまま、生きながらえるのも、腹立たしいし
罪を暴かれずに、秀丸だけが罪びとになるのは、残念すぎる…

由紀の“証言”は、
変えようもない、“過去の事情“ではあるけれど
そこに、これから生きていく力と希望を見るのが、イイ……

ケダモノであっても、殺人はいけません――
などと、わかりきった説教はいらない。
ソイツが、生きているだけで
震え上がるくらい、生きていくことに絶望する想いを
汲んでくれた秀丸には、感謝でいっぱいだ…….

▼▼▼

はたして、秀丸は、車いすから立ち上がれるのか?
―は、わかりませんが
不可能な、不可思議な“事情“があっても
奇跡の一歩を、踏み出せる可能性を、信じてもいいのかもナー
という前向きな終わりは、イイ☆



にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
にほんブログ村

テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

映画『ひとよ』★家族それぞれがその”一瞬“に至るまで

181589_1.jpg


作品について http://cinema.pia.co.jp/title/181589/
↑あらすじ・クレジットはこちらを参照してください。

・次男: 佐藤健☆
・母: 田中裕子☆


予告編で、聞いた「どっからやり直せばいいのか」が
心に刺さって、気になっていました。

子供を守るため、DV夫を轢き殺し、刑に服した母が
約束通り、15年後に、家に帰ってきた。
子供たちは、“殺人犯“の母が、帰ったことで困惑する――

DVから解放されたことには、ホッとしても
起こった“事件“は、消えないもので
時間が、解決していくとは限らず
時間のシワが、色濃くなっていくことも……?

▼~▼ネタバレして雑談です。
▼▼▼

一番悪いのは、DV夫(父)です!
ソイツが、暴れるもんだから(汗)
母は、子供から、不安材料を取り除いたんです……

とはいえ、どんな理由があっても
殺人は犯罪なので、子供たちは
“殺人犯の子供“ということで
肩身の狭い思いを、してきたらしい。

世間の人は、“一面”しか見ていないし
“一面”だけで、すべてを判断するから…orz

それでも、成人した子供たちは
それなりに生計を立てて、やっていたのは
良かったと思う。
(夢には、挫折したかもしれないが)

しかし、次男は、強い“こだわり”を、引きずっていた。

母からもらった録音機に、録音していた
犯行直後の母の言葉を、ずっと背負っていた。

そのときの母は、自分の行動に“誇り“を持っていた。
殺人の正当性ではなくて
子供たちの安全を守り、将来を守ったと信じていた。

母の言葉がイイ。
「自分のしたことを疑ったら、子供たちが迷子になる」
そうだと思う。
自分の信念が揺らいだら、それを信じていた人も
心の芯を失ってしまう……

次男も、母の“事件“で、DVから解放されたのは
否めないのに
事件後の世間の仕打ちのひどさに
それなら、DVを耐えるほうがましだったとさえ、思っていた。
後だしジャンケンは、ナンとでも言えソ……( 一一)
悪いのは、世間の反応なのに。母を恨むナ!(>_<)

こともあろうに、記者の次男は
“事件”を蒸し返し、母を貶める記事を書いた。
そのため、実家のタクシー会社は、嫌がらせされる!(>_<)

世間も、かなり悪いと思う……
ワルモノと認められた人には
ナニをしてもいいと、思ってる……( 一一)
何様なん????
“正義“のつもりか知らんけど、イジメでしょ?
(でも、ソレが現実だったりするから…(T_T))

~中略~

家族のトラブルに“色“を添えたのは、佐々木蔵之介さん♪
タクシー会社に、中途採用されたドライバー。
(まじめな人柄で一発採用)

けれど、人生いろいろ。
蔵之介さんも、ワケありで
ブツがらみの仕事に関わったついでに
離婚・別居中の息子も、ヤクに、関わっていたことが発覚!
そこから
真面目に生き直していたはずの、蔵之介さんが壊れた!

子供たちとのミゾを、思い知らされた母を
彼は、泥酔状態の運転で、タクシーで連れ回し
挙句、海にダイブしようという寸法!(>_<)
ヤケはダメだ!ヤケは!(>_<)

母の危機に、次男の運転で、子供たちが
母の乗った車を追う、カーチェイス!!
母の“事件“は、自分たちの人生に、影を落としたかもしれないが
やはり、母は母だから!

母がしたことを、後だしジャンケンで
不満に思うのは、自分の弱さかもしれないョ……

いや、この件に関しては
母は、正当性も、立派さも、強さも、匂わせてはいなかった…
イイ悪いでなく、ただ、子供を守りたかっただけ。
その方法は、(世間的には)正しくなくても
母には、それが、真実の愛だった!―と言うよ、私は。

だから
佐藤健=次男が、蔵之介さんに、飛び蹴りしたときは
あまりにも、ジャストミートだったし
母の想いに応えた“一蹴“として
ナイス!とガッツポーズしたョ…….

どんな悲劇も、幸せも
他人には、関係なく過ぎていく――
ほんの「ひとよ」のこと。

子供たちも知らない、母の闇夜があって
母にも知らない闇夜が、子供たちにもあった……
歳月の中に潜む、人の想いの深さをかみしめると
それだけで、目頭が熱くなってしまう……
みんな、人知れず、いろいろ、大変だもんね………………….

▼▼▼

最後に、母子4人で写真に写るのがイイ☆
照れてもいい。
嫌々でもいい。(^^♪
その“一瞬“に、ずっと失われていたものが
ギュッと、詰まった気がする。


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
にほんブログ村

テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

映画『あるじ』★殿様あるじをギャフンと言わせる胸のすく思い

41K8lHBD0+L.jpg


作品についてhttp://cinema.pia.co.jp/title/800159/
↑あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。

http://movie.goo.ne.jp/movies/p15234/story.html
↑あらすじはこちらも参照ください。


“”名匠C・T・ドライヤーの、サイレント時代のコメディ“”とあります。

妻への気持ちをかえりみない
わがままな、殿様亭主(あるじ)をいさめるべく
元乳母が、“しつけ直し“ます。

亭主をギャフンと言わせるところが
コメディというか、胸のすく思いで
私などは、観たのですが……^^;

サイレントなので、字幕セリフの前が、口パクになります。
口パクであっても
元乳母が、しかめっ面で、子供だった亭主に、小言を言うところは、
きっと、こんなふうに言っているだろう、とか
私だったら、こう言ってる!などと
興奮ぎみに(立腹含む)言葉を、重ねてみましたよ。

亭主は、妻の料理が熱いの冷たいのと、妻を振り回しているのに
外で仕事しない妻は、家で遊んでいるかのように、バカにします。

元乳母は、そんな亭主に
「妻を虐待するのは見ていられない」などと言ってくれ
妻を休ませるために、元乳母は、妻を出ていかせるので
亭主は、妻がしてきたことを、自分でしないといけなくなります。

亭主よ!
妻がしてきた、細やかな家事労働を思いしれ!(>_<)
と思いつつも
どうか、奥さんのことを思いやってあげてください、と祈るような気持ちでした。

自分でやってみて、初めて、妻の重労働を知り
いたわる気持ちを持つ夫になるという、ハッピーエンドで終わります。

もちろん、世間には
はじめから、理解あるダンナ様もたくさんいらっしゃるでしょうけども
私には
こんなふうに、ダンナ様が変化されるなんて、ピンと来ません……(>_<)
映画だけでも、ハッピーエンドで良かったと思います。


C・ドライヤー作品は
主役の女性が、抑圧に対して、強く抗う作品が多いと言われますが
女性の苦労に近づいて、理解してくれる男性もいる……
と思えるのは、なんだか、嬉しい……


ダンナ様方には、ご不快ありますれば、どうかお許しを。


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
にほんブログ村

テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

映画『マチネの終わりに』★“誘われて“~大人の恋の行方~

176524_1.jpg


作品について http://cinema.pia.co.jp/title/176524/
↑あらすじ・クレジットはこちらを参照してください。

・蒔野(ギタリスト): 福山雅治
・洋子: 石田ゆり子


(原作未読です)
予告編からは
結婚を控えた洋子と
独身の薪野が、恋に落ちて
不倫関係にでもなるのかと、思っていました。

でも、恋に落ちたのなら
洋子が婚約解消すれば、ナンとかなるわけだし…

二人の恋路に、“邪魔“が入ったことで
運命が、狂うことに…orz

▼~▼ネタバレして雑談です。(違うときスミマセン)
▼▼▼

二人が、紹介されて、初めて出逢ったのは
蒔野のコンサート後。
「舞台から、あなたを誘っていた」
と、キザ?なことを言った蒔野は
洋子への好意ありつつも、
そのときは、リップサービスだったよう。
(だが、コレが、後から効いてきた!)

恋に落ちるのに、理由はいらなくて
外国にいて離れても、連絡をとりあう二人。
スランプになっていた蒔野には、オアシスのような恋か。(*^^)v

ギターの響きに、心の琴線も、震わせられながら、
二人の行方を、心地よく、見入ってると
「未来が、過去を変えることもある」
蒔野の、深い言葉が……

過去の出来事を、なかったことにはできないが
後になって、過去の出来事の“印象“が変わるーという。
洋子の昔語りが、石にまつわる“一例“を提示しますが
やがて、大きな“石“が、二人の前に…(>_<)

↓ネタバレ!

洋子が帰国して、蒔野に逢いにきたその日に
蒔野の師匠が倒れた。
かけつけた蒔野は、スマホをタクシーに置き忘れ
マネージャー(♀)が取りにいったが
彼女は、スマホを、“水没”させてしまった。
その後、連絡がうまく取れないまま
蒔野と洋子は、会えずじまいになっていった――
ココで、効いたのが、マネージャーの“恐るべき企み“。
蒔野の音楽にも、彼自身にも心酔していた彼女は
蒔野が、洋子に奪われるのを阻止すべく
蒔野になりすまして、“別れのメール“を洋子に送った。

洋子は、蒔野の音楽のため、と信じ、去っていったが
蒔野は、洋子の行動がわからないまま
現実を受け入れるほかなく
その後、彼は、マネージャーと結婚し
洋子も、婚約者と結婚した。
それぞれに、子供も生まれたが
それは、“もう戻れない“形を見るようでありました……

二人とも、本当の理由がわからないまま別れたーというのは
『ニュー・シネマ・パラダイス』にも、あったような別れ…?
誰かの“作為“で、引き起こされる”別れ”が、切なく痛いの…

知らぬが仏―と言いますが
真相を知らないほうがいいこともある……?

けれど
蒔野の妻は、何年も経ったあるとき
蒔野のリサイタル開催を知らせに
洋子に、逢いに行った!
(洋子は、離婚していた)

そうして、自分が、二人の仲を引き裂いたことを白状した。

罪の呵責―ということも、あろうが
“真相の暴露”には、自分が、運命の鍵を握っていたこと.への
優位性の誇示も、あるように思う。

今更、真相を知ったところで、過去は変えられないじゃない?

けれど、かつて、蒔野は言った。
「未来が、過去を変えることもある」
今、真相を知ったことで、過去の“別れ”が変わった。
愛を失くしたーと感じていたなら、そうではなかった。
蒔野も、真相を知った。
私たちの間に、“別れ”はなかった☆

そうして、蒔野のコンサート(昼公演=マチネ)。
客席に、洋子を見つけたらしい視線がイイ☆

そして、観客に向って、語っているようで
舞台から、“洋子を誘った”薪野。
(Qoo~☆ もはやキザとは言わない。ステキだ!)

アンコール曲は、洋子との思い出の曲。
観客に聴かせながらも、届けたいのは、洋子へ♪

蒔野の音楽の中で、二人の時間は、1つになっていたと思う。
過去の長さも痛みも、飛び越えて
今、この一瞬一瞬に響く音楽を、共有する時間は
引き裂かれた恋人たちには
きっと、永遠に値したはず……

そうして、“誘われた“洋子が、蒔野に逢いにいった。
そうして、洋子のもとに向かった蒔野。
そうして、作品は終わった――

↑よかったのは、これ見よがしな再会シーンを、映さなかったコト☆

それぞれの事情を考えたら、思い切ったコトは、躊躇するかもしれない。
けれど、もはや
抑えてきた自分の本心だけに、素直になりたいかもしれない…

二人は、どんな再会をするのか?
これから、どうするのか?
その先のことを
観る人の心次第に委ねているのが、ニクイ☆

▼▼▼

石田ゆり子さんは、旅行気分でも楽しめるーと謙遜?されていましたが
いやいや~(もちろん、外国の風景もよろしい(^^)/)
大人の恋の行方を、楽しみました!(^_-)-☆



にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
にほんブログ村

テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

映画『蜜蜂と遠雷』★ピアニストたちの競演♪響く♪高まる♪

177341_1.jpg


作品について http://cinema.pia.co.jp/title/177341/
↑あらすじ・クレジットはこちらを参照してください。

・亜夜:松岡茉優☆

原作未読です。
文章から、楽曲の素晴らしさを再発見した――
という、既読者の方の感想を知り
演奏も聴いてみたいと思い、鑑賞しました☆
(藤田真央さんが、演奏吹替したのも気になる(^^♪)

亜夜は、7年前に、ピアノを教わった母を亡くしてから
表舞台から遠ざかっていたが、このたび
国際コンクールに参戦した――

▼~▼内容にふれ雑談です。
▼▼▼

ステキなのは、月夜の連弾シーン♪

月にちなんだ曲を連弾した、亜夜とジン。
さあ弾こう!と合わせたわけでなく
あうんのタイミングで合わせたセッション♪
コレ、合うと、気持ちイイ~~と思う♪
自然体?な感じのジンが
ピアノを愛し愛されている感たっぷり。

この“楽しい連弾“は、亜夜には、母との思い出でもあった。

母の死後の演奏会で、ドタキャンした亜夜は
コンクールでは、同じ曲で、リベンジしようとしていたが
トラウマは強く、リハでは、すくんでしまった。
ジンのように、楽しく、何物にもとらわれずに弾けたらいいけれど
ピアノを弾く楽しさは
母とともに、消えてしまったよう……orz

私事ですが、私も母から、ピアノを教わりましたが
あんなふうに楽しい感じで、練習した記憶はありません……汗
一人で、“Jazzy”に弾こうものなら、遊び弾きするな!と注意されたり
ダメなのを叱られて、泣きながら弾いたり……orz
それでも、ピアノを弾くのは楽しくなっていきましたが
亜夜の母のような先生がいることが、個人的に衝撃……

そんな、悲愴感ガチガチだったからなのか
私は、“楽しみながらうまくやっている“人が、よくわからず…orz
でも
楽しんでやるほうが、いいパフォーマンスできるんですね。
今頃になって、わかる……(遅…)

7年間、必死に練習したが落選したという、お姉さんが
7年後に、復活してきた亜夜に、“やっかみ“を言いますが(汗)
物事は、“結果“が大事という現実ョ…
どれだけ苦しんで、頑張ったかではないの……
大舞台の途上、戸惑うことはあっても
修正力・対応力でもって
最後に、キッチリ仕上げた人が勝ち☆

「あなたが世界を鳴らすのよ」

亜夜には、渾身の“リベンジ“だったが、
もう、とらわれていない亜夜から生まれてきた
音楽が、音楽が、高まっていく!
興奮と感動が、高まっていく!(^^)/
↑演奏会でのアノ感動ですョ♪

そして、演奏後の息遣いもイイ☆
拍手・喝采が地鳴りのように響き、亜夜を包んでいった―

「一瞬の音(音楽)が永遠になる」 byコンクールの指揮者

↑イイこと、言いますね~☆
生楽器・生演奏は、その場限りの音(音楽)ですからね。
二度とない。
人生と同じ☆(*^^)v

▼▼▼

“生活者ピアニスト“として参戦したのは、松坂桃李さん♪
出番は少なめでしたが、
ピアニストの背景が、厚くなったのは良かった☆



にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
にほんブログ村

テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

映画『ハンナ』★「心臓、外しちゃった」でズキュン♪


155161_1.jpg



作品について http://cinema.pia.co.jp/title/155161/
↑あらすじ・クレジットはこちらを参照してください。

・ハンナ: シアーシャ・ローナン☆
・マリッサ(CIA): ケイト・ブランシェット☆


“父”と森で暮らすハンナは、
サバイバル生活で、戦いに長けていた。
今日も、鹿を標的に弓を引く。
鹿は、倒れたとはいえ
「心臓、外しちゃった」
兵器のような少女ハンナですが
殺意ムンムンでなく
シアーナが、天使のようなので
そのギャップが、まず、魅力☆

森を出たあと、マリッサ(CIA)に、追われることになるハンナ。
延々と、逃げる!戦う!逃げる!戦う!……
(巻き添えになる人たちも……orz)

なぜ、ハンナは、そんな運命に…?
を知らされつつ
応援して見ています。(^^)/

▼~▼ネタバレして雑談です。
▼▼▼

よくわからなかったのが、
ハンナが、独り立ちするときのこと。

元CIAの父は、CIAにわかるように
この居場所を発信して、森を出るよう促す。
CIA(マリッサ)を殺すか、殺されるかのどちらかだー
と、ハンナを鼓舞するのですが
わざわざ、なぜ???
(コソッと、森を出れば、いいじゃん……)  あとでわかった(^^)/

アッと言う間に、ハンナは、見つかって囚われてしまった――

しかし、ソコからがイイ☆
華麗で、ドキドキする、脱出劇を見せてくれた!(^^)/

そして、途方に暮れそうな砂漠で
いい親子連れに出逢い、マイカーの旅に便乗した。
同年代の女の子と、初めて、友達になったハンナには
機械でない、心ゆれる少女を見る♪

~中略~

ハンナが、CIAに狙われるのは
“実験“を、なかったことにするため。
中絶予定の女性の赤ちゃんに細工し
(情緒乏しい)人間兵器を作ったが
2年で、実験は“中止“。
子供は、処分されたと言う――

ハンナの父は、実父ではないが
ハンナを連れて、逃亡し、森で育ててくれていた。

実験中止になったのは
人間兵器の製造―というのが、ヤバいことだからでしょうか?
そんなの初めから、わかってることでしょ?
中止したから、産物は“破棄“なんて
生まれた子供だって、人間でしょ……
中絶するはずだった子供だから、いいってか??
ヒドイヮ……orz

やっきになって、“実験処理“を遂行しようとするマリッサは
悪魔のよう……
美しいから、余計、冷たさに、トゲがある……

(そんなマリッサに、“復讐“するために
ハンナは、自分を追わせたのですね。
母の復讐というより(実行犯は“父“だが)
自分たち子供が、実験にされたことへの?)
(話ちがいますが、母が中絶していたら
生まれることもできなかった……)

ハンナの運命が、悲愴ですが
ソレをはねのける強さに、励まされる。

そして、ついに、マリッサと対峙するときが!
マリッサも、しつこいというか、しぶといと言うか……
オバサンは、オバタリアンなんですよ……(汗)
なかなか、死なないの……(滝汗)

で、戦い終わったハンナいわく
「心臓、外しちゃった」

↑冒頭のシーンのつぶやきが
キメゼリフになった!(^^)/

▼▼▼

カワイイ顔した少女が、
軽やかな身のこなしで、めっぽう強い!
ソレが、かなり魅力の作品☆(^_-)-☆


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
にほんブログ村


テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

映画『いなくなれ、群青』★微妙で切ない感情が“どうしようもなく“尊い

181548_1.jpg


作品について http://cinema.pia.co.jp/title/181548/
↑あらすじ・クレジットはこちらを参照してください。
(原作未読です)

・七草: 横浜流星☆
・真辺: 飯豊まりえ

予告編から、青春の美しい痛みを伴う作品―を感じ
楽しみにしていました☆

魔女?が支配するという島(階段島)での
ファンタジーですが
大人の階段を登る年頃の
七草の心の機微が、“青い棘“のようで
心に刺さった作品だった――

階段島で暮らす人たちは、その生活に慣れて
島を出ようとすることも、なかった。
「出たければ、失くしたものを見つけること」(byタクシー運転手)

あるとき、島にやってきた真辺は(七草の“知人“)
島からの脱出を、七草らに、もちかける――
(注:脱出モノではない)

気になるのは
「僕たちは、本来、一緒に居ちゃいけないんだ」(by七草)
「私たちは、必ず、また出逢うんだよ」(by真辺)

▼~▼ネタバレして雑談です。(違うときスミマセン)
▼▼▼

“島民“が、状況を受容して生活している中
真辺の到来は、革命的。
どうにかして、島から脱出しようと奮闘する。

誰にも行きつけない階段の先に住むという
魔女にも、逢いに行こうとし
手漕ぎボートで、海にも出たが
島を出ることは、できない……

孤軍奮闘し、島民を脱出へ鼓舞する真辺に対し
七草の言うことが、ズキュンだ。
「(人は)不幸を受け入れる権利だって持っている」

同じようなことは、ほかにもあった。
バイオリンの弦が切れた女子生徒のために
弦を入手してあげた、同級生。(♂)

彼女が喜ぶかと思ったが、発表会へのプレッシャーから
自分で弦を切った彼女には、余計なことになってしまった…
(結局は、演奏してよい流れになった♪)

~中略~   ←複雑なコトになっていきます。(^^)/
こうすべきーと信じたら、突っ走る真辺が、理想主義者なら
七草は、悲観主義者(諦観?)として、映っていく。

七草は、そんな真辺を
宇宙の彼方で輝いているはずの
“ピストルスター“に、なぞらえていたようなのがイイ☆
自分とは違う世界で、輝いてほしいと願っていたらしい…

↑ココの感情は、泡のように、淡い……
ソレが恋?かどうか、確認することもない。
この、微妙で切ない感情がイイ!
横浜流星さんの、アノ雰囲気で、ソレを感じさせる!
ソレだけで、尊い!

そして、彼らは、ナニに捨てられたのか?
ナニを失くしたのか?
七草は、気づいていた!
「失くしたのは僕でなくて、七草です」

▽要反転↓

捨てられたのは、成長過程で捨てていった
自分の人格の一部だと言う。

すると、この島にいる、完璧理想主義の真辺が
捨てられた人格ならば
成長した彼女は、なあなあでうまくやってく大人に??

七草にとって、真辺は、“輝くピストルスター“で居て欲しかったのに
どうやら、同じ高校で、自分と出逢ったことで
生き方が、変わったらしい……?

ならば、僕らは、逢うべきではなかったと思う七草……



逢うべきでないなんて、悲しいことを言ってくれるナ…
チッチッチ、ソレが青春なのか?
青いナァ~、七草くん♪
君こそ、“理想“を求めるロマンチスト☆なのか?

一度は、“脱出“した真辺だったが
彼女は、島に、七草のもとに帰ってきた!

崇高で、高潔な想いを、
ただ大切にして、生きていたい年頃もあろうが
理想も、悲観も、過去も、未来も
現実も、希望も――
すべてを、ひっくり返しても
また逢いたい!一緒に居たい!という切望に
抗えない強い想いが、存在する!

▼▼▼

「この物語はどうしようもなく、彼女に出会ったときから始まる」

“どうしようもなく“
実は、この言葉の曖昧さが、私は、好きでないのだけど(汗)
ココでは、
下半身の力が抜けて、倒れながら感じためまいにも
甘美な心地良ささえ感じた、とでも言うような………

この“どうしようもない“余韻、好き……



にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
にほんブログ村

テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

映画『緑色音楽』★生きてるうちに意思表示!

キャプチャ12


作品について http://cinema.pia.co.jp/title/174725/
↑あらすじ・クレジットはこちらを参照してください。
グリーンリボンキャンペーンの短編作品)

・潤(浪人中): 村上虹郎☆
・叔父(歯科医): オダギリジョー


ひきこもって、ゲーム三昧の潤は
亡き父が、臓器提供していたことを知り
ショックを受ける――
(穴から、出てくる……)
臓器提供(の意思表示)について、考える作品なので
考えてくださればいいと、思います。(^^)/

▼~▼内容にふれて雑談です。
▼▼▼

父亡き後、叔父が、歯科医を継承していたが
ゆくゆくは、潤が、継ぐことが、暗黙の了解。
しかし
潤は、“なりゆき”人生に
疑問や不満を感じたのか、浪人中なのに、ゲーム三昧で
引きこもっていた。

そんな空気を、覆したのが
父の臓器提供だった。

死別したとき、幼かった潤だけが、知らされていないことで
ショックを受けつつ、憤慨した潤。
「そんな大事なことを、黙っていたなんて!」

たとえば、本人に臓器提供の意思があっても
家族は同意できない――というならば
死後の体は、誰のものなのか?―とも、考えられる?

臓器提供の件を、潤に話しながら、母親は
父をとても愛していたーと、涙ぐんだ。
それは、本人の遺志を尊重しながらも
複雑な思いにかられたことを、思わせます……

話は、潤の、両親の出逢いと結婚のエピソードもあり
スピンオフあれば)
ひたむきな“生きざま“に触れる。

歯科医に、なるならないもだが
ひきこもって、ゲームしてる場合かと……
死後のこともだが
今、しっかり生きようよ!というムードも高まって!(^^)/

オダジョー叔父には、母を想っているなら
ドラム叩いて、感情を納めてんなよ!
“意思表示”しろ!と言わんばかりに
叔父のドラムセットを壊した潤……汗。

▼▼▼

潤が、お風呂で歌う『なんかさ』は
(never young beach)
それとなく、考えようとさせてくれてるよう。

私は、運転免許証に“意思表示“しています。
使えるものは、使って頂けたらと…(*^^)v



にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
にほんブログ村

テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

映画『楽園』★そんな願望が持てるならそれが楽園なのかな

176775_2.jpg



作品について http://cinema.pia.co.jp/title/176775/
↑あらすじ・クレジットはこちらを参照してください。
(原作:吉田修一『青田Y字路』『万屋善次郎』)

・タケシ: 綾野剛☆
・ツムギ: 杉咲花☆


ツムギが、小学生の時の帰り道、Y字路で別れたあと
行方不明になったアイカ。
12年後に、再び、少女行方不明事件が起こったとき
犯人にされてしまったタケシ。
村の長老との“行き違い“で、村八分になってしまった善次郎。
アイカの真相はどうなのかー犯人は誰なのかーを気にしつつ
時間軸が、行きつ戻りつするたびに
少しずつ、傷跡を見せられるよう……

犯人も知りたいですが、ソレは、“被害者“も同じ。
本当のことを知りたい!
しかし、それがために、デッチ上げられる事もあれば
思い込まれる事もある。
そして、誤ったことも、信念になれば、正義にさえなる…
もう、訂正不能な疑念が、絶望を残しそうな……orz

↑ひとすじ縄で、割り切れないのが、歯がゆいくらい…
人は感情の生き物―と言うけれど
怒涛の感情のシャワーに、まみれた印象です。
いや
感情の火だるまか……(汗)

▼~▼内容にふれて雑談です。(違うときスミマセン)
▼▼▼

一緒に帰った別れ道で
友人アイカが、行方不明になったツムギ。

自分(だけ)が災難から逃れたとき、罪悪感に苛まれることがありますが
ココは、ソレだけではないのが、ミソ☆

帰り道、ツムギとアイカは、花冠を作っていたとき
アイカは、ツムギの花をくすねた。
それがあったからか、分かれ道で、アイカがツムギに
あとで一緒に遊ぼうと誘ったのを、ツムギは断って、別れた。

もし、一緒に遊ぶ約束をしていればーと言ってみても
ソレは、偶然ではなくて、原因があったから……
モヤモヤした状態で、生き別れになったのだから
何も知らない人よりも、辛いことだろう……

ましてや、こんなことを言われるなんて……
「なんで、お前だけが生きているんだ」(byアイカの祖父)
アイカも、同じように生きていて欲しかった…
という願望にしても、ヒドイ言い方だ…orz

アイカの情報提供を呼び掛ける“お知らせ“をみるたび
責められる思いがしたと思うツムギは、やがて
逃げるように、故郷を離れて、就職した。

一方、外国人の母とともに暮らしていた、タケシは
どこへ行っても、虐げられた状況だった。
(日本に行けば、楽園だと聞いていたのに)

アイカの事件のときは、そうでもなかったのに
12年後に、同様の事件が起こったとき
いきなり、容疑者にされてしまった!

↑コレがひどい……
皆が、タケシの家(留守)に押し寄せて
家に押し入って、メチャメチャにした。(※)
帰宅したタケシは、犯人にされたため
蕎麦屋に逃げたが、取り乱しながら
放火&焼身自殺してしまった!

結局、このときの行方不明の少女は、見つかり
タケシは、犯人にされ、亡くなってしまったのだが
アイカの祖父の本心が、えげつなかった。
10年以上も、犯人不在のモヤモヤにけりをつけたい気持ちが
(誰でもいいから)犯人として死んでほしい気持ちに
なっていたと言う……

祖父の苦悩が、わかるからなのか
タケシ=犯人と信じた、村人の多くが、
ひどいことができてしまう、人の心のありかよ……
“正義“と信じれば、ナニしてもいいのか???
大多数が信じれば、それが、正しいのか???

村社会は、大きな家族のようーと言いますが
村八分にでもなれば
死活問題のイジメです……orz

善次郎は、長老の機嫌を損ねたばかりに
他の人からも、“嫌がらせ“を受けてしまった。
ココを、出ていくほか救いがないとしても
妻亡き今、彼には、ココしかなかったよう……
あるとき
堪忍袋の緒が切れて、恨みの村人を殺しまくったあと
善次郎は、妻のもとに旅立った――
(しいて言えば、ソコが、彼の楽園なのかも)

アイカの行方不明事件が、解決しないまま
“不審者の通報を促す看板“が、事件の痕のように残る村―
帰省したツムギは、自分のモヤモヤを壊すように
その看板を、うち捨てたのが、イイ☆

平穏を望むのは、当然だが
“そんな看板“が、有り続けては
この村に、平穏(楽園)は、訪れないだろう。
逆説的な光景が、平穏を切望するツムギを通して、痛く刺さる……

そうして
不遇なタケシについて、ラストにまだ、残されていた。

アイカがいなくなった日、
アイカは、泣いていたタケシを、花冠で、慰めてあげていた。
かわいそうな目に遭ったタケシと
ツムギとは、直前に、溝を作ったが、芯は優しいアイカ。
この二人の出逢いには、何か“間違い“が起こってしまったのか……?

救いは、都内で、ツムギが見聞きしたこと。

「アイカ!」と呼ばれた乙女が、微笑んで振り返る。
もしかしたら?と思わせるのが、イイ。
アイカは、いなくなっただけで、どこかで生きていて
幸せに暮らしているんじゃないか…….?
ソレは、願望に過ぎないのだけれど
そんな願望を持てるなら――
それこそが、楽園なのではないか――

そんなラストの余韻が、切なくてイイ……

▼▼▼


綾野剛さんの出番が、早めに終わった?
と思ったら、違った。
あとで出てきたときに、気持ちをどこに置いたらいいか
すごく迷った……




にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
にほんブログ村

テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

映画『ROAD TO HiGH&LOW』★ハイロー沼に足踏み入れてみた(^^♪

170014_1.jpg


作品について http://cinema.pia.co.jp/title/170014/
↑あらすじ・クレジットはこちらを参照してください。

『HiGH&LOW』のドラマは、知っていましたが
『クローズ』のような、『戦国ヤンキー川中島学園』のような
男チームの殴り合いだと思って、スルーしていました。

ドラマ未見だったので、この“総集編”にトライ!

“「S.W.O.R.D.」地区“の5チームの乱闘=アクションもありますが
ジャンルは“青春ストーリー”とも!
幼なじみ3人の“絆“ありきの殴りっこ?でありました。

▼~▼内容より雑談です。
▼▼▼

岩田剛典さんが、出演されていたので
気には、なっていたのですが
ポスターのお写真が、男前のままだったので
その路線なんだろーと、遠巻きに….(^^♪

というのは、私の推したいヤンキー風情は
前にも言いましたが
映画『クローズEXPLODE』での、黒咲工業の柴田☆

髪型が、サラサラヘア~ではなくて
短めの金髪剛毛が、直立してたのが、GOOD。

そして、ツラ構え!
不機嫌というのとは違った
タチ悪そうなオラオラ感が、殺気立ってた!(^^)/

脱いだ肌には、痛々しい火傷の痕が…….
コレが、友人がらみの“ワケアリ“というのも、イイんだな……

――と、黒崎の柴田ばかり褒めてしまいましたが
本作の山王連合会:コブラは、コブラでいいです…
岩田さんも、イメージがあるでしょーし……

次は、林遣都さん♪
(“達磨一家”の日向)

林さんも、カワイイ雰囲気で、
押し負けそうなムードもあるのに
ココでは、キモが座った親分風情が、重い!
重くて、良い!!(^^)/

それと、目つきの悪さ。
コイツ、性根から、根性悪ソーだな~という目つきすんのよ。
イイぞォーッ!(^^)/

次は、窪田正孝さん♪
(“RUDE BOYS”のスモーキー)

そこに流れ着いた人たちと、家族のように暮らす。
まさに一家☆
骨太さと繊細さが絶妙な、窪田さんは
咳をして、喀血!(>_<)
(労咳病みで、喀血した沖田総司のような!)
病気でも、身内を守ろうと必死な様子が、たまらなく良い!

~中略~

コブラ・ヤマト・ノボルは、仲良し3人組だったが
ノボルは、“「S.W.O.R.D.」地区“を支配しようとする
ヤクザの子分になっていた。
コブラとヤマトは、ノボルを、山王会に戻そうと奮闘する――

▼▼▼

登坂広臣さんのソロライブで
EXILE/TAKAHIROさんが、ゲスト出演されたとき
“雨宮兄弟”云々と、言っていましたが
そのときは、よくわからなかった……(汗)

ハイロ―の沼~深そうなので
もうちょっと、入り込んでみようかナ……



にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
にほんブログ村

テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

映画『ある海辺の詩人~小さなヴェニスで~』★人を恋うー詩情豊かに耐えて哀しくー

T0016826q.jpg


作品について:http://cinema.pia.co.jp/title/161236/
↑あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。



イタリアのヴェニス近くの猟師町。
中国移民の女性と、かつてユーゴから移民した老人の“交流”なのですが…

この“交流“は
ただの男女の愛情モノではありません。
恋ではなく、人が人を恋う、と言いましょうか……


(↓ヤフーレビューの転記です。ネタバレ表示なし)

長江哀歌』のチャオ・タオさんが主演で、かつ、
詩人と言うタイトルに惹かれました。

ヴェニスのような、海辺(潟)の猟師町:キオッジャでのこと。

タオ演じるシュン・リーは、借金のために
子供を中国に残して、イタリアに出稼ぎに来ています。

キオッジャの酒場に派遣されて知り合ったのは、
今は、すっかり、イタリア人漁師でも、実は
30年も昔に、旧ユーゴスラビアから移民した老人、べーピ。

慣れないお酒の名前を言われても
その前は、縫製工場にいたリーは、わかりません。
お客さんに教えられて、カクテルを作ったり
お客さんが、自分で混ぜてたり…^^;

酒場で働く、と言っても、リーの雰囲気は
いわゆる酒場ムードムンムンではなく、
食堂のお姉さん、という清楚な雰囲気です。

リーとベーピは、親しくなりますが
中国人女性と、今はイタリア人男性の親密な関係を
周囲は許しません。
中国マフィアにだまされるな!と
暴力沙汰になるほど、許されないのです。
(中国移民の現実を見せられる印象アリ)

リーの店にも入れてもらえないベーピの顔が
酒場の窓に映るのが、切ない…………

やがて、リーは、ボスから移動を命じられ
この猟師町を離れますが
再び、この街を訪れたとき、ベーピを訪ねます……

“異邦人同士”の男女が、出逢い、別れ、
再び出逢おうとすることが
ストーリーの主軸になっています。
しかし、いわゆる“男女の恋”ではないところが、深いところです。

好意を持つことが、イコール恋ではないですよね。
敢えて言うなら、恋というより、“人を恋うということ“。
温かな優しさを感じる人と一緒に時を過ごしたい、と思うのは
自然な気持ちでしょう?
そんな想いです。

その、複雑で深い想いを、うまく表現しているのが
老人ベーピが、“詩ごころ”のある男性であるということです。
自分の気持ちを、さりげなく、詩にする……ステキです。
(演じるラデ・シェルべッジアさんが、味わいのある包容力のある方で
作品の魅力大です。)

そして、猟師町という光景も、情緒的です。

生活の場としての静かな海に、時を刻むのは、静かに寄せる、波、波……
遠い沖をながめるとき、
リーは、本国に残した子供のことを思っているのでしょうか……
ベーピは、今は消滅した祖国の想い出を、偲んでいるのでしょうか………

二人が、沖合いの、“漁師の家”で、過ごした時間は
現実の世界から隔絶された、ゆるやかな世界だったはず。
友達として、同じ異邦人として……

そうして、終盤には、無念の哀しみもあり
衝撃的に燃え盛る、炎のシーンもありますが。
作品のトーンは、
呼吸をするように、静かに、流れていきます。

しかし、逆に、そんな抑えた演出が、心にしみて来るのは
そのさりげなさが
どうにもならない普通の人生の痛みを、感じさせるのです。

抗っても、どうにもならない。
ただ、耐えて、従うほかない人生もあります。
哀しみに、泣き叫ぶこともできない。
ただ、静かに、目頭を熱くさせることしかできない人生もある…………

そんなとき、荒涼としそうな心に、1敵のしずくを落としてくれるのが
真心から生まれる、一篇の詩なのかもしれません。

「川はすべて海へ降りてゆく 満たせぬままに」 (byベーピ)

満たせぬままに……
というのが切ないけれど、こう終わります。
「……心を温め、小さな花のように、リーを微笑ます」

異国の海辺に咲いたのは、二人の心を結ぶ、微笑みの花。

余白にも、詩情ゆたかな波が、キラキラ光りを放つような
芳醇な逸品です。


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
にほんブログ村

テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

プロフィール

yutake☆イヴ

Author:yutake☆イヴ
こんにちは☆
使い方がよくわかりませんがヨロシクお願いします。^^;

フリーエリア
PVアクセスランキング にほんブログ村
フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
フリーエリア
フリーエリア おすすめ映画
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR