お互いにがんばりましょう!

映画「マーダーボール」のレビューの中で、
“自分は人を励ますために、競技をしているのではない”
という言葉を引用しました。
確かに、自分が自分のためにしていることではあっても、
それが、誰かのためになったり、ひいては、
また自分に返ってくることがあります。

10年前、腰の手術をしまして、
動かなくなった左脚のリハビリをしていた時のことです。
手術前から、100%完全には治らないと言われました。
(事実であっても、はっきり言われると悲しい….)
よくて80%ということでした。
100%でなくても、せめて85%・90%を目標にしようと思いました。
(80%と言われているのにね)
ベッド上で出来る背筋・腹筋運動も、暇さえあれば(暇です)ずっとやり続けて
歩行器で、病棟内を歩けるまでになりました。
早く、歩けるようになりたい一心で、暇さえあれば(全く暇です)
グルグルと廊下を歩いていました。
あるとき、食堂で食事中、話しかけられました。
「いつも、廊下を歩いていますよね。あなたが歩いているのを見ると、
私も、がんばろうと思うんです。ああ、また歩いてるなあって。」

もちろん、私が廊下を歩き回っていたのは、自分のためでしたが
私を見て、がんばろうと思う人がいたことは、
素直に嬉しかったです。
そして、そんな言葉を聞かせてもらって、
私も、がんばろうと思えたのです。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yutake☆イヴ

Author:yutake☆イヴ
こんにちは☆
使い方がよくわかりませんがヨロシクお願いします。^^;

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
PVアクセスランキング にほんブログ村
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア