映画『蜩ノ記(ひぐらしのき)』★こんな理不尽の中で人を生かすもの

20140531_340742.jpg



作品についてhttp://cinema.pia.co.jp/title/162194/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。


ある事件の真相を秘めたまま、十年後に切腹する覚悟を決め
藩の家譜をまとめる戸田と
戸田の最期の三年間、監視権助手を務めた、壇野。


これは、言い訳もせず、ただ覚悟に向かい、生と死に向き合って生きる
戸田の潔さにも魅了されますが、フィルム撮影の風情よく
心に響く作品でした。


▼~▼内容にふれて雑感です。


▼▼▼


1.ミステリーの部分


そもそも、何があって、戸田は切腹することになったのか…
「詮索は無用に願いたい」と、戸田は言いますが
壇野でなくても、気になるところ。

戸田は、ただ、端然と死を待つ男――というだけでなく
ものすごい“使命“を、背負わされた男の像として
真相に迫っていく、ミステリーの面白さがありました。

過去をさかのぼるとき、そこには“事実”と同じく
揺るぎない個人の“心情“が、あります。

それを、知らなければ知らないで、歯がゆいですが
知ったら知ったで、もっともどかしくなってしまう……



2.歴史は鑑(かがみ)?


戸田が死ぬまでに命じられた、家譜の編纂。
藩の歴史書だから、都合の良いことだけ、残したいもの……?

歴史の歪曲や捏造…
その時点では、真相を知る人がいても、ひとたび、文書化・記録化されると
それが、“事実“になってしまう……

歴史を映す曇りなき鑑(かがみ)とは、その真偽を見定める
冷静な良心が無ければならないかと……
(でっち上げたウソを、のぼせながら、吹聴すべきじゃないよと)

一方、事実を暴くことが、必ずしも、正しいと言い切れないのも
人間社会のイヤらしさでもある……

そのために、自らを悪者とし、ひとりで、責めを負う戸田は
守るべきもののためには、名誉と命に代えても、守るという…………
そんな家譜を記録する、戸田の胸中は、いかばかりか……

そんな記録・家譜とは何ぞや!
歴史とは、歴史は鑑(かがみ)とは、何ぞや!(>_<)


3.“理不尽”と“生きる支え”

わりと、自由や勝手が、謳歌できる昨今です。
それなりに、もちろん我慢も必要ですが
各位の思い通りの人生などほど遠かったんだな……と
再認識させられる、封建時代には、“理不尽”がそこらじゅうに…orz


藩の存続のため、一人で不名誉を背負った戸田だけでなく
壇野とて、納得しがたいトラブルの処分として、戸田のもとに来たわけで
農民らは、法外な年貢の取り立てや
身分制度による、理不尽な扱われ方で、命も落とす。

そんな理不尽な社会や時代のなかで
何が、人を生かし続けてきたのか……と思ってしまう……

けれど、その中で、“生きる支え”という語が、ありました。
苦境の中でも、縁(えにし)で結ばれた誰かを、縁(よすが)とする心が
自分を生かす――

あるいは、“義を見てせざるは勇なきなり”(by論語 )
理不尽な友の死に際し
友情の絆が、どうしても赦せない怒りを、正義に変えて、一矢を報いんとする――

そして、理不尽を承知の忠義を、自分の生きざまとし
「死ぬことを自分のものとする」という、孤高の誇り――

彼らは、理不尽を前にして、なんとなく生きてなどいない。
「一日一日を大切に生きる」
その言葉が、生きる気迫となって、ずっしりと、心に響く………………


▼▼▼


思えば、どの人も、限りある時間を生きているわけで
誰もが迎える“その日”まで (姑息なズルなどせず)
自分に恥じない生き方をしないといかんな……と、襟を正される想いがしますね。


壇野が、ひとり見せる刀さばきも、移りゆく刹那の時を煌めかせ
美しい。






にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yutake☆イヴ

Author:yutake☆イヴ
こんにちは☆
使い方がよくわかりませんがヨロシクお願いします。^^;

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
PVアクセスランキング にほんブログ村
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア