FC2ブログ

映画『スノーホワイト』★ 白雪姫vsシャーリズ女王~存在感の分(ぶ)はシャーリズにあったような(*^_^*)

snow.jpg



作品についてhttp://cinema.pia.co.jp/title/157154/
↑あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。



≪継母・女王に毒りんごを食わされて1度死んだ白雪姫は
王子様のキスで蘇り、幸せに暮らしましたとさ≫

~~というのは、ディズニーの白雪姫でした。

今作は、その女王に戦いを挑む、というのが見どころらしいですが……さて

今までの「白雪姫」では、女王は、どうなってたのか、記憶が曖昧なことに気づきました。
・ 白雪姫の結婚式に招待された折、焼けた靴をはかされて、死ぬまで踊らされた
・ 雷に打たれて崖から落ちて死んだ
・ 割れた鏡が心臓に刺さって死んだ
・ 「とても恐ろしい目に遭ったので、言えません……」etc.
諸説あるので、この作品のなりゆきも、白雪姫伝説の1つになりそうです。

私は、シャーリズ・セロンの女王っぷりが 観たくて観ました。
美しさはゴールド級なのに、心根は、闇夜にカラスのブラック級。
たまりません! (^_^;)

まずは、私なりのポイントから……(ネタバレと思って…)

▼▼▼

①「白雪姫と狩人」←原題です

女王の命令で白雪姫を追う狩人は、斧を持った“マイティ・ソー”です。(笑)
タイトルに付いている様に、かなり、重要度は高いです。
(7人の小人や王子様より)

マイティ・ソーのときよりも、今作のほうが、彼の存在感があったように思いましたが
なるほどね~という役まわりでした。(←ディズニーのパクりにはなってない)

②白雪姫の復活

~~毒リンゴを食べて死んで復活~~
という定石ですが、復活後の“決起集会”が、良かったですね。

――闇から目覚めて、虐げられた人に光を見つけた――
――人の心の炎で、戦いの剣を作ろ――
――私(白雪姫)が、皆の武器になる――

白雪姫の後半は、悪の根を、ヒロインがしっかり叩くことで、スッキリした感じでした。

その戦いのシーンは、CG無しの生(ナマ)にこだわったそうです。
CG=映像革命もいいですが、ナマ(ナマ)でどれだけ撮って見せてくれるか、というのも
鑑賞の興味になるように思います。
コレ、ナマか~と思いながら観ると、テンション上がるかと。

③娘を想う母

意外に、印象的だったのが、“母と娘”のこと。
白雪姫のお母さんのシーンから始まって、姫を愛していたのがわかるだけでなく
ある母親は、女王から守るために、娘の顔を傷つけるという苦渋を 施していました。
それも、娘を愛すればこそ、というが哀しい…

一方、女王とて、母がいて、娘の美しさを願っていたことがわかります。
母が娘を想う普遍的な愛が、ねじれてしまったようで、複雑な気持ちになります。

④☆★☆シャーリズ女王☆★☆

白雪姫も力強いヒロインではありますが、やはり!!!
シャーリズ女王様は、悪役でも、惹きつけられる、存在感と迫力でありました>>>(ため息)

美しいし、怖いし……(^_^;)
「Mirror ,Mirror on the wall……」の声が、こだましてます……(^_^;)

~~永遠の若さと美を手に入れた女が、世界を支配する~~
……と仰っていたと思いますが、そうかもしれませんね……

女王は、自分の自信を、鏡で確かめますが
(特に女性は?)わかっていることを 確かめたい傾向がありますよね……
信念というか、支えとして

それが、鏡だった女王と、人間だった白雪姫の“女の戦い”を、見ることになりますが
わけありな女王も、憐れに思えてきて
若い頃の女王の物語を、スピンオフで観たくなりましたよ。


▼▼▼

正直、言いまして、やはり、白雪姫には王子様が“積極的に”からんでくれるのがいいなあと思いましたが^^;
これはこれで、楽しんでくださいませ。

ところで
ジュリア・ロバーツ主演の『白雪姫と鏡の女王』(邦題) :(『Mirror ,Mirror』(原題
こちらは、女王様が、白雪姫と王子様を奪い合うんだそうな。
この女の戦いも、戦い甲斐がありそうで、観てみたい☆







関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yutake☆イヴ

Author:yutake☆イヴ
こんにちは☆
使い方がよくわかりませんがヨロシクお願いします。^^;

フリーエリア
PVアクセスランキング にほんブログ村
フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
フリーエリア
フリーエリア おすすめ映画
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR