映画『陽だまりの彼女』★愛する気持ちはずっとあり続けるファンタジー(^_-)-☆


70726f647563742f32303133303931325f6266353232302e6a7067003235300000660066.jpg



作品についてhttp://cinema.pia.co.jp/title/161397/
↑あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。




社会人になって、10年ぶりに再会した恋人たち。
やけ焼けぼっくいには、すぐに火がついて、結婚し、アツアツ(#^.^#)に☆
けれど、段々、彼女の具合が、かんばしくないような……

ラブ・ファンタジーと聞いて、楽しみにしていました☆

女子は(オバサン含む(-.-))、基本、熱々にラブラブが好きですョ。
熱々は、ずっと続いてほしいけれど、現実は
冷めたり、途切れたり、横やりが入ったりで
”ずっとアツアツ”は、難しい……
”ずっとアツアツ”の”ずっと”と言うのは、
”ずっと”が叶うのであれば、必ずしも、”同じ状態”でなくてもいいかしら?(オット!)

これは、おとぎ話です。
ああ、そういうことかぁ……と気づくと、
それまでのあんなこと、こんなことが、伏線だったとわかって、ニンマリ(#^.^#)。
段々、寂しいトーンになっても、そんなニンマリで、ホッコリした気持ちになれました。

以下、ネタバレムードで雑感です。(未見の方は鑑賞後に(^_-)-☆)


▼▼▼





終盤、真相がわかってきたあたりで、浩介が真緒に語りかけるセリフ。
「お前、ブライアン、食ったろ?(笑)」
このセリフが好き☆
このときの真緒は、運気下り坂で、山下達郎さんが歌うテーマソングではないけれど
”レクイエム”ムードでもあるのです。
そんなときに、「食ったろ?(笑)」です。
この(笑)の感じが、とてもイイ☆
思わず私も、ふっと笑った。
そのときの(笑)で、浩介は、”自分の知らない真緒”のすべてを
受け入れたよ!ということが、よ――――くわかる……

伏線の部分ですが
魚が美味しそうとか、熱いのが苦手な〇舌とありますが
お隣のボクちゃんが、ベランダから落ちそうなピンチのとき!
………ふと、思い当たるフシ(余談)が……

それは、体操で大活躍の、ひねり王子こと白井選手☆
床運動での新技「シライ」。
4回転を、ひねりにひねっての、見事な着地を見たときに思いました。
”高いところから落ちても、うまく回転して着地する、〇〇みたい!”

百万回生きたナントカ、というのもありましたね……





▼▼▼


今が、どんなに幸せで
今を、どんなに留めておきたくても
それを、時間にも、記憶にも残し続けることは
実際にはムリなことだと、私たちは知っていますよね……

だから、このカップルの哀しい部分は、まんざらファンタジーでもない……

けれど、このファンタジーは、ちょっと哀しみを残しながらも
”愛すること”それ自体は、いつもそこにあり続けるものなのだと
教えてくれてると思う……

ビーチボーイズの♪「素敵じゃないか」は、幸せな二人に、ハマりすぎ☆
一緒に、幸せを感じちゃおう!\(^o^)/




縁側で日向ぼっこする感じで、こんな奇想天外も、いいと思うナ……


PS:街頭の巨大広告は、案外、大胆で刺激的だったのね……^^;













関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yutake☆イヴ

Author:yutake☆イヴ
こんにちは☆
使い方がよくわかりませんがヨロシクお願いします。^^;

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
PVアクセスランキング にほんブログ村
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア