映画『プラチナデータ』★二宮くんのファンはお待ちかねでしょう。

E38397E383A9E38381E3838AE38387E383BCE382BF.jpg



作品についてhttp://cinema.pia.co.jp/title/158645/
↑あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。



犯人の特定に、DNA鑑定が使われることがあります。
全国民のDNAを登録する“プラチナデータ”があれば、犯人検挙率がほぼ100%になりそうですが、
なかには、NF(Not Found)=登録されていないDNAが、現場に残されることもありました。
そのシステムを作った二宮クンは、ある日、自分が犯人だと特定されてしまい、とりあえず、逃亡します。
やがて
“不完全な”プラチナデータを補完するアイテムがあることがわかり、入手しようとします……


東野圭吾さん原作ということで、楽しみにしていましたが
まあまあと言う感じでした………^^; (映画は映画としても2時間超はちょっと長いかな…)

DNAが検出されただけでは、そこにいたということはわかっても
犯罪との因果関係は、必ずしも、成立しないですよね……
(別人の爪の垢を、被害者の爪に、なすりつけるかも)

コンピューターがはじき出しました!というと
金科玉条のように絶対!と思ってしまいがちですが
採取するのは人間だし、入力も人間だとすると、そこでエラーが絶対に無いのかという
こともありそうです。

それと、身長はともかく、体重まではプロファイリングできなそう……
遺伝でなく、環境で(ドカ食いなど)増えますしね……^^;

……などとツッコミを入れつつ^^;

二宮クンは、無実を証明できるのか?
真犯人は誰なのか?は、興味をひきます。
(途中で、アノ人しかいないとわかってしまうけど……)

逃亡劇というわけでもないからか、
逃亡に、さほどのインパクトはなく (二宮クンは奮闘しているけれど)
むしろ、警部補の豊川悦治さんと、共同作業することになります。

二宮くんは、一人分で、2度、美味しい感じで
二宮くんのファンは、お待ちかねの作品でしょう♪(としか言えない私…)

…………それほどの人か?と思いながらも(失礼!)
やはり、特権階級って、いるんだろうなぁ……

あとは、各自の責任で。




◇:*:☆:*:◇:*:☆:*:◇:*:☆:*


ちなみに

近未来の犯罪捜査というと、思い浮かんだのが
マイノリティ・リポート』でした。


これは、犯罪予知システムで、犯罪が起こる前にナントカするという
無茶と言えばムチャな話ではありますが^^;
それがそれなりに、面白い設定でした☆
トム・クルーズ演じる捜査官が、次の犯罪者と予知されてしまうので、さあタイヘン(>_<)


冤罪の逃亡劇で、近年、面白かったのは
ゴールデン・スランバー


堺雅人さん主演です。
堺さんは、どんな設定・役柄でも、きっと魅せてくれると思っています。


冤罪・逃亡といえば
逃亡者』(1993)
妻殺しの冤罪で、死刑判決まで受けた医師の逃亡劇。
詳細は忘れてしまったのですが、
犯人の目星をつけていたので、逃げながら追っていて、ハラハラドキドキの作品でした。









関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

レイさん、こんにちは☆

ニノのファンなら、2つの魅力が楽しめると思いますよ。

真相を知ろうとする作品は、やはり、気になります。

No title

あーこれ、観たい。
脳男も観たかったけど、生田斗真もいいけどニノの方が好きだからー

ゴールデン・スランバーと逃亡者は観ました。
逃亡者は、国内ドラマでも似たようなのがあったよね。
江口洋介や上地雄輔が主演したヤツ。
漫画のホワッツ マイケル?にも、逃亡しながら猫を助ける
リチャード・キンブリ(本物はリチャード・キンブル)が出てくるー
(´m`)ププ
プロフィール

yutake☆イヴ

Author:yutake☆イヴ
こんにちは☆
使い方がよくわかりませんがヨロシクお願いします。^^;

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
PVアクセスランキング にほんブログ村
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア