映画『悪の法則』★ヤラれたらヤラレッ放しだ!(>_<)

T0018249q.jpg



作品についてhttp://cinema.pia.co.jp/title/162535/
↑あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。



理不尽の印象強い『ノー・カントリー』の作家コーマック・マッカーシーの脚本ということもですが
この豪華俳優陣に惹かれて、鑑賞しました。

・マイケル・ファスベンダー:弁護士(=カウンセラー)
~ルックスだけでなく、耳にざらつくハスキーな声がたまりません!\(^o^)/
・ハビエル・バルデム~スゴ味も弱さも、その存在感で、シーンをかっさらいますネ。
・ブラッド・ピット~もう、普通にイケメンです。
・ペネロペ・クルス&キャメロン・ディアス~それぞれの魅力を、ご堪能ください♪

どんな話かといえば
裏社会に足を踏み入れた弁護士が、大失敗する、シリアスな話です。
(↓以下、結末は言いません)


弁護士が何をしたかといえば
依頼人の息子が、スピード違反で、逮捕されたのを釈放させてあげたことくらい。
実は、その息子は、ブツの運び屋で、殺されたために、弁護士も関係者になってしまったらしい……

スピードといえば、
オープニングで、バイクが、猛スピードで疾走するのですが
そのスピードが、すでに、不気味を演出。
スピードのスリルに、ドキドキするように、不安ムードが、広がっていくよう…(汗)。

そして、どうなって行くのかと言うと
邪魔者は、消されていくんです……orz

裏社会には
こうだからそうなる、という理屈は、通用しないようで
“理不尽“と、納得できない”曖昧“のオンパレードで ←マッカーシーは好きそう^^;
死体が、ゴロゴロ転がるらしい…(>_<)

そこら中に、魔の手がある。
怖くて、人と、すれ違えない!(>_<)


特に、印象的だったのは
弁護士が、助けを求めてかけた、電話の相手のセリフです。

それは、
今となっては、どうするという選択の余地は、ないこと。
分岐点があるとしたら、もっと以前にあったはずだということ。
それを通り過ぎてしまったのなら、あとは、受け入れざる得ないこと…etc.

↑個人的に、そこに、いたく共感☆

たとえば、Aは崖に、Bは平地にいく、分かれ道があるとする。
Aの道は、崖から落ちるからやめろ、と、散々、言ってるのに
行ってみなけりゃわからない、などと言って、Aのほうに行ったために
崖から落ちて、落ちながら、「落ちない道に戻してくれ~」と言われても
助けようがない、というようなことです。

やってみなければわからない、と言うこともありますが
やらなくても、リスク予見や予想は、したほうがいい。
ヤってみなけりゃ……なんて言ってると、殺(や)られてしまうョ……(>_<)


余談ですが、
同乗した車のドライバーに、か~な~り、あらかじめ
「次、右に曲がってください」と言っているのに、よく、聞き流す人がいて
「今のところ、右だったんですけど」と言うと、「もう過ぎた、遅い」と言われてしまうの……(困)orz
この場合は、Uターンで戻れるから、ユルしますが、
この先が崖だったら、このドライバーと一緒に心中か?と思うことが、ままありまして……^^;


話は、シンプルですが
俳優陣で魅せながら、ドキドキの緊張の“糸”が、切れません(*^_^*)

教訓:
裏社会に、クビつっこむのは、やめときましょう。

緊張の“糸“で、クビ、飛びます……滝汗



PS:この弁護士さんは、甘ちゃんだったかもしれませんが
超ヤリ手の、コミカド弁護士(from『リーガル・ハイ』)なら、“ヤラれても〇返し“で
首の皮一枚、つながるのかも(^_-)-☆













関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yutake☆イヴ

Author:yutake☆イヴ
こんにちは☆
使い方がよくわかりませんがヨロシクお願いします。^^;

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
PVアクセスランキング にほんブログ村
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア