映画『潔く柔く』★雑感です~強く明るく生きたい~

T0016365q.jpg



作品についてhttp://cinema.pia.co.jp/title/161379/
↑あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。



原作未読です。
岡田将生さん出演のラブ・ストーリーというだけで、鑑賞しました。
作品は、主演の男女(禄とカンナ)が、それぞれに、人の死を抱えながら出逢った……というものでした。


以下、内容についてというより、個人のつぶやきです。
よろしく、どうか…


▼▼▼▼



作品は、禄とカンナ2人ともが、同級生の死に対し、“自責”の念を持ち続けているものでした。
これは、重いことですよね……


私も、自責の念にかられた事柄があります……。私事で、恐縮ですが(→ココ


劇中、禄が、「忘れることはない。一生、抱えていくことなんだ」と、カンナに言います。
辛いこと、哀しいこと、苦しいこと……
それらは、忘れたいことでも、忘れることはありませんよ。
思い出すと、ゾッとすることもあります。でも、消えることは無い……


けれど、始め、禄は、明るく、カンナの前に登場します。
何も知らないカンナは、禄を無神経な人だと思いますが、
実は、カンナのことを知っていた禄が、真顔で言いました。
何の悩みがないと思っているのかと。悩みがないから笑顔なのかと。

↑このシーンの岡田さんは、とても良かった。
岡田さんは、他の作品でも、空気がはずれて浮かれたような明るさを見せることがありますが
それから転じて、過去をしっかり受け止めている表情をみせる――
その変化が、良かったです。


そう思うことありませんか?
自分が沈んでいるときに、楽しく明るい人を見ると
この人は悩みが無くていいな、と思うこと。


けれど、そうじゃないんですよね。
楽しいから明るいとは限らなくて、暗い重さにつぶされないように
明るくしていることも、あるんですね……
むしろ、哀しいものを背負っているほど、人間が柔らかで、温かいようにも思います。


自責の念があると、自分が幸せになってはいけないとか
自分が生きていてもいけない、と思ってしまうこともあります。
(劇中、池脇千鶴さんが、主演とは別の重荷を背負っていて、池脇さんの涙にじんとした。)


亡くなった方は、生きることを享受できなくて、残念に思うのですが
生き残った人は、罪悪感に沈むのでなく、良く生きることも義務ではないかと思っています。
自責の念は、抱えたままでいいから。


大切な人を失ったら、もう誰も愛せないかもしれないし
愛してはいけない、と思うかもしれないし
薄情だと、思われるかもしれないけれど
愛する気持ちが芽生えることにまで、罪悪感を、持たなくていいと思う。


人生は、楽しいことばかりではないことは、わかってる。
長く生きるほど、色々な別れが、通り過ぎて、哀しくて
生きるって、何なのだろう……と、そこで立ち止まってしまう……orz


哀しみは、時間を止めてしまうものだから
前に進むには、強さが要る。
前に進むには、照らす光が要る。
それが、人を愛する力に、備わっているのかもしれない…….


一生、抱えることがあっても、
「強く、たくましく」「明るく、楽しく」生きようと思いながら、作品を観終えるのは
ちょっと、違うのかな……^^;


“私の心の中の人“に対して、私は、罪悪感を持っていましたが
その人は、私を責めてはいないと思います。
その人が、生きて笑顔になることが、もう2度とないことは、やはり、心苦しいけれど
なるべく、笑顔でいさせてくださいね、と思います(*^_^*)


▼▼▼▼


高校生にしては、老けてるんじゃないかなど
それぞれに、意見・感想はあるかと思いますが
“死と罪悪感“というところに、思い起されるものがありました。


重いテーマを、ドンヨリさせずに、軽やかに明るく運んだのは
悪くなかったと思います。
(重厚だと受け止めきれなくて……)


何かとくじけそうな毎日ですが(>_<)
明るく、強く、ふてぶてしく、生きよう!(オーバーか?^^;)……ということで(^_-)-☆






PS:斉藤和義さんの歌う主題歌『かげろう』が、良くてですね、
ゆるやかで、淡い感じで、優しくて、
余韻を、包んでくれます♪







ECナビ↓






関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yutake☆イヴ

Author:yutake☆イヴ
こんにちは☆
使い方がよくわかりませんがヨロシクお願いします。^^;

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
PVアクセスランキング にほんブログ村
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア