映画『パーマネント・バケーション』★チャーリー・パーカーが芯に漂う独特の香り


41907.jpg




作品についてhttp://cinema.pia.co.jp/title/16368/
↑あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。
http://movie.goo.ne.jp/movies/p7388/story.html
↑あらすじ


ジム・ジャームッシュ監督の卒業制作だそうです。
そう言われると、学生臭があるようで無いような
無いようであるような……
ジャームッ臭^^;と言えるような、彼独特の匂いは、感じます。


主人公は、16歳のアロイシュス・パーカー。
生きることが、放浪のような感じになっています。


(以下、内容にふれて、雑感です。)


放浪は、孤独を感じなくて済む、などとも言い
“終わりなき休暇”であるとも言っていたような……


休暇はオフの時間。
個人的には、
仕事・学業など、オンの時間があるから、オフがあるのだと思っています。


アロイシュスのように、ずっとオフなのは、休暇(バケーション)ではないのではないか…
とも思うのですが……^^;


若い時は、年齢から想像できないような虚無や退廃のなかに
自分を置いておきたいことがあります。
アロイシュスも、そんな感じ。
でも、よく見れば、やはり、“若者”なんだな~と思う部分があります。
(ジャームッシュ自身も、まだ、若かったときだからね……)


そんな、若さあっての“荒廃”気分が、漂う作品ですが
それをふまえて(、いや、それとは別にか?)
特に、イイねえ☆と感じたところがあります。



▼▼▼▼



1つは、アロイシュスが車泥棒するときの、女性2人のショット。


黒と白と赤。
色のバランスが、美しい☆


全体に、瓦礫やら、ゴミやら
退廃・荒廃ムードで、画面が、うす汚れた感じなのですが
そこで、ポンっと、いい色が入ったので、オ☆と思ったのです。


ずっと、いい色の組み合わせで仕上げたら、このインパクトはなかったかも……





2つめは、コレ、ツボです☆☆☆!!!


前篇を通して、作品中にただよう香り!!
★☆チャーリー・パーカー☆★


敢えて申し上げれば、
この★チャーリー・パーカー★のことがなければ
この作品は、青年が、ただ、グダグダしているだけの光景になりそうです


そんなグダグダの青年の中に、
1本、チャーリー・パーカーという、味のある太い線が入っていることが
作品と青年の、芯になって、魅力を醸し出しているのだと思いましたよ!
(この演出に、私は、絶賛です!!)


冒頭から、アロイシュスが宣言しています。
息子が生まれたら、チャーリーと名付けるのだと。
彼の名字がパーカーだから、チャーリー・パーカー☆
かなりの思い入れです。



チャーリー・パーカーは、映画『バード』にも描かれていますが
http://blogs.yahoo.co.jp/yutake2415/36290674.html
ビバップのサックス奏者。


アロイシュスが、部屋で踊っているのも、ビバップ♪(画像)
死ぬときは、チャーリー・パーカーのように、白いスーツを着て死にたい、とも言う。


道端で、演奏するのは、サックス奏者。
冗談を話している人の内容も、ニューヨークからパリに行った演奏家のこと。
(時代を先駆けた、チャーリー・パーカーのエピソードに似てる)


そして、アロイシュス自身も
ニューヨークからパリへ向かうところで、終わります。


この先、アロイシュスは、“パーマネント”の旅を続けるのだろうか、と思わせながら
30歳ちょっとで亡くなったチャーリー・パーカーを思うと
アロイシュスの“パーマネント”な時間も、案外、あっけないものになってしまうのだろうか……
と思うと、新天地のパリ行きも、新しい希望とも言い切れず
あらたな厭世観を、残してしまうのです……





▼▼▼▼


でも、未来なんて、どうなるかわからない。
アロイシュスの若さが、不安を跳ね返してくれるのが、救いになっています。



他の人の人生を重ねるような演出は
単調に感じる空気に、厚みをもたらします。


“チャーリー・パーカー”を芯にした演出に、絶賛です☆






関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yutake☆イヴ

Author:yutake☆イヴ
こんにちは☆
使い方がよくわかりませんがヨロシクお願いします。^^;

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
PVアクセスランキング にほんブログ村
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア