映画『僕達急行 A列車で行こう』★快速ペースで気持ち良く進行\(^o^)/~雑感です。



作品について http://cinema.pia.co.jp/title/155598/
↑あらすじ・クレジットはこちらを参照してください。


A列車で行こう』はジャズナンバーにもありますが
九州を走る急行の名前だそうで、作品も、東京から九州を舞台にしていました。
(移動はもちろん、鉄道で☆)


大好きな作品『(ハル)』の森田監督の遺作ということで、しんみりした気持ちになっていましたが、
冒頭の列車シーンに、すでに旅愁を誘われ、ドドンドドン……と、一緒に同乗した気分に……

あらすじ読むと、ゴチャゴチャしてそうでしたが
主演の2人も、周囲の人も、全体に急行というより、快速ペースのようで、適度にテンポよく、
思っていたより(失礼!(>_<))、楽しめました。
以下、雑感です。(内容にはさほど触れていないかと)




▼▼▼▼



① 「こだま」「こまち」etc.


鉄道ファンの2人・小玉と小町もですが、
「あずさ」「いなほ」etc、登場人物が、いちいち、列車の名前なので
次、この人の名前は何だろう?とワクワクしてしまいます。
「サンダーバード」に至っては、ムリな展開かもしれないけど、そうきたか~という感じです(笑)。


② 鉄道ファン・いろいろ


鉄道ファンと一言で言っても、そのフィールドは、広く深いのですね。
小玉は、金属に
小町は、聴く音楽に、ウンチクがあり、それぞれが “語る”語る……(笑)。
(ほかの方からは、駅弁も☆)

好きなことを“語って”いる人は、生き生きして、楽しさが伝わってくるからか
よくわからなくても^^;、雰囲気で、聞きこんでしまいます。

松山さんのセリフは、(ほかでもそうですが)
アドリブか?と思うほど、自然体なのが、いいです。(って、アドリブか?笑)


③ 鉄道~~趣味~~


作品では、鉄道の趣味が、というきっかけで、人脈が広がっていきますが
鉄道ファンである、某社長が
「社長になると 友達がいなくなる(だったか…)」
と言った言葉が シビアでした…

学生を終えて社会に出ると、仕事の自分が メインになってきます。
(仕事が趣味、というのもあると思いますが)
仕事上の友人というのもありますが、仕事には、どうしても損得が絡んでしまうこともあって
むずかしいものがあります……

仕事が究極の日常だとしたら、非日常に自分を置いてリフレッシュする、というだけでなく
趣味を通じて、違う職種の人と交流することは、自分の考え方や価値観ひいては生き方が
広がるのではないかな~と思います。
(個人的な実感でもあります(*^_^*))


社会に出たての頃、趣味は持ったほうがいいよ、と年配の方が仰ったことの意味が
しみじみ、身にしみてきた自分であります^^;。

芸は身を助ける――
非日常である趣味が、仕事(=日常の実益)につながるのも、結果的には、好都合なんですけどね。^^;


④ 線路は続くよ、どこまでも…人までも^^;


線路が続くように、シュミ友の輪が広がって、仕事も、私生活(融資、恋愛etc.)も
山手線のように、グルッと丸く、うまくまとまっていくなりゆきは、出来すぎですが
それで、いいです!(^_-)-☆

ポイント故障なし、脱線なし。
無人駅はあっても、つながっている人たちがいる……


▼▼▼▼

鉄道のことは、よくわかりませんが、瑛太のセリフ
「京急と一緒に、ブルートレイン走らせていいですか?」
この光景は、鉄道ファンにはたまらないんじゃないかと思いました。

あと、青春18きっぷ。
年齢不問なので、値段的には、非常に魅力なのですが、急行すら乗れないので(>_<)
時間と体力があれば、使ってみたい(笑)。








関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

marrさん、こんにちは☆

鉄道ファンでなくても、のどかな感じで楽しめましたよ。
ありがとうございます。

No title

鉄道にはあまり興味がなくても楽しめそうですね。
人とのつながりがどう表現されえてるのか面白そう♪
プロフィール

yutake☆イヴ

Author:yutake☆イヴ
こんにちは☆
使い方がよくわかりませんがヨロシクお願いします。^^;

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
PVアクセスランキング にほんブログ村
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア