映画『きいろいゾウ』★ツマとムコの若夫婦の危機と解決~普遍的に

T0014266q.jpg



作品について http://cinema.pia.co.jp/title/160805/
↑あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。



宮崎あおいさん&向井理さん演じる、ツマとムコという、若夫婦の物語。



心臓病で、活動制限のあった子供の頃、
夢の中で、満月の夜に黄色いゾウに乗って、世界を旅したというツマは
満月が近づくと、体調が悪くなるという。
満月の夜にプロポーズされて、お互いをよく知らないまま結婚した二人。


ツマとムコと呼び合うのは、それぞれの名前から、ということだそうですが
ツマ&ムコという、普遍的な夫婦の物語として、受け止めることもできそうです。



(以下、雑感です)


田舎の、昔ながらの広い家に暮らし、農作物を育て、土に触れる生活。
動植物の声が聞こえるというツマと
優しくおだやかなムコ。
まるで、ままごとのような、微笑ましい、ポエムのような暮らし。

お互いをよく知らないまま結婚した二人、と言いましたが
大抵、そうなのかもしれません。
じっくり5年10年つきあって結婚したとしても、その後、20年かけて初めて知ることもあります。

知る・知らないでなく、若い時の恋心は、お互いの心の表面に、ほんのり、イイ焼き色がついたときには
もう、成立しています。

けれど、段々に、表面でなく、中まで火が通るか通らないかを、感じてきます。
相手の中まで、自分の火が通っているのか……
相手は、自分に、温かい炎を向けてくれているのかと……

結婚生活・夫婦生活は、表面にほんのり焼き色がつくだけでは、やっていけません……
生煮えだと感じても、見過ごさざる得ないこともあります。
お互いの肌の温もりを確かめ合ったとしても、表面的な営みということだってある………?


ある日、1枚の手紙がムコに届き
ツマは、自分の知らないムコがいる(いた)ことに、気づきます。
しかも、ムコには、背中に、鳥の刺青まである……

大好きな人だから、すべてすべて知っておきたいのも、愛情。
大好きだ人だから、憎さ百倍になって、傷つけてしまうのも、愛が強すぎるから……
(純粋なツマがそこまで!と思うけど、純粋な人ほど残酷さもまっすぐなのかも、と思う)
↑このシーン、宮崎あおいさんで正解だと思った(*^_^*)

それは、まるで、月の裏側。
見えない部分がある。
表にどんなにハートの焼き色をつけても、裏側は見えない……

それは、何年たっても、わからなくて理解できなくて、受け入れられない部分が
あることなのかもしれません。
たとえば、ミロを豆腐にかけることに慣れないのに、似てる………?^^;


「妻を、愛しているんです」
別の夫婦の苦悩のエピソードで
哀しくもひょうひょうと、夫・リリー・フランキーが言う、そんな普遍的な言葉が
めぐりめぐって、還ってくる。

自分の知らない過去が、あなたを捕え続けていて
それを癒せるほどの力が、自分には無いかもしれなくても
私は、あなたを愛しているのだという事実は、まぎれもない………


満月に不安なツマに、ムコが言った
「月は欠けていくから、大丈夫ですよ。」
私は、ここで、目頭が熱くなってしまった…………..

不確実で、なんだかわからなくても
“大丈夫ですよ“と、慰めを言ってくれることに、今、自分自身が、すごく弱くて………
ということがあるから、余計に、あのシーンが浸みてしまったのですが……

あのとき、自分に、“大丈夫”と言ってくれたムコに
ツマは、この人を信じて、この先、ついていこうと決めたのだと思うのです。
(現実的には単純すぎるかもですが^^;)


水道の蛇口をひねるように、ジャージャー、過去のすべてを私に流して!!
と、力まなくていいんですね、きっと。


これは、若夫婦の物語。
多分、最初の危機を、乗り越えた、メデタシの物語。

でも、このあとも、山あり谷ありの夫婦の物語は続くのが、ゲンジツ。
そんなときは、また、きいろいゾウに来てもらいましょう☆







関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yutake☆イヴ

Author:yutake☆イヴ
こんにちは☆
使い方がよくわかりませんがヨロシクお願いします。^^;

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
PVアクセスランキング にほんブログ村
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア