映画『北北西に進路をとれ』★北北西ってどっち?~何十年越しの方角~^^;


51opxuWH9aL.jpg



作品についてhttp://cinema.pia.co.jp/title/132228/
↑あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。


詳しいあらすじ→ココ


主演:ケーリー・グラント
監督:アルフレッド・ヒッチコック
原題: North by Northwest


ダラス・バイヤーズクラブ』で
ロック・ハドソンがゲイで、エイズで亡くなったと言う話題が出たときに
この作品の名前も出ました。
劇中の人物は、『北北西~』の主演:ケーリー・グラントを、ロック・ハドソンと勘違いしたようです。


この作品を初めて知ったときから、30年以上たってから、ようやく鑑賞しました
初めて知った時は、大学に入学して間もなく、大学会館でリバイバル上映するのをチラシで観たとき。
多分、入学して初めての上映だったかも。
大学で映画がタダで観られるなんて!と喜びました☆


でも、そのときは、このタイトルにそそられなかったんです…………(そのときはスルー)
『北北西に進路をとれ』
船が難破する話だと、思い込みました。ずっとそう思ってました^^;


そして、最近になって、鑑賞することにしたのは
ヒッチコックが監督だと知ったから(今頃……)
それなら、面白い“漂流サスペンス”なんだろうと思い込んで、鑑賞。


▼~▼内容にふれて雑感です。


▼▼▼


ロック・ハドソンでなく、ケーリー・グラントが登場。


レストランで、ボーイさんが誰かを呼んでいたタイミングで
たまたま、ボーイさんを呼んでしまったことから
ボーイさんが、呼んでいた名前の人と人違いされて、拉致されてしまったのが、ケーリー。


人違いだって言っているのに、ろくに確認もしないで、強引に連れ去ってしまうのは
慌てん坊ですね……。
ヤバい仕事してそうなんだから、人違いは致命的でしょう?
……などと思いながら、ドンドン進みました。


テキも、人違いだとわかると、始末にかかりました。
なんとか、命拾いするケーリー。
巻き込まれてしまう男を見るもどかしさで、グイグイ、引っ張ります。


逃げるために飛び乗った列車で、出逢った女性に、助けてもらいます。
この列車が、北北西に向かうのかな~と思う間もなく
男は、列車を降りることになります。


(いつ、船に乗るのかしら?とも思っている私)


…….そうして、男は、何やら、スパイ合戦に巻き込まれてしまい
女との出逢いも、偶然ではなく、敵か味方か?と微妙な関係を見せて
この先どうなるんだろう?
北北西って、どこに行きつくのかしら??……という展開も気になるところですが……


この作品が、名作だと、言われるのは、
そのストーリー性だけでなく、これかな~と思ったシーンがありました。


1つは、ケーリー・グラントが、広い平原で、小型飛行機に狙われて逃げるシーン。


周りに、何も誰もいないような場所で、飛行機に、襲われる……
しかも、襲った相手が、誰かもわからない。
これは、かなり、恐怖のインパクトありました。


それと、ラシュモア山での逃亡劇。


そのときは、あの女性とは味方同士で、逃げていました。
逃げた場所が、ラシュモア山。(アメリカ大統領の顔の巨像がある)


ネブラスカ』でも、旅の途中で出てきました。
そのとき、主役のおじいさんはこんなことを……
「まだ途中だし(未完成だと)、どうってことない」……確かに全体像ではないから…^^;


けれど、追いつめられてしまって
この巨像の上を移動して、降りなければならない……としたら、どうってこと無くないシーンです。
エエッ~!この顔の岩の上を移動できるの~??と。
……それをするんです。(*^_^*)


そして、二人はどうなるのか!??というところで、
かなりいい、“ハショり方をしてくれる。(*^_^*)
まどろっこしくなくて、いいセンスです(^_-)-☆
007のエンディングのようなムードで、男女睦まじく、終わります(*^_^*)


……で、やはり、思うのです。
北北西ってどっち?と。
船は、関係なかったの????
タイトルは、何だったの????????????????



北北西は、(the) north-northwest
原題: North by Northwestは、存在しない方角らしいです。


ココ
によれば、“ファンタジー“の方向付け、と言う感じなので
北北西の方角云々では、なかったらしい^^;


ヒッチコック監督が、自分の映画という舟に観客を乗せて
面白い架空の海へと、観客をいざなっていった……ということなんでしょうか??


▼▼▼


長年、海洋ミステリーだと思っていましたが^^;、違いました。


人違いされた男の経過に、ハラハラドキドキで
終盤、撃たれた?ときは、とんでもない展開だ!(>_<)とまで……(汗)


何十年越しでしたが、観て良かったと思います。















にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yutake☆イヴ

Author:yutake☆イヴ
こんにちは☆
使い方がよくわかりませんがヨロシクお願いします。^^;

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
PVアクセスランキング にほんブログ村
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア