映画『ヘラクレス』★ザ・ロックの真骨頂!待ってました!\(^o^)/

T0013063q.jpg


作品についてhttp://cinema.pia.co.jp/title/163933/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。

半神半人のヘラクレスの神話のこと→コチラ

↑ところどころ、片鱗はありますが、オリジナルストーリーです。
ドウェイン・ジョンソンというより
ザ・ロックさんが帰ってきた!という喜びで、鑑賞しました!

そもそも、ザ・ロックさん♪
スコーピオン・キング』が、適役でした☆
惚れ惚れするような筋肉美だけでなく、
ザ・ロックさんのリーダー的オーラが良かった♪
見て楽しい英雄譚でした。


その後、改名して、ジャケットを着ての出演などありましたが
ザ・ロックさんは、ザ・ロックさんのままで、ジャケットなど脱ぎ捨てて
生身の裸一貫で(!)、銀幕を破らんばかりに、大暴れしてほしかった!^^;

ザ・ロックさんも、そう思っていたらしく、
満を持しての ☆☆ヘラクレス☆☆ \(^o^)/
ストーリーそっちのけで、肉弾的英雄美を堪能するだけでも、十分☆

ガオーッと、雄叫び、棍棒をブン回し、バッタバッタとなぎ倒す――
ライオンとは、素手で戦い、圧勝!    野獣か……^^;

▼~▼内容に触れて雑感です。

▼▼▼


ゼウスと人間の子:ヘラクレス。
ゼウスの妻ヘラの憎しみを避けるため、“ヘラの栄光”=ヘラクレスの名を
巫女?から、授かりました。
ヘラが差し向けた毒蛇を、あどけなく、ムンズとつかんでシバキ挙げた、
赤ちゃんのヘラクレス。
~~栴檀(センダン)は双葉より芳し~~
赤ちゃんでも、神の子は違う(*^_^*)

途中端折りながら、“十二の難業”をこなしていく、ヘラクレス。
(これを、全部、映像化したら長編になると思いますが、大作になったかも……)

王家に生まれながら、訳アリで、傭兵となったヘラクレスは
攻められて困っていると言う国を、援助します。
その戦いぶりも、棍棒ブン回すなどして、盛り上がります…が…

ところで、このヘラクレスには、ロマンス系は、ほぼ無し (―_―)!!
愛する妻子は、過去に、謎の死を遂げています…orz
真相が不明のまま、ヘラクレスが、妻子殺しの汚名を着せられていたのですが
終盤、真実が明らかになります。
同時に、加勢した国に、騙されたことも……orz
傭兵とはいえ、カネの問題では無くなってきて、
また、ウオーッと、ひと盛り上がり。


ここで、私のポイントは、☆ピーター・ミュラン

(ジョン・ハートやジョセフ・ファインズも、目玉ですが)

彼の、独特の渋みある声は、味わいあります。
この作品でも、それが聞けるのが嬉しい。
でも、ヘラクレスが加勢した国の重臣という役どころでは、
もったいないなーと思っていたら
ムチを、びしばしと、うならせてくれました。で
ヘラクレスの敵に転じての2ショットで、見せ場を期待していましたが
ヘラクレスの圧勝で、あえなく、出番終了……orz
でも、シーンにハクが付きましたね。


▼▼▼


登場人物のカタカナ名が、覚えられなくても。
ヘラクレスのたくましすぎる腕に、しがみつくつもりで見ていれば
なんとかなります^^;

(罪のない人たちが、戦死・負傷するのは、心苦しいのですが……)
棍棒を振り回して、ボコボコ、フッ飛ばすヘラクレスには
もう、こりゃかなわんわ………

火事場の馬鹿力のような、怪力&破壊力も、みな、かなわんですが
うわーとは、盛り上がる(*^_^*)

なんだかんだで、けた外れのスゴイものを見るのは
気分転換&ストレス解消になりました☆

ザ・ロックとして、またこのような、この世の者とは思えない
真骨頂☆肉食系アクションを、期待しています(*^_^*)




にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村








関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yutake☆イヴ

Author:yutake☆イヴ
こんにちは☆
使い方がよくわかりませんがヨロシクお願いします。^^;

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
PVアクセスランキング にほんブログ村
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア