FC2ブログ

映画『リアル・スティール』★作られた評価でなく“リアル”に…雑感です。



公式サイトです。http://disney-studio.jp/movies/realsteel/
作品についてhttp://cinema.pia.co.jp/title/155570/


元チャンピオンボクサーの父と息子を描いた『チャンプ』で感じた、温かいモノを思い出しながら
高評価の作品に期待して、鑑賞しました。

近未来。
より過激になった格闘技は、ロボットが行う時代――という設定。

ロボット格闘技で、かろうじて生計を立てている、元ボクサーの父が
元妻の死後、初めて、息子に逢う。
その時の二人は、“他人”だ。血のつながりしかない。

けれど
息子は、今どきの子らしく、格闘ロボットに詳しい。
経験とガッツと無謀?のみで、勝負している父よりも、豊富な知識。
ともあれ、“格闘ロボット”が、二人をつなぐ共通語になり、
2人の“格闘ロボット生活”が、スタートする。

この格闘ロボットたちは、ドラえもんのように、自分というものがないので
2人の仲をとりもつような、気の利いたことはしませんが(苦笑)
人の言葉や、動き(シャドー)を認識したり、真似たりできる。

↑コレが、まず、ミソ☆でした。

シャドーを利用しての“ロボットダンス”
息子とコラボしているのが、すごくイイの☆
「観客はショーが観たい」というセリフそのままに、見せられるものを見せてる感じ♪
激しい戦いの前の、遊び心★
ビートが加速しそうな、ダンサブルな音楽が、テンション上げてきます!

そして、デスマッチのような格闘シーンは、
リングサイドで応援するような興奮!

特に、父とロボットの動きが、シンクロして
相手ロボットをかますシーンは、気持ちイイ☆!!!
ロボットと父が、完全一体化with息子!

経験しかなかったような父の(失礼!)
でも、あればこその経験が、花を咲かせたというようなシーン。
(ボクのパパは最高だ!と息子も思ったはず。)

同じものに向かっていると、生まれてくる絆。
続けていれば、強まってくる絆。
理屈で無い、血のつながりが、もっと温かな血を、通わせる……

格闘ロボットの勝ち負けもだけど、
父子で、リングサイドで、1つになっていることのほうが大事……?
でも
やっぱり、勝負は勝ちたい!

そして、お約束どおりに、華々しく終わるのかと思ったら……
↓ここで、思う所ありました。(ネタバレです)


▼▼

それは、死闘を繰り広げた、彼らのロボット=アトムが優勢だったと
会場の誰もが思っているはずなのに、“判定負け”になること。
(おかしいでしょう????)

相手のチャンピオン側が、“勝ち”を作らせたというのは、ミエミエ……
「内容で勝って、判定で負けた」←アナウンサーもそう言うしかない……

でも、会場の興奮は、アトムへのエール。
形だけの判定なんて、なんの意味もない。

……このようなコトは、日常的にもありそうです。

表面的な評価は高くても、中身はどうなのかと。
そのときは低い評価しかされないもののほうが、内容的には高いこともあるように思えます。

操作された評価ではなくて
しっかり、内容を見れば、何が“本物”なのかは、わかる――

勝ち負け・良し悪しは、観た人の目で、心で、見極めればいい!
作られた評価なんて、いらない。


▼▼


そういう意味での“リアル”を、含んでいるのかは、わかりませんが(苦笑)
楽しめる作品でした。







関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

Re: こんばんは。

marrさん、こんにちは☆

ボクシング映画のいいところやロボットの利点など、よくブレンドされていて
面白い作品になっていたと思います。

ありがとうございます。

こんばんは。

ボクシングが凄く好きでこれ楽しみにしてるんですよ。
面白い設定ですが人間ドラマがメインのようで楽しめそうです♪
プロフィール

yutake☆イヴ

Author:yutake☆イヴ
こんにちは☆
使い方がよくわかりませんがヨロシクお願いします。^^;

フリーエリア
PVアクセスランキング にほんブログ村
フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
フリーエリア
フリーエリア おすすめ映画
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR