fc2ブログ

映画『ミステリと言う勿れ』☆菅田=整くんに満足!心ととのう(^^)/

キャプチャ


作品について https://www.allcinema.net/cinema/386480
↑あらすじ・クレジットはこちらを参照してください。

・久能整(ととのう): 菅田将暉☆ 

TVシリーズの菅田=整くんのキャラが好きで
今回、整くん会いたさに鑑賞☆(^^)/

たまたま訪れた広島で、遺産相続にまきこまれる。
金田一さんと違って、依頼されて来たわけでなく
巻き込まれ事故?のような感じで、関わっていくのがミソ☆


▼~▼内容にふれて雑談です。
▼▼▼

1.いとこ4人

祖父の死後、子供4人がすでに“事故死“しているので
その子=いとこ4人のうち1人だけが相続できる。。
(4人で分ければいいものを……)

広大な敷地にある4つの蔵をそれぞれ割り当てられ
“お題”を解いた者が、相続できる。
始めは、警戒・牽制していた4人だが
“あるとき“から、協力しあうことになる。

整くんは、4人のうちのヒロインに
“護衛”と謎解きを頼まれるが
ヒロインが自作自演で、“被害者“になっていることに気づく。
アレ?種明かし早くない?と思ったら
コレは、ジャブ☆

謎をこねくり回すうちに、整くんには、見えてくる……(^^)/


2.整くんの語録☆

謎解きも興味を惹かれますが
やはり、魅力は整くんのキャラ、
ちょっとこだわり強くて、理屈っぽいが
核心をついている……

“女の幸せ“への反論のくだりは、同意。
昭和おじさん?の男尊女卑的モラハラ夫婦観には
私も、閉口してる……( 一一)
(面と向かって反論しないけどサ、面倒だから)


それと、子供は固まる前のセメントと同じという件。
子供の可能性と繊細さを、よく言い表してる。
幼いときの体験が、記憶のなかに
あたかも、タトゥーのように刻まれて
無意識にも、苛むものになることもある……

謎解きへの真相に近づく中で
過去が、掘り下げられていくときに
見せられる“痛み“……

そんな痛みに、整くんの存在が
中和するようで、良き☆


3.芸術ムード♪

いつもマフラーを巻いてるとか
カレーへのこだわりなども
整くんというキャラを、作っているけれど
整くんが、美術館で、芸術を堪能するのが好き
という設定が、好き☆
作品のBGMも、クラシック音楽を多用するスタイルも
芸術ムードが、私の中で、勝手に高まって良き☆(^^)/

なんだろう…
菅田さんの整くんは、絶品!別格☆
飄々として、マイペース。
災難?に巻き込まれる、運命の弱さを感じさせつつ
しなやかなのか、芯は強いんですよ。
(ソレが、存在感の強さなのかナ)

だから、始めは、なりゆきに流されそうな整くんが
段々、骨太な頑丈さを発揮し、心強く、頼もしくみえる。
彼の独特の風情が、芸術的でもある!(^^)/

彼の個性でもある、“天パ“が、今回
キモになるのも、ニクイ☆(^^)/


▼▼▼

ミステリーものは、謎解きにワクワクしますが
本作は、菅田さん演じる、アノ整くん見たさで見たけれど
よかった!(^^)/

個人的には、いとこの1人が
町田啓太さんだったのも
なじみの警察の面々が
最後に〆てくれるのも、良き☆(^^)/





にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

映画『サンセット大通り』☆大女優の孤高の狂気(ダメだこりゃ…)

キャプチャ


作品について https://www.allcinema.net/cinema/9281
↑あらすじ・クレジットはこちらを参照してください。
詳しいウイキ 


・監督: ビリー・ワイルダー☆
・ノーマ: グロリア・スワンソン☆  サイレント映画の大女優(本当に!)
・ジョー: 売れない脚本家
・アレックス; ノーマの執事 

ジョーが、借金の取り立てから、車を守るため
逃げこんだのは
サンセット大通りにある、ノーマの豪邸だった。
帰るあてもないジョーは、豪邸に“居候”することにー

本物の大女優:ノーマ=グロリアの
女優としても、熟女としても、凄みがスゴイ…
若いツバメことジョーは、生活も命も
逃れられなくなった……汗。


▼~▼内容にふれてダラダラ雑談です。(ネタバレ!)
▼▼▼

かつては、一世を風靡した人が
いつまでも過去の栄光を引きずっているのは
みっともないものーと、理性ある若者は
思うのでしょう……
(この頃は、老害とも…(>_<))

トーキーになっても、サイレント映画の栄光の事実は
消えたわけではない。(ただ、忘れられただけ…)
けれど、時代とともに、年とともに
何もかもが下降していくのは、世の常…orz

自分の花が枯れていくさまを、人に見せないように
ソコで時間を止めるように
いいときに、引退・勇退するのが、いいのかナ……

しかし、“夢遊病者“のようなノーマは
夢をもう一度!と願い
自作の脚本『サロメ』で、カムバックを試みる。
そうしたら、撮影所から連絡が!(^^)/
用件も聞かずに、現場に行ったら
古い知人が、もてはやしてくれて
なんだか、ソノ気が高まったノーマ!(^^)/

けれど、本当の要件は
ノーマが乗ってきた“クラシックカー“を
撮影用に借りたいだけだった………orz
とても、ノーマ本人には言えず
ノーマは、『サロメ』の撮影にそなえ、エステにいそしむ。

居候のジョーは、ノーマに気を遣っていたが
そんな若い男が、いつでも自分の傍にいたら
熟女として、うれしくないことはない……(^^♪

“愛“をふりまく、ノーマですが
アノ執着と束縛は、愛ではなく、淋しさですよ……汗。
(愛猿が死んだばかりだし……)
だから、湿度が重たすぎて、鬱陶しい……( 一一)

挙句の果てに、ジョーに“拒まれたら“、自殺未遂!?
(今までに、何度もリストカットはあったらしい)
心が不安定なのは、安定した愛に満たされた実感がないからか?
ソレにしても、いちいち死なれても困るョ……( 一一)
ジョーは、ノーマの元に戻りながらも
新しい脚本にも、とりかかるが
友人の婚約女性と組んだので、ややこしくなる…

~中略~

ノーマとジョーの危うい関係に、気をとられていたが
化石の大女優を存在させていた、“愛の魔王“を知った、

「マックス!」と、いちいち用事をいいつけ
信頼しきってきた、ノーマ。
そんなマックスの正体に、ビックリ!

彼は、ノーマのデビュー作を撮影した映画監督で
最初の夫だという。
女優生命も、結婚生活も、流転の果てのノーマを
執事として、ずっと支えてきたという――――
今でもいつまでも、人気女優であるために
ノーマへのファンレターも、毎日、書き続けているのも
彼だった……(涙ぐましすぎる)…
ああ、捨てる神あれば拾う神あり……

そんなマックスの大きな愛を知ればこそか
ジョーは、ノーマの“若いツバメ”をやめ
自由に愛の翼を羽ばたかすべく
出ていったーーーー
そうしたら、ノーマに撃たれてしまった…………

(作品は、ジョーが亡くなるまでのいきさつを
自分で説明するように、進んでいた)

“殺人事件“で、警察やマスコミが
ノーマの邸宅に押しかけてきたが
ノーマは、ピンと来てない感じで…(汗)。

しかし、事件の撮影カメラに反応した女優魂!
ノーマは、『サロメ』の撮影だと勘違いし
サロメになり切って、悠然と階段を降りたーー
周囲は、奇異の目で呆れつつも (ダメだこりゃ…(>_<))
大女優の生の鬼気迫る迫力に
圧倒されたようでもあって…………………………
 
題材『サロメ』がニクイですよ。
好きな男を殺させた、いわば狂女。
愛するジョーを殺したノーマ、そのまま。
ゆがんだ愛の果ての、悲しさョ………

とっさに、撮影の指揮をとったアレックスにもまた
ノーマへの底深い情熱があるのも、切なき………


▼▼▼

落ち目なのに、よくやるよね……汗。
そう思われるのは、やるせない……orz
時の移ろい、世間の心変わり
自分自身の劣化……、しゃーないですヮ……( 一一)

「私は大女優よ。小さくなったのは映画のほう。」
よく言った!(^^)/
「(ノーマは)まだ生きていたのか?」
失礼な!黙らっしゃい!(>_<)

みじめな末路を、憐れなままにせず
孤高の狂気に変えたのは、アッパレ!\(^o^)/
見事な、ダメだこりゃ………….( 一一)




にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
にほんブログ村

テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

映画『洋菓子店コアンドル』☆ビタースイートな風味良き!

キャプチャ


作品について https://www.allcinema.net/cinema/336970
↑あらすじ・クレジットはこちらを参照してください。

・なつめ: 蒼井優☆  鹿児島から上京 実家がケーキ屋さん
・依子: 戸田恵子    コアンドルのオーナーパティシエ
十村: 江口洋介  伝説のパティシエ (なのに…( 一一))

彼氏が修行中のコアンドルに、やってきた“なつめ”だが
彼氏は、とっくに辞めていた。
なつめは、コアンドルに、住込ませてもらうが
作ったケーキは、ダメだしされる――

洋菓子店に迷い込んだ乙女が、修行して
コンクールに優勝するわけではないです…

なつめ=蒼井さんの強引さが、強ッ!(>_<)
あのインパクト大の性格で、ずーっと行くのは
なつめの若さゆえか………(^^♪

展開の着地は、意外なところに☆(^^)/


▼~▼内容にふれて雑談です。
▼▼▼

1. 自信過剰!?(汗)

自信過剰なのか、思い込みが強いのか
あるいは、ただの世間知らずか……( 一一)

別れを告げられたことに、気づかず?
“元“カレを追って、連れ帰るつもりのなつめ….
自分本位は、お菓子作りにも。
ダメ出しされて、修行中なのに
先輩(江口のりこ)に、生意気な態度も……(>_<)
自信?というか、自分の世界しか見ていなくて
思ったことを、そのまま言ったり、やったりしてるよう・
素直?素朴?(^^♪

蒼井さんの、ちょっと健気に見える風情がニクイのよ。
まさlか、こんなに面倒くさい(汗)キャラ女子なんて!(>_<)
でも
うざったいような(汗)、そのまっすぐさで、
動かされるモノがある。


2.オーナーの怪我!(>_<)

大口の仕事が入った矢先に、オーナーが怪我で入院!
手が使えなくなる。(>_<)
じゃあ、代わりに誰かーとなるのはむずかしく
閉店することに!!(>_<)

個人商店だと、親方がコケたら
皆、コケたーになってしまう……orz
店員の生活も、危うくなってしまう……
コレは、深刻な問題ですョ…

そんなとき、伝説のパティシエ:十村に
困ったコアンドルを助けてほしいと
頼み込んだのが、なつめだった!


3.十村(のタバコ……)

序盤、菓子作りの講師をしていた十村に
喫煙シーンがあった。
パティシエなのにタバコ?と思ったのだが……
(タバコは、味覚に影響しそうで…)

十村は、コアンドルのオーナーと、修行仲間だったらしい。
あることがきっかけで
パティシエをやめ、ライターや講師をしていたのだがー

あることの真相がわかってくると
パティシエをやめたのは、厭世観のようだった。
タバコは、諦観やタソガレ感?の表現なら
なんか、うなづけるかな……

今、オーナーが怪我をして、店が危機のとき
伝説のパティシエが、黄昏れたままなのは
宝の持ち腐れ!
ナニサマな態度で接していたなつめだったが
店のため、十村に助けを乞うた。


▼▼▼

がんばって勝利をつかんだ!的な
爽快なサクセスストーリーではないけれど
日常には、ボチボチ困難が生じて
ソコソコ解決してくれると
世間的には小さい事でも
安堵や達成感は、案外、大きいもの☆

戸田恵子・江口のりこ・加賀まりこ~さん
パンチあるお姉さま方を相手に
骨太に(生意気に(^^♪)、太刀打ちした蒼井優さん♪

ビタースイートな風味が良き☆(^_-)-☆



にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
にほんブログ村



テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

映画『こんにちは、母さん』☆ソコに残っていた母の幸せ!(^^)/

キャプチャ


作品について https://www.allcinema.net/cinema/385051
↑あらすじ・クレジットはこちらを参照してください。

・福江: 吉永小百合☆     隅田川近くの足袋店  未亡人
昭夫: 大泉洋☆        人事部長

家庭にも仕事にも問題を抱えた息子が
用事がてら、久しぶりに実家に顔を出した。
足袋店の傍ら、ホームレスへのボランティア活動をしている母は
仲間の牧師に、“好意”があるらしかったー

吉永&大泉の親子の姿が、気になって鑑賞☆
大泉さんは、中年の“悲哀”を抱えた姿が絶妙!
存在感と苦悩の重みはあるのに
軽妙(コミカル?)なので、救われる♪(^^)/
吉永さんは、終始、柔らかで優しい物腰で
安心します。(*^-^*)

と言いつつ、大人の親子には
若者にはない“パンドラの箱”があるように見えて……?


▼~▼内容より雑談です。(ネタバレ!)
▼▼▼

1.福江のこと

:一人で、店を営み、ボランティアにも励む。
自宅は、ボランティアの“集会所“でもあり
人の出入りあり、牧師との関係も良き☆

高齢者というには、吉永さん(福江)は、若々しい☆
けれど
..死よりも怖いのは、“寝たきり“だというのは
心に刺さった………
いくら元気に見えても、高齢の独居は心細い。
福江には、それが身に沁みるのか
老ホームレス(田中泯さん)を、特に放っておけない……

母の元から家出した、昭夫の娘が身を寄せたり
妻子と別居してから
昭夫も、ちょくちょく来るようになり
福江の家は、にぎやかになってきたが
それも、いつまでかはわからない……

隅田川の観光船に、初めて(牧師と)乗ったという福江。
近所だと、いつでも乗れると思って、乗りませんよね。
嬉しかったのに、牧師の“転勤“を知り
“失恋“した福江……orz

ところで、私の祖母は、浅草の“はずれ”に住んでいた。
話し言葉は、“ひ“が”し“になって
お姫様は、おしめさま。東は、しがし。
紐は、しぼ(!)の
チャキチャキの江戸っ子☆
宵越しのカネは持たないーじゃないけれど
月末はツケで買ってたと、母が言っていた。

それからすると、福江の雰囲気は
私の知っている、江戸っ子おばちゃんではないけれど
今は、そんな感じなのかな……
(シボなんて言わないか………)


2.昭夫のこと

人事部長として、同期の親友:木部のリストラも、やむなし…orz
しかし、切羽つまった木部は、昭夫を恨み
昭夫の実家にまで押しかけたり
会社で暴力沙汰まで起こし、懲戒解雇の危機に!(>_<)

ソレをかばう“処理“をしたら
かえって、昭夫が、クビになってしまった!!!!!
その昭夫をかばう人は、誰もいない…orz
え?なんで貧乏くじな!(T_T)

さらに、別居中の妻には、恋人がいるらしく
昭夫は、離婚することに……
え?拾う神はいないの??(T_T)

母親が、牧師に好意を持っていたことも、ショックだった昭夫だが
ソコは、親も自分も“大人“なんだし
母親がずっと“母“のままでは、辛いこともあるよ………orz


3,ホームレス・田中泯さん   いのさん?

文字通り、屋根つきの住まいのないホームレスさん。
収集した缶を、お金に換えている。
生活保護を受けない意地をもっている。

印象的なのは、自転車にいっぱい缶を乗せた彼が
倒れてしまったとき
かけよった福江と牧師に、(水のほか)頼ろうとしなかった。
一人でできなくなったら、終わりー
助け合うことは、上から目線でも、甘えでもないけれど
今、一人の状態を維持できなくなることが、恐怖なのか……

そんな悲しみを感じさせる強さをもつ彼を
牧師は、彼こそ“天使“なのかも…と思うのがイイ☆
田中泯さんの魅力なのか
常人にはないような、生きる強さは、神々しさでもあって
神さまに守られているような気さえ……

~中略~

4.パンドラの箱?の底?

私の印象は、息子も母親も、終盤には
悲しみの坂を下っていったように……orz
息子は、職を失い、妻を失い(家族崩壊)
母は、純愛を失った……
(駆け落ちも、できなくはないが……)

しかし、多々、失ったがために、息子は
実家に戻り、母と暮らすと言った!!!(^^)/
表情が明るくなった母!(^^)/

↑コレ、母親は、何よりうれしかったはず!!!!
昔、学生時代の長男が、急に帰省すると連絡をよこしたとき
私は、疲れがいっぺんに吹っ飛んだ!!!(^^)/
子供が、帰ってくれること、一緒に生活してくれることー
それは、すごくすごく、うれしい!!!!!!!
一人暮らしが心配かどうかじゃなく
一緒に居てくれることが幸せなんです!!!!!!(^^)/

失恋が悲しくて、ヤケ酒していた福江だが
息子の同居で、悲しみは吹っ飛んだでしょ!!(^^)/
幸せの景気づけをするかのように
外では、花火がドーンドーンと、大輪の花を咲かす☆

ああ、パンドラの箱の底には、希望があるというけれど
親子同居が決まる展開、最高じゃないですか!!!!

ついででナンですが、田中泯さんホームレスさんにも
幸せがありますように☆(^^)/


▼▼▼

中高年の母子の物語は
私には、身近なことでありつつ
飽きることなく、見入ってしまった。

幸せは、花火のように、あっと言う間に
消えてしまうものなのかもしれないけれど
それでも、ないよりイイ☆

うれしい希望を、ありがとう☆(^^)/



にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
にほんブログ村


テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

プロフィール

yutake☆イヴ

Author:yutake☆イヴ
こんにちは☆

フリーエリア
PVアクセスランキング にほんブログ村
フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
フリーエリア
フリーエリア おすすめ映画
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR