映画『飢餓海峡』★“無”に帰せず愛憎残る“道”

115573_1.jpg



作品についてhttp://cinema.pia.co.jp/title/2891/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。


原作:水上勉        (映画は変更部分あり)
洞爺丸海難事故を、基にしています。(作品では昭和22年)
事故での身元不明の2遺体、もう一人の男の存在、前後する放火殺人事件……
そして、男と女が出逢い、10年後に起こった新たな事件と、その後……

戦後間もない日本で、むさぼるように生き、かつ
人として、幸せに、良く生きようとしていた人々――
けれど、台風に煽られるように、人の運命は弄ばれてしまう……


・樽見(犬飼):三國連太郎 ~復員後、わけありの大金を手にし、行きずりの八重に分ける。
・八重:左幸子~犬飼からの金で娼妓を抜け上京するが、再び、娼妓にならざる得なくなる。
・弓坂刑事:伴淳三郎~海難事故に紛れた放火殺人犯を追う。八重にも聞き込みする。
・味村刑事:高倉健~事故から10年後、舞鶴沖での心中事件に見せかけた殺人事件を担当する。

10年越しの殺人事件の真相解明に、興味をもたせつつ
生きるということの生なましい強さに、惹かれます。
(現代は、なんだかんだ言っても、ヌルイかも……)

劇中「貧乏人の逃げ道はそこしかない」という、刑事のセリフがありました。
それは、捜査推理上の、突き放した言葉ではなく
不可抗力への同情さえ、思わせるものでした。
貧乏とは、善悪の手前にあるもの――のような。
貧乏を飛び越えようと着地した先が、善悪のどちらになるのかは
自分では決められなかった、かのようなですね…………

この作品の面白い所は、真相に迫りながらも、それがゴールではないこと。(汗)
頼みは、自白のみ。真相は当時者しか知らない。
けれど、その曖昧さに、モヤモヤするどころか(映像の演出も独特☆)
スパッと割り切れないところに、人間の複雑さを見るようで、余韻が深いのです。


▼~▼ 内容にふれて(!)雑感です。

▼▼▼

1.爪☆      ←映画版のツボ☆

訳アリの大金を手にした犬飼が、八重という娼妓(宿場女郎?)と出逢い
一夜を共にしたとき、八重が、犬飼の爪を切ってあげる。
翌朝、大金を八重に分けた犬飼は、行方知らずとなりますが
八重は、切った爪を、感謝と思慕の印とするように、ずっと持ち続けました。

時々、その爪を取りだしては、話しかけたり、首筋を這わせたり(!)する八重。

心の中の見えない想い出よりも、爪であっても形あるほうが、
愛する対象の存在を、確かめることが出来て、嬉しい☆
マニアックですが(汗)、思う人の爪でさえ愛おしい八重が、可愛い。

その爪が、あとで、なりゆきを“引っ掻く“ことになります。


2.善人でいたい

性善説になりますが、人は、基本、良くありたいと思うモノだと思うのです。

犬飼が、その後、樽見と言う名の篤志家として、
あちこちに寄付していることを知ります。
過去の罪滅ぼし?と思われますが、罪がなくても
自分に福があれば、おすそ分けしたいと思うのも、人情ですよね。
(売名だけの人もいるか…?(>_<))

過去に何があっても、未来は善人として生きて行こう!――
それは、良いことだと思います。けれど
もし、過去を知る人が現れて、化けの皮が剥がれれば、善人ではいられなくなる……?
善人の自分は、罪など犯すはずはないか?いや
“善人”で居続けたいがために、悪に手を染めるという矛盾を、人間は犯すのか……(>_<)

要反転↓



10年ぶりに、ただ感謝を言いたくて、樽見=犬飼を訪ねた八重。
けれど、“過去“に呼び戻されたとき、樽見は、過去と八重を葬ってしまった!
良き自分を守るために……と言っていこう……

「アンタ、イイ人だね、私にはわかる」
初対面で、八重は、犬飼にそう言っていたのに……orz



3.北海道への船で(ネタバレです!)要反転↓


10年前の遺体の件は、曖昧なまま
八重(と目撃した書生)殺しの罪は、確定的な樽見は
原点に返るが如く、北海道行きを希望する。

連絡船から、八重への弔いの献花を、
弓坂刑事に続いて、投じるはずの樽見だったが、
あっと言う間に、海に身を投げてしまった!!!!

もう逃げられない――というより、犬飼は
その海に、“すべて“を沈めたかったのか…………
波のざわめきが、心を乱すのは、
突発的な樽見の行動の衝撃だけではない……


▼▼▼


もし、北海道で、アノ男たち2人と、出逢っていなかったら
犯罪に、巻き込まれていなかったかもしれないけれど
大金を手にして、成功し、篤志家になることも、なかったかもしれない――

もし、青森に、渡っていなかったら
八重に、握り飯をもらうこともなかっただろうし
“爪“を切ってもらうことも、なかったかもしれない――

“愛憎渦巻くという飢餓海峡“
もし~~たら~~れば~~
原点の北海道に戻る手前で、文字通り、すべてを“無”に帰してしまった男を見ると
生きるとは――生き抜くとは――
いったいどんな意味があるのか……と思ってしまう。

しかし
非情に進む船が残す波動が、“無”ではなく、“道”を残すようなラストシーンには
愛憎を抱き合わせながら、人が生きていくことの重みを、感じずにはいられない………


↑完全版は3時間超ですが、引き込まれました。
手応えある名作です






にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

つかりこさん、こんにちは☆

本当に、骨太というか、人の迫力がすごくて圧倒されました。
名作を鑑賞できて良かったと思います。

ありがとうございます。



> 最近はじめて観たのですが、すごい映画ですよね。
> 画の迫力が違う!
>
> 推理サスペンスですが、戦後間もない頃の貧しい日本を
> 見事に描き切っている名作だと思います。

No title

最近はじめて観たのですが、すごい映画ですよね。
画の迫力が違う!

推理サスペンスですが、戦後間もない頃の貧しい日本を
見事に描き切っている名作だと思います。
プロフィール

yutake☆イヴ

Author:yutake☆イヴ
こんにちは☆
使い方がよくわかりませんがヨロシクお願いします。^^;

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
PVアクセスランキング にほんブログ村
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア