映画『ワールド・ウォーZ』 ★世界規模でゾンビがいたらちまちまヤッてられないので


T0010790q.jpg



作品についてhttp://cinema.pia.co.jp/title/161181/
↑あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。


ゾンビ映画でした。

と言いましても、大好きなマーク・フォスター監督です♪
とても情緒的な感性が印象的な監督なので
その線で、見せてくれると期待していました。

以下、結末はぼかして内容に触れて雑感です。


▼▼▼

ゾンビと切ってもきれないのが、感染症~ウイルスなど~。

今回も、そうです。
が、ウイルスの抗体をゲットして防ごうというのでなく
もはや、ワールド・ウオーというくらい世界規模なので
ちまちま、撃退できません(>_<)

ゾンビが避けて通る人たちがいることに気づき、彼らに共通する“あるもの“をゲットして
ゾンビに無視される存在になればいい、という発想に至ります。
もう、ゾンビが、そこらにうようよいるのは仕方ないということで
そうなると、ある意味“共存”をはかるのですね。

ブラピいわく、今までにない作品だ、ということですが
その発想は、なかったですねェ(*^_^*)
家族の安全と引き換えに、ブラピが奔走し、体を張ることになります。

ゾンビと言えば、よろよろしているのに、ターゲットにはワイルドに迫る^^;
と言うイメージですが、このゾンビらは
音に反応すると、ビュンっと早いの^^;

だから、静かにしていて欲しいのに、高い壁に安心したイスラエルの人たちは
歌舞音曲♪音を出しまくるんです……orz
それも、人の弱いところですよね。
絶対というものはないのに、過信してしまって、油断する…….

そして、その高い壁を登るゾンビたちのシーンも
バスに群がっては、崩れていくゾンビの群れもですが
この、ゾンビ(← 一見、人間)の群がりの描写が、
恐怖とともに、すごく、情緒に訴えてきませんか?

砂糖に群がるアリのような存在が、さっきまで、人格を持った人間だったんだと
思うと、切なくなります……

そう、ゾンビは、さっきまで親切にしてくれた人間だったりするんです。
なのに、ゾンビと化したら、殺さないと自分や家族がやられてしまう……
それが、切ないんです……orz

ネタバレになるので、
ブラビの勇気ある尊い行動は、お楽しみとして……

数あるゾンビ映画の中でも、私の一押しは
アイ・アム・レジェンド』です。 (今回、それ以上を期待していましたが……^^;)


それは、ゾンビを元の人間に戻せる、と知った主人公が
そのとき、ゾンビを人間として観ることができるのも感動的でしたが
人間性を失ったゾンビには、“治療“など施せるはずもなく
ゾンビ壊滅の選択をするのですが
その虚しさに主人公が流した涙には、胸がいたみました………………
(私は、ゾンビものの名作だと思っています)

ゾンビ=悪として戦って切り抜ける、というのも、ストレス解消的にいいのですが
私が、ゾンビものに期待するテーマは
それが、元は自分と同じ人間だったと言うことなんです。

彼らは、元からの悪者ではない、というのが、ミソでしょう?
だから、消毒すべく殲滅させるのが1番とはいえ、気がとがめるんです……

だから、今回のように
未感染者が、ゾンビにとって、ステルスモードになってしまえば良い、というのは
斬新なのかもしれないな……


▼▼▼


まあ……
ゾンビものは、ホントに、ゾンビのごとく
当たっても、コケても、次々と作りようのある
文字通り、不滅のテーマのようですネ(^_-)-☆













関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

Re: それならば・・。

ミカエルさん、こんにちは☆
さすが!ロメロ作品をご覧になられてますね!
未見でしたので、心にとめてみますね。

それならば・・。

 ロメロの「サバイバル・オブ・ザ・デッド」はお薦めです。

 小さな島で2つの集団が対立、一方は普通にゾンビ見たら頭を撃ち抜け、咬まれたら殺せという人々。もう一方は治るかもしれないから鎖で繋げておく人々。

 「治るかもしれない」、ああなるほど、と思いました。

 ロメロはアメリカ社会の風刺をゾンビ映画によく込めます。
 この2つの勢力は西部劇さながらの争いの末に皆ゾンビになり、2つの家の家長は向かい合って弾を撃ち尽くした拳銃を構え引き金を引き続ける。永遠に決闘をやり続ける。
 アメリカンスピリットの皮肉です。

 ご覧になってみては。
プロフィール

yutake☆イヴ

Author:yutake☆イヴ
こんにちは☆
使い方がよくわかりませんがヨロシクお願いします。^^;

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
PVアクセスランキング にほんブログ村
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア