映画『東ベルリンから来た女』★その“最善策”は彼女の“自由な意思の強さ”かと

T0016267q.jpg





作品についてhttp://cinema.pia.co.jp/title/160801/
↑あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。




ベルリンの壁が崩壊する前の、東西ドイツ。

共産圏の東ベルリンから、東ドイツの田舎の病院にやってきた女医のバルバラは
何かあって、左遷されたらしい。

監視の目が厳しい中、
恋人のいる西ドイツに亡命する意思を秘めたバルバラは
転勤先では、心を開かず、謎めいていて
張りつめた空気が、画面を覆っています……

内容は、西側に亡命を図っていた東側の女性がどうしたのか、ということに尽きるのですが
原題が、彼女の名前『バルバラ』そのままであるように
バルバラの存在そのものが、大きい作品です。

東側にいるということの厳しさや絶望など、ひっくるめたものが
彼女の“拒絶的”な第一印象として、強烈なインパクトがあります。

この突き放した強さは、同僚ならヤな感じなのですが^^;
強い信念もうかがえます。

そんなクールな彼女が、恋人との密会では
隠していた熱情の堰を切ったように、愛を交わす様子には
彼女が愛する気持ちを、普段、どれだけ抑えて、クールな女を演じているのか
どれだけ辛い気持ちを抱えているのかを、見せつけられるようでした…

医師である彼女は、そんな熱い気持ちを、患者さんにも向けるのは当然です。
ある日、入院したステラという少女と出逢います。

このステラの悲惨な状況が、共産圏・東ドイツの過酷な実態を見せます。
ステラを抱きしめるバルバラに、ターニングポイントがやってきます……

予告編の印象だと、バルバラは
西ドイツにいる恋人と、東ドイツでできたボーイフレンドとの“恋愛の選択“が、見せ場のようでしたが
少し、違いました。

ココは、観て、感じていただきたいので、ボカしますと



▼▼

私の印象は、
バルバラの“選択”(というより、“その行動”と言ったほうが適切か)は
監視で、がんじがらめであったバルバラの
“自由な意思の強さ“を、見せられた感じでした。


▼▼


彼女は、最善の結果を決めたのだと…….


全体のトーンは、暗めで
その後のバルバラのことは、わからないけれど
やがて、ベルリンの壁が崩壊することを知っている者にとっては
バルバラの“選択”も
きっと、悪い方向にはならないと思えるのが、嬉しい☆









関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yutake☆イヴ

Author:yutake☆イヴ
こんにちは☆
使い方がよくわかりませんがヨロシクお願いします。^^;

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
PVアクセスランキング にほんブログ村
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア