映画『そこのみにて光輝く』★そこに愛おしい人がいればそれだけで

T0018054q.jpg


作品について http://cinema.pia.co.jp/title/163284/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。


閉塞感の中で出逢った若い男女の物語――ということですが
評判がよいので、期待して鑑賞しました。

“閉塞“と一口に言っても、出口のないことの原因が
自分にあるのか、他人のほうにあるのかでも
息苦しさは、違いますよね…

この“閉塞“と、そこからの脱出について、思うところある作品でした。




達夫:綾野剛    
千夏:池脇千鶴
拓児:菅田将暉   ~千夏の弟。意外に目玉です☆


▼~▼内容にふれて雑感です。


▼▼▼

1、達夫の場合

彼の閉塞の原因は、“労災“です。

山の発破事故で、同僚が事故死したことが、大きなストレスとなり
彼のメンタルに、大きな岩となって、ゴロゴロとのしかかっていました。


メンタルの問題は、今や社会問題でもあるし、物語の設定として受け入れますが(汗)
だからと言って、無職のまま、朝からビールだパチンコだ……というわけにはいきませんよね。
根がまじめで、何とか抜け出さないと!と思うからこそ、
“閉塞”のなかで、余計に、もがいてしまうのでしょう。


そんなパチンコ店で、拓児と逢ったことが、達夫に変化をもたらしました。


2.千夏の場合


弟が仮釈放中だし、父親は脳梗塞で寝たきり。
長女の自分が、生活を支えるために、工場勤めのほかに、
愛人になったり、体を売ったりもしている。


この家庭は、視覚的にも、絵に描いたような“閉塞“の象徴のよう……
介護問題・収入不安…etc.
先も見通せないし、家族だから放ってもおけない。どうしようもない。
逃げ出せない絶望感が漂う……orz


のみならず、愛人関係からも、逃れられない。
頼ってきたお金の問題や、しがらみもある……
でも、もう、イヤなものはイヤ……


不条理な不幸のオーラが、池脇さんは、絶品です。
生活にまみれた感じが、這ってでも生きる強さを感じられて、いいのです。


3.拓児の場合

彼は、達夫と千夏が出逢うきっかけとなりますが
それだけでなく、彼は、作品の“匂い“ともいうべき、いいキャラなんです。
(菅田さんは、いいキャラを演じ通しました!)


ヘラヘラしていい加減な感じが、当たりの柔らかい感じで
憎めないんですよ。
悪い奴じゃないな、というのはわかる。でも、テキトー。


拓児は、一見、“閉塞“してる感じじゃないんです。
むしろ、彼は、ゆるい感じで、閉塞の隙間から、ユルユルと抜け出しそうでもある。
でも、実は、彼が一番、重症なんです…………


拓児も、こんな自分じゃダメだと思うから
達夫が山で再起をかけようというとき、便乗して、自分も定職について
がんばろうと思う。

↑私は、そこのシーンが好きです。
若い拓児には、仕事をもって安定して、両親を安心させてほしい。
生活基盤があればこそ、明日が見えてくるものかと。


“閉塞“からの解放とは、明日とか、未来の明るさを実感するということかな……


けれど、拓児は、姉への優しさから、姉の愛人を刺してしまう……orz
殺人犯にはならなかったけれど
「俺、山には行けねえな」
自嘲気味に笑ったあと、達夫の前で泣いた拓児が、不憫だ……


でも、達夫がこぐ自転車の荷台に乗って、自首に向かった拓児には
今度、出所したときには、絶対やりなおせるよ!との期待をしたよ、私は……


▼▼▼

ラストシーンは、夕陽に映える、達夫と千夏の2ショット☆

夕暮れは、微妙で美しい時間だ。

静かに、一日が閉じられていく、哀しみもあるけれど
明日への前触れも、そこにある。

“閉塞”とは明日が見えないこと――だと思ったけれど
この二人には、明日が見えた。(この感じ、いいナ☆)

ここに、目の前に、愛おしい人がいれば、ささやかだけど
それだけで嬉しい☆
それだけで、生きて行こうと思えてくる………

“そこのみ“にて…というけれど
私には、ソコソコ、明るさがみえた……輝いてみえたよ……


PS:
原作者の佐藤泰志さんは
1989年に三島由紀夫賞候補のあと、1990に自殺(41才)されたと聞きました。
彼が、光を見いだせなかったとしたら、劇中の“そこで輝いて“見えたものが
彼にとっては、特別なものだったのかもしれないな……と、感慨深い気持ちになります……














にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yutake☆イヴ

Author:yutake☆イヴ
こんにちは☆
使い方がよくわかりませんがヨロシクお願いします。^^;

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
PVアクセスランキング にほんブログ村
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア