映画『 11.25 自決の日 三島由紀夫と若者たち』★「聞けえええ~!!!」死の直前の叫びの深いところを今!

112520jiketu.jpg


作品についてhttp://cinema.pia.co.jp/title/157985/
↑あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。


作家・三島由紀夫が、若者とともに “楯の会”を結成し、防衛庁内での割腹自殺するまでに 焦点を当てた作品です。

彼が、どんな思想を持ち、どう行動したのか?
上映時間中、緊迫と焦燥に、ひきこまれました。

作家・三島由紀夫あるいは、一個人・平岡公成としての解釈や研究は、すでに、種々あるので
彼と楯の会について観ることで
現在の、自分自身と社会との関係(たとえば、2011年の尖閣問題についてなど)で、想うことはあるのではないかと思います。


(三島氏の自殺当時は、私は、子供でよくわかりませんでしたが、1970年前後は、ヘルメットに角材を持った集団行動が
けっこうあったな~と思います。)

三島由紀夫(敬称略)を語るとき、色々な意味で、“死”を切り離すことはできないと感じています。
映画も、彼と“死”(自殺だけでなく、観念としての死も含む)との関係を、どう見せるのかに興味がありました。

以下、雑感です。

▼▼▼▼

① 「あなたのためなら死ねます」

“若者たち”の1人、森田必勝(まさかつ)。
満月島真之介さんが演じたのですが、きっと、これほどの実直・一本木の好青年だったのだろうと思わせます。

森田に、想いのたけを吐く三島氏(井浦新)の熱弁も、迫真の演技で
これだけ口説かれたら、純粋な青年な、その熱き血潮に染まるだろうな~などと思いました。

男心に男が惚れると言うのでしょうか……
「あなたのためなら死ねます」 (←『愛と誠』だけじゃないんだよと……)

もはや、思いとどまって欲しいと思うのは、傍観者である私の無責任な願望にすぎないのでしょう。
三島氏とともに割腹した森田青年も、記憶にとどめたい。


② 三島vs東大全共闘

三島氏が、東大全共闘で話すシーンも、興味深かったです。
じっくりイデオロギーを語るのではなく、口角泡を飛ばして言いあう光景には、興奮。

意見を述べて、理解してもらうことは、むずかしいな……などと改めて感じた(今更だけど)。
あの紛糾の延長線上に、防衛庁での演説があったのかな……と思うと、若干の虚しさが……


③ 「あなたはいつ死ぬのですか?」

聞くところによれば、“死”をほのめかしていたような三島氏は、どなたかに
いつ死ぬのか?と聞かれ
死を催促されたようなことになり、自死は時間の問題になってしまったらしいと、聞いたことがありましたが
私は、誰が聞いたのかまでは、存じませんでした……

作品では、山口二矢(おとや)が、尋ねました。

山口二矢(おとや)は、1960年、日本社会党委員長の浅沼稲次郎を刺殺したのち、獄中自殺した青年です。
楯の会の結成は、1968年なので、時間経過が合わず、わからなくなってしまったのですが^^;
“死“に挑ませるための、象徴としてのシーンだとしたら、浅沼稲次郎暗殺シーンが冒頭にあることと併せて、
インパクトはあったと思います。

▼▼▼▼

井浦新さんの三島由紀夫は、思っていた以上に、熱かった……
外に熱いだけでなく、内側にみなぎるものがあった……

「変わらないわ」

三島氏の死後、5年経ったあとの妻のつぶやきも、意味深だった。
今は、どうなのか?何か変わったのか?

もし、変わったことがあるなら、それが、以前より悪くなっていないか……………………???

「聞けえええ~!!!」
三島氏の死の直前の叫びが、作品のとおりなら
あれだけでなく、もっともっと深いところまで、話を広げたかったと思います……

そこで、叫べなかった分を、作品は補なったのではないかと思われます。










関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yutake☆イヴ

Author:yutake☆イヴ
こんにちは☆
使い方がよくわかりませんがヨロシクお願いします。^^;

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
PVアクセスランキング にほんブログ村
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア