映画『べラミ 愛を弄ぶ男』★この罪なクセモノ美男をロバートで堪能~☆(*^_^*)


T0008178q.jpg



作品についてhttp://cinema.pia.co.jp/title/161235/
↑あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。


モーパッサン原作の『べラミ』です。



美しいけれど、職とお金に恵まれなかったジョルジュは
ある日、従軍仲間だった男と出くわし、自宅に招かれる。
そこで、彼の妻や、他の夫人たちと顔を合わせたことが
彼の人生の新たな扉を開かせた………


この、クセモノ美貌男:ジョルジュを、ロバート・パティンソンが演じるので
とてもとても、楽しみにしていました☆!!!!

ロバートは、物語としては、今一つアレ(つまらない?^^;)だった『コズモポリス
では、若き美貌の資産家を演じ、虚栄と虚無と渇望にまみれた
破滅的な男を演じ、それはそれで、ロバートは適役だったと思っています^^;

ロバートには、美しく、挑戦的だけど破滅する、という役を見たい!

彼には、美しい冷たさと、孤高に反する内熱と
刃物のような危険を感じる。
その切れ味に、傷つくことがわかっていても、近づかずにはいられない魅力を女たちに発する、罪な男。

関係する女性たちを演じたのは

1.クリスティーナ・リッチ : クロティルド
2.クリスティン・スコット・トーマス:ヴィルジニー
3.ユマ・サーマン:マドレーヌ


以下、内容にちょっと触れて、雑感です。


▼▼▼

チラシのコピー。
『男は愛がなくても女を抱き、女は抱かれて愛だと信じる』

↑コレ、ドンピシャです^^;

女性たちは、ナンだかんだ言っても
寂しさを埋めてくれて、自分に“理解”を示す男性が、欲しいのだと思います。

けれど
その“理解”というのが、男女の間には、相違があって
惹かれあったときには、それが、求めていた“理解”だと想い
抱かれながら、愛だと思い込む。
(愛は、勘違いだと言う人もいます……(>_<))



ユマ・サーマン演じるマドレーヌは、年長の、デキる女。
ジョルジュの代わりに記事原稿を作ってくれて、洞察力もある。
初対面のジョルジュにもはっきりと、自分は情婦にはならない、とピシャっと言う。

けれど、彼女の才覚失くしては、うまく生き抜けないジョルジュは
彼女が未亡人となるや、甘い言葉で、求婚する。(←そういうことは得意)
彼女が主導権を握った結婚生活のほうが、ジョルジュにも良かったと思いますが
彼のプライドが、それを良しとせず、陥れることに…(>_<)

糟糠の妻のおかげで、今の自分の地位がある夫でも
妻のことは忘れて、自分の実力だと思いあがって
好き勝手やって、妻を捨てるサイテーなのもいますよね…

女は、ジョルジュにとって、息抜きであり、生き抜く手段でしかない。
生きるための本能ならあるが、愛なんてない。

そんなのは、結局は、ケダモノですよね……

“愛の巣“まで用意してくれた、クロティルド(=クリスティナ・リッチ)には
中身のない男だと、ののしられる。
「私の気持ちを考えたことある?」
無いよね……

年増のヴィルジニーに至っては、丸っきり、手玉にとって終わり……orz
オバサンを、ソノ気にさせることを、面白がっただけのよう……

ヴィルジニー役のクリスティン・スコット・トーマスは、上品で、美しい熟女だと思っています。
一方で、その品格を崩すようなコトをされてしまうと
見苦しいまでに、愛に発狂した熟女の哀れっぽさを、醸し出せる……
(個人的には、この痛々しさを、教訓にしようと思いマス……)


そして、究極の金ヅルを見つけたジョルジュ。

それは、ボロボロにして捨てた、ヴィルジニーの娘:シュザンヌ。
因果な男でしょう?
母親が年増女なら、娘は小娘ちゃんですよ……
しかも、まったく、ソノ気もなし……
まさに、カネ目当て。

そんな、虚飾の結婚式で
トンデモ男ジョルジュに、微笑みを見せてくれるのが、
1度は彼を罵った、クロティルド。

クロティルドの笑顔を見て、ニヤける、ジョルジュ。

女に愛なんてない、と言ったジョルジュが、愛のない結婚をしたあと
また、クロティルドの“愛の巣”に行けるゾ!とほくそ笑んだとしか思えない……

この、ふざけた“ニヤケ微笑”が、
もう、貧乏から抜け出すために仕方がないわけでも、ナンでもない
ただの、ふざけた生き方をした、中身空っぽのケダモノ男、いえ、ベラミなんです、と
彼のキャラを総括した終わり方は、良かったと思います。
呆れるけど……



▼▼▼


ベラミ~美しい男~
美しいのは、外見だけ……

女たちを、ガチャガチャにひっかき回して、傷つけ、去ったくせに
その傷が癒えないうちに、かさぶたを剥がしにやってくることを
愛の未練だと、錯覚させる男……


イメージに固定されることはないけれど
今は、そんなロバートを堪能したいし、そうすべきですヮ……







関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yutake☆イヴ

Author:yutake☆イヴ
こんにちは☆
使い方がよくわかりませんがヨロシクお願いします。^^;

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
PVアクセスランキング にほんブログ村
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア