FC2ブログ

映画『フォルトゥナの瞳』★構成がズルい!愛と切なさ倍増の終盤に涙…


175976_1.jpg

作品について http://cinema.pia.co.jp/title/175976/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。

・慎一郎: 神木隆之介☆   
・葵: 有村架純 


慎一郎は、つき合い始めた葵が、透けて見え、困惑する。
“透けた人“を助けると、自分の命が縮まると言う――

↑と言うと、自分はどうなってもいいから、
愛する人が死なないように、奮闘するーと予測しますよね。(^^)/
チッチッチ
そんなふうに、まとめてはいけなかった!

これで終わったーと、
油断?したあとの“話“に、ヤラレタ……
感きわまって、涙がワッとあふれた……
(感動の上塗り・倍増だった!)

▼~▼ 内容ネタバレで雑談です。 
▼▼▼

子供の頃、両親を飛行機事故で亡くし
自分が生き残ったことを、自問自答しつつ
さらに、
人の死を予見する瞳をもった、自分の運命に悩む、慎一郎。

元カノを弄んだ奴が、透けて見えたとき
慎一郎は、迷う。ソイツを、助けるべきなのか?
しかし、葬儀で悲しむ家族を見れば、心が痛んだ…

そんな中、葵と出逢った慎一郎が、彼女と二人で
「未来を生きていく」希望を持つシーンが、イイ☆。
(何気なく、微笑ましく見ていたが、後で、じわじわくる…)

ある日、葵が透けて見えた慎一郎は、困惑する。
さらに、幼稚園児たちの透明化も重なり、心痛む慎一郎。
なんとか“危険回避“させようと、奮闘する姿には
応援と祈りしかない。
慎一郎の想いが、運命を変えてほしい!

なのに、葵は、慎一郎の段取り通りに動かず
このままでは、葵に危険が!(>_<)

~中略~   予想通りに行くが、そのあとがズルいのよ!(^_-)-☆

慎一郎は、葵の乗った電車事故を防ぐため
身を挺して、電車を止める。
幼稚園児も含めた、透明化した人たち全員の命を救い
慎一郎は、命を失った。(事故でなく短命となって)

愛する葵を、守るためなら
何度、同じ運命になっても
同じ“選択“をして、葵を守ると言い切った慎一郎に
心打たれるが、ソコだけじゃないのが、たまらないの……

▽ネタバレ!要反転▽


実は、葵も、同じ飛行機事故で、生き残った一人で
“フォルトゥナの瞳”を持ち
透けた慎一郎の姿を、見ていた!
けれど、そのことを、笑顔の下に隠していた葵。
(ソレが.、切なく辛いの…)

慎一郎と出逢ってからの日々が
今度は、葵の独白で、語られていくのだが
ソレが、優しくも切なくて、すごくイイ!
慎一郎の目線で、進んでいたドラマを
葵の目線で、もう一度振り返るのは
数奇な運命を背負い、結ばれた恋人たちの愛情を、
もっともっと、確かなものにしてくれる。
なぞるように、愛情が上塗りされていくのが
心地よく切ないのが、たまらなく、イイ!

なにより、葵も、慎一郎に
「あなたには、生き残ってほしい!」と、強く願ったとき
私は、涙に襲われた…………

▽▽▽

愛し合うーとは、こういうことなんだ……………

▼▼▼

『カメ止め』も『ラ・ラ・ランド』も、
最後まで見てナンボの作品と思いますが
この作品も、最後まで観て  (あらすじ考えまとめるより)
感じましょう!(^^)/

Yahooブログ→コチラ


にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



スポンサーサイト

テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

映画『女王陛下のお気に入り』★“臭い泥”にまみれた宮廷のドロドロ劇場


176501_1.jpg

作品について http://cinema.pia.co.jp/title/176501/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。

・アン女王: オリビア・コールマン
・サラ: レイチェル・ワイズ
・アビゲイル: エマ・ストーン☆
  サラの従妹

アン女王のこと→参考

女王の寵愛が、サラからアビゲイルに、移っていくさまです。

宮廷の様子は、華やかですが、虚飾。
人間とは、身分の上下問わず、醜い生き物なのだーとの印象。
しかし、その中で、必死に這い上がろうとする者を
否定は、しないョ……

17人の子供すべて、生存していないアン女王は
御気の毒なのですが、その憂さを、お酒で紛らわせていたからか
肥満・痛風で、歩くのも難儀…(汗)。
サラからは、“アナグマ“呼ばわりもされますが(汗)
サラは、正直=誠意の印として、仕えている。

サラの夫は、司令官なので
サラは、女王に戦争推進し、夫の戦功を援助している。
(終戦を望む野党には、サラが邪魔)

あるとき、サラの従妹:アビゲイルが、女中としてやってくる。
彼女は、父の賭け事のカタにとられ、身をやつしていた。
(その父がクズ!( 一一))
しかし、レディのプライドを失わない気丈さが
エマの器量に、表れています!(^^)/

アビゲイルは。痛風で痛む女王の足を、薬草で治療したことから
女王に、気に入られる―

▼~▼ 内容ネタバレで雑談です。 
▼▼▼

女王は、権力者として、君臨するわけですがー
女王を見て、思ってしまう…
権力とは、支配者とは、ナンなのか……

上に立つ者が
絶対、備えるべきものと、私が勝手に思っているものは
品格・品性です!

立場が上だから、ムダに、威張り散らしていいわけでなく
立場が上だから、行儀悪くていいわけでなく(汗)
尊敬に値する、自然と頭が下がるような方であってほしい。

権力を手にすると、ナニしてもいいと思うのが、いるんだナ…(汗)。
破廉恥な行為は、ホント、みっともないからやめてほしー。
(悪代官が、娘を手籠めにするのも…(>_<))

女王も、孤独な立場かもしれないけれど
「私は女王よ!控えおろう!」となれば
やはり、孤独になってしまうよね……

父のせいで、身をやつしたアビゲイルが
這い上がろうとするのは、良い☆(^^)/
(女が下に堕ちると、悲惨な生活だもの…orz)

女王もワルイ人で、アビゲイルを傍に置いて
サラに、焼きもちを焼かせようとする。
アビゲイルは、まずは、その程度の役割…

しかし、スキあらば、巻き返しを図りつつ
サラも、大したタマなので、応戦もすさまじい。(>_<)
ついに、アビゲイルは
サラに、一服盛って、“排除“に成功する。

そんなサラは、売春宿に拾われて、破滅か!?と思いきや
彼女は、すぐに、宮廷に戻ってきた!
このしぶとさも、私には、魅力だ☆(*^^)v

~中略~  長くなるので

結局、サラ夫婦は、“政治的”に、失脚させられ。
アビゲイルが、女王の寵臣となるが……

アビゲイルが、女王の“子供“(=ウサギ)を、踏みつけたのを
知ってか知らずか、あとで
女王は、アビゲイルを、押さえつける姿勢をとった。

サラの失脚は、女王の意思で、クビにしたわけでなく
とってかわったアビゲイルも、気に入ってはいたけれど
アビゲイルに
旧友を奪われたような腹いせは、感じていたかもしれない。
↑女の友情は、複雑怪奇な面あり……

そして、対等で深い友情は、孤独を、癒すものではあるけれど
女王には、本当に心許せる、対等の親友を持つことはできず
(権力・政治がらみの付き合いを、切り離せない)
せいぜい、アビゲイルに利用されないように
上下関係を、はっきり示す必要があると、結論したようにも見える。
(アナグマとも呼ばせないゾ!)
ただ、女王が“押さえつける行為“には、
品性を感じないのは、残念だが…


▼▼▼

似たようなコトは、会社内でも、ありそうです…(汗)
(セクハラ・パワハラも含め)

煌びやかな上流社会:宮廷にあって
生モノの人間の感情・生きざまは
“臭い泥“にまみれた、ドロドロ劇場みたいです…
その生生しいインパクトが、意外に、良い☆

Yahooブログ→コチラ



にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

映画『御法度』★美少年の松田龍平に野郎たちが惑い堕ちる


133554_5.jpg


作品について http://cinema.pia.co.jp/title/1388/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。

・土方歳三: ビートたけし
・加納: 松田龍平     ←美少年☆
・田代: 浅野忠信     ←加納と同期入隊
・沖田総司: 武田真治

新選組に、美少年:加納が入隊したことで
“ソノ気(け)”=衆道が、蔓延していく……

どんな世界感が、繰り広げられるのか……(汗)。

女子好みの“BL”っぽさはなく
暗い画面の中は、“史実“の日常っぽさがあります。

誰に、“ソノ気”があるのかーというだけでなく
武士のプライドをかけた、新選組と他の藩士との
“もめ事“(チャンバラ)もあり、緊迫します。
これは、スジを通すことでありますが、
反面、理不尽さも否めず、武士とは面倒なものョ…

加納が、誰とデキたかーということよりも
加納の、真の想い人は、誰だったのかーの顛末が、ニクイ。
と言うか、
町人だった加納が、ナニ、考えて、武士になったのか?
何のために、人を魅了するほど、強くなったのか?

松田=加納の、無垢な表情が、地獄にひきずりこむほど
妖しくコワいのが、魅力かも……(汗)

実は、アノ人もコノ人も、“ソノ気“まで行かなくても
好意は、持っていそうです。
そんなムードが、そこら中に漂う危うさも、良い☆

▼~▼ 内容ネタバレで雑談です。 
▼▼▼

加納については
美しくて可愛いーというのが、愛玩の対象になりそうですが
彼は、群を抜いて剣が強いーというのも、魅力☆
(女性的でもあり、男性的でもあるーというのは魅力倍増☆)

同期の田代は、加納に惹かれ、襲ってしまう。(>_<)
(拒み通さなかった加納も、そこそこだったのか…)
二人は、隊士の間で、噂になるが、騒動にはならず。
噂になったことで、誰かの“意識“を、目覚めさせたかも…?

加納に、親身に接してきた男Yは
実は、かねてから
ただならぬ眼差しを、加納に向けていた。
お茶屋で、二人きりになると、Yも、加納を襲う…(>_<)
(加納、なぜ拒まぬ…( 一一))

加納の身を案じた、土方に言われて
トミーズ雅は、加納を、遊郭に、し・つ・こ・く誘ってみた。
しつこい誘いに、警戒していた加納だが 
上司でもあるので、同道してみたが、すぐさま帰ってしまった。
(加納クン、女性に興味ないのかも…)

事件が起こった。
Yが変死し、トミーズ雅も、襲撃を受けた。
そのとき、田代の小柄が、落ちていたことから
加納と関係した男への、田代の嫉妬だと、
土方は思った――のだが……

↓佳境です!

田代は、隊士を斬ったかどで、“処罰“の対象に。
討ち手は、加納。
見届けは、土方と沖田。

相思相愛の加納が、田代を斬るのは、ムゴいのでは?と思うが…
加納は、呼び出した田代に、迷わず斬りかかった。
そして、剣を交えたあと、田代に、何か、つぶやいた。
すると、田代は、ひるみ、加納に斬られた………

実は、田代の罪は、加納が、でっち上げたものだった!
相思相愛では、なかったのか????
ならば、なぜ、なびいた???
なびいてはみたが、アテが外れた?(汗)

あるいは、“誰か”の気を引こうと????

―――その前に
加納が、武士になり、入隊した理由の1つは
人を斬ってみたかったーと言う。(滝汗)

田代を陥れることになって、加納は
謝りはしたが、その後すぐに、田代を斬って捨てた。
斬ることに、ためらいのなかった加納には
ほかに、好きな人がいたから?

いつまでも、前髪を切らない加納の“若衆姿“が
隊士の“ソノ気“を、そそらせるからと、
土方は、前髪を切れ、と言ったが
加納は、“願掛け“をしているから、待ってくれと言った。

その“願掛け”とは、想い人との成就か?
(カワイイところ、あるのー(^^)/)

田代の成敗を見届けたあと、土方と帰りかけた沖田は
用を理由に、加納のいるところへ、引き返した。
そのとき、加納の想い人は、沖田だ!と土方が感じるのがイイ。

ほどなくして、加納の悲鳴が聞こえる―――
沖田が、斬ったのか!?
沖田は、“ソノ気“は無いーと言っていたから…
いや
沖田に拒まれた加納が、自死?絶叫までして??
あるいは
死と愛が、狂気の果てに、一体化してしまった加納が
心中を願いつつ
愛を盾に、沖田に斬りかかり、返り討ちにあったのか?

ココは、いろいろ、想像してみると
狂おしくなってくる……………….

▼▼▼

若き松田さんの、美少年ぶりョ☆
ナニ、考えてるかわからない顔つきが
神秘的でもある。
逆に、声には、しっかり表情がある。

野郎たちの中にあって
「バケモノ」   by土方=ビートたけし
にふさわしい妖しさが、絶妙☆

Yahooブログ→コチラ



にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

映画『何がジェーンに起ったか?』★ジェニーどうした?姉も…(汗)憎悪の顛末

キャプチャ6




作品について http://cinema.pia.co.jp/title/132110/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。
原題: What Ever Happened to Baby Jane?

・妹 ジェーン: ベティ・デイヴィス    名子役だった
・姉 ブランチ: ジョーン・クロフォード  売れっ子女優だった

ジェーンがどうしたのか、気になって鑑賞☆
ジェーンに起こったーというより
ジェーンが何をしたのか?-ではないか?と思いながら見ていると
ラストに、ジェーンに何が起こったのかが、わかった…

かつて、名子役で、家計を支えていたジェーンは
乙女期には、売れっ子女優となった姉のバーターに、なり下がっていた。

ジェーンが起こした自動車事故で
姉は、車いす生活となり、ジェーンが面倒を看ていた。
姉は、そろそろ、自宅を売ろうと思っていたが
(酒浸りの妹を施設に入れて)
妹は、反対する――

ジェーンが、不自由な姉に、“嫌がらせ“し
姉が、追い詰められる様子を、グイグイ見せられます…(>_<)
根底に“嫉妬“と”憎悪“があるのは、バレバレです。
が、その根は、予想以上に深かった!(~_~メ)

▼~▼ 内容もネタに雑談です。 
▼▼▼

妹ジェーンが売れっ子だった、子供の頃は
姉が、悔しい想いをし
乙女の頃は、立場が逆転。
老境になっても、TV放映される、自身の出演作を、自慢に思う姉。
それを見たくない妹は、隣人の賞賛も、聞きたくない…

“嫉妬“というのは…どーしょーもないです…orz
自分が、これみよがしに、何かしたわけでなくても
誰かの心が、勝手にやっかむのを、防ぎようがない…orz

心の中で、やっかむだけならまだしも(汗)
わかりやすく、“イジワル”するんですよね……(>_<)
不快にさせて、鬱憤はらしてるつもりなんでしょーが
虚しくないか?いや、虚しいはず。
だって、イジワルしたところで、嫉妬の大元は、解決も消滅も、しないから。
満たされないから、どんどん、エスカレートする…( 一一)

自動車事故も、姉に嫉妬した妹が、轢いてしまった―
酔っていて記憶のない妹は、素面になったら、さすがに気が咎めて
姉の介護を、ずっとしてきたよう。

けれど、“気持ち“を、ずっと同じに保つのは、難しいコトだし
経済的に、姉の支配下にある、窮屈さもあり
酒浸りの生活も、エスカレートし、
“情緒不安定”になっていた、妹。
(↑同居&介護生活には、色々あるでしょ。不満の蓄積要素が。(^^♪)

自宅を売却する話が出てから、イジワルがひどくなる妹。
(姉の介護があっても、自宅がいいのか)
姉のペットの小鳥(!)やネズミを、姉の食事に供し!
そのうち、食事も出さなくなった……(>_<)

そこからは、監禁&飢餓状態の姉が
誰かに救い出されるのか!――というムードになります。
通いのお手伝いさんや、妹が募集した伴奏の男性
隣のおばさんが、ヘルプ候補となります。
いよいよ、救出か!というとき
そのヘルプ要員は、妹に、殺されてしまった…orz

妹は、子役の頃の栄光を、再び夢見ながら
瀕死の姉を連れて、浜辺へと逃走します。

しかし、いい熟女が、子役と同じ格好で
子役の歌を歌っても、リバイバルは無いでしょ….( 一一)

栄光を知る人は、それが癖になって
夢よもう一度と、見果てぬ夢を、追いかけそうなのですが
時代は回るから…自分は、カラ回り……
残酷な時の流れでは、あるけれど
その残酷な時間の中で、
栄光が、もたらされたわけでもあるから…ね……

浜辺で瀕死の姉が、口を開いた。
(死を前にした、懺悔のよう)
ジェーンが、自分(姉)を轢いたことになっているが
真相は、逆だと言う。ナンと!

パーティで、ジェーンが、自分をバカにしたことが悔しくて
酔ったジェーンを轢こうとしたが、よけられて
運転した自分が、怪我をしたと。
しかし
逃げたジェーンのせいにしようと、車から這い出て
被害者を装った、と言う姉―― すごい執念だ…

ジェーンのイジワルぶりから、
相当、姉に、嫉妬と憎悪を感じていたのが
滲みでていたが
姉も、ジェーンに、かなりの憎悪を感じていたとは…(>_<)

確かに、子供時代を思えば
妹憎し!の感は、短いシーンでも、伝わっていた。
けれど、乙女期には、立場は逆転していたわけだし……

しかし、憎悪の根っこは、一度、張ったところからは
“消える“ということは、ないのかも……(滝汗)
ことあるごとに、思い出され、
悔しさや怒り・嫉妬という悪しき感情が
増幅し、膨張し、自分自身を、狂わせてしまうのかも…(T_T)

酔っていたジェニーは、自分のせいで、姉を轢き殺しかけたー
と思い込まされていた。
真実を知ったら、ジェニーは、怒り狂うのか?
と思いきや、ジェニーは、優しくふるまい
姉のために、アイスクリームを買ってくるーと言った。

この“アイスクリーム”の件は――
子供時代、ジェニーは、仕事(ひと稼ぎ)のあとで
わがままを言って、買わせるとき
自分のだけでなく、姉の分も、要求した。
それは、優しさよりも、稼ぎ手である自分の優位性に見えた。
(買ってやるョ 的な)

このアイスクリームも、それか…?

両手に、アイスクリームをもったジェニーに  (お金払わず(>_<))
殺人容疑で、警察が近づき
浜辺の人々も、集まってきたところで
ジェニーは、スター気どりで、踊りだした。
(早く、アイスクリームもってってあげて!と思う…(>_<))

彼女は、ずっと何年も、失われたこの時間・この感覚を
待っていたのかも、しれないけれど………….

▼▼▼

嫉妬・憎悪・確執―の作品にあって
姉妹役の女優は、実際、仲が悪かったそう……
(迫真の演技は、地?(汗))

たとえば、“赦し“や”優しさ“が、あったとしても
本心は、どこにあるのかは、わからない……
根っこがあれば、ブリ返すこともあるし……(汗)
憎しみのエネルギ-は、すごい…
自分をも、いつかきっと、滅ぼす…( 一一)
とりあえず、イジワルは、やめときましょ☆(^^)/

Yahooブログ→コチラ


にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

映画『ファースト・マン』★船長の視点で体感with月でしたこと


175921_1.jpg


作品について http://cinema.pia.co.jp/title/175921/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。

人類初の月面着陸した、ニール・アームストロング船長です。
(捏造説?の心配なく、事実としてキッチリ☆(^^)/)

月面に着くまでの苦労話―は、もちろんですが
二―ルの境遇や胸中が、主体となって
彼の視点での体験を感じながら、進むので、
特に、終盤には、グッとくるものがありました!(^^)/

▼~▼ 内容もネタに雑談です。 
▼▼▼

上空の先の宇宙空間、その先にある月――
地上から見えるのに、行くのは、むずかしいところへ――

幼い長女(第二子)を、脳腫瘍で亡くしたニールが
テストパイロットから、宇宙飛行士に応募したのは
今を、振り切りたかったから?   

当時、米ソの宇宙開発合戦の中
どうしても果たさなければならない、ソノ任務は
期待と責任のみならず
命の危険もあり、何人も、同僚が亡くなっていく…orz

モノ凄いことをするのに、賢い人が
バッチリの計算と、網羅したリスク管理で
成功して当然、という業務をこなしているーと信じたいけれど
“地球の外“のことだもの。
“予想”しても、しきれないかも…と鈍才の私は、心配で…(T_T)

そこまでして、何のために、月に行く必要が?(汗)
世論がそういうのも、わかる……

月に行く飛行の前に、ニールの船は、異常回転を起こし
非常事態に陥ったことがあった。
意識を失って、対処できなかったら、どうなっていたか…(>_<)

それでも、月への任務に、黙々と向かおうとするニールに
妻は、熱く、訴えた。
死ぬかもしれない任務の旅立ちの前に
子供たち(息子2人)に、言葉をかけていってほしいと。

ニールは、きっと帰ってくるつもりで、淡々と、していたのかもしれないが
娘の“死“が、強烈に悲しいあまり
自分にとって、“死”が、とても近いものに、なりすぎていたのか?
あるいは
“死“が、忌まわしすぎて、意識したくなかったか?
いずれにせよ、複雑な心境が、あったのでしょう…….
ともかく、妻の言葉で、何かを“再認識”したように
息子2人に、“話“をしてから、任務に向かったのはよかった。

いよいよ、月面着陸というとき。
あのとき、世界中が、1つになっていたような気がします。
米ソが、アメリカがーと言うのではなく
“地球人“の代表が、月へ行ったーような感覚。

そして、ニールの歴史的一歩☆
「これは一人の人間にとっては、小さな一歩だが
人類にとっては、偉大な飛躍である」

彼らは、亡くなった飛行士たちの記念品を
月に置いていったというが
ニールは、亡き娘の飾り(輪っか)を手にして
月に、置いていった。

ああ、ニールは、ずっと娘と一緒にいて
娘と一緒に、月に来たんだね……………
月に置いていくのは、“お別れ”かもしれないけれど
父の名誉の共有でもあって、それは
亡き娘を称えたい、親心かもしれない……

なにより、見上げれば、神秘の月は、頭上で輝いていて
いつでも逢える気持ちが、高まるョ!(^^)/

▼▼▼

アームストロング船長に、あんなことがあったとは…
月への技術的な苦労話よりも
乗組員の人生を投影しているのが、良かった☆

Yahooブログ→コチラ



にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

映画『アクアマン』★水陸両用の海の覇者!カッコイイ(^^)/

175058_1.jpg

作品について http://cinema.pia.co.jp/title/175058/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。

・アーサー=アクアマン☆

ジャスティス・リーグ』で観たアクアマンが
どんな“人生“の男なのか、気になって鑑賞。(^^)/

アーサーの父は灯台守、母は海の女王で、水陸両用☆
しかし、親子3人の幸せは、続かず――

海中の王国同士のゴタゴタあり
陸に上がっての丁々発止あり
バトルも、水陸両用☆
特に
ゴボゴボブクブク&ゆらゆらした青い海中でのアレコレは
目新しい別世界を、楽しめます!(^^)/
(馬は、タツノオトシゴ?(^^♪)

アーサーは、王位についた(異父)弟にとって、
邪魔な存在だと知る。
消されないために、“海の覇者“と認められるために
伝説のトライデント(三叉の矛)を、入手する旅に出る。
助けてくれた他国の姫:メラとともに☆

▼~▼ 内容もネタに雑談です。 (ネタバレ!)
▼▼▼

胸アツで、ワイルド系なお兄さんが
王の資質も備えているーというのが、魅力☆
(女子は王子様大好き!☆)
(スコーピオンキングに通ずる感あり)

ウエーブのロン毛が、ふわっと回るのも好き☆
(プレデターみたい!(^^)/)
海の中で、ゆらゆらするのも、GOOD!
(わかめみたい)

最初は、ラフな普段着?で戦っていますが
ついに、バージョンアップ?したときの
ゴールドの輝き☆アクアマンになったときは
本当に、“神“だった!!\(^o^)/
神々しくて、惚れ直した~☆(^^)/

“海底人”と人間のハーフであるアーサーは
そのことで、母が“追放“されたし
自分のアイデンティティに悩む……
が、母が、二つの種族の架け橋になるーと信じたように
メラも、同じように励ましてくれるのが、イイ☆

人が、異質性を、排除したがり、
そんな自分も、引け目を、感じがちだが
ソコでくじけることは、ないのだ!
むしろ、“異質”=“特性”を生かして、役に立てるのがイイ☆
例)魚(クジラ含む)と話せるなんて!ステキ!(^^)/

王位継承関係は、兄弟ゆえの殺し合いになりがちで(汗)
アーサーと弟も、決闘・死闘を演じる…orz
二人は、同じ母を持つ兄弟。
いくら、弟が、自分を殺す気迫で迫っても
アーサーは、幼い頃、生き別れた母の気持ちを思えば
“寸止め“になりますよね……

そして(ネタバレ!)
死んだと思っていた母と再会し、さらに
“海の覇者の証=トライデント“のありかを知るアーサー☆
価値あるモノは、モノが人を選ぶので
ソレを手にするのにふさわしい者だけが、手にすることができる―
どうにかこうにか、がんばって
トライデントが、アーサーの手に、ジャストフィット!
おお!私、ひれ伏したくなった!\(^o^)/

▼▼▼

ゴボゴボブクブクの海底で
ドルフ・ラングレン王のお姿発見!(^^)/
風格ピッタリ!(炎のーだけじゃなく、水もしたたる!)

上映時間は、2時間超の長丁場ですが
長さを、感じませんでした!
むしろ早く、ゴボゴボブクブクの続きを、見たい!(^^)/


Yahooブログ→コチラ


にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

映画『お茶漬の味』★結婚生活で愛と幸せを忘れた方におススメ!


Ochazuke_no_aji_poster.jpg


(そうでない方にもおススメです~(^^)/☆)
作品について http://cinema.pia.co.jp/title/4579/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。

結婚十年近い夫婦の話。(子供なし)
問題が起こったとしても、夫婦は、結局、
お茶漬けのような、気安い間柄だといいねー
と言うことでしょ、と思いますよね。

そうなんですが (^^♪
既婚者の皆さまには、ご自身の夫婦関係を
一言で、まとめられましょうか?(汗)

愛情たっぷりで、幸せしかないーというご夫婦には
劇中の夫婦(や私こと)の間にある、“ダークサイド“は
悪しきナゾかも……

キビシイ表情だった妻が、“お茶漬け“を用意して
夫と一緒に食べるシーンでは、目頭が熱くなった……
(ココは理屈では言い表せない…)

ベテランの既婚者さん、“幸せ”感じていますか?(^^)/

▼~▼ 内容をネタに雑談です。 
▼▼▼

妻(妙子)は、お育ちのよろしいお嬢さんで、
田舎育ちの夫(茂吉)の振る舞いが、気に入らず
見下している感じ…orz

(長野出身の夫は、ご飯にみそ汁をかけて食べるが
妻は、犬のエサみたいでいやだ、と言う…(汗)。
埼玉出身☆のお手伝いさんは
同じように食べる、と言う。)

妻は、会社で部長を務める夫に内緒で
友達と温泉に行ったり、野球観戦したりしている。
夫が知らないのをいいことに
夫を“鈍感”呼ばわりするが、それを
姪っ子は、聞いていた。

そんな姪っ子は、母や叔母;妙子に促され
見合いすることになるが
見合い結婚したくない姪っ子は
見合いをすっぽかす。

そもそも、夫をボロクソに言っている叔母が
なぜ、見合い結婚を勧めるのかが、姪っ子にはギモン…

あとで、妻から、姪っ子に説教するよう言われた夫は
説教しつつも、姪っ子にも理解を示し
「見合い結婚しても、”自分たちみたいな夫婦“が、増えるだけだ」
と言うことを、妻の前で、言ってしまった!!!(>_<)

妻が、夫に、諦めを感じていたように、夫も、感じるモノはあったのだ。
それから妻は、機嫌を悪くし、遠出してしまう………

結婚当初は、どのような気持ちで、いただろう…
恋に落ちたわけでなければ、どんな感情で
一生をともにすることを、決めただろう……
これから愛を育もうーと、決心したとしたら
愛を育むーとは、どういうものだったのだろう……
愛されたいーと思うことは、何を期待していたのだろう…
そして、愛される人になるために
自分は、何をしてきただろう……

―――って、ただ、毎日、生活してただけなんだよね……(^^♪
炊事・洗濯・そうじ・片付け……その繰り返し……(私こと(^^)/)

亭主は丈夫で留守がいい――という格言?もありますが(汗)
妻が、遠出中、夫は、海外勤務に行ってしまった。
仕事とはいえ、突然の“留守“は、妻にはショックだった。

突然いなくなると、存在の重さが、ズシッと心にこたえる。
いや、ポッカリ穴があいて、スカスカ?
はっきり言えば 「淋しい」の……
普段、もさっと(汗)、ソコにいる姿が
重石のように、頼もしく思えてくるの……

そんなとき、飛行機の故障で、急遽、帰宅した夫。
妻の瞳が、優しく見える♪
ダンナ様の御帰りを待っていた、“ソノ気持ち“が愛でしょ!

ダンナ様がお腹が空いたーと言えば、
自分で、ナニか用意してあげるつもりで、台所に立つ妻。
(気を遣って、一緒についていく夫!イイ人じゃないか!(^^)/)

ナニか食べさせたい、と思う気持ちは、愛そのものだと思う。
「インティメートで、プリミティブな、遠慮や気兼ねのない」(by夫)
そんな生活がお好みのダンナ様は、“お茶漬け“を所望。

お茶漬けは、永〇園の素をかければ、できるわけでなく
妻は、ぬか床から漬物を取り出した。
(夫はここでも気を遣って、俺がとろうか?と声掛けす。イイ人!(^^)/)
準備に、意外と、時間と手間ヒマかけて
二人で、仲良く、お茶漬けタイム♪
(この過程で、じんわり来ちゃうんです)

お手伝いさん任せでなく、妻も、自ら
ダンナ様に、ご飯出しの手間をかけていたら、
愛情のワキ方が、違っていたのかナ……よくわからないけど…

愛される悦びも、欲しいけれど
自分が、その人を大切に思う“愛”を感じるのも、幸せ☆
ダンナ様を送り出したあとの妻は
満たされた表情で、愛と幸せをかみしめる。
(妻がニコニコしていると、夫の精神衛生上もいいかと)


▼▼▼

「見合い結婚は、野蛮だ」(>_<)
という、姪っ子の心をつかもうと
青年が、押して押して押しまくる、ラストシーン。
(しつこいつきまといーとも言う( 一一))
結婚したら、うまく、やっていってください。(^^)/

PS:発見だったのは、北原三枝さん♪(石原まき子さん)
(バーの女給さん役☆  ほぼデビュー時かと)

Yahooブログ→コチラ



にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

映画『赤い雪 Red Snow』★記憶は雪すら赤く上塗るような


173871_1.jpg

作品について http://cinema.pia.co.jp/title/173871/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。

・カズキ(漆塗職人): 永瀬正敏
・サユリ: 菜葉菜
・記者: 井浦新


30年前の“タクミ君失踪事件“を追う記者が
タクミの兄:カズキを訪れた。
黙秘していた容疑者(女)の娘:サユリを見つけた、と言う。
当時、目撃したことを聞き出そうと、記者とカズキは
サユリのアパートに行くが、同居の男に、灯油をまかれ
追い払われる――

冒頭、雪の中、赤い影を追うのは、カズキの夢か記憶か――
白い雪、灰色の空―
暗い画面は、おぼろげな記憶か、残酷な事実の暗示か――

そして
カズキが塗る、漆の朱色が、血を暗示させ
ドロっとした感触が、視覚にからみつく。
(サラッとした話じゃないんだよと)

思い出したくない過去を、引きずりながら生きている人がいるー
と言いたいところだが、敢えて言うなら
思い出したくない過去など、引きずってはいないーかもしれない。
記憶から消すか、消えるか、あるいは、
新たな記憶に変えるか、変わるかして
どうにか、生き伸びている。

それは、今日を、希望に変えることとは、程遠く
心の傷を広げたくないから、ただ無口に、無感情に、
屍のように、生きているだけ……
今日が、絶望の日ならば、
明日も、その延長でしかないーかのような…

真実を知ることは、スッキリするだけでなく
覚悟が必要なことも、あるから…….
明日が変わってしまうことも、あるから……

ドンヨリと、腹立たしく、絶望的な、この物語は、
どう、終わるつもりなのか…orz
――けれど私は、ムリにでも、少しでも
“希望“を、見つけたくて……(^^)/

▼~▼ 内容をネタに雑談です。 (ダラダラだが詳細省く(^^)/)
▼▼▼
いきなりネタバレ?▽要反転↓


タクミは、容疑者の女のアパートで殺されたらしい
監禁状態の娘サユリが、すき間から、見ていたらしい
母に言われ、タクミのあとを追っていたカズキは、
女のアパートに入ったタクミを、見ていたはずだが、
川のほうに行った、と話したーと記憶していた。




母にネグレクトされていたサユリと
母が弟を可愛がっていたカズキ。

二人の子供が、タクミ君事件のピースになっていた。
が、彼らが悪いわけではない。
タクミに手を下した“犯人”が、悪いのだ。

大人になってからのサユリは
母の居残りヒモ男と、同居し、
“女”になった分、よけいに
生き地獄のような生活を、強いられていた。
(この視覚的インパクトの絶望感には、ため息もつけないョ…orz)

人が毎日生きるって、どういうことなんだろう……と思いながら
ヒモ男は、そんな生き方で楽しいんか??あ?( 一一)

漆職人のカズキは、仕事だから、塗るのだが(^^♪
だんだんと
“記憶の上塗り”をしているように、見えてくる。
黙々と、まじめに……
それが真実で、正しいと信じれば、そのとおりになる?
(嘘も百回言えば真実になるーとの諺あり)

あるとき、師匠に言われた。
「塗り直しだな」   ナイス!

雪の風景が、絶妙にイイ☆
自分が、雪国にいて、感じるのだが
雪は、降って、そこら中、覆いつくすとき
心の内外にある“喧騒”を、黙らせる気がする。

誰かが、今更、饒舌に、ペラペラ“真実”を語ったとしても
もはや、雪の静寂に叶わないーというか
真実のもろさ・曖昧さが、無力にも、
溶けていくだけのように、感じるのだ……

勢いあまって、あわや、サユリを殺しそうになったカズキ!
冷静・無感情?の抑え?が、きかなくなったのは
彼も、血の通った人間だからなのだろう。
彼の、けだもののような咆哮が、雪林に響く――――――

そうこうして、カズキとサユリは
一艘の小舟に乗った。
呉越同舟?一蓮托生?

この先、どうなっていくかわからない虚無感も、否めないが
真実を知る二人にしかわからない“絆“が、生まれたのか?
少なくとも、サユリは、今の生き地獄よりは
いいところへ向かえるかもしれないーと思ったのは
私には、希望だ☆

▼▼▼

赤い雪―とは、初め、殺しの暗示かと思ったが
それだけでも、ないのだろう。
雪は赤いものーと記憶されたなら、ずっとそうであるような…?

夏川結衣の“ウフフ笑い“の、苛立ちー
品性のないオヤジぶりが、笑った歯にもにじみ出る、佐藤浩市―(汗)
彼らの人間的イヤラシサも、絶品です。(^^♪

Yahooブログ→コチラ


にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

映画『七つの会議』★核心にネジ込む企業ミステリーwithパワハラ?


176018_1.jpg

作品について http://cinema.pia.co.jp/title/176018/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。

・八角営業一課係長: 野村萬斎
・北川営業部長: 香川照之☆ ←期待通りの怪演!(^^)/
・原島営業二課長→ 一課長: 及川光博

その会社で、ナニがあったのか?
ナニを、誰が、隠しているのか?

そんな、真実捜しの面白さもですが
香川さんら、存在感ゴリゴリの役者さんたちの芝居は
見た甲斐、あった~☆

居眠りダメ課長の八角(やすみ)は、元々
出世街道爆走中のヤリ手社員だったーと言う。
なのに、ナニがあったんだ…?
ちなみに
御社は、パワハラその他、大丈夫ですか?(^^)/

▼~▼ 内容にふれて雑談です。 (核心へのネジ込みは内緒(^^)/)
▼▼▼

まずは
大手企業さんにお勤めの皆さま、お疲れ様です!
ノルマ・パワハラ・〇〇ハラ…etc.の渦の中
よく耐えて頑張って、本当に、頭が下がります。

冒頭の、香川=北川部長の鬼の迫力ョ!(>_<)
売って、売って、売りまくれ!!
確かに、商売は、そーなんですが(汗)
フツーに売ってちゃ、ダメだな……との暗黙のムードが…(>_<)

ノルマ達成できない及川ミッチーは
その圧迫ストレスで、吐いてしまう…(吐)
心、病みそう……
いやいや、病んでる場合でなく、
ミッチーは、しなやかにがんばる姿勢を見せるのが、心強い。(^^)/

ダメ課長:八角のいる、営業一課は、好成績。
愛之助課長が、バリバリやっている。だから
年長の八角を、クズ呼ばわりする――が、それがまずかった。
八角が、パワハラで訴えたため、
愛之助課長は、異動させられ
及川ミッチーが、二課から、“花の”一課長になった。

しかし、及川ミッチーは、浮かれるでなく
ヤリ手の愛之助課長の異動に、ナニカを感じ
調べ始める。

ところで――
社内では、“競争“もあります。
それが、売り上げも含めた
会社のためになっていれば、有益ですが
やっかみの足の引っ張り合いなら
むしろ、命とり。( 一一)

経理部は、営業部を敵視していて
会議では、あら捜しを披露して、潰そうとする。
結局、それは、営業部の香川=北川部長に言いくるめられて
“時間の無駄“ということで、終わる。
(香川さんに当たったら、当たったほうが砕けそう…)

同期入社の社員同士、出世競争もあれば
大なり小なり、やっかみはあると思います。(滝汗)
そのやっかみが、会社に、
経済的・時間的・マンパワー的に、
ムダをもたらしている可能性も、大なり小なり、ありソ……

経理部の件は、撃沈の巻―と言う、ムードで過ぎ
物語は、いよいよ、核心へと、ネジ込まれていく。(オット!)
そのカギは、
会議中、及川ミッチーが座って壊れた、椅子だった…

~中略~

スーパーエリート街道まっしぐらだった八角が
その道を、自ら、外れる決断をした、その昔
同期の北川=香川課長は、敢えて、“貧乏くじ”を選んでいた。

同情心や、断れない圧迫などがあると、
それが、“ドロ船“だと感じていても
乗ってしまうことが、ありません?(汗)
しかも、もし、誰かと一緒なら、どーにかなると思っていたら
乗っていたのは、自分だけだったーと言う…orz

八角は、ある意味、ダメ社員という“逃げ“に、徹していたかもしれないが
北川は、会社と“心中“した気概で、ドロ船に乗っていたのかもしれない…
だから、鬼だと思っていたのが、北川でなく
ラスボス鬼が、他にいるとわかったときは、ホッとしたかも………

――が、会社の複合組織が巨大だと
個人は、その中の、小粒の歯車でしかなく…….orz
もっともっと、大きな鬼の大親分が、奥の院に……
桃太郎にも、届かない……?orz

しかし、八角は、会社の“体質”に、
目をつぶることなく、“正義“を果たした。
しかし、
“正義“は、悪だけを、成敗せず
罪のない社員への犠牲をも伴うのが、心苦しい……
逆に、
その役を担えるのは、“ダメ社員“八角しかいない…というのが、現実か…

▼▼▼

仕事(商売)は、今年よくても
来年、どうなっているか、わからない不安もあります…
でも、信用第一☆
誠心誠意・正直にやるほかないと、思います。(^^)/

PS:無人販売でもお金をきちんと払う、とか…(^_-)-☆


Yahooブログ→コチラ


にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

映画『雪の華』★登坂さんの“彼氏姿”がなんだかんだ良い(^^)/


175448_2.jpg


作品について http://cinema.pia.co.jp/title/175448/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。

・悠輔: 登坂広臣☆ ←目当て(^^)/

登坂さんは、『ホットロード』の春山が、好印象でした☆


中島美嘉さんの『雪の華』のイメージ作品だそうですが
雪・冬・氷・クール…が、登坂さんのイメージと重なりつつ
春山に感じた“熱い男“にも、期待していました!

余命1年余の乙女(美雪)が、イケメンに、契約彼氏になってもらったら
お互いに、本気の恋に落ちていった――

壮絶な病苦の描写よりも
二人の気持ちが近づいていく、“胸キュン“シーンに、あふれます。
(特に、悠輔が、美幸に惹かれていく部分は、たまらんでしょ!(^^)/)

登坂さんのファンが、登坂さんと、恋人デートする擬似体験を
楽しむ作品と思います。(ソレで十分)(*^-^*)

▼~▼ 内容をツツキつつ雑談です。  
▼▼▼


余命1年~重い事実を前に――
美雪は、どう生きるか、何をしたいか、考える。
1つは、フィンランドで、奇跡の“赤いオーロラ”を見ること。
もう1つは、恋をすること(彼氏をつくる)

オーロラもいいですが、“恋“☆!コレは譲れないでショ!(^^)/

たまたま知ったイケメン:悠輔の勤務先(カフェ)が、
資金繰りに困っていることを知った美雪は
資金提供するから、期間限定の恋人になってほしいと頼んだ。

チョット待て。( 一一)
ソレは、身売り?ジゴロ?(汗)
「ホストじゃねーし」 by悠輔
けれど、カフェ存続のため、“契約“した悠輔。
(登坂さんと付き合えるなら、どんなことでもする!という女子にはアリかも)

恋人ができたら、ナニしたいですか?
美雪は、デートして、一緒にランチ(お弁当)した。
「こんな“ままごと“でいいの?」 by悠輔
そんなんが、いいのョ~。(^^)/

契約とはいえ、ゴッコとはいえ
清い純愛を、育んでいく二人。
こんな関係には、憧れるナ~。

そんな二人を象徴するようなアイテム登場!
ソレは、ガラス製品。
悠輔の父は、生前、ガラス工房を営んでいたとかで
悠輔も、ガラス製品を作るなどして
美雪に、プレゼントする。

美しい光を放つが、壊れやすいガラス――
(が、硬い石のような作品を、プレゼントするのがいいゾ!)

そして、美雪こだわりの“赤いオーロラ”☆

季節外れだが、まずは、フィンランドに行く二人。
そのときは、オーロラよりも、恋人と行くことを重視。
(それでもかなり幸せなはず)
そして、病状が悪化した美雪は、悠輔に知らせぬまま
その旅で、恋人契約を終わらせる覚悟を決めていた。

純愛な二人は、フィンランドのホテルの部屋も
別々にとった。
だが、最後の晩―――胸が、ざわつきません?(^^♪
じゃあ、おやすみーで、部屋に戻ったあと
悠輔は、部屋を出て、美雪の部屋のドアをノック――
しようとするが…………………

純愛の期待を裏切らず、切なさの雪が、心に降り積もる…….(^^)/

しかし
恋人契約は終わっても、恋心を、終わらせることはできなかった!

すべてを知った悠輔は
再び、一人で、フィンランドに行った美雪を、追いかけた。

~~中略~  登坂さんのひたむきな姿に溺れましょう!(^^)/

私は個人的には、オーロラよりも
好きな人のそばに、居るだけでいいです。(^^♪
もちろん、好きな人と一緒に、オーロラを眺められたら
それは、素敵なコトだけど……

と思っていると、登坂さん=悠輔が、そこにいた!
そして、奇跡の赤いオーロラを二人で見上げる!
私、この時点で、昇天であります…………

そうして、死ぬまで一緒にいてくれるのは、幸せだとしても
恋人を“見送る”のって、辛くないですか……orz

しかし、美雪の死を映すことはせず
「私、長く生きられそう」と、前向きな美雪の姿がうれしい。
車いすの美雪は、弱っているようだが
そんな美雪を、“お姫坂だっこ“してくれる悠輔の姿が、むしろ
頼もしく見えるのが、良い☆

▼▼▼

なんだかんだ、ツッコミはありましょうが(汗)
結局、登坂さんの“彼氏姿”が
なんだかんだ、良いのデス☆


Yahooブログ→コチラ



にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

映画『クリード 炎の宿敵』★二番煎じでなく次の世代だからこそのドラマが熱く


173873_1.jpg

作品について   http://cinema.pia.co.jp/title/173873/
↑あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。
前作の続きです。 

“炎の”というサブタイトルが、『ロッキー 炎の友情』をほのめかす。(^^)/
アポロ・クリードとイワン・ドラゴの対決を、
今度は、息子の代で。
と言っても、そこに、ロッキーのいる、三つ巴の関係を整理すると……

・アポロvsイワン →ロッキーがタオルを投げず、続行した試合でアポロ死す
・ロッキーvsイワン →ロッキーの勝利 イワンは名誉と妻を失う

前作で、あたかも、ロッキーが父を殺したかのような言動もした
アポロの息子アドニスですが、
“仇“というなら、ドラゴです。

一方、あの試合で、失うものが大きかったイワンは
息子を擁して、復讐に燃えていた。
そうして、アドニスに試合を挑む。
―――もちろん、因縁試合の勝ち負けだけでない人間臭が、とてもイイ!

▼~▼内容にふれて雑感です。
▼▼▼   

あれから、イワンは、復讐の権化になっていたらしい。
息子も、“人間核弾頭“ならぬ”人間凶器“のように、仕込んでいた。
負けると、世間は手のひら返しで、冷たくて…
妻は、出て行ったらしい…orz

アドニスは、チャンピオンとして、挑戦を受ける。
ドラゴの反則負けで、辛くも、防衛するが
半殺しの目に、遭ってしまう……(>_<)

ドラゴ父子は、“復讐“の一念で、再戦マンマンだが
アドニスは、何のために戦うのか、思い悩んでしまう….
(アドニスは、パパにもなった)
しかし、決着がついていない“因縁の試合”を、そのままにはできない。

前の試合では、ロッキーは、思うところあって
セコンドには、つかなかった。
(でも、やはり、ロッキーでないと、ダメだよ……)

ドラゴとアポロと、“三角関係“の試合を経験したロッキーには
ドラゴとの試合の重みは、誰よりもわかっていたと思う。
そして、ドラゴ父子が、地獄を見てきたように
死にかけて、地獄の閻魔に会いかけたアドニスには
地獄の特訓が必要だと、フンだ。

この地獄の特訓は、スゴかった!(>_<)
血と汗と涙と――ってやつです。
苦しくったって~悲しくったって~(『アタックNo.1』より)
重い~コンダ~ラ~(『巨人の星』より)
根性~根性~ど根性~の世界☆!(^^)/
「立て!立つんだ!ジ〇~~~~~!」の毎日。
地獄で、血ヘドを吐かないと、つかめない夢があるんだナ…….

ロッキーいわく、最後は、“気持ち”だと。(^^)/

アドニスも、父の“仇“と言う意識はあったが
挑まれたから、受けるーとか
やられたから、やり返すーだけじゃ、勝てない……
アドニスは、戦う目的と、向き合った。

そして、何より、家族・仲間に応援されて、
リングに向かったアドニス。
歌手の妻が歌う歌が、“出囃子”♪とは、燃えるナ~(^^)/

けれど、楽な戦いではない……(汗)
肋骨を攻められ、ダメかも…痛いし…(>_<)
けれど、ロッキーが励ますことには
そんなの痛くないし、どーってことないーってノリで押す。
ロッキーに言われると、そんな気がしてくる…?
それに、リング地獄で、仏=家族が、応援している!(^^)/
がんばれるゾ!アドニス!  ←10ラウンドあたりで、涙が…

さて、主役だから、アドニスを応援していますが
ドラゴ父子は、ただの悪役ではないのが、ニクイ…

イワン・ドラゴは、壊れた家庭は戻らなくても、
いつか、出ていった妻を見返したい、と思っていたよう。
自分にはムリでも、息子を通して。勝利したら、息子を誇ってほしいと。
そうして、見返せそうだったのに、試合の終盤
息子が不利になってきたら、母は、見限ったのか、帰ってしまった。
それを見た、ドラゴ息子は、気力が失せたように
アドニスに打ち込まれ、負けることに……
(短いシーンだが、とても饒舌☆)

なんだか、ドラゴ父子が、気の毒に…….orz
恨みとか、見返すとかーそんな気持ちから離れて、試合したほうがイイかも…

家族の問題は、ロッキーにも、あったっけ。
ロッキーの名が重くて、疎遠になっていた息子のこと。
ロッキーは、電話をかけたが、出る前に切っていたと言う…
会わない期間が長いと、“出逢う“敷居が、高くなる。
関係修復のきっかけが、むずかしい……

アドニスの試合後、ロッキーは、ついでを装って
息子宅に、寄ってみた。不安もあったと、思うが……
息子に逢うのに、なんの遠慮が要る?
なんの挨拶が要る?
逢いたかったら、逢いに来たーソレで十分でしょ!(^^)/
親子なんだから☆(^_-)-☆

▼▼▼   

ロッキー世代の息子同士の試合――ですが
二番煎じなどでは、なかった。
次の世代だからこその、問題やドラマがあった。
魅せてくれたなァ~(^_-)-☆

Yahooブログ→コチラ



にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

映画『川の底からこんにちは』★満島さんの“しょーもなさ“とフッ切る”絶叫“の妙☆


153768_1.jpg

作品について http://cinema.pia.co.jp/title/153768/
↑あらすじ・配役はこちらを参照してください

・佐和子: 満島ひかり☆

OLの佐和子は、父が入院したので、帰郷。
家業のしじみ工場を、継ぐことになる――

しじみのパック詰めに、既視感…(^^♪
観たことあったのに、忘れていたので
備忘録となります。(^^)/

満島さんは、“諦め”と“ヤル気”の“ネガポジバランス”が、
絶妙で好き!
トゲのある突き放しもあるが、ちゃんと拾う…(^^)/
「しょーがない」けど「がんばる」
「しょーがない」から「がんばる」
“しょーがなさ“を、うるさいほど、吐き出してくれるが(^^♪
“がんばる“に、すごく力を感じられるのが、イイ☆

▼~▼内容より雑談です。(^^)/
▼▼▼

元上司の彼氏が、退職し、
佐和子と結婚する前提で
しじみ工場を継ぐつもりで、子連れで、ついてくるが――

“エコ好き“なので、田舎の工場生活も、やっていけるとフンでいた。
だが、佐和子には、まんまと見抜かれる。
会社での失敗からの“逃げ“だと。
(エコを理由にするのは、地球に失礼だ!とも)
佐和子の実家である、社長家族に収まれば、
わりと楽に生きていける、と思ったんじゃない?( 一一)


ワケアリの佐和子は、はじめは
経営難の工場を、継ぐつもりはなく
父の入院で、とりあえず、帰郷しただけだったから
自分の人生の“ノリ“で、行動する彼氏に、憤る。

そこで、佐和子に言った彼氏の言葉。
「俺の事、好きなの?嫌いなの?」
↑コレ、個人的に“核心“です。(^^)/

愛し合う恋人同士は、私の理想で~す。(^^)/
好きだから、なんでも喜んでするし
なんでも、耐えられる――と言うのが……

けれど、現実は、生活に追われるんです…orz
時間的にも、経済的にも…orz
肉体は、愛のためだけに、使えるわけじゃなし(汗)
精神的にも、疲れ果てると、思考停止にもなる……
苛立ちや、怒りも湧き上がれば、ふと、涙が出ることも…orz
“好き“と言う感情は、意識のどこかに、イッチャう…

そんなときに、好きか嫌いか、聞くってか?( 一一)
好きーと言わせて、言いなりにしようってか?(>_<)
生活に追われて、好きとか嫌いとかー感じる間もないのに。(>_<)
↑佐和子そっちのけで、個人的に、怒ってマス。(汗)
(コレはあとで、
「好きとか嫌いとかいう前に、やることがあるでしょ!」と
佐和子のソーカツあり)

佐和子が、“しょーもない“と感じ、5年間、帰郷できなかったのは
男と駆け落ちして上京したあげく、捨てられたから。
(個人的には、どーってコトないレベルかと…(^^)/)
けれど、“田舎”だと、そのような醜聞は、ダメなのね…orz
従業員も、(自分の事は棚に上げて)冷ややか…

彼氏は、佐和子の駆け落ちを知り、ショックを受け
動揺の延長で、若い従業員の“誘い“で
二人で、東京に行ってしまう。
(イケてる上司の自分だけに夢中なOL-との思い込みか?)

置いてけぼりの娘(カヨコ)と、佐和子の関係描写がよい☆

佐和子も、母を亡くしていて
“新しいお母さん”というものに、複雑な思いを抱えていた。

佐和子の場合は、カヨコの母というより、
“女同士”と言う感じあり。
「アンタも、大した子供じゃないんだから、がんばれ!」
子供に、こんな励ましアリ??(^^♪
でも、保育園に通わせてあげて、送り迎えして
生活の面倒を看る――行動に、愛情があふれている佐和子。
なつくよね☆

結局、彼氏は、戻ってくる。
生活する場は、佐和子の家しかないのが、現実。
それは、折しも、佐和子の父の葬儀のとき。
父の遺言で、川に、遺骨を撒こうとしたとき。

好きか嫌いかーなら、好きなんだ…
彼氏がいなくなったとき、寂しかった自分がイヤだった、と叫びながら
父の遺骨を、彼氏にぶつけた佐和子。

それから、佐和子は、自分の“しょーもなさ“への
怒りともどかしさを、彼氏に、遺骨と一緒にぶつけ、叫んだ!!!!
そうやって
叫び、吐き出すうちに
おのずと、納得する“答え“が、出てくるんですね…

「しょーがないから、明日もがんばるね」

▼▼▼

ラストシーンの佐和子の絶叫は、しょーもなくなかった。(^^)/
川の底ならぬ、心の底では
愛を、乞うているんだナ…
誰もがナ……

Yahooブログ→コチラ



にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

映画『そらのレストラン』★日々の何気なさがじんわりくる味わいwithチーズ


175345_1.jpg


作品について http://cinema.pia.co.jp/title/175345/
↑あらすじ・配役はこちらを参照してください

・酪農家(設楽亘理): 大泉洋☆

“海の見える牧場“の設楽亘理は、
牛乳を卸している”大谷チーズ工房“で
10年、チーズ作りを教わっているが、デキは、今一つ――

と言うと、この話のゴールは、
亘理のチーズ作りの成功?
誰かの夢だったレストラン開店?  と思いそうですが
ゴールというより、“見せどころ”は
広――い北海道で
酪農・農業・漁業といった、労働を営む仲間との“日常”です。

だから、大泉さんたちの会話は、何気ない。(^^♪
(村の寄り合いで、おじさんたちが話してそうなコト)

以前、新宿の映画館で、“田舎“を舞台にした作品を鑑賞したときに
“田舎”の物語は、都会暮らしの人には、
ピンと来ない部分が、あるかもナ~と思ったことがありました…
生活感や、そこでの価値観というのは
ちょい知ることはできても、肌で感じるのは、理屈ではないからね…

大泉さんたちの会話や出来事は、モノ凄いものではないと思います。(^^)/
けれど、私の日常の延長であってでさえ
目頭が熱くなるシーンが、ところどころあった……
ナンてことないことなのに、人生の感動は、あるんだナ…なんて…

▼~▼内容にふれてだらだら雑談です。
▼▼▼

東京からやってきた(心機一転?)“岡田将生“くんは
牧羊をしていた。
逃げた羊を、亘理たち皆で、.捜したときのこと。
どうしても見つからない一匹を、岡田くんが、諦めようとしたとき
他の人に、猛反対にあった。
ソレは、逃げた羊が、よその畑を荒らしては困るから。
(生活かかってるってコト)
結局、見つかって、一件落着。(^^)/

亘理が、バイクで、ずーっと行った先に
大谷チーズ工房は、あった。
昔、設楽牧場をやめようとしたが
大谷さんに頼まれて、今まで、牛乳を届けてきた。
代わりに、チーズ作りを教わっている。

あるとき、年季モノのチーズを見つけた亘理は
食べてみたいーと思う。(私も~(^^)/)
(このチーズが、あとに、イイ“酸味”を放ってくる!)

いつものように、亘理らが、“産直市場“に出店していると
素材を気に入ったシェフが、料理し、ご馳走してくれた。

美味しいものは、人を元気に、幸せにしてくれますよね。
それに、作った人たちがわかっている素材は
親しみや、有難みも、ひとしおかと……
(スーパーで簡単に買える野菜でも、
作るには、手間ヒマかかっています。
でも、お残ししたり、粗末に扱ったりしてませんか?汗)

岡田くんの育てた羊が、テーブルに上がったとき
皆は、美味しく頂いていたけれど
岡田くんは、最初、食べるのをためらった…
育てたことを思うとね……

けれど、食する・頂くーということを
やんわりと、亘理=大泉さんに諭される。
(ココは、大泉節だから、いいんだナ~)
亘理の幼い娘が、美味しいョと言うのもイイ☆

命を頂くーと言うけれど
自分の命(血肉)になっていくものへの感謝は
キレイ事でなく、忘れてはいけないよね!(^^)/
(義母いわく、米粒を粗末にしたら、目がつぶれると…)

太陽・気温など、自然の恵みにも
手をかけて、作ってくれている従事者の方にも
感謝の合掌ですよ。(お残し禁止!(^^)/)

そんな自然の営みの中
人にも、寿命はやってくる……
大谷さんが、旅立った……
受け入れられず、混乱する亘理……

“日常“と言いましたが
今日は、昨日と同じ日ではない――と
改めて感じる出来事は、あります…
そして
明日が来ないのではないかーと思うほど
絶望に満ちてしまう“今日”も、あります…orz

シェフの美味しい料理を、ほかの人にも食べさせたくて
企画した、イベントレストランは
チーズを提供するはずの大谷さんの死で、延期となった。

~中略~  

葛藤の日々の後、亘理は、大谷工房で
アノ“年季もののチーズ“を、見つけた。

それにはよく見ると、10年前、亘理が、牧場を閉めるのをやめて
工房に、牛乳を納めた日付があった。
大谷さんは、“特別な日”のチーズを、ずっと取っていたのだ――
目頭が、熱くなった………………

いちいち、口にはしないけど
人には、それぞれに、悩み想うことがあって
自分で、強く、生きていかなければならないーと、思ってはいる。
けれど、いちいち口にはしなくても
誰かの心にも、自分と、つながっていた根っこがあるんだナ……

切ってみた、10年ものチーズの中身は
トロッとして、ホント、おいしそうなんだナ☆(^^)/

そうこうして、レストランは、“開店”した。
皆で食事する喜び☆
修行中の亘理のチーズも、振舞われる♪
チーズ作りも、これがゴールじゃない、たぶん。(^^)/

▼▼▼

仲間たちとの“日常“と言いましたが
非日常?なのが、UFO乞い?の踊り。(^^♪
あの広い大地なら、あの広い空なら
UFOの1機2機、飛んできそうな余裕もイイ☆(^^)/

Yahooブログ→コチラ


にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

映画『テス』★悲哀より愛に一途な女性として(^^)/


140899_1.jpg


作品についてhttp://cinema.pia.co.jp/title/3807/
↑あらすじ・配役はこちらを参照してください

・テス: ナスターシャ・キンスキー☆
(『ダーバビル家のテス』)
昔、観たのに、ナスターシャの美しい透明感しか、記憶になく
再見しました☆

時代や運命に翻弄されーなどと言いますが
封建時代の女性の運命は、特に
男性次第な気が、いたしマス…

二人の青年(アレックとエンジェル)が
テスの人生に、“揺さぶり”をかけます。
一人の人と、末永く愛し愛されたら、よかったのに…orz

そもそもの波乱と悲劇の始まりは、父親かも。(~_~メ)
彼は、歴史好きの牧師から
貴族:ダーバビル家の末裔のはずだと
入れ知恵されたことで、舞い上がる。

妻は、貧しさから抜けるために
今現在、ダーバビルを名乗る富豪に、テスを差し向け
親戚関係を築こうと、企んだ。

それは多分、“遠縁”としてよりも
娘の美貌をエサに、“結婚“を狙ったのではないかと。
テスの美しさは、無敵の透明感☆
無垢で清楚な空気が、作品を覆っていきます―――

▼~▼内容にふれてだらだら雑談です。
▼▼▼

今、羽振りのいいダーバビル家は、
実は、名前を買ったそうで、本家でも分家でもなかった。
テスの家は、本物でも、没落貴族…
人の行く末は、わからないもの…

とにかく、テスの母は、子だくさんだし
家計のために、家系を頼って  ←シャレです(^^)/
テスを、ダーバビル家に送り込んだ。

美貌のテスのこと。
案の定、そこの息子:アレックに見染められーただけでなく
手籠めに、遭ってしまう……orz
(たいてい美女は、そーゆー目に遭うから、腹立つんだヮ!
バ〇息子!エエ加減にせえ!(>_<))

テスも、成り行き上、ソノ気になりかけた?ようでも
愛人生活に見切りをつけ、アレックのもとを去った。
そして、身ごもった子供を一人で産むが
その子は、まもなく亡くなった。
(さらっと書いてますが、一人で出産し育てるのは、
経済的にも体力的にも精神的にも、大変なこと。)

アレックの愛人に戻ることなく、テスは、酪農場で働き始め
そこで、牧師の息子:エンジェルと知り合った。
(実は、冒頭、娘たちがダンスを踊る場で、通りすぎるように
二人は、顔を合わせていた。)
テスが、アレックに、気が進まなかったのは
すでに、エンジェルに、漠然とした恋心が、あったからなのかナ…

相思相愛になった二人が、このまま結ばれてほしい!と思いつつ
気になるのは、テスの過去のこと…

本当に好きなら、その人の“全て“を愛せるものだーと信じたいのですが
人は、それほど広い心を持っているとは、限らない…orz
テスの母は、テスに、アレックとのことは絶対に話してはダメだ!と。
(“全て”には、含まれないものもある…汗)

けれど、テスは隠したくなくて、告白してしまった。
でも――他の男の子供を産んだことがある――などと
聞かされたエンジェルは、ショックを受けてしまった!
ピュアなテスのイメージじゃない…と…

取返しのつかないもどかしさが、苛立ちになったのか
貞操観念がないとか、無垢すぎて愚かだとか
ケチョンケチョンに、テスをけなすエンジェル。(>_<)
新婚なのに、愛想をつかしたエンジェルは
テスを捨てて、ブラジルに行ってしまった……orz

愛とは、案外、もろいものだ……………
夢が覚めるような出来事があると、一瞬にして、悪夢に変わる…
いや、初めから、自分の思い込んだ“イメージ“という”まぼろし“を
勝手に、いじくり回していたのを、“愛“だと錯覚していたのかも…orz

ピュア天使テスちゃん♪のイメージを、自分で作って壊したエンジェルは
テスの、“人間としての本質”は、見ていなかったのかも……
テスが、味わってきた辛苦を理解して、
本当に、彼女を“見る“ことができるのは
彼自身が、苦労したときなのかも。(ブラジルででも)

けれど、時は、待ってくれなくて
テスの父が病死したことで、母子は、家を追い出されてしまった。
そんな折、あのアレックが“援助の手“を差し伸べてきた。
つまり、今度こそ、テスを自分のものにしたいと。
(結局、女の運命は、そーゆー話になってしまうの…orz)
家族のために、“身売り”したテス…….

そのまま、テス一家は生き伸びていくのか――と思いきや
エンジェルが、戻ってきた!

ブラジル行きで、苦労もしただろうし
離れてみて、テスの存在の大きさにも、気づいたのかも…
捨てたくせに(汗)、彼は、必死に、テスの行方を捜した。

そして、執念と運命が、再び
テスとエンジェルを、引き合わせたのは
アレックの屋敷だった――(>_<)

遅すぎるヮーと、一度は、拒絶したテスだが
焼けぼっくいについた、火の回りは、早かった。
テスは、アレックを殺し(!)
エンジェルの後を追った。
今、彼を逃したら、もう一生、逢えないかもしれないもの!

エンジェルは、殺人犯:テスを、今度は受け入れ
二人は、逃避行の彷徨へ―――
↑ココは、絶望的状況で
愛の描写としては、刹那的で、繊細で、儚げですが…
だからこその、“真の愛”を、感じるひとときでもあります。(^^)/

結局、テスは逮捕され、処刑されたらしい……
美しくも、幸せ薄い女性だった――??

けれど、愛する人が、迎えに来てくれたじゃないの!\(^o^)/
そして、人を殺してまで、自分の元に戻ってくれたテスを
今度は、守ってくれたエンジェルとの“道行き”は
決して、地獄への旅ではなかった、と思いたいのです………

▼▼▼

そんなこんなのテスは、愚かですか?
(愚かなほど、無垢ですか?)

いや、愛する人と、ただまっすぐ、幸せに生きたいだけなのに
女の道に、とんだ邪魔が、入ってしまったの…orz
でも、最後には、やっと、欲しい愛に寄り添えたのなら……
結末は、悲劇でも…

今度は、テスを、愛に一途な女性として、記憶できそうデス!(^_-)-☆

Yahooブログ→コチラ



にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村


テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

映画『夜明け』★心のかさぶたをはがしていく柳楽優弥、最高!(^^)/


176043_1.jpg

作品について http://cinema.pia.co.jp/title/176043/
↑あらすじ・配役はこちらを参照してください

・“シンイチ”: 柳楽優弥☆
・テツ: 小林薫 木工所社長


秘密を抱えた青年と、忘れられない過去を持つ男――
その二人の、出逢いの行く末が気になって、鑑賞しました。

コレは、シーンの積み重ねに、意味と面白みがありそうなので
ほぼネタバレ無しで、ご覧くださいませ。(^^)/
裏返されたシーンが、あとで、表に返されてわかっていくーというような
伏せられた写真を、ひっくり返して知ることとかーオット!(^^♪

テツは、川辺で倒れていた“シンイチ“を、自宅に連れてきた。
話ながら、タバコを吸おうとしたテツに対し
“シンイチ“は、急に、キビシイ視線を向けた。
お粥を、ごちそうになっているのに?(^^♪
テツの家なのに……(~_~メ)
時節柄、全面禁煙の波???
―――実は、コレにも、深いわけが…….(^^)/

▼~▼まずさらっと雑談です。
▼▼▼

ワケアリ青年を自宅に住まわせ
家業の木工を教えるテツ。
最初は、受け身だった“シンイチ”だが
テツの“事情“を、人から聞いてから
心境が変化し、同僚ともいい関係になり
そこでの生活が、日常となっていく――
それで、人生の“夜明け“が来るほど
人をとりまく闇は、浅くはないの……orz

ワケありだの、過去だのーということを知ることは
誰かのかさぶたを剥がすーということでもある。
それは、その人自身の痛みだけでなく
関わった人に、新たな傷を、残すことでもある……

そんな痛みの中にある、柳楽優弥は最高だ!(^^)/  敬称略☆
そして、自分も、かさぶたをもっている小林薫さんの
痛みを紛らせようとする姿は、泣き笑いのようで、切なくもある……

▽▽ネタバレなので要反転!


“シンイチ”は、たまたま名乗った偽名だった。(本名は光)
そして、それは、事故死したテツの息子の名前でもあった。
テツは、息子が帰ってきた気持ちになったのだろう。
このまま、木工所を継がせようという希望も、もってしまう。

“シンイチ”=光も、自殺未遂(入水)からの生還であり
仏壇に伏せてあった、テツの息子の写真(茶髪)を見てから
茶髪に染めた。
なりすましーではなく、別の人間になりたかったのかも…

しかし、近所の大学に通学し、生活圏だったこともあり
かつてあったファミレスのバイト青年だったと、人に知られてしまった。
そのファミレスは、火事で焼失し
店長は、最近、亡くなったと言う。

“シンイチ”は、そのとき、ガス漏れ臭がしたのに気づいたが
すぐに報告せず、店長が、タバコを吸おうとしたときに
引火・爆発した――と、テツに告白した。
そして、店長の見舞いに行った折、亡くなったことを知った“シンイチ“は
罪悪感で混乱し、自殺を、図ったらしかった。
(“シンイチ“をテツが発見したとき、そばに花束があった)

火事は、“シンイチ“のせいとは言えないが
彼には、実家にも問題があった。(期待されている兄との格差)
困ったときに、変える場所がなかった??
(家屋と言うことでなく、心を収める場所という意味で)
孤独的絶望感?

絶望する理由と大きさは、人それぞれだが
“シンイチ”には、テツが、必要だったのだと思う……

テツとて、事務員の女性と再婚し
前妻と息子の事故死の喪失を、乗り越えるふうだった。
が、“シンイチ”の出現により
息子=“シンイチ“への期待(生きる支え)が、高まってしまう…

そのため、女性との関係が、不安定になるばかりか
結婚披露宴は、“シンイチ“の跡継ぎ披露の様相に…(汗)

もし、ファンタジーならば
光が、“シンイチ“として生きるハッピーエンドも、ありなのでしょう。

けれど、隠すことに疲れていた光は
披露宴の場で、自分の本名を名乗ると
そのまま、会場を飛び出した!

一度、自分の命を葬ろうとし、助かって
自分の名前と存在を、消すことで(葬って)
再び、生き直すことができた光。
(矛盾するようだが、そんなものかもしれません……)

けれど、落ち着いてきたら
やはり、自分は、自分以外のナニモノでもなく
自分自身を偽って生きることなんて、できないよね……

光が、走って出て行った先は、夜の深い闇ではなかった。
朝日が、新しい朝を告げていた。
光は、踏切で立ち止まったけれど
さあ、遮断機は上がった。
彼は、今度は、しっかりと、歩んでいくのだろうと確信して終わる。
(テツも、自分の現実を、幸せに生きていってほしいゾ!)

▽▽
▼▼▼

ラストの柳楽優弥の顔がイイ。    敬称略(^^)/
これからが、彼の本当の夜明けだ!
力強い眼差しの“光“を、信じてるョ!(^^)/

Yahooブログ→コチラ


にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

映画『クリード チャンプを継ぐ男』★ロッキーの生きザマを映す新たな希望(^^)/


168484_1.jpg

作品について http://cinema.pia.co.jp/title/168484/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。

『ロッキー』の続編―ということでしたが
私の中では、『ロッキー』は永遠に不滅―のまま終わっていたので
コーチになってもナ~……などという想いが、ありました…

けれど、この作品の、さらに続編ができて
感動モノ☆というので、気になりました。
『ロッキー』がらみの感動も不滅か―――?

――見てみたら、
~ロッキーがコーチになって、後進を指導しました~
という一言ではわからない、熱いモノがあった……
と言うか、あの不滅の『ロッキー』を知ればこそ
目頭が熱くなるシーンも……

▼~▼ネタバレで雑談です。  
▼▼▼

主人公は、ドニー・ジョンソン。
チャンピオン:アポロ・クリードの愛人の息子。
始めは、アポロの息子であることを隠し
クリードの名を、伏せていた。

義母(正妻)が育ててくれて、就いた定職も捨て
父アポロの後に続くべく、ボクシングの道に進むことを、決心する。

↑この気持ちョ……
生まれる前に父を失ったドニーが、父の影を慕う気持ちかもョ…
偉大な父の話を聞いただけでは、足りないのョ…
もう逢えない父に、少しでも近いところに居たいーような気持ちは
死んで失いたくなかった気持ちと、一緒かもしれない。
だから
それは、自分の心のコトであって
父の名で、七光りを受けたいわけではない………

親の名前の重さに、苦しむこともあって
ロッキー家の息子は、そうだったらしく、
離れて暮らし、ロッキーの一人暮らしも、寂しい……

そんなロッキーは、家族や親しい人と死に別れたりして
もう、この世に未練も無いようで
病気がわかっても、闘病意欲もないと……

このときすでに、ドニーは、ロッキーの指導を受けていて
ロッキーの一言一句は、ドニーだけでなく
観る者にも、かつてのロッキーが、鼓舞されているようで
1つ1つ、熱く、胸にひびく。
それは、もう、家族と同じくらいの一体感も、感じるほど。

だから、自分には親しい“家族”がいないからーと
治療を拒否したとき、ドニーは、どんなに淋しかったろ…orz

~略~  長くなるので(^^)/

展開は、ところどころ、ロッキーシリーズのエピソードと似たような
エピソードが入るけれど
それはあたかも、ドニーが、父と同じ運命を生きているようでもある。

ドニーとの絆は、ロッキーの闘病パートナーにもなり
家族の絆になっていったのが、温かくて良い。
あ、ドニーのガールフレンドも!(^^)/

そうして、最強チャンプとの試合を迎えたドニーは
『クリード』の名を背負って、勝負した。
(『ロッキー』が、ロッキーであるように☆)
その勝敗は、ロッキーvsアポロのようだったかも……?
ドニーは、勝利できなかったが、試合は負けてなかった――的な…(^^♪
だから、次に続く!(^^)/

▼▼▼

ラストシーンが、ニクすぎる!!!!
美術館前の階段ョ!!!(^^)/

ああ、かつて若きロッキーが
元気いっぱい駆けあがった階段ョ…
あのときは、希望に期待しつつ
トレーニングのワンシーンとして、見ていただけだった…

今、この階段を上るとき、ロッキーは、途中、休んだ…………
涙が、あふれてきたョ……
でもそれは、ロッキーが老いたからではない……

歳月は、残酷に、風化させるとしても
つかんだ栄光の事実は、消えることはない。
歳月は、大切なものを、奪っていくとしても
新たな希望も、きっと、どこかに残しているはず

ロッキーの傍らには、若さみなぎる、ドニーが居た。
ロッキーの魂を継ぐ、若い力が!

ああ、この作品は、ロッキーとその世代に
希望を、残してくれてるのかも……
見てよかった!(^^)/

Yahooブログ→コチラ



にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

映画『マスカレード・ホテル』★ホテルライフを楽しみながらミステリー(^^)/



174315_1.jpg


作品について http://cinema.pia.co.jp/title/174315/
↑あらすじ・配役はこちらを参照してください

・原作: 東野圭吾☆
・刑事(新田): 木村拓哉
・フロント係(山岸): 長澤まさみ


連続殺人事件の次の事件現場が、某ホテルだと解読した新田刑事。
犯人逮捕のため、警官が、ホテルスタッフとなり、潜入捜査する――

これは、面白かった!(^^)/
犯人さがし―という、ミステリーもですが
入れ替わりやってくる、クセモノ宿泊客のエピソードの数々が
飽きさせない!
なにより
ホテルマン:山岸が、接客の心得を
協調性乏しい、新田刑事に叩きこんでいくのが、心地よい。(*^-^*)

▼~▼内容にふれて雑談です。(犯人は内緒(^^)/)
▼▼▼

まずは、山岸の“接客姿勢”に、感服です。(^^)/
~~お客様は神様です~~
を、体現した感じ……敬服です。
(個人的には、出張先のホテルで
お客様風を吹かせないように、気をつけマス。(^^)/)

接客・対人業務は、大変ですよね….(自分含む)。
ムリを通そうとする人は、困りますね…(~_~メ)
ダメなものは、ダメなのョ…orz
一回、親切心で、“例外“を作ってしまうと
次も、“例外“を要求することあるので
“例外“や”特例”は、作らないほうが、最善かと……(汗)。

備品盗む?客あり。
様子が変な客あり。
不安げな客あり。  ―客でなくて、お客様でした。(^^♪
ムリを要求するお客様=神様なら
その要求を、ナンでも叶えあげる山岸こそ、神様デス。(^^)/

新田刑事に、そこまでできる?(^^♪
彼、人に頭下げるキャラじゃないョ….
(キムタクでなく、新田さんですョ(^^)/)

そんな新田が、“捜査“のため(とはいえ)
段々
腰の低いホテルマンになっていく姿は、興味をひく。
特に、アノお客様の、イジメ的“難題”には、よく頑張った。(^^)/

警察側もお客様も、豪華キャストで
誰が、事件のカギを握っても、おかしくない中
終盤になって
通りすぎた“事柄”が、再び、意味をもってくる。
そして、犯人が絞られ
危険が、迫ってくる!(>_<)
危うし!(危ないのは誰だ!(^^)/)

そして、すっかり、ホテルマンが板についてきたキムタクが
再び、刑事の顔になって、犯人確保する!(^^)/

▼▼▼

出張で、何回も来てるのに
「初めてでいらっしゃいますか?」
と言われると、ちょっと、寂しい気もするが…(汗)
大勢さん相手なら、覚えてないですよね。
クレーマーでもないと……(^^♪

ひととき、ホテルライフを楽しんだ気分になれるのも、良い♪

Yahooブログ→コチラ




にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

映画『アリー/ スター誕生』★レディ・ガガが歌い上げる愛と切なさと哀しみ

175053_1.jpg

作品について http://cinema.pia.co.jp/title/175053/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。

・歌姫アリー: レディー・ガガ☆  ←娘が大好き!

弾丸帰省の娘と観ました!
歌手志望の女性が、スターになっていく話だと思っていました。
もちろん、スターになりますが、ソコがゴールではなかった。

アリ―は、人気歌手ジャックに見出されて
歌手の道が開かれ、注目されていく。
一緒に活動する二人は、愛し合い、結婚します。
しかし、段々、アリ―のほうが売れてきて
ジャックは、アルコールに、溺れるようになる――

そんなストーリーを支えるのは、歌の力♪
ブラッドリー・クーパーの歌唱力にも、ビックリでしたが
『ラ・ヴィ・アン・ローズ』を歌い始めたレディ・ガガに、鳥肌!
彼女が歌うと、こうなるんだ~~~~~と、しみじみ…


▼~▼ 内容にふれて雑談です。
▼▼▼

売れていくアリーの一方で、翳っていく夫:ジャック…orz

この人のおかげで、“今の自分“があるーと思えば
その人を、ないがしろにはしたくない。
恩がある。

のみならず、愛する夫ならば、
どうにか救われる道を、捜したい――のだが
仕事となると、相手の意向を無視できない……
夫ナシでアリ―単品で、と言われたら、そうせざる得ない…orz

そうなれば、夫とて、面白くない。
愛し育てた歌姫アリーが、輝くのは、誇らしい反面
自分を追い抜いていくことに、“嫉妬”もあるだろう……
いや
“嫉妬“などする自分に、嫌気がさすだろう……
そうして、アルコールに逃げる夫…orz

↑コレ、大なり小なり、よくありそうです。(~_~メ)
一緒に、同じように、活躍したくても
どうしても物事には、順位がついてしまい
みんな仲良しーとは行かず、ライバル関係になり
人間関係にミゾができ、人はみな孤独なんだーと感じたり…orz

結局、夫は、足手まとい?になっている自分を、葬ってしまう…
ああ、切ないなあ…
アリ―は、愛していたのに……

夫を偲ぶコンサートが開かれ、アリ―は歌った。
レディー・ガガの歌の力で、セリフ以上に
アリ―が、夫を想う気持ちと悲しさが、迫ってくる―――
だけじゃないのが、良かった!\(^o^)/

それは、その歌を、夫婦ふたりで(作って)
歌っていたシーンに、切り替わったとき!

アリ―は、そのときのことを思い出しながら
二人で、歌っていたんだね……………
愛に、包まれながら……………
その回想シーンで、ますます、胸が熱くなった。

▼▼▼

ところで、この「アリー」は「ALLY」と書いています。
某日焼け止めは、「ALLIE」。
ちなみに
「ジュリー」は」「Julie」なんですが 
間違えて書かれることも、あったそうで
「Jully」はまだいい。
「July」     ←コレは、7月。ジュリーじゃないと仰ってましたっけ。(^^♪


Yahooブログ→コチラ



にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

映画『この道』★童謡の数々♪大森=白秋さんのゆるさが絶妙(^^)/

175542_1.jpg




作品について http://cinema.pia.co.jp/title/175542/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。

・北原白秋: 大森南朋
・山田耕筰: AKIRA


詩人:白秋の詩に曲をつけたら、童謡になった――
子供の頃、聴いて歌った歌(童謡)は
考えてみたら、そう遠い昔からあったわけでなく
大正時代の初期に、でき始めたらしい。(昔か?(^^♪)

詩人;白秋の半生を、歌と山田耕筰にからめながらも
わりとサラッと、眺めた印象でした。
が、登場人物は、与謝野晶子・鉄幹夫妻や、室生犀星・萩原朔太郎、鈴木三重吉etc.
そうそうたるメンツであります!(^^)/

劇中にもある『からたちの花』の一節で
♪お母様と馬車で行ったよ~ のイメージから
白秋さんは、お上品なお育ちのオジサマ、と感じておりました。

しかし、作品の冒頭から、白秋さんは
隣の人妻宅で、“膝まくら&耳そうじ“という、”ゆるキャラ”ぶり!(~_~メ)
(大森さんのゆるやかムードが絶妙☆!)

▼~▼ ネタバレして雑談です。
▼▼▼

隣の人妻は、夫と別居中だったので、まいっか――とは行かず
白秋さんは、姦通罪で逮捕されてしまう。(そんな過去があったとは!(>_<))
保釈金は、与謝野鉄幹さんが払ってくれた。(豪華な展開かと(^^♪)

その人妻を経て、結局、3人目の妻と、落ち着く白秋さん。(子供ふたり)
詩が、リズミカルで調子イイ♪ということで
童謡の話が持ち上がるが、白秋さんは
姦通罪にもなった自分が、童謡なんて―と、動揺する……(←シャレです(^^♪).

作曲者は、山田耕筰☆!\(^o^)/

山田さんと言えば、私が小学生のときの印象だと、
地元の中学校の校歌も作曲していて、身近に感じつつも
ベートーヴェンと同じく、スゴイ音楽家♪。
(音楽室の写真が、同列だったからか)

そんな山田さん♪に、曲をつけて頂けるなんて!\(^o^)/
とは、当初、白秋さんは、思わなかったんだナ、これが……

白秋さんは、自分の詩は、詞ではないーと言った。
曲をつけなくても、自分の世界観は、確固たるものだと。
うーむ、なるほど………
確かに、白秋さんの“詩“は、すでに
うたって(歌って?唄って?詠って?)るようなものかも……

けれど、鈴木三重吉さんは、“白秋&耕筰”というゴールデンコンビが
今、作らなければ、“子供が歌える歌“が生み出せないとして
プッシュする。(プロデュースと言うべきか)

そうして、ラジオ生放送されたのは『からたちの花』。
(由紀さおり&安田祥子さんの歌でどうぞ♪)
コレは、聞きほれてしまいますが
山田さんが“粋”すぎて、変化するメロディラインが
子供には、むずかしいかもと……(汗)(慣れればいいのかな)

やがて、昭和になり、戦時ムードになり
童謡より、軍歌の時代に。

白秋さんでなくても、“軍寄り“の歌は、作りたくなかったと思う。
けれど、『君死に給う事なかれ』の与謝野晶子さんとて
大尉になった息子を想い、詠んだ歌は、戦意高揚……orz
時代には、逆らえない…orz  (治安維持法あり)

生活もある。
白秋さんの妻は、仕事を選ぶ夫に対し
詩人の妻ではなく、子供の母親だからーと言って
白秋さんに、時代への迎合を促した。
(子供を生かすためなら、自分をコロすよね……)

そんなとき、切ないのは
昔、白秋さんと遊んだ、小さかった男の子が(よその子)
出征する折、白秋さんに、明るく挨拶していったとき。
あのあどけない子の未来に、戦争が待っていたとは……orz

童謡を作るとき、白秋さんは、
子供たちの、健康で明るい未来を、思い描いていたと思う。
それが、こんなことになってしまったとは…orz
崩れるように倒れた白秋さんに、“失望“の形を見たようで、胸が痛かった……

物語は、年老いた耕筰さんが
白秋さんを回想する形で、進むのですが――
戦争の終わりを見る前に、白秋さんは、若くして病死していた。(57歳)

『この道』について、白秋&耕筰さんが、
並んで、“道“を歩くシーンが
繰り返される。

♪この道は~いつか、来た道~

歌を作っているときに、二人が、それぞれに
自分の思い出や過去を、思い出していたように
(耕筰さんも苦労したらしい)
人は、コトあるごとに、ああ、あのときは――と思い出すものです。

同じコトを、思い出しても
感じ方は、違っていて
それほどのコトではなかったコトでも
思い出してみると、涙が出るほど
感慨深く、かけがえのないものに、なっていたりしませんか……?
白秋さんについて語っていた耕筰さんが、涙をぬぐったように……

校歌つながりで、(私の母校の校歌は、このコンビではなかったけれど)
小学校のことや中学校のことが、思い出されました。
(今は、HPがあったりする!)
『この道』をBGMにHPを見ると、もー懐かしくて、なんも言えない……

▼▼▼

見終わったときは、あっさりした印象でしたが(^^♪
大森さんで、白秋さんの生きざまを、(連ドラででも)
もっと、じっくり見たい気持ちに、なってきました。(*^^)v

ちなみに、
コレは、俺の詩じゃないゾ!と言った『赤とんぼ』の作詞は
三木露風さんです。(^^♪
耕筰さんの名曲♪(*^^)v

最後に
『この道』~EXILE・ATSUSHIのバージョンが聴けるの良い♪(^^)/

Yahooブログ→コチラ



にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

映画『デイジー・ミラー』★美しい小悪魔ちゃんとの出逢いと末路with金魚の…(^^♪

5178RG5CQML.jpg


作品について  http://cinema.pia.co.jp/title/805403/
 ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。
・原作: ヘンリー・ジェイムズ
・デイジー: シビル・シェパード☆  アメリカからヨーロッパに来たばかり
・フレデリック  在ヨーロッパが長いアメリカ人

アメリカ文学の研究関係で、作品の背景や解釈などは
すでに、色々されているので、そちらに。(^^)/

一言で言えば、
新大陸からヨーロッパに来た、じゃじゃ馬系“新人類”のような女子と
ヨーロッパ慣れした、実はアメリカ人青年との、出逢いです。
とはいえ
ハプニングのような出逢いから、恋に落ちた二人が
ついには結ばれるーような、ラブコメではありません。

彼女は、初めから終わりまで、“奔放”に通りすぎて行った――
それは、何故なのか?
二人の間に、お友達以上の感情が、なかったから???
いやいや……それなら
彼は、デイジーに、
ただ、ブンブン振り回されただけの男になってしまう(汗)。

しいて言えば、
“終わり”には、彼の心には、デイジーへの想いが
あったはず。ただし、けば立った糸のように…
↑終わり方は、心に、“永遠”を残すかのような……

最大の魅力は、デイジー=シビルの、美しい小悪魔ぶり!
自由・奔放は、下品・素行不良と、紙一重……。(汗)
ちょいワル美女ちゃんに、惹かれる気持ちは、わかる…(^^)/
作品は、彼=フレデリック目線なので
まずは、デイジーに、一緒に、振り回されましょう。(滝汗)(^^♪

▼~▼内容にふれて雑感です。(浅くてスミマセン)
▼▼▼   

“奔放“の1つは、異性関係のこと。

と言っても、モノスゴイことではなく
男友達(取り巻き)が、そこそこいたーという程度。
スイスで出逢ったフレデリックにも、初対面で、そう宣言したことが
フレデリックの垣根を、低くしたかもしれない。
自分も、“取り巻きのひとり“くらいならイケそう?ーと思ったかどうか
それから、フレデリックは、ほぼ“”金魚のフン“状態になる…

すぐさまデートしたのは、古城。
しかし、ロマンチックではない――(>_<)

デイジーは、喋りだしたら、機関銃のように
一人でまくしたて、“語らい“にならないばかりか(汗)
フットワーク軽い“お姫様“は、さっさと歩き、走り
フレデリックの手から、すり抜けるよう、振舞う。
まるで、私はすぐには落ちないわョーと言わんばかり…(~_~メ)

挙句の果ては、フレデリックが、自分と同じ旅程をとれないと知るや
他に女がいるんでしょ!と
へそを曲げて、帰りだす……(人には都合ってものがあるのに…( 一一))
↑コレは、“奔放“というより、自己チューわがまま???(>_<)

そうこうして、ロ―マで再会したとき
デイジーは、イタリア男性と、親しくなっていた。
と言っても、彼氏ではなく、“お友達“―と言うより
彼女の美貌に落ちた、金魚のーいや、取り巻き的存在。

だからなのかな。
デイジーが、世間体を気にしないのは。
ソレくらいの気軽な存在なのでは…????(汗)

公園で、その男性と、連れ立って歩くだけでなく
金魚のフン的:フレデリックと3人で
“両手にフン男“状態で歩くデイジーを見た“貴婦人“には
はしたない!けしからん!出禁だわ!と、思われてしまう。

フレデリックも、男性の件は、デイジーの悪気のない、気まぐれ奔放の1つー
と思っていたかもしれないけれど
公園で、二人が、傘にかくれてキス??するのを見てしまう…

デイジーは、その男をどの程度、どう思っているのか?
そして、自分は彼女の何??(←フレデリックの心の声)

フレデリックも、アメリカ人だが、祖国を離れ、
ヨーロッパナイズされていて、伯母の助言もあって
デイジーとは、イエ~イ!ハイタッチ!のようなノリで付き合うことに
ムリは、感じていた。
初対面では、“垣根”は、低いと思ったが……?orz

ある月夜、コロッセオで、偶然、フレデリックは
あの男と二人でいるデイジーと、出くわした。
婚約はしない、と言っていたことに、安心していたフレデリックだが
フレデリックは、あの男ほどべったりと
“金魚“に、ひっついてはいない――
フレデリックは、彼なりに、“紳士的に”“好意的に“
お堅く、接してきたが……

そもそも、デイジーはどうなのか?
そのとき良ければいいじゃない的な生き方は、下品だと
貴婦人は、言っていたが
デイジーは、月夜のコロッセオに行ってくれる相手が
たまたまいたから、一緒に行った程度なのでは?

その後、デイジーは熱病にかかり、あっけなく亡くなった―――

葬儀の日、あのイタリア男は、悲しむでもなく
ただ美しいものに群がった虫?のようであった。
(そもそも見舞いにも来ず。フレデリックは行ったゾ!)

かといって、フレデリックも、
恋を失った男―のような喪失感でもなく
いや、失う恋すら手にしていない、敗北感か…orz

可愛そうなデイジー。
奔放でも自己チューでも、世間知らずでも、いい……
これから、“大人の女”になる可能性はあったのに……
―――などと、思いつつ
ココは、そんな終わり方を狙ってなさそう。

本当は、デイジーは、フレデリックに
“恋心”を、感じていたかもしれないけれど
“取り巻き“(=金魚のフン)との接し方しか知らずに
本当の愛の悦びを知らずに、散ってしまったよう……orz

フレデリックは、お行儀のよい“金魚のフン”のまま
彼女と出逢う前の、“紳士”に戻っただけ――
そう言えば、そんな娘もいたよね……
そんな思い出だけで終わる女性では、なかったはず…orz
さよならのハサミで切ったはずの、心の糸は、けば立ったでしょ?

▼▼▼   

ラブロマンスとしてなら
片方が、永遠の存在になるとしたら
もう片方は、時間の止まった存在か―――

すごく、ざっくり言えば
美しい小悪魔ちゃんは、永遠に無敵な気がする。(^^♪


Yahooブログ→コチラ



にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村


テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

映画『世界にひとつのプレイブック』★折れた心には恋の成就が特効薬かと(^^)/

161241_1.jpg


作品について  http://cinema.pia.co.jp/title/161241/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。
・原題 :  SILVER LININGS PLAYBOOK

・パット: ブラッドリー・クーパー  躁うつ病 教員だった
・ティファニー: ジェニファー・ローレンス☆ ←目当て
・パットの父: ロバート・デ・ニーロ

愛する配偶者を失い、心が病んだ男女が出逢い
“再生“していく――
という筋書きもですが
ジェニファー・ローレンスの、存在パンチ力が、イイ!(^^)/
尻軽っぽさ(汗)と、心の闇を映すまなざしと
それでも折れずに、希望を求める骨太ムード絶品☆!

前半は、退院したパットの不安定ぶりに、
同居の両親とともに、振り回されますが(汗)
ティファニーの登場で、ストーリーの芯がしっかりしつつ
より、破壊的なインパクトも…(^^♪

“再生“アイテムは、二人で踊るダンスコンテスト☆
優勝して感動フィナーレ!……ではない。(^^♪
優勝までしなくても、再生はできる!(^_-)-☆  オット

▼~▼ ネタバレして雑談です。
▼▼▼

ダンスのほかに、キモなのは、アメフトの試合がらみ。
パットの父は、イーグルス応援に夢中。(←ノミ稼業で必死)
勝利パワーと、家族の絆のため、
パットに、一緒にTV応援することを、しつこく迫る。

このデニーロ・パパが、“ファミリーの結束“を
語るとき、“ゴッド・ファーザー”に見え
すごく説得力を感じ、逆らえないムードむんむん…(^^♪

あるとき
会場出禁の父に代わって
イーグルスの試合の応援に行ったパットは
乱闘騒ぎに、巻き込まれてしまい
挙句、イーグルスは敗北。 (父のノミ代パアになる…orz)
ダンスの練習にも行かれず、ティファニーに雷を落とされ
散々なことになってしまう……

父の損失分を、“賭け”で取り戻すため
アメフトだけでなく、ダンスコンテストも、“賭け“の対象にすることを
ティファニーが提案する。
(↑このときの白熱のプレゼンも必見!)

そもそも、パットのこと。
彼は、妻が浮気したことで、心が壊れてしまった…orz
浮気相手を殴り 
妻とは接近禁止になり、元サヤは無理なのに
復縁を切望する。
そんなとき、友人の妻の妹(ティファニー)に出逢った。
ダンスの練習の相手をすることで
元妻に手紙を渡してくれる、というので、ダンスを始めたパット。

ティファニーも、不安に揺らいだ未亡人。
関係修復の途中、夫は、事故死したという……
その後、彼女は、心のスキマを埋めるように
職場の男女問わず、関係を持ちまくったらしい……(それでクビに…orz)

浮気がわかったら、どうします?
いや、“本気”の浮気です。
自分に愛情が無いーのがわかっても
自分が愛していれば、失いたくない一心で、攻めます?(汗)

理屈では、わかっているかもしれないんです……
もう、元に戻らないことを…
でも、愛している気持ちは、失いたくない気持ちと同じで
諦めきれないんですよね……(汗)

怒りや苛立ち、焦燥、自己嫌悪etc.で
いっぱいになった心は、バラバラになってしまう…….
気分転換?くらいで、世界や価値観が、すぐに変わるものでもないから
薬は必要☆――だが、飲むのも悔しい……??

ティファニーとは、“薬“のことで、話が合った。
わかってもらえる部分を見つけるのは、嬉しい。

ティファニーが、尻軽になったのは
多分、てっとり早く、人と近くなれるから……?
そばに居ると、心まで近くなった気になれる?
夫の喪失のスキマを、そんなんで、埋められそう??

――いや、彼を深く愛すればこそ、そんなことでは
愛の代償にならないことは、わかっていたと思う。
けれど、男女かまわず、なりふりかまわず
愛を漁るような行為を繰り返さざる得なかった、ティファニー。
そうすればするほど、虚しさと寒さが、増しただろうに…orz

心から、自分が愛する人からも
心から愛される日々が、欲しいのだ!
でも、それがむずかしくて…….(T_T)

ティファニーは、パットと、ダンスをしたいと言ってみた。
(↑コレ、相手を好きじゃなければ申し出ないョ。(*^^)v)
代わりに
元妻ラブのパットに、元妻との間を取り持つーと言ったのは、方便。
一緒に、ナニカするうちに、心が通うかもしれない。
ソレは、“尻軽な行為“より、ずっと意味がある。

と言いつつ、ダンス練習は、わりとさらっと。(^^♪
優勝が目的でもないし、プロを狙っているわけでもないし…
“賭け“の目標は、10点満中5点でOK.。(目標低い…)
一緒にダンスできれば、いい。(*^^)v

――と思っていたら、
元妻が観戦に来たのを、ティファニーは見つけてしまった!(>_<)
パットは、ティファニーが取り持ってくれたーと思い込むが……
急に、不機嫌になったティファニー。
わかる~☆                昔の私を見るよう…(汗)
正直な気持ち=パットが好きだから
今更、大人の対応は、できないの……

パットも、元妻~元妻~って、未練がましくて
もうとっくに、終わったんだし
ティファニーとの初対面で感じた、ビビビに、素直になれー!(^^)/

そうしたら、この男パットは
実は、ソノ気があったのに
ちょっと、もったいぶってたらしい。(~_~メ)
恋は、かけひきも、トキメキかもしれないけれど
ただただ苦しくて、切ないものでも、あるわけだから….
あなたの愛を、早くはっきり、見せて欲しいョ!(^^)/

▼▼▼

皆の手を借りて、立ち直れたというパット。
自分だけでは難しいことは、多々ありますもんね。
(バナナの鹿野さんも、仰ってた(^^)/)

アメフト会場で、ばったり逢った主治医が
イーグルスを、熱烈応援してたのも良かった。
心が通じれば、薬も飲みやすいかも☆
とはいえ
恋の成就が、特効薬かと(*^^)v


PS:パットが、サウナウエア代わりに、黒いゴミ袋を着てジョギングするシーンあり。
ちなみに、ゴミ袋着用ジュリーもありま~す!(^^)/   



キャプチャ

Yahooブログ→コチラ

にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

映画『ブリッツ』★ステイサムじゃけえスッキリするんじゃ(^^)/

156975_1.jpg


作品について  http://cinema.pia.co.jp/title/156975/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。

・刑事ブラント: ジェイソン・ステイサム☆ ←痛快目当て!
・ブリッツは、犯人のこと。(ナチスによるロンドン大空襲の意)

ブリッツは、警官ばかり襲撃する、極悪人。
ソイツを、ブラント刑事と相棒ナッシュが、追い詰めていく――
ステイサムなので、痛快必至に期待☆
タイプは ―警察じゃけえ何してもええんじゃー?
(『孤狼の血』より(*^^)v)

小憎らしい(汗)ブリッツを、追いつめて追い詰めた
ラストの“ケリ”の付け方が、最高だった!\(^o^)/
「この事件は、迷宮入りになりそうだな…」
↑ココ、最高☆

▼~▼ ネタバレして雑談です。
▼▼▼

ブラントが、新任のナッシュと組んだのが良かった。
ナッシュは、ゲイであることで、嫌がらせを受け
異動してきた。
ブラントは、偏見を持たず、彼の正義感を信頼する。
(絵は、お互いの個性が引き立つ感じ)

ブラントの、警察仲間のつながりあり
情報屋など、市井のつながりあり
それらが、つながり合って
犯人:ブリッツに、焦点が合ってくる。

逮捕歴満載のブリッツは、自分を逮捕した警官を逆恨みし
一人またひとりと、殺しを重ねる。

やがて、以前、ビリヤード場で、ブラントがしばいた男が
ブリッツだったと、ブラントは気づく。
自分も、狙われている……

そんなこんなで、一度は逮捕したブリッツだが
証拠不十分で、放免になってしまった!
また、だれか、警官が犠牲になる恐れあり。(>_<)

絶対、コイツが犯人だとわかっていても、放免されたり
罪のわりに罰が軽くて、すぐ出所し、野放しになったり…
犯罪者に甘い現実には、怒りともどかしさを、感じることがあります。
ああ、そんなとき、神様は沈黙せず
天罰を、下してくれたらいいのに……(人権派の方ゴメン)

そんな折、ブラントらは、同僚警官の葬儀に参列した。
警官の制服着用で、紛れ込んだのはブリッツ!
退席したブラントの後を、追っていった。
危うし!ブラント!(>_<)

▽痛快な結末ネタバレ  要反転


逆に、ブリッツを、建物の屋上に追い込んだブラント。
物証がないから逮捕されない、とせせら笑うブリッツは
余裕かましてナ~( 一一)

嬉しいのは、ナッシュとブラントが、同じ正義感だったこと。
警察じゃけえ、正義は譲れんのじゃー(^^♪
コイツは、生かしておけんのじゃ――
で、撃ち殺したブラント……(汗?)

↑いや、(汗?)は、いらんのじゃ。(*^^)v

制服警官コスプレのブリッツは、警官として
ブリッツに殺されたーということにすればよい。(*^^)v
「この事件は、迷宮入りになりそうだ」
もっともらしくつぶやいたブラント、最高!\(^o^)/

「闇奉行の俺に、証拠なんざいらねえんだ!」と啖呵切って
悪人を成敗した、闇奉行さまと同じくらい、ナイス☆(^^)/



▼▼▼

痛ましい惨殺シーンもありますが(汗)
ステイサムじゃけえ、スッキリ終わると信じてた☆
グッジョブ☆(^_-)-☆

Yahooブログ→コチラ



にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

映画『帰ってきたヒトラー』★帰ってきそうな現実味がコワい(>_<)

169463_1.jpg


作品について  http://cinema.pia.co.jp/title/169463/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。

ジャンルはコメディですが
笑ってる場合ではない危機感が…(汗)
あのヒトラーが、帰ってきちゃうんですから…

けれど
“危険度“は、”再ヒトラー“自身というより
人々の“本音”の中にあった.――?
(フィクションドラマだけでなく
“ドキュメンタリー“も、混在していた)

当初は、“時代錯誤な人になりきったコメディアン”と言う扱いで
テレビに出る、“再ヒトラー“。
彼が、市井の人に、生活上の“不満“を尋ねると
彼らは、かつての“指導者ヒトラー”に、
不満=本音を、語りだす。

▼~▼ ネタバレして雑談です。(個人的意見注意!)
▼▼▼

言ってはいけないコトが、世の中にはあって
じっと我慢の子で、耐えている人も
少なくなさそう……

特に目立った意見が
“外国人”への不満。

数年前、フランクフルトに行ったとき
難民受け入れ表明前、すでに
住民の3分の1が、外国人だと聞きました。
多いナ…と思いつつ、多種多様な価値観に、それぞれが対応しながら
うまく調和して、生活しているんだろうナ…と、漠然と感じましたが…

劇中、店員の女性は
“外国人の子供“の迷惑を感じても
面と向かって、叱れないと。
理由は、そのことが、“外国人差別“だと、逆に非難され
親に、反撃されてしまうと。(汗)

ある人は、ナチスという“十字架“を
ドイツ人は、ずっと、背負わされているから
言いたいことも言えない、と言い
もう、その呪縛から逃れたいーとも。

過去と向き合い、反省することは、大切なことだと思います。

しかし、“別件”についてまで、意見・要望を言えないなら
不満を感じると思います。

その不満を抱えたまま、“本音“を抑え込んでいたら
そんな状況を“変えてくれる人”の出現を、期待する可能性はあります。

“外国人への不満“は、一例ですが
誰か(どちらか)に、忍従?を強いるような事態が続くのは
世の中の安定を、欠きそう……(汗)

特に、“差別・ヘイト”は、デリケート。
差別だ!ヘイトだ!と一蹴し、
相手の言論を、封じ込めることがあっては
相互理解が、進まないどころか
憎悪が募り、相手を抑え込む手段に、思いが巡りソ…
ヒトラー的な人の出現を、許す結果に、つながりソ…(>_<)

この、再ヒトラーの話しぶりは、卒がない。
彼のペースに、飲み込まれてしまう…
言いくるめられる…
で、妙に、納得してしまう……?
イカンイカン!(>_<)(汗)

▼▼▼

市中。再ヒトラーに、襲い掛かった人がいたとき(←仕込み)
周囲の人は、襲った人を止めるだけでなく
ボコボコに、せんばかりだった。(←ドキュメンタリー)
人の心の奥底は、深い……

しかし
さすがに、ヒトラー礼賛作品ではないので、終盤
老女が、気も狂わんばかりに、罵倒したときには
彼の行った史上最悪の罪(ホロコースト)が、
赦されず、消えることはないことを、痛感する。

平和や安定には、“我慢“も必要?なのかもしれないけれど
バランスを、欠き続けていたなら、危険…?
我慢は、いつか爆発しソ…(汗)

皆が、WIN-WINで生きていくには、どうすれば…
日本も、他人事ではないので。(^_-)-☆


PS:ジュリーの『サムライ』の衣装の“ハーゲンクロイツ“は
やがて、“✖”になりましたっけ… 


Yahooブログ→コチラ



にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

映画『DESTINY 鎌倉ものがたり』★「ここは鎌倉だぜ」黄泉の国も江ノ電で♪

172484_1.jpg


作品について http://cinema.pia.co.jp/title/172484/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。

・作家: 堺雅人☆
・妻: 高畑充希


堺さんに期待して、鑑賞☆
「ここは鎌倉だぜ」 by堺
鎌倉は、魔物も普通にいる、魅惑のミステリアスな地。(*^^)v
魔物、ど~かな~(^^♪ との懸念なく
夫婦の日常に、引き込まれていたら
妻が、“急死“!(>_<)
夫は、妻を取り戻しに、黄泉の国に――

あらすじでは、取り戻しに行くのがメイン?っぽいですが
その前の、二人の日常と、ソコに関わる人々の状況が
伏線以上のドラマを、見せてくれました。

▼~▼ネタバレで雑談です。  
▼▼▼

夫が、留守中、絶対!納戸に入ってはダメだよー
と言ったのに、
妻は、すぐに、納戸に入ったし…(汗)。

夫婦でも、越えてはいけない一線?(スマホ盗み見etc.)はあるかもですが
ダメと言われると、“一心同体”の関係だと
見届けておきたい“覚悟“(興味?(^^♪)も、あるし…?
否、妻には、入っちゃダメ!は、入ってねーと同じ意味?(汗)
そこで見つけた“書き物“が、
作家の父子関係について、一石を投じていく。

死後、黄泉の国へ行くのを、先延ばしできるシステムは
心残りある人には、嬉しい。
自分のままで、現世延長できる。

けれど、家族の寿命と引き換えの、“延長“になることもあって
幼い子供と妻を残して、死ぬことになった男は
“魔界転生コース“を選んだ。(ジュリーか?\(^o^)/)
とはいえ、ジュリーのように美しい姿で、転生できるわけでなく
“魔物“なので、家族には会わず、遠くから見守ることに。

しかし、妻が、ほかの男と親しくしているのを見るのは、辛い…orz
家族には、幸せになってほしいが
自分の死後の“家族の幸せ“とは、どういうことか――
生還できないのなら
知らぬが“仏“で、成仏するほうが、いいかも…orz

良かったのは、田中泯さん=貧乏神さん☆
ケ嫌いせずに、妻が、親切にして
“シブイ茶碗”を下さる。
この茶碗が、あとで、思わぬ力を発揮してくれる。
貧乏神とはいえ、神様はありがたい存在!(^^)/
目先の損得でなく、親切はするものーという教訓☆

而して、黄泉の国へ行った夫;作家さん。
偶然にも、亡き両親に逢い、
出生の誤解も解くことができて、安堵する。

そして、見えている黄泉の国は、想像の産物だと言う。
作家は、持ち前の想像力を働かせて
妻をさらったマモノと、戦うことになる。

実は、このマモノは、前世の前々前世から
妻に、横恋慕してきたという。
前世から、ずっと、作家と妻は、結ばれ続けているので
今回は、妻の誕生を、遅らせてみたと言う。
なのに、年の差婚で、今回も結ばれた二人。

タイトルになっていますが、“運命”は強し!
マモノの怪力で、引き裂けるものでもない。
妻に小言(不満?)を言われたり、喧嘩もした二人ですが
それくらいじゃ、引き裂かれないってことです。
来世もずっと、結ばれ続けるわけですから……

なんだかそういうの、イイなあ~(^^)/

▼▼▼

レトロムードもよく、音楽も、素敵♪
「ここは鎌倉だぜ」
黄泉の国に行くのも、江ノ電だぜ♪

ソレも、イイなア~(^^)/

Yahooブログ→コチラ


にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

映画『合葬』★忠義だけでない死に急ぎwith粋な忍び逢い(^^)/


167082_1.jpg


作品について http://cinema.pia.co.jp/title/167082/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。

・原作: 杉浦日向子☆
・極(きわむ): 柳楽優弥

・柾之助: 瀬戸康史  武士メシのような…
・悌次郎: 岡山天音 …… 妹は極の許嫁だった

幕末。
なんだかんだで、彰義隊に入隊した親友3人。
将軍・慶喜の無血開城のあと、
新政府に抵抗した上野戦争で、命を落としていく――

幕臣として、死に場所を求める美学?もですが
日向子流は、そうでもなくて
江戸風情・情緒が、気になります♪

終盤の“月と笛“のエピソードが、粋!(^^)/

▼~▼ ネタバレして雑談です。
▼▼▼

ギラギラした柳楽=極の熱血ぶりが
幕末の血潮を、感じさせる。(^^)/

彼は、三人の中で唯一、将軍の“御見送り“をした。
(江戸城から出ていくはずが、金のしゃちほこ?(^^♪)
彼は、“御見送り“をした者にしかわからない感情があると言い
将軍のために、新政府へ、一矢を報いる覚悟を
彰義隊に、賭けていた。
極の顔つきは、殺気立っているのだが
負け戦をも覚悟して、死の影をまとった風情あり…

そのために、友:悌次郎の妹との縁談を、破談にする。
悲しむ妹のために行動した兄は、どさくさで
彰義隊に混ざってしまい、参戦までしてしまう……orz

一方、養子先を追い出された柾之助も
つるむように、彰義隊に入ることに。(^^♪
つるみながら、恋もする。(若者だもん♪)

好きな女から預かった、極への恋文を
読んでしまうや、破り捨てる柾之助。
親友とて、譲れないものもあるのだ。
ソレにしても、恋文を破り捨てるとは……(>_<)
お主も小さいヤツよの~~。

主(将軍)が、無血開城した江戸を
家臣(彰義隊)が、血の海にするのか!との批判も受けつつ(汗)
忠義だけでは測れない、武士の意地?もあり
なりゆき?もありで、ついに戦争が始まってしまう!(>_<)

流れ弾に当たって落命する者あり
切腹する者あり……←極
介錯してあげないのは、むしろ残酷ではないか?( 一一)

血みどろで、虚しく、終わろうとする中で
粋な“記憶“が、語られる。

悌次郎の妹の“告白”だった。
許嫁:極と、一度も逢ったことがないーと兄にウソを言ったが
実は、逢ったことがあったと言う。
ある月夜に、極が忍んできた来たと…
ソコが、粋なんですよ。(*^^)v

ある月夜に、彰義隊の上役が、笛を吹くシーンがあった。
そのとき
外を歩いていた極は、その笛の音に、心惹かれた様子で
月明かりを頼りに、“どこかに“行こうとしたシーンもあった。

そのときは、わからないままだったが
極は、月と笛に導かれるように
(破談にした)許嫁に、逢いに行っていたのだ。

破談は、彼女が嫌いだからではないことを
示したかもしれない……
今生の別れを告げに、来たのかもしれない……
彼女を想えばこそ、足が向いたのだろう。

妹は、兄には、極と逢ったことを隠して
(別れを告げるため)逢いたいとだけ、告げていたが
(それで兄は、極に、逢いにいき、そのまま彰義隊に入ってしまった)
月夜の夢のような忍び逢いは、大切な秘密にしたかったのかもナ~。
乙女心ナ~☆

死にゆく若者の話に、この“粋さ“は、救いです。(^^)/

▼▼▼

忠義の全面押しで、死に急ぐ若者の話―というだけでなく
粋なエピソードがあったのは、良かった。

月夜の忍び逢い…オット!
せっかくなので
もっと、艶っぽくてもよかった。(*^^)v



Yahooブログ→コチラ



にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

映画『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』★絶賛!大泉洋さんの人間味にグッとくる (^^)/



175880_1.jpg


作品について http://cinema.pia.co.jp/title/175880/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。

・鹿野さん: 大泉洋☆ ←絶賛です!
・田中君(医学生): 三浦春馬
・美咲ちゃん: 高畑充希

ボランティアの手を借りて
自宅で“自立“生活をする、
筋ジストロフィーの鹿野さんの実話だそうです。

鹿野さんは、存じ上げませんでしたが
大泉洋さんが、素晴らしい!!!
正直と毒舌が混在する、ユーモア☆
ニクメないナ~☆
体は動かせないが、言葉は巡る。
巧みな話術、おしゃべりに、言いくるめられ?、否(^^♪
心つかまれてしまいます。(^^)/

障碍者の方と、自分との関係性について
普段、接している方も、そうでない方も
それぞれに、想いを、新たにするかと。
何より、自分が、その人の立場ならー
それは、いつも、思っていたい。(^^)/

▼~▼ ネタバレして雑談です。
▼▼▼

↑とは、言うものの―――
その人の立場になった“つもり”だったのは
御体が御不自由で大変ですね――と言うことだけだったかも…
と、気づかされる……

もちろん、労わりや優しさの気持ちで
“して差し上げてる“としても
それは…上から目線!?だったかも…orz

鹿野さんは、ボランティアに“わがまま”を言って
“迷惑”をかけていることを、承知していた。
(美咲ちゃんは、夜バナナの件で、怒ってしまうが…)
しかし、彼曰く
誰かに迷惑(いい意味で)を掛け合っているのが、
生きていることではないかと

(↑コレ、大泉さんが言うと、イヤミでもわがままでもなく
すごく、ナットクする)

鹿野さんは、ただ、感謝の低姿勢でなく
はっきり、要望を言うように
他の人にも、本音で、対等に、接してくれることを望んでいた。
(それで、困ることもあるが……)

コレは、相性もあって、むずかしいけれど
イイ人間関係・友人関係も、そうですもんね。
同じコトを言ってもやっても、受け入れられる人はいる。
鹿野=大泉さんには、その魅力があった。
グッと来た~は、鹿野さんだけではないゾ!(^^)/

お喋り上手で、自分を、開けっ放す鹿野さん。
美咲ちゃんは、彼氏(田中君)に対するよりも
鹿野さんの前では、正直で居られることに気づき
惹かれつつあった。
鹿野さんも、美咲ちゃん大好き☆お気に入り♪

一方、美咲ちゃんは、学生だと偽って
田中君と合コンして、つき合ったことが発覚し
混乱し引いてしまった田中君と、疎遠になってしまった。
(ボランティアはするが、シフトをずらす)

そんなとき、鹿野さんは、しれ~っと
死にそうなフリをした!  ←みんなビックリ!(>_<)
悪い冗談……( 一一)
けれどそれは、疎遠になった恋人たちを、引き会わせるため。(^_-)-☆

鹿野さんは、美咲ちゃんが好きなのに
二人に仲良く、幸せになってもらいたくて
命がけの芝居をしたの…….

言葉では、よく言い表せないけれど
大泉洋さんの、あのムードを感じれば
鹿野さんの人間的魅力が、伝わると思う……

彼は、母に、冷たく接していたが
実は、親に、自分の介護を、背負わせたくなかったと言う――
それは、他人に押し付けるということではなく
介護や自立のあり方を、探りつつ
社会や制度に挑んでいたーとも言える。

もし、その人の身になって考えるーとしたら
その方の御体のご苦労だけではなく、私は
その方の置かれている“状況“も、含めて
考えを巡らせるべきだったーと思う。

しかし、制度や人を動かすのは、簡単にはいかないし
何が、最適なのかは、そのときにもよるから……
答えは、わからない……
けれど
病院や施設ではなく、自宅で“生活“することにこだわった鹿野さんと
支えた600人余のボランティアさんは
たまたまそういうケースがあったーというのではなく
一石も二石も、意味あるものを、投じたと思います。

▼▼▼

学生時代の“友人”に
「人に頼まない代わりに、頼まれない」と言った人がいた。
そう言う関係もアリなんだーと思いつつ、寂しい気がした…

頼り頼られ、助け合う(=迷惑をかけあう?(^^♪)ほうが
嬉しいし、あったかいと思う。(*^^)v

見終わったあとも、鹿野=大泉さんに
何か言って、ほしくなる。(^_-)-☆


Yahooブログ→コチラ



にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

映画『女と男の名誉』★一家の者なら恋でもスリリングな香りは残る


136552_1.jpg


作品について http://cinema.pia.co.jp/title/5837/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。

原題: PRIZZI'S HONOR (プリッツィ家の名誉)
・チャーリー(夫): ジャック・ニコルソン☆
・アイリーン(妻): キャスリーン・ターナー
・メイローズ(元カノ): アンジェリカ・ヒューストン
  ←パンチ力ある美女!

在アメリカのイタリア系マフィア:プリッツィ一家。
マフィア同士の抗争ではなく、一家の中のゴタゴタ。
と言うか、チャーリー夫妻がネック。
(ラブコメではないかと……(^^♪)

やくざさん作品は、ヤッタヤラレタが見どころですが
そのための大義(理由づけ)も、好きです。(^^)/

本作は、“名誉“(=”落とし前”?)の前に
愛し合った夫婦が、引き裂かれることになりますが
一家に、男の元カノが居るーというのが
事情も大義も、より複雑にして、良かったです。(^^)/
(ヤロウの殺し合いだけではないゾと。)

▼~▼ ネタバレして雑談です。
▼▼▼

ナンと言っても、ジャック・ニコルソンが、魅力☆
情熱的な恋に落ちるのも、ナットク☆
クール&シャープな、殺し屋風情も良い。
そして、哀愁も……

そもそも、二人が出逢った、一家の結婚式の頃から
女は、殺し屋稼業をしていた。
男は、マフィアの結婚式に来る女だから
堅気ではないーと思いつつ
“一目惚れ”に勝てなくて、ズルズルと…

挙句、一家のお金をだまし取った男の妻だと知るが
男を始末したあと、結婚する。
それでもドンは、わが子同然のチャーリーに寛大で
大目に見る。

その後、着服が発覚した、銀行頭取の誘拐を
命じられたチャーリーは、アイリーンを相棒にする。
が、運悪く居合わせた、警部の妻を
アイリーンは射殺してしまい、警察との関係が、マズいことに…

ちなみに、このときの警察と一家は、ズブズブです。(^^♪
チャーリーは、タクシー代わりに、警察車両を使ってたし…(汗)
けれど、警部の妻が殺されたことで、メンツ云々言い出すケ―サツ。
ドンも、アイリーンを差し出して、コトを収めようとする。

が、アイリーンも、大したタマで
頭取誘拐のメリットによる、自分の“取り分“を
それなりに、要求したもんだから
ドンも、消すことに躊躇なくなり
チャーリーに、アイリーン殺しを命じた。
一家の“名誉”のためだと、言って……

その前に、チャーリーの元カノで
ドンの孫:メイローズがいた。
チャーリーとの痴話げんかが原因で
父親から、勘当されていた。
このたび、チャーリーが結婚したことで
“ケジメ“がついたようで、勘当が解かれ、一家に戻った。

しかし、チャーリーに、未練あるメイローズは
チャーリーとの嬉しい再会を
乱暴されたと、父に泣きついたので
父は、殺し屋アイリーンに(夫婦とは知らず)
チャーリー暗殺を命じた。

娘を勘当したのも、よくわからない“名誉“のためのようだが
娘の元カレを殺すのは、娘の“名誉“のためなのか……?

そんなこんなで
お互いに殺し合うことになった、チャーリーとアイリーン。
(名誉というより、自己保身?)
アイリーンを殺し
生き残ったチャーリーは
元カノ:メイローズに、電話をかけて終わる。

↑一家の絆としがらみでしか、生きていけないなら
一家に戻った元カノと、よろしく生きるほうが
老後まで、淋しくなく、暮らせそうなチャーリーか――
元々、彼女が好きだったのだから……
ソレはそれで、“生き方“かな……と思う反面――

チャーリーが、保身のため?アイリーンを殺したとはいえ
序盤、本当に愛して
溶けるような愛し方を、していたことを思うと
割り切れるのだろうか?と思う……

アイリーンが、自分を殺すことになったのは
回りまわって、メイローズが、父親に
ウソの被害(乱暴されたと)を、告げ口したからだし……

もしかしたら、チャーリーは
メイローズを殺してしまう?
そうでなければ
死んだアイリーンの名誉が、守れないのでは???
――などとも……

▼▼▼

ラストシーンの先は、どうなるのか?
男と女がいれば、愛だけが残るのか?

いや、一家の者ならば
“通すスジ“や”ビジネス“などが、付きまといそう……
恋であっても、スリリングな香りは、残る……!?(*^^)v



Yahooブログ→コチラ



にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村


テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

映画『テルマ』★プールサイド~愛することは罪ではないと


173091_1.jpg


作品について http://cinema.pia.co.jp/title/173091/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。
(ホラーというより、ミステリーかも)

親元を離れ、大学に通うテルマは
女学生アンニャと親しくなり、恋に落ちる。
その頃、てんかんのような発作を起こしたテルマは
診察の中で、死んだと聞いていた祖母の存在を知るー

テルマに、何があったのかーそして
どうなっていくのかーの興味に、引っ張られて見入ります。
恐ろしさに目をつぶるーというより
知りたい!(^^)/

気になるのは、親御さん。
離れているとはいえ、すぐにスマホに出ない娘を
詮索しずぎ…(汗)って、これもワケアリ……

▼~▼ ネタバレして、雑談です。
▼▼▼

冒頭、幼いテルマを連れて、鹿狩りに行った父に、ビックリ!(>_<)
鹿を狙ったつもりで、銃口を、瞬時、テルマに向けた?(汗)
亡き者にしようとした????親なのに?orz

そんないわくを秘めて、大学生になったテルマは
女学生アンニャと親しくなり、恋に落ちる。
“罪悪感“からか、テルマは、発作を起こしてしまう。
医師は、ストレス?と言う。
心に封じ込めたコトが、抑えきれなくなったのでは?と。

それは、同性愛をきっかけに、
封印を解かれた、“悪しき力”。


▽↓ネタバレ▽  

その力は、願ったことが、そのとおりになってしまうこと。
(無意識でも)
幼いとき、弟が生まれてから、起こった。

下の子が産まれると、上の子がやっかむの、あり得ます。(汗)
テルマの母は、モロ、そのムードムンムン…( 一一)
テルマでなくても、ママを取られたと思いソ…
弟がいなければ、自分だけのママなのに…って。

テルマが願ったから、弟は湖に沈んだーと言うことになりましたが
そもそも、テルマへの母の接し方が、悪かった――と思う。

信仰心がらみの話―とのことなので、からませると
親は、幼いテルマに、神の導きで、“改善“させようとしたとのことですが
そもそも
母が、テルマをまっすぐに看てあげれば、よかったんですよ!
テルマ、かわいそうに。
神の導きが必要なのは、ママのほうですよ……

それと、パパ。(医師らしい)
幼い娘に、銃口を向けた時点で、アウトなんですが……
テルマの祖母が、同じような“症状“で
施設で、“鎮静“されていた。

テルマは、親友アンニャがいなくなったことに関して
“自分の力”に気づいたとき、帰省した。
封印してきた両親は、弟のことを、テルマに話すのだが…

そのときの親も、アウトですヮ…
お茶だとだまして、テルマに、“安定剤“を飲ませた。

信仰の力での封印を、信じたようですが
神は、基本、沈黙されるので(ゴメンネ)
人間のほうがナントカしないと、いけません。
(子供には愛を注ぐとか、気を配るとか)

なのに、父は、医者だからか、“薬”に頼った。
何も思わせないように、鎮静化すればいいと?
同様の祖母は、死んだことにされ、生ける屍状態だし…orz
親のほうが、罪深いような……( 一一)

だから、テルマが、そんな父の不在を、チラッとでも願うのは
アイコな気がするの……
ただ、願うと、スゴイことになってしまうの…(瀑汗)

けれど、テルマは、悪魔ではない。

自分のせいで、弟がいなくなり、投身し、
歩けなくなってしまった母を、案じる気持ちがあって
母が歩ける奇跡を、起こしたよう。

そして、アンニャのこと。
アンニャが消えたことは、彼女が憎いからではないでショ。
好きすぎるからこその、罪の念?

そして、劇的だったのは、テルマが
(自分のせいで)父が沈んでいった湖に、飛び込んだとき。
父を助けたい一心は、あっただろう。

しかし
彼女が、泳ぎ着いたところは、プールサイド。
出逢ったときのように、アンニャがそこに居た。
その後、何事もなかったように、アンニャと歩くテルマ。

父よりも、アンニャを想う気持ちが、強かった?

神様は沈黙するーと言いましたが(汗)
ソコで、神は啓示したのかと。
誰であれ、愛することは、罪ではないと――

▼▼▼

乙女に宿った“恐ろしい力“の話ではありますが
最後には、“愛の力”が残ったよう…
きっと、そう!(^_-)-☆


Yahooブログ→コチラ


にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村


テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

映画『岸辺の旅』★亡き人との旅の終わりに信じたいコト


165550_1.jpg


作品について http://cinema.pia.co.jp/title/165550/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。

・妻(瑞希): 深津絵里
・夫(優介): 浅野忠信


3年前に失踪した夫が、死者となて帰ってきた。
妻は、夫に誘われるままに、旅をする――

予告編で、「一緒に帰ろう」と
妻が夫に言っていたシーンで、胸が苦しくて
鑑賞を、先延ばしにしていました。
旅先の言葉とはいえ、
帰ってほしいのは、“自宅“よりも
“この世”だったと、思ったから……

▼~▼ネタバレで、だらだら雑談です。  
▼▼▼

まずは、“失踪”&“自殺”というのが、困る…( 一一)
夫いわく、海に、投身したらしい……

失踪にせよ、自殺にせよ
ココから居なくなる―というのは
居た人(妻)には、呵責を残すようで…orz

ふらっと帰ってきた浅野さんが、イイ☆
死後だからか、抑うつ感なく
とらえどころないゆるさ?柔軟さ?、無責任感?(汗)が
彼ならではの、味わい☆(*^^)v

で、逆に、その柔らかさに、不安を覚える。
(靴も履いたままで)
笑顔のあとで
また、この手をすり抜けて、消えてしまいそうな…

そうこうして、ともに、旅に出た二人♪

旅は、イイ☆
“日常離れ”するうちに、普段の心の垢が、取れるようで☆

夫が、世話になった人たちの元を、訪ねるのだが
その誰もが、“死“に関して、いわくつきだった。
(否、誰もが、誰かしらの死とともに
生きているものでもあるけれど…)

・妻が出て行ったあと、自分が死んだことも気づかない、新聞屋さん。
・幼い妹を亡くした奥さんは、ピアノ演奏に、悔いを残していた。
・失踪中に病死した夫の霊に連れ回される、別の奥さん…

新聞屋さんの場合、早く、成仏させてあげるのが
幸せなのだろうけれど
一緒に食事などしていると、ずっと、このまま
“ふれあい”の中に居ても、いいんじゃないか……と思ってしまうのは
生きる者のエゴだろうか……
見送ることになる者には、死は、安らぎとは思えないこともあって…

けれど、“彼ら“は、この夫婦の滞在中に
それぞれ、納得したような成仏をした。
そしてついに、夫にも、そのときが―――

その旅は、夫には、3年間の不在の贖罪だったかもしれない。
失踪&自殺なんて、あんまりだもん……(>_<)
たとえ、夫の遺体や死因がわかっても、妻は
それだけで、納得なんてできません。(キッパリ☆)

特別なことを、してほしいわけじゃない。
いきなり消えてしまったことが、悔しいし、悲しい…
いや、それよりも、自分の存在すら
宙に浮いたようで、誰に、何を、どう、ぶつけていいか…

だから、ぜひ、もう一度、逢いたい人には
幽霊でもいい、どんな形でもいいから、逢いたいーと思うかと……….

そして、一緒に過ごせた、夫婦ふたり旅♪
妻は、嬉しかったと思うョ。(^^)/

人生の旅が、いつか、終わるとき
大抵の人は、一人で、旅を終える――としたら
彼らの旅の終わりも
彼らだけの悲しみではないーのかもしれない。

「一緒に帰ろう」
もう、死んでしまったとしても、
そう言わずにはいられない、妻の想いには
胸が、熱くなる………

そうして、夫の姿が消えたのは
彼ら双方に、“納得“があっての成仏?らしいけれど
心に区切りは、つけられないーとも言っていた……

それなら、夫は、あの世に行ったーというより
彼は、妻の心の中に入ったーと思いたいのです。
失踪して、どこに行ったかわからない夫ではない。
夫は、ずっとずっと、ココに居る――
そう信じたいのです、私は………….

▼▼▼

死者への想いを、それぞれに巡らせて頂くとして――
やはり
いきなりいなくなるのは、ダメでしょ。
さらっと、帰ってきたとしても
自分から死んだあとじゃ、ダメでしょ。

一緒に居たい人がいることを、忘れないでほしいナ!(^^)/

Yahooブログ→コチラ



にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

映画『エンジェル、見えない恋人』★官能的純愛と呼びたい(^^)/


176263_1.jpg


作品について http://cinema.pia.co.jp/title/176263/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。

イリュージョニストが蒸発してしまい
傷心のパートナー:ルイーズは、入院する。
そこで産まれた男の子エンジェルは
ルイーズにしか見えない、透明人間。
(心の病と思われたかも…)

少年になったエンジェルは、
病院の窓から見えた少女マドレーヌが気になり
近づいてみると、彼女は盲目で
気配で、エンジェルに気づいた。

見た目に惑わされない、出逢いは、
観客が、エンジェルの視点なので
ドキドキ感増します。(^^)/

そうして二人は、仲良くなりますが
マドレーヌの目の手術で、離れ離れに……
何年か経って、マドレーヌが戻ってきたとき
エンジェルは、見えるマドレーヌとの“再会“に、戸惑う―

見えないーということが
その人を、もっとよく知るーというか
感じるーというか
感触はすべて、愛する気持ちに変えられるーかのような
愛の感触に包まれるような、心地よさが……(^^)/
息遣いも……

▼~▼ネタバレで、だらだら雑談です。  (官能注意(^^)/)
▼▼▼

見えないマドレーヌが、気配と“匂い”で
エンジェルの存在に気づくーと言うのが
そもそも、ドキドキです。
「あなたの匂い好きよ」なんて…….キャ!(>_<)

見えないマドレーヌは、大好きなエンジェルに
見つめてほしいと思う――
観客は、エンジェルの視線になって
横たわったマドレーヌのあちこちを、見つめることに…(^^♪

一方、透明なエンジェルは、
見えない存在でも、触れればわかる。
マドレーヌは、彼の手に触れ、肌に触れ
「柔らかいわ」
存在を確かめることが、できる。(*^^)v

幼い恋人たちの、“存在”の確かめ合いは
そのまま、“愛”の確かめ合い、“愛”の育みなのだと思えてくるのが
嬉しい。気持ちが温かくなってくる。(*^^)v

そして、青年と乙女になった二人の
ひとときの別れは
マドレーヌの目の手術。
彼女は、エンジェルが透明なことを知らない。

その間、エンジェルの母ルイーズは、亡くなり
彼は、母から教えられた、湖のほとりの小屋に住り住んだ。

透明なエンジェルの存在は、誰も知らず
マドレーヌは、ルイーズの墓の前に、置手紙してみた。
そうこうして、再会する段になり
エンジェルは、マドレーヌに、目を閉じるように言う。

目を閉じて(あるいは目隠しも)
エンジェルに逢うマドレーヌの、
“乙女のトキメキ”が、たまりません!(^^♪

視覚以外の感触で、全身で
エンジェルを感じるマドレーヌ。   
愛する人が、すぐそばにいてくれることの幸せ……
存在を、感じられることの……
(うらやましー(^^)/ 惚れソー)

しかし、彼らは、その先に行かなければならない。
真実で、接しないと…

エンジェルは、シーツをかぶって、存在を見せたあと
その下には、“見えない自分”がいることを、マドレーヌに見せた。
「色がなくても、あなたが好き」
と言ったマドレーヌだったが、さすがに、
“見えない彼“には、驚いてしまった…….

エンジェルは、自分を忘れて幸せになってほしいーと残し
マドレーヌの前から、“姿を消す“のだが……
マドレーヌは、驚きはしましたが
根本は、エンジェルを愛しているのです。
エンジェル!簡単に諦めないで!
姿を消さないで!(透明とは別の意味(^^♪)

私、個人的に、
「自分は消えるから、幸せになって」という別れ方、イヤなんです。
消えないで、あなたに幸せにしてほしいのです。
なぜなら、あなたがいない幸せなんて、ないから。

マドレーヌも、エンジェルを捜しにいく。
見えない人を捜すの、大変ですが
彼女は、彼の気配と匂いが好きだし…((^^♪)
いや、記憶と運命で、巡り合えたとき
エンジェルは、湖で溺れ、マドレーヌは、必死で、彼を助けた。

それから、結ばれた二人には
姿の見える赤ちゃんが生まれて、めでたしめでたし。(^^)/
二人は、イリュージョニストとして、生活するーという
現実的に、安定のケリもつけてくれて、安心する。(*^^)v

エンジェルのお父さんの蒸発は、よくわからないのですが
イリュージョニストで、姿を消したまま
エンジェルとして、生まれ変わったのかしら……

▼▼▼

見つめることもですが、逆に
見る以外の感触に、訴えるのも
愛への切望を、刺激されます……(照)

官能的純愛―と呼びたい。(^^)/


Yahooブログ→コチラ


にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

プロフィール

yutake☆イヴ

Author:yutake☆イヴ
こんにちは☆
使い方がよくわかりませんがヨロシクお願いします。^^;

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
PVアクセスランキング にほんブログ村
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア