映画『メカニック:ワールドミッション』★ 贅沢で爽快なビショップの殺しテク(^_-)-☆

T0021065q.jpg


作品について http://cinema.pia.co.jp/title/169728/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。

主演:ジェイソン・ステイサム(殺し屋ビショップ)
大物:トミー・リー・ジョーンズ
美女:ジェシカ・アルバ


続編です。(前作とは独立)
ジェイソンの作品(アクション)は、必ず見たいです。(*^_^*)
アクション重視がブレなくて
テンポも良いのです。


コレは、いつもどおりの期待で見ましたが
すごく贅沢な仕上がり!!!
殺し屋:ビショップが3人殺るゾと言う設定。


トントン……と来て
3人目が、トミー・リー・ジョーンズ☆
ただで問屋は卸さない……^^;


▼~▼ ネタバレで雑感です。

▼▼▼


美女:ジェシカが、人質にとられたので
やむなく殺しをすることになるビショップ。


ジェシカは、恋人でも知人でもなかったのですが
ビショップを逆恨みする男:クレインの罠から出た真で
ビショップは恋に落ち、弱みになってしまいます。


殺しのターゲットは、クレインの商売敵の武器商人3人。
事故死のように殺せと言う。


1人目は、難攻不落の海上の牢獄にいる男。
どう入って、どう殺って、どう脱出するか――
コレだけでも、一本撮れそうなのに
サクサク見せてくれて、小気味よい♪
(ビショップには、難攻不落ではないの……^^;)


2人目はペントハウスに住む男。
突き出たプールがポイント☆


このシチュエーションは、トム・クルーズなら
作品の超目玉にして、長~~い見せ場にしそうな……^^;


それも、ビショップは、サクサクとことを運び
ドキドキの高所作業で
プールを破壊して、ダイナミックに殺しを見せる!


そして、3人目☆トミー・リー・ジョーンズ親分。
サクサク殺ってしまっていいの??
と思っていると―――


▽要反転▽
▽▽▽

トミー親分を、殺したことにして生かします。
そして、仕事後にビショップを殺すはずの、クレインを始末することに。
“恋人”ジェシカの救出ももちろん。
けれど
ビショップの生死が、危ぶまれることに!(>_<)


▽▽▽


避難先のタイの島は、リゾート気分です♪
と言っても、武器その他の必需品はバッチリ装備☆
引退?しても、いつでも殺し屋に戻れるというのも
ビショップの哀しい性(さが)……


だからまた
こんな贅沢で爽快な「メカニック」シリーズが見られるかも☆
との期待もふくらみます!(^_-)-☆


PS:ビショップの殺しには、“ニクイ女殺し”というのもアリ(^_-)-☆





にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




blogramで人気ブログを分析




☆★☆┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓☆★☆
   ┃   ネット通販で得するサイト!チャンスイット♪   ┃
☆★☆┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛☆★☆

 ■チャンスイットとは・・・?
 
 インターネットをご利用している全ての方必見!のお得サイト♪
 ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
 チャンスイットを経由してYahoo!ショッピングやヤフオク、
 LOHACO(ロハコ)といったショッピングサイトでお買い物をする事で
 ショッピングサイトのポイントはもちろん、
 Amazonギフト券や現金、電子マネーに交換できる
 チャンスイットポイントももらえちゃいます!
 
 つまり!普段ショッピングしているサイトを
 チャンスイット経由にするだけでお得な生活ができるんです♪

  ▼ ▼ ▼ 簡単1分で登録できる♪無料会員登録はコチラ ▼ ▼ ▼  


 ■ポイント3重取り・・・?
 
 さらにこういう使い方もできます♪
 支払い方法をクレジットカードで支払うと、クレジットカードのポイント
 も貯まるので3重にポイントがもらえることになり、
 最大限にお得なショッピングをすることができます。
 
             ┏━━━━━━┓
 ☆★☆━━━━━━━━━┃ ま と め ┃━━━━━━━━━━☆★☆
 
   ┃         ┗━━━━━━┛          ┃

   ┃ チャンスイット経由でショッピングをすると・・・   ┃

   ┃━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┃

   ┃ 【1】ショッピングサイトのポイントがもらえる    ┃

   ┃    ※Yahoo!ショッピングならT-POINT        ┃

   ┃                           ┃

   ┃ 【2】チャンスイットポイントがもらえる       ┃

   ┃    ※現金や電子マネーに交換可能         ┃

   ┃                           ┃

   ┃ 【3】クレジットカードのポイントがもらえる     ┃

   ┃    ※楽天カードなら楽天スーパーポイント     ┃

   ┃                           ┃

 ☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★☆

 
  ▼ ▼ ▼ 簡単1分で登録できる♪無料会員登録はコチラ ▼ ▼ ▼




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

\\ ☆★☆使えばわかる!チャンスイットでお得なネット生活♪☆★☆//

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 更に!!インターネットで普段やっているあんな事やこんな事、

 チャンスイットを経由するだけで現金化できるポイントがもらえちゃう♪

 
 ┌──――――――――――――――――――――――――――─―─┐

 │                               │

 │   ○懸賞 〇ショッピング ○動画視聴  ○アンケート   │

 │    ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   │

 │ ○ゲーム  ○資料請求  ○旅行申込  ○カード発行 など │

 │  ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    │

 └―──――――――――――――――――――――――――――――┘


       \ お得なコンテンツ盛りだくさん! /


  ▼ ▼ ▼ 簡単1分で登録できる♪無料会員登録はコチラ ▼ ▼ ▼
   



スポンサーサイト

テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

映画『ハドソン川の奇跡』★惨事を防いだサリー機長ここにあり!



T0020885p.jpg


作品についてhttp://cinema.pia.co.jp/title/169616/
あらすじ・配役はこちらを参照ください。


原題:SULLY ←機長の愛称


監督:クリント・イーストウッド
主演:トム・ハンクス



実話です。
事故で飛行機を、市内の川に不時着させた機長。
全員生存の奇跡とは裏腹に
安全委員会は、
最寄りの空港に着陸できた可能性を挙げ
機長を責める―――


冒頭は、飛行機が墜落し、ビルに突っ込む悪夢。


異変から不時着まで
208秒の機長の“判断”が問われます。


現場にいなければ、わからないことは
よくあります。
作品は、原題どおりの“サリー機長”が
語った言葉の内容とその説得力に、集約されます。


▼~▼ 以下、ネタバレで雑感です。


▼▼▼


委員会は、(保険のこともあり)
エンジンの故障はなかったと言い
シミュレーションでは寄港できた、と言い張り
他の人で“再現“してみせます。


ならば
ベテラン機長ができないはずはない―ーと言うことに(>_<)


けれど、劇中で
機長・副操縦士の様子を見ている私たちには、わかる。
シミュレーションでは、説明できないということが。


これ↓は、私も、機長の言葉で改めて認識したことですが
あの委員会にいた人全員も、そうだったと思うと
恐ろしい気もします。


シミュレーションとかコンピュータとかいうと
客観的な判断っぽいのですが
実は違う。
計算のための“因子“の選択で、バイアスはかかる。


今回は、ベテラン機長の“初めての経験”で
“判断する時間”が、大きな因子を占めていました。
その“人的要因”を、考慮することなく
判断が進んでいたことです。
(しかもエンジン故障の件は、誤解されたまま(>_<))


なにかと、シミュレーションと実際とが
乖離することがありますが
因子は、豊かな経験値を補い得ないということかもしれません。


▼▼▼


川への不時着が最適の方法だった、と言うことを証明する――


作品は、その過程に留まらず
機長の豊かな経験と判断が
いかに的確だったのか
いかに惨事を防いだのかを、魅せてくれました。


ハドソン川の奇跡に、サリー機長ありーー
原題が、誇っています☆




にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




blogramで人気ブログを分析


テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

映画『レジェンド 狂気の美学』★二役トム・ハーディ:レジーの美学(^_-)-☆

T0020759q.jpg


作品について http://cinema.pia.co.jp/title/169718/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。



主演:トム・ハーディ ←目玉☆


1960年代。ロンドンに実在した双子のギャング:クレイ兄弟。
兄レジー:頭脳派。部下の妹フランシスと結婚。
弟ロン:好戦的。同性愛者。


二役のトムが目当てでしたが、トムは
違和感のない別人を演じきっていて
トムの役どころを、堪能したという印象です。


双子のギャングの実話は、美学?かどうかはアレですが…^^;


▼~▼ 以下、内容にふれて雑感です。

▼▼▼


クスリで、情緒を抑えていますが
ロンは精神の問題もあり
あまり悪気なく、人を殺してしまう感じ。
ソレはソレで怖いのですが……


ギャングとはいえ、ビジネス的に冷静に
仕事を進めようとする、一見、紳士的なレジーに注目☆


正直なところ、レジー、怖いです…


ロンみたいに初めからレッドサイン出す人は
わかりやすいですが
一見、堅気っぽいギャングは、油断なりません(>_<)。
所詮、ギャングだから……(>_<)


堅気のビジネスマンは、
トラぶっても、一線は越えませんが
ギャングは、堅気が越えない一線を越えるんですよ…(滝汗)


妻のために、普通のビジネスマンの人生を歩もうとしているレジーは
偉いと思いますよ。
けれど、ギャング・レジーは
好まなくても巻き込まれるし
片割れ:ロンがしでかしたことにも、巻き込まれてしまう…


そして、苛立ちから、妻にもDVを与えてしまうことに……orz
このレジーは怖かった……
愛でなく、暴力で支配する男だった……


そんなこんなで絶望した妻は、服薬自殺してしまう。


そのあとのレジーが真骨頂でした!


レジーが出所してみると
ビジネスはロンが滅茶苦茶にしていました。
邪魔なマネージャーを、ロンは男を使って殺させもする。


マネージャーを殺されたレジーは
ロンのいるところで
その男に、因縁かまします。
そのとき、レジーは、殺すつもりがあったかはわかりません。
ギャング・レジーなら、“一線”は越える可能性もある。


そのとき、その男が余計な?ことを言うのです。
レジーの妻に、クスリをあげたのは自分だと。


男の正確な意図はわかりかねますが
レジーの“怒り”は、マネージャーの死に加え
妻の死が、一気に重なってしまいました。
この男がクスリをくれなければ、服薬自殺もしなかっただろう……


レジーの怒りは、一線も二線も越えて
男をボコボコにした挙句、殺してしまいました。
レジーのギャング的落とし前のつけ方かと思いましたが
あれは、愛する人を失った男(夫)の本性だったのかも……


さらに、ロンとの関係が。
ロンがレジーに、その男を殺すほどか?と問うたとき
レジーは、ロンの代わりに殺した―と言いました。(弟は殺せない)


ギャングは、不都合があると殺されるという恐怖がある一方で
ファミリー(仲間)には、強い絆もある――のが、
良くもあり予測不能なところ。


このレジーの胸中に、入り込んでみてください。


▼▼▼


伝説の双子のギャングのてん末は
ハッピーエンドではなく
カッコイイ生きざまでもありません(―_―)!!

双子を演じ分けたトムの
特に、兄レジー☆


堅気なら越えないはずの一線を
越えられる恐らしさが漂っている
アブナイ男でした。


美学はソコ☆(^_-)-☆





にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




blogramで人気ブログを分析



テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

映画『真田十勇士』★家康本陣に突っ込む幸村はホンモノ(^_-)-☆

T0020666p.jpg


作品についてhttp://cinema.pia.co.jp/title/169384/
あらすじ・配役はこちらを参照ください。



舞台劇(2014年)の映画化だそうです。
予告編の霧隠才蔵(松坂桃李さん)がカッコ良くて^^;
鑑賞しました☆


諸説ある真田十勇士。
コレはコレで楽しみましょう(*^_^*)


「日の本一のツワモノ」真田幸村は
イメージ先行で、実はヘタレ(汗)だったのを
猿飛佐助が、名将に仕立て上げようというもの。


そのココロは「嘘も突き通せば真実になる」
(ゲッベルス??^^;)


勘九郎さん(佐助)の圧倒的な存在感で
茶番の面白みで引っ張りつつ
しまいには、幸村は“本物”のツワモノとして
家康本陣に突っ込んでいく!
勇士を従えての勇猛ぶりには、鳥肌立ちました!


▼~▼ 以下、内容にふれて雑感です。(ネタバレ?)

▼▼▼


1.勇士の出逢い


冒頭、勇士が一人二人と増えていくさまは、アニメ仕立て♪
ササッと流しながらも、アニメの変化が一興です。


そして、十人目の根津甚八☆は実写。(永山絢斗さん)
甚八は、豊臣秀頼と瓜二つという設定。
永山さんは、キリっとクールな部分と
悲運を感じさせる独特の影が、絶妙☆
根津はヘタレなので、見どころ2倍。


2.淀殿のこと(大竹しのぶさん)


作品は、大阪夏の陣の合戦シーンだけでも
十分、真田ッ――!!の醍醐味ありで
あとはサラッとしてもいいのですが^^;
幸村と淀殿は、相思相愛というエピソードあり。


この件に関しては、哀しくもべっとりした愛の物語を
別枠で、見てみたいものです。^^;


べっとりと言えば、大竹さんの淀殿は
年齢的にも過熟して、情や念や怨の権化のような凄みあり!(>_<)
幸村に迫る姿は、愛というより後妻業?な感じ……(―_―)!!


一方、秀頼の母としての淀殿は
世の母がそうであるように(汗)
我が子のためなら、鬼にも蛇にもなる。
ほかの大名の命を犠牲にすることさえ…(―_―)!!


3.佐助と才蔵(ネタバレ!)


幸村が、家康の本陣めがけて突っ走る
大阪夏の陣のすさまじい戦いぶりのあとも
物語は続く。


残った勇士たちは
秀頼と淀殿を脱出させようとするが
そのとき、淀殿の件で
佐助と才蔵が対立してしまう。
二人は、真剣勝負で切り合うことに!(>_<)

▽要反転▽
▽▽▽

あろうことか!
佐助と才蔵は、切り合って死んでしまう!(>_<)
―――と思いきや、ソレは嘘☆
嘘で面白いコトをしようという、佐助の思惑!(^_-)-☆
彼らは、徳川の目を欺き
秀頼を脱出させ、薩摩へ逃げる――


▽▽▽
▼▼▼


秀頼の天草四郎伝説がありますが
その辺のところは
エンドロールに、紙芝居?のオマケあります。


嘘と真をあざないつつ
家康本陣に突っ込む
幸村の猛者ぶりには、やはり惚れまする(*^_^*)


才蔵の前髪はらりと
マントはらりも、カッコ良い(^_-)-☆




にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




blogramで人気ブログを分析




テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

映画『怒り』★矛先を向けても行き場を失う”怒り”

T0020065q.jpg


作品についてhttp://cinema.pia.co.jp/title/166839/
あらすじ・配役はこちらを参照ください。


顔を変えて逃亡中の殺人犯が
親しい人かもしれない――

作品は“信じる”ことをテーマの1つにしたようですが
3人の男性の、誰が真犯人なんだろうという
ミステリーを感じつつ
素姓知れずの3人の男性を巡って
思い知らされたのは
“信じる”ことの軽さ・危うさ。

そして
そこに見えた“怒り”の爆発的な強さと
それでも手ごたえのない虚しさ――

自分の中にある偽善への腹立たしさも含め(汗)
吐き出さずにはいられません!


▼~▼ 以下、個人的雑感ですので。(ネタバレ御免)

▼▼▼

犯行現場の「怒り」の血文字が挑戦的です。
それは理由らしいが、言い訳にもならない。

その場所で、途方に暮れていた犯人に、
その家の奥さんが、親切に麦茶を出してくれた“同情”に
腹が立ったらしい……?
(“同情に腹が立つ“というのは
その後の少女襲撃事件の前フレかもしれないが)

腹立たしい善意の押し売りのこともあるけれど(汗)
麦茶に罪はないよー(―_―)!!
この時点で、犯人の人間性アウトにさせて頂きます。
のちの彼の行動言動は、信頼できません……

残り2人の男性は犯人と疑われる過程があります。
愛する人を信頼したい――
愛することは信ずること――
美しい思考過程のようですが、作品は
“美しいコト“にはしていなかったよう。

と言うのは、信頼は、実は
本人にとって都合の良いコトのようだから。
悪しき感情を持たなくて済む。

疑念というのは抱かれる対象もだが
抱くほうもブラックな想いに包まれます。
もちろん、信頼するとは、勇気も要ることだけれど……

だから、信頼を裏切られたときに
激しい怒りが生じてしまう。
信頼とは対象の実評価以上に
勝手に、自分の心のなかで生まれたものなのに……

逆に、同居男性の信頼に応えられなかった自分に対しても
怒りがこみ上げる。
悔しさと情けなさで、自分を罰したくなるような感情が
怒りとなって責め上げる…….

そんな信頼云々は、やがて
少女襲撃事件に集約される。(↓ネタバレ)

▽要反転▽
▽▽▽

少女が襲われたとき、男友達(少年)はただ見ていただけだった。
助けさえ呼べなかった。
居合わせたと言う、例の殺人犯さえ叫んだと言うのに…
(実は違うらしい)

(もし少年が迷子にならなければ、少女は彷徨うこともなく
被害に遭わずに済んだかもしれない)
少女を助けなくても、少年には、
傷ついた少女を気遣う(同情?)気持ちはある。
けれど
そんなものは、少女には何もならない!!!
「誰にもわからない!」
と慟哭する少女の痛みには、永遠に近づけない……

少女を”見殺し”にした少年の、もどかしさと情けなさは
信頼に値されない、自分への怒りとなるが
あまりに大きすぎて
持て余した怒りは、自分の中には納まりきれず
必然的に他者へと向かう。あの殺人犯へ。

彼は、少年を責めるように、言い訳がましく善人を気取るだけでなく
隠れ家に、少女を侮辱した文言を残していた。
それを、怒りまくり、必死に消す少年。

しかし、そんな文字をいくら消したところで
少女の状況が変えるわけでなく
ただただ膨れあがるばかりの腹立たしさが
ついに、怒りを沸騰させた!

少年は、殺人犯を殺した―――――


▽▽▽

……どこまでいっても、少女の何が変わる?
あとには、ただ空回りする”怒り”が
虚しく、私を越えていくばかりで
信頼という美しいはずのテーマすら
淡く、消えていきました…………orz

▼▼▼

観終わってみると
”怒り””信頼”―2つの重みのある言葉は
私の中で、行き場を失って
ひらひら浮遊していました……

そんな心を、否が応でも
揺さぶるのが、坂本龍一さんの音楽♪

人との関係が、暫時、ぐらつきそうです……




にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




blogramで人気ブログを分析


テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

映画『超高速!参勤交代リターンズ』★今回は走ッゾー!+コミカルに悪戦苦闘!


T0020459p.jpg


作品についてhttp://cinema.pia.co.jp/title/168883/
あらすじ・配役はこちらを参照ください。


走ッゾー!の気合い再び(*^_^*)。
命がけで江戸まで走って、お家取り潰しを免れた前作
今回は、その帰り。


八代将軍:吉宗の日光社参の恩赦で
蟄居していた悪玉老中が復活!
早速、湯長谷藩:内藤家に報復が!(>_<)


一揆の知らせを受けた内藤らが
超特急で帰ってみると、城は奪われ
身内は囚われの身に……orz


今回は、早くたどり着いただけではダメで
その先の“逆襲“がありました。


▼~▼ 以下、内容にふれて雑感です。

▼▼▼


1.超高速ふたたび


急いで帰らねば!(>_<)
足元グルグルの超高速移動は、お約束☆
エッサ!コラサ!の走りっぷりは
飛脚を越える!(*^_^*)


川での移動も、気持ち、スクリュー回ってますネ(*^_^*)
けれど、若武者が流されてしまった!!(T_T)
されど、時間がないので、どうしようもなかったの…orz
とはいえ、川も、お話と同じで
先まで流れるので……(^_-)-☆


2.田畑を荒らすな!(―_―)!!


悪玉老中の陰謀で、一揆のふりをして
田畑を荒らしに来る輩がいます!(怒!)
さらに頭に来るのが
荒らされた農地を、整地しているときにも
邪魔しにくる!


農業は、食料は、国の基本☆
自分が作物を育ててない人には、苦労も有難味も他人事か…orz
(私ことマジで怒ってました(>_<))
田畑があるから食べていけるし、生きていける。
バチ当たりますよ……(―_―)!!


今ダメになったからって、すぐ生育できるわけではないし
先のこと考えましょ!
嫌がらせにもホドがある!(>_<)


農地再生のために見つけた☆隠れ井戸☆
ご家老サマは、
懲りずにまた、落ちてしまうんだなァ……(‘_’)
溺れそうになって、水があることがわかり
一同、満面の笑み☆と言う……^^;


3.七人の侍!?


城を乗っ取られ、囚われている身内を助けるべく
反撃に出る、内藤家の家臣たち。
そこへ、悪玉老中と、新藩主御一行が
大軍でやってくる!(>_<)


こっちは、7人!(少な!)


けれど、燦然と輝く七人の雄姿が
まぶしー!!!(^◇^)


人数の少なさを、行列でもカバーしたように
闘いでは☆一騎当千☆の魅せっぷり!
チャンチャンバラバラ!!
けれど
殿様はイイ人だから、敵にも優しいの。(T_T)


4.江戸からアノ人も!?


吉宗の時代と言えば、江戸町奉行:大岡越前☆
今回、悪玉老中退治に一役買う。(立場はどうなる?^^;)


思えば
内藤の殿様は、悪玉に抵抗しても
“成敗“できませんもんね。
控えおろう!の印籠も無いし……(ー_ー)!!」


悪玉をカラメ捕るのはお奉行様☆ということで
細かいコト抜きで、ここは
メデタシメデタシ(^_-)-☆


(なのに将軍吉宗は、
家康の言葉「怒りは敵と思え」を持ち出し
悪玉老中に寛容なの(T_T))



▼▼▼


今回は、走ッゾー!だけでは済まなくて
盗られた城を取り返すべく
コミカルな悪戦苦闘を、堪能しました☆


深キョンのご側室も可愛かった♪




にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




blogramで人気ブログを分析


テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

映画『四月は君の嘘』★音楽と君への想いに嘘はない!

T0020417q.jpg


作品についてhttp://cinema.pia.co.jp/title/168531/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。


原作・アニメは未見です。
広瀬すずさんを見たくて鑑賞しました☆


神童ピアニストだった青年:公生は
母の死後、ピアノをやめていたが
バイオリニストの乙女:かをりと出逢い
再び、ピアノに向かう――


アニメだと、現実を超越した感動を呼ぶ大胆な設定が
実写だと、気になってしまうこともありますが……^^;
ありがとう、ごめんね……の言霊には
グッとくるものがありました。


▼~▼ 以下、ネタバレで雑感です。

▼▼▼

1.ハッチャける[かをり]


バイオリンの演奏といい
学生生活といい
周りを振り回す勢いが
疾風怒濤に奔放な[かをり]。(>_<)


そーゆー子なんだぁ…と思っていましたが↓(ネタバレ)
病気で先が長くない、と知ったときから
後悔しない生き方を、意識してきたという。
(似たような感覚は、私も生き延びた3.11からあり)

2.公生の母


公生は、母からピアノを教わっていました。
母は厳しく
公生が子供の頃、ピアノコンクールで優勝したときも
祝福でなく、ダメ出しのビンタ(>_<)
逆ギレて、母に毒づいた公生。そして
まもなく、母が病死――


お母さんキビシイな~と思いましたが
先が長くない母は、少しでも多く、公生に教えておきたい。
この気持ちは、切羽詰まり過ぎて、切ない……
ピアノを弾かなく(弾けなく)なった公生が
もったいなくもどかしい。


3.愛の悲しみ


これは、公生には、母との愛憎うずまく
思い出の曲。
破れを修復した跡のある楽譜は
厳しい思い出がありそう……


[かをり]に勧められ、弾くことにする公生。
新たなエピソードがあれば、複雑な想い入れも
上書きできそう。


愛の悲しみ♪を子供の公生に聞かせ続けてきた
母の想いも深い。


4.ショパン バラード第1番♪


コンクールに挑戦するまでになった公生が
選んだ曲♪


一言で言えば、この曲の持つ力はスゴイ!
ドラマ性に富んで、ダイナミックに展開していくので
聴く者には、揺さぶられた心に、ただただ感動しかない!
(個人的に発表会で弾いたので思い入れあります^^;)
(演奏は阪田知樹さん♪)



ましてや、[かをり]はこのとき
命がけの手術をしていると言う設定。
公生は、心の中の[かおり]とともに演奏している。
音楽が佳境に入ると [かをり]の姿は消えていった……


5.[かをり]の嘘


嘘と言う響きは、罪深い。
謎めいていて、ときには哀しさもある。


小悪魔ちゃんな[かをり]は
ずっと憧れていた公生に近づくために、
公生の親友を、好きなふりをして近づく。
公生を好きな同級生を、傷つけないためにも。


先が短い命となれば、後悔はしたくない。
清く正しく生きるのが理想でも
こと恋に関しては、未練は残したくない。


けれど
好きに免じて、全てが許されることでもなく
でも、それは想いが強いからで……


[かをり]が、公生に宛てた手紙の中の
ありがとう、ごめんね……には
目頭が熱くなった。


▼▼▼


バイオリンとピアノと言えば
私のテッパンは、クロイツェルソナタ
(アニメにはあったらしい)


男女のシンパシーまで暗示させるという名曲♪で
公生と[かをり]の共演を
見てみたかったナ♪


音楽と君への想いに嘘はない。
本気だから☆(^_-)-☆




にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




blogramで人気ブログを分析






テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

映画『ブルックリン』★回り道すればこそ知る身も心も帰るべき場所

T0014005q.jpg


作品についてhttp://cinema.pia.co.jp/title/169529/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。


1950年代のアイルランド。
エイリシュは、仕事と夢を求め、つてで
アメリカ:NYのブルックリンに渡航する。


アイルランド系移民の、多い地区に住んだとはいえ
エイリシュは、ホームシックになりながらも
仕事を得て、やがて、恋人もでき
入籍もする。


そんな折、故郷で、姉が急死。
エイリシュは、帰郷する――


故郷を離れたことのある人には、自分を重ねながら
結局は、タイトルどおり
ブルックリンの夫の元へ戻るんだよね……と思わせつつ
微妙な女ゴコロが、見どころなのでしょう。(^_-)-☆


▼~▼ 以下、内容にふれて雑感です。

▼▼▼


1.故郷(田舎)の閉塞感


田舎にいると、都会に憧れます。
(例:吉幾三さんの『俺ら東京さ行ぐだ』)
幼馴染もいるけれど、仕事も欲しい。


エイリシュの田舎は、
意地悪な雑貨店の女主人ミス・ケリーが仕切っていて、
お客は、売って頂いている状態。
(『大草原の小さな家』のオルソン夫人と似ている)


このミス・ケリーが、田舎の重苦しさの象徴のようです。


2.ブルックリンへ


不安と期待を秘めながら、船でわたるエイリシュ。
(船でのことは伏線となって、あとでまた
彼女の経験値を見せることになる)


慣れないうちは、ヨソモノだけど
軌道に乗って、若さの柔軟性で
都会の海をうまく泳げるようになると
都会は、快適な場所になる。
(故郷の姉との文通も、心強い)


そんなある日、エイリシュは、恋に落ちる。


お互いのこと(過去)を知りたいと思いながら
若い二人の視線は、ともに歩む将来にある。
二人は、入籍する。


3.帰郷 ←ミソ☆


そんなある日、姉の急死で帰郷したエイリシュ。
哀しくも、久しぶりの懐かしい故郷☆


その時、帰郷者の目に映るのは、“今”の風景ではない。
むしろ、昔の思い出の故郷を見ていると言っても
過言ではない。


懐かしむとき、過去には見出せなかった“良いコト“を
心のどこかで、今、探そうとはしないだろうか。
やはり、故郷は自分にとって、良き場所であってほしい…
(離れていれば美化もされる)


だからなのか、時間を巻き戻したい気持ちなのか
エイリシュは、自分がすでに人妻であることを
誰にも言わず、旧友と、昔以上に楽しく過ごしてしまう。


けれど
自分だけが、過去の自分に戻ったような気分でも
ずっとそこに住む旧友たちは、昔でなく今に生きている。
(年頃の青年は、ソノ気にもなる)


そのギャップを、エイリシュはどうするのか?と思っていると
例のミス・ケリーが、やってくる。
地獄耳の彼女は、エイリシュが人妻だと知っていたのだ!


そのとき、エイリシュは目が覚めた。
ノスタルジックな夢から――
懐かしくも美しい故郷という願望から――
(まさに、古里は遠きにありて思うもの…)


4.再びブルックリンへ


人妻エイリシュは、当然、夫の元へ帰ります。
その再会とも言える帰宅シーンが、また、意味深☆
(ポスターにもなっています)


彼女が、一目散に夫の元へ駆け寄る“演出”でなく
一息の間を置くように、壁を背にして立ってみせます。


それは、
今までの人生を、ちょっと俯瞰していたかのようでもあり
ひととき、独身のふり?をしたことへの気の咎めのようでもあり
改めて、この人と人生を始めるのだと言う覚悟のようでもあり…
複雑な女ゴコロを、言い表すのは、ムズカシイ…


けれど、夫の元に駆け寄ったエイリシュは
文字通り、身も心も彼に飛び込んでいたはず。
心のどこかにあったかもしれない、
懐かしさとも違う、故郷への“引っかかる想い”は
もう、吹っ切れていたと思うから。


彼女は、ブルックリンにではなく
愛する人の元に、帰ったのだ!


▼▼▼


人生をともにする――
そんな人と出逢えた街―ブルックリン―


そして、
そのことが本当に意味するものを
改めて、噛みしめることが出来た街――


私は、人生を預けられる愛のあるところへ帰る――


回り道すればこそ、本当に見つかる。
身も心も、丸ごと自分の帰るべき場所☆



にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




blogramで人気ブログを分析



テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

映画『キング・オブ・エジプト』★神ホルスが目玉と王位を取り戻すwithプシュッ!

T0020985p.jpg


作品についてhttp://cinema.pia.co.jp/title/169461/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。


ジェラルド・バトラーが、悪玉セト王になるので
気になっていました☆
(演出は『300』っぽくはありません)

1 太陽神:ラー(2&3の父) 
2 オシリス(兄)参考 
3 砂漠の神:セト(弟) 参考
4 天空の神:ホルス(2の息子)参考


エジプト神話を元に、4Dで楽しめる
アトラクション型ムービーです!
(初めて4D体験しました)


神話も諸説ありますが、今回は――
ホルスの戴冠式の途中、叔父のセトが乱入!
兄オシリスを殺害し、ホルスの両目を抉り取って(!)
力をそいだセトは、ホルスに代わり、暴君として支配。
一方、恋人をセトの家来に殺された盗人ベックは
恋人を甦らせるべく、ホルスに神頼みし
目を捜し出そうとする――


Vsセトをめぐるバトルを、楽しんでください!
水しぶきはたまりません!(>_<)
油断してると、プシュッと来ます。
最後まで油断しないで……^^;


▼~▼ 以下、ちょっと雑感です。

▼▼▼


1.レタスのこと


知恵の神トートが、ブツブツ言っているシーンで
レタスが出てきます。
なぜレタス?と思いますが(↑セトの参考を参照あれ)
セトがらみで、惚れ薬でもあったレタスを
さりげなく出している….ニクイ!(>_<)


2.スフィンクスの謎とき


謎ときは、ギリシャ神話のエピソードです。(参考
本作にも登場☆


謎が解けなければ殺す……というのは一緒(のはず)。
今回は、知恵の神トートもいるので、楽勝か?と思いきや
トート間違える……(―_―)!!
けれど、どさくさか、すぐには殺されない^^;


ホルスが、正解して、コト無きを得ます。
ちなみに問題は、足が何本—―というのではありません。


3.ラーは夜な夜な…(汗)


加勢が欲しいホルスは、祖父であるラーに
逢いに行きます。


ラーは、天空のお城に住んでいなくて
宇宙を航行する船に、乗っています。


しかも、逢いに行ったとき、なにやら
刃物を鍛えているような…….


すると、宇宙から、黒い巨大バケモノ(アポピス?)が
攻めてきます!
撃退するラー☆←コレも激闘
実は、このバケモノは、毎晩やってくるらしい….(―_―)!!
毎晩、地球を守っているという、ラー。


あとでセトが、ラーのような絶対神になっても
毎晩、バケモノ退治する羽目になるのは、
御免だ(>_<)ーーのようなことを言う。
確かに…^^;
私は、平凡な人間で良いと思いましたョ^^;


▼▼▼


アドベンチャー体感作品と割り切って
闘ったり逃げたりのガタガタ&ドキドキと
水しぶき☆プシュッ!を楽しみました。


もちろん、ハッピーな奇蹟も
ちゃんと起こります(^_-)-☆



にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




blogramで人気ブログを分析




テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

映画『グランド・イリュージョン 見破られたトリック』★鮮やかなショーを楽しむwith復讐劇

T0020906p.jpg



作品についてhttp://cinema.pia.co.jp/title/169681/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。

ジェシー・アイゼンバーグが、降る雨を止める予告を見たときに
彼らのイリュージョン・ショーを絶対見たい!と思っていました!

前作の続編です。

イリュージョンを魅せる4人の“4ホースメン“よりも
ストーリーは↓彼らが握っているかと。
(前作の復讐劇を今回も引きずる)

・ディラン:マーク・ラファロ☆
・サディアス:モーガン・フリーマン~濡れ衣で
・ウォルター:ダニエル・ラドクリフ
・アーサー:マイケル・ケイン


序盤の4人のショーが完結する前に
“見破られた“4人は、ウォルターの前に連れてこられる――


▼~▼ 以下、内容ぼかして雑感です。(ネタバレ御免)

▼▼▼


1.ディランとサディアスの関係


サディアスを父の仇と思うディランは
前作で、サディアスに冤罪をかぶせました。
サディアスは、今回、“復讐”を仕掛けます。


が、サディアスと父との関係は
ディランの知らない部分もあり
“仇“と割り切れない関係で、次にもつなげそう。


2.ダニエルくん♪


ダニエルくんは、vsマジックで、科学を信奉する立場?
らしいですが、それほど、科学を強調する印象もなく^^;
4ホースメンに、あるチップを盗んでくるように脅すので
4ホースメンのイリュージョンが、際立つ…(―_―)!!
(ダニエルくんには、いざとなれば魔法があるゾと、つい思ってしまう^^;)

そんなダニエルくんも、前回、4ホースメンに
ギャフンと言わされた“父“の仇を討つべく
4ホースメンに仕掛けるのですが……
“返り討ち“のイリュージョンに遭い
父からも、非情な言葉が……orz


3.イリュージョン☆


チップを盗み出すときの
4人の連携プレーは、鮮やかで面白い☆


すぐ目の前にあっても、
目にも止まらぬ早業で、目くらまし。(>_<)
裸になっても、見つかりませんね…


路上での各人のパフォーマンスも!
(雨を止めるの好き☆)
タイミングとスピード感!
そして、魔法のような消え方……


(監修のデビッド・カッパ―フィールドには
いずれも可能らしい…….ぜひ生で見てみたい)


▼▼▼


ひょいひょいとスピードに煽られ
随所で、スゴイものを魅せられて
ソレだけで、楽しい☆


ストーリーの軸は復讐劇か!?と思わせつつ
モーガン・フリーマンが、“だけじゃない“深みを残すので
次回もあれば、きっと観ます!(*^_^*)





にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




blogramで人気ブログを分析


テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

プロフィール

yutake☆イヴ

Author:yutake☆イヴ
こんにちは☆
使い方がよくわかりませんがヨロシクお願いします。^^;

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
PVアクセスランキング にほんブログ村
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア