映画『ウルヴァリン:SAMURAI』★ウルヴァリン見たさのサムライ風味(^_-)-☆


T0010949p1.jpg



作品についてhttp://cinema.pia.co.jp/title/160622/
↑あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。


特殊能力を持つ、ミュータントたちの物語:『X-MEN』

治癒能力を持ち、いつまでも若く精悍な、ウルヴァリンことローガン。
限りない未来に逆行するように
失われた記憶を求める、ウルヴァリンの心の旅には、
孤高というにふさわしい風情が、ありました。

そして、そんなウルヴァリンに、サムライ魂を、見出すとは!
お目が高い!企画でございますョ。

ウルヴァリンには、3本爪が、武士の魂と同様ですもんね☆

けれど
外国作品の日本は、たいてい、異次元になってしまうのが、懸念材料なのですが
まあ、いいです^^;
ウルヴァリン=ヒュー・ジャックマンの勇姿が、見られれば☆


以下、内容にふれて、ノーガキです。


▼▼▼


ウルヴァリンに、原爆投下時の長崎で、命を救われたという富豪が
死に際に恩を返したいから会いに来い、と、横柄?な要請で、来日します。


富豪のお宅は、お金持ちの趣味で、どんな邸宅でも、私がとやかく言えるものではありません。

料亭のようでもいい。
大奥の中庭のようでもいい。
忍者とヤクザ?(ボディガード?)がいてもいい。
自宅で、プライベートの治療が、受けられてもいい。
剣で戦うとき、鎧を着ててもいい。(動きにくいかもですが……)
ウルヴァリンを、女性2人がかりで、デッキブラシで洗ってもいいです。(*^_^*)


“恩返し”と言いながら、富豪のやることは、恩の仇返しか………orz
ウルヴァリンを死なせてあげるなどと言って、治癒力を奪おうとする。
富豪なら、命も買える、というわけですね。
げっそりと、傷も癒えない、弱ウルヴァリン……

でも、死んだら、亡くなった恋人に逢える………?
(この恋人は、愛するがゆえに、彼の手で殺されたという、壮絶な想い出ありでしたね……)


そんなウルヴァリンの内面も、見どころとして、宣伝していましたが
今回は、それほど内面には期待せず(失礼!)
アクション重視で、鑑賞しました。


絶賛は、新幹線の上での格闘です!!!

新幹線が、疾走するスピードをうまく利用して
飛ばされる体と、飛ばされまいとする、ウルヴァリンの爪☆
ギギ……と引っかかれて、摩擦で止まる!
飛ばされては、また、爪で、ググっと力入って、引っ掛ける!

↑このシーン、好き☆
列車強盗ものなどでも、屋根の上のシーンは、迫力あって、見どころにもなると思いますが
ウルヴァリンの爪の利かせどころでした☆
何度でも観たい!

(真田広之さんとの対決は、チャンバラというより、爪メインだったかな……)


~~


お金で買えるなら、何としても、健康や若さや命が欲しいものなのでしょう。
瀕死の富豪は、ヘビ系の女医と結託して、その願いを叶えようとします。

(この、美女系ヘビさんが、戦いのさなか、“脱皮”するのには、ビックリ。
そこで、脱がなくても……^^;)


▼▼▼


ウルヴァリンに、サムライ美学を投影したのは、良しとして……
“サムライ“というものには、西洋の騎士とは違った魅力が、欧米の方にはあるのでしょうね。
忍者とも、ヤクザとも、違うのですけどね………(汗)


スピンオフで、“ウルヴァリン・サムライ味”を、楽しみましたが
サービスショットとも言えるラストシーンが、嬉しい☆
マグニートー&エグゼビア教授が、顔見せしてくれます。

↑この2人の因縁の始まり 『X-MEN: ファースト・ジェネレーション』(2011年)は

2人の、複雑な関係描写が、良かった☆
相互の境遇を、良く知ればこそ、ずっと味方でもいられない。
でも、対抗しても、憎みきれない……(複雑でしょ?)

そんな、味のあるドラマ性に期待して、その後のX-MENシリーズも楽しみです☆





ちなみに
フランスのピザ・ハットのサムライ味は、照り焼き風味~~これはなんとなくわかる^^;
オランジーナ・サムライは、レモン味なんだそうな……ゆず味のほうがイメージ近いかも^^;












関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yutake☆イヴ

Author:yutake☆イヴ
こんにちは☆
使い方がよくわかりませんがヨロシクお願いします。^^;

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
PVアクセスランキング にほんブログ村
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア