映画『突然炎のごとく』(1961年)★3人のバ〇モノ^^;(by村人)に見入ってしまう~雑感です。

作品についてhttp://cinema.pia.co.jp/title/7020/
↑あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。


原題『ジュールとジム』からは、うかがい知れない女性の存在~カトリーヌ~を、
邦題が見事に飾っています。
突然、炎のごとく、どうしたのか……?
その前に………

以前、実家の隣には、夫婦と夫の愛人が同居する、という奇妙なことがあったので親友ジュールと妻カトリーヌのところに、ジムと言う男性が同居してしまうという、この設定そのものには
驚きはしませんでしたが^^;、村人は、“3人のバカモノ“と呼んでいた、ということなので
この3人の状態が普通ではなく、正当化するつもりもないと言うことは、確認できます。

『ジュールとジム』は、カトリーヌという1人の女性を愛してしまうのですが
ジュールがカトリーヌと結婚します。
しかし、カトリーヌは、別の男性とも親しくなってしまい、失いたくないジュールは、親友のジムと結婚してくれれば
カトリーヌと別れても、離れなくて済むと思うのです。
(何を言っているか、わからないですよね………^^;)

ジャンヌ・モロー演じるカトリーヌが、恋多き女なのです。
結婚うんぬん、関係ないのです。
身持ちが悪い、と言えばそれまで……

いくら、捕まえようとしても、捕まえられない女性を、追い続ける男性たち。
その男性心理は、私には、わかりかねますが^^;
そういう光景、ありますよね…………。

たとえば、Aさんに気に入られたくて、Aさんのすることを肯定したり、絶賛したり
Aさんとの約束や予定は、何よりも優先して、
Aさんが、自分のほうを向いてくれるようなことを、気をきかしてやったりしたからといって
Aさんが、自分を気にかけてくれるわけでもなくて
ほとんど、Aさんとの約束にはルーズなのに
頼むときだけ、「Aさ~ん、〇〇してくれな~い?」と、馴れ馴れしい、B子のほうにばかり
Aさんは、合わせようとしていることに、気づくことがある。
(つまりは、自分より、B子に魅力があるから、と言うことなんだろうけど……^^;)


そのような、奔放=どこにどうなっちゃうかわからない=な女性のほうが、追いかけ甲斐が、あるのでしょう……か?


突然、心に隙間が空いてしまうようなカトリーヌの隙間を、気分しだいで
愛人や夫が埋めているような光景も
奔放というほど活発なものでもなく、自由恋愛というほど観念的なものでもなく
愛欲というほど、地獄絵図でもないのは………

もしかしたら、それが、女性の性(さが)だから??
と思えてしまうのは、ジャンヌ・モローの、強そうだけど、どこか脆そうな女性美のせいなのか?…………



「ねえ、ジム、話があるんだけど……」
自分に、特別な話があるんだ、とキレイな女性に言われたら、ついていってしまいますよね。
そして、その場をすっぽかされても、懲りませんよね……^^;
(個人的には、懲りてほしい……^^;。几帳面に、あなたを愛する人についていってほしい!)
だから、また、ついていってしまうの……

男性にしてみたら、あなただけよ、ひし!という女性は、重たいのかもしれませんが^^;
ヒョイヒョイと、男性を変える女性にも、注意ですよ。
なぜなら、そのような場合、自分はヒョイヒョイでも、相手には、それを許さないから。

あなたは、私だけのもの。別の女の存在は許さない。

だから、突然、ああなって終わる。
いつか、破綻しなければ終わらない……
三角以上の関係は、たいてい、そうなのかも……と思う。

奇妙だけど、見入ってしまう作品☆





関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yutake☆イヴ

Author:yutake☆イヴ
こんにちは☆
使い方がよくわかりませんがヨロシクお願いします。^^;

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
PVアクセスランキング にほんブログ村
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア