映画『綱引いちゃった!』★私も一緒に引いちゃってた(*^_^*)



作品について http://cinema.pia.co.jp/title/158068/
↑あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。
http://movie.goo.ne.jp/contents/movies/MOVCSTD21871/story.html
↑あらすじはこちらも参照ください。



大分市のPRのために、婦女子が綱引き!?

“綱引き”って、シンプルに楽しくて盛り上がりません?(*^_^*)

井上真央さんが、グッと力入って引っ張っている姿に惹かれて鑑賞しました。

“綱引き”と言う、スポーツ根性モノっぽいですが
引いているのは、廃止されそうな給食センター職員の女性たち。
学生のように、朝練・夕練……に打ち込めるわけでなく
ただでさえ忙しい、仕事と家庭の両立にプラスして、“綱引き”練習に参加する人もいます。

それでも、“綱引き”に参加するのは
綱引きで結果を出せば、給食センターは存続して、生活が安定すると信じたから。

「君たち女性が…….」という市長の言葉ではありませんが
オバサン婦女子(綱娘)の綱引きなんて、と思って(バ〇にして)いませんか?(゜_゜>)

この作品は、綱引き大会に向けて、ド根性でがんばりました、というものではありませんでした。
コメディ、と書いてありますが、生活しょっるんです。
楽しいばかりではありません。(*^_^*)


・。。・。゜・☆。・゜。・・。。・。゜・☆。・゜。・


綱娘たちは、もちろん、努力して練習しますが
仕事も家庭もある女性には、まとまった時間が必ずしもあるわけでなく
空いた少しの時間を利用して、アレコレやっているんです。
空いた時間に、怠けたように見えても、普段、自分のための時間もない綱娘たちには
息抜きも必要なんです……………
(真面目に取り組んでる真央ちゃん、ごめんね)


そんな綱娘は
娘であり、妻であり、母である……様々なエピソードがありました。
・認知症の父と暮らす人
・養子の息子と暮らす人
・事故に遭い無職になった夫と暮らす人…etc.

それは、綱娘たちは、日々の生活の中で、“重い綱”を引っ張って来てたんだな~と思えてくるものでした。

そこに、自分の気持ちが重なるかどうかが
一緒に、綱を引っ張れるかどうか、というところかもしれません。

一人っきりで、重い綱を、引っ張って来た人もいると思います。
経済的にも、心情的にも。

「人生は団体戦よ」
松坂慶子さんが、さりげなく言いますが、やがて、
「私たちは一人じゃない」
この言葉が、とても、親身に響いてくるときに、目頭が熱くなりました…………….

生活に困ったとき、本当に、自分一人が頑張らなきゃ、と思い、切羽詰まることがあります。
だから、がんばる。
けれど、一人では、心細くて、心がくじけることもあります。
そんなとき、せめて理解して、心を一つにしてくれる人がいたら、どんなに心強いか………


そんな、綱娘が、給食センター存続のために、がんばってきたのに
市長は、いとも簡単に、反故にしてしまいました…………….orz


(↑これに限りませんが、
為政者が、クルクル予定を変えるのは、本当に迷惑なことです。
年単位で予定してたものが、政権が交代したために、簡単に、中止や廃止になる。
一部では歓迎されることかもしれませんが、
予定通りに進めていた者にとっては、それまでの経過が、無に帰されるのです。
“無価値”と烙印を押されるのも、忍びないことですが、予定は約束でもあると思うのです。
中止は、予定不履行。将来の何を信じて、仕事をしていけばいいのか……orzと思います。)


でも、乗りかかった船は、最後まで漕ぐもんです!
やめろと言って、やめられるもんじゃありません。(キッパリ☆)


綱娘たちは、わかっていました。
何のために、綱を引くのか?
誰のために、綱を引くのか?


・。。・。゜・☆。・゜。・・。。・。゜・☆。・゜。・


そして、ラストシーンの綱引き大会!!!

観ていれば、自然と力が入ります!(*^_^*)
私の足も、踏ん張ってしまいました。^^;

綱は、力任せに、引っ張ればいいもんじゃないそうです。
心が1つになったときに、爆発的な力が生じるんだそうです。

だから、特に、あの
「お母さ~ん!!!!!」
には、私は、自分が呼ばれている気がして、泣けてきた……
自分は、もう、母としても女としても、怖いものなんかない!!!と思ったと言っても過言ではないよ……
“息子”の声援が、グッと、引っ張ってくれて、それ以上、心強いものはないもの………

あとは、私も、一緒に、心で綱を引っ張ってました。
あ、渡辺直美さんは、横綱のカンロクでしたね……^^;

綱娘たちは、ずっと、これからも、日々の重い綱を、引き続けていくのでしょうが
一人じゃないんだよ☆という、いいエンディングだったと思います。(*^_^*)











関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yutake☆イヴ

Author:yutake☆イヴ
こんにちは☆
使い方がよくわかりませんがヨロシクお願いします。^^;

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
PVアクセスランキング にほんブログ村
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア