映画『インターステラー』★命ある限り想いは星の彼方を越えて☆


T0016840p1.jpg


作品についてhttp://cinema.pia.co.jp/title/164454/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。


近未来。
地球は、食糧難に環境悪化で、他の星への移住を迫られていました。
クーパーの家でも、ポルタ―ガイスト?な現象が起こり
“何か”を暗示しているよう……

そんな“何か”に導かれる様に、NASAにたどりついてしまったクーパーは
元パイロットであり、人類を救うべく、“星さがしのミッション”に参加させられる。
●プランA~移住可能な星を見つけて、人類を移住させる
・プランB~移住できなければ、その星で人類を増やす

しかし、クーパーは、母のいない子供たちを置いていけない。
けれど、説得の妙で
人類を救わなければ家族も救われない――などと言いくるめられて
(↑この「人類か家族か」のような選択は、時々出てきて、悩ましい)
クーパーは、物理学者のアメリアらとともに、出発します。

▼~▼ 内容にふれて雑感です。


▼▼▼


1.ダイナミックな宇宙演出☆

すでに、何人かが、候補の星に向かって、信号を送ってきていました。
宇宙空間の抜け道?のような、早く行かれる“ワームホール”をダイナミックに通り
かつ、ブラックホールの強い重力で、落とされないように――

地球時間と宇宙での時間には、差があるので
ここでの1時間が、地球の何年分にもなってしまう。
さっさと、作業は、済まさないと(>_<)

時間や重力、空間のゆがみ、五次元??
なんとなく、一直線上の時間軸のなかで、一方向にしか進んでいない実感の私には
自分の理解が、ブラックホールに落ちていくような……(>_<)
けれど、やがて「相対性理論は無視だ!」とのお言葉で
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9B%B8%E5%AF%BE%E6%80%A7%E7%90%86%E8%AB%96
終盤の“サプライズ“へ、突き進んでくれます(*^_^*)

この宇宙演出は、別世界を感じますね。
果てのないことが恐怖でもあり、無限の可能性でもある――
未来と希望を信じて、旅立つのですね。


2.感情か理性か  


家族とは離れたくないからミッションには参加したくないのに
人類のためとは家族のためだ――とは詭弁です。

人には、人の役に立ちたいという優しさはありますが
それは、家族か人類(他人)か―という
家族を差し置いて、と言う意味ではないのですが(汗)
ときに、選択を迫られると困るのです。


≪アメリアの場合≫

信号を送ってきた複数の星のどこに向かうか――というとき
アメリアは、ある星を推しますが、そこは、アメリアの彼氏の行った星だとわかります。
クーパーのするどいツッコミに、アメリアも
客観性よりも愛から選んだ――と本音を言ってしまう……
なんだ、彼氏に逢いたいからかよ……(―_―)!!と思ってしまうのですが
ソレが人間だもの――なんでしょう……
逆に、愛など感情の力が、予期せぬ力を生み出すこともあるのが
人間の面白さでもあり、展開の予兆か。



≪クーパーの場合≫

彼は、適当な星を見つけたら、地球に還って子供たちを連れてくるために
このミッションをしているので、ほかの選択肢はありえません。
もし、地球に戻るのは、人類にとって燃料と時間の無駄だ!と言われたとしても……
家族優先で、ほかの人類のことはいいのか!と言われたとしても……
そこが難しい……
自分さえよければというわけではないのに…orz
ただ、子供たちが気がかりなのに…



≪マン博士の場合≫←マット・デイモン☆


居住可能な星ならば、信号を送る――ということで
信号を送っていたので、クーパーらが来てくれましたが……
実はウソ…orz
住めないのに救援が欲しくて、呼びました。(居住可能でなければ見捨てられる!?(>_<))
さらに、クーパーを“排除“して、船を奪おうとするマン(>_<)
自分が生き伸びるためには、人はウソもつくし、騙す……
理性的判断で、マンの星を選んだはずが、ウソの情報なら理性も何もない……orz



3.わが子が生き延びるために!

プランA(移住)で進めたはずですが、実は
責任者の教授は、プランAは諦めていて、プランBの心づもりだったとわかります。
つまり、地球の人類は諦めて、行った先の星で新たに人類を増やして、人類をつなげる。

けれど、クーパーは、そうですか、というわけにはいきませんよ。
何としても、地球に戻って、子供たちを救いたい!!!
一言で言えば、その愛の力は、理屈抜きで、何よりも強い!!!!ということなんです。



▼▼▼


ノーラン監督ならではの“五次元“映像が、繰り広げられ
親が子に伝えたい!伝えなければならない!という切実なシーンにドキドキする。


宇宙空間と地球との時間のズレ、重力の違い……
なんだかわからなくなってしまいそうだけど(>_<)
命ある限り、意識ある限り、愛する者たちへの想いは
どんな理論をも覆す!!――それでいい。

目覚めたとき、それがいつであっても、あなたに居てほしい――
その想いは、皆、同じだと思うから…………………


3時間弱の長丁場ですが、宇宙ならあっという間かも……^^;






にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村







関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

祝! 映画「インターステラー」の理論系にリアリティを与えた理論物理学者のキップ・ソーン氏が、ノーベル賞を受賞!

昨日、発表されたノーベル物理学賞で、世界で初めてアインシュタイン最後の宿題 =「重力波」を観測した3氏に受賞が決定。 そのうちの一人に、「インターステラー」の理論系にリアリティを与えた理論物理学者のキップ・ソーン氏が!(彼は受賞でも理論系の担当) そもそも、クリストファー・ノーランは「インターステラー」を製作するにあたり、キップ・ソーン氏の発案をベースにまとめあげたそう! このへん...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yutake☆イヴ

Author:yutake☆イヴ
こんにちは☆
使い方がよくわかりませんがヨロシクお願いします。^^;

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
PVアクセスランキング にほんブログ村
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア