FC2ブログ

映画『アーティスト』★サイレントだからこそ生きたラストの“♪”

157984_3.jpg

作品について http://cinema.pia.co.jp/title/157984/
↑あらすじ・クレジットはこちらを参照してください。


以下ヤフーレビューの転記です。

1920年代のハリウッドを舞台にした
モノクロ・サイレントの“フランス”映画なのに
アカデミー作品賞受賞ということで
もし、フランス語のトーキーなら
外国語賞だったかもしれないところを、英語でなく、
あえてサイレントにして、作品賞レースに食い込んだのかな 
などと思いながら、挑戦的な この作品を楽しみにしていました☆


『大スター・ジョージと新人女優ペピーによる
栄光と挫折と再生』ということですが
セリフが無い分、1シーン1シーンすべてが
魅せる演出でできていると思うくらいに
作りこまれた巧みな演出づくしで、かつ、サクサクとテンポ良かったです。

階段のシーンは、さりげなく、二人がすれ違ったと思ったら
ペピーが見下ろして、ジョージが見上げ……やがて
遠景になって、二人のその後を暗示する………

落ちぶれて困窮したジョージを、陰ながら支援しようとする
ペピーの“無言”の善意にも、じ~んとさせられたし
“言葉を話せない”愛犬が、ジョージを助けようと必死なのも
可愛くて、健気……
(このワンちゃんの占めるウエイトは思っていたより重い!☆)

~~人生の機微や哀歓が詰まっている~~

と言っても、重すぎず、シャレているんですね。
軽いのではなくて、軽やか♪(←ちょっと 物足りなく思われるかも…)

味わい深いコーヒーを、カフェで気楽に楽しむ感じで
広く、軽やかに楽しめる、小粋なエンタメ作品かと♪

ちょっと、雑感です。

▼▼▼

つけボクロ付けたペピーも、魅力ですが
ジョージが転落したスターというところに、興味を感じていました。

人は、絶えず新しいものを求めます。
進歩することは、もちろん、良いことで
前へ前へ、進んで、出っ張って(3Dになって?^^;)
過去は、過ぎゆく時間の 
砂時計の砂に埋もれていく運命なのかもしれません…orz

けれど、古いもの(ジョージ含む)は、
決して、時代から忘れ去られるものでもないと思っています。
あるとき、時代からはずれてしまったとしても、
このモノクロ・サイレントが、“新しいモノ”として
再び、時代のスポットライトを浴びたように、
“ジョージのようなモノ”たちも、いつかまた、軽やかにステップを踏んで
再生の日の目を見られるんじゃないか
との希望を感じられることが、嬉しいと思います。

逆に、誰もが、ジョージのように一世を風靡できるわけでもなく
地味に、それでも、なんとか生きているのだとしたら
人生そのものが、シックなモノクロなのかもしれないな~とも思ったり……

ところで、ジョージを初めて見たとき
あ、見たことある人だ!と思いませんでしたか?(笑)
(私は 『グランドホテル』のジョン・バリモアにそっくりだと思いました。)
往年のスターの雰囲気を、かもし出していて、昔の人かと思ってしまいました^^;

(見ているうちに、古い映画を思い出される方もおいでかと。
タップダンスは、
ジーン・ケリーのアクロバティックなすごいダンスを観たくなった!)


▼▼▼


モノクロ作品は、近年では(2006年)『グッドナイト&グッドラック 』が
アカデミー作品賞ノミネートされるなどして、
珍しくないと言えば珍しくないかもしれませんが
サイレントは、勇気ある“演出”だったと思います。

サイレントな分、BGMが良かったです。情緒を かき立てられました。
アカデミー作曲賞という事ですが、
作品賞受賞の大半を、BGMが支えていたようにも感じます。
(一部、パクリかオマージュかという話もあったようですが、
効果的ではあったかと……)

“サイレント効果”は、
声無き想いを語る、と言う、今までどおりのことだけでなく
ジョージと音(声)の関係を 強く印象づけました。

そして、意外に思えたラストシーンが良かった!☆(ネタバレか!?)

それは、冒頭シーンの (しゃべるもんか!)に呼応したようで
声無きスターであるジョージが、
心から “音”(声)を受け入れた瞬間のようでした。

そして、はずんだ息が、スゴクいい!!!
ジョージの“再生”の息吹のよう!
 
長いサイレントシーンがあればこそ、
ラストシーンで “音”が生きる……ニクイ演出です。
(監督が、“アーティスト”か……?^^;)


………ラストのタップダンスは、もう1テイク 観たかった(笑)☆



にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アーティスト

1927年、ハリウッド。 サイレント映画の大スター、ジョージとエキストラ女優のペピーは、短い共演シーンの中で互いの存在を意識する。 1929年、セリフのあるトーキー映画が登場するが、サイレント映画にこだわり続けるジョージは観客に見放され落ちぶれていく。 一方、トーキー映画の人気女優となったペピーは、彼を復活させようと陰ながら助力するのだが…。 白黒&サイレントで描くロマンティック・ラブストー...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yutake☆イヴ

Author:yutake☆イヴ
こんにちは☆
使い方がよくわかりませんがヨロシクお願いします。^^;

フリーエリア
PVアクセスランキング にほんブログ村
フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
フリーエリア
フリーエリア おすすめ映画
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR