映画『大奥 ~永遠~ [右衛門佐と綱吉編]』★堺・右衛門佐の“あの夜”に溺れる……苦しゅうない(*^_^*)

文字色T0012423q.jpg



作品についてhttp://cinema.pia.co.jp/title/158527/
↑あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。



男女逆転大奥は、荒唐無稽なとんだ茶番劇かもしれませんが^^;
豪華な虚飾のなかに、着飾れない生なましい愛憎を、
現代の価値観を越えて、ひととき、幻惑のなかに感じられるので
とても、溺れたい世界であります。(*^_^*)

ことに、テレビ版からの堺雅人さんの役どころによるところが大きい☆と思っています。





ちなみにテレビ版は、3代将軍家光&お万の方こと有功(ありこと)。(堺さんは有功)


出家した公家が還俗して大奥入りしたお万の方の話は、
大昔、(東映だったか)テレビドラマで放映されたのを観たことがありました。
口紅が肌色で、かなりナチュラルメイクだったな~との印象で^^;
寵愛されても子供のいないことが不利で、どこか儚げな感じの方でした。


家光の乳母の春日局に無理矢理、還俗させられて家光のもとに連れて来られた有功が
大奥で生きる術を身に付けながら、やがて、家光と相思相愛になるも
子供が出来ないことで遠ざけられてしまいますが
大奥総取締として、家光に尽くす一方、やはり、仕事と割り切って大奥職にいるのも辛いもの。


ご覧になった方なら承知のことですが、堺さんが
“男と女の業から、自分を解き放ってほしい”と、家光に訴えたシーンには、胸が熱くなってしまった…
二人が、どんなに相思相愛でも、大奥には“二人だけの世界”は無い……








堺雅人さんは、アクが強くなく、お公家さんの上品さや僧侶の清潔感があって
“大奥“関係としては、いわゆる”優男“としての登場だと思っていました。
もちろん、優男ぶりも発揮していますが、他方
堺さんの存在感の深さには、したたかでしなやかな強さもあるものです。
ですから、イメージとしては、“合理的におとなしくふるまう”という感じで
熱く、本気の火がついて、燃え上がるような恋心を抱くイメージではなかったのです……



ギャップというのは不思議なもので、意表をつかれてか^^;
この方にも、そんな“男女の業”といわしめる、熱く深く耐え難い恋心があったのか!と
痛烈に知ることで
私も、恋心の魔法にかかってしまった……^^;
そのシーンは忘れられない……………………………………^^;
(多分、演技力なんだと思う(*^_^*))



そんな堺雅人さんが、このたび、5代将軍綱吉編の右衛門佐にもなるというので
あの余韻を引きずりながら、鑑賞しました。






ちなみに、綱吉のことは、昔、NHK大河ドラマ『元禄太平記』で、初めて知りました。


主役は、石坂浩二さん演じる柳沢吉保。
石坂さんの毅然とした、したたかさが、子供心にもとても面白かった~☆



個人的に、特に、おススメしたい大河ドラマの1つが、この『元禄太平記』です。
柳沢吉保の栄光と没落に、松の廊下事件、赤穂浪士の討ち入りなど、見どころ満載で、
人物・展開ともに面白く、毎週、放映が楽しみでした☆


あのとき、右衛門佐は“ウエモンのスケ”と言っていて、才色兼備な中野良子さんが演じていました。
綱吉のお気に入りで、劇中、懐妊はするものの、嫉妬による陰謀にあい
踏み台から転落して流産してしまう、という役柄でした。






今回は、菅野美穂さんの綱吉に対して
“愛よりも権力に生きた男”というコピーで
堺さんのしたたかさぶりを強調した感じですが、『風と友に去りぬ』のポスターのようなアングルでの
二人のショットを観れば、“愛よりも権力”とは、まやかしだろうとの察しはつきます。(*^_^*)

img_240693_39358028_0.jpg



このたびの右衛門佐には、“懐妊”の兆しもなく
綱吉は、ほかの男性と、ただ“世継ぎを懐妊するためだけの任”を 背負わされていきます……


そんな状況が、有功に重なる右衛門佐。
けれど、なかなか、今回は、感情のしっぽ?を出しません。
クールに構えている右衛門佐。



そうして、二人の頭に白いものが見えるほどの年月が経ち
世継ぎなんてもうムリ……となったあとの
右衛門佐の“告白”!!(待ってました!!!!\(^o^)/)



「この夜だけは……」



それが、どんな夜を意味するのかは………(*^_^*)




大奥モノを楽しみたい女性たちは、多分、ドロドロした足の引っ張り合いよりも
“そんな夜”に在るような愛情を、実感したいのではないかな~と思います。
私も、“菅野綱吉”になりきって
堺・右衛門佐の“まことの愛”に、溺れたよ………………..照^^;




この身も心も、ただ、愛する人のもとへ、まっしぐらに…………………….




寄り添うのだ
永遠に………………………………………








楽しかった☆
苦しゅうない(^_-)-☆






.








関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

映画「大奥 ~永遠~ 右衛門佐・綱吉篇」感想

映画「大奥 ~永遠~ 右衛門佐・綱吉篇」観に行ってきました。白泉社が出版する隔月刊誌「メロディ」で連載されている、よしながふみ原作の同名少女マンガの実写化映画2作目で、徳...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yutake☆イヴ

Author:yutake☆イヴ
こんにちは☆
使い方がよくわかりませんがヨロシクお願いします。^^;

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
PVアクセスランキング にほんブログ村
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア