映画『ふしぎな岬の物語』★遠くから見守るだけじゃ大丈夫じゃないから


T0018686q.jpg



作品についてhttp://cinema.pia.co.jp/title/164265/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。


海風を感じる、岬カフェ。
店主:悦子をめぐる人々の物語――

カフェが舞台、というのも、ステキですが
村治佳織さんのギターも心地よくて、鑑賞に、誘われました。


豪華キャストの面々が、パッチワークのように
それぞれの人生の一部を、
ときに、のどかに
ときに、残酷に、見せていきます。

小百合さん演じる悦子は、はじめは、人々の行事や出来事を
隣人として見守っていて、それだけでも
人生いろいろありますよね……というムードになっていきます。


が、やがて、それらを踏まえて、悦子自身の人生や胸中に迫っていきました。
女神さまのような小百合さま=悦子が
あたかも、下界に降りてきて、人間としての心の叫びを吐露・激白したのが
私には、とても、共感できました。


▼~▼内容ふれて雑感です!

▼▼▼


夫が他界し、知人も病死し、友人も転勤した……
悦子から、通り過ぎて行ってしまう人々…
そんなときに、起こった、カフェの火事。

焼け出された悦子が、自称:悦子を見守る甥(=阿部寛さん)に言う。
「あなた、自分ひとりが私を守ってるって思ってるでしょ?」
そこから、悦子の激白が始まりました――

その前に、
30年来のカフェの常連で、悦子の“親友“のタニさんのこと。(=鶴瓶さん)
親友と言いましたが、今までは、なーなーでも良かったですが
今や、転勤することになったタニさんは、別れたくない。
思い切って、告白しようと、釣ったふりまでした鯛を
カルパッチョにして、悦子と食事する。

でも、タニさんは、告白できなかった…orz
タニさんは、30年来の友情を守って、清らかに転勤していったとさ…

確かに、30年の常連さん、さよなら~ありがとね~と言う気持ちは
観る人それぞれの、別れがたい“別れ“を思い出させてくれるようで
私も、目頭が熱くなった。
やはり、吉永小百合さんは、友情を壊さずに、
連絡船に手を振り、美しい想い出が絵になるような別れが
ふさわしいのか………

けれど、ひとり残された女心としては、
「ありがとね~」だけでいいのか?と言えば
よくないです(T_T)

タニさんがさばいた鯛のカルパッチョを
「カルパッチョ最高☆」と喜んだ悦子だって
ただ、カルパッチョだけが最高だったわけではなかったと思うのです。

一方、甥っ子は、叔母・悦子への特別な愛情を抑えて
“見守る“ことに徹していたらしいですが
敢えて、悦子が、激白した言葉からは
こんなふうに感じたのです。

-遠くから見守るだけじゃ大丈夫じゃないのよー

亡き夫も、美しい虹の絵を遺して、あの世から、見守っていたかもしれない――
甥っ子も、迷惑をかけながらも、距離を保って、見守っていたかもしれない――
親友のタニさんも、転勤しても、遠くから、見守ってくれるのかもしれない――

でも、遠くから見守るだけでは、孤独の寒さは、癒せないんですよ…………

永遠なんてない。
命ある者は息絶え、形あるものは壊れる……
そんな無常な世界だからこそ、今、そばにいてくれる温かさが、欲しいんですよ……
(なんか泣けてきてしまう……)

人間の本音というか、女心の本音というか
それが、浮き彫りになった悦子の姿が、本当に良かった…………….


▼▼▼


壊れたものなら、直し
失ったものなら、取り戻しに……(甥っ子の語りより)
命の再生(赤ちゃん(*^_^*))もあり……ラストは、再生モードなのがイイ☆


村のフォークソング愛好会(←豪華キャスト)の陽気な歌で
メデタシメデタシ♪なのが、嬉しい(*^_^*)





にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yutake☆イヴ

Author:yutake☆イヴ
こんにちは☆
使い方がよくわかりませんがヨロシクお願いします。^^;

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
PVアクセスランキング にほんブログ村
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア