映画『コンペティション』★自分より優位な人とは付き合いにくいもの?~雑感です。




作品についてhttp://cinema.pia.co.jp/title/807643/
↑あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。



ピアノコンクールが舞台です。


最終選考に残った6人のうち
顔見知りの ポールとハイディの関係を見せます。


ピアノコンクールだけあって、演奏の見せ場もあります。
特に、ハイディのプロコフィエフは、盛り上がります。♪


ポールとハイディは、優勝を争うライバル同士ですが
多分、お互いの才能への敬慕ということもあってか
お互いに、惹かれます。


そんな二人に、
男女の愛も含む、他人への競争心について、思う所あったので、内容にふれて、雑感です。

~~~


ポールは、自分が優勝するという前提で
ハイディには、勝ち負けにこだわらず、これからも二人で仲よくやっていきたいようなことを言います。
ハイディも、どちらが優勝しても、そうしたいと思います。


けれど、ハイディが、会心の演奏を披露し、優勝すると
ポールは、面白くないわけです……


「勝ち負けにこだわらずって、ポールが言ったのよね」
と優勝したハイディが言っても、ポールのプライドは、それを受け入れられません。


愛し合ったはずの恋人同士でさえ、そうなのだとしたら
私たちの周りの人間関係も、そういうものなのでしょうか……orz


自分にとって、下の立場の人なら 付き合いやすくて
自分より上だと思う人は、敬遠ですか???(そうなのかもしれませんが…orz)


実際、何かとコンペティション(競争)が求められ、それで評価されていく世間では
勝ち負けにこだわりたくなくても、引きずり出されてしまいますよね……


敬愛という言葉がありますが
ポールは、確かにハイディの演奏を評価していたし
ハイディは、優勝したことを、ポールが自分のことのように喜んでくれたと思いました。
でも、甘かったです……


ポールとて、自分よりは下にいると思うから、ハイディを 応援してあげていたわけで
追い抜いて行った者には、敬意は示しても、もう、敬愛ではないのか……orz


このポールは、ラジー賞をとってしまいましたが^^;
このような、心の小ささが、授賞理由なのではないかと思ってしまいますね……^^;


自分より上にいる人への悔しさ、嫉妬……それを言っちゃあ…(^_^;)
それだったら、自分より下だと思う人としか、付き合わないということ?
バカにしてますよね……(^_^;)
実際、そうしている人もいるとは思いますが……(汗)


確かに、尊敬・憧憬・羨望・嫉妬・やっかみ……は、そこらじゅうに あります(汗)
人間だから 仕方ありません……orz
このピアノコンテストの映画も、そのような人間の姿があるから、成り立つのでしょう。


けれど、素晴らしい演奏も 聞かせどころのこの作品で
素晴らしい演奏をした主人公ポールを、
嫉妬にかられて、“ご立派なあなたとは付き合えませんから、ピシャ!”という
小さな器の人間のままで終わらせては、ダメなので……


さりげなく、いいエンディングにしてくれています。(*^_^*)



ちなみに.演奏曲
   ポール:ベートーベンのピアノ協奏曲5番変ホ長調皇帝
     ハイディ:プロコフィエフのピアノ協奏曲第3番ハ長調←かなりの見せ所!




 



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yutake☆イヴ

Author:yutake☆イヴ
こんにちは☆
使い方がよくわかりませんがヨロシクお願いします。^^;

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
PVアクセスランキング にほんブログ村
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア