映画『トリスタンとイゾルデ』★切ないJ・フランコのトリスタンは適役(^_-)-☆


9d5e759c4f.jpg


作品についてhttp://cinema.pia.co.jp/title/16098/
↑あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。


映画レビューです。
http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tyem/id325030/rid14/p0/s0/c0/


『ロミオとジュリエット』の元ネタと言われる悲恋の物語。

『ロミオとジュリエット』は、家どうしが仇どうしでしたが
『トリスタンとイゾルデ』は、国どうしの話です。

だからといって
敵国のお姫様を好きになってしまった、という単純な話ではないのが、
この物語の面白いところだし、切ないところ…

例えれば、敵なら、ブン殴って奪えても
敵でなければ、奪うことはできない……オット^^;


以下、要反転。




たしか….
トリスタンは、国の威信をかけて、イゾルデ姫を賭けた決闘大会に
主君の代わりとして、参戦します。

トリスタンは勝者になり、イゾルデは喜ぶのですが
トリスタンは、領主の代役。
イゾルデは、領主のモノになってしまうのです……orz
領主だから、どうしようもないのです……
それに、その領主が、イイ人なんです…….
そんな領主を裏切ってまで、トリスタンの恋は、貫けるものでしょうか……





いくつもの、筋書きのパターンがあるという、『トリスタンとイゾルデ』。
映画版はどうなのか?という楽しみもあります。



トリスタン役のジェームズ・フランコが、適役でした☆
切ない雰囲気で
恋の成就が、スムーズに行かないもどかしさが、合っていました。



ちなみに
ワーグナー作曲の楽劇『トリスタンとイゾルデ』のこと



ワーグナーは、娘にイゾルデと言う名まで、付けています♪


その楽曲が、映画『メランコリア』で、効果的に引用♪






ところで
2013年は、ワーグナーの生誕200年なのだそうです。
ワーグナーの曲は曲として、鑑賞を楽しむ反面
ナチスとの関係で、しっくりいかない部分もあるそうです。
作品が良くても、作者がどんな人かでこだわってしまうこともあると思いますが
生まれて200年もたっていれば、そろそろ、こだわりを捨てて
曲を楽しむということで、いいのかな~などと思います。




ついでに『ニーベリングの指輪』^^;








関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yutake☆イヴ

Author:yutake☆イヴ
こんにちは☆
使い方がよくわかりませんがヨロシクお願いします。^^;

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
PVアクセスランキング にほんブログ村
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア