映画『渇き。』★敢えて底にへばりついた“愛“を掘り起こす…

T0018159q2.jpg


作品についてhttp://cinema.pia.co.jp/title/164572/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。

(原作未読です。個人の感想なので、解釈違うよ、というときご容赦を(*^_^*))

行方不明になった高校生の娘:加奈子を捜す元警官の父は
捜索中、娘がしでかしたことを、知ることになります……

作者いわく―-愛に乾いた者たちの純愛――を期待して鑑賞。
乾いた――と言っても、画面は、血のりべったり……(>_<)

バットで、バンッと、殴打する音
グチャッと、骨がつぶれる音…
血しぶきが乾かぬうちに、ベタッ!ベチャッ!……(>_<)

この惨劇を、ただ、ヒドイですね……と表すのではなく
エンタメにしようとしているのが、ニクイ(>_<)
鮮血とて、『300』とは違った、イラストのような演出。
死にそうなイジメですら、「夢だろうか……」と、メルヘンすら感じるドリーミーなマンガ.にしてしまう。
(ズルいねェ…^^;)

その光景が、加奈子のカラカラ笑いと、どう関係するのか?

▼~▼内容にかすりつつダラダラ雑感です(>_<)

▼▼▼

まずは、
父を演じた役所さんの凄まじいまでの、壊れた男っぷりが、作品の大きな柱かと。
娘を捜すと言っても、壊れた自分をふりかざす……

警官だったのに、いつしか“ブッ壊れ”、家庭も、ブッ壊した父。
ソレが元凶で不良ッ子になる設定では、普通ですよね。
加奈子のブッ飛びぶりは、そんな原因をも凌駕する、と思わせて進む。

この父にも、理想とする家庭像があったよう。(世のパパはそう?)
けれど、妻・母たちの理想が、男の理想と違っていたら
今は、昔より我慢しないで、別の道を歩むように感じる、今日この頃(汗)。
それが、夫を、さらに壊してしまうのかも……
安定した愛(それが妻には苦痛であっても(汗))を失うことは
猛獣を、檻から出すようなものなのか……(>_<)

それは、子供にも同じか?
理想とする親や家庭像が崩れたとすると
愛を求める対象が、希薄になってしまいそう……
だから
「愛してるよ」と、誰彼構わず、声に出して言ってみたくなる?
「愛してるよ」と、聞こえると、自分も言われた気がしてくるから????

そして、加奈子も、そんな父の子。
同じく、檻から出た、愛に飢えた猛獣と化していったよう……
(でも、それは、エエ加減にせェ!の甘えですよね(―_―)!!)

カワイイ顔してわりとヤルもんだね>>の加奈子の
アハハハ….と明るくも虚しい笑いが、空おそろしい……
血のりべったりの画面も、加奈子は、ぎりぎりまで、遠さかっているし(オット)。

愛を口にする加奈子が、愛しているから・愛されたいから~を理由に
仕組んだすべてが、支離滅裂(>_<)
全く正反対のことをすれば、ふり幅が大きい分、渇望が満たされると思ったのか???
いや、それは、小賢しいばかりでしょう……

「ココ(心)とココ(頭)が空っぽだからよ!」と
中谷美紀さんが一喝すると、少しは、スッとする……少しは…


▽▲▽▲最後のシーン:ネタばれで雑感です(要反転)




父が、加奈子の遺体を、掘り出そうとするとき。
そこで、父が「俺が加奈子をブッ殺す」と言うシーンです。
ここが、すごく、引っかかりました(>_<)
ただのイカレ親父には、捨ておけないゾと。

親は、子供が可愛いと同時に、自分の一部・所有物のような感覚もありそうです。
守る=手の中に入れておきたい、みたいなです。
自分の理想からハミ出していくことが、この父も、イヤなんです、きっと……

愛しているから、なのですが
自分の手から離れて、知らない世界にいたことが、腹立たしいし、寂しい…
加奈子の死が、自分の手中に無いことが許せない、というべきか…

父は、加奈子の死を、自分の手の中に取り戻したかったのかと……
いずれにせよ、娘のこんな経過と結末には、常人でいられようはずもないでしょう……orz
そうしたら
この父の「ブッ殺す」に、愛さえ感じると言っては、オカシイでしょうか……(汗)

敢えて、底にへばりついた“愛“を、掘り起こすかのような……





▽▲▽▲

▼▼▼


愛してる」「ブッ殺す」
冒頭からセンセーショナルでしたが、ラストシーンに向けて、意味シンでした。

ラストシーンは、雨の様には滴らない、雪の中。
お寒いばかりで、最後まで、渇きを潤さないかのよう。
絶妙でした。

好印象の人が少なかったですが(>_<)
まともな振りして、ズルかったのは、妻夫木刑事だったかも。
あの、エヘラエヘラした緩さには、一番、イラッと来た(―_―)!!


(言葉足らずのダラダラ雑感ですみません。機会があれば、なんとかします^^;)












にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yutake☆イヴ

Author:yutake☆イヴ
こんにちは☆
使い方がよくわかりませんがヨロシクお願いします。^^;

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
PVアクセスランキング にほんブログ村
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア