映画『ファーナス/訣別の朝』★日常からズレたところで”究極のとどめ”か

T0013118q.jpg

作品について http://cinema.pia.co.jp/title/164282/
あらすじ・配役はこちらを参照ください。


原題『OUT OF THE FURNACE』ファーナスは溶鉱炉のこと。
主人公ラッセルは、製鉄所で働いています。


兄 ラッセル    ;クリスチャン・ベイル
弟 ロドニー    :ケイシー・アフレック ←兵役でトラウマ+
ケダモノ男     :ウディ・ハレルソン



地道に働いていたラッセルは、交通事故を起こし、服役。
死期の近い父や、ギャンブルで借金のある弟の面倒が
中座するばかりか、恋人も去ってしまう……


この作品は、明るい話ではないし、地道に地味ですが
冒頭から、ザワつかせ、不運と不安に、かきたてながら
最後まで、どうなるのか?どうするのか?
と目が離せない作品でした。


冒頭が、ウディ・ハレルソン演じる、ホンットにむかつく、

けだものクズ野郎なんですヮ…(汗)


ケイシーのために、兄ラッセルがどうするかーー
という物語ですが
展開のキモは、ケイシー・アフレック演じるロドニーでしょう。

ケイシーが演じる☆というだけで、ワケありの期待大☆


▼~▼ 内容にふれてしまいます。(要反転あり)


▼▼▼


1.弟:ロドニーのこと


イラク戦争を経験し、トラウマを抱え
壊れそうな心を持ちながら、対照的に
爆発しそうなイラ立ちも、併せ持つ――

ケイシー・アフレックは、トラウマある人物が、絶妙☆

そんなロドニーは、ギャンブルの借金があり
“ケダモノ男“が仕切る、危険なファイト(素手なぐり)に、志願します。


ロドニーのトラウマも辛かろう、とは思うのですが
お兄さんに、心配や迷惑をかけちゃいけないよ……
ギャンブルはダメだよ…….
と、説教くさいことを思っていると
ロドニーも、それはわかっていて
最後のファイトをしたら、定職に就くから、と兄に手紙を
書き置いていました。

ああ、でも、そのファイトは、超キケン……


2.ケダモノ山地男(役名忘れた…)

冒頭から、なにやら、下品で横暴で、いやなゲス男が出てきたな…と
思ったのですが(汗)
この、コワい男のインパクトは、劇中、ずっと引きずられマス。
(冒頭の演出効果OK)


この男が、山地で、危険なファイトを仕切っているのですが
公正なわけありません。
気に入らなければ、危害を加えるのは、冒頭で検証済みです。


ロドニーが、コノ男のファイトなんかに、参加してほしくないのに…orz


3.フォレスト・ウィテカー♪


フォレスト・ウィテカー出演☆ということでも、見たくなっていました。


ラッセル(=クリスチャン・ベイル)の彼女の、今カレ。警官です。
ロドニーの“事件“にも、向き合ってくれますが
男女関係的に、フクザツな気持ちかと。



▽▽▽↓  ネタバレですが、ソコから、
兄の物語が始まるといっても過言ではないかも…
(要反転)




ロドニーは、八百長試合で負けて、半殺しになったあと
お金のトラブルで、ケダモノ男に、結局、殺され、埋められました。

(↑その辺のシーンは、兄と叔父が
狩に行き、鹿をしとめ、さばくシーンと連動していて
血生臭さが、暗示的で、インパクトあります。)

ロドニーの事件は、明るみになりますが
警察は、“山地“には手が出せず、生ぬるい対応。

出所後の兄は、製鉄所に復帰し、平穏に暮らしていたけれど
弟の死を、そのままには出来ない。
敵討ちをするべく、ゲス男を、追い込んでいきます。


ついに、いよいよ
逃げるゲス男に、ライフルの照準をあわせる兄・ラッセル。
ラッセルを制止する警官は、ラッセルから去った恋人の、今の彼氏……
引き金を引いたラッセル!!
(たぶん、死んだかと…)



▽▽▽

▼▼▼


ロドニーのセリフに
父が病気になったのは、製鉄所のせいなのに、会社は何もしてくれないし
自分も国のために戦争に行ったのに、国は、何もしてくれない!
と、ブチ切れるのが、ありました。

仕事の苦労が報われない、ということは、普遍的な不満でもありえますね…

それでも、兄は、その製鉄所で働いたお金で
弟の借金の肩代わりを、していたわけですから……
割り切れなくても、割り切って生きていくのが、現状か……

けれど、どうしても許せない理不尽には
割り切ることはできない。


原題について、今一度、思うとき
ファーナス(溶鉱炉)は、ラッセルの“ふつうの日常“の象徴なのかも。
あるときから、彼の日常が、次々、失われ
まもなく、製鉄所そのものも閉鎖され、無くなるという……(>_<)


すると、ラッセルが、最後にとった“行動“は
今まであった、(安定も含めた)“日常”の終わりであり
それをしなければ納得できない、“究極のとどめ”でありました。
(再考の余地は、かなりあり)

地道に生きてきた男が
不運にも、そこにあった日常からズレながらも
見るべきものを、しっかり見すえた姿が、印象的でした。
(クリスチャン・ベイルの瞳が、涼やかです♪)


明るい話ではありませんが
手抜かりのない見ごたえでした。





にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

その町で、

29日のことですが、映画「ファーナス 訣別の朝」を鑑賞しました。 溶鉱炉から絶えず白い煙がのぼる寂れた鉄鋼業の町ブラドックで育ったラッセルは製鉄所で勤務しながら高齢の父の世話をしている 一方、彼の弟ロドニーはイラク戦争のトラウマを抱えて鬱屈した日々を送って...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yutake☆イヴ

Author:yutake☆イヴ
こんにちは☆
使い方がよくわかりませんがヨロシクお願いします。^^;

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
PVアクセスランキング にほんブログ村
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア