映画『ダイバージェント』★属しても属さなくても生き残れ!(^_-)-☆

T0018775p2.jpg


作品についてhttp://cinema.pia.co.jp/title/161909/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。


近未来。
世界が平和であるために(←このフレーズも曲者の傾向が^^;)
16歳になると、適性テストによって、
5つの派閥のいずれかに所属して、生きることになっていた世界。
必ずしも、両親のいる派閥とは限らず、“家族より派閥”重視の世界です。
(クセモノでしょう?^^;)


とはいえ、その“クラス分け”は、ハリポタの組み分け帽子のような強制性はなく
自分で選べます。
テストの結果、適正分類不能?になったベアトリス(トリス)は
どれにも不適格な、異端者(ダイバージェント)であることを悟られないように
両親の属する“無欲組”を離れ、武闘派の“勇敢組“に所属することにします。


気分転換的サバイバルものとして、さらっと見るにはいいです。
社会・所属・平和・自我…etc.
近未来を憂いつつ、社会派?の教訓として、いじることもできそうですが
そこまでしなくても可……^^;


2時間超は、ちょっと長いな…と思いつつ^^;
鑑賞を、楽しみにしていました☆

▼~▼ 内容にふれて雑感です。

▼▼▼


2時間超は長いのですが
初心者の女子が、武闘派に入ったものですから、準備時間などあります^^;

武闘派集団は、身体能力の高さをアピールするためか、ワイルドに
ヤマカシ“のようなパフォーマンスを見せます。
なんのためにそんなシーンを…と思っても、後で、回収してくれます^^;


そして、派閥に属さないといけない社会なのに
そこでのトレーニングで失格になると、追い出されてしまい
浮浪者になってしまう…orz
ダメだと思った人は、自殺も!?
………近未来でなくても、現在の縮図でもあるような……(>_<)


そんな脱落者とは別に、どの派閥にも属性が無い、と判断されたダイバージェントは
危険分子とみなされて、処分されてしまうと言う……


そして、それを正当化しているのが、――平和維持のため・みんなの幸せのため――
そう言われると反対できません。(Qoo(>_<)……)
お利口な派閥が、それを詭弁にします。
そうして、この世を、自分たちの都合よく変えていこうとします。


それが、やがて、両親たちへの攻撃となることがわかり
トリスは、上官であり理解者であるフォー(♂)とともに、悪い力を排除すべく戦います。
危険いっぱいでスリリングですが、とにかく、生き残れ!(>_<)


トリスの訓練シーンが長いので、
サバイバル・アクションというより
彼女の成長物語、というような印象もあります。


……幻の映像など、余興はそれなりに楽しんで、まあまあです。



▼▼▼


エッジの効いた、というより
長い時間かけて切っていれば、いつか切れる……かのような印象でしたが(汗)


分類不能で型にはまらない、というのは
どれにも対応できて、融通が効きそう。
それは多能的な存在で
人を型どおりに支配したい人には。確かに、脅威の存在でしょう。
(分類されない浮浪者は、どうする……orz)

どこかに属すことで、安心や安定を得るものかもしれませんが
そうであってもなくても、命あっての物種です。
とにかく、生き残りましょう(*^_^*)


ヒロインのほか、女性陣は
アシュレイ・ジャッド、ケイト・ウィンスレットが目を引きますが
個人的には
上官役のテオ・ジェームズ(♂)が、新鮮で良かった☆(そこか…^^;)


続編の予定があるらしいので、これは、前置きとして。














にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yutake☆イヴ

Author:yutake☆イヴ
こんにちは☆
使い方がよくわかりませんがヨロシクお願いします。^^;

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
PVアクセスランキング にほんブログ村
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア