映画『探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点』★もう雑感でしかありません^^;

135918410930213109582.jpg




作品についてhttp://cinema.pia.co.jp/title/160964/
↑あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。


私が、この作品を観たいと思うのは、ひとえに
憧れの北海道が、舞台だからです♪

この探偵が入り浸るのは、繁華街ススキノ。(←行ったことない^^;)

画面で感じるのは、繁華街なんだけど、
そこは、地方都市ならではの雰囲気☆
地元だゾというホームグラウンド感が、いいのでしょう♪

ともかく、
「めんどくさくない映画観たい」と言いながら、チケット購入するにピッタリな作品なので
雑感だけ、勝手にしゃべらせてくださいませ。(*^_^*)


▼▼▼


まず、ビックリだったのが、オカマのゴリさん(マサコちゃん)が死んでしまうこと…orz
とても、楽しいキャラなのに、いきなり死ぬなんて、と思ったら
その犯人捜しと隠された事実が、今回のテーマでした。

そして、現れたのが、
マサコちゃんが、ひいきにしていたというバイオリニスト・尾野真千子さん♪

彼女が、探偵の依頼人という体裁をとりますが
尾野さんの登場も、強烈でしたヮ……
バイオリニストの綺麗なお姉さんが、ナポリタンを、ズーズーすするか?(―_―)!!

この作品には、地元ムードを感じると言いましたが
一方で、庶民的<<風俗的ですよね……^^;
(下品と言うと、ちょっとアレなんですが……^^;)

この場合、効果的なのは、
思い切り場違いなお嬢様か、ナポリタンズーズーだとしたら、
尾野さんのざっくばらんさは、ナポズーズーでこそ生かされたってなもんでしょう♪


そして、探偵が、かかったとか、移されちゃったとかいう、“悪い病気”。

“映画を気楽に観たい“という、1つの要素なのかもしれないので
これは、言及することもないのですが……

しいていえば、『ロッキー』の倍以上、流し込んだと思われる、生卵☆

『ロッキー』は、あれで、トレーニングに励んだのに
探偵のエネルギーは、そっちに行ってしまうのね……(>_<)


そんな風俗ムードを背景に
しだいに、炙り出されていくのが、そんな世界に生きてきた、マサコちゃんの過去。

マサコちゃんのことは、作品では、娯楽モノらしく、サラッと流していますが
つきつめて考えたら
人が生きていくのは、楽なことじゃない….ということを痛感することです。

運が悪いとしか言えなくて、気がゆるんだら、泣き出してしまいそうな人生を、背負っている人もいる。
でも、そういう人のほうが、ふだんは、明るくてニコニコしていて
悩みを微塵も感じさせず、人生楽しくやってそうに、見えてたりもする。

そして、その人の辛さを、思いやることもせず
自分の価値観で、平気で人を見下せる、ナニ様もいる……

このあたりのシーンは、娯楽ムードでも、ホロ苦くて、良かったと思います。


▼▼▼


探偵の相棒=松田龍平さんは、捕えどころのない人物ですが^^;
不死身の?アクション担当で、安心していられるのが良い(*^_^*)



そして、ゲストの
尾野真千子さん&渡部篤郎さんが見せる、緊迫シーン!!(>_<)

………と言えば、『外事警察』?ではありませんが……^^;



マサコちゃんがあのまま、というのも残念なので、かつて、1度死んだ寅さんを復活させて
映画『寅さんシリーズ』を続行させた前例もあることですし、ついでに
『外事警察』の続編も、観たくなっちゃったので^^;
知らん顔して、コラボ!?スピンオフ!?などしたら、どうかな~なんて思いましたが
純粋なファンには、怒られてしまいそうですね^^;








関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yutake☆イヴ

Author:yutake☆イヴ
こんにちは☆
使い方がよくわかりませんがヨロシクお願いします。^^;

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
PVアクセスランキング にほんブログ村
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア