映画『マレフィセント』★アンジ―の愛と憎しみのオーラ全開!

T0012852p.jpg


作品についてhttp://cinema.pia.co.jp/title/157973/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。

眠り姫に、呪いの魔法をかける魔女:マレフィセントの物語です。

ディズニーの『眠りの森の美女』→コチラ

童話『眠りの森の美女』(グリムなど)→コチラ


「眠り姫」と一口に言っても、諸説・改変などあって、様々なんですね。
眠り姫は、糸車の針を刺して、百年眠ったと思っていたら、
ディズニーアニメでは、すでに、百年も眠っていなかった…….^^;
今回も、その流れでした。
(マレフィセントと言う名も、ディズニー作品で付いたようです。)

ポスターで観たときから、アンジ―のマレフィセント姿が、似合いすぎ!!と思っていました。
イイ意味でも悪い意味でも^^;
インパクトと存在感で、その辺の者は、たじたじになってしまう迫力です!

けれど、予告編などで、チラッと見せた、アンジ―の深い眼差し…
気になりました!
その眼差しには……涙ぐんでしまった……
コレは、観てのお楽しみ☆(以下、スルーしても)


▼~▼内容に触れて雑感です。(喋りたいの^^;)


▼▼▼

1、翼とともに失った…

マレフィセントは、始めは、立派な翼を持っていました。
飛行シーンも、臨場感あって、楽しい♪
やがて、隣国の人間の少年ステファンと出逢い、恋に落ちますが
彼は、野心から、マレフィセントの翼を奪い
その功で、王女と結婚し、王になりました。

愛する人に裏切られたマレフィセントは、翼を失っただけでなく
愛も、信頼も、失ってしまったのですよ……orz
そして、思うのです。「真実の愛など存在しない」

その後のアンジ―の凍りついたような表情は、怖いのみならず
冷ややかで寂しい感じです……orz


2、可愛さあまって憎さで呪う

愛して裏切ったステファン王への怒りは、愛の裏返し。
情の深い者は、恨みも百倍なんですよね……
親の因果を子に報わせて
生まれた姫に、2度と解けない呪いをかけるマレフィセント。
↑ココは、超こわい……

呪いというのは怖ろしいもので、1度かけると、取り消し不可。
(変更はOK。)
勢いでかけないように、お願いします。


3、愛を知る人なれば


呪いの終わる16歳まで切り抜けようと、
妖精たちと、田舎で暮らすことになった、オーロラ姫。
まず、赤ちゃんのときが、可愛い(*^_^*)

いくら、父親憎しと言えども、ニコッと笑った赤ちゃんに、呪いをかけるたぁ……
あのとき、マレフィセントにも、ある意味、呪縛が生じたのかも……

育ての妖精たちが、子育てダメなんですよ……(―_―)!!
監視?するマレフィセントも、見ちゃおれなくて(>_<)
陰ながら、手をかけたり、助けたり……

もともと、愛を知るマレフィセントですからね。
いつも見ていれば、情も移るというものです。
やがて、自分を、ゴッドマザーなどと呼んで敬慕の情を示してくれる姫。
我が子のように思ってしまうよ……

だから、なんとか、呪いを解かなければ!と思う。
姫を、案じるように見つめるマレフィセントの眼差しには、涙出た……(T_T)
呪いを解くには“真実の愛”があれば!
“真実の愛”はどこに!!!(>_<)


▼▼▼


マレフィセントが、手下にしたカラス君が、なかなかのお役立ち☆
ドラゴンに変身したシーンは、かなり、盛り上がりました!


親のコトが原因で、こんなことになってしまったオーロラ姫ですが(汗)
マレフィセントの愛の翼に包まれつつ
しっかり王子様も、いてくれたのが、嬉しい(*^_^*)












にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yutake☆イヴ

Author:yutake☆イヴ
こんにちは☆
使い方がよくわかりませんがヨロシクお願いします。^^;

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
PVアクセスランキング にほんブログ村
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア