映画『ロック・オブ・エイジズ』★80年代は最高だったナ!~雑感です(*^_^*)

T0011169q.jpg

作品についてhttp://cinema.pia.co.jp/title/156951/
↑あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。


1987年のハリウッドが舞台。
歌手を夢見る若い男女が物語のレールになりながら
一世を風靡したロックスター・ステイシーが、ギンギンに光っていて
そんなロック(とステイシー)に反対する市長夫人が、これまた派手に踊ってくれる……


元は、ミュージカルの映画化だそうで、楽しく見せてくれました♪

悪いけど、物語のレールになっている若い男女より^^;
脇を固めたトム・クルーズとキャサリン・ゼ=ジョーンズのほうに興味は惹かれ
思うところ、ありました☆

87年頃のロック・ヒットが純粋に懐かしくて、タイムスリップできるという
年配の楽しみもあるのですが^^;
もう、半世紀も生きているとは思えない、いつまでも、見た目の若い
キラキラ☆カリスマのトム・クルーズが
そのまんまの大スターで、美声を披露している!というのを体感したくて観ました!

でも、やはり、いい意味で、それだけではなかった!!(>_<)

(雑感です)

▼▼▼

大スターのステイシーに、女性記者が言った言葉です。
たしか、こんな感じ↓
「いつまでも、10年前の歌を歌ってんじゃないわよ!キラキラしていたあなたはどこに行ったの!」

コレって、
それなりに、半世紀生きてきた人には、かなり、グサっと来ると思うのです……

一世を風靡できたどうかはわかりませんが
若いときには、若さのバイタリティがあって、若さでキラキラしていたのかもしれません。

けれど、年々、年をとると、自分では
グウタラしているつもりではなくても、キラキラはサビサビになってしまう……

「輝いていたあなたはどこに行ったの?」
は、たぶん、本人のほうが知りたいの……(゜_゜>)

それは、あなたならできるわ!という期待と励ましの好意的なエールだとは思いますが
それが重荷になってしまって、知らず、自暴自棄・自堕落になってしまうこともありそう……

決して、過去にふんぞり返っているわけでもなくて
年々、色褪せていく自分への焦りや失望、
過去の光が消えないようにすることしかできないことを自覚している、今の情けない自分……orz

だから、ステイシーが、ブチまけたときには
やっぱりそうだよね……と言う感じで、なんだか、親近感を感じましたよ。
(……って、私は、一世を風靡してないのに……^^;)

それでも、過去があるから今がある。
それが、過去の残光であっても。
光が残っているなら、その光をスポットライトにして、盛り上がれるだけ盛り上がればいい!!\(^o^)/

だから、♪LOVE  IS  BOMB!が、はじける!\(^o^)/

愛したい!愛を求められたい!
それが、自然な欲求ですよ。スターだって、人間だもの。

(なんだかんだ言っても、それが無いと寂しいですもん……orz)

そんな姿勢のステイシーが、トム・クルーズのカッコ良さとともに
魅力的なキャラになっていたと思います。
(女たらし、除く^^;)


◇:*:☆:*:◇:*:☆:*:◇:*:☆:*:◇:*:☆:*:◇:


そして、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ☆

大体、オバサンが正義をふりかざしているときは
なにか、屈折や不満があるのかもしれませんよ…^^;

(ブチかましたいけれど、正しくないことは出来ないので
言い訳できそうな標的を見つけると、容赦なく攻撃しちゃうとか……(←たぶん…^^;))

映画『シカゴ』を、懐かしく思っては失礼かもしれませんが
キャサリンなら、“ステキなショー”を見せてくれるはず!とドキドキ☆
ロックなんてダメざますゥ~♪と歌いながら
踊りはじけてくれるのは、ミュージカルならではの妙☆(*^_^*)

そして、なぜロックがダメなのか、ステイシーを否定するのか……
やはり、愛がらみだとわかると、やっぱりねと、ナットク^^;
愛情の裏返しは、ときに、純粋な愛よりも強い☆


▼▼▼


ああ、1987年に(できれば、もう少し昔に^^;)戻りたい!
クラブでなく、ディスコと呼ばれていた時代に☆
多分、ほぼ満席の館内のご同輩のほとんどが、そう思っていそうな空気……

色々と思うに、
80年代(とちょっと前も)は、最高だったな\(^o^)/
という事なんです(*^_^*)






関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yutake☆イヴ

Author:yutake☆イヴ
こんにちは☆
使い方がよくわかりませんがヨロシクお願いします。^^;

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
PVアクセスランキング にほんブログ村
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア