映画『俺はまだ本気出してないだけ』★本気出す前に正気でいてェ~+α


T0015086q.jpg


作品についてhttp://cinema.pia.co.jp/title/161252/
↑あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。


40歳を過ぎて、サラリーマンをやめて、“自分さがし“をするというオッサンの話。

堤真一さんが横たわる、劇場のパネルを見たときには、笑っちゃいました^^;
(いるいる、こういうこと言ってる人いるよ~(>_<))

宣伝のコメントでも、得るものは無い作品^^;と言っていましたが^^;
話しのタネに、観てみました。

まあ、本気出す前に、まず、正気でいてくれェ~(>_<)と言いますか
“自分さがし”の前に、“生活の糧”をさがしてくださいョ……と思いつつ……(T_T)

ストーリーがどうということはさておき、エピソードなどを肴に(ツマミに^^;)
おしゃべりさせてくださいませ。


▼▼▼▼


1.自分のことしか考えていない(―_―)!!


そもそも、このオッサンは “自分のことしか考えていない”ということなんですね………..

それを、痛感するのも、序盤。
登校前の娘が、ゲームしている父に
「食べ終わった食器を、たらいにつけておいて」と言ったとき。

おそらく、オッサンは、ご飯も実父か娘が炊事してくれたものを食べるだけで
後始末なんかも、するはずがないと思う。

オッサンには悪いのですが、私の私的感情も込めて、言わせていただきますがオッサンが、家事を免れている理由は、その家の稼ぎ手だからだと、私は勝手に思っています。
在職中は、上げ膳下げ膳でもいいですよ。けれど、無職になったら、家のことをしたほうがいいんじゃない?
娘は、在学中ですよ。
ましてや、遊んでる自分に朝食作ってるのも、娘かも。
そうしたら、お皿くらいは洗うべきでしょうよ。



個人的な感情で不快に思われるかもしれませんが
、↓要反転
男性の中には、男性だから家事はしなくていいと思っている方も、おいでですが
自分が家にいるなら、少しでも、家事を手伝ったほうがいいんじゃないですか?
(というか、自分が自分の皿を洗うのは手伝いではないからね^^;)




娘は、劇中では、“親孝行の娘“らしい発言をしてくれますが
設定的には、親の道楽のために娘が身売りするようなもんですよ…….orz

自分の夢とか生きがいもいいけれど、娘のことを“本ッ気”で考えてほしい!!(>_<)と
このオッサンには、私は、マジに!!腹立ちました!(-_-)/~~~ピシー!ピシー!



2.キャバクラ再就職のおじさんの“本気”


得るものはない^^;とのことでしたが
周囲に、“本気“を見られたのは、意外でした。

それは、前の会社が倒産して、キャバクラに再就職したという、おじさんのこと。
年齢がいくと、新しいことが覚えにくいんですよ……
で、若い人には、なめられ、ひどくイジメられる……
見ちゃいられない姿ですが、それでも、おじさんは、家族のためにクビになるわけにはいかないと
キッパリ覚悟を決めていました。

仕事するって、そういうことで
“本気”って、そういうことなんですよね。
このおじさんは、誰が何と言っても、私は、男の鑑だと思いました。(キッパリ☆)



3.あなたはやさしいから


堤真一オッサンの友人(生瀬勝久さん)と元妻の会話が、意味シンでありました。

彼らが別れた理由について、元妻が語ります。
「あなたはやさしいから」

↑コレ、ツボです……………………………………..

たとえば、
元妻の不手際があっても、夫は、それに触れずに自分で処理してあげるのを
優しさだと思っていた。
しかし、妻は、無視されたと感じ、距離が出来てしまった、というもの。

夫婦円満の秘訣には、摩擦を起こさないこと、というのがあるとしたら
言いたいことも半分くらいに抑えて、ニコニコするのが、適切だと思っていました。

けれど、本音を言わずに抑え込んで、表面的におだやかに暮らすのは
相手と向い合うことをやめたのも、同然なのかもしれません…………..
(実際は、そうしないとやっていけなくても……(>_<))

元妻は、夫が、指摘するなら指摘してくれて、(ケンカになったとしても)問題を共有したかった。
けれど、夫は、ケンカも含め、二人が向き合うことを避けるようにふるまった……

やさしいのは、良いことだと思いますけどねェ……^^;

でも、元妻の気持ちもわかります。(思い当たるフシあり……)
たとえ、ケンカしてでも、問題に向き合って、納得しあって解決したい、と思うことは私にもありました……
けれど、ちょっと、自分が意見を言ったら、話し合う間もなく、かわされてしまったり
まったく平行線のまま、解決することもなかったり……orz

やはり、距離をおいてニコニコという優しさが、必要か……


▼▼▼▼


そんなこんなで、本気になったオッサンは、漫画家になりたいという夢をかなえられるのでしょうか!??

と言いつつ、現実も結末も、甘くないのデス……orz

脱サラしようとする父親に
僕のお父さんが、脱サラ後に、あんな風なオッサンになってはダメだ!
自分がしっかりしないと!という、少年のたくましくも健全な発言が、なんか嬉しい☆

堤真一さんのオッサンぶりは、滅多にみられないものを見られた感じでしたが^^;
どちらかというと、脇役の
蛭子能収さんのほうが、本気から遠いオーラが、にじみ出てたかも…….^^;














.
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 本気だして観ましたね。

ミカエルさん、こんにちは☆

すばらしいダンナ様ですね。分かち合ってくれるパートナーに奥様も感謝していると思います。
なかなかできることじゃありません。(*^_^*)
辛いオムレツ、刺激的ですね☆

本気だして観ましたね。

 私が失職していた時期は、炊事・洗濯・清掃等の家事は私の担当でした。

 当時はまだ子供がいなかったので気楽なものでした。
 連れ合いが起床する前に起きて、まずは洗濯。洗濯機が回っている間に珈琲を沸かしてトーストを焼きながら炒り卵かオムレツをつくる。
 私の卵料理は必ず鷹の爪の輪切りか豆板醤を入れます。辛いものが苦手な連れ合いには不評でした。

 連れ合いを送り出してから、洗濯物をベランダに干し、一通り家の中を掃除機かけてから外出。
 月曜ならチャリンコで片道45分かけて職安。その他の日ならチャリンコで片道一時間かけて試写室、映画やAV三昧。
 夕方五時までに帰って、夕飯の支度。だいたい私は中華料理と豆腐の味噌汁が多いですね。

 再就職が決まったら、連れ合いは「また弁当つくらなあかん。しんど」とバチあたりな発言。

 かなり自堕落な生活と思っていましたが、本作の主人公はもっと自堕落。あの主人公にあの娘、羨ましい。
プロフィール

yutake☆イヴ

Author:yutake☆イヴ
こんにちは☆
使い方がよくわかりませんがヨロシクお願いします。^^;

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
PVアクセスランキング にほんブログ村
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア