FC2ブログ

映画『あの胸にもういちど』★美女と美男の耽美か…雑感です。

       148307_3.jpg
               

作品について http://cinema.pia.co.jp/title/11612/
↑あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。
あらすじです。http://movie.goo.ne.jp/contents/movies/MOVCSTD6389/story.html


耽美的な作家アンドレ・ピエール・ド・マンディアルグ の
小説『オートバイ』の映画化です。
美男(愛人) アラン・ドロンと 
美女(人妻) マリアンヌ・フェイスフルの物語。

結婚祝に愛人から贈られたオートバイに乗って、
幼な妻レベッカは愛人に逢いにいった…
ベタッとしたサイケ&チープな光が、場末の劇場のような淫乱さを演出しながら…

~~~

耽美とは、便利な言い方です。
もし、冷静に作品を観てしまったら
レベッカ奥さん大丈夫か?と思うかも……^^;。

美をどうとらえ、扱いましょうか。

そこにある美として、幼な妻レベッカ(=マリアンヌ・フェイスフル)が
裸体を黒スーツで包んで、
与えられたオートバイにまたがって、独白と妄想にふける
そのアップの映像だけで、イケてます。

マリアンヌは、ルノワールの肖像がから出てきたような
妖精のような柔らかさを持った、お嬢様風の可愛らしさです☆
その彼女が、まだ学生のままなら清楚なお嬢さん♪なだけ(?)なのでしょうが
10代の若妻(確か^^;)と言う設定ですから、それだけで、妖艶さプラスです。
さらに、新婚の夫より、国外のイケ面~アラン・ドロンに、ぞっこんで
まさに、逸る気もちにブレーキはかけられない(>_<)!という
不適切な関係なのですから、もう……(>_<)

耽美とは……言い訳なんだと思います………。

美しいモノが、グチャグチャに溶け崩れていく
(過熟の果物が、芳香をプンプンさせながら腐りつつあるような)さまを
いかに、美しく見せるか、美しいと感じさせられるか
美しいと思い込ませるか……
そう“感じ”ないと、ダメなんです。のめりこまないと…….

その点、マリアンヌのみならず、アラン・ドロンを置いたのは、美し過ぎます>>
(それは、それでいいのですが(*^_^*))
美しきモノは、何をしても、自浄作用があるので、見苦しさが
軽減されます。
ドロンだから、彼女のジッパーをくわえて降ろしてもいいんです。
いやらしくない。

大学で教鞭をとる彼は
「フリーラブとは?」などと言う話を、学生に進歩的に語り
彼は、ただのプレーボーイではなく、学問ずくだよ、という背景が、
この不倫関係が、安っぽくならないための、
美しさを保つ言い訳のようにも思えます。

けれども、ドロンがイケ面すぎるからか、やはり、可愛いすぎるマリアンヌが
プレーボーイに弄ばれてしまってる感が、否めないのです。(>_<)

見た目の美を重視すれば、アラン・ドロンOKです。
彼女とのバイク二人乗りシーンは
それだけで、目をひくポスターになるでしょう。

でもでも、もっと、ギリギリの美に挑戦しようとしたら、どうでしょう?

この美女がぞっこんの相手が、美しいというカテゴリーには入りにくい、
年配のオジサマだったら……??
多分、彼女のファンからは非難轟々でしょう。
オジサン、見苦しいゾ(>_<)と、座布団が飛んでくるかもしれない……

一方、そんなオジサンなら、ドロンが匂わせるプレイボーイ臭はなく、
むしろ、レベッカの僕か信奉者に見えてくるかもしれません。
さしずめ、レベッカ=マリアンヌは一体化しながら、聖女になるでしょう。
耽美が昇天するようなイメージです。

美しさとは遠いところにいるオジサンによる
崩れそうで崩れない、ギリギリの美を、
そんな形で描いても、面白いんじゃないかな~などとは
私の独白です。座布団投げないでネ……^^;

さて
一人、バイクに乗って、国境を越えて、愛する彼のもとへ走るレベッカ。
国境が、越えてはいけない二人のラインのようで、面白い。
しかも、簡単に通してくれない係官。
こんなところまで、ドキドキさせる。マリアンヌは美し過ぎる。

これに乗って俺に逢いに来いと、言わんばかりに挑発的な
オートバイの贈り物に、レベッカはまたがった。
彼女には、それ自身が、彼。
1つになって走る。

一人旅であっても、爆発しそうに恋する女の心は、彼の中にある。
独り言であっても、一人ではないのは、愛のささやき。
空想であっても、もはや、彼女の愛にとけた現実と一体化している。

ああ、こんなにも、こんなにも、あなたを愛することは、自由なの!!!
身も心も、あなたに羽ばたいているの…………

そして、レベッカの愛は、永遠になって終わる……
それも、耽美。


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yutake☆イヴ

Author:yutake☆イヴ
こんにちは☆
使い方がよくわかりませんがヨロシクお願いします。^^;

フリーエリア
PVアクセスランキング にほんブログ村
フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
フリーエリア
フリーエリア おすすめ映画
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR