映画『レッド・バロン(2008)』★敵兵に哀悼の花束を贈った“永遠の赤”

T0010104q.jpg

作品についてhttp://cinema.pia.co.jp/title/152281/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。


第一次大戦時、ドイツ空軍で、赤い戦闘機に乗り
敵機を、次々、撃墜したレッド・バロン(赤い男爵)の物語。


バイク買い取りの『レッドバロン』さんのHPより


レッド・バロンの名前は、耳にすれども、
80機も(!)撃墜したからなんだと思っていました。
が、それだけでは、讃えられるものではありません。
敵を撃墜したとはいえ、敬意を忘れなかった、
紳士的な姿勢が良かったのでしょうね。


▼~▼内容にふれて雑感です。

▼▼▼

まず、オープニングから、それを見せてくれます。

敵地の葬儀に、奇襲か?と思いきや、敬意と哀悼の花束を、落下させていきました。
驚く遺族たち。
呆れる上官……
しかし、バロン(以下そう呼ぶ)と戦友たちは、戦死した敵兵とは
学校では同期でもあり、尊敬していたらしい……
(戦争がなければ、友人でいられたかと)
国家間の戦争でも、個人レベルの感情は、割り切れるものではないですもんね……

その時代や生活様式での価値観があるとは思いますが
子供のころから、狩りをしていたバロンには、戦闘中の撃墜にも
いい意味で、“スポーツ”のような感覚で、臨んでいたこともあるようでした。

墜落する機体を追ってまで、攻撃しないのは
機体は撃墜させても、パイロットの命を奪うことを目的としない。
それは、騎士道のヤリ試合と同じように、とらえていたようです。

だから、撃墜した敵機から、助けたパイロットがいました。
(ジョセフ・ファインズが演じた、ブラウン大尉)
ブラウン大尉は、バロンに感謝しますが、捕虜を脱走し、再び、参戦。(>_<)
のちに、また、バロンとめぐり逢います。
この配役は、出番は少ないですが、
ジョセフの濃い存在感で、要所要所を締めています。


元々、飛行機が好き、空が好き……ということで、
パイロットになっていると思います。
バロンも、好きこそものの上手なれで、自由自在に空を飛べ、
次々に、撃墜を重ねます。
やがて、昇進し、かつての上官が部下に!

バロン役のマティアス・シュヴァイクホファーですが
彼は、パッと見、透明感というか、うすいのですが^^;
役が進んで出世すると、長身でもあり、軍服姿がカッコよく映えます(^_-)-☆
(モデルさんが着た感じ)

機体を、わざわざ、目立つ赤で塗り、敵を恐れさせるのだ!
との熱い闘争心とは裏腹に
見た目クールなので、彼の繊細さも、伝わってきます。

以前は、人を殺すのが目的ではない!と言っていたバロンですが、やがて
人を死なせることに、積極的な発言まで、出てしまう……….
本心ではなかったかもしれませんが
戦争が進むと、自分の立場も、色々変わってしまう……

英雄として、弟とともに、ヒーローのように扱われ
不滅の栄光は、不死身のお守りのようになり
バロンの写真を懐に抱いて、負傷・戦死していく兵士たちを知る……
↑自分の頭部外傷を、意中のナースから看護されるのを、
喜んでいる場合ではなかった!(>_<)


最後は、安全なところに身を置かずに、飛行することを希望したバロン。
赤い機体とともに。
運命も、ともに………………….


▼▼▼


25歳の若さで散った、レッド・バロン……
ブラウン大尉が、ラストシーンに、“花”を添えてくれます。

バロンを撃墜したのは俺だ!と自慢した人もいたそうですが
真実かどうかは不明らしい……(ホントか?と……)

英雄と讃えられたとはいえ、やはり、早世には、胸が痛みます……
生きながらえなかった分まで、記憶に残しておきたいと思うのも、
供養かもしれません。
レッド・バロンを、伝説としてでも、知っておく意味はあると思います。
「永遠の0」ならぬ「永遠の赤」かと。

(この作品は、英語メインですが、ドイツ製作です。
過去にも、アメリカ作品がありますが、
祖国の兵士への思い入れは、ありそうです。)


そんなバロンの人となりもですが
空中での攻撃、旋回、撃墜……etc.
トンボの大群のように、押し寄せる飛行機には、たじたじ……
激戦は、真に迫っています!(>_<)
マニアの方には、特に、楽しめるシーンだと思います。












にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yutake☆イヴ

Author:yutake☆イヴ
こんにちは☆
使い方がよくわかりませんがヨロシクお願いします。^^;

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
PVアクセスランキング にほんブログ村
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア