映画『謝罪の王様』★阿部サダヲのBe土下座~ワチャワチャに^^;

T0016532q.jpg



作品についてhttp://cinema.pia.co.jp/title/161447/
↑あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。





住宅街の、せまい十字路を、自転車で曲がろうとして
向かってきた車と、正面衝突しそうになりました。
とっさに、頭を下げたのは、ドライバーに
「バ〇ヤロー!」と言われたくなかったから。
狭い道なので、右も左もないし、一時停止の標識もない。
あうんの呼吸で(?)、誰が悪いわけでもなさそうな衝突未遂ですが、
とりあえず、頭下げとけば、とやかく言われることもないだろう、という、
保身の気持ちがありました。

そうなんです。
とりあえず、頭下げておけば、日本では、相手も寸止めしてくれるもの。
良くも悪くも
“謝り上手”が、世の中を、うまく泳ぐ術なのかもな~とも思っていました。

国によっては、“すみません“に当たる単語が無いとも聞き
謝罪は自分の罪を認めたことにもなるから安易に謝るな、という外国の習慣もあるとしたら
“謝罪“(とりあえず含む)は、日本の生活文化なのかもと思います。
(外交でもムズカシイところ(>_<))

文化とは言いましたが、ネガティブな文化ですよ。
でも、扱えば、やぶにらみ的な面白さになりそうな具材ですよ。
それを、阿部サダヲが演るんですから。(親しみこをこめて敬称略^^;)
土下座にだって、闘争心のようなエネルギーを感じる☆
(宮藤・脚本というのも、期待大☆)

以下、内容にふれて(結末ふれず)雑感です。


▼▼▼

一見、オム二バスです。
こんな事例、あんな事例と、阿部サダヲが謝ってくれます。
Doじゃなくて、Be土下座は、Be togetherか?^^; 
なんか“土下座と一体化”した感じです。

と言うか、ヤクザへの対応は、ご機嫌取りの“太鼓持ち”ですね。
彼の場合は、喜劇が徹底しているというか
痛々しくなってしまいそうなシーンも、哀れっぽくならないで
自分の段取り通り運んでいる、というスパっとした潔さがあって、安心して楽しめる♪
(アンダーウエアも許す^^;)

セクハラ被害者への訴え取り下げに関しては、謝るというより、お願いが高じて
おどろかしてます……^^;(脅しでなく、驚かす)

そして、
・俳優の息子の暴力事件~~と言っても、本当に悪いのは誰なのか?ここもチョコッと温かさあり(*^_^*)
・国際弁護士が娘に誤りたかったこと
・外国の王族を巻き込んだ、謝罪外交…….

オムニバスが、少しずつ、各シーンにつながっているのが面白い。
特に、阿部サダヲの助手になった井上真央さんが
カレーライスを食べるのを見た、岡田将生さんが、発する声に注目!!
(聞き逃さなかった!\(^o^)/)

↑これらの絡んだ脚本は興味を引くし
阿部サダヲの、間の取り方・語り口が、本当にイイ感じ♪
そこいらへんは、また観たい!

……ただですね(以下、楽しかった方ゴメンナサイ←謝罪^^;)

▽▽▽▽

マンタン王国への謝罪あたりが、ちょっと、ダレたかな~との印象あり。
多分、阿部サダヲ自身が、“外交”に、直接関わらなかったからかもと思うのですが。

“究極の謝罪”は、その前の伏線を含めたら、究極にバカバカしくていいのですが
肝心なところで、阿部サダヲの存在感でなく、ギャグだけで持ってってしまったのが、ちょい惜しい(>_<)……
(ワキ〇ボーボー~の女の子はカワイイ)

▽▽▽▽

良かったのは、阿部サダヲ=謝罪師が、謝罪センターを作った理由。

悪くないのに、相手を気遣って、“すみません“という、我々の気質と
悪かったときには、一言でも、誠実に謝罪してほしいという、我々の本音。
そして、
謝罪を求めるとき、心のどこかで“赦したい”と言う気持ちが、人にはあるはずだ、ということ。

それが、説教っぽくなくサラッと、作品に意味を持たせているんです。


▼▼▼

最後は、阿部サダヲの、マンタン王国の出番不足を取り戻すかのように
インド映画風のノリで(?)、盛り上げてくれます。
あの演出は何なの?という想いは吹っ切って、楽しんでください。

宮藤・脚本と阿部サダヲと謝罪を、
カレーライスのように、ワチャワチャにかきまぜたら、
え!?という、味なもん出来ました!ということで(^_-)-☆


PS:話違いますが、“究極の土下座”は、大〇田常務(by半沢〇樹)かも^^;










関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

謝って済めば警察はいらないと仰いますが

小学校三年生の姪に「映画に連れて行け」と頼まれたのでてっきり「プリキュア」だろうかと予想していたら、なんと見たいのは「謝罪の王様」だと言われビックリしてしまった。女の子も小三くらいになると見る映画もそろそろ変わってくるということなのだろうか・・・ なんでもコイツの廻りでは「脇毛ぼーぼー自由の女神」(ーー;)というフレーズが異常に流行っているとのことで、最初聞いたときは何の事やらサッパ...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yutake☆イヴ

Author:yutake☆イヴ
こんにちは☆
使い方がよくわかりませんがヨロシクお願いします。^^;

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
PVアクセスランキング にほんブログ村
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア