FC2ブログ

映画『スワンの恋』★ジェレミー・アイアンズが恋に溺れるだけで必見!


804970_1.jpg



作品について http://cinema.pia.co.jp/title/15140/
↑あらすじ・クレジットはこちらを参照してください。
(原作『失われた時を求めて』の一節より)

・スワン: ジェレミー・アイアンズ☆ 美術品収集家
・友人の男爵: アラン・ドロン☆  男色家

社交界に出入りする男(貴族でない)が
ある女性オデット(実は娼婦)に夢中になる――

素敵なジェレミーが、女性に夢中(^^♪というだけで
魅せてくれています。(*^^)v
(贅沢に、アラン・ドロン添え☆)

スワンは、美術収集家という“職“があるようですが
時間に余裕あり、恋にうつつを抜かせられる。(^^♪

馬車の中で
オデットの胸に飾られた、カトレアを直したら
そのまま恋に落ち、その胸に溺れていったのが、始まりらしい――

▼~▼内容にふれて雑談です。(解釈違うときスミマセン)
▼▼▼

美に、造詣の深いスワン。
恋心も、詩文にしためつつ、想いを深める。
記憶やら夢やらが、交錯しながら
甘美な恋の香り、ムンムンであります。(*^^)v

恋は―――
夢中で想い始めたときは、ひたすらブクブク沈んでいく…
その苦しさも、悦びだったはずが、やがて
不安に、襲われてくる。
疑い、確かめたくなるのだ。

彼女も、自分だけを愛しているのだろうか?
ほかに誰か、いないだろうか?

ちなみに、アラン・ドロン男爵が、夕べ彼女と一緒だったーと
堂々と、スワンに“自白”したが、彼は、男性好みだったので
嫉妬には及ばなかった。(*^^)v やれやれ。

スワンは、オデットが親しくしている貴族夫人を疑った。(!)
娼婦の噂?もあり、娼館に出向いて、アレコレ聞いたりもした。
↑ジェレミーが、見た目、紳士なので、
“絵“としては”美”を保っていますが
下世話感は、否めない……( 一一)

オデットが、件の夫人の家族とオペラに行くというときは
あとからついて行って(ストーカー的?)
せめて一緒に帰ろうとしたら、オデットは夫人と帰ってしまった。

~中略~

(青年に拒まれた)男爵の言葉がイイ。
美や芸術に耽ることがあっても、結局は、
一番、求めているものは、人間だと。
確かに☆
失恋したときなど、仕事にうちこもう!などと思ったりしますが(汗)
本当に求めるのは、仕事での成功ではないもの……orz

愛し合ったときに、オデットがスワンに話した。
「OOさんは、結婚するんだって」
コレって、プロポーズの催促ですよね。なのに
人それぞれだよーみたいに、素気ないスワン…( 一一)
「あなたは、私を捨てるわ」
と言ったオデットは、“挑発”する気もあったか?

スワンは、オデットに夢中なはずなのに、いや
夢中すぎたからなのか
スワンは、(急に)オデットに興味がなくなったと、男爵に話した。
すると、男爵は
「いつ結婚するんだ?」と、スワンに返した!

↑う~む。
(恋の)話は、言葉通りに受け取っては、いけなかったのね…(^^♪
スワンの悶絶・狂乱ぶり?を知っている男爵は
スワンが言葉とは裏腹に、深い深いところで
オデットへの“執着“を、手放すことなどありえないと、知っていたのね。
(めんど―な男ねスワンは…。美と芸術に浸った男の恋は、こんなん?(^^♪)

何年か経ち、スワンとオデットは、夫婦になっていた。
恋の成就は、幸せなことだろう。
しかし
スワンには、幼い娘を、しかるべき貴族に紹介することは
許されなかった。
なぜなら、母:オデットは、道行くひとの中に
昔、彼女を買った人がいるような境遇だから……

余命わずかのスワンには、残される妻子の行く末が
気がかりだろうと思う。
カトレアの花が結んだ、甘美で狂おしい恋の顛末は
痛すぎる現実を、否応なく見せつけたような印象が残った。

▼▼▼

ジェレミー・アイアンズが魅せる、恋の顛末。
始まりは、芳しく、甘美で、ステキすぎた恋も
ずっと、同じ香りは放たない……

そして、
複雑な気持ちを残した、エンディング…
これも、深~いゆえの愛の結果か………(ため息)



にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

映画『スラップショット』★ソコまでするかの“氷上の格闘技“(^^♪

139669_1.jpg


作品について http://cinema.pia.co.jp/title/7422/
↑あらすじ・クレジットはこちらを参照してください。

・レジ―: ポール・ニューマン☆  
(弱小アイスホッケーチームのコーチ兼選手)

弱小チームが、がんばって優勝しました!という
スポ根熱血感動モノではありません。(だからイイ☆)

ポール・ニューマンは、“スマート”な作戦で切りぬけるというより
苦肉のナンちゃって作戦で、小賢しくいくのが似合う。(*^^)v
いい意味で、ソレが、イヤミなく気持ちヨイ☆

結論を言えば(オット!)優勝する?(^^♪
このナンチャッテは、なんつーか…

▼~▼ネタバレで雑談です。
▼▼▼

アイスホッケーは、“氷上の格闘技“だとか…
レジ―が、弱小チーム存続のために考えたのが
乱闘☆
強い闘志ムンムンで戦うーというより
乱闘でヒートアップした、観衆のハートをもつかんで
観客も増加!(^^)/

敵陣のGKの奥さんの“情報“をつかんだレジ―は
試合中のGKに、あることないこと吹き込んだので
怒ったGKが、持ち場を離れたところを、ゴール!

乱闘要員?に雇った三兄弟は、ヤバすぎ!(>_<)
(パックのない)関係ないところで、いきなり仕掛けた!
スティックは、凶器でしかない……( 一一)
次々、乱闘は連鎖して、“お団子”のよう……
血まみれの姿は、なんのスポーツか……orz

客席から、“カギ”の束を投げられたのは、三兄弟の1人!
リベンジの犠牲者(人違い)が、広がっていく……
レジ―は、カギでなく、「モンキーレンチを投げられたんだゾ!」と
被害の過大申告……( 一一)

そんなこんなで、乱闘チームの“評判”?で
盛り上がって、客足増加で、勝利も増加。
解散せずに済むか?と思ったら
女性オーナーは、税金対策を優先すると言う……(>_<)

レジ―とて、好きで、乱闘路線でイッタわけでなく
チーム存続・アイスホッケーのためだったわけで……

乱闘を嫌う、正統派選手のためにも
チーム最後の決勝戦は、正々堂々やろう!という
さわやか感動路線?の方向に……

しかし、以前、痛い目にあった敵チームは
地獄から這い上がったような布陣で、挑んできた!
つまり、ルール無用の乱闘騒ぎが、試合開始直後から!(>_<)

しかし、誇りをもって、反撃しない
レジ―のチームのいじらしさよ……
ボコボコの血だるまに、なってしまう……orz

と、そこで、スカウトの人が来ていることを知ったレジ―。
ならばと、反撃の乱闘開始!(*^^)v
(スカウトは乱闘OK?盛り上がり重視?客足重視?)

このままどうなっていくんだろう……と途方にくれそうになっていると
乱闘しない選手が、出て行った妻を、客席に見つけるや
ストリップを始めた!
ソレはソレで、大盛り上がりの観客♪

乱闘中の敵陣のボスは、ストリップをやめさせろ!と
審判に食ってかかり、殴ってしまった。
審判は、“反則“をとって、レジ―のチームに優勝を告げた。
↑ココ、多くは乱闘中……いつのまにか勝敗が決まった…
(そんな優勝でいいのか?と思いつつ
不戦勝や繰り上げ勝利もあるので、別にいいのかナ……(*^^)v)

そんなこんなで、チームは、スカウトされたらしく
レジ―のチームは、新天地で活躍することになった。
メデタシメデタシ…と思いたいところ、もう1つ。
レジ―の妻のこと。

別れるつもりの妻は、車で去っていくのだが
レジ―は
「(彼女もきっと)“新天地“に来るさ」と口にして
彼女の車を、見送って終わる。

妻が去る真意は、わからないが(多分、色々ありすぎて)
レジ―には、妻が、自分を完全には捨てない自信?があるのがイイ☆
ハチャメチャなポール・ニューマン作品にあって
ソコんところは、男前で決めているのがニクイ☆(*^^)v

▼▼▼

私こと、昔、アイスホッケーを、ちらっと経験しました☆(*^^)v
(当時は女子のスポーツではなかった)
初めて、スティックを、パックに当てたときの爽快感♪
スティックで、人を殴っちゃいかんですヮ…(^_-)-☆


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
にほんブログ村

テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

映画『女子ーズ』★女子の戦隊モノ~集まれるのか?(^^♪

164616_1.jpg

作品について http://cinema.pia.co.jp/title/164616/
↑あらすじ・クレジットはこちらを参照してください。
(以下敬称略)
5人の女子の戦隊モノっぽい。
・監督・脚本: 福田雄一☆  ←コレで見当つく (^^♪

司令官の佐藤二朗が、集めた5女子に説明するくだりが
ダルいけれど、桐谷美玲らが、
仕事中に呼び出されて、怪人と戦う様子に
なぜか引っ張られて、観てしまった……(^^♪

監督が、“女子“は協調性ない生き物――との認識で、
作った作品とのこと。(汗)
だから、5人“集合“させる過程も、見モノ。(^^)/

▼~▼内容よりも雑談です。
▼▼▼

地球を守るためーとはいえ
ノーギャラ・ボランティアで戦隊を組んで、怪人と戦うなんて…
高畑充希でなくたって、バイト代を請求したいでしょ。

いきなり現れる怪人のせいで
仕事中に呼ばれて、出動する女子―ズたち。
(まつエク中で、欠席する女子もいるが (^^♪)
いきなり呼ばれても、仕事・バイトを抜けられないョ……
協調性の問題ではないんじゃないかと……(^^♪

4人が、死闘を繰り広げていたとき
桐谷は、大事なプレゼンのために
戦闘参加を、パスしたことがあってから
ボロボロになった女子―ズたちは、参加意欲が減退する……

仕事のほかに、家事や育児も担う女性には、似たようなことがある。
子供の急病で、お迎え要請の連絡が来たら
大事なプレゼンがあっても、行かねばならず……orz

そして、家事や育児を、女性ひとりで、“撃退“できるか?―と言えば
やはり、援軍は要る。
ムリなときはムリだもん、ひとりじゃ……( 一一)

自分しか集まれなかったとき、桐谷は
メンバーを呼びに行くことにした。
怪人には、待っててもらって。  ←ココ、おかしー。
ひとりひとり呼びに行くので、すご~く待たされた怪人は
手下とともに、手持無沙汰で、時間つぶしする。  ←ココ、ほのぼのさえする。(^^♪

呼びに行くのは、瞬間移動でなく
電車やタクシー移動だから、
戦隊スーツの彼女たちは、好奇の目にさらされる…汗。

電車内で、ムロツヨシは、ピンクがいない!と連呼するのがしつこい。(^^♪
が、そもそも、ピンクはいないのよ。
彼女たちは、赤・青・緑・黄・紺だから☆

そして、ピンクは、隠し玉:巨大ロボット。  ←デザインが、あんまり…汗
爆乳ロケットで、怪人をふっ飛ばすのが、シュール♪。

ところで
桐谷は、仕事も全力投球で、パワフル。
自分の意見をグイグイ、全面に出していく。
が、出過ぎた感あり、ガンバリが裏目に出そうに…(>_<)
(ココも、女子の“協調性”の大切さ推しか!)
なんでも、チームワーク・協調性は大事だねーという結論か?
(必殺技“トルネード”も、5人そろわなければ、くり出せない。)

ちなみに、女子は、自己都合なのに、正当な理由っぽく
押し切る傾向はあるかも…滝汗。
怪人打倒の集合がかかっても、理由つけて、来たり来なかったりで
そんなんで、地球、守れるのか?
所詮、戦隊モノも、腰掛けか?(汗) と言われソ…( 一一)

この戦隊モノも、期限があるらしいので
一生、実生活とvs怪人のかけもち生活をするわけではないらしいが……
とりあえず、目の前の怪人を倒さないと!
で、倒せるのか、ひとりで…( 一一)
また、仲間を呼びに行く間、怪人に待っててもらう?(苦笑)

▼▼▼

くだらない展開デス。(^^)/
ソレを承知で、気分転換には良いです。

コスチューム女子のキメポーズは、カッコ良い☆


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
にほんブログ村

テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

映画『新聞記者』★ラストの吉岡記者の表情がすべてを


177828_1.jpg


作品について http://cinema.pia.co.jp/title/177828/
↑あらすじ・クレジットはこちらを参照してください。

・杉原: 松坂桃李   内閣情報調査室の官僚
・吉岡: シム・ウンギョン  新聞記者

吉岡のもとに、(医系)大学新設計画に関する匿名の情報が届いた。
内閣府主導の、その案件の真相を調べるうち
官僚の杉原と知り合い、協力して、真相に近づこうとする――

新聞社内の映像が、冒頭から、ブレまくって
不安と緊張と緊迫を、煽るアオル……(^^♪

政府関係者の事件が、
もみ消されていくサマを映すのも
もどかしさを増す……

「政権が、ひっくり返るかもしれないゾ!」
予告編は、ザワザワした期待を感じさせてくれたけど
果たして、政権が、ひっくり返るところまでなんて
一兵卒が、たどりつけるんだろか……汗
いや、コテンパンに、再起不能にされるんじゃないか…(>_<)



▼~▼ネタバレで雑談です。
▼▼▼

某スポーツ紙は、かつて、日付以外は“誤報“と言われる
フィクション?な娯楽紙だったとか。
のみならず
某大手さえ、捏造記事が発覚したこともあり
“誤報“をも恐れない姿勢もありなのかなーと思いましたが
ココでは、“誤報は記者の命取り“ということで
吉岡も、慎重に、しつこく取材を詰めていきます。

新(医系)大学構想の出どころが、文科省でも厚労省でもなく
内閣府というのが、気になるー
特命感が色濃い…
けれど、下手に近づけない…

政府関係者(上級国民?)が犯罪を犯しても
もみ消されるだけでなく
被害者のほうが、ワルモノにされたり
さらし者になってしまうことも……orz
(コレは実際ある…再犯しても野放し…( 一一))

官僚の子息の裏口入学が露呈した件も、いつのまにか
女子・多浪受験生への不利益問題へと
すり替わっていったのも……

本丸への切り込みは、ムズカシイ…
蜂のムサシが、太陽に挑んだところで
焼かれて落ちて、死んだのサ……(歌詞引用あり)
となるのが、オチなのさ……orz

一生、面倒を看てやるからと言われ
上司の罪(贈収賄etc.)をかぶって
オツトメを果たしてくる、部下の官僚…
ソレって、やくざさんと、構造一緒じゃないですか?(>_<)

真実を言っているジャマ者を、つぶすために
あることないこと、“情報“を、タレ流しに流して
”事実”を作り上げていく、上のほうの役人サマ……(>_<)

国の物事を前に進めるのに、抵抗勢力を排除する必要はあるのでしょう。
(でも、バ〇息子の始末は、きちんとつけようよ…と)
杉原も、国のため・国の仕事をしていたーつもりで
子供も生まれ、安定した生活を願うのも当然だ。

けれど、かつての上司が
色々、苦悩を背負い込んでいたことを知る。
新大学構想も、その1つだった。

▽ネタバレ 要反転
▽▽▽

大学は、生物兵器製造所の隠れ蓑らしかった。
吉岡とともに、スッパ抜こうと
杉原も、ハラハラドキドキの“スパイ行為“を見せる。
コレが正義。 
子供のために、恥じたくないのだ。

しかし、杉原は、やはり、官僚。
記者ではない。
子供の将来の安泰を考えたら
クビの皮が繋がっていないと、困る……

杉原は裏切った?私を?正義を?
吉岡の怒りがにじむ表情で、作品が終わるのが
印象深い。


▽▽▽
▼▼▼

本丸への切り込みを、女性記者:吉岡が果敢にアタックするのが
清々しくも、頼もしい☆
そして、どうなったのか!?

タイトルの意味は
新聞記者が、がんばったからーだけではなく
その立場だからこそ、味わった物事を、包括していたと思う。

ラストシーンの吉岡の表情が、すべてだ。


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
にほんブログ村

テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』★最高に楽しい!最後の最後の最後まで!(^^)/


176377_1.jpg


作品について http://cinema.pia.co.jp/title/176377/
↑あらすじ・クレジットはこちらを参照してください。

『映画アベンジャーズ/エンドゲーム
のその後。

ピーターは、校外学習旅行でヨーロッパに行く。
ベネチアで、“水“の魔物?が現れ
ヒーローが撃退する。
↑このシーンの迫力でもう、スイッチON☆(^^)/

アベンジャーズの大いなる犠牲のあとも
新たな脅威の出現に
新たな“防御”が必要と考えるニック・フューリーは
スパイダーマンの加入を、しつっこく勧める――

↑新たな敵と戦う、新しいチーム作りね~などと、
こじんまりと、自分で解決してはダメダメ。(^^♪
(トンデモないことになっていく)

スゴイ戦いも、スパイダーマンのビューンビューンも
超楽しかった!!!!\(^o^)/
けれどーーただ楽しむだけじゃないと言うか
「皆、まんまと騙されたでしょ」(byコンフィデンスマン)が
ココにもあった!(>_<)   オッと!ネタバレか!?(^^♪


▼~▼ネタバレして雑談です。(*^^)v
▼▼▼

アイアンマンたち亡き後の追悼ムードには、しんみり…orz
やはり、喪失感は大きい…orz

それでも、生きる者・生き還った者は
人生の時間を生きていく――
5年後に生還した者は、5年若いまま、というズレには
時間の残酷さのような現実味が…
(死んだことにして、駆け落ちした奥さんもいるとか…)

アイアンマンの後継者を求めるのは
安心を求める人々の自然な欲求?
ピーターは、彼の遺品のメガネ(指令を受ける)を受け継ぐ。

ピーターは、元は、ボランティア的に
町内の防犯をする“隣人”だったのが、今や
地球を守るという“戦士“への期待を担わされ
ニック・フューリーに、プレッシャーをかけられる。
でも、彼はまだ高校生。
学業もあるし、友達と楽しみたいし、恋だって☆(*^^)v

校外旅行で、MJに、粋な告白をしようと
アレコレ苦戦する恋する男子☆イイぞ!(^^)/
恋敵の男子だけでなく
人間じゃない“強敵”も、現れてしまい、
“撃退任務”も、掛け持ちすることになるなんて!(>_<)

ほかの星からやってきたというヒーロー:ミステリオと
ともに戦ったスパイダーマンは、彼への敬意をこめて
アイアンマンの遺品:メガネを進呈した――

が、ソコからよ!(^_-)-☆
今までの“絵“が、ガラガラ崩れていったのは!(>_<)

▽▽▽要反転
ミステリオは、実は、アイアンマンの部下だった。
日の目を見なかったリベンジで
アイアンマンのメガネを手にすべく、振舞っていた。

そして、壮大な“幻影“を仲間と創り上げ
魔物と戦うシナリオを創作していた。

スパイダーマンとは、めくるめく“幻影”の中で
戦いを重ねることになりますが、コレは、スゴイし楽しい!
スピード感もカメラワークも、
ドキドキワクワクを、加速させてくれる!!!!(^^)/
大惨事だけど(汗)
映画観てよかったーーーッ!!!\(^o^)/

ついには、ミステリオは滅びますが
あとになって、コイツ、とんでもないモノを残していた!
とわかって、滝汗です。(>_<)

そして、ニック・フューリーも……
悪い人ではないのだけど
もう、ナニを信じたらいいのか……とは思ってしまう…


▽▽▽
▼▼▼

序盤は、油断していても、楽しいです。(*^^)v
途中からは
画面の中で、自分も弄ばれてるなと感じつつ、最高!
そして、最後の最後の最後まで
気を抜かずに、楽しみ尽くしましょう!(^^)/



にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
にほんブログ村

テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

映画『ザ・ファブル』★殺し屋フツーに暮らすwith普通でない人々(^^♪


176370_1.jpg

作品について http://cinema.pia.co.jp/title/176370/
↑あらすじ・クレジットはこちらを参照してください。

・佐藤(←偽名)ファブル: 岡田准一☆

伝説の秒殺殺し屋が、ボスの命令で
1年間“殺さず”、フツーに生きろと、指令を受ける――
(殺したらボスに殺される…)

その“フツー生活”の預かり先が
(大阪の)ヤクザさんなので    
ドタバタ必至!トラブル必至! だからこその
岡田さんのアクションに期待☆ そして
予告編で見た「ブワッハッハ!」な笑い☆に、期待大☆
楽しい男だゾ!こりゃ☆(^^)/

スパイダーマンみたいな気持ちイイ身軽さも(^^)/
激しく痛ソーな暴力も
血まみれの惨劇も ( 一一)
エンタメにひっくるめながら(汗)
脇役と呼ぶには、豪華すぎる面々の存在感もアッパレ!
(個人的には柳楽優弥さん絶賛!(^^)/)

▼~▼ 内容にふれて雑談です。
▼▼▼

フツーとは何か?
哲学的になりそうですが
まずは、“フツーの人は働く“ということで  ←コレ大事かも☆
バイトを始める、ファブル。

(以下、役者名で)
バイト先の♀山本美月が、出所したチンピラ:柳楽優弥に脅迫される。
(彼は、組内のトラブルメーカーになる)

この柳楽さん!絶賛です!
向井理さんも、清潔イメージ払拭して、ワルになっていますが
柳楽さんの、醤油につけこんだようなワルっぷりは、妙技としか!
この存在感でこの迫力!
いつまでも、チンピラでいるタマでもなさそう。
(別件で、柳楽さん主演のヤクザ映画、シリーズで観たい!)

兄貴分の安田顕は(←ファブルの面倒もみる)
危なっかしい柳楽を気にかけ、自制を促すが
親のココロ、子知らず。
柳楽は、好き勝手しだし、どーにもならないことになる。
(そこに、ファブルのアクションもあり)

柳楽は、兄貴分の安田に甘えるが
ヤクザさんなら、“甘え“は、通用しないのわかるよね……汗。
安田は、自分の手で、弟分を始末した。
ソレがケジメであり、愛でもあるのが、切なすぎる…
(ソコがよかったりもする(^^)/)

“殺しは殺し”ではありますが
ファブルの殺しは、“仕事“なのに対し、イラついたのは
福士蒼汰さんたち。(>_<)
彼らはゲーム感覚で、堅気の女性まで殺した!許せん!

と言いつつ、“爽やかイケメン“の汚れ役、好きなんですよ。(^^)/
多面性を感じられて☆
(ファブルをライバル視して、殺そう(除菌)としている彼は
ファブリ〇ズか!?ーと思ったら、福士さんは、リセ〇シュだった(^^♪)

山本美月のピンチを救うため、“殺し“もやむなしか!(>_<)
バッタバッタと、千切っては投げ、チギッテワナゲ…
死体の山積みか…と思ったら、
ファブルは、殺してはいなかった。(^^)/

ファブルのボス(本当の“佐藤”浩市さん♪)も
ファブルを気にかけて、影ながら、“応援“していた。
ファブルが殺したら、ボスがファブルを殺すことになるからね。
ファブルも、寸止めにしていたが、
ボスも、ファブルが殺さずに済むように、配慮していたよう……
(放っておくようで見守るのは、最高の親心☆!)

そして、ファブルの命を脅かすアノ人を
ボスが、ファブリ〇ズした!((^^♪)

▼▼▼

“殺さず“の殺し屋が、市井に出て、フツーに暮らす。
ファブルのバイト先の社長:佐藤二朗さんも、
ある意味、“フツー越え“のキャラなのも、楽しい☆



にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
にほんブログ村

テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

映画『スノー・ロワイヤル』★リーアム・パパの息子敵討ちエンタメ

180044_1.jpg



作品について http://cinema.pia.co.jp/title/180044/
↑あらすじ・クレジットはこちらを参照してください。

・除雪作業員ネルズ; リーアム・ニーソン☆

息子を(巻き添え)殺された父親が、
“ラスボス”に行きつくまで、一人ずつ殺していくー(汗)。

映画『ファイティング・ダディ 怒りの除雪車』のリメイクだそうです。
(監督同じ)
子供の死の復讐という悲劇なのに、
オリジナルは、ブラックコメディだそうで
本作も、コメディ?要素ありました。(^^)/(監督同じ…)

家族を愛する、強くてカッコいいパパーと言ったら
リーアムです!(^^)/
雪の塊を、ガガガーッと除雪する如く、
息子の仇を、そこのけそこのけと、片付ける。

冬に思う……
はじっこまで、キレイに除雪された道は、気持ちイイ!(^^)/

▼~▼ 内容にふれて雑談です。(^^)/
▼▼▼

同僚が、ヤクをくすねた、とばっちりを受けて
殺されてしまった息子…orz
父の、怒りと悲しみの“除雪“が、始まるわけですが
息子の死に、すでに、コミカルな不安を感じたの…( 一一)

息子の名が、死者として、画面に刻まれたときに――

リーアム・パパは、関係者を下っ端から、“除雪“はじめる。
で、始末した遺体を、簀巻きにしては捨て
簀巻きにしては捨て、スマキニシテハステ……

やっつけ仕事は、すでに、手際のいい除雪作業☆
ホイホイと、画面に刻まれる、死者の名前。
でも、息子の死と同列の、事務的な感じが
なんとも言えない、ブラックなおかしさ……(~_~メ)

そしてまさか、素人さん=パパが、息子の仇討ちをしていると思わない
“プロ“の、ヤク関係の皆さん。(^^♪

ラスボスの白人(息子あり)は、因縁の先住民の仕業だと思い
ソコでの抗争に広がっていく。(手がつけられなくなっていくと追加(^^♪)

一方、リーアム・パパも、息子を殺された痛みから
ラスボスの息子(少年)を拉致する。

ラスボスを、懲らしめたい気持ちからでしょうが
少年に、罪はないからね……
で、この子が、親に似ず、イイ子なんだ(*^-^*)
除雪車に乗せてもらって、嬉しそう。
(罪はないんだ……)

もちろん、リーアム・パパは、少年を傷つけるつもりはない。
けれど、息子の仇を取りたいのも、親心。
そして、すったもんだの末、トドメを刺したのは、
同じく息子を殺された、先住民のボスだった。
(少年のためには、リーアムでなくてよかったかも)

そんな憎まれラスボスですが、印象的だったのは
リーアム・パパに依頼された“仕事“を
敵のラスボスに、バラシに行った男とのこと。
ラスボスは、彼の裏切りを、歓迎するどころか
約束不履行に怒り、ソイツを殺した。(画面に死者名の表示あり)

どちらに付くのが得かを、考えることはありますが(汗)
あからさまな裏切りは、ダメでしょ……( 一一)
ヤク関係とはいえ、信用第一でしょ……
非情なラスボスでも、不義理を許さない姿勢は、良い☆(^^)/

▼▼▼

息子の仇討ちが、ヤク関係者を巻き込んで
派手なドンパチになっていく、エンタメ☆(汗)
死者が、ドンドン増えていくのは、やるせないですがorz
それさえ、ブラックジョーク?にして、
エンタメのこやしにするセンスよ……
それが、豪雪の“除雪爽快感“と重なるってのも、なんつーか(滝汗)。(>_<)

リーアム・パパは、本来、表彰もされた、善意の市民。
ラストは、黙々と、除雪作業に徹する姿が、
彼の本分を語ってくれて、ホッとする。



にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
にほんブログ村

テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

映画『戦争と冒険』★若チャーチル命からがら脱走す+α(^^)/

807308_1.jpg


作品について http://cinema.pia.co.jp/title/807308/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。

・母: アン・バンクロフト☆

英首相チャーチルの若かりし頃のお話。 チャーチル→参照

・原題:『Young Winston』 ~“若きチャーチル”でわかりやすい

第二次大戦の頃の貫禄いっぱいのチャーチルにも
若いときはあったんだナ~……と思いつつ
見せ場は、戦争で捕虜になったチャーチルが
スキを見て、脱走するところでしょうか。
(“冒険“というより、命がけ(>_<))

お話は、彼が、戦争に何度か行ったあと
政治家になった(26歳)ところで終わります。

貴族の子として産まれたウィンストンですが
そのまま、ボンボン人生ではなかった。
トントン拍子ではない人生を、
なんとか、切り開こうとする人のがんばりは、大好き!(^^)/

▼~▼ ネタバレして雑談です。 
▼▼▼

貴族の子なので、幼くして、親元を離れ
寄宿学校に入りますが
学業ナンありで、ムチの罰も受けた…

父は、彼が、政治家や学者よりも、軍人が向いていると思い
その方面を勧めるが
ソコでも、学業成績はあんまり……(汗)
(後に、“やればできる“位の成績を修める…(^^)/)

そんなこんなで、仕官になり、戦功をあげたいウィンストン。
ポストがなければ、記者・伝令でもいいと参戦。
とにかく、“現場”に出るのが先決で
戦場で兵士を救出したことで、名をあげた。

ウィンストンが、積極的に(図々しいまでに)
自分を売り込みたいのは、わけがあった。
その頃、彼は、政治家志望だったが
表舞台を去った父(元財務大臣)を、若くして亡くし
“後ろ盾“のない、キビシイ状況だったという。

父については、
財務大臣として、陸軍の予算削減を訴えたため
立場を悪くし、辞職することに……
(後に、ウィンストンも同じ主張をする☆)

美しい妻を残し、早世した父は
劇中、梅毒を思わせながら、そこには触れない―――
のかと思ったら、マスコミが来た!(>_<)

妻に、“死因”を聞く記者。
口を濁す妻…(美しき未亡人を困らせて楽しんでいるとしか( 一一))
すると、記者曰く
「今は、梅毒とて、隠す病気ではない」とかナントカ…
(死因知ってるなら、美しき未亡人に言わせるナ!(>_<))

妻=アン・バンクロフトの毅然とした気品は、終始、素晴らしい。
若いウィンストンをも、圧倒する☆(^^)/

ウィンストンは、“記者“として従軍した甲斐を生かし
たびたび、手記を出版し、本も売れ、名も売れる。
(彼のノーベル賞は文学賞でしたし)

そんなある戦いのこと。
攻撃され、列車の脱線あり。
そこからの応戦ありで、奮闘中
“伝令“したウィンストンは、敵と遭遇!(>_<)
“丸腰“だったので、投降~捕虜…orz(他の者も捕虜に)

幸い、銃を携行していなかったので、
“民間人“扱いとなるかもーとの期待あるも
軍服着用なので、ダメだった……?

そもそも、仕官ポストがなく、参加(参戦)の許可がないのに
記者でもいいから連れてってーとムリヤリ、従軍したくらいなので
大人しく、捕虜になるウィンストンではない。
スキを見つけて、脱走した!(事実は小説より奇なり(^^)/)

途中、運よく、匿ってくれた人もいて
幸運は、自ら、運命を切り開く人のためにあるーと
しみじみ思う。

そんな、命がけの脱出エピソードで、世間の注目も浴び
ついには、やっと、政治家に当選した。(その前、落選経験あり)

▼▼▼

成績不良の面もあって(汗)
何度も、失敗(不合格)ありのウィンストンですが
父亡き後、ナントカ、這い上がろうとする姿には
励まされます。
(本当は、政治家の父の秘書になって
そこから、政治家をめざすはずだったから)

初めから、花開いた人生の人なんていないんだ――
と思うと、へこたれないでがんばろう!と思えてきます。(*^-^*)


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
にほんブログ村


テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

映画『SING/シング』★名曲には夢も希望も感動もある!with“0”

169852_1.jpg



作品について http://cinema.pia.co.jp/title/169852/
↑あらすじ・クレジットはこちらを参照してください。

評判がよかったので、楽しみにしていました☆
動物たちが、歌を歌うらしいー(*^^)v

潰れかけた劇場の再起をかけて
支配人のコアラ:ムーンが
(賞金付き)歌のコンテストを企画すると
たくさんの動物たちが、夢と賞金をかけて
応募してきた――

動物たちの様子や仕草が
1つ1つコミカルで、オカシ―☆
まずは
ムーンの秘書さんの義眼が、転がってしまい(!)
賞金の“0“が、2つ多く、タイプされてしまい
そのまま印刷~チラシが風に飛ぶ~ ←この流れの絶妙さョ☆

そして
ムーンも応募者も、“0”が、実際より2つ多いことを
途中まで知らない―
という、滝汗な進行も良い☆
賞金の“0”が2つ少ない事実を知ったあとの
ドタバタも良い☆

結局は、
がんばれば、(歌手の)夢が叶うーという話でしょ
と思いがちですが、安直に、要約してはいけない。(^^♪
その前に、名曲・歌の数々に、ノッてみるべし♪

▼~▼ 内容にふれて雑談です。 
▼▼▼

応募する動物たちは、当然ながら
それぞれ別々の境遇を、生きていて
それぞれの生活を、見せる。

孤高で、誇り高すぎのシンガー(ネズミ)。
親が盗人で、“家業“を継ぎたくない青年(ゴリラ)。
自分だけ合格した、デュエットの彼女(ハリネズミ)。
子だくさんの主婦(ブタ)も…etc.

個人的には、ブタさん一家に、釘付け☆
25匹の子供たち、大過ぎ!(>_<)
このパパは、ビッグダディか?
ブタさんだから、ピッグダディ???(^^♪

ママブタは、子供を預けて、“歌“に取り組みたい。
でも、25人のギャングちゃんを、夫にもシッターにも頼めない…orz
と言うか、夫は、全くの戦力外で
26人目の子供?(汗)と言う感じさえ……orz
(一説には、夫を、ビッグベビーと呼ぶ妻も…
ココは、ピッグベビーか?……(^^♪)
そこで
ママブタが作り上げた、“家事&育児装置”がスゴイ!\(^o^)/
完璧な“段取り”には、感動する!
こうまでしないと、家を空けられないママ……
一方、ピッグダディ=パパは、手伝うどころでなく
ママが帰宅したら
案の定、26人目の子供のような姿に……( 一一)

夢と希望のくだりで、特に、印象的だったのは
歌唱力あるのにシャイで、人前で歌えない乙女(ゾウ)。
ムーンは、恐れるな! 強い希望で、乗り越えられる!と
と、彼女を励ます。
――が、キレイ事?では済まなくて(滝汗)
“恐怖“の正体について、
ムーンが、吐き捨てるように言ったことは
「恐怖は、夢なんて叶わないって、思っていることだ」
確かに……そうかもしれない……

夢は、やる気と努力で、いつか叶うものー
と信じて、ガムシャラに進んでいるうちは、いい。
しかし、ふと我にかえったとき、スッと心に入ってくるのは
夢なんて叶うのか?という、冷たいすきま風……
(鑑賞する大人の多くは、夢なんて忘れるほど、叶っていないと思うの…orz)

けれど
そのまま、たそがれムードだと、作品の主旨に反する。(^^♪
映画くらい、アゲアゲで行ってほしい!(^^)/
しかし
そんなこんなで、劇場の建物が、倒壊してしまう……orz

~中略~

夢だ希望だと言っても、お金がないと、ダメ。
大御所歌姫(お金持ち☆)に、出資を断られたムーンは
裸一貫ならぬ海パン姿で、洗車の仕事を始める。
(一から始めるがんばり!私は好きだ!(^^)/)

そうして、急ごしらえの劇場で、再び、ショーを開いたムーン。
このショーのシーンは
そのまま、そこで聴いて、どっぷり楽しい♪
往年の名曲が、心ゆさぶり、心に響く♪

最後には、大御所歌姫が、出資してくれるのですが
このとき、大御所に、ハリネズミの針が、刺さっているのがイイ☆
ハリネズミの彼女が、熱唱・興奮のあまり
観客に、シュバシュバ、針が刺さっていった。
(刺さったのは、針だけでなく、感動もだと思う)
大御所が、観客として来場し、そこで、感動を分かち合ったー
ソレが、刺さった針に感じられて、すごく良かった!(^^)/

▼▼▼

SING~たくさんの歌が聴けて、耳もうれしいし
動物たちの仕草や、ドタバタも可笑しくて、目も楽しい☆

名曲ノリノリの数々ですが
私の1番のお気に入りは、
ゴリラのジョニーがカバーした 『I'm Still Standing』。(エルトン・ジョン)

懐かしい歌を聴いていると、感激で、胸が灼けてきソ……


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
にほんブログ村

テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

映画『推定無罪』★結局“ハリソン・F”検事補は罪な男なのョ(^^)/

140235_1.jpg


作品について  http://cinema.pia.co.jp/title/6503/
↑あらすじ・クレジットはこちらを参照してください。

・検事補ラスティ: ハリソン・フォード☆

“ラストシーン”の既視感で、見たことを思い出しました。(^^♪
忘れてしまうので、覚書。

ラスティは、同僚のキャロリン検事補が、殺害された件を
担当することになった。(彼女は愛人だった)
性的暴行を受けて殺された彼女は
犯人と飲酒していた形跡もあり、顔見知りの犯行の線が、上がる。
調べるうち、ラスティが容疑者となってしまい
ラスティは、ヤリ手弁護士:スターンに、弁護を依頼した――

▼~▼ ネタバレで雑談です。 (注▽:真相も言っちゃう!)
▼▼▼

自分はヤッていないと言うラスティは
味方の刑事や、弁護士とともに、守りを固める。
一方、同僚の検事は、ラスティを有罪にすべく
攻めこんでくる…(>_<)

調べるうちに、キャロリンの“したたかな本性”が、暴かれ
男たちを利用して、うまく泳いでいたことがわかる。
(被害者なのに、裁判では、人生まるはだかにされる…orz)
児童虐待を許さない、正義の面もあったのに
人生いろいろ、人は、多面的…

ラスティも、愛人が、まさかアノ男とも関係していたとは!(>_<)
と思うのは、ショックかも…….

法曹界の人は、正しい人でいてほしいけれど
人間だもの?だからなのか
“損得“がからめば、美しくない行動もとるの……orz
アノ人も、コノ人も……

敏腕弁護士も、ツツケそうなところを見つけ、“圧力”をかけて
物証では、不利だったのに
しれっと、無罪を勝ち取った。

オカシ―のは、証拠品のグラスの件。
殺害現場にあって、ラスティの唾液がついていた?
とされる重要証拠。
なのに、担当者の異動云々で、紛失?ということに……( 一一)
――で、判決が出たあと、出て来る。(*^^)v
身に覚えがないというラスティは、ソレを、川に捨てた…

とりあえず、主役:ラスティは無罪で、ヤレヤレと思い
結局、犯人は、誰か変質者だったのかな~と
勝手に、納得しそうになっていると
鈍器で、頭、殴られた感じに……滝汗

▽ネタバレ!要反転
▽▽▽

真犯人は、ラスティの妻。
嫉妬と、愛が転じた憎悪で
愛人を殺し、夫を犯人に仕立てようとした。
ソコまでやるか!との用意周到には
恐ろしいまでの執念を、感じる………………
(妻に、そんな思いをさせる夫は、結局、罪な男だ……)

愛人を殴った工具についた、血と髪の毛を、そのままにして
夫の道具箱に入れたのも、証拠になっただろう。
何より
その工具を発見した夫が、ナニを思うだろう…….(怖)
(その工具を見て、見たことを思い出した(^^♪)

▽▽▽
▼▼▼

無罪判決にもっていくまでのアレコレは
駆け引きもあって、面白い。

終盤、油断したあとが、よかった!(^^)/
鈍器で殴られたような、衝撃が……(^_-)-☆



にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
にほんブログ村

テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

映画『シェーン』★去る美学~スカッとして理不尽で切なくて

169679_1.jpg


作品について     http://cinema.pia.co.jp/title/169679/
↑あらすじ・クレジットはこちらを参照してください。

「シェーン、カムバック!」のシェーンです。(^^)/

牧場主ライカ―に、立ち退きを迫られていた、ジョー一家のもとに
シェーンなる男が、やってきた。
立ち退きの抵抗要員&農作業の男手のため
シェーンは、ジョー宅に居候する。
(家族は、妻マリアンと息子ジョーイ)

ライカ―は、ほかの人たちにも、立ち退きを迫り
嫌がらせをしていたが、ついに
プロのガンマンを雇い、死人が出てしまう――

わかりやすい善玉vs悪玉の話―と思いますが
ソレだけでないのが、魅力です。

▼~▼ ネタバレで、だらだら雑談です。 
▼▼▼

まずは、“地上げ屋の立ち退き“のよう。
この辺一帯を牧場にして、儲けようとするライカ―は
畑作の者を、蹴散らしたい……(汗)

ヒドイな~と、思って観ていましたが
ライカ―にも、言い分があったとは!(>_<)

どうも、初めの開拓者は、ライカ―らしい。
先住民を追い払った苦労を、してきたという。(ソレはソレで先住民の受難史)
そこへ、新しく、入植した人たち。
土地の権利がどうなっているのか、わからないのですが
ジョーたち入植者も、彼なりに、生活の基盤を築いてきたので
今更、畑を荒らされ、追い払われるいわれもないと。

しかし、原因(ライカ―)がある限り
安心して暮らせない。邪魔者は、殺す?(汗)
いやいや、殺人は、その時代とて、有罪デス。

ジョーイは、かっこいいシェーンに、興味と憧れをもっていて
銃の撃ち方を、習いたがった。
けれど
ジョーイの母は、治安の悪い状況でも
息子が銃を持つようなことにはしたくない、と願っている。
(キレイ事ですが、母は、まず理想から☆)
そして、母マリアンは、“ソノ件“では、彼と距離を置く態度をとった。

しかし
マリアンとシェーンの気持ちが、微妙なのが、実は、イイ☆
二人は、お互いに、“特別な好意”を匂わせることはしないが
だからこそ、イイ☆

ジョーイ「シェーンが好き。お母さんは?」
母「大好きよ」
もちろん、人として好き、と言うことだけど
マリアンは、それだけでないことに、気づいたようだった。

傷の手当をしたあと、母屋から出て行ったシェーン。
マリアンは、彼の出たドアを開け、外を見ていた。
すぐに夫が戻ってきたとき、マリアンは言った。
「何も言わずに、私を抱きしめて…」
(今、夫が抱きしめてくれないと、彼のことが好きになってしまう……)
あ~、この気持ち、ナンと言おう……

結婚記念日と祝祭日の重なった、めでたい日。
ジョーとマリアンが、皆に祝福されてキスをしたとき
シェーンは、目を伏せた。
そして、いいタイミングで、マリアンを連れ出して
一緒に、踊りの輪に入った。
ダンスなら、“祭りの踊り“と割り切りながら
自分の気持ちも、満たされる……………

いよいよ、ライカ―と対決を決めたジョー。決死の覚悟で。
ジョーは、うすうす、二人の気持ちに気づいていたのか。
自分が死んだら、妻子を、シェーンに託すつもりだった。
そこまで考えて、家族の幸せを守ろうとするジョー☆
父の鏡☆!夫の鏡☆!素晴らしすぎる!!!(T_T)

前に、嫌がらせされたシェーンが、ブン殴ったのは、クリス。
そのクリスが、敵であるシェーンに
ライカ―が、ジョーを殺そうとしていると、教えてくれた。.
クリスは、心を、入れ替えたらしい。\(^o^)/
さすがに、住民を殺すに至った、ライカ―の肩を持つことは、ムリかと……

総合した結果、シェーンは、ライカ―たちを、殺しに行った!

これで、ジョーは、殺されないし
家族は、安心して、住み続けることができる。(^^)/
敵がいなければ、銃を使う必要もないから
マリアンも、安心ネ。(^_-)-☆

でも
大掃除=殺人は、罪なんです……orz

殺人犯シェーンが、ここに留まることはできず
彼は、旅立っていく――――

根本的な幸せは、
誰かの犠牲の上でしか、成り立たないのか…orz

そんな理不尽な世界に、納得できない!
なぜ、あなたとここで、幸せに暮らせないのですか?
カムバック!と叫んだ、ジョーイの悲しみ…
きっと、皆の心の叫びだったのでしょうね………….

▼▼▼

勧善懲悪の、スカッとしたカッコ良さと
そのあとの、理不尽な悲しみ…
そして
男として女として、大人の気持ち……  ←想定外☆イイ

総合した結果、彼は、去るほかないけれど
そこに美学があるのが、救い。(^^)/

いろいろと「カムバック!」を願いたいですが
諸行無常でも、強く生きて行かなきゃ!(オーバー?)
と思います。(^^)/



にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
にほんブログ村

テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

映画『先生と迷い猫』★男やもめの偏屈な懐に入りこむ三毛猫ちゃん♪


166548_1.jpg


作品について http://cinema.pia.co.jp/title/166548/
↑あらすじ・クレジットはこちらを参照してください。

・元校長(以下先生): イッセー尾形
・亡き妻: もたいまさこ

三毛猫ちゃんが、男やもめの先生のところに迷いこんで
可愛がってもらい、癒される話かと思ったら
イッセー尾形のキャラ立ちで、そんなに甘くなかった。
むしろ、猫が、家に来てほしくないとさえ…orz
なのに、猫用の入り口がある?……(^^)/

自由に行き来する猫ちゃんの特性?を生かした設定の話ですが
飼い猫と野良猫の境が、微妙なために起こるアクシデント?への
警鐘もあるような……

▼~▼ ネタバレで雑談です。 
▼▼▼

その三毛猫ちゃんは、美容院やクリーニング店など
あちこちに顔を出しては、可愛がってもらい(エサをもらって)
“いい御身分”だった。(劇中のセリフより)
名前も、タマコとかソラとか、好き好きで呼ばれている。

野良猫が、被害に遭う事件があってから
美容院で、鈴をつけてもらい
リンリンする音で、来るのがわかるようになる。

先生の家では、可愛がってくれた妻の仏壇の前に座るが
先生には、その光景が辛くて、すぐに猫を追い出した。

偏屈で通っていた先生だが
その猫に、ネガティブな気持ちを、ぶちまけたことがあった。
だからイヤなんだ!という言い草には
妻との生活がなくなった、悲しみがあった…
そして、その情緒を深めるように
思い出の映像が、描かれるのがニクイ。

あるとき、その三毛猫の姿が見えなくなり
皆で、捜すことになった。
先生も、得意の写真を生かして、ポスター作りをする。

(飼い猫との意識なく、エサをやっていた仲間同士だが
猫を飼う人からは、きちんと飼わない人が
猫ちゃんの犠牲を生むのだーとの諭しもあり)

それぞれの呼び方で、呼びながら探すうち
先生は、ミイ~と呼んでいた。
それは、昔、飼っていた猫の名前。

この三毛猫が、初めて家に来た時、
妻は、死んだミイに似ている、と喜んだのだが
先生には、ミイの死が辛かったようで
もう生き物は、飼いたくないと……
そして、死ぬなら別の場所で死んでほしいと…orz

可愛がったミイ猫ちゃんの代わりに
似ている猫を可愛がりたい、という気持ちはわかる。
愛情を何かに向けたいのは、自然な気持ち。
そして、やがて、似ていることではなくて
その猫ちゃん自身が、一層、可愛くなってくる。

先生は、妻もミイ猫ちゃんも、失ってしまったことが
本当に淋しかったのだ、と思う……
先生は、三毛猫ちゃんが、その淋しさを思い出させるーと思っていたが
実は、淋しさを埋めていたと思うョ……

だから、妻と一緒に可愛がっていた、ミイの名を
何度も何度も、呼んで
三毛猫ちゃんを、必死に探した……
滑稽なほど……(^^♪
おまわりさんに、捕まってしまうほど……(汗)

ラストは、三毛猫ちゃんが見つかって感動!~とはならない。(~_~メ)
淋し気な先生の背中が映る……
けれど、そこに、リンリン…….鈴の音が聴こえてくる。
しれ~っと、帰ってきそうな気配が、
気まぐれ猫ちゃんらしくて、良い。(^^)/

ところで
先生が出逢う“少年”のエピソードが、興味を引く。
“優しさ“に、苦み走った深みを与えたと思う。

少年との出会いは、瀕死の白猫。
先生が獣医に連れていってくれて、一命をとりとめた。
(少年が傷つけたのではないと、信じたい……)

その後、少年は、“野良猫”を気にかけて
探し回る先生の姿も、見ることになる。

拾ったカッターナイフで、木の葉を切りまくっていた彼は
大切にされる実感に、飢えていたようだった。
学校をサボっていたのは、“野良猫”のようだったかもしれない。

傷ついた“野良猫”に、手を尽くし
いなくなった“野良猫”を、必死で探した先生。
「野良猫も大切!」と言い切った先生に、送ってもらって
施設に帰った少年の心は、癒されただろうか……

▼▼▼

ふんぞり返って歩く、イッセー尾形の
とっつきにくそうなキャラと
かわいい猫ちゃんとのギャップが、良い☆
「愛感同一」のシャレ?を書く、実は、楽しい人というのも☆(^_-)-☆

I can do it.



にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
にほんブログ村

テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

映画『白い沈黙』★娘が誘拐され疑われながらも父がんばる!(^^)/

167796_1.jpg


作品について http://cinema.pia.co.jp/title/167796/
 ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。
原題 THE CAPTIVE
・父マシュー: ライアン・レイノルズ
・警官ニコール: ロザリオ・ドーソン


スティーブン・セガールの作品ではありません。(^^♪
場所はカナダ。雪の風景。
娘キャスの、スケート練習を迎えに行った父は
途中、パイを買いにダイナーに寄った。
そのわずかな時間に、車内にいたはずの娘がいなくなった――

原題どおり、娘はさらわれて、監禁されました。

始まりは、状況がわからず
時系列も、過去と現在が混在し
わからなさが、不安をあおります。

要は、子供の誘拐事件です。
ネット・動画環境も絡んでいて、
イヤラシ―大人連中のおぞましさに、ヘドが出ますヮ……

子どもの事件担当のロザリオ・ドーソン目当てです!(^^)/
彼女の、美しく気丈な雰囲気は、大好き☆

結論(ネタバレ)を言ってしまえば(汗)
子供は、無事に帰ります。(^^)/
でも、8年も経ってしまうの…….orz


▼~▼ 内容にふれて雑談です。 
▼▼▼

気の毒なのは、お父さん。
妻からは、あなたのせいで、娘はいなくなったと責められ
警官(♂)からは、借金のために子供を売ったのでは?
と疑われる……( 一一)

その警官にしてみれば、今まで
ひどい親たちを見てきた、ということでもある……

すぐに戻るつもりでも、車に鍵をかけないのは危険!
ちょっとの間でも、人は移動できる。
(例:ピンポンダッシュの子が、いつも見つからないのと同じ?(^^♪)

実は、冒頭から、キーボードを弾き語る娘が映る。
『魔笛』を聴いている男(ミカ)がいるので
一見、録音スタジオかと思ったら…隔離部屋だった!(>_<)

しかも、ミカは、監視カメラを、母親の働くホテルにも仕込んでいて
娘の私物をそこに置いては、反応を見ていた。
(娘に母親を見せる懐柔策でもあった?)
母親の困惑を見て楽しむ?-悪趣味なのだが
これはネット配信して、その手の変態どもの鑑賞用でもあるらしかった。
(変態どもの趣味は、理解できないヮ…)

ニコール刑事が、関与してきた犯罪は
直視できないような事件だと言う。(作品では映らない)
しかし、目を背けず、ひどい現実を直視して
解決につなげようとする強さは、頼もしく、心強い。(^^)/

やがて、(8年経って)キャスが、少女でなくなったからか
キャスは、ミカの指図で       ←卑劣
少女たちを“釣る“役割をさせられ  ←卑劣
キャスは、ネット配信に、ノルようになる。
(ミカ、エエ加減にせえよ!犯罪の片棒担がせて!(>_<))
いや、とっかかりが出来て、捜すほうには好都合☆

キャスの生存が明らかになり、安心する両親。
しかし、隔離場所は?  (発信元はわからないの…orz)
ニコール刑事が、小娘に化けて、“少女誘拐”を誘い
キャスに近づこうとするが
ミカでない、“しっぽ“の輩を捕まえたら
ソイツから、恨まれてしまい
ミカを通じて、ニコールが、拉致監禁されてしまう…(>_<)

~中略~

父は、一度は、娘に逢えるも
ミカに、麻酔銃を撃たれ、
再び、娘を奪われるという憂き目をみるが
父の愛と執~~~~~~念(!)で、ついに
ミカのアジトを、警察に知らしめる!

救助の叫びをあげる娘!!
早く救出して!!!
ミカは、タタんじゃっていいから!

▼▼▼

自分の身勝手のために
子供を拉致監禁して、自由と人生を奪うなんざ
ホント、腹立たしいことです。
そんな奴が、イケシャーシャーと、社会人面して
善良な人たちに混ざって、生きているのかと思うと
ゾッとします。

親切そうな美女の「送ってあげる」という申し出にも、ご用心!(>_<)


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
にほんブログ村


テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

映画『ジェシー・ジェームズの暗殺』★長尺が絞り出す罪ある人間味withピリピリ(汗)


145111_1.jpg


作品について http://cinema.pia.co.jp/title/19725/
↑あらすじ・クレジットはこちらを参照してください。

・ジェシー・ジェームズ: ブラッド・ピット☆
・ロバート(ボブ): ケイシー・アフレック☆  暗殺者

実話だそうです。(やっと鑑賞)
世界で初めて、銀行強盗に成功した人らしい。

ジェシーが行った、犯罪の数々の展示でなく
ジェシーが発する、ピリピリした空気を感じる作品でした。
それに呼応するボブこと、
ケーシー・アフレックの繊細さは、
ナイスプレーとしか言えない。

長尺が絞り出す、罪ある人間味を、堪能してくださいませ☆

▼~▼ 内容にふれて雑談です。 
▼▼▼

ストーリーは、シンプル。
ジェシーが、行動をともにしていた仲間ボブに、殺されます。

長尺の見せどころは
ジェシーとボブの”人間力“。

強盗のボス=ジェシーは、義賊?の噂があったとしても
基本、コワい人です。(汗)

“悪さ“に募った仲間が、逮捕されれば
そこから、足がついてしまう。
“不安要素“を除くべく、ジェシーは
今でも仲間のふりをして、会いに行き
外に誘い、殺した……(汗)

“悪さ“をした人だもの……
フツウの人の優しさは、期待できないのかも…orz
安心したら、裏切られそうだし
疑念を抱かれたら、アノ世行き…(>_<)

ジェシー=ブラピを見ていて、全然、落ち着かない!(~_~メ)
ニコっと、イケメン笑顔でも、信じられない。(>_<)
そのハラハラが、醍醐味?(滝汗)
恐怖の風格のブラピ☆天晴れ!
“殺し“は、仲間も、ヤッテくれる…( 一一)

ジェシーの従兄弟の家に滞在した、仲間の一人が
従兄弟の父の後妻(若妻)と、関係してしまった。
それを知った従兄弟は、関係した男を殺そうとするが
その場に居て
いたたまれなくなったボブが、従兄弟のほうを撃った。

ちなみに、ボブ=ケイシー・アフレック☆は
ジェシーを殺す役回りだけではない。(^^)/

ジェシーに憧れて、伝記?を読み込み、一味になった。
ケイシー・アフレックの、人の弱さと強さが、
絶妙に、にじみ出てくる雰囲気は、絶賛です。(^^)/
(彼が出る作品は、その人間味を確かめたくて、見逃せない)

ボブは、当局から、ジェシーの“始末“を指示された。
従わざる得ないし、ジェシーにバレたら自分が、ヤラレル…
(ケイシー・アフレックの“悩ましさ”が生きるシチュエーション♪)

相変わらず、ジェシーは、油断ならなくて
ボブの首に、ナイフを当てたときは、かなりヤバかった!(>_<)
冗談だよ♪とジェシーは、笑ったが
笑いごとじゃないヮ…滝汗

そして、いよいよ、諸事情が、大詰めになってきて
今、ヤラナイとヤバい!というときが来る。
この切迫感は、ボブの兄のソワソワした動きが、盛り上げる。
馬の絵を直そうとしたジェシーを、
ボブは、背後から撃ち殺した!

驚き悲しむ妻には、銃が暴発した事故―と説明したのは
言い訳ではなくて、思い遣りだろう……

――作品は、それで終わらないのが、ミソ☆
ジェシーの遺体は、“見世物“になり
死して、よりヒロイックになったようなジェシー。

対してボブは、暗殺の顛末を、何度も上演し
死後も、ジェシーの名声(劇)で稼ぐ。
しかも、卑怯な裏切り者扱いされてまで……
どんな了見だったのか、ボブ…….?
事実は、小説より奇なり――?

▼▼▼

銀行&列車強盗ですが
義賊っぽいことも、したらしいから
人の心に残っているのかナ…



にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
にほんブログ村


テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

映画『サムライマラソン』★“ただの遠足(とおあし)”がトンでもないことに!(>_<)



177635_1.jpg


作品について http://cinema.pia.co.jp/title/177635/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。

山形・庄内ロケ☆
史実に基づいたフィクションだそうです。
安政遠足(とおあし)の事は、初めて知りました。→ 参考 

史実:幕末の安中藩主が、藩士の鍛錬のために
碓氷峠の熊野権現まで、七里余りの中山道を、徒歩競走をさせた――

物語は、ソコに、トラブルを投入し
トンデモないことに、なっていきました…(>_<)

印象的だったのは、竹中直人さん♪
侍たち多数が、うごめく中
自分のシーンは、自分の芝居で支配し、
きっちり、インパクト残した感あり。

佐藤健さんは、剣心……?(^^♪

▼~▼ 内容にふれて雑談です。 
▼▼▼

泰平の眠りを覚ました、ペリー来航。
安中の殿様も、危機意識に目覚め
武士の鍛錬=遠足(とおあし)を、思いつく。
ソレが、緊急招集の太鼓を、ドンドン叩いたものだから、
御城下の人々は、何事か!?と……(汗)

佐藤健さん=唐沢は、勘定方の武士ですが
実は、“草の者“で、公儀に仕え、諜報活動をしている。
太鼓ドンドンで、一大事!と思い、幕府に報告!
善は急げ!(^^)/

しかし、“ただの遠足(とおあし)“のお達しと知り
報告を取り消そうとするも、飛脚は、行ってしまった…orz

とにかく、翌朝、遠足大会☆開催!\(^o^)/
優勝者は、殿様に、お願いを叶えてもらえる♪
各自、がんばって、走る、走る……

そんな勝負事は、巷では、“賭け“の対象に…(~_~メ)
藩内一、俊足の上杉は、足軽から武士への出世を望んでいたが
八百長をもちかけられ、悩む……
(勝負~賭け~八百長 あるある…(>_<))

途中、ズルして、馬や籠に乗る者も、あるある…(汗)
―――と思ったら、馬を隠していたのは、唐沢の上司で
彼も、隠密行動をとっていて、公儀の者を手引きした!
安中藩を、破滅させる所存か!
見つけた唐沢は、自分の誤報だった!と釈明するが
ほかの隠密も、行動を起こしていたのかも……

上司を止めるべく、刀を抜いた唐沢!チャンチャンバラバラ!
その唐沢=佐藤健さんの“構え“は
るろうに剣心の“構え”? (同じ流派?(^^♪)

唐沢は、上司を斬ったものの
公儀の者も、藩士たちを斬るわ切るヮ…
流血の惨事!!! (血も飛ぶ首も飛ぶ!(>_<))

「ただの遠足でござる」が、こんなことになるとは!!!(>_<)
多分、ソコは、フィクション…
すごい展開を、考えたものだ…orz

~中略~  城を抜けたお姫様などいて、てんやわんや…

とりあえず、メデタシメデタシっぽく終わりますが
草だとバレた唐沢は、今後、本当に大丈夫なのか…(汗)

▼▼▼

マラソン以外は、なんとなく、お楽しみ頂ければ☆(^^♪
お城の廊下、狭いナ~とか
出羽三山の森、いつか歩いてみようかナ~とか☆(^_-)-☆


Yahooブログ→コチラ



にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
にほんブログ村

テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

映画『女王陛下のお気に入り』★“臭い泥”にまみれた宮廷のドロドロ劇場


176501_1.jpg

作品について http://cinema.pia.co.jp/title/176501/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。

・アン女王: オリビア・コールマン
・サラ: レイチェル・ワイズ
・アビゲイル: エマ・ストーン☆
  サラの従妹

アン女王のこと→参考

女王の寵愛が、サラからアビゲイルに、移っていくさまです。

宮廷の様子は、華やかですが、虚飾。
人間とは、身分の上下問わず、醜い生き物なのだーとの印象。
しかし、その中で、必死に這い上がろうとする者を
否定は、しないョ……

17人の子供すべて、生存していないアン女王は
御気の毒なのですが、その憂さを、お酒で紛らわせていたからか
肥満・痛風で、歩くのも難儀…(汗)。
サラからは、“アナグマ“呼ばわりもされますが(汗)
サラは、正直=誠意の印として、仕えている。

サラの夫は、司令官なので
サラは、女王に戦争推進し、夫の戦功を援助している。
(終戦を望む野党には、サラが邪魔)

あるとき、サラの従妹:アビゲイルが、女中としてやってくる。
彼女は、父の賭け事のカタにとられ、身をやつしていた。
(その父がクズ!( 一一))
しかし、レディのプライドを失わない気丈さが
エマの器量に、表れています!(^^)/

アビゲイルは。痛風で痛む女王の足を、薬草で治療したことから
女王に、気に入られる―

▼~▼ 内容ネタバレで雑談です。 
▼▼▼

女王は、権力者として、君臨するわけですがー
女王を見て、思ってしまう…
権力とは、支配者とは、ナンなのか……

上に立つ者が
絶対、備えるべきものと、私が勝手に思っているものは
品格・品性です!

立場が上だから、ムダに、威張り散らしていいわけでなく
立場が上だから、行儀悪くていいわけでなく(汗)
尊敬に値する、自然と頭が下がるような方であってほしい。

権力を手にすると、ナニしてもいいと思うのが、いるんだナ…(汗)。
破廉恥な行為は、ホント、みっともないからやめてほしー。
(悪代官が、娘を手籠めにするのも…(>_<))

女王も、孤独な立場かもしれないけれど
「私は女王よ!控えおろう!」となれば
やはり、孤独になってしまうよね……

父のせいで、身をやつしたアビゲイルが
這い上がろうとするのは、良い☆(^^)/
(女が下に堕ちると、悲惨な生活だもの…orz)

女王もワルイ人で、アビゲイルを傍に置いて
サラに、焼きもちを焼かせようとする。
アビゲイルは、まずは、その程度の役割…

しかし、スキあらば、巻き返しを図りつつ
サラも、大したタマなので、応戦もすさまじい。(>_<)
ついに、アビゲイルは
サラに、一服盛って、“排除“に成功する。

そんなサラは、売春宿に拾われて、破滅か!?と思いきや
彼女は、すぐに、宮廷に戻ってきた!
このしぶとさも、私には、魅力だ☆(*^^)v

~中略~  長くなるので

結局、サラ夫婦は、“政治的”に、失脚させられ。
アビゲイルが、女王の寵臣となるが……

アビゲイルが、女王の“子供“(=ウサギ)を、踏みつけたのを
知ってか知らずか、あとで
女王は、アビゲイルを、押さえつける姿勢をとった。

サラの失脚は、女王の意思で、クビにしたわけでなく
とってかわったアビゲイルも、気に入ってはいたけれど
アビゲイルに
旧友を奪われたような腹いせは、感じていたかもしれない。
↑女の友情は、複雑怪奇な面あり……

そして、対等で深い友情は、孤独を、癒すものではあるけれど
女王には、本当に心許せる、対等の親友を持つことはできず
(権力・政治がらみの付き合いを、切り離せない)
せいぜい、アビゲイルに利用されないように
上下関係を、はっきり示す必要があると、結論したようにも見える。
(アナグマとも呼ばせないゾ!)
ただ、女王が“押さえつける行為“には、
品性を感じないのは、残念だが…


▼▼▼

似たようなコトは、会社内でも、ありそうです…(汗)
(セクハラ・パワハラも含め)

煌びやかな上流社会:宮廷にあって
生モノの人間の感情・生きざまは
“臭い泥“にまみれた、ドロドロ劇場みたいです…
その生生しいインパクトが、意外に、良い☆

Yahooブログ→コチラ



にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
にほんブログ村

テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

映画『そらのレストラン』★日々の何気なさがじんわりくる味わいwithチーズ


175345_1.jpg


作品について http://cinema.pia.co.jp/title/175345/
↑あらすじ・配役はこちらを参照してください

・酪農家(設楽亘理): 大泉洋☆

“海の見える牧場“の設楽亘理は、
牛乳を卸している”大谷チーズ工房“で
10年、チーズ作りを教わっているが、デキは、今一つ――

と言うと、この話のゴールは、
亘理のチーズ作りの成功?
誰かの夢だったレストラン開店?  と思いそうですが
ゴールというより、“見せどころ”は
広――い北海道で
酪農・農業・漁業といった、労働を営む仲間との“日常”です。

だから、大泉さんたちの会話は、何気ない。(^^♪
(村の寄り合いで、おじさんたちが話してそうなコト)

以前、新宿の映画館で、“田舎“を舞台にした作品を鑑賞したときに
“田舎”の物語は、都会暮らしの人には、
ピンと来ない部分が、あるかもナ~と思ったことがありました…
生活感や、そこでの価値観というのは
ちょい知ることはできても、肌で感じるのは、理屈ではないからね…

大泉さんたちの会話や出来事は、モノ凄いものではないと思います。(^^)/
けれど、私の日常の延長であってでさえ
目頭が熱くなるシーンが、ところどころあった……
ナンてことないことなのに、人生の感動は、あるんだナ…なんて…

▼~▼内容にふれてだらだら雑談です。
▼▼▼

東京からやってきた(心機一転?)“岡田将生“くんは
牧羊をしていた。
逃げた羊を、亘理たち皆で、.捜したときのこと。
どうしても見つからない一匹を、岡田くんが、諦めようとしたとき
他の人に、猛反対にあった。
ソレは、逃げた羊が、よその畑を荒らしては困るから。
(生活かかってるってコト)
結局、見つかって、一件落着。(^^)/

亘理が、バイクで、ずーっと行った先に
大谷チーズ工房は、あった。
昔、設楽牧場をやめようとしたが
大谷さんに頼まれて、今まで、牛乳を届けてきた。
代わりに、チーズ作りを教わっている。

あるとき、年季モノのチーズを見つけた亘理は
食べてみたいーと思う。(私も~(^^)/)
(このチーズが、あとに、イイ“酸味”を放ってくる!)

いつものように、亘理らが、“産直市場“に出店していると
素材を気に入ったシェフが、料理し、ご馳走してくれた。

美味しいものは、人を元気に、幸せにしてくれますよね。
それに、作った人たちがわかっている素材は
親しみや、有難みも、ひとしおかと……
(スーパーで簡単に買える野菜でも、
作るには、手間ヒマかかっています。
でも、お残ししたり、粗末に扱ったりしてませんか?汗)

岡田くんの育てた羊が、テーブルに上がったとき
皆は、美味しく頂いていたけれど
岡田くんは、最初、食べるのをためらった…
育てたことを思うとね……

けれど、食する・頂くーということを
やんわりと、亘理=大泉さんに諭される。
(ココは、大泉節だから、いいんだナ~)
亘理の幼い娘が、美味しいョと言うのもイイ☆

命を頂くーと言うけれど
自分の命(血肉)になっていくものへの感謝は
キレイ事でなく、忘れてはいけないよね!(^^)/
(義母いわく、米粒を粗末にしたら、目がつぶれると…)

太陽・気温など、自然の恵みにも
手をかけて、作ってくれている従事者の方にも
感謝の合掌ですよ。(お残し禁止!(^^)/)

そんな自然の営みの中
人にも、寿命はやってくる……
大谷さんが、旅立った……
受け入れられず、混乱する亘理……

“日常“と言いましたが
今日は、昨日と同じ日ではない――と
改めて感じる出来事は、あります…
そして
明日が来ないのではないかーと思うほど
絶望に満ちてしまう“今日”も、あります…orz

シェフの美味しい料理を、ほかの人にも食べさせたくて
企画した、イベントレストランは
チーズを提供するはずの大谷さんの死で、延期となった。

~中略~  

葛藤の日々の後、亘理は、大谷工房で
アノ“年季もののチーズ“を、見つけた。

それにはよく見ると、10年前、亘理が、牧場を閉めるのをやめて
工房に、牛乳を納めた日付があった。
大谷さんは、“特別な日”のチーズを、ずっと取っていたのだ――
目頭が、熱くなった………………

いちいち、口にはしないけど
人には、それぞれに、悩み想うことがあって
自分で、強く、生きていかなければならないーと、思ってはいる。
けれど、いちいち口にはしなくても
誰かの心にも、自分と、つながっていた根っこがあるんだナ……

切ってみた、10年ものチーズの中身は
トロッとして、ホント、おいしそうなんだナ☆(^^)/

そうこうして、レストランは、“開店”した。
皆で食事する喜び☆
修行中の亘理のチーズも、振舞われる♪
チーズ作りも、これがゴールじゃない、たぶん。(^^)/

▼▼▼

仲間たちとの“日常“と言いましたが
非日常?なのが、UFO乞い?の踊り。(^^♪
あの広い大地なら、あの広い空なら
UFOの1機2機、飛んできそうな余裕もイイ☆(^^)/

Yahooブログ→コチラ


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
にほんブログ村

テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

映画『世界にひとつのプレイブック』★折れた心には恋の成就が特効薬かと(^^)/

161241_1.jpg


作品について  http://cinema.pia.co.jp/title/161241/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。
・原題 :  SILVER LININGS PLAYBOOK

・パット: ブラッドリー・クーパー  躁うつ病 教員だった
・ティファニー: ジェニファー・ローレンス☆ ←目当て
・パットの父: ロバート・デ・ニーロ

愛する配偶者を失い、心が病んだ男女が出逢い
“再生“していく――
という筋書きもですが
ジェニファー・ローレンスの、存在パンチ力が、イイ!(^^)/
尻軽っぽさ(汗)と、心の闇を映すまなざしと
それでも折れずに、希望を求める骨太ムード絶品☆!

前半は、退院したパットの不安定ぶりに、
同居の両親とともに、振り回されますが(汗)
ティファニーの登場で、ストーリーの芯がしっかりしつつ
より、破壊的なインパクトも…(^^♪

“再生“アイテムは、二人で踊るダンスコンテスト☆
優勝して感動フィナーレ!……ではない。(^^♪
優勝までしなくても、再生はできる!(^_-)-☆  オット

▼~▼ ネタバレして雑談です。
▼▼▼

ダンスのほかに、キモなのは、アメフトの試合がらみ。
パットの父は、イーグルス応援に夢中。(←ノミ稼業で必死)
勝利パワーと、家族の絆のため、
パットに、一緒にTV応援することを、しつこく迫る。

このデニーロ・パパが、“ファミリーの結束“を
語るとき、“ゴッド・ファーザー”に見え
すごく説得力を感じ、逆らえないムードむんむん…(^^♪

あるとき
会場出禁の父に代わって
イーグルスの試合の応援に行ったパットは
乱闘騒ぎに、巻き込まれてしまい
挙句、イーグルスは敗北。 (父のノミ代パアになる…orz)
ダンスの練習にも行かれず、ティファニーに雷を落とされ
散々なことになってしまう……

父の損失分を、“賭け”で取り戻すため
アメフトだけでなく、ダンスコンテストも、“賭け“の対象にすることを
ティファニーが提案する。
(↑このときの白熱のプレゼンも必見!)

そもそも、パットのこと。
彼は、妻が浮気したことで、心が壊れてしまった…orz
浮気相手を殴り 
妻とは接近禁止になり、元サヤは無理なのに
復縁を切望する。
そんなとき、友人の妻の妹(ティファニー)に出逢った。
ダンスの練習の相手をすることで
元妻に手紙を渡してくれる、というので、ダンスを始めたパット。

ティファニーも、不安に揺らいだ未亡人。
関係修復の途中、夫は、事故死したという……
その後、彼女は、心のスキマを埋めるように
職場の男女問わず、関係を持ちまくったらしい……(それでクビに…orz)

浮気がわかったら、どうします?
いや、“本気”の浮気です。
自分に愛情が無いーのがわかっても
自分が愛していれば、失いたくない一心で、攻めます?(汗)

理屈では、わかっているかもしれないんです……
もう、元に戻らないことを…
でも、愛している気持ちは、失いたくない気持ちと同じで
諦めきれないんですよね……(汗)

怒りや苛立ち、焦燥、自己嫌悪etc.で
いっぱいになった心は、バラバラになってしまう…….
気分転換?くらいで、世界や価値観が、すぐに変わるものでもないから
薬は必要☆――だが、飲むのも悔しい……??

ティファニーとは、“薬“のことで、話が合った。
わかってもらえる部分を見つけるのは、嬉しい。

ティファニーが、尻軽になったのは
多分、てっとり早く、人と近くなれるから……?
そばに居ると、心まで近くなった気になれる?
夫の喪失のスキマを、そんなんで、埋められそう??

――いや、彼を深く愛すればこそ、そんなことでは
愛の代償にならないことは、わかっていたと思う。
けれど、男女かまわず、なりふりかまわず
愛を漁るような行為を繰り返さざる得なかった、ティファニー。
そうすればするほど、虚しさと寒さが、増しただろうに…orz

心から、自分が愛する人からも
心から愛される日々が、欲しいのだ!
でも、それがむずかしくて…….(T_T)

ティファニーは、パットと、ダンスをしたいと言ってみた。
(↑コレ、相手を好きじゃなければ申し出ないョ。(*^^)v)
代わりに
元妻ラブのパットに、元妻との間を取り持つーと言ったのは、方便。
一緒に、ナニカするうちに、心が通うかもしれない。
ソレは、“尻軽な行為“より、ずっと意味がある。

と言いつつ、ダンス練習は、わりとさらっと。(^^♪
優勝が目的でもないし、プロを狙っているわけでもないし…
“賭け“の目標は、10点満中5点でOK.。(目標低い…)
一緒にダンスできれば、いい。(*^^)v

――と思っていたら、
元妻が観戦に来たのを、ティファニーは見つけてしまった!(>_<)
パットは、ティファニーが取り持ってくれたーと思い込むが……
急に、不機嫌になったティファニー。
わかる~☆                昔の私を見るよう…(汗)
正直な気持ち=パットが好きだから
今更、大人の対応は、できないの……

パットも、元妻~元妻~って、未練がましくて
もうとっくに、終わったんだし
ティファニーとの初対面で感じた、ビビビに、素直になれー!(^^)/

そうしたら、この男パットは
実は、ソノ気があったのに
ちょっと、もったいぶってたらしい。(~_~メ)
恋は、かけひきも、トキメキかもしれないけれど
ただただ苦しくて、切ないものでも、あるわけだから….
あなたの愛を、早くはっきり、見せて欲しいョ!(^^)/

▼▼▼

皆の手を借りて、立ち直れたというパット。
自分だけでは難しいことは、多々ありますもんね。
(バナナの鹿野さんも、仰ってた(^^)/)

アメフト会場で、ばったり逢った主治医が
イーグルスを、熱烈応援してたのも良かった。
心が通じれば、薬も飲みやすいかも☆
とはいえ
恋の成就が、特効薬かと(*^^)v


PS:パットが、サウナウエア代わりに、黒いゴミ袋を着てジョギングするシーンあり。
ちなみに、ゴミ袋着用ジュリーもありま~す!(^^)/   



キャプチャ

Yahooブログ→コチラ

にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

映画『斬、』★『斬、』の「、」を浴びるべし感じるべし(^^)/


176371_1.jpg


作品について http://cinema.pia.co.jp/title/176371/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。(鶴岡ロケ)

・監督&澤村: 塚本晋也
・(浪人)杢之進: 池松壮亮☆


腕の立つ浪人、幕末という時代―
雰囲気で支配する池松さんに、期待大で、鑑賞しました☆

テーマ?は、人が人を斬ることについてーらしい。
(オット!人斬りや殺しは悪いコトーと、
道徳的に、小さくまとめないでっと…(^^♪))

《あらすじ》    ~ネタバレでもない序の口~
村で、農作業を手伝う杢之進は
世直しのため
幕末の京都に上ろうとする澤村に、スカウトされる。
“武士として“、杢之進が同道しようとした矢先
病で倒れてしまい、出立が延びる。
その頃、野党が村を脅かし
農民の青年が、襲われる。

澤村らは、「七人の侍」のように、野武士を追い払うべく
痛快娯楽チャンバラになる――わけでなく(^^♪

澤村が、一人を残して斬ってしまうと
残りの一人が、仲間を連れてきて
村への惨劇が、起こってしまい (>_<)
澤村は、更なる報復に向かう――

▼~▼ネタバレして雑談です。  違うときスミマセン
▼▼▼

冒頭、刀鍛冶が、刀を打つときに思ってしまう。
刀は、“武士の魂”と言うけれど
この刀が、鋭い切れ味を誇るとき
一体、何を斬ることを、想定しているのかーと。
曇りのない輝きが、魂の証であるだけなら、よいのに……と。

杢之進は、澤村が、“果し合い“で、人を斬るのを見たとき
まず、その“素早い所作“に、心奪われる。
所作の”端正“さは、“斬る”という“残虐性”を、凌いだ。

「人を斬れるようになりたい!」と、何度も口に出し
武士の本分として?
大義?をもって人を斬るべく、京都に行こうと思う、杢之進。

そのとき、彼はまだ、ピンと来てなかったのだと思う……( 一一)

そんな折、野党がやってきて、
村人と、ヤッタヤラレタという“問題“が起こる。

弟を殺された姉(=蒼井優)の言うことがイイ。
村での争い(人斬り)を避けたい杢之進に
京都に、人を殺し(斬り)に行くのなら
ここの野党を斬って、弟の仇を取ってくれと。
確かに…

結局、澤村と野党の元へ向かった杢之進。
彼は、澤村の斬りざまを見て、今度は、呆然とする…
果し合いのときは、ある意味、美しくキレイ?だったーとしたら
この血まみれの惨劇に、“武士の情け”があるのか??

澤村は、野党の腕を斬り落とした。
ボタボタと吹き出す、滝のような血は、見るに堪えない―(>_<)
ひと思いに死ねない状況を
死ぬ前に、人生を振り返る時間を、与えてやったーなどと、澤村は、言ってのけた。
さも、親切心であるかのように……
ソレは、武士の情けではないでしょ……( 一一)

京都に行って、“誰か”を斬るということは
多分、このような、武士の道も、人の道もない
ただの血の惨劇が、繰り広げられることなのだろうと思う。

誰と、何と戦っても
勝ったものが、正義となる――(勝てば官軍)
としても
浪人の杢之進には、武士である以外、何を信念として
刀を抜くのか?????

負ければ賊軍―の不名誉があるならば、
命あっての物種でしょ!
杢之進は、澤村から逃げた!
卑怯ですか?(汗)
逃げるが勝ちーということもある。(^^)/

すると、澤村は、逃げるなら、お前を斬る!と。(>_<)
ああ、一体、その刀は、何のために
何を傷つけるために、手にしているのか!???
(“武士の魂”ってこと、忘れてる?( 一一))

▼▼▼

刀、斬る、死―に焦点を絞った、シンプルな作りなだけに
血の臭いが、生生しく、“命“について
突きつけてくる印象です。

それだけに、渋くて苦い、塚本さんはもちろん
奥行きのある、若さとしなやかさが
セリフ以上に饒舌な、池松さんの佇まいが、絶妙☆

『斬、』の「、」は、多分、
血しぶきの如き、熱き血潮。(^^)/
チョイ、浴びるべし、感じるべし…….

Yahooブログ→コチラ



にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

映画『ストレンジャー・ザン・パラダイス』★わが道を行く旅人感の印象はザンパラダイス!?


133661_1.jpg


作品について http://cinema.pia.co.jp/title/2552/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。
・くわしいあらすじ→コチラ

・監督: ジム・ジャームッシュ☆
オフビート?なロードムービーだそうです。  (1度観ましたが忘れたので再見)
男2人女1人の若者の話。

1. ニューヨーク編
:ニューヨーク在住のウィリーの元に、ハンガリーの従妹エヴァが、10日間やってくる。
2. クリーブランド編
:叔母と住むエヴァを訪ねて、ウィリーと友人エディがやってくる。
3. フロリダ編(=パラダイス)
:寒いクリーブランドを離れ、車で、フロリダにやってきた3人。
レースで儲けようとする男2人をよそに、たまたま大金を手にしたエヴァは
ヨーロッパに行こうと空港に行く。
しかし、当日は、ハンガリー行だけなので、搭乗をやめるエヴァ。
一方、エヴァを連れ戻そうとしたウィリーは、その飛行機に乗ってしまう――

▼~▼ 内容にふれて、雑談です。(解釈違うときスミマセン)
▼▼▼

ロードムービーと言いますが、
コレと言った、明確な目的地があるわけでなく
進んでいくのは、私(たち)の日常感を醸し出すのか
ついつい、見入ってしまいます。(^^)/

序盤、ウィリーは、エヴァの受け入れを渋ります。
従妹とはいえ、よく知らない感じで、興味ない感じ…( 一一)
けれど、実際、乙女が来たら
それなりに、うまくやれるウィリー。
(エヴァは、ちょっとクールで、イケてて魅力的☆)
10日経ち、エヴァは、叔母のいるクリーブランドに行くので
彼らの関係は、さらっと終わる。

パンチは、ドレスの件か。
ウィリーは、エヴァにドレスを買ってあげて
エヴァも、応えるように、そのドレスを着て出発する。

しかし!
途中の道で、ドレスを脱いで、着替えるの……
それを見つけたエディには
そのドレスが、気に入らないからと……(汗)(>_<)
ウィリーには、知らぬが仏か…….

その後、ウィリーとエディは、いかさまポーカーで
大金を稼ぐと、脱出するように
エヴァのいるクリーブランドに、車でやってくる。
そこは、寒いので
温かいフロリダに行こう!と言うことになり
3人で、フロリダに向かう。

↑エピソード短いですが……
寒いーというのは、人を移動させるのに
十分な理由かと。

私の母の、祖母か曾祖母は
新潟の豪雪が辛くて、東京に出てきたーと聞いたことがある。
今、雪国に住むようになって、私も、それは、毎年、ツ――――――感!(>_<)
雪のないところに、戻りたい…orz

そんなこんなで、パラダイス=フロリダのモーテルにやってきた3人――
と言っても、映像はモノクロだし
風景は、ソレらしくなくて、パラダイスっぽくないの…

フロリダで、男2人は、例によって、ギャンブルで
お金を増やそうとして、ドッグレースで、スる……( 一一)
置いていかれたエヴァは、その辺を歩いていたら
ヤクの仲介?に間違われ、大金を手にする。
(本物の人と、同じ帽子をかぶっていた(^^♪)

かなりの大金を手にしたら、何します?

思い付きで、使っちゃうタイプ?(^^♪
あるいは、ずっと思っていたことを実行します?

エヴァは、この“あぶく銭”を、男2人と、パーッと使うわけでなく
ヨーロッパへ行こう、と思った。
彼らのために、お金を少し、モーテルに置いてから (餞別?)
空港に行ったら、今日は、ハンガリー(ブタペスト)行きだけだと言う。
ヨーロッパへーと言っても、帰国したいわけではない――
今日の旅立ちを諦めたエヴァは、
彼らが帰るはずのモーテルに戻る。

一方、競馬で当てた男2人は
エヴァが残した大金に驚き、
“心当たり“で、空港にエヴァを捜しに行く。

今日のハンガリー行に乗ったと、思い込んだウィリーは
飛行機に乗り込んで、連れ戻そうする。
――が、彼を乗せたまま、飛び立ったらしい……
飛行機を見上げる、エディ……

明日、エヴァは、どこかヨーロッパのどこかに行くのだろうが
モーテルに戻ったエディと二人になって
その後は、どうなるかわからない…………

私(たち?)の日々も、(予定ギチギチではあるけれど)
結果は“成り行き“……
でたとこ勝負な日々ですよ。

そんな、人生の縮図のような成り行き感?
ソレが、ロードムービーの醍醐味なのかな……

▼▼▼

初めて見たとき、この話の着地点がわからず
ナンと言っていいか、わからなかった記憶が……(^^♪
今もよくわからないデス…

けれど
フロリダ編の彼らの行動には、どこか、静かなワクワク感があって
“パラダイス“と言ってもいいです。(^^)/

でもでも、やはり、彼らの“わが道を行く旅人”感の印象は
“ザン パラダイス“なのかも☆

Yahooブログ→コチラ


にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村






テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

映画『神宮希林 わたしの神様』★樹木希林さんと伊勢神宮にお参り♪

img_0_m36.jpg


作品について http://cinema.pia.co.jp/title/164680/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。


平成25年(2013)の式年遷宮の年に
伊勢神宮を参拝した、樹木さんのドキュメンタリー。
樹木さんと一緒に参拝するムードを期待☆

初めは、樹木さんのお宅訪問から。
樹木さんの、人となりを踏まえてのお参りは
旅の途中のエピソードにも、樹木さんらしさが…


▼~▼ 内容にふれて雑談です。
▼▼▼

伊勢神宮の詳し~~~~い説明は、特になし。
一般のお参りと同じ感じで。
ただただ、遷宮を祝い、祈る。

たくさんの参拝者さんは、お願い事も、多々ありそうですが
特段、お願いごとをせず、感謝する樹木さん♪

私もつい、子供のコトで。お願いしてしまうこともありますが(汗)
神様も、ムリをお願いされても困ると思うので、
基本、 “感謝“で行こうと思います!(^^)/


しかし、苦しいときの神頼み――
『美しく愛しき日本』の歌人:岡野弘彦さんは、敗戦後
内宮の前で神様に、“その後の生きる術”について、問うたそうな………
けれど、なんの答えもなかったと…orz

問いかけは、祈りとは違うし
問いかけは、自分自身にしているのかもしれませんね……
ただ、邪念と迷いだらけの自分への、直接の自問ではなく
“尊き存在“を介することは
苦悶の泥沼にはまっている自分自身とは、距離を置けるのかも……
(よくわからないけど…)


遷宮の前、2011年の東日本大震災で
石巻の神社が流されたあと、小さな社が復興した。
小さな社に、手を合わせる人々に
心の拠り所を感じた、樹木さん……

心の中で祈ることは、いつでもできるけれど
やはり、対象があるのは、心強い。
気のせい?かもしれないが
やはり、考えるな(気で)感じろ!だーココでも(^^)/


20年毎の建て替え(遷宮)は、以前、私、不謹慎にも
もったいないーと思ったことがあります…(>_<)
老朽化や、建築技術の伝承―などという意義をわかりつつ
ペーペーの私が、もったいないなどと思うことが
大きなお世話なのでした。

朝な夕なの行事が、脈々と、日々刻刻、受け継がれている中での
20年に一度の行事。
伝統・由緒の大河を前に、なんと生意気な自分…orz

神をも畏れぬーという輩もいますが(汗)
頭を下げるべき、畏まるべき絶対の存在のあることは
自分の増長・慢心を、抑えるものなのかも……
謙虚で、いましょう。(^^)

大正時代には、はげ山になってしまったという伊勢のお山は
今は、森になってきました。
でも、まだ、遷宮用のヒノキを賄うまでには
木の成長を、待たねばならないそうです。
(遷宮で使いますから、それ以外の用途には、木は切らないで!(>_<)
と言って、森を守ることもできそうな気が……)


途中出逢った老婦人が、樹木さんに
羽織?を、プレゼントしたかったのですが
樹木さんは、“気持ちだけ”で、現物は、お断りしました。
せっかく持ってきたのにーと老婦人はご不満そうでしたが…

樹木さんは、お宅訪問でも見ましたが
あまり、モノは、持たないタイプのよう。
もらえば、波風立たないのは、わかっていながら
「着ないからムダになっては、却って、申し訳ない」と、キッパリ。
贈り物は、むずかしいですね…(汗)
食べれば終わるー食べ物が、ブナンかも…(^^♪

特別協賛の『赤福』さんを、食べるシーンはありませんが
舟参宮する方の舟着き場で、『二軒茶屋餅』を頂きます。
(3個お茶付きで220円!安い!樹木さんも安すぎると!(^^)/)


▼▼▼

淡々と、飄々とした樹木さんの雰囲気、好きです。
やんわりして、喧嘩にならないムードは
私、見習おうと思います。
一緒にお参りの旅をした感じで、心地よかったです。


Yahoo ブログ→コチラ


にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




blogramで人気ブログを分析




テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

映画『ジョゼと虎と魚たち』★温もりを剥がされたあとの孤独は前より寒い…?


141181_3.jpg


作品について http://cinema.pia.co.jp/title/4111/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。

原作:田辺聖子
・恒夫: 妻夫木聡
・ジョゼ: 池脇千鶴    足が不自由  知識は本から
 (ジョゼは、フランソワーズ・サガンの『一年ののち』から)

足の不自由な乙女と、青年学生:恒夫の
心温まる話だと、思っていました。
でも、サガン作品から、ジョゼと名乗った乙女。
どことなく、孤独が……

結局、人は孤独な生き物――と、結論したくなりますが
初めから独りーの孤独と
温もりを剥がされたあとの孤独とでは、寒さが違うーかのような…

冒頭は、恒夫の回想。ジョゼとの思い出。
懐かし気に、楽し気に語る恒夫だが
いい思い出になっている時点で、残酷な気もしてくる――


▼~▼ 内容にふれて雑談です。(解釈違うときスミマセン)
▼▼▼

ひょんなことから出逢った二人は
たびたび逢うようになる――と言っても
恒夫が、ジョゼ宅を訪れるのだが……
それは、ジョゼの料理に胃袋をつかまれた?かもしれないが
祖母が拾ってくる本を、しこたま読破しているジョゼの
“脳内世界“の広さと深さに、惹かれたみたいだった。

そうして、仲良くなり始めたときは
ずっと一緒にいることを、前提にするもの。
恒夫も、それを口にするし
年を取ったらおぶえないから、車いすを云々―とも言った。

ああ、恒夫はず――っと、この先ジョゼといるつもりなんだ…
ジョゼも、ソレを聞いて嬉しかったと思う。

けれど、恒夫には、女友達がいた。
彼女は、福祉の仕事志望で、ジョゼ宅のリフォームの件も
アドバイスしてくれた。
が、リフォーム工事中、ジョゼ宅を訪問したことで
ジョゼは、2人の関係を勘ぐり、恒夫を拒絶する。

↑ジョゼはその後も、「帰れ」と恒夫を拒絶する発言をするけれど
それは、本心ではないの……orz
帰ってほしくないし、ほかの女子と親しくしてほしくもない…
そのもどかしさが、“帰れ“という、そっけなさになる……
スゴスゴと、言葉通りに、帰るのではなくて
帰りたくない!君と居たい!とかナンとか、恒夫には反論してほしいのョ……

一方、福祉に関わりたいという“女友達“さん。
身体にハンディあるジョゼに、“負けた“と感じたことが許せない。
2回ビンタした!(>_<)
バリアフリー的に、同じ目線で嫉妬したーというわけでなく
障がいに対し、上から目線だったのは、イタダケナイ…
福祉に関わりたい人が、そんな姿勢は……( 一一)

そんなこんなあって
恒夫が、ジョゼを実家に連れていく旅をする。
結婚を前提?-というほど具体的でもなさそう。
でも紹介したい気持ちは、愛だと思う。
ずっと祖母に隠されるように生きてきたジョゼには、初めての“旅行”だ。
途中、動物園で、虎を見たジョゼ。(すごく近く!(>_<))
怖い虎を、好きな人と見たかったと言う。
↑コレ、いじらしいです…(^^♪
女子にはありますよね~。好きな人と〇〇したいという夢♪(^^)/

そして、海(と魚)も見たい、と言うジョゼ。
恒夫は、実家に行くのをやめて、ジョゼを海に連れていった。
実家に行ってからでもいいのに、“迷い”があったのか?
そして、
休館だった水族館で、見られなかった“魚たち”を
ラブホの演出で見た、ジョゼ。

多分、それからも、恒夫の実家には行かず
二人だけの生活が、それなりに流れたあと
二人は、別れたー.
(別れた恒夫を、あの女友達が迎えに来てた…汗)
女友達のおしゃべりをよそに、恒夫は、泣き崩れた……

ジョゼはー
福祉の手もあって、祖母亡き後も、自立しているようだった。
恒夫の手がなくても、近所のエロ親父の“汚い手“も借りて
一人で生きていけるのだとは、思う…

別れるとき、浮気とか心変わりとか、はっきりした理由もあれば
言葉では言えない、ただ“重たい空気“のような理由も、
漂うことは、あるのだろう…

状況から、ジョゼが、恒夫に、別れを切り出したように見えたが…
ジョゼは、恒夫と、本心から別れたかったわけではなかったと思う。
恒夫から言えないことを、言いだしてあげた?
ソレを、明らかにすることは
孤独の皮をはぎ取るようで、あとには
ひりひりした痛みだけが、残りそうで怖い……

▼▼▼

人が、一人で生活できるのは、頼もしいことだと思う…
でも、ソレが、ちょっと淋しい、と思う自分がいる…
ずっと、いつまでも――
ソレを、当たり前に聞いているときには、そう信じていた。
でも、いつだって、永遠なんかないことを
思い知るくらいなら、“淋しい“ままのほうが、辛くないーかも?

でも、正直な涙は、海のように押し寄せて、教える。
本当に自分が望んだこと。本当に欲しかったもの。
余韻は、その波にのまれたナ――


Yahooブログ→コチラ



にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




blogramで人気ブログを分析



テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

映画『死の棘』★浮気がバレるとこうなる!~生生しい愛の血潮~ 


144270_1.jpg


作品について http://cinema.pia.co.jp/title/3240/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。

・原作:島尾敏夫
・トシオ: 岸部一徳
・ミホ: 松坂慶子

夫の浮気を、妻が、ず~~っと咎め続ける
“針のむしろ”のような作品だと思っていました。
“死の棘“も、チクチクいびるからかと……(汗)

けれど、延々、“浮気”を責め立てるだけでは、
実名暴露(!)の“私小説”にしか、なりえなかったはず。
彼ら夫婦には、出逢いから、“死“が彩られていたのが、ミソ☆

“棘“には、血を思わせる、赤いバラを連想すれば
“死の棘“の死には、
敢えて、”命”と読み替えたいような、情熱すら
タイトルは、秘めているよう……

冒頭から、トシオが、“死“を口にする。
「おまえ、どうしても死ぬつもり?」
岸部さんが、淡々と飄々と、ゆるく語るのが、絶妙☆
妻にしたら、“のれんに腕押し“のような問答が、始まる――

▼~▼ ネタバレして雑談です。(解釈違うときスミマセン)
▼▼▼

二人の出逢いは、終戦間近。
トシオは、特攻隊長だったらしい。
奄美に赴いたとき、島のミホと出逢ったと。
明日をもしれない戦時中
“死“を意識しながら、わが身を賭けた恋に落ちた。
そして、幸いにも、生き延びて終戦になり
二人は、夫婦となり、子供にも恵まれ、
ミホは、わが身を捧げて、トシオに尽くしてきたと言う――

なのに、作家となった夫は
ほかに愛人を作り、子供まで成したことがわかり(堕ろしたらしい)
ミホは逆上し、全身、怒りの権化と化してしまった。

夫は、家でずっと執筆して、“気晴らし”したくなったのかナ…(^^♪
それが、高じて、のめり込んでしまった?

いやいや、妻は、“気晴らし“などせず、尽くしてきたのに…orz

↑奥様たちは、ダンナ様が思っている以上に
日々、ダンナ様のことを考えて、尽くしていると思いますよ。
よその奥様は、エライな~と、私も尊敬しております。(^^)/

ただ、有難いはずの“あなたの為“が、
ダンナ様には、うるさいこともありそう?…( 一一)
そして、息抜きを?(汗)

バレてしまったからと言って、
トシオは、離婚する気はなかった。
多分、家庭はそのままで、愛人とも、そこそこに
うまく“バランス“を取って、やり過ごすはずだったと思う。

しかし、バレたからには、半殺しも、覚悟せねばなるまい。(冷汗)
トシオは、非を認め、全面降伏した。
が、謝罪というのは、そのとき一回ぽっきりでは
納得しきれない。
はらわたの沸騰が、収まるまで、“湯気“を吐くように
グチグチ、グサグサ言い続けないと、気が済まない。
(↑地獄です)

ミホは、夫の浮気に取りつかれた、“狂女“のように描かれるが
捧げたものが大きければ、簡単に割り切れないのョ…( 一一)

トシオは、償うべく、ミホに、協力的に振舞う。
当然と言えば当然だが、トシオの真意(愛情)は、如何に?

男女のもつれには、勢いか、ヤケッパチか
“死”に向かおうとすることが、ある。(滝汗)
ミホも。トシオも。
子供そっちのけで、何やってんだか……(>_<)
それこそ、痴話げんかって言うんだ、そーゆーの。( 一一)

そんなこんなで、精神科に入院したミホの元に
お見舞いと言って、愛人が訪れてしまい(多分、トシオに逢いに来た?)
ミホは、半狂乱になって、愛人に襲い掛かった!

そして、トシオに尋ねた。
「私が好きか?この女は嫌いか?」と。

この時聞いた、“好き“と言う感情は、どんななのだろう……
謝っても、ことあるごとに、チクチク蒸し返すミホに
夫・父であるという責任から、贖罪しているとしても
恋に落ちた愛情が、そのままあるとは、思えない……(汗)

けれど、この修羅場には、「妻が好きで、愛人は嫌いだ」と
答えるほか、なかろうて……
その答えに後押しされ、ミホは、愛人を“撃退“した。

ともかく、トシオは、“好き“という言葉を越えて
ミホを立て直すことに、尽力する。
子供を、島の実家に預け
夫婦二人三脚で、ミホの心が“沈静化”することを、願う。

かつて、死を意識してまで結ばれた二人の
壮絶な棘も、愛の形なのだろう……

▼▼▼

結局、夫婦って――と言えるほど
私自身は、夫婦を極めていなくて(汗)
夫婦の間にあるモノを、まとめる器量はないの…orz

けれど、自分の浮気をネタに、
作品に仕上げたトシオは、すごいネ…
チクチクいびられましたーもあったけれど(汗)
逆に、ソコまで、惚れられてましたーということでもあるもん…

敢えて言う。
“死の棘“には、生々しい愛の血潮を感じる。


Yahooブログ→コチラ



にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




blogramで人気ブログを分析





テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

映画『31年目の夫婦げんか』★すべて赦せてしまうほど待ち望んでいるコト


162465_1.jpg


作品について http://cinema.pia.co.jp/title/162465/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。
・原題: HOPE SPRINGS 
(Hope springs eternal in the human breast.)の意かな?

・ケイ: メリル・ストリープ☆
・アーノルド: トミー・リー・ジョーンズ☆

この二人に惹かれて鑑賞しました!

“子はカスガイ”の子供が、独立したあと、
夫婦だけの生活は、どんな具合でしょうか?(^^)/
ラブラブ?(^^♪ それとも……(汗)

ケイは、夫との“距離“を埋めるべく 
泊りがけのカップルカウンセリングを、受けることにし
夫も、しぶしぶ付き合うことに……
(↑行く気なかったが、妻の留守中、
一人で在宅する自信がなくて、ついて行ったのかと)

カウンセリングで、お互い吐き出して
雨降って地固まり、再生しましたーと予想されます。
そのほうが、“幸せ”ですもんね…果たして…

▼~▼ 以下、内容より雑談です。
▼▼▼

カウンセラーは、カウンセリングが
関係修復の一助となるのは、もちろん
“終焉“への手助けになることもある、と言ったのは痛烈!

見つめなおすー現実の直視とは、そーゆーことか……
(ナットク)

夫婦喧嘩と言うけれど、喧嘩できるのは
仲が良く、遠慮しないで“話”ができる、イイ関係だと思います。(^^♪

私こと、喧嘩は致しません。(~_~メ)
仲がいいからではなく(滝汗)、我慢すれば平穏でいられるので。

劇中の夫婦は、“話“はするけれど
“気持ち“は伝え合っていない不満を、妻は、言っていました。
ソレだ!(>_<)
事実や連絡事項を“話す“けれど、”胸中”を述べることはない……

私こと、文通やSNSで、映画の“会話”をし始めたときに
“胸中”を、述べることのできる喜びを、知りました。(*^^)v
気持ちを伝える、と言うことは
自分を、生き生きと生かしてくれるんだ!と
そんな喜びを、感じたのでした。(リア充でないことも実感(~_~メ))

“同居人“と化している間柄では、淋しいので
ケイは、身も心も、夫とふれあいたいのですが
なぜ、ダンナ様は、そんなに面倒がるのか?( 一一)

そんな二人と対峙する、カウンセラーも、パンチあり。
夫婦関係というと、まず聞かれそうなコトを
冷静に尋ねます。

さらっとは答えられても、段々、掘り下げられると、チョット…
その穴は、深すぎるよ…(汗)
赤裸々ららあららら………(>_<)

“荒療治“は、ムリ…orz
愛の名のもとであっても、ムリ…
逆に、愛ってナニ?(~_~メ)

~略~(汗)

ケイは、家を出るしたくもしてみるが
結局は、思いとどまる。
ほんのちょっとしたコトでも、
それがあるとないとないとでは、妻(女)の気持ちが
大きく変わることがあるのは、私も、わかる。

▼▼▼

ほんのちょっとした“気持ち“や”表現“―
ソレがあれば、すべて赦せてしまうくらい
あなたに、待ち望んでいるコトは、あるのだ。

現実はどうであれ、
人間みな、仲良しでいるのは、良いことです。(*^^)v
夫婦しかり。家族しかり。

近所のお姉さんとは、想像だけにしとくとしても!(^^♪

Yahooブログ→コチラ



にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




blogramで人気ブログを分析




テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

映画『少女は自転車にのって』★因習を振り切るようにグングン漕いで!(^_-)-☆


163098_1.jpg


作品について http://cinema.pia.co.jp/title/163098/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。

・サウジアラビア作品
イスラム圏は、女性への規制が多く、
見るのが辛くなることも…orz
(自転車に乗るだけでもメンドウなんだろうな…(~_~メ)


10歳の少女ワジダは、自転車に乗りたい、
自転車が欲しい。
母は、ダメだと言う。
(ピンクの自転車も売ってるが…)

ワジダは、学校でもわりと“自由に“振舞っていて
女校長からは、目をつけられている。

あるとき、コーランの暗誦大会で優勝すれば、賞金がもらえると知り
ワジダは、校長に“改心“を告げ
コーラン・クラブに入部する――


▼~▼ 以下、内容ネタに雑談です。
▼▼▼

男性と接触しないようにーとの気遣いが、大変…
ワジダら少女は、声が、校外の男に聞こえては行けないと
校長に指導される。(声は肌と同じ)
校外で工事中のオジサンから、
女学生の姿(体を覆っていない)が見られそうと
あわてて移動したり…

一節には、女性を得体のしれない輩から守るーとの解釈も
あるようですが、
男性医師の診察を、受けられない不利もあるそうで
命を落とすこともありそう……
(それも運命?神の思し召し?)

日本でも、女性が、土俵上で救命行為をしたとき
物議を醸しましたが、
男と女を分けるーという思想や行動には、根深いものがあるよう。

原題が「ワジダ」で、少女の物語ですが
母親の状況が、女性の不便さをよく見せています。

この作品の頃は、サウジは、女性の自動車運転はできず
ワジダの母も、車の相乗りで、働きに行く。
(夫が嫉妬するので、女性のみの職場だが、遠い)

彼女は、ワジダが難産だったため、妊娠を躊躇していた。
しかし、夫と姑は、男子の誕生を望み
第二夫人を迎えようとしていた。

閉鎖的で抑制された環境の中で、母の幸せは
家族(娘と夫)だったと思う。
彼女は、夫の気をひこうと、赤いドレスをも買いにいった。
(運転手に送ってもらって)

逆に、仕事を持ってるとはいえ
彼女は、運転手がいなければ、出勤することもできず
何をするにも、夫の許可が必要な立場でもあり
夫には、自分に快くしてもらわないと
死活問題になってしまうーというのもあったかも…

ワジダが自転車に乗ることを、反対した母は
色んな意味で、“ケガ”をさせたくなかったのだろう。

努力の甲斐あって、ワジダは、コーランの大会で優勝し
賞金を手にするが、使い道を校長に問われたとき
「自転車を買う」と、言ってしまった。
すると、校長の顔は、みるみる曇り、
「パレスチナの同胞に寄付しなさい」と。
ワジダは、賞金と自転車を失った………orz

ワジダの男友達は、ワジダを気の毒に思う。
彼は、ワジダを妹と偽ってでも、一緒に行動してくれた。
(家族なら異性OK)
女性をめぐる不便な社会を、少年の彼も、きっと肌で感じて
ワジダの味方に、なろうとしているふうなのは、嬉しい。

積極的に、自分の人生を生きようとしているワジダを
彼が好きになるのは、わかる。
主従でなくて、対等の関係は、すばらしいもん!
だから、「ワジダ、結婚しよう!」と彼が言ったのは
いわゆる“愛の表現”以上に、家族として気兼ねない関係になりたい!という
強い気持ちの表れだったと思う。
彼、イイ男になると思うョ!

そして、父と第二夫人との結婚がわかったあとのこと。
賞金も自転車も、パアになって帰宅したワジダに
母は、自転車を買ってくれていた!!!!!

これは、単なる「コーランの大会優勝おめでとう」ではなかった。
単なる「よくがんばったね」でも、単なる「ご褒美」でもない。
母は、ワジダを抱きしめながら、「幸せになってね」と言った。

母は、自分が、この社会で、女として生きることの不便さを
娘には味わってほしくない気持ちを、新たにしたのだと思います。

だからと言って、すぐに世の中が、変わるわけではないけれど
まだ少女の娘には、ひとりで自転車に乗る自由が許されるなら
乗せてあげたいと、思ったのだと思います。
(女の自転車も、それなりの制約があるようなんです)

ラストシーンで、ワジダは、
因習を振り切るように、自転車をグングン漕いでいきました。
彼女は、少年と競争して、勝ちたいのです!(^^)/
(↑保守的な方は、女が男と競争するなんて!と思うんだろナ~)

▼▼▼

ワジダが、因習を振り切って、たどりついたと思われる未来には
変化が待っていました。
2018年6月。
サウジで、女性の自動車運転が、解禁されました!\(^o^)/

性差は、変えられないけれど
この先の未来では
性別による差は、少しずつでも埋めてほしいナ……(国問わず)

Yahooブログ→コチラ



にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




blogramで人気ブログを分析



テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

映画『センセイ君主』★ラストはセンセイの“赤字書き込み“に萌え!

175076_2.jpg

作品について http://cinema.pia.co.jp/title/175076/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。

・弘光センセイ(数学・担任): 竹内涼真☆
・佐丸あゆは(さまるん): 浜辺美波☆ 

彼氏募集中の“さまるん”は
担任教師に恋して、攻めまくりますが
センセイはもちろん、クールにスルー…(^^♪

竹内さんは、映画『帝一の國』で
演じた硬派な苦学生:大鷹弾の印象が、とても良い。
今回のセンセイも、ガチガチに硬そうで(硬派?)クール(冷たい?)だそうで
楽しみにしていました!

大抵のなりゆきだと、ハッピーエンド?
でも、高校生と教師だし…
ハッピーの形は、どんな??
『高校教師』の例もあるし……(汗)。気になる~!(>_<)


▼~▼ 以下、内容ネタに雑談です。(^^)/
▼▼▼

♪ソレはセンセイ~(歌詞引用)ではありませんが
先生が恋愛対象になることは、よくあるので(^^♪
現実に、希望を乗せながらの鑑賞となるのでしょう。

私こと、恋愛とは別ですが、高校のとき、
男子校から転任したての、初老の化学性のYセンセイに
憧れと尊敬を、抱きました。
(加藤剛さんに似て、紳士的&爽やか)

当時、母校では
女教師には“〇〇バー”、男教師には“〇〇ジー”と
年齢関係なく付けて呼ぶ風潮がありました。
が、紳士的なYセンセイを、“Yジー“などと呼ぶ輩はいませんでした。

私は、小学校から、理科と実験が大嫌いなのですが
高校入学のとき、心機一転し、嫌いなものを克服しようと
化学部に入部しました。が、だけじゃなかった!
Yセンセイが顧問だと、わかったからでした~(^^♪
だから、化学もがんばって勉強したナ~。
Yセンセイがいなかったら、化学やる気なかったかもナ~(^^♪

弘光センセイは、数学教師。(フィールズ賞にも近い!?)
知的な冷静さは、崩れない三段論法そのままに
感情=心は、頑強な城壁に囲まれ、隠されたように
人間的な部分が、見えにくい……

生徒:さまるんには、教師としての姿しか見せないから?

すみません、センセイ…
茶化すわけではないけれど、その“崩さない姿勢“に
ますます、惚れてまうョ……(照)。

センセイは、恋の猛アピールする“さまるん“に
「そそられない」と言い放ち、
「(俺を)落としてみろ」とまで!(>_<)
アレ?冷たいようで、情熱的な挑発!??
ドキドキしてまうョ……(滝汗)

一人で、数式を解いているセンセイも、素敵なんですが
孤独の影には、なにやら過去にわけアリ感が……
やがて
センセイの幼なじみという音楽教師(♀)が臨時にやってきた!
“さまるん“は、気が気でない!!!

~略~

その人が好き!と、今、舞い上がった恋心は
やがて、その人の将来を見据えた、“愛”に譲られる。

情熱的で、まっすぐな彼女に、
心を揺さぶられたセンセイは、恋に落ちましたー
――では、終わらない。人生は複雑なのだ。

▽要反転▽


数学を極めるため、センセイは、
突如退職し、留学してしまう。
(それは“さまるん”が願ったことでもある)

しかし再び、逢えるときが来た。

そこに至る二人をつないだのは、さまるんの「ラブ・ノート」。
捨てるはずだったノートが、センセイの手に渡ったとき
センセイは、“赤字で書き込み“していた。
それが、センセイの吐露。激白。
↑ココは、逢いたい想いが高まっていく、素敵な加速がある!!

再会した二人は、もう、教師と生徒の関係ではなかった☆

それなら遠慮なく、ヤバいほど(汗)
イチャイチャしてしまうのかと、心配してしまったけれど
センセイは、“さまるん”がして欲しかった
「たいへんよくできました」のスタンプを、頬に押す。
ソコは、ソレでいいのか~~?(^^♪オイオイ(^_-)-☆


▽▽▽
▼▼▼

竹内センセイが、数学教師だったら
私も、ヤル気度アップしたナ~。
いや、数学でなく、恋が計算高くなってたか?打算とか?(汗)

鑑賞後の幸福度は、120%!
女学生たち、言ってました。
私にも、∞(無限大)の夢心地~☆
「たいへんよくできました」(^_-)-☆

Yahooブログ→コチラ


にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




blogramで人気ブログを分析




テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

映画『ズートピア』★理想郷でも現実あるあるの社会の縮図(^^)/


166428_2.jpg


作品について http://cinema.pia.co.jp/title/166428/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。
よくできたあらすじ→ウイキ

大学生の娘が、上映鑑賞後、DVDも欲しがるほどのお気に入りなので
気になっていました。
予告編で、わかっていたのは
仲良し動物さんの世界:ズートピアの婦警さん;ジュディ☆は
しっかりもののウサギさん♪

↑第一印象で、私は、ジュディに惚れてた!(*^-^*)
元気で前向きで、芯の強い、ソレでいて
ふてぶてしくない((^^♪)、可愛さのある女の子♪
このタイプ☆私が男なら、絶対好きになる!

ズートピアは、肉食動物と草食動物が、仲良く暮らす平和な町~
↑この、ありえない“キレイ事な町(汗”)というだけで
引いてしまうかもしれませんが、
実態はそうでもないーというのが、現実的なミソ☆(^^♪
その中で、色々がんばるジュディ(と“相棒“のキツネ:ニック)が
愛おしい!(*^^)v

▼~▼ 内容よりも雑談です。
▼▼▼

肉食・草食ともに相和するズートピア~と言えども
“平等“は、違うところにあるらしい……

序盤の先制パンチは、ジュディの両親から。(>_<)
警官になる夢を持つジュディに
夢を持たないのが、幸せの秘訣だョーなどと…( 一一)
↑コレは、ある意味あってるかも……(~_~メ)

ウサギの警官は、前代未聞。
(ウサギさんは、主に、人参農家さんになるものらしい。)
秩序?ある世間は、すでに、住み分け・生き分け?が出来ているもの?

ズートピアの町は、長身のキリンにも、小動物にも
歩きやすい区分けがあったのは、“バリアフリー“ではなく
暗黙の“住み分け”だったの??

そんなこんなで
がんばって、警察学校を☆首席☆で卒業したジュディだけれど
大型動物の警官と同じ任務は、与えられなかった…orz
それでも、正義感と使命感で、
きびきびサクサク、駐車違反を取り締まりまくるジュディ。がんばれ!

そして、出逢ったキツネのニック。 ←詐欺師
彼も、正義感はあったのに、“ずる賢い“というレッテルにまみれ
詐欺師に落ちていた。

制度上は、平和的・友好的・秩序社会であっても
個々への染みついた評価は、根強い。
ウサギが警官?誠実なキツネ?~受け入れのハードルは高い。
(ジュディも、念のため、キツネよけスプレーを携行していて
ニックを傷つける…orz)

重要だったのは、副市長の羊さん(♀)。
彼女は、ジュディを気にかけてくれて、ジュディも、頼りにする。
彼女は、ライオン市長の“草食動物票集め”のためらしく
副市長とはいえ、雑用係のような扱いに…orz
(コレもありうる……)

そうこうして、肉食獣の行方不明事件が多発。
ジュディが、ニックの協力も得て、
事件の真相にたどり着くのが、見どころなんですが……

▽要反転▽


行方不明になった肉食獣は、野生に戻る花を食べさせられ
そのラスボスは、ナント!羊の副市長!(>_<)  
(彼女は、ライオン市長の失脚後、市長に昇格)
なんだかんだ、草食系で抑圧された不満を、密かに、肉食獣たちに向けていた。
(コレもありうる?(~_~メ))

▽▽▽
▼▼▼

一度は、警官を諦めて、実家に帰ったジュディ。
そこでは、ブルーベリーも作ってるんだね~というのが
和やかな話題だけでなく、
その後の“決め手“になるのは、超ナイス!

平等・平和・権利…etc
自分で正しいと思っていても、気づかないうちに
差別・排除…etc.をしていて、気づかないうちに
敵意・不満…etc.が、蔓延しているかも……
というのは、教訓でありました。

相互理解・相互尊敬……
心がけているつもりでも
人の受け止め方は、様々で、ミゾが深くなってしまうことも…orz
他者との関係は、肉食・草食でなくても、ムズカシイ……

でもでも、だから
ジュディとニックが、仲良くしているのを見ると、嬉しい☆(^^)/

ズートピアは、理想郷だけど、キレイ事じゃないゾ!
けっこうあるあるの、社会の縮図でありました。(^^)/



Yahooブログ→コチラ



にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




blogramで人気ブログを分析




テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』★“ジュラシック・ワールド”のオチ!そーきたか!

169458_1.jpg


作品について http://cinema.pia.co.jp/title/169458/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。

つづきです。 (ポスター同じ(^^♪)


前回、テーマパークのジュラシック・ワールドは壊滅。
恐竜が野生化したその島で、火山が大噴火するという―

そんなストーリーの内容は、ともかく(^^♪
ドッドッドッと走る恐竜に、ガオーッと吠えられて
ゾッとしたくて、鑑賞しました!(^^)/
(ストレス解消!気分転換!(*^^)v)

ストーリーは、2部構成。
(火山の島=炎の王国は前半?)
火山の島から
恐竜を絶滅危惧種として、救出しようとする者と
運命に任せるのも仕方ないと思う者とで、意見は二分。

結局、“恐竜関係者“ら(前回の美男美女含む)が
火山の島から、恐竜を移送します。

移送と言っても、恐竜は、話してわかる相手ではないので
火山の火の玉に追われ、恐竜にも追いつ追われつして
ドッドッドッ&ガオーッ!コワい~~(>_<)を堪能♪

けれど、そのミッションは、恐竜の保護ではなく
お金のからんだ、汚れ仕事だったとわかる……( 一一)
主役の美男美女(オーウェン&クレア)には、恐竜より恐い
欲にまみれた悪玉人間に、食われそうな目に……(>_<)

移送された恐竜たちをめぐり、第2部へー
そこには、オーウェンが手なずけた恐竜:ブルーもいた。
ブルーは、悪玉によって、瀕死の重症に…orz

▼~▼ ネタバレして雑談です。
▼▼▼

恐竜関係の財団:ロックウェルの邸宅で
恐竜のオークションが行われる。
ロックウェル氏は病床にあり、代理人が、財団運営のためと称し
悪徳商人と結託していた。(お主もワルよの~)

ロックウェル氏の孫娘メイジ―(実は娘のクローン)は、
事態を祖父に知らせようとするが、氏は殺されてしまう。
メイジ―は、邸宅にやってきたオーウェン&クレアに
守られるように、行動をともにする。

オークションが、順調に進む中
欲をかく人は、調子に乗って、やらかすんだナ……( 一一)
遺伝子操作で作った、トンデモなく狂暴な恐竜を、会場にもってくる。
まだ試作品だからやめろーという慎重派もいるのに
調子に乗ったら、止まらない。(>_<)

そんなこんなで、狂暴なのが
檻から出て、暴れまわって、邸宅は大混乱に!(>_<)
ドッドッドッ&ガオーッ!コワい~~(>_<)を堪能♪

~略~

オークションが中止になり
このまま恐竜を邸宅にとどめるのか?
と思いきや、換気装置が故障。
このままでは、恐竜は全滅する。

火山の島の件でも、恐竜の生死について選択が迫られたが
今回は、恐竜を邸宅から出すかどうかー
町に近い邸宅から、恐竜を出したら、どうなる??
オーウェン&クレアは、恐竜の絶滅も止むを得ないと諦める…

しかし、自らをクローンだと知ったメイジ―は
同類あい憐れむ?気持ちで、恐竜を解放してしまった!
もはや、世界中へ散っていった恐竜たち!

文字通り、世界は
“ジュラシック・ワールド”と化していくのか!?(>_<)

▼▼▼

「テーマパーク」からの「火山の島」で
ドッドッドッ&ガオーッ!コワい~~(>_<)のあとの
“ジュラシック・ワールド”のド・ストライクなオチが
見事というか、
この先も引っ張ってくれそうで、うれし~(^_-)-☆

Yahooブログ→コチラ



にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




blogramで人気ブログを分析




テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

映画『サムライ』★ドロン侍~片手にピストル、撃たれて候


キャプチャ666666


作品について http://cinema.pia.co.jp/title/3066/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。(あらすじ違う?)
おススメあらすじ→コチラ 


・一匹狼の殺し屋ジェフ: アラン・ドロン☆

冒頭は、セリフなく地味に始まりですが、
だからこそ
ドロンだけが、すでに、輝いています♪

正直言いまして、
殺しの依頼者らと警察官らの区別も、つかない感じで(汗)
アラン・ドロンが、ひとりキラキラした存在でした☆
(それでも良し!(^^)/)

中折れ帽と白いトレンチコートを着て、殺しに行くドロン。
目立ちすぎでしょ!(^^♪
呑み屋さんの奥の事務所のボスを、殺しに行きますが
オーラ全開の人が、店の中を通るんですから…
店の歌手(♀)ヴァレリーは、彼の顔を忘れるはずもないのに…

ナタリー・ドロンに、アリバイを頼んだドロンは(^^♪
余裕かまして、警察の面通しに行きます。
ヴァレリーは、ジェフ=ドロンが犯人ではない、と証言し
ドロンは、釈放。
しかし警察は、限りなく黒に近いジェフを、追い続けます。

殺しの依頼者は、ジェフに懸念しながら
“次の殺し”の依頼をする―


▼~▼ ネタバレして雑談です。
▼▼▼

小鳥が、一羽待つ部屋を、ねぐらにするジェフ。
その小鳥の様子で、部屋の変化を鋭く察する。

もっさいタイプの殺し屋さんもいますが(汗)
ジェフの、研ぎ澄まされた勘の良さは、完璧☆

警察の尾行が、しつこいのも見どころ☆
協力者も多数いて、地下鉄を乗り換えても乗り換えても
誰かが尾行し、次々巻いては、続々尾行され……
歩いても潜んでも、いちいち絵になるドロンに見入ってしまう。

女との関係も、ドライなムードで抑えるのもイイ。
“幸せ”に、落ち着いてしまわない。
愛への渇望感が、観ている私に、沸々と…(^^♪

だからか、終盤、歌手ヴァレリーとの関係が、高まってくる。
なぜ彼女は、彼が殺人犯だと、証言しなかったのか?

雑な言い方をすれば、彼を気に入ったからかと。
警察に、渡したくない気持ち。
ジェフ=ドロンの、どこか甘い雰囲気には、
味方したくなりそうですもん…(*^^)v

あとになって、ヴァレリーが、
殺しの依頼人のそばに、住んでいたことがわかる。
(一瞬、同棲?かと思い、依頼人の関係者かと思ったが)

そして、依頼人は、口封じに
ジェフに、彼女の殺しも依頼したことがわかるが――
そこで、ジェフの美学が!(^_-)-☆

▽要反転▽
▽▽▽


ジェフは、店に入り、
ピアノに向かうヴァレリーの前まで来て
銃を向けた。
とっさに、尾行した警官が、ジェフを撃った!
しかし
ジェフの銃に、弾丸はなかった――

公衆の面前でド派手に振舞い、彼は、自分を葬るように仕向けた?

じりじり追い詰めてくる警察に対し
ジェフは、逃げ切れるかもしれないが
ウソの証言をしたヴァレリーは、いつか、追い込まれてしまうだろう。

ジェフは、ヴァレリーを守るために
自分を消すために
弾丸のない銃の、引き金を引いた――

↑「サムライ」の神髄は、ココか……
~武士道と云ふは死ぬ事と見つけたり~
そんなこったろうなどと思って、観ていましたが
愛を含んだ末路には、美の余韻すら………

▽▽▽
▼▼▼

色々な点で、フィルム・ノワールの傑作だそうですが
1番は、やはり、ドロンの魅力でしょう。

イケメンというだけでなく、存在感が絶品!
というか
中折れ帽&トレンチコートが、ステキに似合いすぎ!(^_-)-☆


Yahooブログ→コチラ



にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




blogramで人気ブログを分析


テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

映画『さよなら、僕のマンハッタン』★こんにちは、僕らのシンジツ

174753_1.jpg

作品について http://cinema.pia.co.jp/title/174753/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。

・老人: ジェフ・ブリッジス☆ ← 人生の重みと苦味が絶妙!(^^)/
・原題 : 『THE ONLY LIVING BOY IN NEW YORK』

原題ゆかりのサイモン&ガーファンクル(他皆様)の歌がBGMなら
悩める青年は、収まるところに収まるだろ~と
呑気に構えていると、意外に、ビターなところへと!(>_<)

大学を卒業し、実家(高級住宅街)を離れ、
一人、アパート暮らしをするトーマスは
同じアパートの老人と知り合い
女の子のことなど、悩み相談するようになる。

この老人の“哲学的な言い回し”が、
当初は、重たく聞こえましたが(汗)、それにも訳があったらしい……

あるときトーマスは、父が、美女とデート&キスするのを見てしまい
衝撃を受ける。
彼女(=愛人)の後をつけたトーマスは、父と別れさせようとする――

トーマスの母は、精神不安の状態。
母への気遣い?気疲れ?で、父は、愛人に安らぎを求めたのか?
などと思っていたらーチッチッチ……
根はもっと、深いところにあったと、トーマスも私も知ることになった!


▼~▼ ネタバレして雑談です。
▼▼▼

トーマスの“悩み”は、“はしか“みたいなものかもしれません。
若い時の悩みは、甘美に観念的で
それほどの悩みでなくても(ゴメン)、人生のすべてのようになる…


好きな女の子は、一線を越えたくらいでは、友達のまま。(汗)
なにせ彼女には、彼氏がいる……(なんてことでしょ…( 一一))
一途に彼女が好きなはずなのに、のぞみうすだと、熱も冷めるのか
あろうことか、トーマスは、父の愛人を付け回すうちに
(年上美女の挑発もあって)
彼女とも、一線を越えてしまう!(なんてこと!?(>_<))

↑だから、ドン詰まってそうな恋の“悩み“も、出口がなくもない……と思うの。

たとえば、芸術に刺激がなくなるのが、危機的状況なら
トーマスの青春期も、“無難“というドツボに、はまっていたかもしれないけれど
父と、その愛人と、“三角関係”になるという、
欲望はあっても、愛があるのかは不明な
愛欲地獄に堕ちたのは、彼には、刺激的な起爆剤になったかも?

―ということじゃなかったんだな、これが……(汗)
「あなたは子供で、ナニもわかってない」と、愛人ねえさんに言われ
父が愛人に、求婚したらしいことについては
「あなたのお母さんが、仕向けたとも言える」などとも聞かされ
気絶するほど悩ましい?ーどころじゃない、カオスに陥るトーマス!
家庭崩壊?なぜこんなことに!?(>_<)

トーマスが、老人の部屋を訪ねたときのこと。
彼の机の上に、原稿を見つけた。
タイトルは 『THE ONLY LIVING BOY IN NEW YORK』
トーマスの“相談事“をヒントに、書いた小説らしかった。

そう。老人は作家!
どおりで話し方が、哲学的というか、修飾的というか
めんどくさいと言うか……(^^♪
トーマスというインスピレーションに出逢ったのは、ラッキーだった?

いやそれが、“偶然の出逢い”を、“利用“したわけではなかった。
老人は、昔別れた彼女とのロマンスを、語りはじめたー

▽要反転▽
▽▽▽



トーマスの両親には子供ができず、母は、“友達“と関係して
トーマスを授かった。
その友達が、“老人”。
(この男女の“一線越えの友達関係”は、トーマス世代にも通じるものあり)

母が、精神を病んだのは、そのためだったらしい……
“一線“を、行ったり来たりした”過去”は
命の未来を開いたとしても、光だけを落とさない…
子供が成長するにつれ、愛情が深まるにつれ
闇のほうが深くなり、闇に囚われてしまいそう…

だから父は、“浮気“などではなく、
それぞれが、本当に欲する愛の収まるところとして
愛人との結婚を、望んだのだろう。
そして、それが、母を苦しめる呪縛からの解放だとも信じて…

老人は、いきさつを
ある小説のあらすじのように、淡々と、トーマスに語った。
それが切ない。
察するトーマス。

この老人の、めんどうなまでに哲学的だった言葉の響きは、
それだけ深く深く
息子に伝えたい、自分の魂が、あったからなんでしょう……
老人の苦悩は、小説に書いて、スッキリするものではないし
生き方の出口を、なんとなく捜しさまよう、
若者の悩ましさの比ではない…

ジェフ・ブリッジスが素敵です。
私は、誰かに秘めた情熱を、ずっと持ち続けてきた男性の姿には
胸キュンであります。(^^♪

冷静になると、色々と、なんでこんなことに…と思いますが
男と女は、他人にはわからない恋や欲情の熱に浮かされてしまうことがあるのを
否定はしませんよ、私は。(^_-)-☆


▽▽▽
▼▼▼

悩ましい青年が、父の浮気現場を目撃して
ますます悩ましく……なりますが
結果は、のどに刺さった小骨が、スッキリ抜けた感がありました。

(状況へのツッコミは、あるかもしれませんが)
ジェフ・ブリッジスを見れば
初めから終わりまで
深い愛のまなざしに包まれていたんだ!と感じるかと。(^_-)-☆


Yahooブログ→コチラ


にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




blogramで人気ブログを分析

テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

プロフィール

yutake☆イヴ

Author:yutake☆イヴ
こんにちは☆
使い方がよくわかりませんがヨロシクお願いします。^^;

フリーエリア
PVアクセスランキング にほんブログ村
フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
フリーエリア
フリーエリア おすすめ映画
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR