映画『夜の上海』★綺麗な街の灯り…


映画レビューしました。
(一応、ネタばれ表示なしですが、内容にふれてないこともないです)
http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tyem/id327984/rid110/p0/s0/c0/

お気レビさんのレビューで見たかった、2007年の作品です。


夜のタクシーに乗って、灯りを見ていたら、ふと
アノときも、こんな灯りだったなぁ~
と思い出しながら、
気持は、まだ溶け切れていないなぁ~
などと、思ったのでした……。>>(ため息)

スポンサーサイト

映画『剱岳~点の記』★意外な結末...


映画レビューしました。
私には、意外な結末でした。(結末は言っていません)
http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tyem/id332002/rid51/p1/s0/c1/

レビュー中にも書きましたが、山というと、
母の叔父の滑落を思い出します。
彼は、ベテランの域だったそうですが、
やはり、山は怖いです。

このページのトップへ

映画『イタリア的、恋愛マニュアル』(1)★黒い点・


連続したオムニバス形式で、
いくつかの男女の恋愛を見せてくれました。

バトンを渡すように、
各エピソードの終わりに出てきた人が、
次のエピソードの主人公になります。

そのなかで、印象的だったのは、
倦怠期から破滅期にさしかかっていた、夫婦のエピソードでした。


夫婦の物語を見るときは、複雑な気持ちになります…。
それぞれの夫婦が、それぞれの形で、存在しているのだろうとは思いますが、
理想的な夫婦はどんななのだろう、といつも思ってしまいます。
あるいは、
本当に幸せといえる夫婦とは、どんななのか、とか……。

そのエピソードで、カウンセリングにいった夫婦は
黒いペンで、お互いをイメージしたものを描くように言われます。
妻は、何か形あるものを描き始めます。
夫は、というと……。
散々、迷った挙句、黒い点をポツッと描きました。
「それだけ!??」
まるで、人生の汚点か?

悪いと思いながらも、自分をそう描かれたようで
自嘲ぎみに、失笑しましたよ。

何かに似ているか、と言うならともかく
相手のイメージと言われても、何も思い浮かびませんもの…><
黒い点は、まさに、そこに存在だけ示したよう☆
もっと大きく描いて、黒塗りの丸にしたら、
むしろ、不吉なイメージになってしまうかも…。
「私は、あなたにとって、そんなに真っ黒なの!??」
そうなったら、もっと険悪になってしまいそう……><

妻は、夫と一緒に、何かを(何でも)
積極的にしたいようなのですが、夫には、その気はあまりないのです。
打てば響いてほしいのですよ、妻は。
投げたら、返してほしい。
でも、投げたら、ポチャンと池に落ちて、
そのまま、波紋が広がっていってしまうのですね……><

オードリー・へプバーン主演「いつも2人で」の台詞で、
「一緒にいるのに、黙っているのは?」
「夫婦」
というのが、あります。
そんなものなのでしょうか……。
そんなものなら、ある意味、諦めながら、ホッとできるのかも…><


作品のエピソードは、
山あり谷ありのカップルを一巡したあと、
ラストは、丸く収まります☆

(2)の記事です。
http://blogs.yahoo.co.jp/yutake2415/34355472.html

このページのトップへ

映画『真夏のオリオン』★夏には夜明けに輝く星


映画レビューしました。
(結末はふれていません)
http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tyem/id332860/rid74/p0/s0/c0/

フィクションだそうです。

史実である潜水艦・伊58号が、原爆を乗せていたインディアナポリス号を
撃沈させた、ということをヒントにしたそうで、
始めは、その伊58号のエピソードを期待していました。

しかし、この作品を見終えたあとで、
伊58号のエピソードではなく、この作品には、
この作品が伝えたいことがあったのだな、
ということが、なんとなくわかりました。

ところで、
オリオン座は、冬の星座の代表ですが、
東北に越してくるまで、まともに見たことがありませんでした^^;
今では、見上げれば、すぐそこに、ド~ンと
覆いかぶさるように見えます(*^_^*)

で、あの三つ星を見つけると、なんだか嬉しいのですよ。
今まで、見ていなかったものが、よく見える、という気持ちなのか
ラッキーなものを見つけた、という気分になるから
不思議ですね。

このページのトップへ

映画『アイカムウイズザレイン』★大きな感動というよりも


映画レビューしました。
ネタばれ表示なしですが
しそうなところは、▼つけています。

http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tyem/id333778/rid60/p0/s0/c0/

レビュー表示は、ヤフーさんに直していただきました。
よろしくお願いします。

このページのトップへ

映画『絶対の愛』★愛の考察


映画レビューしました。
http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tyem/id326742/rid76/p0/s0/c0/

2006年のキム・ギドク監督作品。

ギドク監督の作品を初めて鑑賞してみました。
かなり印象的な作品が多いように聞いていました。

作品の質感としては、特に、好みというわけではありませんが(ゴメンナサイ)
愛についての考察をさせて頂きました、という感じです。

機会があれば、ほかの作品も見てみます。

このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

yutake☆イヴ

Author:yutake☆イヴ
こんにちは☆
使い方がよくわかりませんがヨロシクお願いします。^^;

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
映画★一期一会 (78)
映画☆あ行 (227)
映画★か行 (197)
映画☆さ行 (205)
映画★た行 (146)
映画☆な行 (60)
映画★は行 (226)
映画☆ま行 (95)
映画★や行 (27)
映画☆ら行 (82)
映画★わ行 (20)
トラックバックテーマ (1)
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
PVアクセスランキング にほんブログ村
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア