プチ☆ガイ・ピアース祭り(*^_^*)



映画『ロックアウト』は、
主演:ガイ・ピアースということで、鑑賞しました。

というのも、予告編で見たマッチョな男性は、はじめ、ガイだと思わなかったくらいで。

ガイは、知的だけど神経質で、ちょっと、陰のある、ネジれた役柄の印象です。
マッチョな感じというより、自分は、なるべく血をみない頭脳プレイで、強く攻め入る印象が強いのです。
(思い込みだとは思いますが.)

なので、『ロックアウト』の雑感を述べる前に
ガイの昔を、ちょっと振り返りたくなりました。(*^_^*)






私の、ガイのイメージは
L.A..コンフィデンシャル
』のイメージなのでしょうか……
そこでは、エリート警察官でした。
熱血ではなく、クールな感じで、正義をかざして割りきれる、という印象でした。 




 img_1193945_34246880_1.jpg







メメント

:妻を殺害され、記憶障害も生じた、受難の男性でした。
記憶が10分間しか持たないので
シーンを戻っては10分見せ、また戻っては10分見せ……(私は、“記憶の本返し縫い”と言ってました)
というのが、面白い見せ方だな~と思った作品です。
その苦悩の男性を、ガイが演じたのは、インパクトありました。
設定の斬新さだけでなく、
そこに必要な、人の弱さと強さとが絶妙に、ガイの雰囲気に合っていたのも、ヒットの理由かもしれません。
忘れたくても忘れらないのは、バッチイ飲み物(飲み物と言いたくない!(>_<)) を
知らずに、ガイが飲んでしまうシーン……orz



137461_5.jpg




モンテ・クリスト伯

これは、主演のジム・カヴィーゼル目当てで、『モンテ・クリスト伯』(=『岩窟王』)を見たくて見たのですが
クリスト伯の仇役として、相手に不足なし、というガイでした。
良家の子息という品の良さがあるにも関わらず、やっかんで、心にネジレのある人、という役どころが合っていました。
(褒め言葉です^^;) 





 1001640_l.jpg





トゥー・ブラザーズ

:2匹のトラの子の物語に、ガイ・ピアースが主演、というので
ほのぼのした感じの作品に、ほのぼのしたお兄さん役のガイなら、意外だな~と思っていました。
が、トラに銃を向ける立場だったりして、ガイらしさ(?)は生かされてたんだな~などと思いました。
(でも、そんな立場の人が主役?と思いつつ……^^;)
これは、子供向け作品だったと思いますが、結末は、親子鑑賞に耐えられるもので
結果的に、ほのぼのハッピ―作品に、ガイが出たんだ~ということが、自分には新鮮だった記憶があります。



001.jpg 






プロメテウス

:ガイ・ピアースの名前を見つけたときから、どこに出てるのか???と捜していました。^^;
そうしたら、ご老人でしたよね…………..
でも、背中にそれほど年齢を感じなかったので、若い人が演じているんだろうな~と思っていたら
特殊メイクを施された、ガイでした……
ここに、ガイ・ピアースを使うとは!!
驚きつつも、ガイの醸し出す、ダークサイドの部分を生かした、怪演だったように思います。
(老人役に“怪演”を感じたのは、『コレラの時代の愛』のハビエル・パルデムと、このガイくらいでしょうか^^;)




雑な話も、尽きませんが……


神経質なヤサ男もイケてる、ガイですが、
ボディ・ビルをやっていたそうで、肉体派も、かなりイケる人なんだな~というのを
『ロックアウト』で見せていただきました。巾広い役者さんです。
その雑感は、あとで(^_-)-☆

・。。・。゜・☆。・゜。・・。。・。゜・☆。・゜。・








関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yutake☆イヴ

Author:yutake☆イヴ
こんにちは☆
使い方がよくわかりませんがヨロシクお願いします。^^;

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
PVアクセスランキング にほんブログ村
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア