映画『恋とスフレと娘とわたし』★そもそも母親の愛情とは……^^;(ノーガキ雑感です)

79d43240c097544d91f2ce5ae19c0932.jpg


作品についてhttp://cinema.pia.co.jp/title/18423/
↑あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。


原題は『Because I Said So』
“私がそう言ったのだから”反論の余地はないのよ。
子供を思う私の考えに間違いなどない、と言わんばかりの、母親の言葉です。

邦題はわかりやすく、スフレは、パティシエである三女のイメージ。
これは、娘(三女)を思う、母親の物語です。

姉たちのように良縁であれと、ネットで三女の結婚相手を捜し、まとめさせようとする
粉骨砕身・七転八倒な母親役は、大好きなダイアン・キートン☆(←適役♪)

母親の言うことを聞きなさい!という母に、娘の立場であれば、
私の人生はお母さんの好きにはさせない!と反発するだろうし、
そんな母には、子離れしなさいな、と諭したくなるのが、順当なのでしょう。


そこには、本当に子どもを思う親とは何ゾや??と言う問題提議もありそうで……


(以下、私の自分的母親論の押しつけにて、ご容赦を(^_^;))

◇:*:☆:*:◇:*:☆:*:◇:*:☆:*:◇


たとえば、究極の状態として、引き裂かれた母子という状態で考えると……

ディープエンド・オブ・オーシャン



何年も誘拐された子がやっと帰ってきたけれど、子供は、育ての親になついていたので
子供の幸せを思った親は、子供を手放す決心をしました。

チェンジリング



誘拐されたまま、わが子が戻らない母親は、可能性は低くても、捜し続けようとしました。
もちろん、もう逢えないとしても、どこかで無事に生きていてくれることを願いながら。



八日目の蝉




実母と思っていた女は誘拐犯でした。
“生みの親より育ての親”と言うように、育ててくれた月日の重さは重いでしょう。
けれど、私は、自分が子供を身ごもってみて、初めて実感しました。
その、わずか10ヶ月間で、どれだけ、母親というものの重みが自分に与えられたのかを。

ですから、誘拐された娘には、実母は他人のような気持ちしかなかったかもしれませんが
娘が妊娠して、わが子に対する想いの強さを知った時、初めて
娘と引き離された実母が、どれだけ自分を案じ続けていたのかがわかった……
私は、そのことが、ことのほか嬉しかった……





ところで、それらの作品には “本当に子供を愛しているなら、それが子供のためならば、
子供との別離も受け入れられるはず“ という考えがあるように感じられ、確かに、そうだとは思います。

(が、この愚かな母は、あえて、言わせていただきます!)
そんな考えは、初めから、冷静に存在しているわけでなく
最終的に涙をのむしかない“納得”でしかないということです。

誰が、「子供のためだと言うのなら、喜んで子供を手放します」などと、冷静に思えましょう???
子供が手元に戻ったら、もう、絶対に手放したくないし、ギュッと抱きしめていたい。
そして、自分が愛おしいと思う気持ちを、子供にたくさん注いで、
子供にも自分を母として、慕ってほしい……

…………にも関わらず、子供のためだから、と手放すことを受け入れざるを得ない、という状況は
身を切られるよりも辛い、最終手段なのです…………

そもそも、母親の愛情は、うっとおしいくらいの主観の塊そのもの。
本当に愛しているなら……なんて、客観的な理屈を、私なら、誰にも言われたくない……
自分から、“納得“の域に達するまでは……



◇:*:☆:*:◇:*:☆:*:◇:*:☆:*:◇


我が子がカワイイという想いは、そんなこんなで、理性を失わせるものです……^^;

この、ダイアン母も、みっともなくも、滑稽なまでに、
娘のことに、粉骨砕身です。
私は、それでいいと思う(笑)。
昔、新米ママになった私に、母が言いました。
「子育ては、カッコいいもんじゃないよ。なりふり構っちゃいられないよ。」
ホント、そう思う(笑)。

一方で、愛情で覆いかぶすような母親を、娘が、うっとおしく思うのも事実 ^^;
子供の人生は子供の人生。
失敗したとしても、そこから学ぶもの―――
だとしても、
みすみす、崖から落ちそうなのが、見え見えなのに
ニコニコ笑って、手を振って見送るなんて、出来っこないヮ!(by ダイアン母)

↑私も、ココは、激しく同意。
小さなケガなら教訓でも、“転落”は、見過ごせない……

ただし、本当に、子供にとって、それが“転落“なのかどうかの見極めも、母親には重要です☆
かえって、幸せを逃してはいけません(>_<)
親バカもいいけれど、子供のために、利口にならなければいけません……(>_<)


そこで、面白いのが、
この、独り身の母親に恋のチャンスが訪れること!

娘、娘……と、娘ばかり見ているつもりでも、自分が恋をすると
母としてだけでない目が開かれるというか
自分も、一人の女性として、娘の幸せを見つける目が、開かれていくようなのです。

恋は、子離れの1つの形でもあり
子供と距離ができる分、
もっと良く、子供も見られる、という……~恋は恋でイイものです☆(*^_^*)


すべては子供のため、子供の幸せのため….
私は私なりに、キビシサと自制を持って、子供に接してきたつもりです。
でも、私も、
親バカ・バカ母なんだろうな~と、反省しております。^^;

ダイアン母は、自分を見るようで、なんだか楽しかった(*^_^*)





PS:年末に息子が帰省してくれて、嬉しくて、↑こんなノーガキしてしまいました^^;













関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

しげちゃんさん、こんにちは☆
いつもありがとうございます。
こちらこそ、また、お邪魔させてきださいませ。
よろしくお願いします☆

No title

yutake☆イヴさん
明けましておめでとうございます。
昨年は本当にありがとうございました。
また仲間入りさせて頂きます。
今年もよろしくお願いしますね。
プロフィール

yutake☆イヴ

Author:yutake☆イヴ
こんにちは☆
使い方がよくわかりませんがヨロシクお願いします。^^;

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
PVアクセスランキング にほんブログ村
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア