映画『ジャッキー・コーガン』★ブラピのオーラと美学で成り立っている殺し屋

T0013948q.jpg


作品についてhttp://cinema.pia.co.jp/title/161225/
↑あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。


『コズモポリス』も、専門家さんの高評価で観ましたが
これも、批評家さんの高評価で、鑑賞しました……

ブラピが出てるから~☆と思ってみると、
それなりに、違うかもしれないけれど^^;
それなりに、観てしまう作品かもしれません。

ブラピは、男前であることに安住したような、い・わ・ゆ・る・男前を演じていませんよね。
乙女たちからしたら、なぜ、そんなバッチイ姿にしてしまうの?(涙目)と思うような
汚れ役も演じてきました。

けれど、男前は、ボロボロのジーパンを履いても、渋さの光る☆男前になるように
ブラピの美形は、いつもそこにあるのです☆

原題『Killing Them Softly』
ブラピが、“優しく殺す“と言うのなら、ファンは、すでに悩殺されておりましょう♪

邦題の『ジャッキー・コーガン』とは誰???と思ってしまうのですが^^;
ブラピが、この“殺し屋“を演じることで、ストーリーの展開よりも
ブラピの役どころを、存分に見せるゾ!というムードを感じます。

そんなブラピの登場は、じらしにじらされて、だいぶ経ってからです。
“殺す“という目的が絞られてから、満を持して登場\(^o^)/

本当のターゲットのみならず、
ターゲットもどきも、生きてても、あとあと大変だろうから、死なせてあげる――
という優しさ?で殺すのですが
もし、『アウトレイジ』風なら、「ゴチャゴチャ言ってなんじゃないぞコラ!みんなまとめて殺すゾ!コラ!」
と言う感じなのかもしれません。そのほうが、スッキリ爽快系だったかも。

ブラピの見せ場となる殺しのシーンは、
♪「It's Only a Paper Moon」♪などをバックにして
残酷性を“ソフト”に、演出していたようです。


演出といえば、所々、オバマ大統領の演説が、シーンに割って入ります。

そういうアメリカ社会でのことなんだと言う背景を、物語るのか
あるいは、そうなるはずのアメリカという願望か……?
そんなアメリカ社会で、こんなこと(例:強盗)が表面で起こって
水面下では、こんなこと(例:暗殺)が起こっている……

優しさがあろうがなかろうが、殺しは殺し。
“殺し屋“は商売。
「アメリカは国家じゃない。ビジネスだ。」
それなりの対価は払ってもらわないと、ということ。

とすれば、このブラピ作品の対価は、如何に????^^;

これは、北野武監督作品でもなければ、タランティーノ監督作品でもなくて
失礼ながら、これは、監督名でいうよりも
やはり、ブラピ主演作品なのだ!と思います。

ブラピのオーラと美学で成り立っている、殺し屋像なんでしょう、たぶん……^^;









関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 「映画ベース」のご案内

ご紹介ありがとうございました。
さっそく、閲覧してまいりました。

「映画ベース」のご案内

yutake☆イヴの《映画★一期一会》 管理人様

はじめまして。紀平と申します。

私は現在「映画ベース」という映画のレビューサイトを開発しており、
是非映画に関心のある方からレビューの投稿や、
サイトをご利用頂いてのご意見やご感想などを頂ければと思っております。

「映画ベース」
http://kota.lolipop.jp/eigabase/


まだまだ立ち上げたばかりの未熟なサイトですが、
一度サイトにお越し頂き、
ご利用をご検討頂けますと幸いです。

どうぞよろしくお願い致します。

//----------
// 映画ベース
// http://kota.lolipop.jp/eigabase/
//
// 紀平 光太
// kihira@kota.lolipop.jp
//----------
プロフィール

yutake☆イヴ

Author:yutake☆イヴ
こんにちは☆
使い方がよくわかりませんがヨロシクお願いします。^^;

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
PVアクセスランキング にほんブログ村
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア