映画『恋するリベラ―チェ』★マイケル・ダグラスの強烈なリベラ―チェ像に圧倒された!

T0011340q.jpg



作品についてhttp://cinema.pia.co.jp/title/163204/
↑あらすじ・クレジットはこちらを参照してください。


この作品は、邦題からは、ラブコメかと思っちゃいましたよ^^;
そうではなかった!(>_<)
原題:『BEHIND THE CANDELABRA』



ラスベガスの人気ピアニスト:リベラ―チェの晩年の物語。
彼が伏せていたという、ゲイであることを、明らかにしています。
(詳細→ココ


監督は、スティーヴン・ソダーバーグ☆


私の印象は、ソダーバーグ監督と言う人は、
人が見て見ぬふりをしそうな物事に、やわらかな光を当てながら、肉迫して
じわじわとそれに、慣れさせながら、受け入れ、納得させていくーー
と言う感じで、魅せてくれる監督さん、という印象です。


リベラ―チェ役のマイケル・ダグラスしかり
恋人スコット役のマット・デイモンしかり
人間臭くて、女臭くて、男臭い……
圧倒される存在感の人間ドラマでした!!!!


▼~▼ 以下、雑感です。


▼▼▼


ゲイの方の恋愛事情は、わかりかねるので、想像の域を出ないのですが……
(かと言って、女の恋愛も、千差万別ですね)

まずは
衣装も演出も、派手でゴージャスなエンターティナー:リベラ―チェ☆を
強烈にアピール。

マイケル・ダグラスの男性的な存在感だけでも、私などは、コワイくらい……
にもまして、熟女が放つような、匂い立つ、柔和な雰囲気……
(女性が、ゲイの方が好き、というのは、この雰囲気のためかも)
この雰囲気が、母なる包容力のような感じなんですよ。

で、圧倒されてしまうのです。

両刀だと言っていたスコットも、彼の大きな魅力に、包まれたんだろうな~というのも納得の
マイケル・ダグラス=リベラ―チェ☆

そんなリベラ―チェは、お城のような豪邸に住んでいるので
そこでも、度胆を、抜かれます^^;

広くて美しい豪邸は、いいですよね~(*^_^*)
そのような場所は、疲労感が、和らぎますよ。
それに、きらびやかなところにいると、孤独感も、粉飾できるんですよね…………………

リベラ―チェは、心許せる“恋人友達”を、求めていたようでした。
有名人だと、プライバシーも守りにくい。
金持ちだと、お金目当ての人もいて、本当の友人を作りにくいということもありそう…

孤独感など、心が、ボロボロに崩れそうなときでも
化粧をしたり、美しく着飾ったり、キレイなところに身を置くと
孤独で壊れそうな自分を、“虚飾”の力で、支えられるような気もする…………..

だから、お城のような彼の豪邸は
彼の孤独感をごまかせる場所だったのかな……(勝手に思い込む^^;)


(原題にもある、“枝付き燭台(CANDELABRA)”は、彼をイメージさせるもののようですが
“虚飾“の象徴のようにも、思えます。)

そんな“孤独感“は、誰にでも、あるもの。
リベラ―チェの母も言いました 「寂しさはどうにもならない」
けれど、親子であっても、孤独を埋めきれるものでなく……

だから、恋心に任せて、心身ともに一緒に居てくれる人を求める。
一緒に居て、会話しながら、孤独でないことを確かめたい……
(リベラ―チェとスコットのハネムーン期)

けれど、哀しいことに、人と人の間には、やがて、秋(飽き?)のすきま風も、吹いてくる……orz
スコットの留守中、リベラ―チェは、若い男を連れ込んでいた!(>_<)

スコットは、“関係の代償”を求め、リベラ―チェを訴えました。
(スコットは、リベラ―チェ好みの顔に、整形までしていた!)

『可愛さあまって憎さ百倍』などと言いますが
訴えたくなるのは、お金の問題だけでなく
“悪あがき“であっても、そこまで、ジタバタしている自分は
そこまであなたを愛していたんです!という、意思表示でもあるんですよ……………(汗)


▼▼▼


華やかな “燭台の陰に”あったのは、孤独か……?


マイケル・ダグラスの強烈なリベラ―チェ像に、圧倒されました☆
















関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

Re: マイケル・ダグラスを見直しました。

ミカエルさん、こんにちは☆

マイケルの演技は、本当に驚きました。
熟女ゲイが、板についている感じで、違和感なく、すばらしかったです。

私も喝采を送ります☆

マイケル・ダグラスを見直しました。

 マイケル・ダグラスを見直しました。よくぞやりました。

 マット・ディモンは頭が良いですからそつなく演技すると思っていましたが、あのマイケルが熟女系ゲイにはまって似合っているのに吃驚しました。

 「ブラックレイン」では松田優作に向って、「アメ公をいてこませ! カーク・ダグラスもどきを叩き潰せ!」と声援を送りましたが、このリベラーチェならマイケルに喝采を送ります。

 ところで、カーク・ダグラスはそろそろ百歳になるのでは? 2年前に御健在の様子を何かのメディアで観ました。禿げてなかった。

プロフィール

yutake☆イヴ

Author:yutake☆イヴ
こんにちは☆
使い方がよくわかりませんがヨロシクお願いします。^^;

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
PVアクセスランキング にほんブログ村
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア