映画『空飛ぶタイヤ』★最後に正義と良心が勝つ!爽快感と安堵(^^♪

172700_1.jpg


作品について http://cinema.pia.co.jp/title/172700/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。

・原作: 池井戸潤
・運送会社社長(赤松):長瀬智也
・ホープ自動車課長(沢田):ディーン・フジオカ☆


“三菱リコール隠し”が、元だそうです。
あの事件では、脱輪した大きなタイヤに、轢かれる恐怖と不幸が
私も始めは、運転していたドライバーに責任がある、と思い込みました。
しかし、その後、ドライバーや運送会社ではなく
車両に問題のあることが発覚し、衝撃を受けた覚えがあります。
ドライバーさんも、被害者で、大変だったんだろうなと……

死者を出した事故を、起こしてしまった運送会社社長が
事故の原因・真実を明らかにしようと奮闘する姿には
エールを送るばかりでした。

見ごたえあって、良かったと思います。(^^)/

▼~▼ ネタバレ雑談です。
▼▼▼

1. 遺族のこと

事故は、本当に悲しい…
一瞬で、多くの人の幸せを奪う。
自動車は走る凶器―ともいうけれど
営業・経営のことよりも、完璧な安全と良心で、
関わってほしいと、願うばかり。

当事者となった運送会社は、整備不良はないし
自社には非がないーということを、訴えていましたが
そのことが、かえって
遺族には、反省と誠意がないーと受け止められてしまうのが
なんとももどかしく、悲しい。

遺族が、怒りと悲しみから、赤松を罵るシーンがある。
悲しみのやり場のなさは、よくわかる。でもでも
赤松も悪くないんだ!
ワルモノは、ほかにいるんだ!と……

だから、すべて真実がわかったときの、遺族の赤松への対応には
本当に、うれしかった。


2.大手企業の沢田☆

自社のトラックに問題はない、との確信で
当初は、赤松に対してケンもホロロだった、販売部の沢田。
自分が、責任をもって働いている自社に
間違いはない、と思うのも当然でしょう。

けれど、自社には、隠蔽?しているコトがあることに気づく。
“リコール隠し“を黙っているほうが、利口?事なかれ?( 一一)
でも、人には、良心があるから……

死者も出た事件では、もはや、“リコール隠し”では済まないでしょう。
沢田は、内部告発へと動く。
(よかった!ディーンさんには、そうでなきゃ!(^^)/)


3.ホープレスなホープ自動車( 一一)

会社が、利益のために、“リコール隠し”をしたのなら
その不具合を、きっちり解決しなきゃダメでしょ?
隠すだけで、放置するのは、バ〇ですよ。
再発するじゃん。そしたら、また隠すのか?
この会社は、そのバ〇をやってたんですよ。

それで、あちこちで、事故が起こっていることがわかってくる。
赤松が、1社1社訪ねて確認するの、ホント、お疲れ様です。
事故のたびに、整備不良だの何だのと、
運転側に、罪を押し付けてきたホープ“レス”自動車…( 一一)

人は、罰っせられなければ、改善できないのか……orz


4.大手サマサマ

今は、マスコミやネットだのがあるので
そこで、暴露したらどうか?と思うもので
雑誌に、〇〇砲をドカンッ!と出すはずが
相手が大手企業なので、記事は、ボツになってしまう……orz
広告収入がらみの、利害関係で……

本作がドラマになるときも、スポンサーがらみで、地上波ではムリだったそうで
世の中は、長いモノに巻かれていることに、気づかされる…orz

世の中は、やはり、大手のもつ、大金で動くのか…orz
良心や正義すら、その手の上で、転がされているのか…orz


5.人間だもの(^_-)-☆

けれど
沢田のように、ほかにも、黙ってはいられない者がいた!

高橋一生さん演じる、系列銀行員は、
系列のホープ自動車でも、なあなあでなく、きっちり“調査“の手をゆるめない。
高橋さんは、物腰柔らかいのに、ヤワでなく
何があっても折れない、“コシ”の強さが良い☆

トドメは、“リコール隠し“の”隠し玉”を、公表してくれた社員☆
ココまで、漕ぎつけられた経緯も、
ナイスプレーで、感動する。.

会社の利益にならないことは、社員なら、したくないでしょう…
けれど、“リコール隠し“で、死者まで出ては……orz
命を奪うことの、重大さと悲惨さと、不幸の拡大は
他人ごとにしては、いけないんです!(キッパリ☆)
良心失くしては、人間ではないもの……


▼▼▼

世の中に、“絶対“はないーと言われます。
絶対に間違いがないーことはムリだとしても
“間違い“を、あらたむるに憚ることなかれーでしょう。

真相が明らかになって、良かった!と思う爽快感が
実生活でも、誠意ある仕事しよ!となると、いいかも…(^_-)-☆


Yahooブログ→コチラ



にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




blogramで人気ブログを分析


スポンサーサイト

テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

映画『サバービコン 仮面を被った街』★白人のトンデモ家族withキャッチボール♪

T0022511q.jpg


作品について http://cinema.pia.co.jp/title/171915/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。

・監督: ジョージ・クルーニー
・脚本: ジョエル&イーサン・コーエン
・ガードナー: マット・デイモン
・ローズ&マギー; ジュリアン・ムーア

↑このメンツに惹かれて鑑賞しました☆

1950年頃のアメリカ郊外サバ―ビコン。
白人の住人が多い中、黒人家族が転入し
白人たちは、嫌がらせをする。
ある夜、隣接するガードナーの家に泥棒が入り
妻ローズが、殺されてしまう――

コメディや寓話?のようなタッチですが
ガードナーの息子の目線で見たら、
トンデモないことを、見ることになります。
一体、本当は何を言いたいのか?と思ってしまう、エゲツナサ…( 一一)
たぶん、アレがオチなのか……(>_<)

▼~▼ ネタバレして雑談です。
▼▼▼

アノ時代の物語に出てくる“白人“には、警戒してしまう……

アノ人たちは、ちょっと見は、信心深くて
パッと見は、イイ人なんです。
けれど、“黒人“の方との融和的な生活は拒絶する。
はっきり言えば、公然と差別することに、抵抗がない。
恥じることもなく、気の咎めもない。
それでも、善人だと思っていられるのが、フシギなんです…(汗)

転入してきた黒人家族への嫌がらせ(騒音ドンチャン)はヒドイ…
一人二人じゃないんだから。老若男女、多数、押すな押すな…

郵便配達の態度が、端的。
彼は、応対した黒人女性が、ヘルプさんでなく、夫人だと知ると
よそよそしい態度をとる。
多分、ほかの白人住人も、
黒人の方が、主でなくヘルプさんなら、受け入れてたのか。

ガードナーの息子は、黒人の少年と、野球などして親しくなるが…
(ラストとの呼応はOK)

▽ネタバレ要反転▽

実は、ガードナーは、強盗に、妻殺しを依頼していた。
(姉妹のマギーとデキていた)
丁度、黒人一家が転入し、町がガヤついたドサクサらしい。

父の陰謀に気づいた息子が、気の毒…orz
妻の保険金狙いらしいが、父は強盗に、脅され
マギーは、保険屋に脅される……

真実を知るものは、たいてい、消される運命にあって(汗)
息子は、マギーに、薬入りのサンドイッチと飲み物を食べさせられそうに…( 一一)

↑が、ココはあえて、ブラックな面白さ?の演出と言ってあげよう。
このサンドイッチは、息子は食べない。
食べる前に、強盗に殺されそうになり、てんやわんやある。

そうして、一命をとりとめたあと(滝汗)
父が、息子に小言を言いながら、そのサンドイッチを食べてしまうのだ!
(この父は息子を殺そうともしていたので、よし!と思ってしまう(^^♪)

そんな父を、狙って追っていた強盗の車が
消防車に衝突されてしまうのも、絶妙!
その消防車は、黒人家族への嫌がらせがエスカレートしたため
出動した消防車なのデス☆
↑デキスギは流れは、よしとしよう。(^^♪

保険金のために、さんざんな目に遭った少年……
気の毒すぎる……
「白人なら善良―とは限らない」のが、教訓っぽい??

薬入りサンドイッチで、眠った父。(永眠?汗)   ←因果応報も、教訓か?
その傍らで
黒人少年と無邪気に、キャッチボールをする息子が良い☆
心のキャッチボールというけれど
腹黒い白人よりも、悲しさを知っている黒人の方との交流のほうが
思い遣りが深そうです……


▼▼▼

白人のトンデモ家族の話を見ましたが(>_<)
ラストのキャッチボールに、救われます♪


Yahooブログ→コチラ



にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




blogramで人気ブログを分析





テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

映画『シャンドライの恋』★恋よりも悩ましい~絶妙なラストの“間“!


133125_1.jpg


作品について http://cinema.pia.co.jp/title/6931/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。
・あらすじの参考→コチラ

原題:L'assedio ( 英題:Besieged
・監督: ベルナルド・ベルトルッチ


アフリカで、夫が、投獄(政治犯)された後
イタリアで、医学生になったシャンドライは
音楽家(♂)の家で、掃除婦の住み込みをしていた。

日常が、重なっていったあるとき
音楽家は、何でもするからと、彼女に求婚した。
すると彼女は、「投獄されている夫を解放して!」
彼は、彼女が既婚者だと知った―――

それからの、じわじわ見せられていく光景と
ラストシーンの“間“が、ニクイほど、絶妙!


▼~▼ ネタバレして雑談です。
▼▼▼

それから、音楽家は、身ぐるみはぐように
家財道具を、売りはじめ
遂には、商売道具のピアノまで!(>_<)

そして、シャンドライの元に、夫の釈放を告げる手紙が届き
彼女は、音楽家が、尽力してくれたことに気づく。

(確認だが、音楽家は
彼女が望むことは、わが身を犠牲にしても、叶えたいー
のであって
何でもする(=夫の釈放)から、結婚してくれーではないですよね。)

甘えついでに、釈放後の夫も、同じ建物に住んでいいかと
音楽家に尋ねたシャンドライ。
音楽家が、「もちろんだ」と、答える前にとった“間”の長さを
シャンドライは、どう受け止めた?
彼は、自分を愛しているのを、知っている………

夫が到着する前夜、彼女は、自分の唇やらドコやらを
触れまくらずには、いられなくなったのは
誰を、求めていたからだろう……?

その夜、彼女は、眠っていた音楽家のベッドに行った。

ありがとう、ありがとう……と、たくさん綴った手紙は
愛する夫の釈放への尽力に対してに、ほかならないが
音楽家は、手紙の中に、“あなたを愛している“を見つける。

これは、たくさんの感謝に、ついでに添えられた麗句ではない。
感謝とは別に、夫とは別に、今、彼女が自覚している
自分への愛の証だと、彼は、信じたはずだ。
だからこそ、手紙だけでなく、彼女は、わが身をここに置いていると―――

(あらすじにあるように、彼らは、プラトニックの線を越えていないと思う。
シューリスの風情は、愛は心や音楽など、見えない崇高なものの中に
留めるタイプにピッタリ☆なんデス(^^♪)

早朝、到着した夫が、家のベルを鳴らした。
何度も何度も。
夫は、早く妻に再会したい気持ちで、いっぱいだろう。
彼女も、それはわかる。釈放を、待っていたはずだもの。

けれど、ベルの音が何度、鳴らされても
時間が、止まったかのように
音楽家の隣に、横たわったまま
一点を、じっと見つめていたシャンドライ。

“夫のいない“ココでの暮らしは、仕事(掃除)も勉強も順調で
音楽家との関係も、イイ方向だった。
彼への好意は、恋と区別がつかないくらい…?

夫のことは気がかりだけれど、
諸々の“現状“がリセットされるのが
淋しい気がするのも、事実だろう……

ベルに急かされ、もう、そのままではいられなくなったとき
彼女は、ベッドを離れた。
寝具に残された皺は、彼女の心を残すよう……

建物の前で、ドアが開くのを待っている夫が、遠目に映り
なかなか、ドアは開かれないまま、作品は終わる――

結局、夫は、ドアの中に入るだろう。
シャンドライは、抱擁して、温かく迎えると思う。
けれど、それを見せてはいけない。(原題:L'assedioがニクイ)

夫の鳴らすドアベルに、なかなか応えられない、
彼女の心を、取り巻く悩ましさが
この作品の本質だと思うから。


▼▼▼

邦題と状況からすると
1つの恋が始まって終わる?かのような感もありますが
女心は、複雑で繊細で、悩ましいの……

ラストに凝縮された“間“が、絶妙!
苦しいほど、悩ましいの……


Yahooブログ→コチラ



にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




blogramで人気ブログを分析



テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

映画『砂の器』★父と子の旅~「宿命」の意味するものは重い


115775_3.jpg

作品について http://cinema.pia.co.jp/title/3033/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。→あらすじ

・原作: 松本清張
・今西刑事: 丹波哲郎
・和賀: 加藤剛☆
・三木巡査: 緒形拳


加藤剛さん目当てに、いつか鑑賞したいと思いつつ
やっと鑑賞できました!
“砂の器”とは、満たされる前に、サーッと崩れ去りそうなイメージですが
劇中、少年が、水でこねた砂を器に見立て、並べていた姿は
家族での団らんを、思い描いていたのでしょうか…….

始まりは、東京:蒲田で発見された、男性の遺体。
殺人事件の捜査を、今西刑事らが進めていく。
犯人さがしミステリーの面白さと、
あちこちと旅することになる
今西=丹波さんが、刑事然としていて
引き込まれていきます♪

やがて、善人と慕われた三木元巡査が、被害者だとわかる。
彼は、昔、旅の父子の面倒もよく見た、とも聞いた今西は
その父子のことを調べる――

丹波さんが、かた結びの糸を、ず――っと、
優しく、ときほどいていったようでした。
終盤の、今西の“捜査説明“と、”その当時”の描写、
そして今、同時進行の演奏会―
3つのシーンには、説得されながら、動揺し、情動の波に
打たれながら、涙があふれました……

▼~▼ ネタバレして雑談です。
▼▼▼

1.旅の父子のこと

その父子が、放浪の旅人になってしまったのは
父が、ハンセン氏病に罹ったからでした。
病気の偏見は強く、母は家を出、父子は村を追われました。
・参考→コチラ

うつされたくないという自己保身は、(誰にでもあるとして)
罪のない人を、心身ともに傷つけ、
優しさの手も、差し出せないとは…orz

そんなときに出逢った三木巡査は、二人に、よくしてくれました。

2.三木巡査のこと

三木は、子供に病気をうつさないように、と父を諭し
父を、療養所に入所させたあと
子供(ヒデオ)の面倒も、看てくれた。(奥さんもイイ人!(^^)/)
三木=緒形拳さんの、まっすぐで実直な人間味が、心に響く。

ヒデオが、家出したとき
「ヒデオ~ヒデオ~」と探し回った三木の姿にも、深い愛情を感じる。
ヒデオも、蔭で聞きながら、熱いものを感じたはずだと思うけれど……

3.『宿命』  ←和賀作曲の交響曲(ピアノ協奏曲?) ▽要反転▽


ヒデオは、そんなこんなで、人気の作曲家:和賀になっていた。
彼は、戦後のドサクサで、別人になり
今は、政治家の令嬢と婚約中で、順風満帆。
(剛さんの出番が少なく、うさん臭さ漂う前半…)

そんなある日、隠居し、悠々自適の三木が
和賀=ヒデオの消息を知り、ヒデオに、逢いに来たことがわかる。
療養所の父と長く文通していた三木は、父が息子に逢いたがっていることを
ヒデオに伝えたらしい。
しかし、過去の自分を捨て、和賀として生きてきたヒデオは
“昔”を知る三木を、殺してしまったらしい…………
イイ人だったのに…….orz

ヒデオが名付けた曲:『宿命』の意味するものは、重い。

人は誰もが、“運命”から逃れられない“呪縛”を、背尾っていることを
彼自身は、痛いほどわかっている。
それが彼を苦しめ、抗えないものなら、“業“と言ってもいい。

一方、“しがらみ“は、悪いことばかりでなく
彼は、ずっと別れたままの父のことを
忘れようはずは、なかったと思う。いや
逢えるなら、逢いたいに決まっている。
自分が立派になればこそ、この姿に喜んで、安心させたいはずだ……

だが、どんなにイイ人でも、三木は他人。関与してくれなくていい。
二人の間にある“コト“を、知られたくない…..

だからと言って、殺人という非情な手段は、あんまりですが
それだけ深すぎる闇を抱えていた、ということか……
前半、和賀から感じた“うさん臭さ”が、“闇の匂い”だったのか…

さて、今西刑事が、父に逢い、成人した“息子“の写真を見せたときも、いい。
父は、驚きと喜びの表情を、一瞬、見せながらも
「知らない」と言うのだ。
ここでも、父は、子供との間にあるコトに、第三者を入れなかった。
父が、どんな気持ちで、そう言ったのか――胸が、張り裂けそうになる……

誰にも知られまいとする『宿命』をも、背負ってしまった父子の哀しみが
和賀の音楽の響きとなって、私の心を、揺らしていった。
和賀は、その『宿命』の曲の中で、父と逢っているー
との今西刑事の言葉には、救われる想いもするが……..

▽▽▽
▼▼▼

東北~山陰~など、広く移動する、今西刑事の旅にも
哀しい父子の過去の旅にも、引き込まれつつ
最後は、真実と感情がぶつかり、すべてを包み、高まった演奏に
涙が、溢れました…….

見ごたえのある必見の作品でした!


Yahooブログ→コチラ


にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




blogramで人気ブログを分析



テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

映画『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』★女子の妄想的願望を満たすハーブティー的な(^^)/

T0020268p1.jpg


作品について http://cinema.pia.co.jp/title/168155/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。


予告編の岩田剛典さんの「僕を拾って!」が気になって鑑賞。

助けた男がイケメンで、ハートをつかまれ
しかも料理が上手なら、女子の胃袋も、つかまれる?(^^♪
女の子の妄想的願望を満たす、ラブロマンスを楽しみつつ
雑談したくて、ウズウズ……(^^♪

▼~▼内容にふれて雑感です。
▼▼▼

1.「僕を拾って」

↑こんなことを言って、女に拾ってもらうなんて!(^^♪
ジゴロか?(←オバサン的発想か?(^^♪)
いやいや、
自分を“良い子“だと言っちゃう、イヤラシサのないこの青年は
きっと、犬か猫チャンの化身じゃないか?

すると彼は、何やら、雑草もとい、野草に親しむ青年とわかる。
雑草もとい、植物王子か!\(^o^)/
彼は、苗字は隠し、イツキと名乗った。(横浜たそがれるほうでなくて、“樹“)


2.“狩り”をする

樹は、彼女(さやか)と一緒に、食用の草を採集した。
(“狩り“と呼ぶ樹)
フキやノビルを採って食べれば、家計も助かる♪

ふと、思い出すのは、昔、転入した“小川“のほとり。
菜の花がたくさん咲いて、キレイだな~と思っていたら
よそのおばさんが自転車で来て、何本か摘み始めた。
あの摘み方は、花瓶に飾るんだナ~と思いましたが
待てよ……
もっと早い時期に摘めば、菜の花のお浸しができそう!
来年は、私も摘みに来よーと思っていたら、引っ越すことに…

“狩り“と言えば、義母のこと。
「今日は、これしか捕れなかった」と
私に見せた小さなポリ袋の中には、イナゴ?が数匹。
ポリ袋1枚片手に、畑周辺で、素手で捕まえたのだと。
スゴイ!お義母さん!
数日かけて何十匹か集まったら、佃煮になりました。(*^^)v


3.おいしい関係

彼女のお弁当まで、作ってくれる彼は
夜はバイトで、日勤の彼女とは、丁度良くすれ違い
“同居人“の関係を、うまく保つ二人。

けれど、嫌いなら一緒にいられるはずもなく
若い二人は、お互いに、想いをセーブしているのがイイ☆
そしてあるとき、その想いが、はじけるのもイイ!

相思相愛を確かめ合い、甘く美味しい関係が、ずっと続けばいいのにー
と思いつつ、彼氏が“バイト&居候”なのは、ナンだな…と思っていると
彼は、予告通り、半年後に消えてしまう。
生けた花より、生えている植物が好きだと言った、樹。
ああ、私も野に咲く花のまま、彼に摘んでもらえなかったか….的な…


4.消えたこととその後

愛する人の“蒸発”は、ある意味、普遍的かもしれません。
終わりは必ず、あるもの…
けれど、黙っていなくなるのは、どうなのよ!
書き記したノートだけ置いても、ダメなのよ…orz

一方、樹にしてみたら、どうだろう。
彼は、与えられた半年間で、自分の“道”を求めていたとわかる。
彼女に事情を話して、“男になって戻ります”と言うより
男は黙って、結果を出したいものでしょう。

でも、もし、樹が、“男”になって戻ってきたとき
彼女に、新しい彼氏がいたら、どーすんの……
女に、もう逢えないと覚悟させ
植物の名前だけを思い出にさせるなら、切なすぎますよ…

そもそも、彼女に、苗字すら名乗らなかった彼は
蒸発後の成果:「植物図鑑」の出版パーティも知らせず
ただ本を送ってきたかと思えば、フラッと戻ってきた。
根なし草か?(^^♪
好きだというなら、なんで全部教えてくれないのか、この男は!
フキのさばき方と同じくらい、
細かく丁寧に、伝えてほしかったよね、さやか……

と言いつつ、その後、2人の左手の薬指には、指輪があった☆
良かった良かった!それでイイ☆(^^)/
「夫が作ってくれる」お弁当を持っていく、さやか。
↑それだけで、私、幸せ卒倒死しそうです。(^^♪

▼▼▼

そんな、植物系王子様みたいな彼氏が、いるわけないかどうかは
交遊関係によるので、ナンとも言えませんが(^^♪
ハーブティーを飲みたくなるような
爽やかな夢心地になれるのは、イイ☆

Yahooブログ→コチラ



にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




blogramで人気ブログを分析



テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

映画 『坂道のアポロン』★初恋とJAZZと友情with千太郎の救い(^^)/



T0022075p.jpg


作品について http://cinema.pia.co.jp/title/173085/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。

・薫: 知念侑李
・千太郎: 中川大志
・淳一: ディーン・フジオカ☆
  ←目当て☆(^^♪

一言で言えば、高校時代の友情とJAZZと初恋の物語でした♪
JAZZセッションが、友情の魂の触れ合い♪を、感じさせてたのが
良かったと思います。

JAZZがらみで、ディーンさんが、トランペットの練習をされたーと聞いて
気になって鑑賞しましたが (ソレはソレでよい(^^♪)
中川さん演じた千太郎が、とても印象的でした☆

▼~▼内容にふれても、ほぼ雑談です。(^^)/
▼▼▼

1.初恋がフクザツなのが切なくて良い(^^)/

親戚の家で、暮らすことになった薫は
転校先(長崎)で、幼ななじみだという律子と千太郎と親しくなる。

律子の実家(レコード店)の演奏室で、JAZZに触れてから
彼らに、自分の居場所を感じていく薫。
男:女=2:1~三角関係の予感ですが、初めは
ハリー・ポッターのような仲良し3人組で、友情が育まれていく。

やがて、薫は、律子が千太郎に好意を抱いているのを感じつつ
自分も、律子に惹かれていくのを、自覚する。
↑この辺の描写が、甘酸っぱい。

けれど、粗野な感じの千太郎は、律子の想いに気づかないまま
男たちから助けた女性:百合香に、一目ぼれしてしまう。
↑コレが、わかりやすすぎるから、律子がかわいソ…

あるとき、千太郎が兄貴と慕う、ディーンさん♪が東京から戻り、
演奏室でセッションし、見せ場となります。(^^)/
が、千太郎が、百合香を演奏室に招待し
鉢合わせしたディーンさんと、険悪なムードに……( 一一)

↑ココで、ディーン兄貴と百合香が、ワケありな関係だと
気づきそうなもんですが、千太郎は気づかないの…(~_~メ)

そんなこんなで、元サヤに戻った二人を見て、愕然とする千太郎は
気づいていたのに黙っていたと、、薫を、責めた。

さて、薫が知っていたのは、
ディーン兄貴&百合香ペアのことだけではない、というのがミソ☆
それは
律子が、千太郎を好きなこと。
そして、薫は、律子が好きなこと。
(千太郎は百合香が好きで、百合香はディーン兄貴が好き…とフクザツ)

薫は、律子の想いに気づかない千太郎を、もどかしく思いつつ
自分も、律子への想いが止まらない…… ←この切なさ好き☆
糸電話を使うシーンは、胸キュンシーンで好き☆


2.学園祭でのセッション♪

距離を置いてしまった、薫と千太郎の仲を取り持ったのは、音楽♪
学園祭で、停電の中。通電していなくても演奏できる
ドラム&ピアノによる二人のセッション♪

音楽は、心をつなぐーとは言いますが
この、あうんの呼吸で合ったときの、ノリに乘った高揚感は、
チョー気持ちイイ~\(^o^)/ものですョ!
演奏未経験の方も、二人の“ライブ“には、グッとくると思います!(^^)/


3.何のために生まれてきたのか?

ケンカが強くて、“ガサツ“な千太郎は、
ただの、突っ張りヤンキーではなかった。
捨て子で髪色が違うことで、子供の頃は、イジメに合っていた。

里親に、よくはしてもらっていても
生まれてきた意味について、悩み、自問していた。
バイクに同乗していた律子が、事故のあと、生還したのを確認した直後
千太郎は、姿を消した。
自分の命と引き換えに、律子の無事を祈っていたから
もしや、命を絶ってしまったのでは…と案じてしまう…

何年かして、薫と律子は、千太郎の消息を知った。
彼は、神父になっていた!ああ、生きていてよかった!
(クリスチャンの千太郎が、自殺するはずはなかったね)

何のために、生まれてきたのか?
何のために、生かされているのか?
苦しい時、悲しい時、そう思い悩むことはあるでしょう。
千太郎には、心の中に、神様(信仰)がおられたのが良かった。

一人では、心がつぶれてしまいそうなときも
信ずることで、救われることがある。
神父となって、自分だけでなく、
ほかの人をも、救う手伝いをするのはいいね!

▼▼▼

アポロンは、千太郎が、百合香の絵のモデルになったときのイメージです。
音楽の神様よーと言われますが、
多芸多才で、魅力的な男性像でもあります。(^^♪

坂道は、高校の前だけでなく、
しんどい上り坂人生にもなぞらえているよう。
ですが、上り坂も、考えようでは、上り調子♪
下り坂は、転落ではなく(汗)、気持ちよく
爽快の風を感じながら、駆け下りれば良い!(^_-)-☆


Yahooブログ→コチラ

にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




blogramで人気ブログを分析




テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

映画 『シェイプ・オブ・ウォーター』★ヒタヒタに満たされる愛のファンタジー(^_-)-☆


T0022612p1.jpg


作品について http://cinema.pia.co.jp/title/172277/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。

・イライザ: サリー・ホーキンス  40歳位?
・同僚 ゼルダ: オクタヴィア・スペンサー ←安心のおっ母さん♪
・敵 ストリックランド: マイケル・シャノン
・半魚人さん; ダグ・ジョーンズ☆

冷戦下(1962年)のアメリカの某研究所。
清掃員のイライザは、アマゾンで捕獲された半魚人と心通うようになり
“彼”を、逃がそうとする――

↑ふ~ん、そんなもんかなあーと思いそうですが
作品は、アダルト仕様です。 
恋する乙女は、40歳くらいの“大人”の女性。
露骨な性描写はいかがなものかーとも思いましたが(汗)
ソレがあればこそ、愛についての感傷が、浮き彫りになった気もする……

▼~▼内容にふれて、ほぼ雑談です。
▼▼▼

まずは、半魚人さん♪
始め見たときは、ビックリしますが
“彼”のウルウルの瞳や赤い唇が、段々、可愛く思えてきて
ヒレがピラピラするのも、微笑ましく
途中からはすっかり、ステキな人に見えます!\(^o^)/
(でも、ネコちゃんは食べないで…orz)

冒頭、性描写云々と言いましたが
イライザの“浴槽での行為”に、まずは、たじたじ…(汗)
体が、ということでなく、イイ人が欲しいのだと思いマスが。(照)
(画家の友人(♂)がいますが、彼はゲイの方のようで……)
声の出ないことが、コミュニケーションのハンディになっていたのかも…

そんなときに出逢った、半魚人さん♪
見た目と声のインパクト大ですが
彼は動物ではなく、理解力があり
コミュニケーションがとれることがわかる。
(いざとなれば、ダグさんのパントマイムもあるよ~♪)

さて、ここで、男女の仲について。
あなたは、異性に何を求めます?

ストレートだったのは、ストリックランド夫妻。
(ストリックランド氏は、半魚人さんの解剖計画の責任者)
子供にも恵まれ、性生活も充実し(←ソコまで見せなくても( 一一))
フツウに、幸せな家庭なのだろう、とは思う。

けれど、ストリックランド氏の雰囲気から
妻とは、本当に、心がつながった関係なのだろうかーと
大きなお世話なことを、感じてしまったのも、事実デス…

夫婦仲の別の例は、ゼルダ夫妻。
イライザの同僚:ゼルダも、夜、清掃の仕事をしている。
夫の夕食の支度して出かけ、帰宅後、朝食の準備をするという。
↑共働きの妻は、ほぼこんな感じでしょう…orz

妻の夫(家族)への愛で、家事は、支えられているとも思えますが
ゼルダの夫を見ると、妻は、家政婦かほぼ奴隷!?…(汗)
↑大抵のご家庭も、ほぼこんなですか?…orz

そんなこんなでも、愛があると信じ、男女関係は成立するものだー
としても、私が求めるのは、心の結びつき☆(キッパリ☆)
心の深いところで、結ばれたい。
激しい情熱でなくていい。思い遣りや優しさでいい。

半魚人さんとイライザの関係の始まりは、興味?と好意から?
ともあれ
イライザの“優しい“近づきから始まった☆
それに応えた半魚人さん♪

ストリックランドに虐待される半魚人さんを、
ゼルダらの協力で、イライザは救出し
自宅の浴槽に連れてきたのが、イイ☆
(この浴槽で、あんなことしてたなんて…汗)
何食わぬ顔で、出勤するイライザ。
自宅には、彼がいるんだーと思うと、ニマニマしそ…(*^-^*)

同じ人間どうしでも、話も心も通じない人はいて(涙)
孤独感を強めてしまうことは、ままあります。
もし、心が通じる、あるいは、心を預けたくなる相手は
“同じ人間”でなくてもいい………

半魚人さんは、アマゾンでは、神のような存在だったそうで
奇跡的な再生力を、持っていました。(傷・発毛)
彼に触れられることに、衛生上の心配ご無用。(^^)/
スゴイ力を知って、ますます、彼がステキに見える~♪

でも、半魚人さんを、海に送ったら
人間のイライザとは、お別れなの?
彼のためとはいえ、切なすぎる~。(T_T)
半魚人も、それでいいのか?     ←呼び捨て
浴槽で結ばれた彼女ですよ!(~_~メ)

と思ったら、彼はココゾの“男”だった、否、神?だった!\(^o^)/
想い合った女を、置いてけぼりにはしなかった。
二人、海へと沈んでいく……
ああ、彼女はもう死んでもいい…という展開か…DEEP END?
と思ったら、イライザの首の傷跡が、エラになった!(半魚人サマの奇蹟?)

めぐり逢えた愛する人と、ずっと、水中にいられる。
ずっとずっと、一緒……
そう思うだけで、私は、嬉しい!!!(*^-^*)

▼▼▼

冷戦下のアメリカの研究所に、ソ連のスパイが入るー
という設定も、展開を面白くしてくれました。
(結末は、散々ですが…orz)

姿かたちはどうであれ、心が通じ合い
そこに、確かな愛があるのが大事☆
心満たされる、愛の物語は良い☆\(^o^)/

PS: 音楽(サントラ)も良かった!

Yahooブログ→コチラ




にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




blogramで人気ブログを分析


テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

映画 『15時17分、パリ行き』★テロ列車に乗るまでの描写あればこそ!

T0022723p.jpg


作品について http://cinema.pia.co.jp/title/174934/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。

監督: クリント・イーストウッド

実際にあった、列車テロ事件だそうです。→参考
果敢に、犯人に挑んだ青年3人が出演!とのことで
迫真の“テロ抑え込み”作品―かと思いきや
(それもありますが)
それだけのはずがなかった!

たまたま乗り合わせる列車には、それぞれ人生いろいろ。
3人の青年も――

▼~▼内容にふれて、ほぼ雑談です。
▼▼▼

アムステルダム発パリ行きの列車に乗る人たちが
持ち込む大きなボストンバッグや、キャリーバッグが
映し出される。
飛行機と違って、厳重なチェックもなく、乗り込むのに
危険を感じさせます。

そして、トイレの長い男が、銃を携えて出てくるや否や
車内は、パニックになる――

まず、果敢に立ち向かったのは、
軍人のスペンサー。
――と、場面は、彼らの幼少期に変わり
スペンサーを中心に、“それまでのこと“が語られます。

幼少期の3人は、悪ガキ3人組という感じですが
今となっては、ご愛敬でしょう。(^^♪
スペンサーは、人の役に立ちたいと思い
海兵隊のレスキューを志願するも、不適格で
別の部署で、軍務に就く。
~中略~   ←案外、目が離せない(^^)/
大人になって、離れ離れになるも
任務が一段落した友人に合わせ
3人で、ヨーロッパ旅行を計画する。

アノ列車に乗り込む前、イタリア(ローマ、ベネチア)の風景は
旅行気分で楽しい♪
パリ行きは、迷いもしますが
“運命”を感じながら、アノ列車で行くことにします。

さて、テロリストは、殺傷効率から
列車を狙ったと思われますが (逃げられないし)
大量殺人で思うのは、人数と言う数字。

けれど、テロリストに立ち向かった、彼らと同じように
乗客ひとりひとりに、歩んできた人生があり
これからも続く未来があるのだーと
彼らの幼少期のドラマが、説得する。

つまり、当然ではありますが
今、命を奪うということは、
人の生命活動が終わるーというだけでなく(それも重要ですが)
過去と未来に及ぶ、長く貴重な時間とその人が歩み築いてきた価値を、
根こそぎ奪うことなのだーということを、痛感するのです。
(人の“命“の重さは、頭数だけじゃないゾと)

体を張って、テロリストに立ち向かった彼らは(他の人も)
フランス大統領から表彰され
“故郷の英雄”としても、称えられるのが、良い☆
(子供の頃は、悪ガキと呼ばれても、挽回するのだ!)
(憎まれっ子世にはばかるー?とも言うし (^^♪)

スペンサーは、レスキュー志望だった軍人。
軍人経験あればこそ、テロリストを封じこめたのだと思います。
民間人では、気持ちはあっても、銃を持った人に挑めないかと……
人を助けたいーという願いが、このような形で叶ったのも
神様のご縁でしょうか?(*^-^*)

▼▼▼

実際の列車内テロ事件を (乗務員は隠れたらしい?)
そのときの事件モノだけにせず
助かった人々それぞれの命の重み、人生の深みを
助けた青年の生い立ちになぞらえて
感じさせてくれたことに、強い説得力を感じました!
良かった!


Yahooブログ→コチラ

にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




blogramで人気ブログを分析



テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

映画 『早春』★初恋は浮かれず一途に深いところへ…

901723_1.jpg



作品について http://cinema.pia.co.jp/title/174479/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。

原題:DEEP END
ブロ友さんが、打ちのめされた作品ということで、気になっていました。(^^)/

15歳の少年の初恋は、バイト先の年上の美女――
↑コレだけで、ザワザワしそう……
男性には、ナニかと身に覚えがあって、懐かしくも痛い感覚が
鮮やかに蘇るのでしょう。

私が、ウブな乙女の頃に鑑賞していたら、今とは違った印象かも…
恋の入り口に、初めて立った少年ではなく、今の私は
恋の出口から、放り出されてて……orz(汗)

早春でなく、冬枯れな私ではありますが(^^♪
恋心を思い出しつつ
▼~▼内容にふれて、ほぼ雑談です。(違うときスミマセン)
▼▼▼

学校をやめて、バイト先に来た彼の世界は、狭い。
彼女に気持ちが向くのは、運命的に当然。
けれど、彼女は、すでに婚約者のいる身。(経験値が違う)

婚約者がいても、彼と仲良くするくらいは、どうということもない。
彼女には、不倫相手すらいる。( 一一)  経験値上げないでほしー(>_<)

多分、婚約者の存在は、仕方ないとしても、
好きな人には、少しでも、こっちを向いてほしいもの。
婚約者とのデート中であっても、無邪気に邪魔をする彼は
子供のノリだ。(~_~メ)

結婚は、彼女を独占する手段として、想像したとしても
今の彼には、現実味は薄く、婚約者から奪うのはムリ。
一方、不倫相手には、けしからんと思うでしょう。

好きな彼女には、こっちを向いてほしい、と思いつつも
清純でいてほしい、と思うものでもないですか?
(矛盾しますが、恋は、そんなもの(^^♪)

だから、いかがわしい店先に、
彼女の等身大パネル(セクシー系(~_~メ))があったら
そんなところに、さらしてなるものかと思う。
(彼女は、ソレを知っていたから、バイトモデルだったのかも)
彼女の等身大パネルを持って、移動する少年は、
まるで、彼女自身を連れて、逃げているよう…

そう、等身大パネルというのは、その大きさとリアルな写真で
彼女の身代わりにもなれる。
少年は、バイト先のプールで
パネルを抱きながら、泳ぐように、漂うように、戯れる……

水の中の自由な感覚は、誰にも、邪魔されない。
自分だけの想像の恋の中で、溺れられる……
↑ココは、“DEEP END“の前振れとしても、
象徴的にも、観念的にも、印象的なシーンです。

そうこうして、やはり、初めての恋は、戻ることを知らない。
相手のことよりも、自分の想い。
いや、誰もが、まず、身を引くことを、始めに考えはすまい。
できるなら、自分のものにしたい。奪いたい。

少年が、彼女の婚約指輪を奪い、彼女をじらしたのは
水のないプール。
これも、”悪ふざけ“ではあるけれど、子供のノリのお遊びではない。
彼の本心。
婚約者とお幸せに――なんて、思えようか?

そうして、徐々に、水が満たされていったプールは
彼を、急かせたようだ。
彼女に、事故のような(暴)力を加えてしまい
彼女が、このプールから出ていくことを、阻んだ。
流血した彼女は、プールの中で
少年の手の中に、堕ちていった…….

今度は、パネルのようなペラペラでなく
少年は、生身の彼女を、その手に抱いた。
彼は、きっと、彼女を愛する気持ちを、
全身に感じていたはずだと思うけれど
それは、恋であっても、相愛ではない。
それは、情熱であっても、欲望でしかない…

それは、ひとりよがりの若気の至りーではあるけれど
死ぬほどの恋心に囚われた…そのことに、心が熱くなる。
この世の善悪を、水底に沈めてでも、自分の想いをぶつけたい!
息苦しさが、恋の苦しさになってくる……

▼▼▼

あなたがこれほど好きなんです!という
迷惑なほどの、青き恋心は
ウキウキと、浮かれない。
ただ、好きの一途で、沈めばいい……
若い日の恋に、正当性はいらないーと言わんばかりの衝撃!

Yahooブログ→コチラ


にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




blogramで人気ブログを分析



テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

映画『スリー・ビルボード』★強き母が走るは正義を求める救いの道

T0022626q.jpg


作品について http://cinema.pia.co.jp/title/174042/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。

・娘を殺された母: フランシス・マクドーマンド☆ ←絶賛!!

娘を殺した犯人が、逮捕されないことに
業を煮やした母は、警察署長を、叱咤(挑発?)する立て看板を出す。
しかし、余命短い署長を、同情する市民のために
母と広告業者は、バッシングに遭ってしまう――

殺人犯を捕まえてほしい!との強い思いが起こした行動が
紆余曲折を経て、犯人逮捕に至りましたーという話ではありません。
(ネタバレ?汗)
解説などでは、“赦し“という語も見られますが
犯人を赦したわけでもありません。

この作品は、きっと、心のナベ底に張り付いたような
焦げ付いた感情を、剥がしとるような作品だと、期待していました!
期待どおり、それぞれの人、それぞれの境遇に思うところ大です。
そして、アノ結末もOKです!!!!!(^_-)-☆


▼~▼ ネタバレして雑談です。
▼▼▼

署長いわく、警察も、黒人さんを殴るばかりでなく(汗)
捜査をしたが、行き詰まってしまったーと。
当初、この白人署長さんも、差別的かと思ってしまいましたが
あとで、各人に宛てた手紙を見ると、悪い人じゃなくて良かったと思います。
ただ、これ以上の捜査は、できない状況が…orz

看板は、犯人逮捕の起爆剤になれば!と思ってしたことなのに
病気の署長批判にすり替わり、
人々から、嫌がらせを受けてしまう母親が気の毒。
一方、この母は、ケンカ上等ムードの(汗)、強き母なので
味方も少なそう……
(教会も敵に回したが、言っていることは、もっともかもしれない)

母が、これだけの執念で、犯人逮捕にやっきになるのは
自分への怒りでもあったらしい、とわかる。
あの日、娘と口論し、車を貸さず、歩かせてしまった。挙句
途中で、レイ〇されたらいい!と捨て台詞まで吐いていたのだ…
そんなのは、本心でないことはわかる。
娘が心配なあまり、かえって逆効果なことをしてしまうのだ。
(母)親の愛は、強すぎるゆえに、子供を苦しめてしまうこともある…orz
娘の不幸は、犯人のせいだけれど、警察も自分自身も
もっともっと全力で、当たらなければ、やりきれないのだ。
彼女の表情は、強さと哀しみ、愛と絶望と後悔、そして執念…….
複雑な母の顔が、絶妙に素晴らしい!


そして、ディクソン巡査   ←彼なくしてこの作品の魅力はナイ!

彼は、クビになるまで、とんだポリ公なんです。(汗)
黒人差別、弱い者いじめーetc.
署長の死を、広告のせいと思い
広告社の青年を、窓から放り投げたのも、赦せません!!
こーゆー人は、改心なんてないのだろーそのままクビ&退場でいいよーと
思ったのですが……そのあとが良い!

署長が自死に際し、彼に手紙を遺していました。
(末期の苦通を家族の思い出にしたくない、とのことで自死。
看板は関係ない。むしろ、看板広告料を寄付。いい人だ~)
内容は、「君はやればデキる子なんだよ」的なんですが
きちんと自分を見て評価し、期待しているよーということを言われると
やはり、ヤル気が出るーというか、
進むべき道を歩もうーと思うものだと思います。

ディクソンとて、警官になったのは、正義感があったからでしょう?
署長が、死の前に綴った言葉を、裏切ることはできませんよ。

ディクソンが、それらしき犯人を見つけたーと思ったとき
母親に連絡するのが、嬉しい。
(クビにはなっていたけれど)警官魂は、腐っちゃいないゾと。

実は、その前、不在だと思った警察署に
母は、爆弾を投げ込んでいた。
(広告社の青年を、ディクソンが怪我させた腹いせです)
けれど、たまたま、クビになったディクソンがいて、大やけどを負う。

因果なもので、入院中、広告社の青年とディクソンは同室になる。
そこでの二人のやりとりは、“解決“を見るもので
ディクソンの改心が、期待されます。

さて、犯人と思われた男は、ほかの女性を同じ目に遭わせていたけれど
娘を殺した犯人ではなく、がっかりする母。
しかし、ディクソンと母は、二人で、その男を殺しに行くことにする。
(↑この取り合わせ、序盤では考えられなかった!)

母は、今、助手席に座っているディクソンに
爆弾を投げたのは自分だーと告白した。
今までのディクソンなら、母は、反撃も覚悟したかもしれない。
でも、行動をともにする“同志“への呵責は否めない。
人間だもの。

その告白を聞いたディクソンがイイ☆
「そんなことをするのは、アンタぐらいだと思っていた」と
笑って流してくれたのだ。
彼が、“自業自得”を感じていたのなら
多分、同室になった広告社の青年がくれた、オレンジジュースのおかげかもネ。

そして、作品は、娘殺しの犯人ではない男が殺されて、メデタシーにはならない。
そんな“解決“を見せないのがイイ☆

この世には、そんなゲ〇♂が、たくさん野放しになっているのだと思う。
たまたま見つけた一匹を殺しただけで、解決はしないのだ。
この母が、立て看板に込めた
レイ〇殺人犯を絶対逮捕するゾ!という意気込みは
まだまだ、終わってはいない。

悪党を捕まえるのに、善良な側の人々が
憎しみ合っていては、テキの思うツボです。

母とディクソンを乗せた車が走っていく道は
正義を求める、救いの道――に思えてくる……

▼▼▼

雨降って地固まるーと言いますが
なんやかんやと騒動のあとで
強い人間の絆を見たのには、心強かったです!


Yahooブログ→コチラ


にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




blogramで人気ブログを分析




テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

映画『ジオストーム』★デザスター&パニック&陰謀etc.を〆るジェリー♪

T0022339q.jpg


作品について http://cinema.pia.co.jp/title/169534/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。

・ジェイク :ジェラルド・バトラー  (=ジェリー♪)

予告編でデザスター映画だと思っていましたが
そーでもなく、でも面白いとの記事を拝見しまして
ジェリー目当てもあり、鑑賞しました☆(注:ジュリーではない(^^♪)

異常気象に対応するため開発された
“気象コントロール衛星“が暴走し、
世界中に異常気象が起こる。
それを調整するため、“宇宙ステーション”に向かったのは
開発者で、今はクビになった、ジェイクだった――

ジェリーは、ショボクレ感がありながらも、豪快さもあり
ヤル時はヤル!というムードが、頼もしいです。
(ヤッチまう感、ややあるのも良い(^^♪)

衛星が“暴走“というのは、システムだけでなく
本当に”暴走”し、あっちこっちぶつかって破壊します。(汗)
予想を、ナニかと壊してくれる展開が、飽きなくて良い。(^^)/


▼~▼ ネタバレして雑談です。
▼▼▼

衛星が暴走―というのは、AI的に、機械が
自我を持ってしまったのか!と思ったら、さにあらず……(あとでね)

米中で開発されるも (と中国に気を遣いつつ)
今は、アメリカの指揮下にあり、やがては
“世界“の手に委ねる予定の”衛星”――
そんな矢先の“不具合“を直せるのは、アイツしかいないと
宇宙へ飛ばされるジェイク。

↑初期の功労者は、やがて、邪魔にされて
いいとこだけ持ってかれて、体よく、お払い箱になることがあります。(汗)
で、困ったときには、また、担ぎ出されるんです。( 一一)

ジェイクの調査の末、衛星の暴走は、
“自我の芽生え”でなく、ウイルスだとわかる。
じゃ、誰の陰謀?
そのあたりから、ギクシャクしていたジェイクと弟が
協力し合って、コトに当たっていくのがイイ☆(^^♪

陰謀は、政府関係者?
そのあたりから、
弟の恋人が、丁度よく、大統領SPなので(^^♪
協力してくれて、カッコよく決め手くれるのが、気持ちイイ☆

そんなこんなで 衛星の暴走は止められても
宇宙ステーションの自爆は、止められず、
ジェイクは、現場主任の美女さんと、星になってしまうのか!?
――とのハラハラあるも
メキシコ人クルーに助けられて、良かった良かった☆
(多分、あのメッセージは、アンディ・ガルシア大統領でなく
トラ〇プ大統領宛てかと。)

強いアメリカを推す者が、アメリカ主導のまま、衛星を支配したいがために
衛星を暴走(兵器化)させた、というトンデモない人災でした。

馬の背を分けるような、ピンポイントな雨もありますが
ピンポイントでの異常気象というか、自然災害は、まさに攻撃!
そこだけって、イヤがらせ感、満載…(>_<)
仕組んだ人は、自分も被害に遭うかもって、想定しないのかナ…( 一一)

▼▼▼

自然災害のデザスター的シーンは、長くありませんが
宇宙ステーションでのパニックや
政府要人をめぐるドタバタに
兄弟や恋人のストーリーをからめ、飽きずに楽しめました。
(ツッコミも適宜、塩加減で(^^♪)

Yahooブログ→コチラ



にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




blogramで人気ブログを分析



テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』★最期のジェダイ(汗)と新たな時代の予感


T0020805p.jpg



作品について http://cinema.pia.co.jp/title/168787/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。

コチラの続きです。

ハン・ソロとレイアの息子:カイロ・レンの動向が、気になります。
彼がナニを感じて、ナニをしでかすかが、今後のカギかも。(^^)/


▼~▼ 内容にふれて雑談です。(解釈違うときスミマセン)
▼▼▼

カイロ・レンは、祖父:ダース・ベイダー(=アナキン)のように
並外れたフォースを持ち、ダークサイドへ堕ち
それなりの地位を得ています。

そんなカイロ・レンを、レイア(母)が率いる反乱軍に
組するように画策したい、乙女レイ。
そのために、カイロ・レンのかつての指導者:伯父のルークに加勢を乞うが
カイロ・レンの、ダークサイドになびきそうな力を恐れたルークは、
迷いながらも、弟子である彼を殺そう(!)としたらしく、それが
カイロ・レンを、ダークサイドへ送るトドメになってしまったらしい―

だからか、レイの“説得“に対し、ルークは
(加勢するとしても)カイロ・レンを殺す(!)つもりでいた。
(それを、彼の実母であり妹のレイアは受け入れるが…)

そんなこんなで、ルークがカイロ・レンと対峙したとき、
カイロ・レンが言ったのは
「赦しに来たのか?」      だったか…

カイロ・レンは、ルークに認められたい、師匠を越えたいと思っていたと思う。
けれど、闇の力の強さに気づいた師匠:ルークは、それを正せることなく、
無に帰すごとく、弟子を殺そうとした。(>_<)
その後、闇に落ちた自分は、責められるべき弟子であったとしても
師匠なら、正しく導いてほしかったと思う。

その思いが、レイのフォースを感じたとき、
「俺が導いてやる」との言葉になったのかもしれない。
そんな思いもあればこそ、レイを殺そうとした、闇の親分:スノークを、
そのままにはしておけず、カイロ・レンは、ぶった切ったのだと思う。

あっちを守り、こっちを殺し(実父含む)……
カイロ・レンが、まるっきりの“闇オトコ”でなさそうな分
彼の闇は、深そうだーと思うのですよ……

そして、“赦せない”という件は、むしろ
殺されそうになった、カイロ・レンのほうだと思うけれど
師匠が、刃を振り下ろそうと思うまでの、“問題“を生じた弟子に対し
師匠が、“赦す“気持ちがあるというのなら、
その和解が、闇にいるカイロ・レンの最後の砦だったと思う。

なのに、ルークは、カイロ・レンを“退治“するのが、自分の責任とばかり……(>_<)
それは、父:ダースベーダ―には、“けじめ”の美学だったと思うけれど
弟子(甥)に対しては、それは……orz
熱血先生ばりに、トコトン、生徒と向き合ってほしかった。
“行き過ぎ指導“でもいいから…orz

ルークのフォースの強さを見せつけた、彼の“戦いぶり”も、見ものだったが
結局、ルークは、闇のカイロ・レンに、光と闇のバランスのフォースを
授けることができないまま、失意の最期を遂げていく……
”最期”のジェダイか…orz

しかし、カイロ・レンの、ルークをめぐる背景を思えば
彼にも、光は、期待できそうな気がします。

そして、ルークの娘ではなく、名もなき人の娘:レンが見せたフォースは
フォースの新たな可能性を期待させます。
さらに、アナキン少年を思わせる、これまた“一般人“の少年が
新たなフォースの時代を予感させます。

ココゾというときに、心が揺れそうなカイロ・レンには
弱さではなく、むしろ、人の心=情の強さを見出せたら、
面白さ倍増なキャラになるかと!


▼▼▼

反乱軍は、危機を脱し、再起をかけますが
レイア姫役のキャリー・フィッシャーは、命を落としていました……orz
どうぞ、フォースとともにあらんことを…(合掌)。

戦闘シーンの迫力は、そのままに
人の心の葛藤への肉迫にも、期待します!


Yahooブログ→コチラ


にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




blogramで人気ブログを分析



テーマ : スターウォーズ
ジャンル : 映画

映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』★レイアとソロとルーク…懐かしさの覚醒(^^)/


T0016727p.jpg


作品について http://cinema.pia.co.jp/title/165244/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。

SW:エピソード4-5-6-1-2-3と公開されての7作目。
(エピソード6から30年後―という設定だそうで)
個人的には、ダースベーダーとともに終わっていた感もあって
劇場鑑賞はしていませんでしたが
続編の「最後のジェダイ」が気になりだしたので、見てみました。


▼~▼ 内容にふれて雑談です。(今さら感満載(^^♪)
▼▼▼


劇場で見なかった理由の1つは、息子から
「ハン・ソロは死ぬよ」と聞いたからでした……(涙)
私「なんで死ぬの?」
息子「殺される」
私「誰に?」
息子「息子…」
私「そりゃ、バ〇息子だな!」( 一一)
予告編で、ソロとチューバッカが出たときに、懐かしくて、観たいナ!
と思ったのに…orz

長い物語は、次世代タイプもあり。親から子へとつながる。
『ゴッドファーザー』も『源氏物語』も、親子の“時間の移り変わり”があって
それだけでも、思うところ深まるようなんですが…

この作品も、親子のつながりがミソのようで
アナキン少年がダースベーダーになり
彼の子が、ルークとレイア。
そして、レイア(とソロ)の子が、敵対する組織の幹部:カイロ・レン。

レイアは、父と息子に、難儀なことよ……orz
親はなくとも子は育つーと言いますが
息子が敵対するのは、イタダケない!そりゃ、バ〇息子だヮ…(>_<)

さて、本作のヒロインは、そんなレイアではなく、レイ☆
レイの住むジャク―は、砂漠で
アナキン(=ベイダー)の故郷:タトゥイーンのよう……
レイも、いつか、アナキンのようなジェダイになりそうな予感すら…

印象的だったのは
カイロ・レンが、レイと対決したときに
レイの未熟なフォースを知ったカイロ・レンが、レイに
「自分が導いてやる」と言ったこと。

敵対する関係でも、この才能を育てなければもったいないーと思えるのは
“ジェダイ心“なのでしょうか。
憎んで、殺し合うための力ではないはずだから、フォースは。
父ソロが言うように、組織に利用されているだけですよ、カイロ・レン。

さて、本作の根幹にあるのは、ルークでした。
姿をくらましたルークを捜そうと、皆がやっきになっていた。
(ルークは、カイロ・レンを正しく導けなかった、自責の念があったらしい)

遂に、ルークの居場所がわかり、レイが逢いにいく。
レイア姫も懐かしかったけれど、ルークも懐かしい!!!!
今年、熟年のジュリーを、生で拝んだときに感じたのと似た感激……
(年取ったね…私もね…(^^♪)

何十年と言う歳月は、人を、そのままにはしてくれない……
けれど、歳月は、ただ流れているのではなく
若いときには、まだ、手にできなかったものを
代えがたい価値として、その人に与えてくれている。確実に。

老いた姿のルークは、失意もあって、侘しさもありましたが
ネームバリューのある人の栄光は
頼もしい力になる!(ジュリー含む(^^)/)

レイとルークが対面して、次作につながっていきますが
この二人は、親子なの???(^^)/

▼▼▼

“スター・ウォーズ”というだけに、戦闘シーンは、
やはり、作品の醍醐味☆
ブウウ~ンンッという、ライトセーバーの音も、ココならでは!

公開当時、夜中~早朝の上映開始でも(30時とか!(>_<))
劇場鑑賞された方は、その甲斐ありましたね!(^_-)-☆


Yahooブログ→コチラ



にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




blogramで人気ブログを分析



テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

映画『ジャスティス・リーグ』★バットマンたちの戦いもド派手!withスーパ…


T0014548p.jpg


作品について http://cinema.pia.co.jp/title/170256/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。
前作の続きです。(スーパーマン死去しましたね…orz)

アベンジャーズじゃないほうのヒーロー軍団です。(^^)/

・バットマン   ・ワンダーウーマン   ・サイボーグ 
・アクアマン  ←ポセイドンのような
・フラッシュ; エズラ・ミラー☆
   ←俊敏!
・バットマンの執事: ジェレミー・アイアンズ☆  執事と言うより助手
悪玉は ステッペン・ウルフ  &ゴキブリのような手下多数

別々に保管していた、3つのマザーボックスが、悪玉に奪われ
地球が侵略されそうになるのを、防ごうとするバットマンたち。
けれど、スーパーマン亡き後、チームを組むけど、キビシイの…orz

かなり強い敵に、諦めずに挑み、食らいつく攻めの姿勢には
勇気をもらいます。見てればOK☆

エズラ・ミラーが、友達が欲しいという理由で
仲間になり、明るいノリの青年なのが嬉しい☆
“孤独”な殻に閉じこもっていた、サイボーグも含め
“仲間”で群れるのが、しみじみいいナと…….(^^)/

▼~▼ 内容にふれて雑談です。
▼▼▼

1.サイボーグ  ことビクター

彼は以前、チームスポーツの選手だったらしいが
そんなこんなで、“半分機械“になってからは、
世間的には、死んだことになっていて
“孤独”に生きていた。

あらゆるコンピューターに、繋がることができても
人とつながれないのは、やるせない…orz

特殊能力が目当てとはいえ、“正義のチーム“に誘われることで
つるめる仲間ができたのは、よかった!と思う☆
(友達が欲しくて参加したという、フラッシュも然り)
孤独じゃないほうが、イイから☆


2. スーパーマンは、やはりスゴイ!

スーパーマン亡き後の平和維持のため、バットマンは仲間を集めますが
今回、最強の敵には苦戦…orz
(そもそもバットマンは人間だし…)

なので、スーパーマンを墓から掘り出し、復活させる。
↑イケメンのままでよかった!腐敗してたら、ホラーに!(>_<)
やはりすごいワ!スーパーマン!!!!

瞬間移動も、フラッシュをしのぐ素早さ!
力も―― 彼は、“家ごと”しれっと、運べるのでした。(^^)/


3.恐怖を食われる(汗)

悪の親玉:ステッペンウルフは、手下のゴキブリもどきを
“恐怖“やサイレンに群がるように、仕込んでいた。
サイレンに誘導されて、ワーっと移動する様子は、
「ごきぶりホ〇ホイ」のよう……

スーパーマンの復活で、親玉がひるんだとき
生まれたのが、恐怖心。
すかさず、ワーッと群がる手下たち。(>_<)
滅びゆく、ステッペンウルフ……
(敵味方がわからないんだね、ゴキたちは…汗)
自業自得も、勧善懲悪☆

▼▼▼       

一人ひとりのスーパーぶりで、戦うのも良いけれど
チームプレイは、戦いの乱舞のようで
華麗でド派手で、面白い☆

PS:今回は、銀行ごと買った、バットマンの大金持ちぶり!
この力も、尋常ではない……(汗)


Yahooブログ→コチラ



にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




blogramで人気ブログを分析



テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

映画『ザ・サークル』★シェアというより垂れ流し!?でなく(^^)/


T0011324q.jpg


作品について http://cinema.pia.co.jp/title/172806/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。

・メイ: エマ・ワトソン
・サークル経営者: トム・ハンクス


“いいね”欲しさに、私生活を
24時間アップしたわけではなかったようです。(^^♪
夜の水辺で、ひとり死にかけたメイは、
設置カメラのおかげで、救命されたことから
“透明性”を善きこととし、私生活を24時間暴露することにした――

SNS プライバシー つながり 大きなお世話?(汗)…etc.
極端なことをしているようですが、現実的にも
極端な方もいますし(汗)、鑑賞しながら
思うことを、吐き出したくなりました。(^^)/

▼~▼内容にふれて個人的雑談ばかりです。(汗)
▼▼▼

1、ありがた迷惑(1)((+_+))

メイが、入社したサークルの第一印象は、フレンドリー♪
気さくで明るくて、イイ人そうな人ばっかり。
ですが、そーゆーのも、案外、黄信号なんですよね……(汗)

週末、親の介護で帰省していたメイは
遠回しに、付き合いが悪いことを指摘される。
親の病気には、“患者の会“を勧められるが(それも悪くはないですが)
それと、介護帰省は、別ものでは…?? なんか違う…?

ひとりで、カヤックをしていたら
“クラブサークル“に参加するもんだろーと言われ…
(ひとりカヤックをしたい人もいるよ…( 一一)) 

参考)以前の職場で、ひとりでカラオケに行くと言った人に対し
カラオケは皆で行くから楽しいものであって
一人で行く人は変わり者だと、人前で、言い捨てた年配者いました…orz

クラブで、仲間とつるむのも、楽しいこともありますが
自由が利かないことも、ありますからね…….

2、ありがたいこと

防犯カメラや、ライブ映像が、
犯罪の抑止や、救命の手段になることは、よいことです。
が、“社会とのつながり“も、程度問題で
なんでもかんでもでは、見えすぎちゃって困るの~(T_T)(懐!)

3.(ありがた)迷惑(2)

メイは、友人の、“鹿の角の木工作品”をアップする。善意で☆
けれど、友人は、“鹿殺し“の誤解を受け
SNS批判を、受けてしまう。(>_<)

↑この“公開処刑“な出来事は、胸に刺さる…….
“つながる“とか”友だち“などと、言うけれど
匿名の知人たちは、立場も価値観も、多種多様。
自分が、良いとか正しいとか思っていることを、各人各様と
共有できることは限らないことは、わかっているはずだけど
つい、わかってもらえるんじゃないか、と心を許してしまうと
足元を、すくわれてしまうの………イタタ( 一一)

社長が、“人探しパフォーマンス”で、友人を指名したのは、悪ノリ。
SNSですぐに見つかって、追いかけられて
友人は、命を落とすことに!(>_<)

映像上、ホント、やりすぎだよ!という演出は、懲りるのには良い。
SNS上の、どこか、現実味を忘れたムードは
行くとこまで行かないと、目が覚めないのが、コワい…

4.沈黙は金

SNSで、言いたいこと(本音)が言えるのは
自分自身を知るとか、本音のつながり?など
新しい人間関係を、築く手段でもあるようですが……

本人への直接のコメントでなく、他人との会話であっても
第三者が、ご本人に、告げ口?してくれて
ご本人が不快だ、となれば、賠償請求される昨今は
意見として、他人と話すことにも注意が必要です。

悪口は、いけないですが、
“本音”には、ネガティブな要素もありますし……
わざわざ、お世辞を言うこともないですし……
“沈黙は金“――昔の人は、いいこと言ったナ~(^^)/

▼▼▼

最後は、“倍返し“的なのが、せめてもの救いかもしれません。
が、手遅れ感も否めない……

オープンに!社会と、人とつながろう――というのは、良い。
でも、シェアというより垂れ流し!?でなく
心とプライバシーの窓は、“半開き”が良いかと(^_-)-☆

Yahooブログ→コチラ


にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




blogramで人気ブログを分析


テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

映画『誘う女』★若いツバメを色で殺して夫まで!?(>_<)


131649_1.jpg


作品について http://cinema.pia.co.jp/title/2476/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。

原題 『To Die For』
監督: ガス・ヴァン・サント☆
・スザーン(お天気キャスター): ニコール・キッドマン☆
・ジェームズ(高校生): ホアキン・フェニックス☆


実際の事件を基にしたそうです。
邦題“誘う女“ですが、
少年を”誘い込んで“、夫を殺させた女です。(>_<) ←ネタバレ御免!

↑筋書きはそれだけですが
TVを意識していたスザーンの姿勢や
スザーンこと、二コール・キッドマンの魔性の美しさ
そして、彼女に入れ込む、ホアキン・フェニックスが絶品でありました☆


▼~▼内容にふれて雑談です。
▼▼▼

1.見られたい女

お天気キャスターになったスザーンは、
TVの世界で、自分を羽ばたかせたい願望あり。

カメラ目線で、自らを語るシーンの数々は、その象徴で
興味深い。(自意識の強さのよう)
それが、美しいニコールなので、インパクト強く、映える!

高校でのドキュメンタリー制作のため
自ら構えたカメラ越しに、生徒にインタビューする姿も、刺激的☆

あんな感じで、きれいなお天気お姉さんに質問されたら
自分の中まで、見透かされていくよう…….
ウブな少年は、イチコロ……((+_+))

2.若いツバメくん   =ホアキン・フェニックス♪

鑑賞の期待は、実は、ホアキン♪
彼の個性は、絶品!
今回は、普通の高校生ですが、
彼が演じれば、ふつうでない!(^^♪

彼の魅力は、瞳の暗さ。
心の闇を、瞳に宿すかのように……
底知れない深さ。

ニコールのような、きれいな女(人妻!)に憧れて
その人妻に誘われるまま、そのまま、底なし沼に引きずりこまれても
それを、純愛だと信じて疑わない……

彼女のためというなら、彼女の夫を殺すこともいとわない。
それが、純愛だと信じているから……

女のほうは、TV界で生きるための障壁(夫)を、除くために
丁度いい“若いツバメ”を、わが物にしたと思う――
が、ツバメちゃんは、証拠を残してしまうの……殺人シロウトなもんで……

3.終盤のひねり!

子供に殺させても、子供なので
スーザンの犯罪が、バレるのも時間の問題……

あるとき、“TV関係者”と会ったスーザンは
人気のないところに、案内される―――
その“TV関係者”が、デヴィッド・クローネンバーグなので
絶対、ナニかある!と思っていると
夫の父が、殺しを依頼した男でした…….

そのあとのシーンが、なんとも言えない!(>_<)
スケーターである、夫の姉が、
氷の川の上を、気持ちよさそうに滑走するシーンが、続く。

あの氷の下で、スーザンが凍っているんです……((+_+))
勧善懲悪的で、
どこか、メデタシメデタシなムードにも……(汗)

▼▼▼

若いツバメを、色で殺して
夫まで!??( 一一)
“後家殺し“どころじゃない、という話……(汗)。


Yahooブログ→コチラ


にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




blogramで人気ブログを分析



テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

映画『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』★痛快!脱出劇とシーザーの“面構え“




T0021640p.jpg


作品について http://cinema.pia.co.jp/title/171291/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。

新シリーズ3作目。  ・前作→コチラ 
面白いと聞いて、鑑賞しました!☆

南北戦争での黒人奴隷さん、出エジプトでのユダヤ人さんに、
猿たちの立場を、なぞらえているようでした。
虐げられる猿のリーダー:シーザーに、味方しながら見ていますが
戦いの中、守るとか助けるとかいうことの“意味“も
かみしめる気がします。


▼~▼内容にふれて雑談です。
▼▼▼

大スジは、シーザーが
1:大佐の軍に、妻と長男を殺され、復讐心に燃え、大佐のもとへ向かう
2:大佐のもとに囚われた猿たちを、脱出させる。(←ハラハラ!(>_<))


聖戦なる“戦い”は、敵から愛する仲間を守る、という大義を持ちつつも
大義に寄り掛かりすぎると、“やりすぎ“になる傾向がありそう…
一方、戦いを拒否することが、必ずしも、愛する者を守り切れるとも言えず
ともすると、“見殺し”に……(汗)  
“戦争と平和”の天秤はムズカシイ…….

シーザーは、愛する家族を殺された恨みから、復讐の鬼と化し
仲間から、(前作で敵対した)コバのようだと、揶揄される始末――
ですが、怒りは収まらず、大佐を殺す気マンマンで、旅に出る。

大佐のもとで、囚われていた多くの仲間を脱出させる前に
シーザーは捕まってしまう!(>_<)
しかも、餓死させられそう…

このとき、助けになったのが、同行していた人間の少女☆
実は、この少女が同行することになったのは、途中
大佐(人間)への憎しみに満ちていたシーザーが、
少女の父らしき男を殺したため――という皮肉。

憎しみの件では、シーザーは大佐に言われた。
シーザーの家族が殺されたのは、戦争だからであって、
私怨ではないと。
そうは言っても、家族を殺された怒りの矛は、収められない。

いよいよ、大佐を殺せる!というとき、
シーザーの見た大佐は、感染症にかかり、弱っていた……
(大佐は、感染症にかかった息子を、手にかけたことを
シーザーに話していたこともふまえ)

殺そうと思ったテキが、病気で弱っていたら、どうします?
そのまま殺します?
けれど、すでに苦悶している人を傷つける勇気(邪気?)があります?
大佐に銃を充てたシーザーの“間合い”(迷い)がイイ!!!

結局、大佐は自死。
シーザーは、恨みの呪縛から解放され、“人間らしさ“を取り戻したよう。
そして、燃料に引火しそうな状況を見つけたシーザーは
回避すべく、“そこ”に行った!  ↓その後もまたイイ!☆

(人間(大佐軍)の部下:猿のドンキーは、ちょっと前に、シーザーに
人間は、猿を守りはしないーと言われる)

引火を防ごうとするシーザーを、撃ち殺そうとする兵士を
ドンキーは撃ち、シーザーを救った直後
ドンキーは、兵士に撃たれてしまう…….
そして、人間の発砲で引火し、大爆発!(>_<)
↑このあっという間の“2人の猿“に、とても心打たれる……
同時に、人間は、なんてバ〇なんだろうと……

さらに、攻めてきた北軍が、猿に銃を向ける。
もう、次から次へと……((+_+))
そこに、雪崩が!!!  ←この展開にコーフン!
猿たち、絶賛応援中! しっかり木にしがみついて!(>_<)

かくして、生き残った猿たちが
新しい生活を始める中、シーザーは力尽きる……
今までのシーザーのことを思うと、もう……

▼▼▼

憎しみに燃えたり、慈愛に満ちたり
シーザーの“面構え“には、ホント、感動します。
脱出劇にも、ハラハラ!面白い!(^_-)-☆

Yahooブログ→コチラ




にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




blogramで人気ブログを分析


テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

映画『裁き』★法曹人には裁判は仕事だけど…withインドの事情

T0022003q.jpg



作品について http://cinema.pia.co.jp/title/172933/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。

法廷劇ということで、気になっていました。
この作品は、真実を追求する、
いわゆる“法廷モノ”ではないのが、異色☆

“袖なし”で出廷しては、受け付けてもらえないーなど
インドの事情も、垣間見つつ
長く感じてしまいますが(汗)
それはあたかも、裁判が長引くようなものか……

▼~▼内容にふれて雑談です。
▼▼▼


1.裁判は法曹人には仕事

弁護士・検察官・裁判官には、
当然ですが、裁判は“仕事”です。

それぞれのプライベートタイムも映され
女性の検察官は、家事や育児をしながら
裁判の準備は、大変だろうな…と思っても
裁判は仕事。

一方、出廷する一般人には、裁判は仕事ではありません。
被害者と思われる男性の妻は、
証人として出廷していては、仕事を失ってしまうことを心配する。

今回の案件は、妻が、訴えたわけでもなさそうで
では、裁判は、誰のためなのか?との疑問が……


2.老歌手の罪?

そもそもの案件は
ある老歌手の歌(歌詞)のせいで、
若い下水道作業者が、下水道で自殺したーというもの。

論点は
① “被害者“の死が、自殺か事故死か?
② 歌のせいで“自殺”したのか?

言いがかり?のような案件ですが……
原告は、被害者の家族ではなさそう……?
なら、裁判しなくても……?
けれど、訴える人がいなくても、罰せられる罪はありますからね。

検察官は、懲役20年位で手を打って
早く裁判を終えたほうがいいーとも思っているが……
無実にしたい弁護士。(だと思うよ!)


3.法律にないことはできない(>_<)

法律の条文には、なんでこんな細かいことまで決めるのかー
と思うのもありますよね。
けれど、いちいち決めてないと困ることがある。

老歌手の年齢や体調を考えて
言いがかり的な案件でもあるし(汗)
裁判所の夏休み期間(一か月!)には
仮釈放してほしいと、弁護士は訴える。

けれど、裁判官は、
この案件の関連法に、釈放の規定がないので、できないという。

国民の生活を守るための、法律・規則ではあるけれど
法律は少なからず、ヌケテルというか、冷たい所があるのは
作るのも、人間だからだろうか……

かくして、裁判は、一か月は休廷になる。
老歌手は、その間に、弱ってしまいそう……
この作品のスゴイのは
そのまま終わること――――((+_+))

▼▼▼

罪かどうかも、明らかでない“罪状”について
“真実”を、明らかにしようとする、この裁判――
法曹人は、それが仕事だから、まだいいけれど
そうでない人は、いろいろ大変だ……( 一一)

異色の“裁判モノ”を、見せてもらいました☆

Yahooブログ→コチラ




にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




blogramで人気ブログを分析



テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

映画『スクランブル』★盗んだクラシックカーで走り出すゥ~♪

T0022146q.jpg

作品についてhttp://cinema.pia.co.jp/title/171281/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。


原題:OVERDRIVE
主演:スコット・イーストウッド
弟:フレディ・ソープ
他美女あり(^^♪


クラシックカー専門に、車ドロする兄弟が
盗む相手をしくじって(マフィアのボスA)
殺されそうになったので
敵対するマフィアBの、某フェラーリを盗みますから
どうか許して……となった。

キャプチャ9
(公式HPより)

ということで、クラシックカー・車大好きさんには
クラシックカーの“展示“を見るだけで、楽しめそう!
ましてや、それらが、ゾロゾロ走る!

仲間を集めて、車を盗むチームプレイにもドキドキしつつ
そう来たか!という結末も、ナカナカ…( ◠‿◠ )

(ちなみに私は、イケメン兄弟が目当て…(^^♪)

▼~▼内容にふれて雑感です。
▼▼▼

1. ナイスバディな車たち

お金持ちマフィアのコレクション(クラシックカー)が
ズラッと並んでいるのは、壮観!!
流れるようなボディラインを、なめるように映すのもニクイ☆
ゾクゾクもの!

2. カーチェイス

クラシックカーたちが、列をなして走るのも
すごい光景だナ~と思いつつ(^^♪
チェイスの場が、“山沿い”というのも、見どころ☆
片側が山で、片側は“崖”になっている細い道。
走りが良くみえる、絶景☆
ところどころ、二股に分かれるところで
“仕掛ける“ので、チェイスの面白さアップ!↑

盛り上がりは、橋の爆破!!大胆!(^◇^)
これで、テキは追ってこないゾ!―――と思いきや
別ルートで、追ってくるのだが……( 一一)

3.兄弟☆

兄:スコット目当てでしたが
弟くんの声が、意外に渋くて、ナカナカ☆
声に表情がついて、いい存在感です!

4、ネタバレ!(要反転)

ボスAのために、ボスBのポルシェを盗む――
と思ってみていたら、ラストは、逆になっていた!
クラシックカーのナイスバディだけでも可と思っていたけど
このオチは、よかった!(^◇^)


▼▼▼

カーアクションだけでも、気分転換ですが
イケメン兄弟も、絶景でありました。(^^♪

盗まれたクラシックカーを追うとき
銃でバンバン撃ったら、ボディに穴あけますよね。(汗)
“生け捕り“にするのは、むずかしい……



YAHOOブログ→コチラ

にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




blogramで人気ブログを分析




テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

映画『スタア誕生』★“スタア誕生”はアル中夫と口紅の落書きと


135510_1.jpg


作品について http://cinema.pia.co.jp/title/7352/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。

・エスター :ジュディ・ガーランド☆
・ノーマン :アル中の元スタア エスターの夫


・ジュディ・ガーランドのこと→コチラ
 (劇中の夫は、彼女自身のよう?)


・作品は、1937年作品のリメイクだそうです。
休憩入りの長編です。
(スタア:ジュディ・ガーランドの歌やショー(ダンス)を
たっぷり堪能できる長さ?(^^♪)

途中、写真だけのシーンがありますが、効果ではなく
フィルムの紛失によるものだとか。

タイトルどおり、スタア誕生のサクセスストーリーだと思っていましたが
サクセスの光には、影もある――


▼~▼内容にふれて雑談です。
▼▼▼

登場は、男性スタア:ノーマンから☆

彼は、スタア人生に奢っているのか
飲んだくれて、迷惑な奴となっております。(>_<)
けれど、スタアだから、尻ぬぐいは付き人たちが…

その日、ヘベレケのノーマンは、エスターの舞台に乱入!
ぶち壊しそうなところを、エスターの機転で
コミカルな演出で、終了。

エスターを気に入ったノーマンは、
帰ろうとする彼女の口紅を奪うと、
壁に、小洒落たメッセージを描き、
スタアの才能がある云々と、口説きにかかる。
↑ココは、ホント、迷惑な酔っぱらいでしかない……
けれど、このしつこさが、エスターの人生を変えていく――

エスターは、公演していた一座と別れ
スタアの夢めざし、ノーマンのいる世界へ、足を踏み入れていく。
(途中、ノーマンにすっぽかされてしまう難もあるが…)

その後、エスターは、ジュディ・ガーランドとしての
本領発揮で、歌い踊り、画面狭し!と魅せてくれる♪
そして、ノーランとも結婚――――

スタアの男に見出され、実力を開花させた
シンデレラ☆スタアの誕生!\(^o^)/
――――で終わらないどころか、その先が、真骨頂!?

以前から、アル中の夫ノーマンは
売れまくる“スタア妻”を尻目に、干される日々……
そのくせ、スタアのプライドはあるから、始末が悪い…( 一一)
お酒を止めるったって、何かあればすぐにまた、うわばみに…orz
(↑このような旦那さん、少なからず知ってます( 一一))

そんなとき、スタアになった妻は、どうします?
ダンナ、捨てます?(‘’_’’) いやいや、
自分のスタア・キャリアを捨ててでも、夫のそばにいようと決意する。

↑妻が夫より優位にないほうが、夫婦円満?ということもあるでしょう…
が、
妻が、夫を気遣って“下りて“きてくれることを、”良し”と思える夫もいれば
“同情的な行為“に、耐えられないーと思うこともあるかもしれない…
あるいは、
自分が、見出した彼女のスタア性を
自分のふがいなさが、潰してしまうとしたら、
それこそ、自分のプライドが許さないーと思うかもしれない…

海辺の部屋にいるエスターを見た、ノーマンの視線がいい!!
彼は、エスターから視線を、海のほうに移していく………

そして、エスターに明るく言う。
アル中とは無縁の、健康的な生活を示唆し
食事をする前に、海で、ひと泳ぎしてくると。
あのノーマンの爽やかさなら
エスターも、きっと、これからの明るい夫婦生活を、予感したと思う。

けれど、ノーマンには、海しか見えてなかったようだ。
彼は、海に消えていった………………

自殺に、“誰のため”.などとは、言いたくないけれど
ノーマンは、エスターのために、自らを葬り去った…

しかし、それは、エスターとの永遠の別離を、意味しない。
エスターは、夫:ノーマンが見出した作品(=スタア)として
存在しようとする。
それこそが、真の“スタア誕生”だったのか…….


▼▼▼

終盤になって、昔、ノーマンが
壁に口紅で書いた落書きが、再び映る。

ここから、エスターのスタア物語は、始まったのかもナ~と
思わせるのは、切なくて、ズルい……



Yahooブログ→コチラ


にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




blogramで人気ブログを分析


テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

映画『三度目の殺人』★真相・正義・罰そして忖度な余韻…

T0021814p.jpg



作品について http://cinema.pia.co.jp/title/172308/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください

・弁護士 重盛 : 福山雅治
・殺人犯 三隅 : 役所広司


裁判モノは、真相を知りたい!と、ワクワクさせられます。
今作も、それに期待しつつ、見どころは
法廷よりも、被告(犯人)と弁護士との“接見”。

そして、“真相”を明らかに――という、
“理想”とともにあるのが、“正義”。
そして“罰“――
それらは、とても興味深いもので、
引き込まれていきました。

三隅は、元雇用主の社長殺しを自供した――
ソレ以外の、あるいはソレ以上の、何がわかったのか……!?


▼~▼ネタバレして雑談です。解釈違うときスミマセン
▼▼▼

裁判は、勝つか負けるかなので
真相は、どうでもよさげな弁護団。( 一一)
殺人の自供はしたが、接見するたびに、話が変わる三隅に対し
重盛は、落としどころとして
“死刑”回避の路線で、弁護を進めることにする。

話が、二転三転するのは
何かを、隠しているムードあり……
三隅の人当たりいいムードは、それが自分のタメでなく
誰かのタメ?という優しさか……



▽▽▽(要反転)思い込みスミマセン

三隅は、殺した社長の娘:咲江を、自分の娘に重ねていたようで
親身になっていたらしい。
その咲江は、実父から、性的虐待を受けていたことを
三隅に、話したという。
同情が高じて、殺害したーという線もあり。
(同情には、咲江と男女の関係までもあり?と思うのは
下衆の勘ぐりでしょう……)

社長は、食品偽装もしていたといい
“正義感“から、殺したーというのもありそう。

社長の妻に対しては
三隅が、自分との不倫をでっち上げただけでなく
保険金狙いで、夫殺しを依頼されたーとも言いだす。
三隅の罪逃れ?というより
娘の虐待を、放置していた母親への制裁ーという感もあり。

それで、主犯が社長の妻?という疑惑が浮上するも
裁判は、そのまま、辻褄合わせのように続行されることになった。

裁判は、真実を語れない場だと悟った咲江が
証言台で“証言“したことは、真実ではない、とわかる。
三隅が、重盛に、「あの子は嘘つきなんですよ」と言ったのも
咲江を、かばえばこそのことだろう……
もしも、“重要なこと”を、咲江が話したとしても、
それは、虚言だと思わせることができる……

そして、ついに三隅は、とどめに?
自分は、殺人現場の河川敷には行っていず
殺してもいない、と自供を覆した。

それは、誰かに罪を負わせるだめでなく
自白~死刑回避 の流れだったものを覆すことで
自分を、死刑にさせるためだったのか??
(三度目の殺人?)

虐待という憎悪があれば、咲江が、殺してもおかしくはない。
“怨恨”であれば、情状酌量もある。

けれど、三隅は、虐待の事実も伏せ
“真相“が、暴かれることを拒み
あの世まで、秘密を、もっていこうとしたように思う。


▽▽▽
▼▼▼


“真相”を暴いて、罰せられるべき者が罰せられるのが、理想ですが
“真相”の刃の前に、傷つかなくてもいい人が
傷ついてしまう――というのも、やるせないもの。

本当はどうなの!!と
もどかしく、思いながら(そこは忖度!)
そんな余韻も、ニクイ……
罰せられるべき者が、罰せられたなら、それでいっか――(オット!)



Yahooブログ→コチラ


にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




blogramで人気ブログを分析







テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

映画『関ケ原』★負けるとわかっていても見たくなる滅びの美学

DD8JMsTV0AAwk20.jpg


作品についてhttp://cinema.pia.co.jp/title/171105/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください

・石田三成;岡田准一
・徳川家康:役所広司



(誰もが知ってる“関ケ原の合戦”ということでか
西軍・東軍の面々の関係性が不明だと
セリフも早口なので
わかりにくいかもしれません……)


個人的な三成の印象は、ヤリ手であったけれど
(冒頭の“お茶“のエピソードも)
人望を得られにくいキャラ?で、
家康と違って、古参の家臣もなく、孤軍奮闘したわりに
結果が出せなかった無念の人―という印象です。

今回は、岡田さんの三成役ということで、三成には
“滅びの美学”を、見せてもらった気がします。

▼~▼内容にふれて雑談です。(解釈違うときスミマセン)
▼▼▼


1.“西軍“の三成

“西軍=豊臣家”←三成が守りたい
と思われますが、秀吉亡き後の豊臣家は
秀頼&淀殿のものになってしまい、
正室:北の政所は、自ら、豊臣の人ではなくなっていったように思います。

愛する夫が、遺した豊臣家ではあるけれど
死守まではしなかった。(むしろ家康に好意的)

一方、三成は、豊臣家を凌駕する家康の駆逐を、義としている。
(ただし、関ケ原では、西軍の大将は豊臣家ではない)

東西に分かれての合戦ですが
秀吉亡き後、タガが外れたようになり
各人の不満・疑心暗鬼が、小競り合い・駆け引きを交え
なんだかよくわからない?大合戦になったように思います。

西軍:三成には、家康つぶしで
東軍の諸将には、三成憎しもあれば、家康に付くほうが得というのもあったよう。
家康には、東西に秀吉の家臣がいることで
仲裁的な参戦という言い訳もあり、西軍に豊臣家が参戦していないので
豊臣家への謀反にはならないーというズルさがあるのが、上手い。


2.狸腹オヤジ~家康~役所さんの怪演☆

家康は、“タヌキ親父“と言われますが
本作では、イケシャーシャーとした狸っぷりが
役所さんの大きな体で、圧倒される!☆
(まさに他を抜く!タヌキ!)

秀吉が死んだら、絶対、乗っ取りに行く気だよな~というのに
秀吉に、任せて安心―と思わせてしまう説得力!
(↑滝藤賢一さんの秀吉も、権力者のスゴミあって素晴らしい!)

窮地の小早川秀秋にも、皆が去ったあとで
ひとり、希望が持てる言葉をかけてあげる。
あの状況なら、心に入っていきますよ。

三成は、自分が義で、家康は損得だ――と言いますが
諸将に、振舞うなどは
家康も、そこここで、義理を売っていたとも言えそうです。

そして、家康のメタボ腹!!!!!(特殊メイクらしい)
あの腹、忘れられない。(^^♪
今まで、我慢して我慢して生き延びてきた男の
ため込んだものが、今にも、破裂しそうにあるかのよう。
役所さんのパンチある存在感は、そこにもあったんだナ~☆


3.中嶋しゅうさん♪ (公開の前月に急死されたとは…)

よく聞こえる耳を持つという忍び:赤耳の役。
老いた深みと、経験のキレが、すごくいい味で
何度も出てほしい!と思ってしまいます。

(個人的には、『日本のいちばん長い日』)の東條英機役が、
本人以上に本人かと思い、ビックリした)



▼▼▼

捕らえられた三成と、家康の対面シーンは
短いながらの、見せ場。

それぞれの思いにひたりながら、もっと長く見たかったけれど
すでに、虚しさに崩れていく終盤にあっては
あっけなさも、演出か……

1度は、勝機ありと踏んだのに、
ついには、敗走する三成の姿には
込みあげるものがあった。
滅びの美学を、見た気がしました…



Yahooブログ→コチラ

にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




blogramで人気ブログを分析



テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

映画『スパイダーマン:ホームカミング』★”ホームカミング”はそこか!?(>_<) withバードマン?



T0020954p.jpg


作品についてhttp://cinema.pia.co.jp/title/170254/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。

・マイケル・キートン ←目玉☆バードマン?バットマ…(汗)

“武器”は、ほぼ“クモの糸”だけという、スパイダーマンの
敏捷性“も“カッコイイ本作は、新シリーズ第一作目なんだそうです。

高校生ピーターが、ボランティア?で、
良き隣人以上の活躍をするのも楽しみですが
高校生活との両立も、なにかとムズカシイ……

アベンジャーズの一員として、活躍したいピーターですが
スターク(アイアンマン)は、彼が未成年のため
“研修”に、とどめている。

けれど、若さの野心は暴走する!
そして、とんでもない“ホームカミング”が待っていた….(‘’_’’)
(ホームカミング≒同窓会)

▼~▼ 内容にふれて雑談です。
▼▼▼

ピーターは、パッとした善行をしようと
ごみ処理業トゥームス(=キートン)による
開発兵器の闇取引を、阻止しようと奮闘するのが
物語のメインです。

――と言うと、トゥームスが悪者となるのですが
元々、彼は、家族のために、仕事熱心な男。
ゴミの中に、ハイスペックな宇宙物質を見つけ
高性能武器を開発し、売りさばいた。

↑ソレが悪いーということですが
彼いわく、
スタークとて、武器商人で富豪になったじゃないかと。
確かに……(世の中の不条理か)

地味に商売していたトゥームスですが、
裏切りそうな部下を、“過剰攻撃”で殺してしまった!

悪が、増幅していくトゥームスは、“羽根つき”で
パッと見、バードマン?(^^♪
あるいは、バットマン?(滝汗)
(若きスーパーマンの奮闘にも、力入りますが
敵は、“バットマン“だからナ~と思う自分がいる……(^^♪)

ところで、高校生のピーターは
憧れのリズと、ホームカミングパーティに行くことになって
ウキウキ♪
彼女を迎えに、彼女の家に“、ホームカミング”したが―――

▽~▽以下ネタバレ要反転
▽▽▽


リズの父が、マイケル・キートンでした!(‘’_’’)
家族には、良き夫・善き父だとわかる。
話すうち、スパイダーマンだと知られてしまったピーターは
次の行動に移るべく、パーティには行かれなくなる……

そんなこんな、スパイダーマンの活躍で
トゥームスは逮捕され、そんなこんなあると
娘のリズは、転校することになる。

けれど、リズは、大好きなピーターが
スパイダーマンだったとは知らない――というのが、絶妙に
心苦しい胸ギュ―ポイントです……
.
何も知らなければ、友人として、別れられます。
けれど、悪事とはいえ、家族の運命を変えた人には
今までと同じ気持ちでいるのは、難しくもある……

光あれば影あり。
善行の影には、罪なき人へのトバッチリも無くはないというのが
心痛い世の中よ……


▽▽▽
▼▼▼

スパイダースーツが、パワーアップしたのも面白いです。
でも、多機能すぎると、使いこなすのがムズカシイ…(^^♪

好きなシーンは、クモの糸を、めいっぱい引っ張って
踏ん張るところ☆
あの力は、筋肉だけでなく、良心の塊からだと思う。
その塊が、力こぶになってると思いますね。(^_-)-☆


Yahooブログ→コチラ

にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




blogramで人気ブログを分析


テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

映画『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』★継承あれこれの雑談withラッセル・C

T0021990p.jpg


作品についてhttp://cinema.pia.co.jp/title/169457/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。

主演:トム・クルーズ
ラッセル・クロウもいた!

王女の顔のシミ?が、コワかったのですが
トムの映画☆というブロガーさんの記事で鑑賞しました☆

ミイラ映画『ハムナプトラ』は面白かったし
『スコーピオンキング』も、私好みでした。(^^♪

今回は、“ダークユニバース”シリーズ第一弾だそうですが
筋書きより、トム重視の印象。(まいっか)
のっけから、プレイボーイっぷり発揮!(まいっか(^^♪)

呪われた王女に呪われた、トムの顛末やいかに……


▼~▼ 内容にふれてもほぼ雑談です。
▼▼▼

1.継承のこと~ちなみに~(^^♪

王女は、王位継承者だったのに
弟が生まれたため、継承からはずされたことを
恨んで、親子ともども殺した――という。

王女も、気の毒なんですが…

ちなみに、私の婚家は、“本当は”本家だったそうです。
本家に、男子が生まれなかったので、
長女が婿養子を迎えたあとで、(本妻に)弟が生まれた。
しかし、今更(汗)、婿養子をキャンセルできないので
長男である弟は、分家になった。(←婚家の祖先)

もし、婚家が、この王女の設定なら
スゴイことになってた…と思うと
他人事とは思えず……(^^♪

ちなみに、ほかの親戚筋では、本妻に子供がいなくて
別宅で生まれた娘の夫が、家業を継いだー
というのもあります。
(家を続けるのは大変です)

キャンセルと言えば、かなり昔のこと。(遠縁?)
家業を継がせるのに、息子がいないので
娘に、ムコ養子をもらったところ
そのムコが、読み書きできないことが発覚!(‘’_’’)
役に立たんということで
そのムコは、実家に帰された――と、義母から聞きました。
(婿養子にする前に調べればよかったのに…( 一一))
↑ココの状況も、すごいと思う……

跡を継ぐのも大変だって話です。(^^♪

2.ラッセル・クロウ☆!(^◇^)  ネタバレ?

トムは、ラッセルより年上のはず。
が、役柄とはいえ、トムは、万年青年☆
ラッセルは、老け役なのか、初老ムード……

そのラッセルの役名が、ジキル博士。
このミイラ復活騒動に、『ジキル博士とハイド氏』も投入とは!

“ハイド変身発作”を起こし、狂暴化したラッセルとトムとのバトルは
どんな意味があったかは、わかりませんが(^^♪
かなり目玉だったかも。
“イーサン・ハント”に襲い掛かるのは、初老の学者ではなく
グラディエーターでしたもん♪

パサパサのミイラ(ゾンビ?)の襲撃がかすむ勢いの
肉弾戦が、濃厚に“肉厚”な二人でした♪
 
▼▼▼

トム・クルーズは、コミカルでも
いつでもカッコよく決めてくれる!
というお約束を裏切らないので、安心して観ていられます。

王女様の“私の選んだ男”――という
艶めかしい響きの似合うトム・クルーズのイケメンぶりは
もはや、年齢不詳デス……(^_-)-☆


Yahooブログ→コチラ

にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




blogramで人気ブログを分析


テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

映画『七人の侍』★応戦アクションだけじゃない人間ドラマwith大雨

キャプチャ-7

作品についてhttp://cinema.pia.co.jp/title/114627/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。
今更な雑感ではありますが…

監督:黒澤明
リーダー(勘兵衛):志村喬
菊千代:三船敏郎

野伏に応戦すべく、農民に雇われた侍が戦う―
そうすると、戦闘アクションものと思われそうです。
(確かに、戦闘アクションも、細部まで凝っていて見ごたえあり!)

けれど、7人集めるまでが、一苦労で見せ場。
そして、機械的に集める過程ではなく
農民・武士―それぞれが生きている世界を
沁みついた生活感を滲ませて、見せているのが素晴らしい!

三船さんが主演で、侍をガンガン引っ張っていきそうですが
さにあらず。
志村喬さん演ずる、品格ある武士がリーダーです。
粗野な(汗)三船さんと好対照で、作品を引っ張っていきます!


▼~▼ 内容にふれて雑談です。
▼▼▼

1.野伏=盗賊


野伏が、元は侍(落武者)と思いましたが
元農民もいるよう。

主人や土地など、帰属するところなく
収入が絶たれた人たちーとすれば…

何かを生み出さない者は、有るところから奪うほかない。
(↑コレ、壮絶な一般論に思う……)
彼らが、生き延びるには、盗賊になるしか…orz

略奪は、女にも及ぶのが、本当におぞましい!(怒!)
奪われた人妻の末路や、残された夫の悲劇と言ったら……orz
野伏への憎悪も、増幅します。


2.志村喬さん♪=勘兵衛


志村さんは、品格があって、好きな俳優さんです。
今作では、指揮官☆

侍スカウトの農民が見かけたのは
人質になった子どもを、鮮やかに救った勘兵衛の姿☆

勘兵衛も浪人のようだが、すぐに“うん“とは、言わなかったのは
侍のプライドか…?けれど、情に訴えかけられて
それに応える器量あり!

7人は集めたいところ、“農民のために“というだけでは
参加者は集まらない現実。
けれど、中には、勘兵衛の人柄にほれ込んでーという者もあり
志村喬さんには、その説得力があります。


3.菊千代☆


野伏(野武士?)が、生粋の武士とは限らず、農民もいたらしいように
武士=侍とは、戦のどさくさでは、曖昧な部分も。
(戦は、農民も借り出される)

“七人の侍“とて、そう。
侍ならば泥酔はしない(by勘兵衛)、という予想を裏切って
グデングデンの登場は、菊千代こと三船さん♪

彼は、腕っぷしが強く、豪快ですが
侍ではない、とわかる。
野伏に親を殺された、農民の子だったらしい。

この農民たちが、落武者狩りをしていたことを、快く思わなかった勘兵衛には
やはり、侍は侍か……という“一線”を、感じさせられますが
菊千代は、そんな侍と農民の一線を、決壊させたような
爆発的な一体感を、形にしたようなキャラクター!

三船さんの“押し“を感じる存在感は
所謂、ヒーローとして強いことでなく
居るだけで、ドラマの波を感じさせるのが、スゴイんです。


4.戦闘シーン


そして、収穫も終わり、いよいよ、野伏の襲撃!
勘兵衛が、作戦を立て、皆が一丸となる姿は、頼もしい。

分散して、守りを固めつつ
おびき寄せて、挟み撃ちにする……etc.

挟み撃ちのシーンはお気に入り☆
騎乗した敵が、右往左往する。
馬の動きが、狼狽ぶりを助長する!
それを、大ブレに惑わせるカメラワーク!好き☆(^^♪

侍も農民も、適宜、タッタッタ…と、
走って移動するのも、好き☆
フットワークの良さが、勢いづいて、イイゾイイゾ!

そして、雨!!! ←壮絶に効果的!(^^♪
ぐしゃぐしゃになった、足場の悪さが
双方の不利を、煽るアオル……(>_<)

七人いた侍も、なんだかんだで、一人二人…と犠牲に…orz

若衆:木村功さんは、無事でいてほしい…と個人的に…
(木村功さんは、『新・平家物語』の源義朝の印象が強くて
このときは、なんて若い役なんだと)

あ!菊千代危うし!主役なのに!(~_~メ)


▼▼▼

力合わせて用心棒が、弱者を助けーというのは、爽快で
敵を撃破するーというのは、痛快です。

そして
喜びも悲しみも、恋もあり、別れもあり……
という人間ドラマが、ぎゅっと詰まっていて
さりげなく、情に訴えかけてくるのが、ニクイ。

ココゾで、大雨まみれにして、グッチャグチャに盛り上げるのも
エクスタシーであります。(^_-)-☆


Yahooブログ→コチラ


にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




blogramで人気ブログを分析



テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

映画『ジョン・ウィック:チャプター2』★そこら中の刺客をモグラ叩きのように始末しまくる

T0021768p.jpg

作品について http://cinema.pia.co.jp/title/169989/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。

キアヌ・リーブスの殺し屋ジョンの2作目。
・前作→コチラ

殺しの依頼を断ったら、
ソイツからひどい目に遭ったので、応戦します――
その前に、冒頭からカーチェイスで
エンジンふかしてくれます!(^◇^)

それは、前作の続きで、奪われた愛車を奪い返しに行く――というもの。
奪い返しは、愛車ですが、
実は、車内にあった“妻の写真”が、目当てだったのかも…
ずっと、結婚指輪をはずさないジョンの手が
時折、シーンに映るのも、キュンッとさせます。(^_-)-☆

あとはもう、ガンファイトその他アクションを楽しむばかり!(^^)/


▼~▼内容にふれて雑感です。
▼▼▼   

殺し屋稼業にも“掟”があって、今回の騒動は
サンティーノなる人と、誓印を結んでいたため。

彼らの“ドック”のような、ホテル(コンチネンタル)の支配人によれば
ルールに従わなければ、獣と同じと。確かに。
けれど、従ったら従って、それも、獣のようなことに…( 一一)

そもそも、サンティ―ノが“血の誓い”で依頼してきたことは
権力のための、実姉の殺害!
(そーゆー世界なんだな…)

個人的には、約束や義理というものは、大切にしたい派ですが
殺し屋さんのところは、妙な割り切り方をするもので
依頼されて、やむなく姉殺しをしたジョンに対し
“仇討ち”と称し、ジョンを始末しにかかるサンティーノ!
卑怯ですゾ!

さて
依頼を一度断ったジョンは、サンティーノに豪邸を焼かれ
焼け出されたあとに、例の“ホテル“で”再装備”するのが、良い☆

ここのソムリエが、ドイツ産の話をしたとき
てっきりワインだと思うけれど、銃だったとは!(^^♪
テイラーも、細かすぎるオーダーメイドだと思ったら
ただのスーツでなく、防弾対応のアーマードスーツ!

さらに
そんなホテル内では、“殺しは禁止”だそうで……
いいホテルだ。(^^)/

サンティーノが一味を使って、ジョンを殺しにかかる前に
ジョンに懸賞金を懸けるのが、一興☆
(発注はホテルが請け負う( 一一))
そこら中に、刺客がいるので、もぐら叩きのように
始末して回るジョン。

そして、美術館内での、サンティーノ一味とのドンパチ☆
“鏡の間“が、また一興☆
視覚認識のもろさ?を体験する部屋なので
本物か鏡像か?わかりにくさに、ドキドキ!

知り合いから、ピストルと弾7発(少な!)を借りて臨んだジョン。
7発なんて、すぐに無くなってしまう……
けれど、あとは、現地調達。(^^♪
テキを抑え込んだら、その銃で、後続のテキをバンバン撃つ。
とどめに、抑え込んだテキをバンッと撃つ。

大体、その繰り返し。
バンバンッバンッーバンバンッバンッ-バンバンッバンッ……
段々、やっつけ仕事な感じで(汗)
ジョンにも、疲労が……

そして、満身創痍でホテルへ。
ホテル内は安全地帯――とばかり、
油断しているサンティ―ノを追ってきた。
悠々然としているテキを見るのは、腹立つヮ~(~_~メ)

で、ここで、バンッと決めてしまう。(>_<)
“ホテルの殺人禁止“を破ってまで
終わらせたかったジョン……
その余白、よし!

けれど、“掟破り”になってしまったジョンは
愛犬だけを味方に、雑踏の中に消えていく―――


▼▼▼   

出てくる男優さんのほとんどは
ジョンに、撃たれてしまいますが(汗)
女性陣は魅力的☆

サンティーノの姉は、キモの座った姐さんで
サンティーノの部下の、ショートカットの女性も
キレのあるアクションで、カッコイイ☆

次回作には、ワンちゃんの名前も、決めて
相棒として、ワンちゃんのナイスプレーも見てみたい!(^_-)-☆

Yahooブログ→コチラ





にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




blogramで人気ブログを分析


テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

映画『セールスマン』★タイトルが『セールスマンの死』でないのがミソかと


T0021727q.jpg


作品について http://cinema.pia.co.jp/title/172417/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。

監督:スガー・ファルハディ

夫だと思って、アパートの入り口と玄関の鍵を開けた妻は、
入浴中に、誰かに襲われてしまった!(>_<)

イスラム圏には、イスラム圏の価値観がありますが
そうでなくても、恐ろしい状況です。

傷つき憔悴し、そっとしてほしい妻に対し
怒りにまみれた夫は、犯人捜しをします。
犯人は見つかるのか?
見つかったら、どうするのか?
興味がそそられます。

そして、スパイスになっているのが、劇中劇:『セールスマンの死』。
(夫婦は趣味で劇団に所属している)→参考


“結末”への運び方がスゴイ!
あの“成り行き“は、見ている私にも、ソノ気にさせる……
“納得“させられるのです。


▼~▼ 以下ネタバレ雑感です。(解釈違うときスミマセン)
▼▼▼

なぜ、妻は、(男に)襲われてしまったのか?

それは、夫婦が、引っ越してきたばかりだったこと。
まだ、荷物も置いたままで、気配を残していた先住人は
実は、娼婦だったらしく
彼女を訪ねてきた男が
妻を、その女と間違えたのだ。

実際、妻が、何をされたかまでの描写はなく
浴室に残った血が、妻の“痛み“を暗示させる。

娼婦の元に通う男のことだし
あとで、男が、“お金“を置いていったのがわかることから
“最悪“の事態も、想像できるのだが
いくら、入浴中の女性とはいえ
人違いがわかった時点で、“大ゴト”には至っていないと
信じたいのは、甘いですか?

たとえそうでも、男に襲われた妻を、
救助してくれた近所の人には、知れてしまったし、
心配する同僚は、
悪意がなくても、それを知ってしまった。

妻には、それ以上、
このことには触れてほしくない“腫れ物”となった“事件”だが
夫は、ソイツを成敗したい気持ちでいっぱい。
確かに、正義の鉄拳は下してやりたいが
警察や法に訴えるとなると
結局、原告(妻)が、もっとボロボロにされる恐れがある…

夫は、一人で犯人捜しをし、若い男が浮上し、誘い込む段取りがとれた。
(ここまではサスペンスタッチでドキドキする)
すると、その男の代わりに老人がやってくる。
老人では話にならないから、若い男に来てほしいと食い下がる夫。
だが……


▽以下ネタバレ要反転▽
▽▽▽

実は、その老人こそが犯人だった。
夫は、老人が娼婦通いをしていて
妻が巻き込まれ、傷害されたことを
老人の妻子に、暴露しようと試みる。

体調が悪いし、簡便してほしいと老人は言うが
夫は許さず、引っ越し前の空き家に、老人を閉じ込め
『セールスマンの死』を演じにいく。

『セールスマンの死』は、敏腕セールスマンが、老いては
光を失い、落ちぶれて、最後は彼の死で終わるというもので
死の匂いを暗示させる。

実際、夫が戻ると、閉じ込められた老人は、死にそうで
殺人はまずいゾ!というムードに。
そうこうして、妻が来るが
妻は、もう、あのことの延長にはいたくない思いだ。
罰とか復讐などは、考えたくない……

やがて、呼ばれた老人の妻子も、そこにやってくる。
彼らは、なぜ呼ばれたかわからないまま
瀕死状態の老人を、夫婦が蘇生させた現場に遭遇し
夫婦を、命の恩人だと感謝さえする。

妻は、被害に遭った内容について
男に髪を触られた“あと”のことは、記憶にないーと言っていた。

“あと”は、恐怖と羞恥で、覆われたのかもしれないが
“再会“した男は、家族に愛され、死にそうになっていた
弱き老人だったー

どうです?
この状況で、男に怒りや憎しみを、どこまでストレートに向けられます?
瀕死の人間の、息の根を止めるようなことは
憎んでいても、なかなかできないのが、人間だと思うのです…….

ここで、『セールスマンの死』を。

この老人も、このセールスマンのように
どうにもならなくなったら、あとは死ぬしかないのか
一度吹き返した命が、再び、危険に晒される。
到着した救急車が、救命してくれたことを祈るばかり……

ただ、現実は、芝居ではない。

夫婦が引っ越しする羽目になったことも
老人に襲われてしまったことも
その人を恨むような事態になったことも
不運と言えば、不運な現実だ……orz

けれど、死をもって償う終わり方で、
人の心に、平安はあるのか……?(と問うているよう)

劇中の“死“は、あくまでも”象徴”。
芝居は芝居。現実は現実。

現実の“セールスマン“=老人は、死から免れてほしい。
妻の優しさが、私の心に、そう響きました……

▽▽▽
▼▼▼

女性が、男性に襲われた“事件“の犯人捜しを
サスペンスの様相で、引き込みながら
襲われた“恨み“の行く先を
ドラマチックに、そう見せるか!という展開が、とても面白かった!

PS:題名が『セールスマン』であって『セールスマンの死』でないのが
ミソだと思う(^^♪ 

Yahooブログ→コチラ



にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




blogramで人気ブログを分析





テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

映画『ジャージの二人』★せば、なんかこう…の空気感がほどよい(^^♪

148360_1.jpg


作品についてhttp://cinema.pia.co.jp/title/21199/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。

息子:堺雅人
父:鮎川誠   ~一見、親子に見えない(^^♪

わけありの父と子が、山奥の別荘で
ジャージを着て、夏を過ごす――
殺人事件が起こるわけでなく、なんてことない作風ですが
逆に、落としどころが気になりつつ
堺さんの吸引力で、見入った作品です。

なんてことない、と言いつつ、別荘は、現実逃避的でもあります。
なんてことなさそうでも、親子とも問題を抱えていて
特に、息子は、妻との関係で、一石を投じます。

鮎川さんの「せば」以上に、口癖の「なんか、こう……」が
作品をよく表しています。
言えそうでうまく言えない、空気感そのもの…

▼~▼ ネタバレして雑談です。
▼▼▼

ジャージは、祖母が、小学校のジャージを集めたもの。
別荘で過ごすには、ラフでよさそう。
非日常感も、高まる。

わけありの嫁も、泊りに来て、
一時、“ジャージの3人“にもなる。
父は、嫁が、持参したジャージを着るのを残念がるが
案外、これが、意味深に、功を奏する。

あとで、妹が来たとき、嫁のジャージが置いてあるのがわかる。
また、来年来る可能性か?
それまで、夫とうまく続きそうか?との期待あり。
(もう着ないから置いてったーというのも無くはないが…)

妻が不倫相手と別れたと思ったら、まだ続いていた――
息子が抱える問題だ。
不倫するほうが悪いけれど
その原因は、夫にあるかもしれない…(詳細不明)
(仕事を辞めたのも、不倫と関係あるかも不明)

夫婦の不和は、ココが悪い!と割り切れない部分もある。(汗)
なんかこう……という不満が、
徐々に、ズレを大きくすることもある。(滝汗)

愛と憎しみが、激しく入り乱れ、矛盾した感情は
矛盾した行動に走らせることも……

妻が不倫相手と撮ったプリクラを、妻から取り上げ
ずっと財布にしまっていた夫。
奪われたくなかった妻は、恨んだだろう。
そのプリクラを心の支えに、
夫との生活に、平常を保とうとしていたかもしれないし( 一一)

夫も、腹立たしいプリクラを、いつまでも持ってたりして
妻への愛と憎しみを、増幅させてた??
そうすればするほど、自分も苦しいのに………orz

だから、妹とのひょんな戯れに、
プリクラを見られまいと、水辺に落としたのはむしろよかった。
日常を平常心で暮らすには、“和”の心が必要☆

ジャージに縫い込まれた小学校名がキモ。
“和小”
私は、かつて埼玉県民だったときの知事が
“畑和”さんですから(^^♪
当然のように、“やわら小“と読みましたよ。

なごみ小でもいいな……と思っていたら
かのう小でした。
“かのう“は、”叶う”にも“可能”にも通じるので
イイ感じに終わります。

▼▼▼

山の別荘は、携帯電話もつながりにくく(>_<)
日常から離れるには良さそうです。

なのに、つながる場所を探してしまうのは
緊急用だけでなく
(誰かと)つながっている安心感が欲しいのか.・・・

とはいえ、ラストは、堺さんが
“ジャージの一人“でキメル、というのは、なんかこう………(^^♪

(記憶曖昧ご容赦)


Yahooブログ→コチラ

にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




blogramで人気ブログを分析



テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

映画『ザ・ヤクザ』★ザ・義理/ザ・小指/ザ・高倉健の洋画

806983_1.jpg


作品についてhttp://cinema.pia.co.jp/title/23229/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。


監督:シドニー・ポラック
主演:高倉健
(役名:田中健)

アメリカ映画の“やくざ映画“ということで
一抹の不安を感じつつ
“健さん主演“を信じて、鑑賞しました☆

健さんは、終戦で復員したのち、堅気となっていましたが
ある“義理”から、ヤクザ稼業に、足をつっこむことに――

健さんのやくざ映画は、暴力団でなく、任侠ですね。
任侠は、義理・しがらみ。

ソレがあるから、なかなか足を洗えないということも
あるかと思いますが(汗)
個人的には、“義理が廃ればこの世は闇だ~♪”(人生劇場より)
と思うので……

▼~▼ ネタばれして雑談です。
▼▼▼

1.仁義を切る

一抹の不安を払拭すべく?
冒頭から、日本風のヤクザさんが、
「お控えなすって」と
それらしい仁義を、切ってみせます。
(これもある意味、日本文化かも)

そんな日本のヤクザが、トラぶった取引先の娘を
誘拐したという。
娘の父親は、救出を旧友ハリーに頼み
ハリーは、日本の恋人の兄で、やくざだった健に
頼もうとする。

↑自分以外の人を、友情とか義理とかで巻き込んでいくから
面倒になるの……( 一一)

2.ザ・小指

ハリーは、やくざが、義理を果たせなかった“落とし前“に
小指を切り落とすことを知ります。

健さんは、誘拐された娘を救出しますが
乱闘するので(←見せ場!)
兄貴分に、話を納めてもらうことにします。

が、兄貴分の息子が、誘拐犯の組にいて
兄貴分は、見逃してくれと頼みますが
健さんの“愛する者”を死なせたものだから
健さんは、組との乱闘のどさくさで?
兄貴分の息子を、殺してしまいます。

兄貴分への申し分が立たないので、健さんは、小指を切って
義理を立てます。
個人的には、切ってもらっても、どうにもならないのだから
やめてほしかった……orz

その後、ハリーが、健さんの前で
小指を落とすことになるのですが……
▽~▽ネタバレ
▽▽▽

それは、恋人の兄だと思っていた健が、実は夫だったと知ります。
今回、健が、ハリーの頼みをきいたのは
戦後、妻子の面倒を見てくれたから。
(健は、イノック・アーデンのような立場に)

ハリーは、知らぬこととはいえ、健への詫びと
友情の気持ちを、自らの小指に込める……

そこまでしなくても…と思いますが(汗)
健は、ハリーの小指を、友情の証として受け取ります。
その健さんのたたずまいには
日本男児の美学を感じますよ!
男と男の友情の美学!



▽▽▽
▼▼▼

扇子や提灯をぶら下げて
日本ムードが、シッチャカメッチャカになる洋画があります。( 一一)

本作も、その傾向が、なくもないですが(汗)
健さんが、やくざ映画の醍醐味を匂わせてくれたと思います。
これを機に、健さんのシリーズを見て頂けたらナと……


Yahooブログ→コチラ



にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




blogramで人気ブログを分析





テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

映画『3月のライオン後編』★未来に続く桐山の一手~人生も将棋も~

T0020988p1.jpg


作品についてhttp://cinema.pia.co.jp/title/170041/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。

前編のつづきです。


神木君=桐山が、どうなるのか気になって気になって
楽しみにしていました☆

将棋については、桐山だけでなく
ほかの人も、問題山積で、ご苦労様なんですが
桐山が家族同然に思う川本家にも、問題勃発!
桐山は、自分がなんとかしようと頑張りますが……

一手一手、考えて悩んで打っていくような
“途中経過”に、胸打たれました!

▼~▼ 内容にふれて雑談です。
▼▼▼

1.川本家次女へのいじめ‼( 一一)

何が楽しくてそこまで……orz
と思う“嫌がらせ“を、次女が、高校で受けてしまいます。

桐山も
小学校で、いわれなきイジメを受け
家では、才能への嫉妬から、義姉から嫌がらせを受け
(それは今も続く――)
次女のことを、自分のこととして対処しようとする桐山。

頼もしいのは、桐山は、高校生とはいえ
プロ棋士なので、収入があること。
けれど、教師の高橋一生先生いわく
“他人のお金“をもらって、解決できることなのか?と。

そうこうして、お金に頼らず(担任教師の“崩壊“はあったが)
イジメは収束。
最後までひるまなかった次女が
桐山に言った言葉が、力強く響く。

さらに、その言葉が、かつていじめられていた桐山の心を
救うものでもあったのが、とても良い!

もう過ぎたことだと、流したつもりでも
清算されていない物事は、ずっと、小骨のように
心につかえを残すもの。

直接、そのことに関わっていない人(や事)からでも
慰めや救い、そして強さ・勇気を与えてくれるのは
いつであっても、うれしいものだから。

2.三姉妹と父

一難去ってまた一難!
川本家に、家出した父が帰ってきて、同居しようと言い出す

桐山は、
父が、経済的に困窮していることを突き止め
三姉妹を守るべく、父親をののしって追い返そうとします。

しかし、三姉妹の父であり。
それは、三姉妹が、出すべき結論。
桐山は、三姉妹と距離を置くことに……

↑彼女たちを“家族同然”に思えばこそ、熱くなった桐山ですが
“実の親子”の問題に立ち入るには、限界が…

孤独感に襲われる桐山が、なんとも気の毒なんですが
一方で、二階堂たちが、
桐山の対局対策を一緒にしてくれるのは、とてもありがたい。

3.幸田家と桐山

義姉は、相変わらず、桐山の才能を妬み
将棋を恨んでいた。
(義弟も、そんな感じで引きこもる)

自分が、その人よりも、不本意に有利な立場にいたとき
何を言っても言わなくても、
嫌味?上から目線?同情??にしかならない感じで
どうしようもないことがあります…(汗)。
桐山の、幸田家族への気遣いが、いじらしくて…

あるとき、幸田・父が、義姉に
桐山に負けたと思っていた対戦も、勝つ手はあったと教える。

将棋が人生を奪ったと思い込んでいる義姉に
つかめなかったのは、自分の責任だと
今頃ですが、言ってくれます。

自分が、うまくいかないと、
うまく行っている人のせいに、してしまうこともありましょうが(汗)
自分の人生は、ホント、“自分のせい”でしかないので
桐山が、毅然と、“大人“として生き抜こうとする姿には
もはや“孤独“とか”孤高“でなく
”独り立ち”を讃えたいと思いましたよ。


▼▼▼

師子王戦で、桐山は、宗谷名人と対局する。
天才と評される宗谷とて、ストレスを抱えているのがわかる。
みんな、自分を信じて、前に進むしかない。

若い桐山は、まだこれから。
この対局に勝っても負けても、人生は続く。

清々しい一手に
希望の余韻を残して終わるのが、とてもイイ☆



Yahooブログ→コチラ

にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




blogramで人気ブログを分析


テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

プロフィール

yutake☆イヴ

Author:yutake☆イヴ
こんにちは☆
使い方がよくわかりませんがヨロシクお願いします。^^;

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
PVアクセスランキング にほんブログ村
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア