映画『シャニダールの花』★ 綾野剛なる花の妖しさwith“華”

 T0016216q.jpg



 

作品についてhttp://cinema.pia.co.jp/title/161122/

あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。

 



実は、石井岳龍監督の独自の表現世界には、熱狂的なファンも(クエンティン・タランティーノ監督含む)

多多、いらっしゃるとは伺っておりましたが、今作品が、初体験でございマス。

 

ミーハーと言われれば、それまでですが^^;

綾野剛と幻想的な花“――それだけで、絵にも詩にもなりそうで、ゾクゾクする想いにかられて鑑賞しました。

(年長者が比較的多めでした。監督への期待大のファンの方々か)

 

 

女性の肌に咲く花に、まつわる話ですが

花へのサイエンス的アプローチを期待すると、物足りないのかもしれません。

(でも、フィクションだし…^^;

 

けれど

女性の胸元に咲く花、というだけで、感じるものがありませんか?(照)

(その感覚は、オキーフの花の絵を見たときにも、感じたかな……^^;

 

なので、あちこち、非現実的だと思われる部分は、あるかもですが^^;

この花の幻想に惑わされてみるのが、最善の観方ではないかな~と思われます。

 

以下、幻想のノーガキです。

 

 

▼▼▼

 



1、黒木華さん
(←ハナでなくハルさんだけど^^;



 

作品に、うってつけの名前の、黒木華さん

このさんが、とても、重要なポジションを、占めていました。

 

研究員・綾野剛さんの下で、勤務する心理カウンセラーなのですが

華さんは、優しい雰囲気で、花を宿した女たちに、心開かせます。

が、この華さんには、

私は、始め、その繊細さの下にある毒牙のようなものも、勝手に感じていました^^;

 

それは、優しき女性が、自分でも気づかない(カマトト含む)

もろい様でいて、しぶとい怖さ。

優しい顔で、どんどん入っていく(浸食していく)図々しさ、もとい、積極性。

 

でも、これは、私の勝手な思い込みで

華さんは、イヤ味な方面には行かなくて、強い探究心と意志で、花に対して、行動していきます。

(見た目はか弱そうでも、強い芯はあるゾと)

 

主役の綾野剛さんを、クールな研究員のままで終わらせないというような

重要かつアッパレな、狂言回しの役どころでした。

 

 

2、花ごころ

 

自分に生えた花を、立派に咲かせたいと思うようになる女たち。

 

順調に、美しく、開花させたいという願望は

女性の心に潜む、美や恋愛への欲望のようでもあります。

 

イケメン研究員・綾野剛が、毎日、花の観察に訪れてくれて

今日は昨日よりもキレイになったでしょ、と思えれば、誇らしくも嬉しい気持ちになる(*^_^*)

 

でも、満開に咲いてしまえば、採集となり

観察に来た綾野剛とも、もう逢えなくなる、と淋しく思うと、花も、枯れかかる……orz

 

女ごころそのものが、花なんですね。

 

 

3、綾野剛さんと花。

 



綾野剛さんと花というのも、類は友を呼ぶと言う感じでそそられます(*^_^*)

かつ、綾野さんは、妖しい魅力ですよね。

 

肌に咲くという、花の妖しさに、とても合っています。

 

この花は、映像化して正解だと思うのですが、デキ過ぎです!!

花というだけで、エロスを感じる、とおっしゃる方もいますが

私も、恥ずかしながら、同感です。

 

この花の色味!血色の良い乙女の唇のようです(*^_^*)

乙女の肌に咲く、という、生生しさよ……

それ以上は……イエナイ……

  

やがて、この花の恐ろしい隠れた側面が、出てきます。

そして、綾野さんの、ナイフのようなダークサイドな部分も、重なってきます。

 



 

4、花の果て

 



花は、ただ咲いているだけ、と思ってしまいそうですが

それらとて、永遠の命の中で、むさぼるような生の営みの中にある……

 

ネタバレ的なので、要反転)

 

 

ひっそり咲く姿にも、気味の悪い色気があるのですが

かわいい顔して、侵食する姿には、図々しさを感じます。

 

そんなダークサイドついでに、

やがて、この花は、綾野剛の胸にも咲くのかと思いました。

が、そこまではせず、

ラストは、キレイに、幻惑の中で終わります。

 

その、途方に暮れた終わり方も、作品の匂いに、合ってそうですが

私は、綾野剛の胸にも咲かせてくれたほうが、妖しさと美しさが

絶妙に、からまったのではないかと思うのです…………….

(やりすぎかな?)

 

 

 

▼▼▼

 



 

面白いといえば、面白く

もうちょっと…….と思うフシも、無くはないかもしれませんが

 

綾野剛 & シャニダールの花 & 黒木

というコンビに、珍しい光景を見せてもらったと思います。

 

 

 

 

 












関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yutake☆イヴ

Author:yutake☆イヴ
こんにちは☆
使い方がよくわかりませんがヨロシクお願いします。^^;

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
PVアクセスランキング にほんブログ村
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア