FC2ブログ

映画『ALWAYS 三丁目の夕日』★何十年もたって思うこと~雑感です。

公式サイト http://www.always3.jp/
作品について http://cinema.pia.co.jp/title/13396/


この雑感は、堤真一さんが、「東京オリンピックだああ~!」とおっしゃる『‘64』のほうではなく
第1作目のほうです。今頃、やっと、1作目を観賞^^;
実は、以前、途中で挫折してしまったので、2回目で、やっと終わりまで観ました。
1回目のときは、感動にたどりつけなかったのですが、今回、じんわりすることができました。
きっと、この感じで、2作目・3作目と続くのでしょうから
『‘64』も、きっと、温かいのでしょうね。

不思議なもので、何十年も前のことが、ただ、懐かしいだけでない、特別な愛着をもって
蘇らせたい想いに、最近、とみにかられています。^^;
その不思議さは、たとえば、流行歌。80年代あたり。
当時大好きだったアーティストはもちろん、そうでなかった人たちの曲まで
なぜか、聴きたくなるのです。

たとえば、マッチ。(近藤真彦さん)
自分は、ファンだったわけでもないのですが、友達がファンでした。
マッチというと、彼女のことを思い出し、当時のことが蘇ります。

昔のこと。ノスタルジーは誰にでもあるのでしょうが、昔を振り返るだけではダメだ!
もっと先を見ないと!とおっしゃる、前向きな方もいます。
それも、そうだろうと思います。

けれど、自分で美化しているかもしれないと思いながらも、あるときから、
無性に昔が懐かしく、昔のことを話したり、昔の歌を聴いていると元気になっている自分がいました。
これは、理屈ではないんです。

『‘64』のほうの、東京オリンピックですが、それにも、
特別な想いを抱いている年代の方は、いるのではないかと思います。



私のアルバムには、東京オリンピックの記念ハガキが、何枚か貼ってあります。
私は、赤ちゃんだったので、母が貼ったのでしょう。
戦後の日本復興から、ついには、オリンピック開催になったということが
大きな明るいニュースだったのだろうと思います。
最初の子供である私のアルバムの途中に、記念ハガキをはさんだのは、私の人生の途中に
そんな大きなニュースがあったことを、残してくれようとしたのかもしれません。



井戸水を組んで、土間で台所をしていた当時のすべてが、古き良き時代だったわけではないと思いますが
過ぎてみれば、いいことだけが思い出になると、昔、父が言っていたなあ~などと思うと
ただ、ノスタルジーの温もりだけでも、それはそれでいいんじゃないかと思えてきます。

さしあたって、2作目を観てから、3作目を観ると思いますので
だいぶ先になりそうです(笑)。





関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yutake☆イヴ

Author:yutake☆イヴ
こんにちは☆
使い方がよくわかりませんがヨロシクお願いします。^^;

フリーエリア
PVアクセスランキング にほんブログ村
フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
フリーエリア
フリーエリア おすすめ映画
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR