映画『ザ・シューター/極大射程 』★“正義は信じないが俺は自分の腕を信じる”と言うような


img96955adazik0zj.jpg




映画レビューです。
http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tyem/id327455/rid102/p1/s2/c3/



作品についてhttp://cinema.pia.co.jp/title/17877/
↑あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。


http://movie.goo.ne.jp/contents/movies/MOVCSTD10626/story.html
↑あらすじはこちらも参照ください。



映画『テッド
では、主役の良き“相方”だった、マーク・ウォールバーグ主演です。



彼は、『ディパーテッド』のときにも感じたのですが、陰があるので
役柄には、油断できないのです^^;
きっと、何かあるゾと…



ここでは、腕利きの狙撃手です。
が、自分が撃っていないのに、撃ったことにされてしまう……
(こんな設定は『アウトロー』にもありましたね^^;)



この作品は、とても、クールに、面白く鑑賞しました。


レビューでも述べましたが、
“正義は信じないが、俺は自分の腕を信じる”
というスタイルが、マークのクールな雰囲気で、生かされていたのが良かったです。

“勧善懲悪の正義”でないのが、魅力でした。




そんなマークが
あの当時、まさか、テッドの相棒になるとは……^^;




関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yutake☆イヴ

Author:yutake☆イヴ
こんにちは☆
使い方がよくわかりませんがヨロシクお願いします。^^;

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
PVアクセスランキング にほんブログ村
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア